ピ シ ョ 『純 粋 な 社 会

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. A・ピショ『純粋な社会』 松尾, 剛. https://doi.org/10.15017/10048 出版情報:Stella. 20, pp.157-160, 2001-09-10. Société de Langue et Littérature Françaises de l’Université du Kyushu バージョン: 権利関係:.

(2) A・. ピ シ ョ 『純 粋 な 社 会 」. 松 A・ ソ ー カル とJ・ ブ リクモ ンの共 著 うに,フ. 『知 的 詐 欺 』 は,よ. 尾. 剛. く知 られ て い るよ. ラ ン ス現 代 思 想 にお け る数 学 ・物 理 学 概 念 の濫 用 を厳 し く告 発 した も. の で あ る1)。そ の タ イ トル も さ りなが ら,い. わ ゆ る ソー カ ル事 件 の 張本 人 が 著. 者 の一 人 で あ る こ と もあ つて,同 書 は き わ あ て ス キ ャ ン ダ ラス な著 作 で あ る と の印 象 を与 え か ね な い が,内 容 は意 外 な ほ ど に穏 当 で あ る。 著 者 た ち の主 張 に よ れ ば,批 判 の対 象 とな って い るの は,ラ カ ンや ク リス テ ヴ ァ,ド ゥル ー ズ や ヴ ィ リ リオ らの思 想 そ れ 自体 で は な く,あ くまで ポ ス トモ ダ ン哲 学 に よ る物理 学 や数 学 の 曲解 と濫 用 な の だ。 じつ さ い,ボ ー ドリヤ ー ル が カ オ ス理 論 を理 解 せ ぬ ま ま この語 を使 用 して い るか らと い つ て,彼 の思 想 全 体 が無 価 値 だ とい う こ とに は な るま い。 ま た ラ カ ンが 「数 学 的 論 理 や トポ ロ ジー を語 るに お い て は ま つた くの 山 師 で あ るが,し か し人 間 研 究 にお い て は重 要 な貢 献 を な した」 こ と もま た あ り得 るだ ろ う。 だ が そ れ で もや は り,一. と著 者 らは言 う. ある. 思 想 家 の著 作 に 「知 的不 誠 実 」 が散 見 され た な らば,彼 の思 想 全 体 の再 検 討 が な さ れ な け れ ば な らな い だ ろ う。 もち ろ ん ソー カ ル と ブ リク モ ンは,純 粋 科 学 に 由来 す る知 識 を人 文 科 学 へ 応 用 す る こ とに反 対 して い るわ けで は な い。 しか しあ る学 問 に固 有 の概 念 を 他 領 域 へ 移 植 しよ う とす るな ら,そ うす る こ と の必 然 性 が説 明 さ れ ね ば な らな い の は 自明 の理 だ ろ う。 に もか か わ らず,た. とえ ば ドゥブ レは ゲ ー デ ル の不 完 全 性. 定 理 に 基 づ い た社 会 概 念 を提 示 す る の だ が,「 こ の定 理 と社 会 組 織 と の間 に は い か な る論 理 関 係 もな い の だ」。 ラ カ ンに お け る トポ ロ ジ ー の精 神 分 析 へ の応 用 然 り,ク. リス テ ヴ ァに よ る集 合 論 の詩 的 言 語 へ の応 用 然 りで あ る。 何 らの 説. 明 な しに数 学 ・物 理 学 理 論 を 人 文 科 学 へ 持 ち込 む の は 「科 学 に通 じて い な い読 者 を驚 か せ,な に よ り尻 込 み させ る」 た めだ と しか 思 え な い。 そ れ が 「知 的詐 欺 」 で な くて何 な の か。.

(3) 158. こ う して み る と著 者 た ち の 主 張 はお お む ね 妥 当 な もので あ る と言 わ ざ るを え ま い。 これ に対 して,『 セ メ イ オ チ ケ」 にお け る数 学 用 語 の誤 用 を指 摘 さ れ た ク リス テ ヴ ァの 「い うま で もな く私 は数 学 専 攻 生 で はな い」 と い う言 い訳 に は か な り苦 しい もの が あ る。 数 学 に通 じて い な い に も関 わ らず,難 解 な(著 者 ら に言 わせ れ ば 「無 内容 な」)集 合 論 を 展 開 す る の は 「精 密 科 学 の権 威 を用 い て, 自 らの 言 葉 に 厳 密 さ の ニ ス を塗 る」 と い う批 判 を,反 証 して しま って い るか らだ 。 も ち ろん 我 々 に と つて 重 要 な の は現 代 哲 学 に お け る専 門用 語 の誤 用 な どで は な い。 そ うで はな く,哲 学 の 展 開 に これ ほ ど まで に科 学 的 知 識 が随 伴 して い る 現 実 が 問題 な の だ。 な に ゆ え ドゥブ レは,社 会 は 自 らの内 に含 ま れ な い何 か を 前 提 とす る こ とで しか成 立 しな い,別 言 す れ ば 「閉 じ られ て い る と き に は,社 会 は必 ず外 部 に 開 か れ て い る」 とい う概 念 を 示 す たあ に,わ ざ わ ざ ゲ ー デ ル の 不 完 全 性 定 理 を援 用 した の か。 そ れ は 「凡 庸 な 哲 学 的 ・社 会 学 的 主 張 に学 術 用 語 を纏 わせ る こと で,深 遠 な もの に 見 せ よ う とす る」 た め で しか な い ので は な いか 。 本 書 評 が 対 象 とす る ア ン ドレ ・ピ シ ョの新 著 『純 粋 な社 会. ダ ー ウ ィ ンか. ら ヒ トラ ーへ 』 も ま た 『知 的 詐 欺 』 と 同 じ動 機 か ら構 成 さ れ た書 物 で あ る と言 え よ う2)。CNRSの. 研 究 者 で あ り,エ ピ ス テ モ ロ ジ ー を専 門 領 域 とす る著 者. は,現 代 に お け る人 種 主 義 の復 活 に危 機 感 を 覚 え て い る。 だ が そ れ以 上 に 彼 は,反 人 種 主 義 陣営 の無 力 さ と的 外 れ ぶ り に苛 立 つ て い る の だ。 な る ほ ど,人 種 とい う概 念 そ れ 自体 が生 物 学 的 に誤 りな のだ か ら,人 種 主 義 は科 学 的 に無 効 で あ る,と の論 法 を駆 使 して,こ の思 潮 に対 抗 す る人 々 の善 意 は疑 え な い。 し か し ピ シ ョに よ れ ば,こ の論 理 は無 力 で あ るば か りか危 険 で す らあ る。 なぜ な らこ の ロ ジ ック に したが う と,人 種 が科 学 的 に定 義 され る こ とが あれ ば ,人 種 主 義 を 容 認 せ ざ る をえ な くな つて しま うか らだ。 つ ま り人 種 主 義 者 も反 人 種 主 義 者 も,政 治 を 考 え る に際 し,生 物 学 に根 拠 を求 め て い る とい う点 で,同 工異 曲 な の で あ る。 両 者 と もが,お. のれ の政 治 的 信 念 の正 当性 を 〈科 学 的 に〉 根 拠. づ け よ う と して い るの だ 。 しか し生 物 学 固 有 の用 語 や概 念 が,無 条 件 に政 治 学 の領 域 へ応 用 され る こ とが 許 され るの か.そ れ は結 局 ,「 凡 庸 な哲 学 的 ・社 会 学 的主 張 に学 術 用 語 を纏 わ せ る こ とで,深 遠 な もの に見 せ よ うとす る」 こ とで しか な い の で は な い か3)。 この よ うな 認 識 か ら出 発 して,ダ. ー ウ ィニ ズ ム の 出.

(4) 159. 現 か ら優生 学 を 経 て 人 種 主 義 へ と至 る思 想 史 を辿 ろ う と試 み た の が 本 書 『純 粋 な社 会 』 で あ る。 ピ シ ョに よ れ ば19世 ナ ー ル,ル. 紀 に お い て 最 も重 要 な 生 物 学 者 は,ク. ロ ー ド ・ベ ル. イ ・パ ス ツ ー ル,チ. ャー ル ズ ・ダ ー ウ ィ ンの3人 で あ る。 だ が 思 想. 領 域 へ の影 響 か ら見 た場 合,ダ. ー ウ ィ ンが他 の2人 を圧 倒 して い る。 ベ ル ナ ー. ル とパ ス ツ ー ル の 理 論 は,そ れ が す ぐさ ま実 践 さ れ る もの で あ つた が ゆ え に, イ デ オ ロ ギ ー の 介 在 す る余 地 は少 な か つた 。 と こ ろ が ダー ウ ィ ンの進 化 論 は, 実 践 も実 験 も不 可 能 な,き. わ め て 思 弁 性 の 強 い もの で あ つ た た め,イ デ オ ロ. ギ ー へ と転 化 しや す か つ た の で あ る。 と りわ け そ の 自然 選 択 説 を 通 して 人 々 は,生 存 闘 争 な ど の 自然 法 則 の支 配 す る場 と して社 会 を把 握 した 。 必 然 的 に社 会 思 想 は疑 似 自然 科 学 と化 さ ざ る を え な い。 しか し著 者 に よ れ ば,こ. こにはひ. とつ の 転 倒 が あ る。 じつ は ダ ー ウ ィ ンの進 化 論 そ れ 自体 が,す で に マル サ スの 人 口論 か ら多 くの概 念 を借 用 して い る の で あ る。 とい う こ と は,ダ ー ウ ィ ニ ズ ムが イ デ オ ロ ギ ー と して機 能 す る の は,そ れ が本 来 的 に 社 会 思 想 に由 来 す る概 念 で 構 成 され て い る以 上,当 然 の こ とな の だ。 つ ま り ダー ウ ィニ ズ ム と は,科 学 の 洗 礼 を 受 け た社 会 思 想 だ つた の で あ り,科 学 の名 の下 に 人 間 を 語 るか らこ そ,強 大 な力 を持 ち え た の で あ る。 じ じつ社 会 を生 物 学 的 法 則 の支 配 す る 自然 と見 な す 考 え方 は,19世 半 か ら今 日 に い た る まで,さ. 紀 の後. ま ざ ま な ヴ ァ リエ ー シ ョンを 伴 いな が ら猛 威 を 振. る いつ づ けて い る。 そ の現 れ の ひ とつ が優 生 学 で あ る。 産 業 革 命 期 の 社 会 にお いて,ヨ. ー ロ ッパ は貧 富 の差 の拡 大 と下 層 階級 の増 大 す る悲 惨 を 目の 当 た りに. した。 しか しブ ル ジ ョ ワ層 は そ の 原 因 を も つば ら生 物 学 的 条 件 に 探 った あ げ く,〈 退 化 〉 な る疑 似 科 学 概 念 を 生 み だ した ので あ る。 つ ま り社 会 不 安 の原 因 を,社 会 的 条 件 で は な く,生 物 学 的要 素 に求 め た の だ。 貧 困 層 の 〈退 化 〉 は生 物学 的 原 因 に よ る の で あ り,彼 らは生 存 闘争 の 支配 す る 自然 にお いて は,本 来 消 滅 す べ き存 在 で あ る。 と ころ が人 間社 会 だ け が博 愛 の 名 の 下 に彼 らの 存 続 を 助 けて き た。 これ は ま った く倒 錯 的 な こ とで あ る。 社 会 を 今 い ち ど,非 情 な法 則 の支 配 す る 自然 へ と戻 さ ね ば な らな い. この よ う な優 生 学 の 基 本 思 想 が. ダ ー ウ ィニ ズ ム な く して 出現 しえ な い もの で あ った こ と は明 らか で あ ろ う。 ナ チ ズ ム へ と至 る20世 紀 の人 種 主 義 は この 優 生 学 的思 考 を モ デ ル と して発 達 した と,ピ シ ョは考 え る。 社 会 に と つて望 ま れ ざ る要 素 を 排 除 しよ う とす る.

(5) 160. 優 生 学 か ら,反 社 会 的遺 伝 を持 つ とみ な され た人 種 を排 除 す る思 想 ま で,わ ず か な距 離 しか な い。 そ こに ヘ ッケ ル らの俗 流 ダ ー ウ ィニ ズ ムが 結 合 した。 これ に よれ ば,人 種 は猿 に近 い もの か ら完 壁 な もの へ と進 化 論 的 に分 類 さ れ な け れ ば な らな い の で あ る。 か く して社 会 に と つて望 ま し くな い人 々 を,進 化 に失 敗 した人 種 と して根 絶 す る こ とが,自 然 法 則 に適 つて い るの だ と考 え られ る よ う に な った。 ヨー ロ ッパ 社 会 に お け る根 絶 す べ き人 種 と は,ロ マ民 族 で あ り,精 神 疾 患 者 で あ り,ユ ダ ヤ人 で あ つた。 こ う して ヒ トラー へ の道 は開 か れ た ので あ る。 以 上 ご く簡 略 に ピ シ ョの主 張 を ま とめ て み た が,書 評 者 の 見 る と こ ろ,本 書 の 魅 力 はや は り,著 者 の ポ レ ミッ クな姿 勢 に あ るだ ろ う。 先 に述 べ た よ うに, 彼 はあ る分 野 に固 有 の概 念 を無 条 件 に他 分 野 の学 問 へ応 用 しな い こ とを学 的 原 則 と して い る。 そ の 原 則 が 幾 度 も生 物 学 者 に侵 され るの を見 て,ピ. シ ョは本書. 執 筆 を 決 意 した 。 この よ うな論 争 的 姿 勢 ゆ え に,著 者 は本 書 の い た る と こ ろで 挑発 的 に 通 説 を 批 判 す る。 そ の対 象 と な る の は,ダ 人 種 主 義 の発 展 に た い す る生 物 学 の 寄 与,歴. ー ウ ィニ ズ ム を巡 る神 話,. 史 家 に よ る優 生 学 の 忘 却,ホ. コー ス トの 特 権 化 とそ れ に伴 う他 の犠 牲 者 の抑 圧,等. ロ. 々 で あ る。 著 者 の批 判 は. と き と して か な り厳 しい語 調 を 伴 うが,だ か ら こそ本 書 の論 旨 は か え つて辿 り や す く,か つ退 屈 な 歴 史 叙 述 に陥 る こ とか ら救 われ て い る と言 え よ う。 しか も そ れ らは膨 大 な 文献 学 的 調 査 の うえ に成 立 して い るが ゆ え に,強 い説 得 力 を持 つ。 本 書 は,ひ. と り フ ラ ンス文 学 研 究 者 のみ な らず,近 代 ヨー ロ ッパ 思 想 史 に. 関心 を抱 くす べ て の 者 に必 携 の 書 物 で あ る。. 註 1 ) Alan SOKAL et Jean BRICMONT, Impostures 1997. 2) André 3)そ. intellectuelles,. Paris : Odile Jacob,. PICHOT,La Société pure. De Darwin à Hitler, Paris : Flammarion,. 2000.. れ ゆ え 著 者 の立 場 は,政 治 の 問 題 に関 して 生 物 学 に根 拠 を求 あ る必 要 は な い,と い う もの で あ る。 本書 悼 尾 で 著 者 は い う一. 「社 会 と政 治 に か ん す る これ らの 問題. に つ い て遺 伝 学 者 が 口 を 出 せ る こ と な ど な い。 注 釈 と忠 告 は政 治 学 者 や法 哲 学 者 に 帰 す べ き もの な の だ」(435頁)。.

(6)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP