品名 仕様書 令和 3 年度財産形成貯蓄制度のご案内外 2 件の印刷 仕様書番号作成年月日令和 2 年 11 月 30 日変更年月日人事教育局厚生課 1 総則 1.1 適用範囲この仕様書は 令和 3 年度財産形成貯蓄制度のご案内外 2 件の印刷及び納品に適用する 1.2 引用文書この仕様書に引用する

全文

(1)

1 総則 1.1 適用範囲 この仕様書は、令和3年度財産形成貯蓄制度のご案内外2件の印刷及び納品に適用する。 1.2 引用文書 この仕様書に引用する次の文書は、この仕様書に規定する範囲内において、仕様書の一部を なすものであり、入札書又は見積書の提出時における最新版を使用するものとする。 なお、引用文書に定める事項がこの仕様書と相違する場合は、仕様書の定めるところによる ものとする。 (1) 国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(平成12年5月31日法律第1 00号) (2) 環境物品等の調達の推進に関する基本方針(令和2年2月7日閣議決定) 2 製品に関する要求 ア 令和3年度財産形成貯蓄制度のご案内(別紙1) ① 印刷数量 20,000部 表紙1枚、裏表紙1枚、本文10項(両面) ② 仕上寸法 A列4判 縦長 許容差±2mm縦長 ③ 製版 平版(データは、PDFで官側より支給) ④ 印刷 カラー多色(2色),両面(本文、表紙) ⑤ 用紙 本文(コート紙・菊判・50.5kg)、表紙・裏表紙(コート紙・菊判・50.5kg) ⑥ 製本 とじの位置(中)、表紙・裏表紙(中とじ・針金2カ所) ⑦ 校正 官側校正1回 ⑧ 包装・梱包 100部を1梱包とする。なお、包装は、再生利用の容易さ及び廃棄時の負担 軽減に配慮されていること。 イ 財産形成貯蓄加入者募集ポスター(別紙2) ① 印刷数量 4,500枚 ② 仕上寸法 B列3判 縦長 許容差±5mm縦長 ③ 製版 平版(データは、PDFで官側より支給) ④ 印刷 カラー多色(4色)、片面(本文) ⑤ 用紙 本文(コート紙・四六判・135kg) ⑥ 製本 不要 ⑦ 校正 官側校正1回 ⑧ 包装・梱包 100部を1梱包とする。なお、包装は、再生利用の容易さ及び廃棄時の負担 軽減に配慮されていること。 仕 様 書 品 名 令和3年度財産形成貯蓄制度のご案内 外2件の印刷 仕様書番号 作成年月日 令和2年11月30日 変更年月日 人事教育局厚生課

(2)

ウ 令和2年度殉職者顕彰録(別紙3) ① 印刷数量 347部 表紙1枚、裏表紙1枚、見返し2枚、本文(片面3項、片面カラー写 真あり3項、片面白黒写真あり24項)、仕切紙5枚(片面) ② 仕上寸法 A列4判 縦長 許容差±2mm縦長 ③ 製版 平版(データ(写真含む)は、 Wordテキスト形式、Excel及びPower P oint等で官側より支給) ④ 印刷 黒1色、片面(本文、扉)、裏(白紙) 黒1色(白黒写真あり)、片面(本文)、裏(白紙) カラー多色(写真あり)、片面(本文)、裏(白紙) 金箔押し・枠空押し(表紙、裏表紙) ⑤ 用紙 本文(両面コート紙・菊判・76.5kg) 表紙、裏表紙(ウーペケーネス・ブラック加工紙・菊判・76.5kg) 見本紙、扉(上質紙・菊判・76.5kg) ⑥ 製本 とじの位置(左)、表紙・裏表紙(くるみ・針金2カ所) ⑦ 校正 官側校正1回 ⑧ 包装・梱包 50部を1梱包とする。なお、包装は、再生利用の容易さ及び廃棄時の負担 軽減に配慮されていること。 3 その他の指示 3.1 検査 この仕様書に基づき、支出負担行為担当官補助者が行うものとする。 3.2 納入場所 東京都新宿区市谷本村町5-1 防衛省人事教育局厚生課(D棟1階) 3.3 納期 令和3年3月5日(金) 3.4 配送車両 都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(平成12年東京都条例第215号)に規定 する、ディーゼル車規制に適合する自動車を使用し、又は使用させること。 また、使用させる自動車の自動車検査証(車検証)の提示を求めた場合,速やかに提示する こと。 3.5 その他 (1) 仕上り状態については、印刷ミス等による汚れ等がないものとする。 (2) 官側が提供した資料等は、当該役務終了後、直ちに官側に返却又は破棄すること。 (3) 当該役務により知り得た内容をむやみに外部に漏らしたり、他の目的に使用してはならな い 。 (4) 本調達物品が「環境物品等の調達の推進に関する基本方針」の基準を満たすものである こと。ただし、基本方針の改定があった場合には、これに従うものとする。 (5) この仕様書に疑義が生じた場合は、支出負担行為担当官等の指示に従うものとする。

(3)

財形貯蓄制度について

財形融資制度について

財形貯蓄商品について

都市銀行等/信託銀行/証券会社/

生命保険会社/損害保険会社

令和3年度

財産形成貯蓄制度のご案内

別紙1

(4)

一般財形 財形住宅 財形年金 加 入 年 齢 制限なし 原則として5年以上 (5年未満でも払出し可)  必ず5年以上かつ満55歳までの  積立が必要 積 立 方 法 契 約  数 課     税 みずほ銀行、沖縄銀行、琉球銀行 三井住友信託銀行(旧中央三井信託銀行、旧住友信託銀行)、三菱UFJ信託銀行、みずほ信託銀行、りそな銀行 野村證券、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券 ※1 非課税限度額について 預 貯 金 等 :元利合計で550万円まで非課税 生命 ・ 損害保険 :払込額合計が550万円まで(財形年金については385万円まで)が非課税 1 財産形成貯蓄制度のご案内(令和3年度) 満55歳未満 積 立 期 間 (3年未満でも払出し可)原則として3年以上 積立期間中、2年未満に限り積立の中断が可能 目    的 使途自由 住宅の取得・増改築等  在職中に積立てた分を満60歳  以降に定期的に受け取ります 毎月1,000円以上、給与天引きによる積立(賞与払併用可) 一人各1契約まで        差益に対して源泉分離課税      住宅+年金の合計550万円まで非課税※1    (2013年1月1日から2037年12月31日までは20.315%) 第一生命保険、ジブラルタ生命保険(旧AIGエジソン生命保険、旧ジブラルタ生命保険、旧AIGスター生命保険) 日本生命保険、住友生命保険、明治安田生命保険、富国生命保険、朝日生命保険、大樹生命保険 マニュライフ生命保険 東京海上日動火災保険、損害保険ジャパン(株)、三井住友海上火災 あいおいニッセイ同和損害保険、共栄火災海上保険、日新火災海上保険、AIG損害保険(旧富士火災海上保険) 払 出 払出し自由 (いつでも引出し可) 住宅の取得・増改築等に限り払出し可 取得前は9割以内(取得後一括払出し可) 所要額の範囲内  満60歳以降、5年以上20年以内で  定期的に受給  ※生保は確定6・10・15年及び終身、    損保は5年以上自由設定 目的外払出しの場合、払出し時から遡って5年間に支払われた利息の20.315%が 追徴課税されます。 ※生命保険の場合、財形住宅は利子相当額の20.315%課税、 財形年金は解    約返戻金が一時所得扱いとなり所得税が課税されます。 そ の 他 生命保険の場合3,000万円 までが積立限度額となります。  対象となる住宅の要件、また、増改築  の要件がそれぞれありますので、詳  細は財形担当者等におたずね下さい。 受け取る年金も非課税扱いとなります。 取 扱 金 融 機 関 等

財形貯蓄制度について

(住宅購入等資金の積 (住宅購入等資金の積立) 老後も安定した 生活がしたいな

一般財形

(「とりあえず」の資金の積立) 車を買おうかな! 早く家が欲しいな

(5)

       各共済組合支部貸付窓口にて申込みできます。(詳細は各担当者にお尋ね下さい。) 使 途 ①住宅の建設 ②マンション・建売住宅の購入 ③中古住宅の購入 ④住宅のリフォーム 金 利 5年固定金利 (令和2年1月1日現在0.53%) 財産形成貯蓄制度のご案内(令和3年度) 2 ①一般財形・財形住宅・財形年金のいずれかの積立を1年以上行っていること ②現在財形貯蓄の積立を行っていない場合、積立の中断若しくは、満期日から2年以内の貸付の申込みで   あること ③財形貯蓄残高が50万円以上あること ④自分が居住する住宅の建設・購入・改良の資金であること 要 件 申 込 時 期 年5回(4・6・8・10・12月の各月)※各月には、申込受付期間がありますので、詳しくは所属支部にお早めにお問い合わせ下さい。 限 度 額 財形貯蓄残高の10倍相当額、又は4,000万円までの次のいずれか低い額 ア 申込み時から5年後の仮定退職手当額+200万円 イ 共済組合の住宅貸付と併用する場合、「ア」-「住宅貸付額」 ウ 共済組合の特別住宅貸付と併用する場合、申込み時の「仮定退職手当額」-「特別住宅貸付額」    (仮定退職手当額がアに満たない場合はアの額) 財形教育融資制度は、「独立行政法人雇用・能力開発機構」が廃止されたことに伴い、平成23年9月30日をもって廃止となりました。 ●総貸付額は、毎年度内閣総理大臣が定める範囲内となりますので、年度内であっても受付を終了することがあります。

財形融資制度について

財形持家融資制度

財形教育融資制度

住宅財形

(住宅購入等資金の積

年金財形

(老後の年金資金の積立) 年金の受取開始

住宅財形

(住宅購入等資金の積立)

子どもの教育資 金が必要だな リフォームしたいな

(6)

  ●在職中の積立金を60歳以降に年金形式で受け取る貯蓄です。   ●金利情勢によっては一般定期よりもさらに有利な金利が適用されます。 <財形年金預金の概要> 預入商品・預入区分 受 取 方 法 要件外の払出 6ヶ月未満 6ヶ月以上 1年以上 1年半以上 2年以上 2年半以上 解約時の普通預金利率 約定利率×40% 約定利率×50% 約定利率×60% 約定利率×70% 約定利率×90%(※約定利率は2年以上の利率です) そ   の   他   ●住宅取得を目的とした貯蓄です。   ●金利情勢によっては一般定期よりもさらに有利な金利が適用されます。 <財形住宅預金の概要> 預入商品・預入区分 払  出  方  法 6ヶ月未満 6ヶ月以上 1年以上 1年半以上 2年以上 2年半以上 解約時の普通預金利率 約定利率×40% 約定利率×50% 約定利率×60% 約定利率×70% 約定利率×90%(※約定利率は2年以上の利率です) そ   の   他   ●資金のお使いみち、払出し自由。目的に合わせてご活用いただけます。   ●金利情勢によっては一般定期よりもさらに有利な金利が適用されます。 <一般財形預金の概要> 預入商品・預入区分 6ヶ月未満 6ヶ月以上 1年以上 1年半以上 2年以上 2年半以上 解約時の普通預金利率 約定利率×40% 約定利率×50% 約定利率×60% 約定利率×70% 約定利率×90%(※約定利率は2年以上の利率です) そ   の   他     みずほインフォメーションダイヤル    0120-3242-86     沖縄銀行 高橋支店       098-863-3136     琉球銀行 本店営業部預金課      098-866-1212 3 財産形成貯蓄制度のご案内(令和3年度) 2020年1月1日現在 期日指定定期預金(最長預入期間3年、1年複利) 期日指定定期預金(最長預入期間3年、1年複利) (補完的にスーパー定期(期間1年未満・単利)) 据え置き期間(6ヶ月以上5年以内)経過後、5年以上 20年以内の間で、3ヶ月ごと、年4回お受け取りいただきます。 年金受け取り目的以外の払出しについては、5年間さかのぼって、 利息の20.315%が課税されます。 ただし、年金受け取り開始日後5年を経過した場合は、その時点から 生じる利息についてのみ課税扱いとなります。 期限前解約時の 取        扱 以下の期日前解約利率により利息計算を行います。 ・非課税枠を超過すると、発生する利息が全て課税扱いとなります。 ・本預金は預金保険の対象であり、同保険の範囲内で保護されます。 期日指定定期預金(最長預入期間3年、1年複利) ①住宅取得など(増改築などを含む)の後の払出し 住宅取得などの日より1年以内に1回、所要額の範囲内で払出すことができます。 ②住宅取得など(増改築などを含む)の前の払出し 住宅取得などの日の前に1回、残高の90%以内で一部払出すことができます。残額は一部払出しの   日から2年後の応答日、 または、住宅取得などの日から1年後の応答日のいずれか早い日までであれば 所要額の範囲内で払出すことができます。 ※払出しには住宅取得などの証明が必要です。 期限前解約時の 取       扱 以下の期日前解約利率により利息計算を行います。 ・非課税枠を超過すると、発生する利息が全て課税扱いとなります。 ・本預金は預金保険の対象であり、同保険の範囲内で保護されます。 期限前解約時の 取       扱 以下の期日前解約利率により利息計算を行います。 ・本預金は預金保険の対象であり、同保険の範囲内で保護されます。 くわしくは、店頭または下記まで 注:上記商品は、一般的な財形預金を記載しております。詳しくは各金融機関にお問い合わせ下さい。 *払い出しには住

財形年金預金

財形住宅預金

一般財形預金

財形貯蓄商品について

都市銀行等(定期預金)

お受け取り開始 (満60歳以上) 財形年金預金のしくみ 受取期間 据え置き期間 積立期間 (5年以上) (6ヶ月以上5年以内) 5年以上20年以内 受取回数21回~80回 お預入れ開始 (満55歳未満) 給料、ボーナスから 天引きでお預入れ 3ヶ月ごとに お受け取り 3年ごとに お受取額を算定

(7)

      ●2011年4月30日以降、財形金融債は「みずほ財形預金プラス」にてお取り扱いしております。 1.商品概要 ・ 使用目的を定めない、主に給与天引きにより 貯蓄される預金です。 ・ 住宅の取得資金・増改築等の資金を積立て る預金です。 ・ 老後の資金として在職中に積立て、年金とし て支払いを受ける預金です。 ・ 課税扱いですが、一部払い戻しができるなど の利便性があります。 ・ 財形年金貯蓄と合算で550万円まで非課税と なります。 ・ 財形住宅貯蓄と合算で550万円まで非課税と なります。 2.預入商品 ・ スーパー定期(期間5年、半年複利) ・ スーパー定期(期間5年、半年複利) ・ スーパー定期(期間5年、半年複利) 3.預入 (1) 預入最低金額 ・ 1,000円 ・ 1,000円 ・ 1,000円 (2) 積立期間・方法 ・ 3年以上の期間にわたって、毎年1回以上定 期的に預入いただきます。 ・ 5年以上の期間にわたって、毎年1回以上定 期的に預入いただきます。 ただし、2年以上 の積立中断の場合は、課税扱いとなります。 ・ 5年以上の期間にわたって、毎年1回以上定 期的に預入いただきます。 ただし、2年以上 の積立中断の場合は、課税扱いとなります。 4.払出方法 ・ 指定金額(1円単位)での一部払戻しが可能 です。 ・ 持家の新築・購入・増改築目的の場合のみ、 払出しが可能です (新築・購入・増改築等の 対象には制限があります)。 ・ 最終預入日から5年以内の範囲で据置期間 が設定可能です。 ・ 住宅取得後1回の払出しもしくは、取得前後 の2回の払出しが可能です (払出可能額や 払出日には制限があります)。 ・ 年金支払開始日は満60歳の誕生日以降の 当行所定の日 ・ 住宅目的以外の払出しの場合、全額払出・ 口座解約となり過去5年の遡及課税が行われ ます。 ・ 年金受取期間は年金支払開始日から5年以 上20年以内の期間にわたって設定可能で す。 ・ 年金支払開始日以降、毎月または3ヵ月ごと に払い出します (年金としてお受け取り)。 ・ 年金受取目的以外の払出しの場合、全額払 出し・口座解約となります。 5.利息 (1) 適用利率 ・ 預入時の店頭表示の利率を約定利率として 満期日まで適用し、満期日時点の新しい利 率で自動継続されます。 ・ 預入時の店頭表示の利率を約定利率として 満期日まで適用し、満期日時点の新しい利 率で自動継続されます。 ・ 預入時の店頭表示の利率を約定利率として 満期日まで適用し、満期日時点の 新しい利 率で自動継続されます。 (2) 利払方法 ・ 満期時に一括してお支払いします。利息は 満期日時点の新しい利率で自動継続されま す。 ・ 満期時に一括してお支払いします。利息は 満期日時点の新しい利率で自動継続されま す。 ・ 満期時に一括してお支払いします。利息は 満期日時点の新しい利率で自動継続 されま す。 (3) 計算方法 ・ 付利単位を1円とした1年を365日とする日割 計算 ・ 付利単位を1円とした1年を365日とする日割 計算 ・ 付利単位を1円とした1年を365日とする日割 計算 (4) 税金 ・ 20.315%の源泉分離課税(国税15.315%、 地方税5%) ・ 財形年金貯蓄と合算で元利金合わせて550 万円まで非課税となります。 ・ 財形住宅貯蓄と合算で元利金合わせて550 万円まで非課税となります。 ・ 非課税枠を超過すると、発生する利息がす べて課税扱いとなります (国税15.315%、地 方税5%)。 ・ 非課税枠を超過すると、発生する利息がす べて課税扱いになります (国税15.315%、地 方税5%)。 ・ 住宅目的以外の払出しの場合、過去5年の 遡及課税が行われます (国税15.315%、地 方税5%)。 ・ 年金受取目的以外の払出しの場合、全額解 約となり過去5年の遡及課税が行われます (年金受取開始後5年を超えている場合は以 後課税のみ) (国税15.315%、地方税5%)。 6.期日前解約時の   取扱 ・ ・ ・ ・        本商品に関する照会先 : みずほ銀行財形オフィス 財形預金プラスグループ  TEL03-3400-2118 財産形成貯蓄制度のご案内(令和3年度) 4 みずほ一般財産形成預金プラス みずほ財産形成住宅預金プラス みずほ財産形成年金預金プラス 満期日前に口座解約、一部払い戻し、全額払戻しする場合は、期日前解約利率(注)により計算した利息とともに払出します。 7.その他参考と    なる事項 この預金は元本保証しておりますが、みずほ銀行の業務または財産の状況の変化を直接の原因として元本欠損が生じる場合があります。 本預金は預金保険の対象であり、同保険の範囲内で保護されます。 勤労者退職金共済機構等による財形融資制度をご利用になれます (別途審査があります)。

財形預金プラスの特徴

財形貯蓄商品について

都市銀行等(定期預金)

(注)期日前解約利率 預入商品 預入期間 約定利率×20% 約定利率×40% 約定利率×70% スーパー定期5年 4年以上5年未満 普通預金利率 約定利率×10% 6か月未満 6か月以上2年未満 2年以上3年未満 3年以上4年未満

(8)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ (旧中央三井信託銀行) 三井住友信託銀行 品川事務センター財形グループ 東京都品川区西五反田7-10-4 ルーシッドスクエア五反田3F TEL:0120-256-002(フリーダイヤル) (旧住友信託銀行) 三井住友信託銀行 法人事務センター  大阪府豊中市新千里西町1-1-3 TEL:0120-684-648(フリーダイヤル) 東京都豊島区西池袋1-7-7 東京西池袋ビル TEL:03-5391-7920 TEL:0120-311-288(フリーダイヤル) 東京都港区西新橋1-6-21 TEL:03-3502-3101 5 財産形成貯蓄制度のご案内(令和3年度) りそな銀行 (東京公務部) 運用資産の状況等により元本を下回る場合(解約手数料の発生により元本を下回る場合)も元本補填 契約で補填されます(元本保証)。 利益補足契約はありません。 預金保険制度により1,000万円とその利子まで保護されます。

取扱金融機関

三菱UFJ信託銀行 (財形事務センター) みずほ信託銀行 (財形オフィス) 東京都港区西麻布2-26-23  新規加入に関するお問い合わせ TEL:03-3274-9177 高樹町センタービル 本館2階   加入後のお問い合わせ  TEL:0120-102-766 解約手数料は利率等により変動します。 ※ りそな銀行:払出し元本10,000円につき3円。(29.2.15現在)

取扱商品

信託銀行が預金者からお預かりした信託金を運用し、その結果生まれる収益(配当金)を分配します。 解約時に手数料が発生しますが、短期の払戻しでも元本割れは発生しません。 100円単位の半年複利(変動金利) 積立開始後7年未満の場合は、払出し元本1,000円につき1円~ (但し、7年以上経過の契約口座については不要)

金銭信託

財形貯蓄商品について

信 託 銀 行

商品概要

付利方法

解約手数料

残高保証

(9)

・ ・ ・ ・無手数料 0120-250-221   (平日9時から17時) 財産形成貯蓄制度のご案内(令和3年度) 6 SMBC日興証券株式会社 みずほ証券株式会社 (事務取扱)みずほ証券ビジネスサービス株式会社 03-5677-3680 野村證券株式会社 0120-148-604  (平日9時から17時) (事務取扱)野村ビジネスサービス株式会社 大和証券株式会社 03-5633-6788 

    運用実績に応じて収益が配分されます

「一般財形50」、「一般財形30」、「年金・住宅財形30」※2の3種類があります。 ※2 50、30は信託財産に対する株式の組入比率を示します。その他は内外の公社債で運用します。 いずれも、内外の公社債およびわが国の株式を実質的な主要投資対象とし、信託財産の成長と安定した収 益の確保をめざして運用を行ないます。 財形株式投信は、いずれも株式など値動きのある証券に投資します(また、外貨建資産に投資する場合に はこの他に為替変動リスクがあります)ので、元金が保証されているものではありません。

詳細につきましては、各証券会社に直接ご確認くださいますようお願いいたします。

財形貯蓄商品について

証 券 会 社

財形株式投信コース

手数料等

留 意 点

(10)

頼りになる災害保障付きです ・ 年金の場合、生保ならではの終身年金も選べます ・ 「生命保険契約者保護機構」の保護対象です ・ ●商品内容・ご契約に関する重要事項 ③死亡・高度障がい給付金 7 財産形成貯蓄制度のご案内(令和3年度) ・生命保険料控除の適用はありません。 ・年金・住宅については、平成29年度税制改正にともない、租税特別措置法施行令に定める「災害等の事由」が生じたことにより税務署長の確認を受け当該災害等の 事由が生じた日から同日以後1年を経過する日までに解約される場合は非課税となります。 ・満期・一部払出し・解約: ・年金:非課税 お問い合わせは、ご加入いただく各生命保険会社の営業職員・最寄の営業所もしくは以下の連絡先までお願いいたします。   朝日生命保険相互会社    0120-330-323   日本生命保険相互会社 0120-981-535 HP(https://www.nissay.co.jp) 住友生命保険相互会社    0120-307-506(本社)・03-5550-4796(東京本社)     ジブラルタ生命保険株式会社 0120-981-088(*新規契約については行っておりません。) 第一生命保険株式会社     0120-998-665      マニュライフ生命保険株式会社 03-6331-6620(*新規契約・積立額の増額については行っておりません。)   明治安田生命保険相互会社 03-5690-6887         大樹生命保険株式会社 04-7162-3246        富国生命保険相互会社  0476-47-5207(*新規契約については行っておりません。) (年金支払開始日以後5年以内に解約された場合はすでに受取られてい る年金もそれに対応する払込保険料相当額を差引いた金額に対して利子 所得として源泉分離課税されます。) ・解約払戻金:払込保険料累計額を差引いた金額に対して一時所得課税 ・差益に対して源泉分離課税(平成25年  1月1日から令和19年12月31日までは  20.315%) ・生命保険料控除の適用はありません。 税制上の取扱 事情の変更 金利水準の低下その他の著しい経済変動などこの契約の締結の際予見し得ない事情の変更又は財形法および関係法令の改正により特に必要があると認めたときに は、引受会社は主務官庁の認可を得て、約款の規定または保険料、積立金等の計算の基礎(予定利率等)を将来に向かって変更することがあります。なお、変更する 場合には、引受会社より変更日の2ヵ月前までにご契約者あてご連絡いたします。 生命保険契約者 保護機構 保険会社の業務又は財産の状況の変化により、ご契約時の保険金額、年金額、給付金額等が削減されることがあります。なお生命保険契約者保護機構の会員である生命保険 会社が経営破綻に陥った場合、生命保険契約者保護機構により、保険契約者保護の措置が図られることがありますが、この場合にも、保険金額、年金額、給付金額等が削減さ れることがあります。詳細については、生命保険契約者保護機構までお問い合わせください。 〔お問い合わせ先〕TEL03-3286-2820 受付時間9:00~12:00、13:00~17:00(土・日・祝日・年末年始を除く) ●令和2年12月現在の税制・関係法令等に基づき税務の取扱等について記載しております。 今後、税務の取扱等が変わる場合もありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるもの ではありません。個別の税務取扱等については、所轄の国税局・税務署や税理士等にご確認ください。 ●詳細は、ご加入いただく各生命保険会社の申込書添付の「特に重要なお知らせ(契約概要)(注意喚起情報)」、「お客様情報の取扱いについて」でお確かめください。 保険金・給付金・年金を お支払いできない場合 ・被保険者の故意または重大な過失によるとき、被保険者の犯罪行為によるとき等の場合、災害死亡・災害高度障がい保険金は支払いません。  この場合は、死亡・高度障がい給付金をお支払いします。 ・ご契約者または受取人が反社会的勢力に該当すると認められたとき等により契約を解除された場合は保険金・給付金・年金は支払いません。  (その他詳細は「特に重要なお知らせ(契約概要)(注意喚起情報)」に記載がございますのでご加入時にご確認ください。) 配当金の支払い 配当金のみのお支払はできません。 毎年の配当金額は各社の前年度決算により決定いたしますので、金利水準等により変動し、ゼロとなる場合もあります。 ご契約後2年目以降に配当金が生じた場合には、年単位の契約応当日から、所定の利率により 計算した利息をつけて積立て、(利率は金利水準等により変動することがあります。利率につい ては各保険会社へご照会ください。日本生命の場合は当社HPをご参照ください。)保険金、給 付金等のお支払いの際にあわせてお支払いします。 ご契約後2年目以降に配当金が生じた場合には、年単位の契約応当 日から、所定の利息をつけて積立て、(利率は金利水準等により変動 することがあります。利率については各保険会社へご照会ください。日 本生命の場合は当社HPをご参照ください。)年金支払開始日までご 継続した場合は年金額の増額に充てます。ただし、年金支払開始日 前にご契約が消滅したときは、保険金、給付金等のお支払いの際にあ わせてお支払いします。年金支払開始日以後2年目以降に配当金が 生じた場合には、年金額の増額に充てます。 積立金・元本割れ について ■お払込みいただく保険料は預貯金のようにそのまま積立られるのではなく、災害時のお支払やご契約の維持運営に充てられる経費を控除した保険料部分に予定利率を 付利して積み立てられるため、予定利率年0.7%がそのまま推移した場合 (1)ご契約後23カ月以内における積立金額は、払込保険料累計額より少なくなり元本割れとなります。(定額で毎月払のみによるお払込みの場合)    (注)他の金融機関から預替え等を行った場合、預替え等から一定期間、積立金額は預替え時の元本を下回ります。 (2)賞与払との併用または毎月払保険料額に変更がある場合等では、元本割れ期間は23カ月より長くなることもあります。 また、一部払出をされた場合、再度元本割れが発生することがあります。 ■ご契約後23カ月以内に解約された場合、解約控除が適用されるため、解約返戻金額は積立金額より少なくなります。 保険金・給付金・年金 などのお支払い ①満期保険金 満期時に被保険者が生存されているときは、 保険期間満了の日における積立金をお支払い します。 *ご契約は消滅します。 ②災害死亡保険金または災害高度障がい保険金 被保険者(ご契約者)が、責任開始日以後に発生した「急激かつ偶発的な外来の事故」を直接の原因としてその事故が発生した日からその日を含めて180日以内でかつ保険 期間中(財形年金については年金支払開始日前に限ります。)に死亡または所定の高度障がい状態になられたときは、事故発生時における払込保険料累計額の5倍相当額を 災害死亡保険金または災害高度障がい保険金としてお支払します。 またこのほか、責任開始日以後に発病した「所定の感染症」により被保険者が死亡されたときも災害死亡保険金としてお支払いします。 なお、災害高度障がい保険金をお支払した場合は、所定の高度障がい状態になられたときにさかのぼってご契約は消滅します。 被保険者(ご契約者)が、保険期間中(財形年金については年金支払開始日前に限ります。)に死亡または責任開始日以後の傷害もしくは疾病によって所定の高度障がい状態 になられたときは、災害死亡保険金または災害高度障がい保険金をお支払いする場合を除き、死亡日または所定の高度障がい状態になられた日における積立金を死亡給付金 または高度障がい給付金としてお支払いします。 なお、高度障がい給付金をお支払いした場合は、所定の高度障がい状態になられたときにさかのぼってご契約は消滅します。 関係法令および約款に従い、法令上の要件を 満たす住宅取得・増改築等の資金に充てるた めに生存給付金をご請求のとき、払出基準日に 被保険者が生存されていれば積立金の全部ま たは一部を生存給付金としてお支払いします。 責任開始期  引受会社がご契約申込を承諾し、第1回保険料相当額が給与から控除された日 保険期間中(財形年金については年金支払開始日前日まで)に責任開始日以後発生した急激かつ偶発的な外来の事故を直接の原因として死亡または所 定の高度障がい状態になられた場合、事故発生時における払込保険料累計額の5倍相当額の災害死亡または災害高度障がい保険金が支払われます。 財形年金貯蓄の場合、一生涯にわたって受取れる「終身年金」も選択できます。年金の種類には、確定年金(6年・10年・15年受取)のほか、生命保険なら ではの「10年保証終身年金」も選択できます。10年保証終身年金は、契約者様の死亡時期によっては、お受取総額が払込保険料累計額を下回る場合が あります。 生命保険会社の財形積立保険は「生命保険契約者保護機構」の保護対象商品です。 勤労者財産形成貯蓄積立保険 保険料の払込方法  給与天引により、定期的にお払込いただきます。(月払・賞与時払およびその併用) 保険料限度額 (払込保険料累計額の最高限度額)  3,000万円 財形年金積立保険 財形住宅貯蓄積立保険 ただし、払出し後5年以内に目的外による払出しを された場合は、 非課税でお受取いただいた一部 払出し時の利息についても5年間遡って課税され ます。 ・解約返戻金:差益に対して源泉分離課税  (平成25年1月1日から令和19年12月31日まで は20.315%) ・生存給付金:非課税 年金支払開始日および(年金支払期間中の)年金支払日に被保険者 が生存されているとき、年金をお支払いします。 10年保証終身年金は、年金支払開始日以後の解約はできません。 また、保証期間経過後のお支払いは年金(年金支払日に生存されて いるとき)に限ります。 お支払年金額は、年金支払開始日前日の積立金額と当社が定める 計算の基礎 (予定利率等)により計算された額となります。 550万円(財形住宅)      385万円(財形年金)   ただし、財形住宅と財形年金合計で550万円 ①生存給付金 ①年金 生保・財形積立保険の特長

財形貯蓄商品について

生 命 保 険 会

(11)

●財形年金・財形住宅は、税制面での優遇措置が受けられます。 ●給与天引で無理なく積立てられます。 保険料は、毎月の給与、または、賞与から引き落とされますので、無理なく計画的な財産形成が図れます。 ●損害保険ならではの傷害補償があります。 ●非課税枠がいっぱいに活用できます。 ●「損害保険契約者保護機構」の補償の対象となります。 ●低利の公的融資が受けられます。 引受保険会社(各社)連絡先 財産形成貯蓄制度のご案内(令和3年度) 8 ※この内容は、財形貯蓄商品の概要をご説明したものです。ご契約にあたっては、必ず各保険会社の「重要事項説明書」をよくお読み下さい。ご不明な点等がある場合に は、上記連絡先までお問い合わせ下さい。 日新火災海上保険(株) 本店事業部公務課 (新規契約のお取扱はありません) 03-5282-5547(直通) 千代田区神田駿河台2-3 AIG損害保険(株) 東京法人営業第二部 営業第四課(新規契約のお取扱はありません) 03-6895-2930(直通) 港区虎ノ門5-13-1 虎ノ門40MTビル 6F あいおいニッセイ同和損害保険(株) 公務部営業第2課 03-6734-9985(直通) 中央区日本橋3-5-19 共栄火災海上保険(株) 本店営業部 営業第二課 (新規契約のお取扱はありません) 03-3504-0827(直通) 港区新橋1-18-6 損害保険ジャパン(株) 営業開発部第二課 03-3349-3578(直通) 新宿区西新宿1-26-1 三井住友海上火災保険(株) 公務第一部営業第一課 03-3259-6626(直通) 千代田区神田駿河台3-11-1 会社名・担当課名 電話番号 住所 東京海上日動火災保険(株) 公務第一部公務第二課(新規契約のお取扱はありません) 03-3515-4124(直通) 千代田区三番町6-4 財形保険に加入されている勤労者の方は、一定の条件のもとに財形持家融資の公的融資を受けることができます。 財形年金は払込保険料累計額385万円まで、財形住宅は払込保険料累計額550万円※までの非課税枠が認められています。  ※ただし、非課税枠は、財形住宅・財形年金、合算して550万円までとなります。 万一の傷害事故で死亡・重度後遺障害を被られた場合、死亡時または事故時における払込保険料累計額の5倍相当の保険金を お支払いします。 ※死亡保険金または重度後遺障害保険金が支払われた場合は、ご契約は死亡時または事故時に終了し積立金・年金はお支払 いできなくなります。 財形保険(財形年金・財形住宅)の非課税限度額は元本(払込保険料累計額)についての上限ですので、実質的な非課税枠が 大きくなります。 引受保険会社が経営破綻した場合等には、保険金、返れい金等の支払いが一定期間凍結されたり、金額が削減されることがあり ます。なお、経営が破綻した場合には、この保険は「損害保険契約者保護機構」の補償対象となり、保険金、返れい金等は原則と して90%まで補償されます。ただし、破綻後に予定利率等の変更が行われた場合には90%を下回ることがあります。また、引受 保険会社の経営が破綻した時点で、保険料等の算出の基礎となる予定利率が主務大臣の定める基準利率を過去5年間常に超 えていた場合、補償割合は90%を下回ります。

財形住宅傷害保険

(財形住宅)

財形年金傷害保険

(財形年金)

財形貯蓄傷害保険

(一般財形) 元本550万円まで非課税 元本385万円まで非課税 ご希望に合わせた自由な財形貯蓄 積立金を年金として受け取る場合に、非課税の扱い が受けられます。 ただし、中途で解約をされる場合等財形年金貯蓄の 要件からはずれる場合には、「(積立金+契約者配 当金*1)-払込保険料累計額」が課税の対象となり ます。

損 害 保 険 会 社

財形貯蓄商品について

損 害 保 険 会 社

積立金を持家の取得や増改築等のために、持家取 得等費用返れい金又は満期返れい金として払出す 場合に、非課税の扱いが受けられます。 ただし、●解約の場合●持家取得等費用返れい金 の払出し後2年以内、かつ持家の取得等の後1年以 内に所定の書類が提出されない場合●最後の払込 みから2年以上経過した場合等、財形住宅貯蓄とし ての要件からはずれる場合には「(積立金+契約者 配当金*1)-払込保険料累計額」が利子等として遡 及して20.315%源泉分離課税*2の対象となります。 *1 積立部分の保険料の運用利回りが予定の利回り(予定利率)を超えた場合、契約後2年目以降契約者配当金をお支払いします。 なお、契約者配当金は運用利回りが予定の利回りを越えなかった場合には0となります。 *2 平成25年1月より所得税部分に復興特別所得税が付加され15.315%となり、合計の源泉徴収税額は20.315%となります。 ※解約返れい金について ご契約が解約となる場合には、所定の方法で計算した解約返れい金をお支払いします。 払込保険料の一部を補償部分の保険料に充当するため、解約返れい金は、ご契約後一定期間は、払込保険料累計額より少なくなります。 払出し時に、「(積立金+契約者配当金*1)-払込保 険料累計額」が利子等として20.315%源泉分離課税 *2の対象となります。

損害保険会社の財形保険のご案内

(12)

① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ 解約や一部払出しをする場合は、厚生担当課に解約・払出請求書等を提出してください。 9 財産形成貯蓄制度のご案内(令和3年度) 住所、氏名、印鑑の変更及び他の部隊等への異動並びに退職等の職員は、直ちに厚生担当課 に届け出て所定の手続きをとってください。 申込みに必要な書類は、厚生担当課(科又は隊のところもあります。以下同じ。)の窓口に用意し てありますので、必要事項を記入して提出してください。 なお、積立金額を変更する場合も同様です。 申込みは毎年4月とし、厚生担当課が定めた時期とします。なお、申込みによる積立金額の控除 は、6月からとします。ただし、天災その他やむを得ない事情が発生した場合には、この時期が変 わることもあります。 既に財形住宅に加入している職員で、新たに財形年金に加入する場合、または、既に財形年金に 加入している職員で、新たに財形住宅に加入する場合には「(財形住宅+財形年金)合計の非課 税(最高)限度額」が550万円を超えないように所定の手続きをとってください。 積立金額を変更する場合においても、受付は毎年4月とし、厚生担当課が定めた時期とします。 なお、上記手続を行った場合、積立金額が変更されるのは、6月からとします。 積立金額は、1,000円以上で、かつ、1,000円の整数倍の額とし、毎月定額とします。 また、期末手当、勤勉手当からの積立金額については、別の定額とすることができます。 (期末手当、勤勉手当からのみの控除はできません。) 財形貯蓄契約等をした金融機関等に初回の入金がされた後、通帳の発行、証券の交付、保険証 の交付に代えて契約証等が交付されます。 また、預貯金等の残高については、契約した金融機関等から原則として年2回交付される、個人別 残高報告書で確認できます。

財形貯蓄等の申込みについて

(13)

MEMO

(14)

このパンフレットの内容に関するご質問等は、

・各厚生担当課(科)等の財形貯蓄等事務担当者

・各金融機関等掲載の連絡先

(15)

給与天引きで確実に貯められます!

使いみち自由!

いつでも

払出し可能!

どなたでもOK

一般

財形

持家融資制度が

受けられます!

マイホーム

購入したい方

住宅

財形

ゆとりある

老後を目指す方

将来年金として

受け取れます!

年金

財形

この機会に是非ご加入ください

積立金額の変更、預替えも下記期間中のみ受付けます!

住宅+年金

合計

550

万円まで

非課税

別紙2

(16)

殉職者顕彰録

防 衛 省

令 和 2 年 度

(17)

悼 の

令和2年度自衛隊殉職隊員追悼式にあたり、国の存立を担う崇高な 職務に殉ぜられた自衛隊員の御霊に対し、ここに謹んで、追悼の誠を 捧げます。 この度、新たに祀られた御霊は、25柱であります。 御霊は、強い責任感をもって、職務の遂行に、全身全霊を捧げ、自 衛隊員としての誇りと使命感を、自らの行為によって示されました。 このような有為な隊員を失ったことは、自衛隊員にとって、そして 我が国にとって、誠に大きな痛手であります。 同時に、かけがえのない御家族を失われた御遺族の皆様の深い悲し み、無念さを思うと悲痛の念に堪えません。 改めて、ここに祀られた、2,001柱の御霊に対し、深甚なる 敬意と感謝の意を表します。 その尊い犠牲を無にすることなく、御遺志を受け継ぎ、国民の命と 平和な暮らしを守り抜く、そして、世界平和と安定に貢献するため全 力を尽くすことを、ここにお誓いいたします。 いま一度、御霊の安らかならんことを、そして、御遺族の皆様の御 平安と、末永い御健勝を心よりお祈り申し上げ、追悼の辞といたしま す。 令和2年11月7日 内閣総理大臣 菅 義 偉

(18)

悼 の

本日ここに、内閣総理大臣をはじめ御来賓各位の御臨席のもと、自衛隊 殉職隊員追悼式を執り行うにあたり、謹んで追悼の言葉を申し上げます。 防衛省・自衛隊は、我が国の平和と独立を守るという国家存立の根幹に かかわる崇高な任務を担う組織であります。 その任務を遂行するにあたり、隊員諸官は、「事に臨んでは危険を顧み ず、身をもって責務の完遂に努め、もって国民の負託にこたえる」と宣誓 し、国民の期待と信頼に応えるべく日夜精励しております。 そのような中、本日顕彰させていただいた方々をはじめ、幾多の方々が、 強い責任感のもと、身の危険をも顧みず、国家・国民のために任務の完遂 に努め志半ばにして、その職に殉じられた事実を、我々は決して忘れるこ とがあってはなりません。 かけがえのない方々を失ったことは、御遺族はもとより、防衛省・自衛 隊、ひいては国家にとって誠に大きな痛手であり、悲しみに耐えないとこ ろであります。 私どもは、この様な不幸な事態が再び起こさないよう、今後とも最善を 尽くして参ります。 そして、御霊のご功績を自衛隊員の鑑として永く顕彰するとともに、そ のご遺志を受け継ぎ、国民の生命と財産、領土・領海・領空を断固として 守り抜くために全力を尽くして参ることを、ここにお誓いするものであり ます。 本日の追悼式にあたり、ここに改めて、御霊の御功績をたたえ、謹んで 御冥福をお祈り申しあげる次第であります。 御遺族の皆様には、できる限りのお力添えをさせて頂く所存でございま すので、お心を強く持たれ、一日も早く悲しみから立ち直られ、そして御 健勝であられますよう御祈念を申し上げ、追悼の言葉といたします。 令和2年11月 7日 防 衛 大 臣 岸 信夫

(19)

写真(カラー)

新 殉 職 隊 員 名 簿 奉 納

写真(カラー)

(20)

写真(カラー)

内 閣 総 理 大 臣 追 悼 の 辞

写真(カラー)

(21)

写真(カラー)

写真(カラー)

殉 職 者 慰 霊 碑

(22)

陸上自衛隊殉職者

(23)

顔写真

(白黒)

職務遂行による殉職 故人は、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・。

氏 名

昭和○○年○月○日生 本 籍 ○○県 入 隊 第○教育連隊(○○) 陸曹長 ○○方面○○群(○○) 平成27年○月○日殉職

(1)

×13頁

(24)

海上自衛隊殉職者

(25)

顔写真

(白黒)

職務遂行による殉職 故人は、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・。

氏 名

昭和○○年○月○日生 本 籍 ○○県 入 隊 第○期海曹候補士(○○) ○等海曹 ○○基地○○隊「○○」(○○) 平成27年○月○日殉職

(5)

×8頁

(26)

航空自衛隊殉職者

(27)

顔写真

(白黒)

職務遂行による殉職 故人は、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・。

氏 名

昭和○○年○月○日生 本 籍 ○○県 入 隊 第○期海曹候補士(○○) ○等海曹 ○○基地○○隊「○○」(○○) 平成27年○月○日殉職

(9)

×2頁

(28)

北関東防衛局殉職者

(29)

顔写真

(白黒)

職務遂行による殉職 故人は、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・。

氏 名

昭和○○年○月○日生 本 籍 ○○県 入 隊 第○期海曹候補士(○○) ○等海曹 ○○基地○○隊「○○」(○○) 平成27年○月○日殉職

(12)

×1頁

(30)
(31)

陸上自衛隊

海上自衛隊

航空自衛隊

北関東防衛局

氏 名

氏 名

氏 名

氏 名

○○ ○○ 1 ○○ ○○ 14 ○○ ○○ 22 ○○ ○○ 24 ○○ ○○ 2 ○○ ○○ 15 ○○ ○○ 23 ○○ ○○ 3 ○○ ○○ 16 ○○ ○○ 4 ○○ ○○ 17 ○○ ○○ 5 ○○ ○○ 18 ○○ ○○ 6 ○○ ○○ 19 ○○ ○○ 7 ○○ ○○ 20 ○○ ○○ 8 ○○ ○○ 21 ○○ ○○ 9 ○○ ○○ 10 ○○ ○○ 11 ○○ ○○ 12 ○○ ○○ 13

(32)

区 分 頁 数 内  容 備  考 表 紙 1 見返し 1 本 文 1  追悼の辞・総理大臣 本 文 1      ・防衛大臣 本 文 (写真) 3  写真6点 ・提出写真を使用 ・1頁につき写真2点を縦に並べる 扉 1  陸上自衛隊見出し 本 文 (写真) 13  陸上自衛隊(13名) ・提出写真を使用 ・写真、氏名等部分、文章部分の配置  は見本に同じ ・枠取り、頁打ち見本に同じ ・自衛隊のマーク位置見本に同じ 扉 1  海上自衛隊見出し 本 文 (写真) 8  海上自衛隊(8名) ・提出写真を使用 ・写真、氏名等部分、文章部分の配置  は見本に同じ ・枠取り、頁打ち見本に同じ ・自衛隊のマーク位置見本に同じ 扉 1  航空自衛隊見出し 本 文 (写真) 2  航空自衛隊(2名) ・提出写真を使用 ・写真、氏名等部分、文章部分の配置  は見本に同じ ・枠取り、頁打ち見本に同じ ・自衛隊のマーク位置見本に同じ 扉 1  防衛大学校見出し 扉 1  北関東防衛局見出し 本 文 (写真) 1  北関東防衛局(1名) ・提出写真を使用 ・写真、氏名等部分、文章部分の配置  は見本に同じ ・枠取り、頁打ち見本に同じ 扉 1  索引見出し 本 文 1  索引 見返し 1 裏表紙 1 ※細部内容については、原稿により事後調整する 殉職者顕彰録構成(令和2年度)  仕様は見本(令和元年度)に準じ、A4とする。

(33)

内局 13 陸上自衛隊 216 海上自衛隊 48 航空自衛隊 21 機関等 3 301 厚生課 5 陸上幕僚監部 5 海上幕僚監部 3 航空幕僚監部 6 統合幕僚監部 1 給与課 1 総隊司令部 1 自衛艦隊司令部 1 航空総隊司令部 1 北関東防衛局 2 服務管理官付 2 北部方面隊 49 護衛艦隊司令部 1 各航空方面隊司令部 4 予備 5 東北方面隊 23 各護衛隊群司令部 4 航空支援集団司令部 1 東部方面隊 38 海上訓練指導隊群 1 航空教育集団司令部 1 中部方面隊 54 航空集団司令部 1 航空開発集団司令部 1 西部方面隊 44 各航空群司令部 7 補給本部 1 幹部候補生学校 1 潜水艦隊司令部 1 幹部学校 1 高等工科学校 1 各潜水隊群司令部 2 第3術科学校 1 各地方総監部 10 ともしび会事務局 4 教育航空集団司令部 1 各教育航空群司令部 3 練習艦隊司令部 1 システム通信隊群司令部 1 海洋業務・対潜支援群司令部 1 補給本部 1 各学校 6 掃海隊群司令部 1 開発隊群司令部 1 艦隊情報群司令部 1 殉職者遺族 0 殉職者遺族 14 殉職者遺族 8 殉職者遺族 3 殉職者遺族 1 26 殉職者所属部隊 0 殉職者所属部隊 14 殉職者所属部隊 3 殉職者所属部隊 3 殉職者所属部隊 0 20 小計 13 小計 244 小計 59 小計 27 小計 4 347 合計 347 令和2年度 殉職者顕彰録配布区分

Updating...

参照