[16_02]九州大学大型計算機センター広報表紙奥付等

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. [16_02]九州大学大型計算機センター広報表紙奥付等. http://hdl.handle.net/2324/1468066 出版情報:九州大学大型計算機センター広報. 16 (2), 1983-03-15. 九州大学大型計算機センター バージョン: 権利関係:.

(2) 資. ソ. フ. ト. ウ. ェ. ア. 一. 料. 覧. (昭和58年2月1日現在) 九州大学大型計算機センターで利用できるソフトウェアを,便宜上以下のように分類する. 1). コンパイラ,インタプリタ,プリプロセッサ,アナライザなど. 2) 3) 4) 5) 6). 数値解析 統計解析 数理計画法 画像処理 文章処理. 7) 8) 9). サービスまたはユーティリティプログラム 応用プログラム データベース コマンドプロセッサ,コマンドプロシジャ. 1)コンパイラ,インタプリタ,プリプロセッサ,アナライザなど. *参考文献欄のマニュアル番号は.広掃別資料'マニュアル一覧'由の番号である.また,九州大学大喝計算 機センター広報は. '広報',九州状学大型計算機センターニュースは, 'ニュース',利用の手引は, '手 引▼と略記している・ ‑191‑. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983.

(3) 資. 料. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983. ‑192‑.

(4) 資. 作. 料. 成. ‑193‑. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983.

(5) 資. 料. 2)数値解析 ライブラリ名. 内. 容. 作. 成. 参考文献. 備. 考. さらに次の分類によっている. B.特殊関数 C.数値微積分 D.代数方程式 科学計算用 マニュア)レ. サブルーチン. 富. 士. 通. 28. ライブラリ. E.連立一次方程式 P.常微分方程式 0.行列,固有値・固有ベクトル H.フーリエ級数. 1.関数近似 J.偏微分方程式 K.積分方程式 Z.その他 科学計算用 SSL. Ⅲ. サブルーチン. SSLの新訂版で,なるべくこちらを用いる 富. 士. 通. 方がよい.. ライブラリ. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983. さらに次の分執こ従う.. ‑194‑.

(6) 資. ライブラリ名. 内. 容. 作. 成. 参考文献. 備. 料. 考. A.行列計算 B.固有値・固イすベクトル C.非線型計算 D.極値問題 E.補間・近似. F. a G.数値微積分 H.微分・積分方程式 I.特殊関数 ∫.擬似乱数 K.その他 さらに,次の分類によっている C.多項式および特殊関数 D.関数に対する演算および微分方程式の解 F.行列,ベクトルおよび連立一次方程式に 対する演算 G.統計解析および確率. 九大作成. 九大作成 ライブラリ. ライブラリ. 手. 九. (芸讐㌫). 引. 大 (ラJl'プラリ). (乱数に関する部分) このうち,数値積分. 法)の 二重指数開放. 型数値積分公式の. 常微分方程式. (きざみ幅自動諏師台形月rDの. 連. 立一次方程式(LU分解法)の D,高速固有値ルーチン. などが推. 奨できる.. 5)統計解析. ‑195‑. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983.

(7) 資. 料. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983. ‑196‑.

(8) 資. 料. 徹 義. 夫. ‑197‑. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983.

(9) 資. 科. 4)数理計画法. 5)画像処理. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983. ‑198‑.

(10) 資. ‑199‑. 料. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983.

(11) 資. 料. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983. ‑ 200‑.

(12) 資. 料. 6)文 章 処 理. 7)サービスまたはユーティリティプログラム i)データセットの取り扱い. ‑革. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983.

(13) 資. 料. ii)結合・編集. 入. 出. 力. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983. 1. 2021.

(14) 資. iv)変. 料. 換. プログラム名. 内. 容. 作. 成. 形. 式. 参. 考. 文. 献. AD変換時の諸条件をコンソ ールから受けとり,アナログ ADCONV. 操作パネルの操作と連動して. 九工大. AD変換を行い,結果を磁気. 鵬本. AD変換プログ. 実. ラム. 広報. テープに出力するプログラム である.. のS式をM式に変. CNVSM. 換するプログラム. 九大 コンプリート. 松尾 文碩. プログラム. 広報11‑4. 鬼塚千代子 紙テープから読み込んだデ fIENKAN. サブルーチン. ータのコード変換プログラ. 塩川 浩三. ム. 山岸 和子. 手引(ライブラリ). プログラム. ローマ字‑カナ変換プログ. サブルーチン. ラム. プログラム. ローマ字‑カナ変換プログ ラム. TRY. 情報交換用符号変換サブル. TR¥AE. ーチン. TR¥EA. Ⅴ). 九大. 山口大 石原 好宏. 九大 古城久美子. 広報 9‑4. サブルーチン. 広報. プログラム. サブルーチン プログラム. 広報. 松尾 文碩. ネットワーク. ‑203‑. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983.

(15) 資. d). 料. そ. の. 他. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983. ‑204‑.

(16) 資. プログラム名. 内. 容. 作. 成. 形. 式. 料. 参 考 文 献. アセンブリ言語で政用しなけ. TAC/LIB. ればならなかった各紐マクロ. TSSアプリケ. 命令の機能や,ビット,バイ. ーションプログ. ト操作を. などで. 富. 士. 通. ラム. も使用できるようにサポート. コミュニケ一夕. するサブルーチンパッケージ. /ライブラリ. ニュース. 214. マ二ュアノレ. 63. である.. 8)応用プログラム i)シミュレーション. ii)結晶構造解析. ‑205‑. 卜l大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983.

(17) 資. 料. 原. 子. 核. iv)原子分子. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983. ‑ 206‑.

(18) 資. Ⅴ)そ. の. 料. 他. ‑207‑. 九州大学大型計算機センタ‑広報 Vol.16 No.2 1983.

(19) 資. 料. プログラム名. 内. 容. PADAMS. 病理データ処理シ. 7810. ステム. 作. 成. 参考文献. 備. 考. 病理剖検診断および航速情報の収録・検. 山口大 高僑. 学. 広報12‑2. 索を行うT:めのデータマネジメントシス テムである.. 航空機および人工衛星に塔載されたマル チスペクトル・スキャナーにより得られ リモートセンシング. PARS. 京大. た磁気テープのディジタルデータを解析. データ処理用プロ. 北村貞太郎. グラムパッケージ. 他5名. ニュース212. して,土地利用,気象などの各種の分野 の現象を分析するためのプログラムパッ ケージである.. 建築,土木工事など大規模なプロジェク. PERT. ネットワーク計画. MANPOWm. システム. 富. 士. トを合理的に計画し,管理するために利. 通. 用されるシステムである. 作 成グループ 蛋白質の立体構造. PSPCS. 研究のためのプロ グラムシステム. 蛋白質原子座標データの情報処理を行う. (代表者) 九大 郷. 広報. タ検索システムとから成る.. 信広. 武富. プログラムパッケージと,原子座標デー. 敬. 水野 裕重. (改訂・拡張) 日本機械学会蒸気 S TMTI.K. 表プログラムパッ ケージ. 蒸気表の熱力学的諸量を計算する関数の. 九大. パッケージである・ ニュース257. 伊藤 猛宏 黒木 虎人. 9)データベース i)データベース管理システム. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983. ‑208‑.

(20) 資. 科. ii)データベース. コマンドプロセッサ,コマンドプロシジャ. 容. ‑209‑. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983.

(21) 資. 料. 内. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983. 容. ‑210‑.

(22) 資. 料. 容. ‑211‑. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983.

(23) 資. 料. 容. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983. ‑212‑.

(24) 資. ‑213‑. 料. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983.

(25) 資. 料. 内. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983. 容. ‑214‑.

(26) 資. 内. 料. 容. ‑215‑. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983.

(27) 資. 料. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983. ‑216‑. 作. 容. 成.

(28) 資. ‑217‑. 料. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983.

(29) 資. 料. 容. 参考文献 1・ Dixon.W. J. BMD. University of California Press. 1973. 2・ Dixon.W. J.& Browr 班.B.BMDP. University of California Press. 1975. 3・三宅一郎,山本嘉一郎. 統計パッケージI基礎編,東洋経済新報社 4.三宅一郎他. 統計パッケージⅡ解析編,東洋経済新報社 ●. 5.三宅一郎. 社会科学のT=めの統計パッケージ,東洋経済新報社 他 他 他. 9.森 正式 曲線と曲面,シリーズ新しい応用の数学5,教育出版 10. SAS Use/s Guide 1979 Edition, SAS Instiute In°.. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983. ‑218‑.

(30) 質. 料. ll. SAS Supplemental LibraryUserLs Guide 1979 Edition, SAS Institute Inc. 12. SAS Programmer(s Guide lg81.Edition, SAS Institute Inc. 工nc.. 入門書,日商エレクトロニクス㈱.. 投. 稿. の. し. お. リ. センターでは利用者の方々とより深い交流をはかるため,次のような種類の原稿を募 集しています. 1.随. 想. 2.計算機を利用して行なった研究・開発の紹介. 3.プログラムの実例と解説 5.利用者の声. 4.センターに対する質問・要望 6.その他計算機に関すること. 執筆上の注意 1.原稿用紙は原則として,当センター規定のものを使用してください.(共同利用掛に あります) 2.黒鉛筆,黒ボールペン,黒インクのいづれかで書いてください. 3.原則として,当用漢字,現代かなづかいで統‑してください. 4.図.表は別紙に明瞭に書き,挿入位置を明示してください. 5.別刷は原稿提出時に希望があれば, 50部まで無料とします.ただし,配布先一覧 が必要です. 原稿の掲載については広報教育委員会で検討させていただきます.その他投稿に関す るお問合せは共同利用掛. 内線. へどうぞ.. 原稿の送付先は次のとおりです. 福岡市東区箱崎6丁目10番1号(〒 九州大学大型計算機センター. ‑219‑. 共同利用戯. 九州大学大型計算機センター広報 Vol.16 No.2 1983.

(31)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP