• 検索結果がありません。

翁 餐 馨 翼 桑 審

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2022

シェア "翁 餐 馨 翼 桑 審"

Copied!
19
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

翁餐馨翼桑審

巻一十二=第  號 →幽 第

(號九+・ご一南」第)

大正五年十月削日護行

(2)

丈看羅議鑓凱薯藻員次

     O原著及實験

⑬土壌巾二於ケ〃膓窒扶斯菌ノ蓮命Q       衛生細菌學敬室

      磐學博士兜声量治

●金澤病院小見科二於ケルハイネ︑メヂン氏病

 ノ統計的襯察︒      佐伯義

     0抄   銀

⑳昨年末ヨリ今春二流行セル感冒二就テ︒   時.國武二

◎蜘鰍融蝕串勘4覗点凱清ノ肺仙二二就テO

  附鶏心チ以テセジ補体結合反回ト沈降性トノ關係

       鈴

㊧各種動物ノ組織及血液等ノ識別Q      石

0内臓寄生虫特二塁虫ノ有毒性分及其ノ生理醜作用

 二就デ︒       島       藤

④﹁チアノクプロール﹂︵古賀液︶ノ本贈℃

      藥學博士 石

⑭﹁ウレアーゼ﹂二基ル尿素定量法︒      融 木

井津

戸 近房虎

利久 郡久郎志

一作

     O通   信

@東京+全會三三通信Q⑳豊橋十全曾例會︒◎渡邊入之遙茂通信︒⑱内藤榮浩氏逸信﹂⑱岡本晃氏題直り●川北隆吉氏逸信︒㈱岩崎省三氏・通信Q

     O雑   報

O卒業生寄贈︒

     O叙任及辞令

@金澤盤學專門學校︑O金澤病院9②宮内省︒⑤陸軍省Q

     O人   薯

③土井舐Q②山崎重治賃り㊨井土叉吉璃︶⑪入山義臣員︒⑯松本乙男氏・趣矢野塁氏・

     0欝   告

㊨校外特別會員會費納付調書︒⑪創立二十五年記念館寄付金第二十四同報告9

     0廣   告

⑳山碕敏授在職戴拾年覗賀會牧支央算報告り9山碕教授在職戴拾年親惣貝

?O鯉円附回剛童轍郵出口Q⑲・笠v†繍瀞士在職奥多拾L年謝帆魯貝會切忠円附金・田←込第山止回

報同じ㊥金干博士在職謬拾年覗賀會寄附金受領報告Q

(3)

︵抄 線︶第二十一懸  第十號  三三八第百二十九號

唯ダ他ノ統計ト異ル庭ハ上肢デハ左ニノミアツテ右ニナ

カッタつデァリマス

註ハ

ヌ一

l肢⁝以外ノ筋肉一ノ犯サレタルモノハ殆ドアリマセヌ

唯ゲ一例昌於テ頸筋ノ案ずヒグ首ノ固定シ得ナカッタモ

ノデ.アリマスが長キ経過ノ間二臼然治癒ヲシプ障害ヲ飴

サナカツタ

脳神経ノ犯ずレタルモノハ一人モァジマセナカッタ

    結  論

、一

A本病山外來患者総数ノ一・○〇二%二相當ス

ニ︑臨床上脊髄型盲取モ土器ナリ

三︑村落二多クシテ市町昌少シ

四︑農家二︐多クシタ商家二親シ

五︑登病季節ハ春二最モ多ク︑四月︑八月︑三月ノ順序

 デアル︑夏ヨリモ多二多シ

山ハ︑︐・年齢盟撫⁝一ケ年ヨリ激欄⁝ニケ・年ノモノニロ最モ多シ︑四一年

 以上二少シ

七︑男見二多クシタ女見二少シ︑体格螢養中等度以上ノ

 モノハ多シ

入︑初期⁝症鼎坐トシ﹂7熱機目取モ多ク疹痛塵藻汗之二﹂次デ多 シ幽

九︑熟ノ持績期間ハニ日間最モ多ク次デ三日i四日︑  日ナリ 十︑固慮麻痺部位ハ下肢 二等毛多ク殊二右側二十シ層

嘱馴層口咀四働■隅隅爾闘鱒薗隅鯖脚魔嘱■●●顧嗣欄頗口O口廟口響鴇刷■脚椰願圏瓢●鱈閉帽ロ図縢胸口口薗瓢鰯旧閣國囮■幽口醐閏2

⑳昨年末ヨリ今春二流行セル戚胃二就プ

  ︵衛生學傳染病學薙論題十二巻第二號第一頁︶

      時國武 二

著者ハ昨年末ヨサ今春ニカケテ東京摘下二流行セル感冒性患者三十八例ノ

咽頭︑毛質学部上略疾中ヨリ其ノ病源二二ムムキ一種目讐球菌チ稜見セリ

下云フ其ノ結論左ノ如シ︒︐煽︑多敷ノ患者ヨリ探取セ〃材料申ニハ染色標猷及ビ培養基上二丁テ縫球

 菌チ認メ其ノ内ノ数例二於テハ純培養ノ如ク多数二証明セリQ

二︑三十入例や三十五例二三テハ類似病攣チ起スベキ他ノ病原菌チ見ザリ

 キ︒       

三︑健康者数+例申二例二於テハ同一菌チ証明セリQ

鷹︑略疾申二純培養ノ如ク該菌ノ証明セル患者二於テモ全治後籔遍チ経ソ.

(4)

 バ既極少敷ノ菌チ認ムルノミ也︒

笈︑凝集反鷹ハ可ナサ著明ニテ他ノ菌二鋤スルヨリモ強〃而シテ羅病後時

日ノ経過︸共二幅ノ凝集度チ増加シ其ζ冒再ビ下降セサ︒

画ハ︑一例ノ患者二於テ血液中ヨリ該菌チ証明セリ〇

七︑右ノ饗球菌ハ動物二封シテ病的作用ヲ有ス︒︵清水抄︶

㈱徽毒患者血清ノ沈降畠就テ

  附鶏心チ以テセル補体結合反磨ト沈降性トノ關係

   ︵東京顯微鏡學曾雑誌第二十三磐策一通第︸頁︶

      鈴 木 近 志

著者ハ沈降反磨ノ由來チ説キ︑從來公表セラソタル微臣患者血清ノ沈降反

慮ノ諸法チ列墨シ︑而シテ其ノ一法タル飴玉博士法払・論及シ︑爾ホ著者ハ

見玉博士法二擦り︑新芽異ナルハ涜降反磨液ノ材料トシテ海豚心二代フル

ニ鶏心チ以テシ.多数ノ疑微毒患者血清二就テわっぜるまん氏反慮ト沈降

反雁聞トノ一比較研究チ行b︑⁝運ンデ微薫煽畠山膿血清二⁝封ツ沈降日性チ附簸ハスベキ

有慣物質及ビ∵︐ノ物質ノ性状チ探求セント試ミ︑左ノ結論チ墾ゲラル︒

繭︑鶏ノ心臓チ沈降液トシテ疑徽毒患者血清五百三十八例二手キ見玉晟法

 チ行ヒタル成緒ハ大多脳チ以テわ氏反鷹㍗一致ス︑蒲カモ操簡便ニシテ

 輕濟的ナ〃ハ大二實地八家二方シ級毒ノ豫知的叉ハ捕助診画法トシテ推

 賞スルノ摺帆賊アサO

鑑︒子心沈降液申ノ有償物質ハ軍一ナルモノニ非ズシテ︑少〃トモれち㌧  ん類荊%物︑くれ琴ん類︷似一物︑及ビ依心見不㎜溶解物ノ三物聯貝アリ︑而シテ 之等ノ共働作用ニヨリ沈降反懸チ登現セシム〃屯ノト看倣サザルベカラ

ズ︑之等ノ物質瀬上二燐ノ抱含体ニシテ水二遇フ時ハころい−ご溶液チ

 作ルモノナリ︒

顯品︑鶏心あろこほ守るねきす書らくミ申わ氏反鷹ソあんちげんタ〃性質チ

有スルモノモ亦叙上ノ三物質二外ナラスQ

囮︑故二上述ノ三物質ハわ氏反回ノあんちげんタ〃性質チ有スル下共二徴

 毒血清二劉シ沈降性チ附與スベキ性暫ハチ有ス〃モノナリQ

正︑鶏心あるこほ一うねきすミらくピチ以テセル徴毒甑清ノ油降反朦ハ非

 一殊黒ハ性ナサO︵清水抄︶

三各種動物ノ組織及血液等ノ識別

  ︵衛生學傳染病竃離誌第十ご瑠第一號︶

      石 原 房・雄

著者ハアプデルハルデン氏法チ異用シ各種動物ノ⁝組総胴ノ識別チ研究シタル

ニソノ結果説⁝從衆ノ沈降反沸三二因ルモノトハ頗ル緻岡チ異ニス虚興・昧アル成

綾チ得タリト云フつ

實瞼法ハ免疫血清が充分透明ニシテ無色ノモノチ七十二度二四分間加温ス

而シテソノ曲皿清一︒一二蜷乃τ里一︒五端チ恥猷リテァ︒フ卿ノルハルデン茂葵︷膜内二

入ソ是テ實一二〇蜷ノ蒸溜水チ八ソタル小型ノ﹁コルベン﹂内二等〃雌ノ愈

清中二諸種ノ組織テ○・〇五筑ヅソ硝子棒ノ二曲テ入ソ是等内外液二﹁トル

︵抄録︶第二十一巻  第十號  三三九第百二十九號九

(5)

︵抄録︶第二十一巻  第十號  三四〇第百二十九號   一〇

オ︑ 〃﹂チ重︸暦一セシムルコトアプデルハルデン氏法トロ朔ジ︑﹂而シテ日疋帝嵜数

個ノ﹁コルベン﹂ハ﹁トルナール﹂ノ飛散チ防グタメ其ロノ﹁チリソデル﹂聯弾

ソコソチ舩撮果幽←一放スルコト十三四時間後日疋讐リノ透明液ヨリ四脚牝宛チ﹁ビ

ベツ㍗﹂ニデ取りソと;一%ノニンb・ドリど溶液二滴テ加へ電量言上ご

硝子鐘チ覆ヒタル百度ノ蒸王事内酒蔵レ加温ノ際常二﹁ニンヒドリンし反慮

即紫色ノ色調チ襲現スζ下ナキヤチ時々刻々注親シ居ラザ々可カラズ︑

紫色チ呈セシ後門引績キ加濫スゥ時ハ成績無効ナリ・.

要スルニ沈降難壁︑過敏性墨磨共二煮沸セシ蛋土質及腐敗セシモノニハ全

ク用ヒ得ザ〃モ民ノ法ハ組織ノ継⁝識ニハ反慮綾⁝確ニシテ用ユルニ足ルト云

フ︒︵矢野嘉一抄︶

⑱内臓寄生虫特二輌虫ノ有毒性分跨︒︒罫さ昌

 及其ノ生理的作用二一テ

   ︵細菌順順誌二四九號︑二五〇號︶

      島 村 虎 猪

      藤  井   一

從來内臓寄生虫ノ其/宿主二及ス障碍ハ主トシテ器械作用子以テ説明セリ

然ソドモ現今二至リテハ各種ノ寄生虫ヨリ貧血テ惹起スレ毒素チ下身シ其

ノニ郡ノ毒工業ハ﹁レチチン﹂雪転﹁コソステア矧ン﹂テ以テ中和シ無害タラシ

メ得ル下等フ毒素説チ以テ訊明スル學思出ヅルニ至レ︾而シテ著看等ハ圭

配賦母素性分ノ楡⁝索チナシ内膿一撃〜生由尚七一ヨリ﹁アルプモーセペプ下ン﹂腓貝ナル 有毒性分チ分離シ最近ノ毒素説二更二一歩チ進メラソタルモノニシテ其ノ業緒ノ要点ハ次ノ如シ︒

幽︑土塁︵豚及入躰ヨ甥得タル旨§円富一^子育一8監霧竃馬ノ翫︒三二巳︒σQ穿

δ8℃ぎ夢︶え自然寄生及由方々直射亜二選躰青墨液ノ注射桐胴リテ獲

 スル症状チ誘起スベキま要毒素性分旧主トシテ其ノ避溢長野含有スル

 とび郎奏あΦらΦ覧︒け質ニシテ吾人ハ之チン︒︒犀鎚︒頃下命名シ且ソ之チ躰腔

 液亜二虫躰乾燥粉末ヨサ分離製出ス〃チ得タリ該物質ノ分布ハ甚ダ廣ク

 他各種内臓寄生虫世一=℃鱗介有毒作用及毒カニ於テ全然同一ノ勘爵霞§

 チ含有ス︒

二︑虫躰﹁エ!テル越幾斯及酒精越幾斯ハ ﹀︒・ζき昌二比シ著グ多量チ以

 テスルモ何等認ム可キ毒作用チ呈セズ而シテ該二者ハ馬及出羊ノ血球チ

 溶解スルモ﹀聲鴛8ハ溶血作用チ有セズ︒

島︑﹀珍鴛︵5二鋤ス〃感受性ハ馬︐海狸︐犬及兎ノ順序ニシテ主要ノ中毒

 症状ハ末稽血管ノ擾張︑労泌及排泄屠加.瀞維障碍躰濫及血塵下降等ニ

 シテ解剖的攣状ハ肺氣腫︹海狸潰︶牝管心内膜及其他内臓實質内ノ出血及

 浸潤︵馬及犬︺並二血液凝固不全等ニシテ其ノ致死量ハ生躰量一唱ニッキ

 馬○・○〇四㎎海瞑O・八㎎一二︒○㎎及兎五・○㎎トス︒

四︑從來揮単性有毒質ノミニ起因スルモノト信認ラソタル眼反磨チ・琶︵守

 巳ロノ稀溶液チ以テ馬二試ミ殆ド百%︵三十頭vノ陽性結果チ得タソ而シ

 テ該反憾ハ之チ反側スルニ其ノ反慮次第乱賊退ス〃モ猶當二陽性ナー10

五︑從來不学ナサシ寄生虫中毒作用ノ本源ハ大部分レ葵弩︒¢チ以テ説明

 シ得ベク從テレ千畳︒昌中毒作用脚数多寄生虫病二勤シ其ノ病理チ解決

(6)

 スルモノ恥スO

穴︑ン︒・喜8注射後感受性動物ハ一二三グ強度ノ抵抗性チ生ジ各種虫躰ヨ

 Ψ得タ〃ン路碧○⇔相互間ノ共逸抵抗モ同︑一程度二蓮ス〇

七︒回路鴛︒弓ノ中毒症状︑解剖的攣状及抵抗性ノ獲生等ハ過敏性二酷似ス︒

八︑レ路託自 ハ箕欝曹.8箆馨げ ニシテ健常馬血清中二 卜︒酔才δ︐膨︒︐雪.︒︐跨塁娼ξ和綴①試瞼︐補流結合試験⁝及沈澱反磨ニョリ之二⁝劉スル航躰チ訊

 明ス〃チ得メ爾ホ︾口きげ覧p郎︒σqΦβ㍗シテノ黄濁チ有セズ︒

允葛レの犀鴛Oロノ増量注射ニヨサ馬二︑在りテハ致死量ノ四百倍テ拝外⁝セシム

ルチ徴タ可而シテ其ノ血中二補躰結合及沈澱反訴チ生ズ可キ抗躰チ襲生

ス〃モ液性免疫ノ成立チ証明スルチ得ズ結局害者働免疫目高度ノ細胞性

 漁隅抗ニヨルモノナリQ

†︑レ︒︐鷺再︒昌ノ起源一一開シテハ爾研究チ要スルモ各種ノ寓亀貯日︵膓内容︑

 血液︑腹腔漿液︶二掻息ス〃各種寄生虫二塵ク分布シ且ソ其ノ躰腔液二

 最モ多量二含肩セラソ各部器官ノ毒力二差異ナキ等ノ諸点ハ諺罫§辱

 目的チ有スル分泌毒二子ラズジテ寧三極︐/代謝産物ニシテ偶然二猛毒

 性チ有スかモノト考フル子得ベシ︒

十鯖℃㏄¢塁萎9訟警同多℃ξ㌶己︒ト︾涛遷cb抵抗ノ相互共逓ノ程度ハ﹀鋳鶏︒濤

 抵抗二八シ極メデ微弱ナリ蓄︸ξ9抵抗ハ微弱ナ〃細胞性非特異抵抗

 ト高度ノ細胞性特異抵抗ノニ部ヨリ成立ス︒

壷濃︑ン伍ζζい申毒心想ガ・ぎ門ぞ髪︒旨・ノ作用二酷似スルノ点二鑑ミ血

 指抗過敏性二於テモ団嵩︒簿げ母σQ霞ノ所謂特異性抵抗及非特異性抵抗ノ.︑

 二止ラズ細胞性特異抵航チモ嚢ス〃モノ下想像セザルヲ得ズ︒︵白石抄︶ 鐙﹁チアノクプロール﹂︵士μ賀液︶ノ本贈    ︵東京讐三三雑誌第三十巻第五五號︶

         藥學傅士 石 津 利

辱著者ハ﹁チアノクプロール﹂ノ水態チ園明センガタメ同筆チ精密二分析シタ

リ︒其結果ヨ依ソバ﹁チアノグプロール﹂ハ一〇〇・O㎝ノ蒸器脳水中二〇︒       C一五三践ノOβO属﹄嘱目O甥○︒三九四践ノO夢Oぎ○・〇一翼ノ客6︸ノ擦

チ含有シ其ノ溶媒供水ナリOR﹄ソ痕跡ノ﹁アンモニア﹂及蟻酸チ証明セリQ

即チ﹁チアノクプロー〃﹂ノ本旨晒ハQ昌O翼囎bっ堵夢O客ニシテ︑販謝恥骨ノ濃サ

バ約∩︶●一五四似ゆへ六百五十倍︶ノ・氷溶〃液二へ該野田ス○・本口開チ貯藏スルニ沓田り

析出ズレ結晶体ハO燭Oズニシテ︑﹂﹁アンモニア﹂及 蟻一酸ハ賭離O翼ノ排偶牝産

物ナリ事設ケリ︒︵川原抄︶

一︐・一︐

⑳Ψ﹁ウレアーぜ﹂二甘基ル尿⁝素・定鼠三法

   ︵東京讐學會雑誌第三十巻第十一號U

      紳 戸 久 誠

著者ハマルシノル員ノ﹁ウソアーセ﹂ニヨル尿素定量法テ精査シ︑他法二批

シテ傷鮪艮ナル結果チ臨ハブ事テ明主セリ︒且ソ民ハ﹁ウ〃アーセエキス﹂ノ代       ぐ

り一二響応チ用ユルノ可ナルチ試瞼シテ忍男朔訓︐民ノ説二賛シ.加之豆類

中細二本邦産黒豆が最毛強大ナル暫ウツァ︑ーセ﹂ノ作用チ有スルモノ︑如シ

下説ケリOへ川原抄︶

ハ抄 録︶第二十一魅  第十號  三四一第焉二十九韻一一

(7)

︵遽 信︶

第二十一巻 第十號 三四二

第百二十九號=蝋

函碑口馴胴旧鳳編願員国劇脚願ロ日0口吻口嗣馳輌猶口嗣鰯鵬刷閣5喝■㊤悶国鴨聯岡潤喝■口鴨叫馴一口口鞘麟隣偏岡罰煽諭綱轟岡口圏日一

    ⑳東京十全會例會遇信

揮啓陳者今般丈部省學校衛生嘗北豊吉馬の就任な機εし︑畏の漱迎労ら九

月十日久くにて十全會を催し候虜出席者十五名にて中くの盛會にて有之候

何分夏の事故清風凍を逡る上野の高嚢常盤花壇を撰ひぬるに蛸手喝釆秘呼

ひ起し申候叉た時節柄なま物な一切禁し殊に魚類も披きに.して料理しれる

のば更に興昧麺箆串候此閉合11午後湘時より七時迄の約束に有之候らへ共

八時過き漸く散毒忌候︑出席者の氏名次の如くに有之候右報知迄で

  北斗︑森田君︑赤倉君︑陸君︑武田君︒申野君︑丸山君︑水井君︑永

  主君︑春山君︐津田君.笹岡君︑笠聞君︑河崎君︑竹申君︑

      十全會東京支部

侮ほ曵京に於けろ母校出勇者の名簿な左の題り作成仕義挙落書の方若くに

今後東京へ御出の人は淺草輝赤倉喜久雄震方へ一報相願度候︑同茂に今後

の本會支部整理た今同侠諾ぜられ候

     ▲東京在住十全會々員︵順序不揃︶

芝匪金杉新刀町=一〇〇     野田忠廣 大土葺鼻科        宮田篤郎

下谷匪谷中初音町輔ノ一九         行山面四鄭︵昂留︶ 牛込匿撫吹町一四〇塞郷庭東竹町一一京橋医元数寄屋町繭ノ一晶州猟師町

山鼠騰⁝匪南鍋町一ノ六

本郷匠春木町ニノニ九

紳田舞錦町三ノ五

芝匿田村町二一

西大久保三八○

騒本橋匹樽幸町ニノ四

聖⁝下北塑︑瀧野川字四ケ原入九二

淺草匝毘卿道町一丁日青墨三山ハ︵下谷二五〇四︶

学田匝小川町七一

牛込麗矢來町三番⁝地山里イ一七

淺草島田申二八○

麹町匪麹町九ノ四

本営庭東片町=一〇

小石川匝武島町一〇

牛込匠市ケ谷甲賀町

海軍々讐肇校

四谷匪新堀江町一︑

赤坂涯青山高樹町二〇        軍磐

早田保夫︵甲盤︶

小 林 三 鄭︵甲盤︶

岩村直三郎︵寧騒︶

渡 鰹  垣︵甲讐︶

干秋雄雌鄭︵甲留︶ 江波知輝︵串讐︶ 桑原辰太鄭︵臨監︶ 安田則人︵墨髭︶ 小原芳雄︵ニニ︶

笠 間  暴︵二四︶藤  井   秀︵二五︶

赤倉喜久雄︵二九︶

︐哲中繁次郎︵二九︶

北豊吉へ三〇︶

辻  岡   律︵三〇︶

熊谷兵次郎︵三〇︶

止山

@塑旧 曲口  山ハ ︵一ご一︶

太武申森 田田野田

精正オ齊

壽︵三二︶ 幸︵三こ 治︵三一︶

一 ︵三ご︶

橋本監次鄭︵三二︶

(8)

下谷岡宮根岸三六

下谷匪龍泉寺町四川四

四谷匪片町三七

四谷匠箪笥町四〇

淺草匪地方今戸四九

府下荏原郡大井町一〇三五

下谷匪下谷三一ノ三

山八橋喧髄築一地ニノ一山ハ

赤﹇団団由円曲∵北町六ノ四六

日本橋官臭町ニノ噌

東京大久保百人町一五九

淺草医駒形町一五

小石川匠大塚仲町二四

民草厘南元町四一

麹町匠三番町六九

小石川匠宮下町四八

牛込匿矢來三四

日本橋匠松島町二七

本所牌匝菊川﹃町二丁目エ四六

青山南町五丁揖三七

京橋匪木挽町一ノ十︸︑南胃膓病院

洲崎病院

へ短信︶ 軍馨軍讐軍讐 輕 部 修 一.︵三四︶口U 野  信 

次〃︑︵三山ハ︶

朝倉 重■敏︵三七︶

江藤潤 一へ三七︶

下村義一︑一郎︵三七︶

江 守  武︵三八︶

山田伊之助︵三八︶

丹  羽   直︵三九︶

鈴木政治鄭︵三九︶

丸吉酒辻併河鈴稻井津永笹

山川 i麟木崎上田綱

直友碩↓哲正  重  博人芳

雄︵四〇︶ 名︵四〇︶

明︵四〇︶

元︵四〇︶

助︵四〇︶

箆︵四〇︶

雄︵四一︶

一︵四一︶

治︵四一︶

情︵四こ友︵四二︶

中陶甲五器︵四二︶

恩田匠稗猿樂町二二府下北豊島郡高田字四ソ家町三三六ホ郷匝駒込曙町一八軍々讐學校

全 全

六塵南佐久間町ニノ十三

芝匠窪手町一五

陸軍々讐壁面

東京第購衛戊病院

下谷河竹町二八

京橋匝李民病院

本郷匝湯島︑順天堂響駝

陸軍々讐學校

麹町匿内幸町︑胃腸病院 全

中野電信隊

南胃腸病院

大縞整形外科

近衛歩兵四

廓布匪今井町ニニ︑額田病院

海軍々盤學校

全全軍   讐 全軍  讐

  軍  軍 全軍   讐  讐  ・盤 水永中藁乙紫深烏金

島上 ム部暉二二

 昇麗_元一患 _ 亨…二郎治男義環鄭

ノへ      ロ ノヘ ノへ       

大大大大大大大大大 五五四三三三三元元

畢) )  )  )  )  ) ) ) 

角  田  耕  山ハ︵四二︶

渡邊光生h四二︶

小鷹利三郎︵四二︶

大 野 幸 重︵四二︶

安藤佐吉︵四二︶

李野郷次鄭︵四二︶

北村裕壽︵四三︶

白石福三鄭︵四三︶

廣瀬竹次鄭︵四四﹀

安 田 末吉︵四四︶

康  瀬   勇︵大元︶

端 谷 豊 吉︵大元︶

小池オ一︵大元︶

金田友三鄭︵大元︶

第二十哨巻  第十號  三四三下官二十九號=二

(9)

︵逓信︶第二十一巻  第十號  三四四第首二+九號一四

近衛歩兵三二見習讐官

稟鴨宮申

京橋匠李民病院

牛卸込矢來町己二山里士ハ四

廣兵院府下原宿︸七〇ノ誰時號

日本橋匠馬喰町四ノ一六

芝匠白金三光町六九

本郷匪干駄木町四七

日水橋隔瓢拙江町ニノ六

本郷匪沼津宮永町三五

府下荏原郡深蒲田町新宿四一八

M四J掃距坂町四六

紳田匪三崎一ノ八

本郷匠駒込

陸軍々讐學甲

西

   南

   春

   竹

   玉

軍馨田

   柴

   伊

   稻

   今

   吉   齋

藤田村田藤田申崎越山士

政韓 信勝 隆 暴落 f秀敏謹三夫潮三 道議

示村喜太鄭

   森

   陸

   確率讐 佐

全  鈴

⑫豊橋十全新例會

米藤宮

s

  彌_

實武一郎亮

︵大五︶

去る九月十面豊橋市英服町某楼に於て豊橋市十全會支部の総會な開き﹃遙

薦母校の鰻展﹄Q﹃大手町︒廣坂通︐小立野の母校葎しのぶ今日の憎むれ﹄ ミて一厨署名し且つ一ζ來曾者の似顔な挿総⁝ぜる興味深き通倍に接しれ・り當璽参會の諸賢は左の如し9

渡d︑邊井 上

米多

鈴 木 原

片野嘉

森 本 孚贈貞︵三十一年︶

捨誉留久外隼 三耶次雄男捨

    關

    武

    小

     内

︵奮鈴木︶︑田

    村

    宮 口通太鄭

⑫渡邊八之進践煙信

   ︵四十四年卒業︑r塁北讐院在職︶ 藤林 定藤 電場 康田 義地跨幾

也直一治司         四

   \ノ

︵前略︶此度震災な蒙りし地ば遠く南投爵下の山地等にて小生等璽北に居住

ぜるものは静座ぜろ者なごの外に不感りし程にてその他両母校出男者の在

ろ新竹︒毫南等に何等損害無之候標子に有之候間御休紳被下度量

常夏の稔ある當虚勢ば從來潭尊人を襲ふ蕃地かの如く不衛生柵る土地ミし

て大分部誤解ぜられ居り荷今日ミ錐もか㌧ろ感な懐かろ㌧入々多からむε

存候も領塁當時にいざ知らす近時各回名地に上水下水の設置︑橋梁の架設

市匠の整理等着々貯して布及し實に倥心地よく候殊に一団北の如告に渡肇

者の驚嘆する存常こし彼の﹁マラやしの如きに全く當市街に於てば根絶仕

り候

(10)

毫瀞の定ス下﹂の産地れろ薫製露下に於てば本年に一度も本病の園生奄聞

かす只淡水市街に於て塁ペストあ流行有之し嚢子にて候ひしも虚言全く

その聲秘きかす三

章て東京︑長崎地方の﹁幽コンラ﹂流行な新紙に散見しては昔時の塁灘ミ地な

代へしの感有之候

いさ㌧か手前味囎の灘有之候もしかし暑いのほ事實にて候否暑き時期ば内

地3り永きにて︸年中の最高氣温ば内地書攣らざる由に候しかし暑ければ

暑さな凌ぐ装置有之殊に生等の如き家内的勤務をなすものは余り痛痒な感

ぜす候母校幽均者にして當塁轡に在佳ぜらる㌧は逝年漸次曾加し小生の記憶によ

るも入九名有之候  .

先づ基隆に於てに先年物故ぜられし高柳元六田氏︵明治二十四年卒業︶の後

葎うけて横井嘉亟氏活躍ぜられ居り︑齊藤金則民︵大正元年︶同盤院に敏腕

姦振い居られ候東海岸の花蓮港に発ては同窓大武民︵四十四年︶に吉野村公

讐亡して咋年花蓮港繋院な僻職ゼられ活動なし居られ候

當豪北に於て衛戊病院附ミしてオ田猶次民︵四十一年︶及林秀雄氏來藝ぜら

れ候去月薪竹繋属に赴任ぜられし鈴木外男疏︵大正四年︶に今同土木局嘱耗

讐ミして當嚢北に來られ先日大に母校のεな談じ候︑墓北盤院に於てば同

窓池上氏︵四十四年︶ご小生ミニ人罷在候

辮竹に於→︑ぽ學名高き中川院長︵明治二十七年卒業︶及眼科に於て叢林氏

︵四十一年︶令名有之候先年漸設ぜられ六る打狗瞥院にほ渡邊四鄭茂あり肇

中衛戊病院にぽ同窓鈴木忍氏︵四十四年︶あ生飯南盤院にば同窓鳥田静男玲 ︵四十四年︶及三溝民︵大正三年︶共に得意の腕艶言ひ居られ候︑公響εして中村へ永田︶敬孝民青森田信雄氏赴任ぜられあ煮出北の折ほ快談いたし居り候爾開業活動ぜらる︑先輩にて常墓北にば神岡藤一郎氏︵三十九年︶及澁谷氏︵三十一年︶在佳ぜられ候澁谷氏にほ度々懐禽談秘承り居5一候紳岡氏寺毫中眼科にあられが近年當地に開業ぜられしにて候先年當豪北繋院坤鼻科に名憾ありし渡嘉敷唯積爲ぽ出で㌧開業ぜられ其門前市ななす有志に候︵後略︶       塁北讐院小見科

  九月十日         渡邊入之蓮

⑳内藤榮治民通信

   ︵四十四年卒業︑京大嬬入和見學︶

︵面諭︶去る十Bにて當大學も暑中休暇終了十一Bより薪學期ビな耳隠局員

も揃ひ由候小生の後に長崎工専よリ一人熊本讐專よリニ人京都讐專より一

入見學生來り申候

過日介補及撰科に重信生じ申候爵補欠に敏室に來りし順序により定めらる

る性能殺生の内曇に謬りし者二人夫々補欠され申候依って小生ば見七生の

三人目εなり宙候小生が補欠さる−︑のは今年末かまれば來年三耳生ならん

ミ霧奉番目下見學生は矢張り七名に有之候

介補黒風科生の期間ほ一箇年の規定に有之候も願に倣り更に受壷乃至︸年

位ば延期するな得る由に有之候而して爾名共に患者な受身六ぜら乃帯く候

︵通 倍︶第二十一巻  第十號  三四五第百二十九號一五

(11)

︵蟻 信︶第二⊥丁一巻   第上T號   一二⁝幽ムハ第百二十九號  一六

その割合ば大學出讐員の方一入に付患者二名︑非大話墨の者一入に付音一

名の割合に有之候

介補ぼ病院より任命ぜられ宿直の義務及慮麗方箋診噺書附與の樒有之候に

反し選科生ほ置生に養し申候人科にば願書履歴書提出な要し同時に一年に

六拾圓納付を要する由に有之候宿直の義務なきも讐員叉ば介補ピ共に病院

に泊りO①げ弩庁な見ろ奄得候爾火木土外來新患な見るな得申候

叉病院の看護嬬に凡て寄宿者に起臥の規定に相成居候病院金体にては病舎

十二有之各病舎にに四十個の﹁ペソト﹂有之其の外静養室傳染病舎︑一等三

等有之候當科の病室に第十一病舎全部第十二病舎の一部︵主ピして産嬬敬

容︶静養室よりなり常に約七十名内外の入院患者有之候.

       京都市上京匝聖護院一字山王

       十四番地︑中島方

  九月十四騒       内 藤 榮 溝

⑳岡本晃氏通信

   ︵大正二年卒業︑瀞戸東山病院奉職︶

︵前壷︶轟月孕頃よリ當市にも虎急襲壊し其の後逐日蔓延致し今日迄既に百

絵名の訂正患者生出し由候其の中少敷の者に領家にて死亡ぜる者の外悉く

東山病院に翫収︷谷ぜ・bれ﹄既に﹁チブス﹂o赤痢等の単一者〜にて満⁝員に.近ゆりる折歴個

嚇方ならす雑沓な凝し申候藤下入院申の﹁コレラ﹂患者六十名程有之其の他

の患者為合し百六十章程有之樋分多佑を極め居り候 日HA帯爪同目門ζ十・齢⁝名一議の薪﹁コソラ﹂畠附置な出﹂しれる有⁝檬に御座前言へげh十月頃迄ぱ全滅も望み難き様に存じ候﹁瓢レうし死亡牽も初賢以來追・・に城少し咋今にては二〇−三〇%位に御座候︑小生當地に就職後難だ幾許喉らぬ間に痘瘡及び﹁コ財ラ﹂の流行に遭遇し何れも小生にに珍らしき見番な得誠に好都合に御座候何れ後便ね期し嚇しく御報膝撃上置先に淺暑御見舞労く近況御報皆寧義臣如曲御座候敬具      紳戸東幽病院  九月十三日      岡  本   晃

醗川北隆吉氏通信

   ︵大正五年卒業︑日本海員厳澗病院︶

︵前暑︶日くの経験︑日くの少しなりεも勉強仕り候爲め今でに随分大謄ミ

相成り自分なから少し鮭曾の入ぜなり去る心地致し候當病院に海員液濟會

附属病院にて入院患者は悉く海員に有之二って外來も患者の家族及び船員

が大部な占め普通患者ほ四分の一に有之候披濟會病院に全國に.横濱︐紳戸︑

門司︑長崎セ函館及び當大阪等にて本病院にその中にて最大病院に候患者

敬も最も多く設備も他に比し完備し居るεの事に候何分土地の値段非常に

山上僧恥に︑て充分嫁る⁝敷地な得ろ事困⁝難に候問無理もな吾用筆ε山講じ一蓋へ此ハもう

少し何ぜか掻張の道も無之か書存じ候院長採台臨病院長なる桂田博士にて

一週間一度木曜日に來診ぜられ候副院長︵内科蔀長老林磐學士︑︵外科部長︶

澤非欝畢士繭⁝氏共三二あ切︑経験あ互鼻︑アルジト﹂に有之候小生より一週間

(12)

程先任の京都庶事出勇の伊藤君ミ小生の四入が説く働き居ろ次第に御座候

内科外科ぼ隔日に行き居り隔日に宿直有之候然し小生ば病院の向ひに家な

持ち居り候故病院も我家の如くに御座候現今ば船負の最も多く病む時候に

て脚氣病最も多層之につくば胃膓病にて外科ば︑外傷最も多敷にて手術こ

しては﹁ペル鵠ヤ﹂︑﹁︵モ切イド﹂位が大手術にて開腹術なごぼ餓り無酒興

入院患看八十名にて外來六十名.善逓患者三十名位に御座候爲め蹟壁貫佑

に候爾その外に海員志望者の体格検査︵本會養成海員火夫.水夫︶有之候間

重く蔵しき次第に御座碧海事体平温資標準に次の如くにて不合協者の最大

敷ぽ﹁トラホーム﹂ドて次は体重︑肺量の不足にて海員志望者の一般に体重

少きロ如何なる意味ななすや面白き現象に御座候

一︑体格 強健         一.均長 五尺以上

一︑肺量 一一千入百立方仙客突以上︑呼吸差一一寸以上

一︑聴力 尋常         一︑体重 十二貫以上

一︑胸園 二尺五寸三分以上   一︑親力  %

 但し前項未成年者ば楽才見込あるものに少くの不足にても合格ε相成候

一︑精神遅鈍.層形.斜親︑逮覗︐近国︑配親︑色盲にて就職に危瞼なる

 もの及﹁トラホーム﹂急性︑慢牲疾患.花柳病︑其他傷染病あろものは不

 合格ピ相成候

病院ほ内科︑外科.診察室︑各一室︑手術室︑受付室︑三局︑待合室︑春

護嬬室︵二室︶︐風呂場二個へ内一個大︶.一所一棟︑尚院内に溝一室︵蒸氣

大釜︶︑静養室ハ死入蜜置室︶それに病室第一號よ唾第五心室まで有之悉く総

室にて外に比較的健康者の訂宿含︑蝶霜曇有之碕ほ豫診室︵事實口論染病

    蛭 信︶       第二十一燧  第影號 室︶に第一第二試験室有之︑第一は重に尿の検査及び胃検に候︑第二は馨化野的︑細菌寝撃監査室に御座候小生來院以來右の如き殆んご志願に追にれ未だある一物につきての﹁アルバイト﹂も始め不串︑毎目第一第二の試隣室にて臭い﹁ハルン﹂﹁コー・李﹂﹁スプー.タ﹂﹁ブルー︸﹂の検査及び胃内容物︑検査及びウ井ダールの反旛等殆んご診噺的の櫨査のみにミらわれ書髭ば學校の復習存致し居り候次第に候爾小生等に一ク月一日置休日あるのみにて他ば臼曜亡いばす祭腿定窯ばす爵勤仕り腰間大阪見物なごもろく7〜出電脳由僅に考古宅の日に天王寺公園︑申の島︑浪華押等なごへ杖を引くこピま㌧有之のみに候當大阪にば御承知の通先般來虎疫流行仕り己に二百三十名εかの患者出來由候間市民も戦く恐くに御座候小生等も病院より時く大阪川口入港の大阪商⁝船の船舶の乗組員の検疫に出張仕り候先日も尼崎汽船部の 蜘水丸より患者一名來り疑似︵甲種︶﹁コソラ﹂ビ決定病院の大清毒々行ひ由候赤痢︑窒扶斯に少しも珍し毫こ亡無之毎日赤痢なごば來り申候これら傷染病患者ば桃山病院に迭り居51候今の虞乏しれ面白き﹁ファール﹂も無之先隅當病院にて患重手オにて尿毒症にて離れ認るが如き例は珍しきものミ存候後暑︶      川 北 隆 吉

囎岩崎省三氏遽信

   ︵大正五年卒業◎和歌山縣中病院︶

︵前署︑當院の院長ば大正元年の京大臨均の方にて今春當地に始めて開業ぜ

三四七鵬百二十九號

(13)

︵雑 報︶  ︵叙侵及僻令︶第二十一號  藥十號  三四八第百二十九號一八

られ候目下一1院長の外に小生及び三名の着護婦にて假の病室有之候が目下

病室薪設中にて候午前ば宅診午俊ば院長ピ共に独診にて夕食後ば+時頃ま

で瀞ソノ\患者の來院も有之次第に二重に小生に豫診及び院長の助手にて

豫診に原語にて取ろこミ故昌下困難仕り居り候在學中には濁逸語な無親し

六る天罰今更致し方なく院長より敢にれつ曳居る有襟に二極珍らしき患者

は勿論肺︑心臓に病状有之候節に試瞼的に診察さぜ然ろ後に誠明いれされ

本院ば内科外科な專門にて外科患者ば毎日四五一位にて兎に角院長に當地 候

方に於けろ名望讐にて候當地ば六七千位の戸数にて當院の外三名の開業盤

有之候母校の出勇者ぽ至って少数にて唯和歌山市赤十字病院に大正三年の

卒盤未生阪門口療一氏ご昨年のア卒業生m口村物心七血病畳田地よ儲ソ¥皿ゐハ田畠隔て︑六る虜にU

開業致し居り候其他の開業讐ば重に京都及名占崖出勇者多く候︵後署︶

      綾歌幽縣粉河町中病院

  入月廿五日      岩 崎 曾 三

霞嘱鵬凹■脚圃層﹄瞬竃銅鱒口聞帥罵繭隅価講ロ閲賜閥の尉随閏瞬−口剛閏轟騨闘■脚剛国囎隣贈暫−刷画=一幽■働呂剛旧鰍隠●

⑳卒業生寄贈  大正五年度讐學科卒業生一詞よ頭十全會學雌鳥暦部︵小

 野慈善一院︶ へ臥左の涌醐り寄一壷あ噸ぬり︑本會儲μ濾腕嵩の誠音⁝を⁝以て︑鉱ム厚音⁝な

深謝す︒  〆診察用暗室装置  内性

霊   幕

検 眼鏡

 ラ  ン プ 等

 棚︵引出シ付︶

刷駄■0●鱒q胴蜀膚鱒功圃国側刷四輝劇憎0■口働凋旧電旧回7燭圃耀輌鱒層鱒馬鍾胃掴腸騨億圃闘回勘膠■臼−揖唱屠曾欄顧口噛■帽口

叙任及畔令

轡金澤讐學專門學校

依願囑託チ解ク

俵願囑託チ解ク

㈱金澤病院

    藥學科副手囑託︵九月十山ハロH︶ 婦人科産科學副手囑託︵九月十八日︶

石見谷三一 内 田豊 映

嬬人科盤員 松 本 乙 男︵大三︶

願二倣サ職務チ免ズ

      内科第一部讐員 山

八級俸給與 願二依り職務チ免ズ︵九月十四日︶ 崎 重 治︵四三︶

(14)

      嬬猫被讐員伊藤

九級俸給與︐願二倭り職務チ免ズ︵九月十四日︶

         ーー︶一       く−く〜

⑳宮内省

 授旭日中授章       從四位勲三等 野

       從六位勲六等功五級馨學博士 岡

 叙勲五等授瑞寳章 ︵八月二十九日︶

 叙爵山面位      從レ七位勲山へ等  北

        紬隆軍一等軍殴四半山ハ位勲五等  後

 依願豫備役被仰付

 特旨チ以テ位一級早霜 ︵入線三十日宮内省︶

 陞叙高等官五等  石川縣技師正七位勲泥等 吉

       一

⑳陸軍省

       小

       二

刀兄{職   ・歩丘ハ第山ハ十九聯隊正♪U櫨勲五竺マ

      豪南衛戌病院附陸軍一等星醤

免本職補塁轡歩兵第二聯隊附

陸軍省御用係チ命ズ    陸軍一等軍讐

      歩兵第七聯隊附陸軍二等軍艦

免本職補廣島地方幼年學校附兼同校教宮

      塁北雑音病院附陸軍二等軍讐

災ホ職補砲兵第九聯隊附 叉吉へ四四︶      工兵第九大隊附陸軍三等軍讐 千  田菟本職青島守備歩兵第四大隊附仰付

■巳願閥酬駒陶函回層噛一簡O葡口昂曽喝愚■口葡噂●層聞騨柵掃0顧圃刷噌餌0馳騨臨.閉鳳風顧8四咽纏■﹂O口■零願駒鐸0騨 登へ大二︶

島田 敬忠 治廣

 豊  吉へ三〇︶

藤義賢︵三七︶

見魎義︵甲讐︶

i美西

一俊 久三 A A 入三

v v

村伊 上藤 盛哲 窄一

がヘ ノへし

四四 ご)

鈴 木

隠へ四四︶

⑳土井氏  氏に去ろ入月初旬紳戸病院眼科讐員な辞職して兵庫縣技手に

 轄任ぜられ主εして同縣の﹁トラホーム﹂の豫防治療に關する技手に任命

 ぜられれリQ

㊤山崎重治民︵四三︶ は卒業後山碕内科に勤務中なりしが今早言職の上

 上京濱田病院に輔勤ぜらる︒

⑤井土叉吉氏︵四四︶ に卒業後内科二部に研究生ミして次いで嬬人科磐

 員ピして勤務中なりしが今般欝職の上東京府下巣鴨村字彙鴨宮仲二三四

 二に於て開業琶らろ︒

⑭入山義臣轟︵大四︶ は卒業後元本校敏授佐々木源氏の佐々木療院にて

厩究中なゆしが此後編井縣髪自宅開業ぜられれり︒

㊧松ホ乙男馬︵大二︶  は右入歯氏の後任こして佐々木漸騰に韓任ぜんが

 爲め金澤病院婦人科欝局を欝職ぜられれり︒

⑧矢野嘉一政︵大五︶ 拭本校細菌學敏蜜にありて見玉樽士の指導の下に

 斯學の研究中な噂しが此度内務省臨時槍疫委員に任命ぜられ冒下富由縣

 聴衛生課細菌室にありて活動中なりQ

︵人 事︶﹁第二十一巻第十號  三四九第百二十九號一九

(15)

︵會 皆︶ ︵震 告︶第二十︸巻  第十號  三五〇第百二十九號  二〇

額馴鰍脚凶優ロ鴨曝昌匿蟹闘舳闇咽昌脚口■顧O鳳●伽臓爾鱒口幽囚口O愉口聞鵬田圃図腕凶薗胴盧口置閣略隔国図両鴨昌一階既國腰卿躍巳

④勲駄正五聯焔一計訊開寸寸特別會員寸寸納付謁書

金  ・・額

一金参圓也

一金壼圓也

以  上  期      限

隷監簸三ケ雰

大正五年度分 兼  子  二二 注 鎮 五

⑫創立二十五年記念館寄附金第二十四同報告

    ︵九月二十ご日迄ノ分O印ハ現金領牧濟ノ労︶

金  額一金症圓也

金武拾圓也

一金黄圓也

一金武圓也

輔金戴圓也

一金戴闘選

一金熱弘長

名  金  額

O松本桃溢殿

 申村八太郎殿

 小堀箆雄殿

 布施宗一殿

一金五圓也一金凱圓也一金参圓也

一金参圓也

佐伯義久殿一金軍側也

大城喜太鄭殿

和田源五郎搬

一金滲圓也

名郎 吉

O筑紫末雄殿

殿 殿

 織田他家男殿

 長 田  敏殿

○高森友正殿

O八 島  修殿

 能木場與三吉殿 計金五論四圓也.累計金四千参百五拾圓九拾五銭也

鳳鱈画口畳ロ贈爾四繭国縞爾翻国扁國幽薦囎隅団働■幽遭脚偶■咀扁脚綱鰺口口薗剛噌剛劇旧四■覇屑鰯唱㎝闇■隅画醒嗣傭■禺幅胸口

⑳山碕激授在職武捻年忌⁝賀曾 収支決箪報告

     敢 入 之 部

曹通會員九百圧十五名及學生四百七十四名寄附金讐通會員百七・τ二名四三生四百二十名茶話費

利  子

     支

教授︵贈呈金 幽 之 部

敢授薄肉銅像

廿金製紀念メタル

敢教授︵贈呈金︵下金︶

賀序用品絹二丁樋及桐島島地箱

逓倍費︵印刷費チ含ム︶

振替貯金集金郵便用紙及料金 二︑O=二・四〇〇

一七〇・二〇〇

 一七・=○

ご︑ご○○︒七一〇

一︑OOO︒OOO

五〇〇・○○〇

 四入・○○○

ご二六◎九二〇

二︒四五〇

一四一・︸三五

一六・九八○

(16)

萬謝禮茶話會餓興費

茶菓代生花アー・チ代幕借賃㎝

徽章リボン代

人夫賃薄肉銅像假取付料

薄肉銅像太理石線保存用箱

決算報告用糟端書

決算報告檜端書饗逡費

用紙油等雑費

 計右 之 題 二 候 也

 大正五年九月一B委員物長

副委員長同   四三・五〇〇  三四︒○○○ ==・六五〇  一三・一〇〇   三・九四〇   二・OOO   三︒000   五・000  二一・五〇〇  一四・五五〇   二・九二五ニニ○○・七一〇

林松下  原ZF  三用 脚鄭彩

備 考一︑敏授︵贈呈ノ金萱千圓ハ左ノ條件チ附シテ金澤讐學專門三校︵寄附相

成タリ毎年該資金ヨリ生ズル利子チ以テ出碕内科︵後櫃者チ含ム︶二要ス〃国書

磯械標武器具子購入スル事

一︑敢授︵騨呈ノ淺金戴百武拾六隙九拾熱銭ハ雑書戸棚及ぜム印︵箱共︶及 水チエクス購入ノ上同ジク金澤盤學専門學校︵寄附サンタサ一︑銅像ハ後日内科學敏室新築之節其壁間二挿入スベク當分石川縣金澤病院内科第一部外來診察室ノ壁間二假装置ス

㊥曲目激授在職武拾年祝賀認念

寄附回書報告

森島庫太

岩本勝太耶

加用 信憲

今村 明光

里見 三男

渡邊喜三

君谷二九鄭

森 文男 橋本節齊

同入監 達吉  外二名

青山 胤題

西田 時政

角田 孫 

安藤善次鄭 ︑藥物學讐家門物鑑定手鑑喘息及其療法昏睡状態及其療法 パラチフス謄石症及其療法貧血及其療法.肺出血及其療法近世診噺學新内科全書老人病學日本内科全書内科疾患豫後難定法臨沐症候學新撰内科鑑別診断學

一一一

¥一一一一一一一一一一一

部  _蕪部

配膳粉研冊班研三見瀞務冊雪暗舩

︵震 告︶錦二十一愚  第十號  三五一第百二十九號  二一

(17)

︵廣 告︶第一︑一十一巻  策十號  三五二策百二十九號  二二

南  大曹

原   榮

柴山五鄭作

昊   建

中村 登 小泉 丹

宮島幹之助

關松三遽三竹竹松小志淺同田今

以璽隷難婁藁泉賀難認

雄郎一三鄭兵郎正丹潔彦

       吉稻

内科疾患食養療法

胃膓病診噺及泊療學

肺結核早期診断及漁療撃

最近肺結核療法

競會敢育肺結核養生法

心臓病診断及治療學

動脈硬牝症及其療法

人体寄生動物學

診断用人体寄生虫卵検索圖

最近病理組織槍査法

病理解剖學提綱

病理総論臨二丁用實習細菌學各論

臨沐細菌及免疫

最近寄生原虫學

臨肱的血液検査法

アプデルハルデン防禦酵素論及検査法

腰椎穿刺ノ枝術及其癒用

小見科學

小兇期二於ケル主要ナル皮慮⁝病⁝

精紳病診噺及治療學

最近學読衛生講話材料 鱒  滑一部二冊

部  「剖ζ     音K       ・  晋罵 音K 音区

砺耕二三研瀞粉滑南岳嘉舟紛瀞班紛班瀞珊勝

嘔原義柄  傳染病及血清學総論

同論染病及血清學各論

氏原佐藏  結核ト社會問題

石川 喜直  人体解剖學

細谷 雄太  細珍耳鼻咽喉科讐典

須藤 憲三  讐化學實習

山崎 正薫  近世崖科學

緒方十右衛門 婦人科診断及治療學

森︑ 松井  ヂアデルミー

田申 義雄  臨脈必携鏡検圖鑑

關村隆齢肇外馨典

堤 友久 融珍眼科盤典

恩田 重信  猫羅和診新讐學大羽典

蟷哩爆岬薙和響典

登張信二郎  .新式猫和大欝典

呉  秀三  精四病診察法

竹申 成憲  肋膜炎及其療法

長谷川與一鄭 健上質斯及其療法

旭 憲吉 ︐皮膚病花柳病盤典

   以  上

        部   部部  

        二   ニニ   五

粉珊班珊湖・珊翔・冊冊勝珊珊赫冊肝朋・朋柵珊

(18)

働金子博士在職墾拾年祝賀會寄附金

 由丁込第⊥ハ同凹報雄口

金  額︸金五圓也

一金蔵圓也

一金熱圓也

一金壷圓也

︼金壷圓也

一金壷臨書 氏    名

船越鼎紅藍殿 柴野順吾殿 天野長重殿 松井梅次蹴出 國川敬治殿

村本笹次鄭殿

計金熱扮壼圓也

総計金聾千頁九拾六圓武拾旧離也

金 額.

一升参圓也一雨熱圓也一金壷圓也一金壷圓也.一階壼圓也一金壷圓也 民    名

評池林次郎殿 米田外男殿 片桐  正殿 越野義三郎殿 竹重信二殿 三上倹沿殿

    ▲正

      頁

第三同報告 三二頁

第四同報告 三四頁

同    三瓶頁

同     三六頁

同     同

雰肴三春肴行

   誤   ム

.岩

イ冬藏殿

  ム

生駒清藏殿

   ム

編永春藏殿

  A

松源眞一殿

    ム

天野幸二鄭殿   正 岩佐兵藏殿  ゆ 生野清藏殿 輻永加藏貯    松葉眞一殿

天野幸太郡殿

第四同報告中金捨二三鯛島敬治殿軍給血圓二堰額二付訂正ス

・瞳金子博士在職墾拾年祝賀會寄附金

    受領報年口 ︵受領証二代工︶

一金百拾五圓也    轡學科第一學年級百拾五名分

  新井俊雄殿

  馬丁  將殿

  加藤美一殿

  荒木道太鄭殿   川島孝資殿

  横澤三右衛門殿

  毛呂英夫殿   野松義悪殿

  菱    哲殿

  森  三 鄭殿

岡田藤郎殿

俳藤  實殿

齊藤  愼殿

黒岩聖人殿

四方京一殿 此居市重殿

雫 井  隆殿

柳生 一松殿 ︑石田秀雄殿 佐々木榮一殿 栗田 進殿 田口節朗殿 田幡丈夫殿 石坂彌三融解 清水宗一鄭殿 石川  盈殿 村上準 一殿

泉  與 一殿

小林幸五鄭殿 竹申啓吉殿 加藤信香股

太 田  英殿

渡邊初男殿 北野正儀殿 酒井代三男殿

牧田孝苧殿

  金壼圓宛

南  徳次殿 青木  頬側 岡本俊次鄭殿 三輪敏夫殿 瀬川吉雄殿 青木久男殿 岡野輝雄殿 生駒露出殿 多川  幹殿 宮本博人殿 木下啓之助殿 酒井熊治殿 田中英香殿 故田弔意殿

三 上  顯殿

禽金五郎殿 三重實恵殿

宮尾眞吉殿

︵廣 告︶第二十一巻  第十號  三五三第百二十九號  二三

(19)

へ廣告︶第二十一奮  第十號  三五四第百ご十九號  二四

  安原 三殿   野口廉一殿   堀 泰二殿

  高橋⁝幸三殿

  西木金裕殿   宮崎 洪殿   佐野 敏殿   岡崎正俊殿   武藤 譲殿   日比正志殿

  花岡外喜殿   衣川 穰殿

  瓠卸 ←小 雷耐 ⊥ハ殿

  茶谷 夏殿

  村田三郎殿

  岩田 魔殿

  安蓮今朝衛殿

  長佐吉友衛殿

  渡邊俊清殿

  岩佐明鄭殿

  和田英五郎殿

一金拾凱圓也

轟四神三二殿 軍關一男殿 伊藤 治殿 島田三郎殿 桐村信孝殿 水野善慶殿 國島政漕殿 高橋孝治耶殿 磯矢泰一殿 下坂謙三殿 荒井嘉一殿 赤松貞夫殿 中島貫一.殿 西米秀男殿 藤井節鄭殿 越村和一殿 岡本哲雄殿 丸 外毛二殿 鈴木四郎殿 西宮貴久男殿 鈴木 晃殿 清永丁丁殿 兼子正敏殿 渡部佳吉殿 石井清民殿 水野 醇殿 小林 俊殿 三井義雄殿 輻田五次殿 高畠徳正殿 酒井 罠殿 上田常吉殿 今村蔵之殿 小柴隻幾殿 的場宗純殿 瀧川一忠殿 堀越龍一殿 小口盆人殿 川島五郎殿 茅島 操殿

大正五年度讐學科卒業 六名分 金載圓宛

小出隆治殿 柴田周吉殿 以 

眞野武雄殿  知原完治殿 瀬川龍二殿  有山武兵衛殿

参照

関連したドキュメント

均準  ヘ  ヘ  ヘ  ヘ  ヘ  ヘ  へ

 約13ケ月前突然顔面二急

︵漫 録㌧ 第十λ⁝櫓  麓伊九⁝號   二山ハご一

︵原著三三験︶ 第ニや一懸  第九號  三一六

   ︵大阪讐學會雑誌第十五巻第七號︶

[r]

十二 省令第八十一条の十四の表第二号及び第五号に規定する火薬類製造営業許可申請書、火 薬類販売営業許可申請書若しくは事業計画書の記載事項又は定款の写しの変更の報告

[r]