『なびふらんせ』教授用資料 長崎出版社

18 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

Web〈なびふらんせ〉利用の手引き

(以下の見出し番号はコピー使用に対応して次ページ以降省略) 【1】 教員用 ID 登録マニュアル 教員用 ID 作成時にご参照ください 【2】 学生用 ID 登録マニュアル 受講者に説明用資料を配布する場合 ⇒ コピーしてご利用ください 【3】 クラス作成マニュアル 「クラスの作成」を行う場合にご参照ください 【4】 「クラス名」修正マニュアル 「クラス名の修正」を行う場合にご参照ください 【5】 ニックネーム登録/修正マニュアル ニックネーム登録/修正時にご参照ください 【6】 所属クラス設定マニュアル 受講者に「所属クラスの設定」を指示する場合 ⇒ コピーしてご利用ください 【7】 「クラス」を利用した自主学習状況の確認手順 【8】 「ポートフォリオ・ベストプラクティス」の使い方 【9】 学生用 ID でのポートフォリオの見え方 【10】 総合問題の「解答と解説」の表示切替について 【11】 教員用 ID 次年度継続手続き 教員用 ID を次年度も継続して使用したい場合にご参照ください ● 総合問題 Web アクセスせずにコピーして配布したい場合にご利用ください ● Web〈なびふらんせ〉のポートフォリオ [解説用] Web アクセスせずにコピーして配布したい場合にご利用ください ● テストとポートフォリオの使い方 [解説用] Web アクセスせずにコピーして配布したい場合にご利用ください

(2)

教員用

ID 登録マニュアル

① Web〈なびふらんせ〉ログイン画面( http://navifr.fj.tokoha-u.ac.jp )にアクセス ②〈初めての方はこちら〉をクリック ③〈教員用ID の作成はこちら〉をクリック ④ 以下の例を参考に、ユーザーID 等を入力 ⑤〈教員用ID を作成する〉をクリック ( ID/パスワードの控え欄 )

(3)

学生用

ID 登録マニュアル

① Web〈なびふらんせ〉ログイン画面( http://navifr.fj.tokoha-u.ac.jp )にアクセス ②〈初めての方はこちら〉をクリック ③〈学生用ID の作成はこちら〉をクリック ④ 以下の例を参考に、ユーザーID 等を入力 ⑤〈学生用ID を作成する〉をクリック ( ID/パスワードの控え欄 )

(4)

クラス作成マニュアル

① 教員用 ID でログイン ⇒ メインメニューにアクセス ② 各種設定:〈教員の方〉をクリック ③〈クラスの作成はこちら〉をクリック ④ 以下の例を参考に、任意で「クラス名」を作成・入力 ⇒〈クラスを作成する〉をクリック ※複数のクラスを作成することができます ※「クラス名」の修正は可能(次頁参照)ですが、[作成済みのクラス]を削除することは できませんのでご注意ください

(5)

「クラス名」修正マニュアル

① 教員用 ID でログイン ⇒ メインメニューにアクセス ② 各種設定:〈教員の方〉をクリック ③〈クラス名の修正はこちら〉をクリック ④ 「クラス名」を修正 ⇒〈修正〉をクリック ※「クラス名」の修正は可能ですが、[作成済みのクラス]を削除することはできませんのでご注意ください

(6)

ニックネーム登録/修正マニュアル

(※「クラス」機能を利用しない場合はニックネーム登録不要) ① 教員用 ID でログイン ⇒ メインメニューにアクセス ② 各種設定:〈教員の方〉をクリック ③〈ニックネームの登録/修正はこちら〉をクリック ④ ニックネームを入力 ⇒〈登録/修正する〉をクリック ※ 作成した「ニックネーム」を「クラス」登録の指導時に受講者へ伝える (受講者への「クラス」登録指導手順) ①【6】所属クラス設定マニュアル(付録)をコピーして受講者に配布する ② 作成した「ニックネーム」と「クラス名」を伝える ③ 設定作業を各自で行うよう指示する ( ニックネームの控え欄 )

(7)

所属クラス設定マニュアル

① メインメニューにアクセス ② 各種設定:〈学生の方〉をクリック ③〈所属クラスの設定はこちら〉をクリック ④ 先生が指示した「ニックネーム」を入力 ⇒〈クラスを検索する〉をクリック ⑤ 先生が指示した「クラス」にチェックを入れる ⇒〈クラスに所属する〉をクリック

(8)

「クラス」を利用した自主学習状況の確認手順

[1] 前提条件: ニックネーム登録 + クラスの作成 + 受講者による所属クラスの設定 ⇒ 完了していること [2]「クラス」を利用した自主学習状況の確認手順 ① 教員用 ID でログイン ⇒ メインメニューの【ポートフォリオ】をクリック ② クラスを選択 ③ 表示形式を選択 ※学籍番号(または付録【2】配布時に指示した番号 )順で表示されます ④ 表内の「学籍番号:氏名」欄をクリック ⑤ 画面左のメニューから閲覧したい「課」を クリック ※クリックした「課」の「テストの記録」と「学習の記録」がここに表示される

(9)

「ポートフォリオ・ベストプラクティス」の使い方

① 教員用 ID でログイン ⇒ メインメニューにアクセス ② 各種設定:〈教員の方〉をクリック ③〈ポートフォリオ・ベストプラクティスを使う〉をクリック ④ 使い方:登録・表示・解除を選択してクリック ※「ベストプラクティス」機能を自主学習促進に役立ててください ●ポートフォリオの登録 ●登録したベストプラクティスを解除する ●登録したベストプラクティスを授業時に表示できる ※クラスをクリック ※ベストプラクティスを選び、氏名欄をクリック ※登録したい課をクリック ⇒ 〈登録〉をクリック ※氏名欄をクリック ※〈解除〉をクリック ※ 氏名欄をクリック ⇒ 詳細データ表示へ

(10)

学生用 ID でのポートフォリオの見え方

※ 所属クラスの先生が選んだ「ポートフォリオ・ベストプラクティス」が 各課毎に表示される ※ 「ポートフォリオの参考用デモ版」が 表示される ※自分のポートフォリオが表示される

(11)

総合問題「解答と解説」の表示切替について

① 教員用 ID でログイン ⇒ メインメニューの【総合問題】をクリック ② 表示したい「解答と解説」の〈許可する〉をクリック ※ 現在の状態が「許可しない」から「許可する」に変わります ※〈許可しない〉ボタンをクリックすれば非表示状態に戻せます ○注意事項 ・「許可する/許可しない」の対象者は教員が作成したクラスに所属する受講者...全員..となっています ・クラス毎や学習者毎の制御はできません

(12)

教員用 ID 次年度継続手続き

(※ID を継続しない場合は不要) ① 教員用 ID でログイン ⇒ メインメニューにアクセス ② 各種設定:〈教員の方〉をクリック ③〈教員用ID 次年度継続希望はこちら〉をクリック ④ 「教員用 ID 継続使用の注意事項」を確認 ⇒〈希望する〉をクリック

(13)

総合問題① (Leçon 1~3)

学籍番号

氏名

Ⅰ.カッコ内に定冠詞か不定冠詞を入れましょう。

1) C’est ( ) sac. 2) Il a ( ) voiture. 3) C’est ( ) clé de Marie. 4) Ce sont ( ) stylos.

5) Ce sont ( ) valises. 6) C’est ( ) école de Marie. 7) C’est ( ) clé. 8) J’ai ( ) carte de crédit. 9) Il a ( ) réservation. 10) C’est ( ) portable. 11) C’est ( ) ordinateur de Paul. 12) Ce sont ( ) sacs de Paul.

Ⅱ.日本語の文に合うように、①~③の語を正しく並べ替えましょう。

1) Ce sont ( ) ( ) ( ) Jean. それらはジャンの辞書です。 ① les ② de ③ dictionnaires

2) Ils ( ) ( ) ( ). 彼らは20 歳です。 ① ans ② ont ③ vingt

3) Nous ( ) ( ) ( ) Paris. 私たちは今パリにいます。 ① maintenant ② à ③ sommes 4) C’est ( ) ( ) ( ) Sophie. これはソフィーのデジカメです。 ① l’ ② de ③ appareil numérique Ⅲ.下線部の単数形を複数形に、複数形を単数形にして、全文を書き改めましょう。 1) C’est un croissant. 2) Il est journaliste. 3) Elles ont soif. 4) Ce sont des baguettes. 5) Elle est anglaise. 6) Nous avons des voitures.

Ⅳ.下線部をカッコ内の主語に置き換えて、全文を書き改めましょう。

1) Il est lycéen. (彼女は) 2) Nous sommes françaises. (彼は) 3) Ils ont un plan. (君は) 4) Il est acteur. (彼女たちは) 5) Il a quinze ans. (私たちは) 6) Elle est italienne. (彼らは)

Ⅴ.日本語の文をフランス語にしましょう。 1) 私は女子大生です。 2) 私は 19 歳です。 3) 私は今京都にいます。 4) それは一冊の本です。 5) 私はお腹がすいています。

(14)

総合問題② (Leçon 4~6)

学籍番号

氏名

Ⅰ.カッコ内に指示形容詞を入れ、必要な場合は形容詞を適切な形にしましょう。

1) ( ) chanson est joli . 2) ( ) films sont intéressant . 3) ( ) ordinateur est vieux . 4) ( ) sac est lourd . 5) ( ) actrices sont jeune . 6) ( ) oiseaux sont beau .

Ⅱ.日本語の文に合うように、カッコ内に所有形容詞を入れ、必要な場合は形容詞を適切な形にしましょう。

1) ( ) voiture est gros . 彼らの車は大きい。 2) ( ) chapeau est vert . 彼女の帽子は緑色です。 3) ( ) parents sont gentil . 私の両親は親切です。

4) ( ) enfants sont timide . あなたたちの子供たちは内気です。 5) ( ) chien est intelligent . 私たちの犬は頭がいい。

6) ( ) amie est sympathique . 君の友達は感じがいいね。

Ⅲ.下線部に動詞を活用させて入れ、カッコ内にあてはまる冠詞を入れましょう。

1) (avoir) Il ( )argent. 2) (écouter) Nous ( ) musique. 3) (acheter) J’ ( )eau. 4) (acheter) Vous n’ pas ( ) pain ? 5) (aimer) Tu ( ) vin ? 6) (manger) Nous ( ) fruits. 7) (manger) Ils ( ) fromage. 8) (aimer) Je n’ pas ( ) bière.

Ⅳ.次の文をest-ce que 型の疑問文にしましょう。

1) Tu regardes souvent la télé ? 2) Ils travaillent à Paris ?

Ⅴ.次の文を倒置型の疑問文にしましょう。

1) Vous parlez français ? 2) Il a des frères ? 3) Elles visitent Londres ? 4) Marie aime danser ?

Ⅵ.次の質問に指示に従って答えましょう。

1) Vous êtes françaises ? Non, 2) Elle a des sœurs ? Non, 3) Ils ont des enfants ? Non, 4) Tu ne manges pas de viande ? Si, 5) Tu n’aimes pas le poisson ? Non,

Ⅶ.日本語の文をフランス語にしましょう。

1) 彼らは白いかばんを一つ買います。

2) 彼は短い髪をしている。 3) これはきれいな家です。 4) これらはフランスの歌です。

(15)

総合問題③ (Leçon 7~9)

学籍番号

氏名

Ⅰ.下線部に入る適切な語をカッコ内から選んで書き入れましょう。(選択肢は文頭にくるものも小文字になっています)

1) Je vais Nice. ( à / au / à la )

2) Tu viens chez ? ( tu / je / moi )

3) Nous allons poste. ( à / au / à la ) 4) fleurs aime-t-elle ? ( quelle / quelles / quel )

5) Il va restaurant. ( à / au / à la )

6) temps fait-il ? ( quelle / quelles / quel )

Ⅱ.日本語の文に合うように、①~③の語を正しく並べ替えましょう。(選択肢は小文字になっています)

1) Je ( ) ( ) ( ) lui ce soir. 私は今夜彼と出かけるつもりです。

① sortir ② avec ③ vais

2) ( ) ( ) ( ) des nuages. 曇っている。 ① a ② y ③ il 3) Il ( ) ( ) ( ) ses devoirs. 彼は宿題を終えたところです。 ① de ② vient ③ finir 4) ( ) ( ) ( ) le train de 7 heures. 7 時の電車に乗らなければならない。 ① faut ② prendre ③ il Ⅲ.右枠から適切な疑問詞を選んで書き入れ、応答文を完成させましょう。(選択肢は小文字になっています)

1) tu fais dans la vie ? ― Je suis étudiant. 2) chante ? ― C’est Marie.

3) cherchez-vous ? ― Je cherche mon stylo. 4) À penses-tu ? ― Je pense à mes examens. 5) vous cherchez ? ― Je cherche ma mère. 6) arrive ? ― Un accident.

Ⅳ.下線部を尋ねる疑問文をカッコ内の指示に従って作りましょう。(2人称を使う場合「あなたは」vousを用いる)

1) Elle habite à Tokyo. [倒置] 2) Je fais du tennis cet après-midi. [est-ce que型]

3) J’ai deux frères. [倒置] 4)Nous venons du Japon. [倒置] 5) Je pars demain. [主語+動詞+疑問詞] 6) Il est absent parce qu’il est malade. [倒置]

7) Je m’appelle Paul. [主語+動詞+疑問詞] 8) Je prends mon petit déjeuner à 8 heures. [est-ce que型]

Ⅴ.日本語の文をフランス語にしましょう。 1) これは何ですか? 2) あなたは何歳ですか? 3) 私は今朝パリに到着したところです。 4) 9 時半です。 5) 今日はとても暑いです。

qui est-ce qui qui est-ce que que

qu’est-ce qui qu’est-ce que quoi

(16)

総合問題④ (Leçon 10~12)

学籍番号

氏名

Ⅰ.下線部を代名詞に置き換えて、全文を書き改めましょう。

1) Je vois Paul.

2)Marie ne parle pas à ses parents. 3) Georges téléphone à son amie. 4)Nous voulons cette voiture. 5) Donnez ce sac à Jean.

Ⅱ.次の現在形の文を複合過去形の文にしましょう。

1) Je travaille dans un café. 2) Elle va au cinéma avec ses amis. 3) Tu fait la cuisine aujourd’hui ? 4) Nous ne prenons pas le métro. 5) Vous ne restez pas à la maison ? 6) Ils ne peuvent pas aller à l’école.

Ⅲ.日本語の文に合うように、カッコ内の語を並べ替えましょう。(カッコ内の語は文頭にくるものも小文字になっています)

1) ピエールはルイよりも背が高いです。 ( Pierre, grand, est, que, plus, Louis )

2) ジャンヌはリュックよりも遅く歩く。 ( Jeanne, moins, marche, que, vite, Luc )

3) 私は彼を知りません。 ( le, pas, connais, je, ne )

4) 彼にその写真を見せないでください。 ( cette, pas, ne, photo, lui, montrez )

5) あそこに私のかばんとポールのカバンがあります。( sac, et, voilà, celui, mon, de, Paul )

Ⅳ.下線部をカッコ内の主語に置き換えて、全文を書き改めましょう。

1) Il sait conduire. ( nous ) 2) Vous voulez du café ? ( tu )

3) Nous avons visité Paris. ( ils ) 4)Je suis parti en voyage. ( elle ) 5) Ils se couchent tôt ? ( vous ) 6) Nous nous levons à 7 heures. ( je )

Ⅴ.日本語の文をフランス語の文にしましょう。 1) 私は泳げます。(能力がある) 2) 窓を閉めてくれませんか? 3) ジャンはポールと同じくらい背が高いです。 4) 彼女はフランスへ行きました(行ったことがある)。 5) 私は昨夜テレビを見ました。 6) 彼は手を洗います。

(17)

Web〈なびふらんせ〉の【ポートフォリオ】

ポートフォリオは学習者が学習過程をふり返り(何をどこまでやったのか? 何を学ぶ必要があるのか?)、 自分で検証して理解度を確認し、自分に必要な学習事項を知るためのデータファイルです。 学習者が自主的にかつ効果的に勉強していけるよう、サポートとなる【ポートフォリオ】を開発し、 Web〈なびふらんせ〉に搭載しました。 ●【学習コンテンツ】⇔【テスト】+【ポートフォリオ】で学んでいきましょう! [1] 【学習コンテンツ】で復習(①②③) [2] 学習内容の習得度チェックで【テスト】を受ける(④) [3] 【テスト】の点数は自動的に【ポートフォリオ】に記録 [4] 結果を省察(⑤) 「習得度」「学習過程」「今後の課題」の 3 点から コメントを記入 [5] 学習方法の改善点・克服すべき事柄を認識 [6] 〔学習サイクル〕をくり返す⇔【ポートフォリオ】を活用 〔学習サイクル〕 ●[記録を残す] ⇔ [記録を見る] 〔学習サイクル〕を実践する中で学習記録データが蓄積されます。 このデータを効率よく有効的に利用して学べるシステムを Web〈なびふら んせ〉で実現しました。自分の【ポートフォリオ】を上手に活用しながらフ ランス語学習を進めましょう! ①メインメニューの【ポートフォリオ】をクリック ⇒記録の集約(表)が出る ②表の「学籍番号:氏名」欄をクリック ⇒記録の詳細へ ③確認したいLeçon を選んでクリック ⇒右欄に「テストの記録」(グラフ)と 「学習の記録」(自己分析)が表示 ➤〔ポートフォリオ・ベストプラクティス〕や 〔ポートフォリオ(デモ版)〕から他者の記録を 参考に学習過程を見直す ➤テストの「最高点」と「最新点」の記録から 理解の持続と知識の定着を検証する

(18)

【テスト】と【ポートフォリオ】(使い方)

①学習している課の内容を十分に理解したら【テスト】をクリック ②〈テスト開始〉をクリック ③制限時間内に解く (問題数:25 問 / 1 問=4 点) (略) ※【テスト】の解答はありません ※【学習コンテンツ】に戻り勉強してから 再チャレンジしてください ④〈テストを終了し、解答を採点する〉をクリック ⑤〈テスト結果〉の表示 ⑥〈学習をふり返ろう!〉をクリック ⑦【省察】 テスト結果から自分の「理解度」+「学習状況」を確認 ⇒コメントを記入して〈登録〉をクリック 〔ポートフォリオ・ベストプラクティス〕や〔ポートフォリオ(デモ版)〕から他者の記録を 参考に学習過程を見直す! テストの「最高点」と「最新点」 の記録から理解の持続と 知識の定着を検証する

Updating...