• 検索結果がありません。

著作権および商標情報ここに記載されるソフトウェアと同様に 本マニュアルはライセンスの一部として提供され 使用許諾書に従ってのみ使用または複製することが許されます 同梱のソフトウェアおよび本マニュアルの内容は 事前の通知なしに変更される場合があります Nero AG 社は 本マニュアルの正確さに関して

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "著作権および商標情報ここに記載されるソフトウェアと同様に 本マニュアルはライセンスの一部として提供され 使用許諾書に従ってのみ使用または複製することが許されます 同梱のソフトウェアおよび本マニュアルの内容は 事前の通知なしに変更される場合があります Nero AG 社は 本マニュアルの正確さに関して"

Copied!
21
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

マニュアル

(2)

著作権および商標情報

ここに記載されるソフトウェアと同様に、本マニュアルはライセンスの一部として提供され、使用許諾書に従ってのみ使用または 複製することが許されます。同梱のソフトウェアおよび本マニュアルの内容は、事前の通知なしに変更される場合があります。 Nero AG 社は、本マニュアルの正確さに関していかなる責務も負わないものとし、保証の範囲を超える一切の請求を拒否します。 本マニュアルとその内容のすべては、著作権によって保護されており、著作権は Nero AG 社の著作権に帰属します。All rights reserved.また、このマニュアルの内容は、国際著作権条約により保護されています。Nero AG 社の書面による明確な許可なしに、 本マニュアルの一部または全部の複製、配布、複写を禁止します。 プロジェクトに挿入または複写しようとしている既存のグラフィクス、画像、ビデオ、音楽タイトルやその他の素材は、著作権に よって保護されている場合があります。これらの素材を許可なく使用することは、その素材について著作権が帰属する所有者の権 限を侵害する可能性があります。著作権の所有者から必要なすべてについて使用許諾を取得する必要があります。 ご自身が著作権を所有している場合や、著作権の所有者から使用許諾されている場合、あるいは行為が著作権法の「公正使用」の 条項に従うものである場合以外の使用については、著作権法または国際著作権条約に違反している可能性があります。著作権によ って保護されている素材の転写、複製、改良、出版は損害に対する賠償請求、またはその他の法的措置が適用される場合がありま す。ご自身の権限が明確でない場合、法律の専門家にご相談ください。

Nero Multimedia Suite に同梱されているアプリケーションには、サードパーティによって開発されたテクノロジが必要なものがあ り、またNero Multimedia Suiteの中にはデモ版として使用するものがあります。これらのアプリケーションの当該バージョンを制 限なしで使用できるようにするには、オンラインで無料でアクティベートするか、アクティベーションファックスを送信してくだ さい。送信されるデータは、サードパーティから使用許諾されているテクノロジをアクティベートするために必要なデータだけで す。Nero Multimedia Suiteを制限なく使用するには、インターネット接続が可能な環境、またはファックスが必要です。 Copyright 2010 Nero AG and its licensors.All rights reserved.

Nero、Nero BackItUp、Nero BackItUp & Burn、Nero Burning ROM、Nero Digital、Nero DMA Manager、Nero Essentials、Nero Express、Nero ImageDrive、Nero LiquidTV、Nero MediaHome、Nero MediaHub、Nero MediaStreaming、Nero Move it、Nero Music2Go、Nero PhotoDesigner、Nero PhotoSnap、Nero Recode、Nero RescueAgent、Nero SmartDetect、Nero Simply Enjoy、 Nero SmoothPlay、Nero StartSmart、Nero Surround、Nero Vision、Nero Vision Xtra、Burn-At-Once、InCD、LayerMagic、Liquid Media、SecurDisc ロゴおよび UltraBuffer は、 Nero AG 社の商標または登録商標です。

Adobe、Acrobat、Acrobat Reader、および Premiere は、Adobe Systems 社の商標または登録商標です。AMD Athlon、AMD Opteron、AMD Sempron、AMD Turion、ATI Catalyst、および ATI Radeon は Advanced Micro Devices 社の商標または登録商標で す。ATSC は、Advanced Television Committee の商標です。ICQ は、AOL 社の登録商標です。Apple、Apple TV、iTunes、iTunes Store、iPad、iPod、iPod touch、iPhone、iPhoto、FireWire、および Mac は、Apple 社の商標または登録商標です。ARM は ARM, Ltd 社の登録商標です。AudibleReady は Audible, Inc 社の登録商標です。BenQ は BenQ 社の商標です。Blu-ray Disc は、Blu-ray Disc Association の商標です。CyberLink は CyberLink 社の登録商標です。DLNA は、Digital Living Network Alliance の登録商標で す。DivX および DivX Certified は DivX 社の登録商標です。Dolby、Pro Logic、およびダブル D 記号はドルビーラボラトリーズ社 の商標または登録商標です。DTS および DTS Digital Surround は DTS 社の登録商標です。DVB は DVB Project の登録商標です。 Freescale は Freescale Semiconductor, Inc. 社の商標です。Google および YouTube は、Google 社の商標です。WinTV は、 Hauppauge Computer Works, Inc 社の登録商標です。Intel、Intel XScale、Pentium、および Core は、Intel 社の商標または登録商 標です。Linux は、Linus Torvalds の登録商標です。Memorex は Memorex Products, Inc. 社の登録商標です。ActiveX、 ActiveSync、DirectX、DirectShow、Internet Explorer、Microsoft、HDI、MSN、Outlook、Windows、Windows Mobile、Windows NT、Windows Server、Windows Vista、Windows Media、Xbox、Xbox 360、Silverlight とその Silverlight のロゴ、Windows Vista のスタートボタン、および Windows のロゴは、Microsoft 社の商標または登録商標です。My Spaceは MySpace, Inc.の登録商標で す。NVIDIA、GeForce、および ForceWare は、NVIDIA 社の商標または登録商標です。Nokia は Nokia 社の登録商標です。 CompactFlash は、SanDisk 社の登録商標です。Sony、メモリースティック、PlayStation、PLAYSTATION、および PSP は Sony 社の商標または登録商標です。HDV は、Sony 社および JVC(Victor Company of Japan)社の商標です。UPnP は、UPnP Implementers 社の登録商標です。Labelflash は、ヤマハ社の登録商標です。

ここに記載されている商標は情報提供のみを目的としています。すべての商標名、商標はそれぞれの所有者に帰属します。 Nero AG Im Stoeckmaedle 18,D-76307 Karlsbad, Germany

(3)

目次

1 はじめに 4 1.1 このマニュアルについて 4 1.2 Nero BurnRightsについて 4 2 プログラムを起動する 5

3 Windows XP での Nero BurnRights 簡易ウィンドウ 6

4 Windows XP での Nero BurnRights 拡張ウィンドウ 9

5 Windows Vista および Windows 7 の Nero BurnRights 簡易ウィンドウ 13

6 Windows Vista および Windows 7 の Nero BurnRights 拡張ウィンドウ 16

7 技術的な情報 20

7.1 必要動作環境 20

8 お問い合わせ 21

(4)

はじめに

1

はじめに

1.1 このマニュアルについて

このマニュアルは、Nero BurnRights での作業方法を知りたいと思う、すべてのユーザーに 向けた構成になっています。内容はプロセスベースになっており、特定の目的を達成する方 法を、手順ごとに説明してあります。 このマニュアルを効果的に活用するために、以下の表記ルールに注意してください。 必ず守っていただきたい、警告、前提条件、または指示を示します。 補足的な情報や、注意メッセージを示します。 1. 最初に、… 行頭の番号は、必要な操作を示します。 番号順に、操作を実行してく ださい。 途中結果を示します。 結果を示します。 OK プログラムインターフェースに表示される、テキストの一部またはボ タンを示します。 これらは、太字で表記されます。 「」を参照してく ださい。 他章への参照を示します。 リンクと同様に動作し、下線付きの赤色文 字で表記されます。 […] コマンドを入力するための、キーボードショートカットを表します。

1.2 Nero BurnRightsについて

システム管理者は Nero BurnRights を使用することで、管理者権限を持たないユーザーに対 してディスクへの書き込みおよび新しいドライブの接続を許可できます。管理者権限を持た ないユーザーはディスクに書き込んだり新しいドライブに接続するために必要なドライバに アクセスできないため、この作業が必要になります。 システム管理者は、管理者権限を持たないユーザーに個々のドライブや Nero アプリケーシ ョンを使用するための権限を割り当てることもできます。

(5)

プログラムを起動する

2

プログラムを起動する

Nero BurnRights を起動するには、次の手順を実行します。

1.

Windows XP または Windows Vista をクラシック[スタート]メニューモードで使用 する場合は、次の手順を実行します。

1. [スタート] > [(すべての)プログラム] > [設定] > [コントロールパネル] > [Nero BurnRights]の順にクリックします。

 [Nero BurnRights]ウィンドウが開きます。

2.

Windows Vista または Windows 7 を使用している場合は、次の手順を実行します。

1. [スタート](スタートアイコン) > [コントロールパネル]の順にクリックします。

 [コントロールパネル]ウィンドウが開きます。

2. [Nero BurnRights 10]をダブルクリックします。

 [Nero BurnRights]ウィンドウが開きます。

Nero BurnRights が起動しました。

Windows Vista x64 や Windows 7 x64 では、コントロールパネルの[32 ビット のコントロールパネルの項目の表示]サブフォルダーに[Nero BurnRights]が あります。

(6)

Windows XP での Nero BurnRights 簡易ウィンドウ

3

Windows XP での Nero BurnRights 簡易ウィンドウ

Windows XP で Nero BurnRights を起動すると、[Nero BurnRights]ウィンドウが開きま す。 Nero BurnRights ウィンドウ 次の設定オプションが使用できます。 オプションボタン すべてのユーザー 書き込み権限をすべてのユーザーに割り当てます。

(7)

Windows XP での Nero BurnRights 簡易ウィンドウ オプションボタン Nero グループの メンバー Windows の Nero グループのメンバーにのみ書き込み権限を割り 当てます。Windows に Nero グループが作成されていない場合 は、自動的にそのグループを作成します。 オプションボタン 管理者 管理者にのみ書き込み権限を割り当てます。管理者とは Windows ユーザープロファイルで管理者権限を持っているユーザーです。 ボタン 書き込み権限の リセット 書き込み権限を初期設定にリセットします。初期設定では、書き 込み権限は管理者にのみ割り当てられています。 チェックボックス 新規にインストールし たドライブに書き込み 権限を自動適用 新規にインストールしたすべてのドライブに書き込み権限を自動 的に適用します。このチェックボックスが選択されていない場合 は、管理者が新しいドライブを手動でインストールする必要があ ります。 ボタン 拡張 拡張表示の[Nero BurnRights]ウィンドウを開きます

(「Windows XP での Nero BurnRights 拡張ウィンドウ→ 9」を参

照)。 ボタン オンラインヘルプを表示します。 ボタン OK 編集した設定を適用して、[Nero BurnRights]ウィンドウを閉じ ます。 ボタン キャンセル 編集した設定を破棄して、[Nero BurnRights]ウィンドウを閉じ ます。 ボタン 適用 [Nero BurnRights]ウィンドウを閉じずに、編集したすべての設 定を適用します。

(8)

Windows XP での Nero BurnRights 簡易ウィンドウ ユーザーを割り当て可能なグループだけに権限を割り当てることができます。ま た、コンピュータがドメインに割り当てられている場合にのみ、このようなグル ープを作成できます。 書き込み権限が拒否されているユーザーは、インストール済みのドライブを使用 してディスクに書き込むことはできません。そのようなユーザーは、ディスクイ メージを書き込むオプションで Image Recorder にアクセスするしかありませ ん。 Active Directory 経由のユーザー管理のあるネットワークでは、書き込み権限をす べてのユーザーに割り当てる必要があります。これを行うには、[Everybody] オプションボタンをクリックします。そうでない場合、ローカルユーザーにのみ ユーザー権限を割り当てることができます。

(9)

Windows XP での Nero BurnRights 拡張ウィンドウ

4

Windows XP での Nero BurnRights 拡張ウィンドウ

Windows XP で Nero BurnRights を起動して[拡張]ボタンをクリックすると、拡張された [Nero BurnRights]ウィンドウが開きます。このウィンドウで、必要に応じて書き込み権 限やその他の権限の設定および割り当てを行うことができます。 ナビゲーションツリーの項目を選択すると、右側に対応する編集画面が表示されます。 Nero BurnRights ウィンドウ ナビゲーションツリーでは、次の項目を使用できます。 書き込み [書き込み権限のあるユーザーグループ]画面を表示します。 オプションボタンとして[すべてのユーザー]、[Nero グループの メンバー]、[管理者]があります。 初期設定では、管理者にのみ完全な書き込み権限があります。

(10)

Windows XP での Nero BurnRights 拡張ウィンドウ デバイス ユーザー権限を割り当てることができるデバイスの一覧です。 ユーザー権限は、デバイスごとにまたは一度にすべてのデバイスに 割り当てることができます。 各項目またはサブ項目には、オプションボタンとして[すべてのユ ーザー]、[管理者]、[なし]があります。 初期設定では、管理者にのみ完全な書き込み権限があります。 Neroアプリケー ション ユーザー権限を割り当てることができるアプリケーションの一覧で す。 フォーマット、アプリケーション、編集ごとに異なるユーザー権限 を割り当てることができます。 各項目またはサブ項目には、オプションボタンとして[すべてのユ ーザー]と[なし]があります。 初期設定では、すべてのユーザーに完全な使用権があります。 Nero Toolkit ユーザー権限を割り当てることができるツールの一覧です。 ツールごとに異なるユーザー権限を割り当てることができます。 各項目またはサブ項目には、オプションボタンとして[すべてのユ ーザー]と[なし]があります。 初期設定では、すべてのユーザーに完全な使用権があります。 Windows XP では次のオプションを利用できます。 オプションボタン すべてのユーザー 書き込み権限やその他の権限をすべてのユーザーに割り当てます。 オプションボタン Nero グループの メンバー Windows の Nero グループのメンバーにのみ書き込み権限やその他 の権限を割り当てます。Windows で Nero グループがまだ作成され ていない場合、Nero BurnRights によって自動的にそのグループが 作成されます。

(11)

Windows XP での Nero BurnRights 拡張ウィンドウ オプションボタン 管理者 管理者にのみ書き込み権限やその他の権限を割り当てます。管理者 とは Windows ユーザープロファイルで管理者権限を持っているユ ーザーです。 オプションボタン なし すべてのユーザーの書き込み権限やその他の権限を無効にします。 チェックボックス 新規にインストール したドライブに書き 込み権限を自動適用 新規にインストールしたすべてのドライブに自動的に書き込み権限 を適用します。このチェックボックスが選択されていない場合は、 管理者が新しいドライブを手動でインストールする必要がありま す。 ボタン 書き込み権限の リセット 書き込み権限を初期設定にリセットします。初期設定では、書き込 み権限は管理者にのみ割り当てられています。 ボタン 簡易

簡易表示の[Nero BurnRights]ウィンドウを開きます(「Window

s XP での Nero BurnRights 簡易ウィンドウ→ 6」を参照)。 ボタン リセット すべての機能およびアプリケーションで、すべてのユーザーの書き 込み権限以外の権限設定をリセットし、初期設定に戻します。 ボタン エクスポート 書き込み権限以外の権限設定でレジストリファイルを作成します。 ボタン オンラインヘルプを表示します。 ボタン OK 編集したすべての変更を適用して、[Nero BurnRights]ウィンド ウを閉じます。 ボタン キャンセル 編集した設定を破棄して、[Nero BurnRights]ウィンドウを閉じ ます。

(12)

Windows XP での Nero BurnRights 拡張ウィンドウ ボタン 適用 [Nero BurnRights]ウィンドウを閉じずに、編集したすべての変 更を適用します。 ユーザーを割り当て可能なグループだけに権限を割り当てることができます。ま た、コンピュータがドメインに割り当てられている場合にのみ、このようなグル ープを作成できます。 書き込み権限が拒否されているユーザーは、インストール済みのドライブを使用 してディスクに書き込むことはできません。そのようなユーザーは、ディスクイ メージを書き込むオプションで Image Recorder にアクセスするしかありませ ん。 Active Directory 経由のユーザー管理のあるネットワークでは、書き込み権限をす べてのユーザーに割り当てる必要があります。これを行うには、[Everybody] オプションボタンをクリックします。そうでない場合、ローカルユーザーにのみ ユーザー権限を割り当てることができます。

(13)

Windows Vista および Windows 7 の Nero BurnRights 簡易ウィンドウ

5

Windows Vista および Windows 7 の Nero BurnRights 簡易ウィン

ドウ

Windows Vista または Windows 7 で Nero BurnRights を起動すると、[Nero BurnRights] ウィンドウが開きます。 Nero BurnRights ウィンドウ 次の設定オプションが使用できます。 オプションボタン すべてのユーザー 書き込み権限をすべてのユーザーに割り当てます。

(14)

Windows Vista および Windows 7 の Nero BurnRights 簡易ウィンドウ オプションボタン 管理者 管理者にのみ書き込み権限を割り当てます。管理者とは Windo ws ユーザープロファイルで管理者権限を持っているユーザーで す。 オプションボタン なし すべてのユーザーの書き込み権限を無効にします。 ボタン 拡張

拡張表示の[Nero BurnRights]ウィンドウを開きます(「Wind ows Vista および Windows 7 の Nero BurnRights 拡張ウィンド ウ→ 16」を参照)。 ボタン オンラインヘルプを表示します。 ボタン OK 編集した設定を適用して、[Nero BurnRights]ウィンドウを閉 じます。 ボタン キャンセル 編集した設定を破棄して、[Nero BurnRights]ウィンドウを閉 じます。 ボタン 適用 [Nero BurnRights]ウィンドウを閉じずに、編集した設定を適 用します。 ユーザーを割り当て可能なグループだけに権限を割り当てることができます。ま た、コンピュータがドメインに割り当てられている場合にのみ、このようなグル ープを作成できます。 書き込み権限が拒否されているユーザーは、インストール済みのドライブを使用 してディスクに書き込むことはできません。そのようなユーザーは、ディスクイ メージを書き込むオプションで Image Recorder にアクセスするしかありません 。

(15)

Windows Vista および Windows 7 の Nero BurnRights 簡易ウィンドウ

Active Directory 経由のユーザー管理のあるネットワークでは、書き込み権限をす べてのユーザーに割り当てる必要があります。これを行うには、[Everybody] オプションボタンをクリックします。そうでない場合、ローカルユーザーにのみ ユーザー権限を割り当てることができます。

(16)

Windows Vista および Windows 7 の Nero BurnRights 拡張ウィンドウ

6

Windows Vista および Windows 7 の Nero BurnRights 拡張ウィン

ドウ

Windows Vista または Windows 7 で Nero BurnRights を起動して[拡張]ボタンをクリッ クすると、拡張された[Nero BurnRights]ウィンドウが開きます。ここで、必要に応じて 書き込み権限やその他の権限の設定および割り当てを行うことができます。

ナビゲーションツリーの項目を選択すると、右側に対応する編集画面が表示されます。

(17)

Windows Vista および Windows 7 の Nero BurnRights 拡張ウィンドウ ナビゲーションツリーでは、次の項目を使用できます。 書き込み [書き込み権限のあるユーザーグループ]画面を表示します。 ユーザー権限を割り当てることができるデバイスの一覧です。 ユーザー権限は、デバイスごとにまたは一度にすべてのデバイスに割り 当てることができます。 各項目またはサブ項目には、オプションボタンとして[すべてのユーザ ー]、[管理者]、[なし]があります。 初期設定では、すべてのユーザーに完全な書き込み権限があります。 Neroアプリケー ション ユーザー権限を割り当てることができるアプリケーションの一覧です。 フォーマット、アプリケーション、編集ごとに異なるユーザー権限を割 り当てることができます。 各項目またはサブ項目には、オプションボタンとして[すべてのユーザ ー]と[なし]があります。 初期設定では、すべてのユーザーに完全な使用権があります。 Nero Toolkit ユーザー権限を割り当てることができるツールの一覧です。 ツールごとに異なるユーザー権限を割り当てることができます。 各項目またはサブ項目には、オプションボタンとして[すべてのユーザ ー]と[なし]があります。 初期設定では、すべてのユーザーに完全な使用権があります。 ウィンドウの右側では次の設定オプションを利用できます。 オプションボタン すべてのユーザー 書き込み権限やその他の権限をすべてのユーザーに割り当てます。 オプションボタン 管理者 書き込み権限やその他の権限を管理者にのみ割り当てます。管理者 とは Windows ユーザープロファイルで管理者権限を持っているユ ーザーです。

(18)

Windows Vista および Windows 7 の Nero BurnRights 拡張ウィンドウ オプションボタン なし すべてのユーザーの書き込み権限やその他の権限を無効にします。 ボタン 簡易

簡易表示の[Nero BurnRights]ウィンドウを開きます(「Windows

Vista および Windows 7 の Nero BurnRights 簡易ウィンドウ→ 13」

を参照)。 ボタン リセット すべての機能およびアプリケーションで、すべてのユーザーの書き 込み権限以外の権限設定をリセットし、初期設定に戻します。 ボタン エクスポート 書き込み権限以外の権限設定でレジストリファイルを作成します。 ボタン オンラインヘルプを表示します。 ボタン OK 編集したすべての変更を適用して、[Nero BurnRights]ウィンドウ を閉じます。 ボタン キャンセル 編集した設定を破棄して、[Nero BurnRights]ウィンドウを閉じま す。 ボタン 適用 [Nero BurnRights]ウィンドウを閉じずに、編集したすべての変更 を適用します。 ユーザーを割り当て可能なグループだけに権限を割り当てることができます。ま た、コンピュータがドメインに割り当てられている場合にのみ、このようなグル ープを作成できます。 書き込み権限が拒否されているユーザーは、インストール済みのドライブを使用 してディスクに書き込むことはできません。そのようなユーザーは、ディスクイ メージを書き込むオプションで Image Recorder にアクセスするしかありませ ん。

(19)

Windows Vista および Windows 7 の Nero BurnRights 拡張ウィンドウ

Active Directory 経由のユーザー管理のあるネットワークでは、書き込み権限をす べてのユーザーに割り当てる必要があります。これを行うには、[Everybody] オプションボタンをクリックします。そうでない場合、ローカルユーザーにのみ ユーザー権限を割り当てることができます。

(20)

技術的な情報

7

技術的な情報

7.1 必要動作環境

Nero BurnRights は、インストールされた Nero 製品の一部です。必要動作環境も同じで す。このアプリケーションとその他のすべての Nero 製品の必要動作環境について詳しく は、Nero の Web サイト(www.nero.com)の「サポート」セクションで確認できます。

(21)

お問い合わせ

8

お問い合わせ

Nero BurnRights は、Nero AG の製品です。

Nero AG Im Stoeckmaedle 18 インターネット: www.nero.com 76307 Karlsbad サポート: http://support.nero.com ドイツ Fax: +49 724 892 8499 Nero Inc.

330 N Brand Blvd Suite 800 インターネット: www.nero.com

Glendale, CA 91203-2335 サポート: http://support.nero.com アメリカ Fax: (818) 956 7094 メール: US-CustomerSupport@nero.com Nero KK 都築区中川中央 1-2-2 ローバーセンター北 8F インターネット: www.nero.com 神奈川県横浜市 サポート: http://support.nero.com 日本 224-0003

参照

関連したドキュメント

戦略的パートナーシップは、 Cardano のブロックチェーンテクノロジーを DISH のテレコムサービスに 導入することを目的としています。これにより、

本マニュアルに対する著作権と知的所有権は RSUPPORT CO., Ltd.が所有し、この権利は国内の著作 権法と国際著作権条約によって保護されています。したがって RSUPPORT

従って、こ こでは「嬉 しい」と「 楽しい」の 間にも差が あると考え られる。こ のような差 は語を区別 するために 決しておざ

SD カードが装置に挿入されている場合に表示され ます。 SD カードを取り出す場合はこの項目を選択 します。「 SD

お客様は、各ASLロケーションにおいて、マスター・インストール・メデ ィア及びApproved Volume License

この設定では、管理サーバ(Control Center)自体に更新された Windows 用の Dr.Web Agent のコンポ ーネントがダウンロードされませんので、当該 Control Center で管理される全ての Dr.Web

●お使いのパソコンに「Windows XP Service Pack 2」をインストールされているお客様へ‥‥. 「Windows XP Service

名刺の裏面に、個人用携帯電話番号、会社ロゴなどの重要な情