〈論文〉ルーマニア語動詞 alerga, fugi, curge, couduce と英語動詞run との概念比較研究--認知言語学と言語文化のインターフェイス

全文

(1)ル ー マ ニ ア 語 動 詞 alerga,. fugi, curge,. couduce. L. 英 語動 詞runと の概 念 比 較研 究 一 認 知 言語 学 と言語 文化 のイ ンター フ ェイス ー. 森 1.第5回. 浩. 目 の ル ー マ ニ ア 国 現 地 学 術 調 査 に つ い て1. 本 稿 は 、 ル ー マ ニ ア 国(以 言 語 文 化 に 関 す る 第5回 ∼ 同 年3月16日)の. 下 、 単 に 「ル ー マ ニ ア 」 と記 載)に. 現 地 学 術 調 査(調. 査 期 間:2012年(平. お い て 実 施 され た 成24年)2月16日. 研 究 成 果 の 一 部 を 活 用 す る こ と に よ り、 ル ー マ ニ ア 語 動 詞. alerg乱fugLcurge,conduceと /対. 山 智. 英 語 動 詞runそ. れ ぞ れ の 多 義 性 の メ カニ ズ ム を比 較. 照 し、 そ の 基 底 に 存 在 す る 両 母 語 話 者 の 言 語 文 化 認 識 に 光 を 当 て る こ と を 主 た. る 目的 とす る 。 ル ー マ ニ ア に お け る 今 回 の フ ィ ー ル ド ・ワ ー ク 期 間 中 に は 、 以 下(1)一(4) の 諸 活 動 も遂 行 さ れ た 。. (1)欧. 州 国 際 会 議"ROUNDTABLE"へ. の 選 出 ・参 加("EASTv鼠WEST"の. 部. で は 講 演 者 を 務 め る)、 お よ び 、 欧 州 最 優 等 学 術 賞"SummacumLaude" 授 賞 に 伴 う 贈 呈 式 へ の 参 加(2012年(平 (2)教. 成24年)2月21日))2. 育 機 関 に お け る 招 待 講 演 会 の 実 施(使 a.ル. 用 言 語:英. 語. ・ル ー マ ニ ア 語)3. ー マ ニ ア 国 立Pite§tiUniversity. (実 施. 日:2012年2月21日. 、 講 演 題. 目:「 多 文 化 主 義 と 言 語 教 育. (Multiculturalism§iEducatieLingvistica)」) b.ル. ー マ ニ ア 国 立ScoalaGeneral首nr.6"NicolaeBalcescu,"Pite§ti. (実 施 日:2012年3月9日 (3)正. 、 講 演 題 目:「 言 語 と 文 化(Limba§iCultura)」). 教 会 シ ン ポ ジ ウ ム"CulturalSocialMissionoftheRomanianChurch" に お け る 招 待 講 演 会 の 実 施(実 講 演 題 目:「 認 知 言 語 学 か ら 見 た. 施 日:2012年(平 『文 化 と 社 会(Cultuぬ. 成24年)2月22日 §iSocietate)』. 、 」、.

(2) ル ー マニ ア語 動 詞 θ1θrgθ,ねgω αrgθ,ooαduoθ と英 語 動詞ruη との 概 念 比 較研 究. 於 (4)欧. 森山. ル ー マ ニ ア 国RamniculValceaBishopricCulturaLSpiritualCenter)4 州 最 優 等 学 術 賞"SummacumLaude"受. 送 局"RomaniaInternational"へ. 賞 に伴 い 、 ルー マ ニ ア国 営 放 の 出 演(実. 施 日:2012年(平. 成24年)2. 月28日)5. 上 記(1)の 者が. 欧 州 国 際 会 議"ROUNDTABLE"で. は、 欧 州 を代 表 す る 同国 の研 究. 「我 々 の よ う な 研 究 者 の 提 言 な く して 国 家 の 繁 栄 は 成 り立 た な い 。 国 家 の 存 亡. や 欧 州 の 今 後 の さ ら な る 発 展 を 問 う意 味 で も学 術 研 究 が 不 可 欠 で あ る 。」 と い う 主 旨 を 高 ら か に 宣 言 す る こ と に よ っ て 幕 が 上 が っ た6。 一 方 、 上 記(3)の ウ ム で は 、 学 術 的 な 観 点 か ら正 教(Orthodox)と. シ ンポ ジ. い う文 化 を通 して 自国 民 の ア イ. デ ン テ ィ テ ィ を 見 つ め 直 し、 他 国 と の 多 様 性 を 等 し く認 め 合 う機 会 と な っ た 。 ま さ に 、 国 家 の 威 信 を か け て 取 り組 む 研 究 者 の 熱 意 に よ っ て 蒔 か れ た 種 が 息 吹 き、 一 般 の 聴 衆 一 人 ひ と りが 自 身 の ル ー ッ を 多 様 な 価 値 観 か ら 見 つ め る 学 術 文 化 が 繁 茂 に 至 っ た 瞬 間 を ま ざ ま ざ と見 せ つ け ら れ た 思 い で もあ っ た 。 海 外 の 学 術 研 究 成 果 を 取 り込 み な が ら も 自 国 で 受 け 継 が れ て き た 社 会 慣 習 的 固 有 性 を 重 要 視 す る と い う 姿 勢 は 上 記(2)の. 開 催 趣 旨 と し て も一 貫 して お り、 そ こ に は 確 か に 「学 術 研 究 は 社 会. の 発 展 に 欠 か せ な い 」 とす る 国 民 の 理 念 が 存 在 して い た 。 こ の よ う な 活 動 の 中 、 共 通 し て 問 わ れ た の は 「新 し い 社 会 を 創 造 す る 上 で 化 』 を 見 つ め 直 さ な け れ ば な ら な い 。 で は 「文 化 』 と は 一 体 何 か?」. 『文. とい う こ とで. あ っ た 。 学 問 分 野 に よ っ て 文 化 の 概 念 は 異 な り得 る 。 た と え ば 、 自 然 の 脅 威 か ら 逃 れ よ う と して き た 人 類 の 歴 史 を 振 り返 る と 、 「死 か ら の 逃 走 」 が 文 化 で あ る と も 定 義 し得 る(c五Brown(1959:87-109)、 で 、 下 記(5)に. 高 橋 ・田 保 ・藤 原 他(2010:88-108))。. ここ. 示 さ れ る 認 知 言 語 学 的 見 地 に 目 を 移 せ ば 、 人 間 とい う 同 じ生 物 と. して共 通 す る文 化 が 存 在 してい る一 方 、 社 会 コ ミュ ニ テ ィ に よ って 互 い に一 致 しな い 文 化 も必 然 的 に 存 在 し て い る とい う見 方 が 浮 か び 上 が る 。 そ の 理 由 は 、 人 間 の 本 性 の 産 物 で あ る我 々 の 自然 な 経 験 の相 は各 々 が 属 す る文 化 内 で の 人 々 との 交 流 に よ っ て も生 じ、 そ の 文 化 と は 社 会 的 ・政 治 的 ・宗 教 的 枠 組 み の 中 で 異 な る もの で あ る こ とに よる。. (190). 一117一.

(3) 文学 ・芸 術 ・文 化/第24巻. 第1号/2012.9. (5)Eachsuchdomain[=abasicdomainofexperience]isastructured wholewithinourexperiencethatisconceptualizedaswhatwehave calledanθ. 膨)6ガ6/z'ゴ α1gθ. ∫如1義Suchgestaltsare8膨)67∫. θ〃あθ1砂. ∂侭 ゴ6. becausetheycharacterizestructuredwholeswithinrecurrenthuman experiences.Theyrepresentcoherentorganizationsofourexperiences intermsofnaturaldimensions(parts,stages,causes,etc.).Domainsof experiencethatareorganizedasgestaltsintermsofsuchnatural dimensionsseemtoustobeκ. α伽 πz1ん 勿4∫. ρブ 助)θ ノガθπ06.. Theyare襯'%耀1inthefollowingsense:Thesekindsof experiencesareaproductof Ourbodies(perceptualandmotorapparatus,mentalcapacities, emotionalmakeup,etc.) Ourinteractionswithourphysicalenvironment(moving, manipulatingobjects,eating,etc.) Ourinteractionswithothereolewithinourculture(intermsof social,olitical,economic,andreliσiousinstitutions) Inotherwords,these"natural"kindsofexperienceα76ρ704〃6な. げ. 加 挽 α〃 πα'〃7θ.Somemabeuniversal,whileotherswillvarvfrom. CUItUretOCUItUre. 一LakoffandJohnson(1980:117-118)(下. 線. ・[]内. 表 記 筆 者). こ の よ う な 見 地 に 基 づ く と 、 社 会 コ ミ ュ ニ テ ィ と の 相 互 作 用 で 生 じ た 「観 念 」、 す な わ ち 「モ ノ の 捉 え 方 」 自 体 も 「文 化 」 の 概 念 と し て 含 ま れ る こ と に な る が 、 認 知 言 語 学 者 の 立 場 か ら見 る と、 そ れ が 反 映 さ れ た 最 も 身 近 な モ ノ の 一 つ が 「言 葉 」 で あ る と言 え る(cf上. 野 ・森 山(2009))。. 言 葉 を変 えれ ば、 異 言 語 間 で 互 い に似 た. よ う な 表 現 で あ っ た と し て もそ の 「意 味 」 が 少 しで も異 な る 部 分 を 有 す る の で あ れ ば 、 そ こ に は 、 そ れ を 生 じ させ る 何 ら か の メ カ ニ ズ ム が 存 在 し て お り、 各 社 会 コ ミ ュ ニ テ ィ の 中 で 外 界 を 如 何 に し て 捉 え て い る か と い う 「モ ノ の 捉 え 方 」 と して の 言 語 文 化 の 本 質 が 備 わ っ て い る に違 い ない 。. 一116一. (191).

(4) ル ー マニ ア語 動 詞 θ1θrgθ,ねgω αrgθ,ooαduoθ と英 語 動詞ruη との 概 念 比 較研 究. 森山. そ こ で 、 本 稿 で は 、 冒 頭 で 記 し た ル ー マ ニ ア 国 で の 現 地 学 術 調 査 に お け る研 究 成 果 の 一 部 を 活 用 し、 典 型 的 な 多 義 語 と して 取 り扱 わ れ る こ とが 多 い ル ー マ ニ ア 語 動 詞alerga,fugi,curge,conduceと. 英 語 動 詞runと. の 概 念 比 較 を 行 う。 そ の 目的 は 偏. に 、 各 々 の 多 義 性 の 背 後 に 存 在 す る 「モ ノ の 捉 え 方 」 に 光 を 当 て 、 社 会 発 展 の 前 提 と し て 見 つ め る こ とが 不 可 欠 な 「文 化 」 の 一 端 に 言 語 の 側 面 か ら迫 る こ と に あ る 。 な お 、 以 下 で は 主 と し て 、 認 知 言 語 学 の 諸 理 論 を 採 用 し、 英 語 前 置 詞runの. 概念. を 観 察 す る こ とか ら始 め る7。. 2.英. 語 動 詞runの. 2.1.先. 概 念. 行研究の考察. ま ず も っ て 述 べ て お か な け れ ば な ら な い こ と は 、 以 下(1)に 多 くの 言 語 学 者 が 取 り組 む も の の 、 英 語 動 詞runの. 示 さ れ る よ う に、. 多 義 が 生 じる メ カ ニ ズ ム に つ. い て は未 だ明 確 とな っ てい ない こ とで あ る。. (1)runの. 多 義 記 述 は 、Tuggy(1988)を. Taylor(2002)に. は じめ と し て 多 くの 文 献 に 見 ら れ る 。. は 、 そ の 改 訂 版 の 提 案 が あ る が 、 い ず れ も 、 ま だrun. の 多 義 の全 貌 を示 す に は至 っ て い な い。 -DE五P(s. そ の よ う な 中 、 日 本 の 英 語 学 習 者 にrunの. .v.run)(下. 線 筆 者). 多 義 性 を で きる だ け 簡 潔 に提 示 し よ う. と す る 意 欲 的 な 教 育 研 究 も 存 在 し て い る 。 た と え ば 、 次 の(2)が. その実例 であ. る8。. (2)も. ち ろ ん 基 本 イ メ ー ジ は 走 る で す 。 「徒 歩 で 移 動 す る 」 とい う 意 味 を も っ た 動 詞(walkな. ど)の. 中 で も も っ と も広 い 意 味 を 持 つ こ の 動 詞 、 イ メ ー. ジ を つ か む と強 力 な 味 方 に な っ て く れ ま す 。 ・Sheruns5mileseverymorning (毎 日5マ. (192). .. イ ル 走 る). 一115一.

(5) 文学 ・芸 術 ・文 化/第24巻. 第1号2012.9. … お も しろ い こ とに 、 日本 語 の い ま す 。runも. 「走 る 」 も. 「歩 く 」 よ り は る か に 広 く 使. 「走 る 」 と か な り似 た よ う な 使 い 方 を す る ん で す よ 。 …. ・There'satrainthatrunsallthewayuptoMachuPicchu. .. (は る ば る マ チ ュ ピ チ ュ ま で 走 っ て い る 列 車 が あ る) …. も う2∼3や. や抽 象 的 な. 「走 る 」 の 例 を あ げ て お き ま し ょ う. ・HeranhiseyesovertheofferandgavehisapProval. 。. .. (そ の 申 し 出 に 目 を 走 ら せ 、 承 認 し た) ・Horrormoviesalwaysmakeshiversrundownmyspine. .. (ホ ラ ー 映 画 を 見 る と い つ も 身 震 い が 背 筋 を 走 る) …runは. 本 来 動 き の な い 線 状 の も の に つ い て も使 わ れ ま す 。. ・Theroadrunsparalleltotheriver. .(川. に 平 行 し て 走 っ て い る). ・Abicyclepathrunsaroundtheentirecampus. .. (サ イ ク リ ン グ ロ ー ドが キ ャ ン パ ス の ま わ り を 走 っ て い る) 日本 語 で も road/pathな. 「線 路 沿 い に 道 が 走 っ て い る 」 な ど と 言 っ た り し ま す 。 ど は 、 そ こ を(に. 沿 っ て)人. や 車 が 通 る もの で す よ ね 。 そ. こで 漠 然 と動 き が連 想 され る とい うわ けで す よ。 ・Someoneleftthetaprunning. .(誰. ・Ihateitwhenmynoseruns. .(鼻. か 水 を 出 し っ ぱ な し に し た) 水 が 出 る の は 嫌 い だ). 水 や 鼻 汁 も同 じ こ とで す 。 線 状 に な った 水 や鼻 汁 に動 きを連 想 して い る んで す 。 … …runの た. や っ か い な と こ ろ は 、 走 る とい う 基 本 イ メ ー ジ が 本 来 も っ て い. 「早 い ス ピ ー ド で 足 を 使 っ て 進 む 」 が 簡 略 化 さ れ て 、 単 な る 進 行 の 意. 味 に広 が っ て い る 点 で す 。 … 単 な る 進 行 は. 「変 化 」 「動 き 」 な ど 、 さ ま ざ. ま な意 味 を産 み 出 します 。 ま ず は 変 化 か ら。 ・Ifthewellrunsdrywe'reinbigtrouble. .. (井 戸 が か れ た ら 困 っ た こ と に な る) ・We'verunoutofmilk. .(ミ. ル ク な く な っ ち ゃ っ た). 一114一. (193).

(6) ル ー マニ ア語 動 詞 θ1θrgθ,ねgω αrgθ,ooαduoθ と英 語 動詞ruη との 概 念 比 較研 究. 森山. 今 度 は動 き。 ・Ileftthelawnmowerrunning (芝 刈 り 機 を 動 か し た ま ま に し て い た) ・HerantheengineofhisAlfaanditpurredlikeacat. .. (ア ル フ ァ の エ ン ジ ン を か け た ら 、 猫 の よ う な う な り 声 を 上 げ た) 一. しか し な が ら 、 上 出(1)で に な っ て お らず 、 上 記(2)に. 大 西. ・マ ク ベ イ(1999:38. 指 摘 さ れ て い た よ う に 、runの お い て も(少. -41)(一. 部 省 略 筆 者). 多 義性 の全 貌 は 明 らか. な く と も筆 者 に は)十. 分 な妥 当 的 説 明. が そ こ に 与 え て い る よ う に は 感 じ ら れ な い 。 そ れ ら の 主 た る 点 に つ い て 、 下 記(3 a-g)に. ま とめ る 。. (3)乱. 基 本 イ メ ー ジ と し て 「走 る 」 を 設 定 し、 「「徒 歩 で 移 動 す る 」 と い う 意 味 を も っ た 動 詞(walkな. ど)の. さ れ て い る が 、 そ も そ も 、runを に 収 め 、walkな. 中 で も も っ と も広 い 意 味 を持 つ 」 と記 単 に徒 歩 に お け る移 動 動 詞 の枠 組 み. ど に 対 し て 「走 る 」 と 設 定 す る だ け で は 日 本 語 訳 を付. 加 して い る に 過 ぎ ず 、 「基 本 イ メ ー ジ 」 な る モ ノ と如 何 な る 差 が そ こ に 存 在 し て い る の か 。 ま た 、 「走 る 」 と す る だ け でrunの. 多 義 性 を明. 示 す る ほ ど の 基 本 」(つ ま り、 「中 核 」)と な り得 る の か 。 な ぜ 、 「走 る 」 とす る だ け で 「動 詞(walkな. ど)の. 中 で も も っ と も広 い 意 味 を持. つ 」 こ と に 対 す る 妥 当 的 説 明 を 与 え る こ とが で き る の か 。 b."There'satrainthatrunsallthewayuptoMachuPicchu."と. い う例. 文 を 挙 げ 、 日 本 語 の 「走 る 」 と 同 様 の 使 わ れ 方 を す る 、 と い う 主 旨 が 記 載 さ れ て い る が 、 そ れ で は 単 な る 日本 語 訳 と の 対 照 に 過 ぎ ず 、 意 味 変 化 の 過 程 を明 記 した こ と に な らな い の で は な い か 。 言 葉 を変 え れ ば 、 そ の 列 車 が い つ も 「遅 い 」 速 度 で 運 行 し て い た と し て も 決 し て "*There'satrainthat醐1々. ∫allthe. wayuptoMachuPicchu."と. 表現. さ れ な い 理 由 が 「日本 語 で も 「歩 く』 が 使 わ れ な い か ら だ 」 と説 明 し て い る こ と と同義 に は な らない か 。. (194). 一113一.

(7) 文学 ・芸 術 ・文 化/第24巻. 第1号2012.9. c.抽 象 的 な 「走 る 」 の 例 と し て 、"Heranhiseyesovertheofferand gavehisapProval."と"Horrormoviesalwaysmakeshiversrun downmyspine."が. 挙 げ られ て い るが 、 メ タ フ ァー理 論 に基 づ けば 、. た と え 「抽 象 的 」 な 事 象 で あ っ て も そ れ を 具 現 化 す る 写 像 過 程 の 根 源 は必ず. 「具 象 的 」 な 事 象 に 基 づ か な け れ ば な ら な い 。 前 者 で あ れ ば. 「視 線 の 移 動 」 で あ り、 後 者 で あ れ ば 「(体感 と し て の)寒. 気 の移動 」. で 捉 え ら れ る が 如 くで あ る 。 d.ま た 、 こ の 「視 線 の 移 動 」 に基 づ け ば 、"Theroadrunsparalleltothe river."お よ び"Abicyclepathrunsaroundtheentirecampus"を 「本 来 動 き の な い 線 状 の も の 」 の 実 例 と し て わ ざ わ ざ 別 個 に 挙 げ る 必 要 は な く、 そ こ か ら 生 じ る 「心 的 移 動 」(mentalscanning)(cfLangacker (1987:170))と. い う一 つ の 枠 組 み で そ れ ら を 体 系 化 す る こ とが 可 能 で は. ない か 。 e.さ ら に 、 「線 状 の 動 き」 だ け で"Someoneleftthetaprunning"や"I hateitwhenmynoseruns."が runに. 説 明 さ れ て い るが 、 線 状 の 動 きは何 も. 限 っ た こ と で は な い 。 こ れ ら が 表 す 事 象 に た と え ばmoveな. ど. が 使 わ れ な い 理 由 を 単 に 「線 状 の 動 き 」 だ け で 説 明 す る こ と は 難 しい の で は な い か。 五 「走 る と い う基 本 イ メ ー ジ が 本 来 も っ て い た 「早 い ス ピ ー ドで 足 を 使 っ て進 む 」 が 簡 略 化 され て 、 単 な る進 行 の 意 味 に広 が っ て い る」 と記 さ れ て い る が 、 「早 い ス ピ ー ドで 足 を 使 っ て 進 む 」 と 「単 な る 進 行 」 と の 意 味 の つ な が り は 何 か 。 逆 に 言 え ば 、 移 動 動 詞 の 中 で も 「速 い ス ピ ー ド」 が な け れ ば 「進 行 」 に は な ら な い の か 。 移 動 動 詞 と して も用 い る こ とが 可 能 なgetや(直. 示 性 は あ る も の の)come/90と. い っ た動 詞 は. 速 度 に 関 係 な く と も、 「変 化 」 を 表 す こ とが で き る 事 実 と 如 何 な る 関 連 性 を 持 た せ る こ と が で き る の か 。 逆 に 、 「速 い ス ピ ー ドは 関 係 な く、 「 移動』 だけが walkも. 『進 行 』 に 必 要 な 要 素 で あ る 」 と す る の で あ れ ば 、 な ぜ. そ の 移 動 が 簡 略 化 さ れ て 「進 行 」 の 意 味 に 広 が ら な か っ た の. か。. 一112一. (195).

(8) ル ー マニ ア語 動 詞 θ1θrgθ,ねgω αrgθ,ooαduoθ と英 語 動詞ruη との 概 念 比 較研 究. 森山. g.「進 行 」 か ら 「動 き」 と して 、"Ileftthelawnmowerrunning"や "H. erantheengineofhisAlfaanditpurredlikeacat"と. い う実 例. が 挙 げ ら れ て い る が 、 こ こ ま で く る と 「基 本 イ メ ー ジ 」 と し て 設 定 さ れ た 「走 る 」 と 如 何 な る 関 係 を 持 た せ る こ と が で き る の か 。 も し、 「走 る 」 が 消 え て い る の で あ れ ば 、 そ れ は 「走 る 」 が. 「基 本;中. 核」. で は な か っ た こ と を 意 味 す る の で は な い か 。 つ ま り、 「基 本 」 イ メ ー ジ な る モ ノ を 設 定 す る 段 階 で 、 「日 本 語 訳 」 と 「概 念 」 と の 区 別 が 行 な われ てい なか っ たの で は ない か 。. 他 方 、 以 下(4)の. 教 育 研 究 で は 、 カ テ ゴ リ ー 論 の 観 点 か ら示 唆 に 富 む 見 解 が 観. 察 され る。. (4)runは. 、 「(人 ・動 物 な ど が)走. る 」 「ス ト ッ キ ン グ が 伝 線 す る 」 「鼻 水 が. 出 る 」 の ほ か 、 「川 が 流 れ る 」 とい う時 に も使 い ま す 。 こ れ ら に 共 通 して い る の は 、<あ. る 方 向 に 途 切 れ ず ス ル ス ル と(な. め ら か に 連 続 的 に)動. く〉 とい うイ メ ー ジで す 。 一 田 中 他(2007:38). 「イ メ ー ジ 」 を 多 義 性 の 最 小 公 倍 数 の 「核 」 と し て 捉 え 、 さ ま ざ ま な 周 辺 的 意 味 (つ ま り、 派 生 義)で. あ っ て も 共 通 に 存 在 す る 「概 念 」 と し て 設 定 さ れ て い る 点 も. 非 常 に 参 考 と な る 。 し か し な が ら 、 前 出(1)で. 「runの 多 義 の 全 貌 を 示 す に は. 至 っ て い な い 」 と記 載 さ れ て い た よ う に 、 「あ る 方 向 に 途 切 れ ず ス ル ス ル と(な ら か に 連 続 的 に)動. く」 と い う 中 核 概 念 の 設 定 だ け で はrunの. め. 多 義 性 に妥 当 的 説. 明 を 与 え る た め の 十 分 条 件 に 至 ら な い の で は な い か と考 え られ る 事 例 も存 在 して い る。 た と え ば 、 同 書 で は 、 「runが 他 動 詞 に な る と 、 「何 か を 途 切 れ る こ と な く動 か す 」 と い う意 味 に な り ま す 。runacar(車. を 動 か す)の. の を 基 本 と し て 、 そ こ か らrunacomputerprogram(コ を 作 動 さ せ る)、runacompany(会. (196). 社 を 経 営 す る)の. 一111一. よ う に 目に見 えて 動 く も ンピ ュ ー ター プ ロ グ ラム よ う に 展 開 し ま す 」(田 中.

(9) 文学 ・芸 術 ・文 化/第24巻. 他(2007:38))と. あ る が 、 次 の(5)が. 第1号2012.9. 表 す事 象 に お い て は、 イ メー ジ と して設 定. さ れ た 「な め らか に 連 続 的 に 」 とい う要 素 は 消 失 し て し ま っ て い る9。. (5)TheinstallofthelatestOSmaycausethegametoslowdown,7〃. 〃. %π3〃zoo訪4ソ,orevenlockup.. さ ら に 、(紙 面 の 都 合 も あ ろ う が)"runacompany,""runarisk"を. そ れ ぞ れ 「何. か を 途 切 れ る こ と な く動 か す 」、 「リ ス ク を 覚 悟 で あ え て 走 らせ て み る 」 と す る(田 中 他(2007:38))だ. け で は 、 そ れ ぞ れ 、 前 出(3e-f),(3a-b)と. て し ま う恐 れ も あ る(な. 同様 の 問 題 に遡 っ. お 、 「リ ス ク を 走 ら せ て み る 」 と い う 日 本 語 の 係 り結 び 自. 体 、 筆 者 に は 奇 異 に 感 じ ら れ る)。 ま た 、 物 理 的 移 動 事 象 に 焦 点 を 絞 っ て も、run の 中 核 に 「あ る 方 向 に 途 切 れ ず ス ル ス ル と(な 念 が 存 在 し て い る と設 定 し た 場 合 、 次 の(6)が. め らか に 連 続 的 に)動. く」 とい う概. 自然 な文 と して容 認 され な けれ ば. な ら な い と こ ろ 、 事 実 は そ の 限 りで は な い 。. (6)*"Look1Thebicycleis7z6〃. π勿gsofast1". な お 、 こ れ ま で 述 べ た 同 様 の 問 題 は 、 下 記(7)に. お け るDE五Pの. 解 釈 に も当 て. は ま る10。. (7)「. 乗 物 が 走 る 」 の 意 義 は 、 中 心 義[=足 ピ ー ド」 の 特 性 ユ の2つ. の 「素 早 い 回 転 」 の 特 性 と 「ス. の 特 性 に 基 づ く。 -DE五P(s. 2.2.運. .v.run)([]内. 表 記 筆 者). 動 ス キ ーマ と概 念 化. 2.2.1.中. 核概念の再設定. 池 上(1975:306)で. は 、 以 下(1)に. 交 え な が ら、runの 動 き:RUN>と. 示 さ れ る よ う に 、walkと. 語 彙 素 は 「〈 移 動 〉+<足. の 動 き:RUN>(た. の概 念 的 対 比 も だ し、 〈 足 の. は、 各 足 が 交 互 に動 き、 か つ 各 歩 ご との あ る 時 点 にお い て す べ て. 一110一. (197).

(10) ル ー マニ ア語 動 詞 θ1θrgθ,ねgω αrgθ,ooαduoθ と英 語 動詞ruη との 概 念 比 較研 究. 森山. の 足 が 地 面 に 接 し て い な い とい う こ と)」 と し て 規 定 さ れ て い る 。. (1)ま. ず 、walkと. い う語 彙 素 と し て 実 現 さ れ る 意 義 素 は 、 場 所 的 な 移 動 を 表. す 意 味 特 徴(〈. 移 動 〉)と. 歩 行 に 特 徴 的 な あ る 種 の 足 の 動 か し 方(つ. ま. り、 各 足 が 交 互 に 動 き 、 か つ どの 時 点 に お い て も少 な く と もそ の う ち の 一 本 の 足 が 地 面 に接 し て い る:<足. の 動 き:WALK>と. 表 わ す)の. 組み合わ. せ か ら な り、 〈 人 間 〉 ま た は 〈 高 等 動 物 〉 と く 動 作 主 〉 と して 予 想 す る と 想 定 で き る 。 そ れ と 同 じ レ ベ ル に 立 っ て 非 両 立 項 と して 直 接 対 立 す る の は 、 〈 移 動 〉+<足. の 動 き:X>のXの. と こ ろ にwalkの. 規 定 を 含 む も の で あ る 。 た と え ば 、runが <足 の 動 き:RUN>(た. だ し、<足. 場 合 と は異 な る. そ うで あ る 。 こ れ は く 移 動 〉+. の 動 き:RUN>と. は、 各足 が交 互 に動. き、 か つ 各 歩 ご との あ る 時 点 に お い て す べ て の 足 が 地 面 に接 して い な い と い う こ と)と. 表 わ せ る 。walk,runで. 構 成 さ れ る 次 元 の す ぐ上 の 次 元 に は. く 移 動 〉+〈. 足 の 動 き 〉 と い う構 造 を持 っ て い る 包 括 項(つ. ま り、 足 を 動. か して の 場 所 的 な 移 動 で あ る な ら ば ど の よ う な足 の 動 か し方 が な さ れ る 場 合 に で も適 用 で き る 語)が. 予 想 され るが 、英 語 で は そ れ は実現 され ない 。. 〈足 〉 に く 手 〉 も含 め て く 四 肢 〉 を動 か す こ と に よ っ て の 移 動 と い う こ と に な れ ば 、swimやcrawl/creepが. 関 連 して く る 。(た だ し、swimに. は. そ れ 以 上 に 、 移 動 の 行 な わ れ る 空 間 に つ い て の 規 定 も加 わ っ て く る 。) 一 池 上(1975:306). こ こ か ら 、walkと れ 、2.1.の(7)に. の 主 た る 概 念 的 相 違 は く 足 の 動 き:RUN>に 示 さ れ て い た よ う に 、DE五Pで. あ る こ とが 観 察 さ. は そ れ を 「素 早 い 回 転 」 と. し て 規 定 し て い る こ と も合 点 が い く。 こ こ で 、 認 知 意 味 論 的 見 地 に 基 づ く と 、 人 間 は なぜ 足 の. 「素 早 い 回 転 」 を 要 す る の か 、 とい う 経 験 的 見 解 を 探 し求 め な け れ ば な. ら な い 。 な ぜ な ら、 第 一 章 の(5)で. す で に観 察 した よ う に、 人 間の 自然 な経 験 の. 相 が 獲 得 さ れ る 要 因 の 一 つ が 自 身 の 運 動 器 官(motorapparatus)を. 通 して で あ り、. 足 の 「素 早 い 回 転 」 に は 必 然 的 に 我 々 の 日常 経 験 に よ っ て 生 じ る 何 ら か の 認 識 が 関 っ て い る か ら で あ る 。 こ の 問 題 を 明 らか に た め に 、 次 の 比 喩 表 現 に 目 を 向 け て み. (198). 一109一.

(11) 文学 ・芸 術 ・文 化/第24巻. 第1号2012.9. よ う 。. *. 足 手. *. 頭. (2)現. 代 の 人 々 に とっ て、 車 は通 勤 に欠 か せ ない. こ こ で は 車 とい う乗 物 が. で あ る 。. 「足 」 と し て 喩 え られ 、 人 々 を 「運 ぶ 」 た め の 手 段 と して. 見 な さ れ て い る 。 こ こ か ら逆 算 す る と、 足 の 「素 早 い 回 転 」 を 要 す る 背 景 に は 、 「足 以 外 の 部 位(つ の 身 体 部 位 全 体)を (3)の. ま り、FOOTの. 指 示 物 に乗 っか っ て い る と見 な さ れ るそ れ 以外. 運 ぶ 」 と い う認 識 が 存 在 して い る に 違 い な い。 事 実 、 次 の. 実 例 に お い て は 、FOOTの. 指 示 物 を前 景 化 させ る こ とで 、 そ れ 以 外 の 身 体. 部 位 全 体 との接 触 関係 が 表 され てい る。. (3)Captain:Thenwe'lldriveupintothehillsandgooverthosemountains onカ0乙 一. 映 画7'加So観4¢. ん協. ∫ガc<02:45:49>(イ. タ リ ッ ク 筆 者)11. で は 、 なぜ 「素 早 く」 回 転 させ る必 要 が あ るの か 、 言 葉 を変 え れ ば、 「FOOTの 指 示 物 で そ れ 以外 の 身 体 部 位 全 体 を運 ぶ 」 とい う観 点 で は 同 様 で あ る はず のwalkな どの移 動 動 詞 と異 な る認 識 とは一 体 何 か とい う問 題 に行 き着 くが 、 そ れ を解 決 す る 鍵 とな りそ うな のが 下 記(4)の. 実 例 で あ る。. (4)"Wewillharnessthesunandthewindsandthesoiltofuelourcars and7z〃zourfactories." -U. .S.PresidentBarackObama'sinauguraladdressonJanuary20,2009 (イ. 前 出(1)に (4)に. お け る 肉 体 経 験 がrunの. お け るrunは. タ リ ッ ク 筆 者). 中 核 概 念 に 関 って い る とす る な らば、 上 記. そ こ か ら生 じた 派 生 義 と し て 捉 え られ る 。 しか し な が ら 、 こ. 一108一. (199).

(12) ル ー マニ ア語 動 詞 θ1θrgaねgω. αrgaoOαduOθ. と英 語 動詞ruη との 概 念 比 較研 究. 森山. こ で も逆 算 す る と、 「太 陽 、 風 、 大 地 を 制 御 す る こ と」 と 「工 場 」 と が 結 び 付 け ら れ る 関 係 は 、 「足 を 素 早 く 回 転 さ せ る こ と」 と 「FOOTの. 指示物 で それ以外 の身体. 部 位 全 体 を 運 ぶ 」 とが 結 び付 け られ る 関係 と並 行 す る。 そ の ス キ ー マ は、 ま さ に 「動 力 」 と い う 概 念 で あ る 。 つ ま り、FOOTの. 指 示 物 で そ れ以 外 の 身体 部 位 全 体 を. 「素 早 く」 運 ぶ た め に は 足 を 「回 転 」 させ る こ と に よ っ て 生 じ る 「動 力 源 」 が 必 要 に な る 、 と い う認 識 で あ る 。 以 上 の こ と を 以 下(5)と. (5)runの. 中 核 概 念:(足. して簡 潔 に ま とめ る。. を 「回 転 」 さ せ る こ と に よ っ て 生 じ る)「 動 力 源 」. を用 い た 活 動. 上 記 の捉 え方 に 関 し、 次 の(6)に. (6)run:中. 核概念. 「回 転 」. は非 常 に興 味 深 い 記 述 が 観 察 され る。. レ 「動 力 」 概 念. 「レ 「直 線 」 概 念. 動 力 源 を基 盤 した場 所 変 化 を 伴 う複 数 回 の 回転 運 動 一 上 野(2011:13). 上 野(2011:12-13)で. は 、 上 図 に 収 束 す る形 で 、runの. 多 義 性 に つ い て 「『動 力 』 概. 念 を 媒 介 と し て 、 中 核 概 念 で あ る 「回 転 」 運 動 が 場 所 変 化 を 伴 い な が ら複 数 回 行 わ れ る こ と に よ っ て 「連 続 し た 、 間 断 の な い 直 線 』 概 念 を 生 む 」 とい う 主 旨 が 述 べ ら れ て い る 。 「動 力 」 概 念 と い う新 し い キ ー ワ ー ド を 導 入 し て 経 験 主 義 の 観 点 か ら runの. 多 義 性 を 記 述 化 し よ う とす る 、 こ れ ま で に な い 画 期 的 な 学 術 的 試 み は 、 本 稿. の 論 旨 を 形 成 す る 上 で 非 常 に 参 考 に な る 見 解 ば か りで あ っ た 。 た だ 、 同 時 に 、 下 記 (7a-b)に. 示 す 理 論 上 の 発 展 改 良 の 点 で 本 稿 の 主 旨 は 一 線 を画 す 。. (7)a.歴. 史 的 意 味 派 生 の プ ロ セ ス の 流 れ を 鑑 み,中 い 。 上 記(6)図. で は 、初 出 義 が. 核 概 念 を 「回 転 」 と し な. 「回 転 」 概 念 を 包 含 して い る 可 能 性. を 残 し、 い わ ゆ る 「走 る 」 事 象 表 示 は そ れ よ り も 後 世 に 生 じ た と も捉 え 得 る こ と に よ る 。 言 葉 を 変 え れ ば 、 「走 る 」 事 象 は 場 所 変 化 を 伴 う. (200). 一107一.

(13) 文学 ・芸 術 ・文 化/第24巻. 運 動 で あ るが 、 上 記(6)図. 第1号/2012.9. で は(足 に よ る)「 回転 」 概 念 が 「 直線 」. 概 念 よ りも先 に 生 じて い る こ と に よ り、 「走 る 」 事 象 か ら導 き 出 され る 「直線 」 移 動 と 「回転 」 運 動 の両 方 に等 価 の プ ラ イ オ リテ ィが 与 え られ な い可 能 性 を排 除す る必 要 が あ る と考 え る。 b.上 記(6)図. に お い て 、 た とえ ば発 動機 の 活 動 にrunが 用 い られ る場. 合 は初 出 の 中核 概 念 が 、 川 の流 れ にrunが 用 い られ る場 合 は 派生 概 念 が 前 景 化 す る こ と に な ろ うが 、 発 動 機 が 後 世 に 発 明 さ れ た こ とを 鑑 み 、 物 の 摂 理 の 流 れ が 逆 に な る可 能 性 を排 除 す る 必 要 が あ る と考 え る。. こ れ ら も踏 ま え た 上 で 、 本 論 は 以 下(8a-c)の. (8)a.中. 核 概 念 は. b.上. 「動 力 」 な い し は. 記(7a-b)を. お よ び c.こ. 見 地 に立 脚 して い る。. 「動 力 源 」 に 関 っ て い る 。. 解 決 す る に は 、 こ の(8a)に. 基 づ き 、 「乗 物 の 歴 史 」. 「そ れ に 関 す る 人 間 の 認 識 の 変 化 」 を 導 入 す る 必 要 が あ る 。. れ ら(8a-b)を. ベ イ(1999:38-41)で. 採 用 す る こ と に よ り 、2.1.に. uptoMachuPicchu."お. お い て 大 西. 見 ら れ た"There'satrainthat7〃 よ び 田 中 他(2007:38)で. ・マ ク. π∫alltheway 見 ら れ た 鰯 〃acar. に関 す る解 釈 とは一 線 を画 した見 解 が 生 じる。. ま ず 、(8b)を. 考 察 す る こ とか ら始 め て み よ う。. 人 間 は 知 恵 に 富 み 、 「足 」 と い う 乗 物 か ら始 ま っ た 移 動 事 象 を 時 間 と エ ネ ル ギ ー の 消 耗 か ら 考 え 、 陸 上 で は 「車(automobile)」 (shiRboat)」. 、 海 中 で は 「潜 水 艦(submarine)」. や 「列 車(train)」 、 海 上 で は 「船 舶 、 空 中 で は 「飛 行 機(airplane)」. と. 様 々 な 移 動 手 段 を 発 達 さ せ て き た こ と で 、 他 の 地 へ の 移 動 も随 分 容 易 で 安 全 に な っ た 。 た だ 、 「足 」 か ら 「車 」 や 「列 車 」 に は 一 足 飛 び で 移 行 し た わ け で は な い 。 そ の 過 程 で 見 逃 せ な い 乗 物 は 「馬;馬. 車 」 の 存 在 で あ る 。 馬 が 古 来 よ り人 間 に と っ て 身. 近 な 動 物 で あ っ た こ と は 、 現 代 で も(主. と して 男 性 の 乗 り手 が)車. を パ ー トナ ー と. して 見 な す 次 の 言 語 現 象 と も並 行 す る 。. 一106一. (201).

(14) ル ー マニ ア語 動 詞 θ1θrgθ,ねgω αrgθ,ooαduoθ と英 語 動詞ruη との 概 念 比 較研 究. 森山. (9)SheriffTaylor:AttheGrandOpeningGoober,dressedinsuitandtie,is beaminguntilherealizeshe'sforgottentoorder. gasolinewhenhecan't"fill'67up"atAndy'srequest -TVド. ラ マ7'加. .4π め ノG7膨. GoobertheExecutive(イ. 飾S加. ω,Episode:. タ リ ッ ク 筆 者). 換 言 す れ ば 、 移 動 手 段 と し て の 「足 」 に 取 っ て 代 わ っ た も の が 「馬 」 で あ り、 「馬 」 に 取 っ て 代 わ っ た も の が 「車 」 で あ る 歴 史 に は 人 を 輸 送 す る た め の 「動 力 源 」 概 念 が 脈 々 と受 け 継 が れ て い る こ と に な る 。 こ の こ と は 、 下 記(10)に. 示 され. る よ う に 、 「動 力 源 」 の 強 さ が 「馬 力 」 と して 表 さ れ 、 か つ 、 車 の 「動 力 源 」 と は ". engine"、 す な わ ち 「モ ー タ ー の 回 転 力 」 で あ る こ と も 同 時 に 意 味 す る 。. (10)Barbara:Itmademefeellike...tradingintheVolvoononeofthose... four-wheel-drivethingswiththebig,knobbytiresandthe two-hundred乃07∫ 一. 映 画7'加. だ か ら こ そ 、 以 下(11a)に. ゆoz〃67engine. 肋7げ'加Ro36∫<00:24:51>(イ. 示 さ れ る よ う に 、 車 の 走 行 にrunが. は そ の 「動 力 源 」 で あ る 「エ ン ジ ン;モ 2.1.の(6)(以. 下(llb)と. な い 自 転 車 の 走 行 にrunが. タ リ ッ ク 筆 者). 用 い られ る背 景 に. ー タ ー 」 の 回 転 が 大 き く関 っ て い る 一 方 、. し て 再 掲)で. は 、 「エ ン ジ ン;モ. ー ター 」 を持 た. 用 い られ な い の で あ る12。. (11)乱Thecar6〃g勿6wasoverhauledtomakeit7観faster. そ の 車 の エ ン ジ ン は ス ピ ー ドが も っ と 出 る よ う に 分 解 修 理 さ れ た 。 一. 『英 辞 郎ontheWeb』(s. b.*"Look!Thebicycleis7π. こ の よ う に 、runの. タ リ ッ ク 筆 者). ππ勿gsofast1". 中 核 に 「動 力 源 」 概 念 が 関 っ て い る こ と は 、 次 の(12)で. 力 源 と し て の モ ー タ ー を 内 蔵 す る)冷. (202). .v.runfaster)(イ. 「(動. 蔵 庫 」 の み が 使 用 可 能 で あ る言 語 事 実 か ら も. 一105一.

(15) 文学 ・芸 術 ・文 化/第24巻. 第1号2012.9. 明 らか で あ る 。. (12)HowlongwillmyportablefridgeI7〃. 〃onmycarbattery? *DVD player. 詰 ま る と こ ろ 、runの. 中 核 概 念 は 依 然 と し て 「動 力 源 」 で あ り、 人 の 「足 」 か ら. 「馬 」 へ 、 そ して 「馬 」 か ら 「車 」 な ど の 現 代 の 乗 物 へ 移 行 し た 歴 史 に 並 行 し て 、 「馬 力 」 に よ る 移 動 認 識 の 変 遷 がrunの. 多 義 性 に 刻 み こ ま れ て い る と考 え ら れ る の. で あ る13。. 2.2.2「. 動 力 源 」 概 念 と派 生 プ ロ セ ス. 2.2.2.1.「. 動 力 源 」 概 念 と. さ らに、 この. 「経 営 」 の 認 識. 「動 力 源 」 概 念 は 、 田 中 他(2007:38)で. 見 ら れ た"runacompany". へ の 捉 え 方 に も 必 然 的 に 新 し い 解 釈 を 生 じ さ せ る 。 ま ず 、 「経 営 す る 」(tocontrolor beinchargeofabusiness,ateam,anorganization,etc.(α4五1)(s.肌mange,銑6))) と 訳 さ れ る こ と が 多 い 類 義 語manageの. (1)◆. ロIt.〃zα. 歴 史 に 光 を 当 て て み よ う。. π6g¢ α7θtohandle,train(horses)〈VL*〃zσ. 〃z伽036α7/Port.〃zα. 〃の α7)ムL〃zα. 〃毎 毎7ε(Sp.. π〃3hand(⇒MANUAL):[〉-AGE. -1(DEE(S. KDEE(脳manage1,の. で は 、manageの. 原 義 は`上and"を. 意 味 す る ラ テ ン語 〃z侃〃s. に 遡 り 、 英 語 に 入 っ て か ら は 「馬 を 調 教 す る 」(初 出:1561年)か 管 理 す る 」(1579年)の 理;コ. .V.managel,玖). ら 「経 営 す る;. 意 に 変 化 し た こ と が 記 さ れ て い る 。 い わ ば 、 乗 り手 の 「管. ン ト ロ ー ル 」 の 対 象 が 「馬 」 か ら 「会 社 」 に 変 化 し た 語 がmanageで. そ の ス キ ー マ に は 「手 で 手 綱 を 握 る;操. あ り、. る 」 と い う運 動 経 験 が 大 き く関 っ て い る と. 考 え ら れ る 。 そ の 認 識 を 表 す 実 例 が 次 の(2)で. (2)Uponhis30thbirthday,he'ooん. あ る。. 魏676勿sげ. 一104一. 疏 θco〃. ψ α〃ごyandrodea. (203).

(16) ル ー マニ ア語 動 詞 θ1θrgθ,ねgω αrgθ,ooαduoθ と英 語 動詞ruη との 概 念 比 較研 究. 森山. 40-yearwaveofsuccesswitheverypassingday.. こ う し た 概 念 を 持 つmanageとrunと は そ れ ぞ れ 、 下 記(3a-b)の. (3)乱run⑭. の 対 比 に つ い て 、 θソED(s.v.経. 営 す る)で. よ うに言 及 され て い る。. 〈 会 社 な ど 〉 を 経 営 す る;〈. 業 務 な ど 〉 を 管 理[運. 営 、 指 揮]. する b.manage⑫. 〈事 業 な ど 〉 を(所. 有 者 に代 わ っ て)経 一67ED(s. 上 記(3)に. お け るrunとmanageの. 営 す る 、 管理 す る. .v.経 営 す る)(下. 線 筆 者). 記 述 に お い て 最 も異 な る 点 は 下 線 部 分 で あ. り、 「馬 の 調 教 者 は 必 ず し もそ の 所 有 者 で は な い 」、 す な わ ち 「手 腕 を 発 揮 して 所 有 者 の 代 わ り に 会 社 の 手 綱 を 操 る 」 と い う 「管 理 」 認 識 が 現 代 英 語manageの. 意に. も脈 々 と受 け 継 が れ て い る こ とが 伺 え る 。 他 方 、 そ の 対 比 に 基 づ け ば 、runが な い 、 す な わ ち 「所 有 者=経 ば 以 下(4)が. 表す. 「経 営 」 に は 「所 有 者 に 代 わ る 」 必 要 が. 営 者 」 と して の 概 念 的 図 式 も浮 か び 上 が る が 、 た と え. 容 認 可 能 で あ る 限 り、 実 際 は 必 ず し もそ う で は な い よ う で あ る 。. (4)IamwonderingwhetherIletsomeone7%〃acompany.. こ の 問 題 を 解 決 す る 鍵 と な りそ う な の が 次 の(5)で. (5)「. あ る。. 新 し い 最 高 経 営 責 任 者 は 評 判 が 悪 い ね 」 「彼 の 派 閥 は 取 締 役 会 で の 多 数 を 握 り、 思 い 通 り に 会 社 を 牛 耳 っ て い る よ 」 "Th. enewCEOhasabadreputation.""Hisfactionis7〃. 〃〃勿gthings. theirwaybysecuringamajorityontheboardofdirectors." 一. こ こ で は 、runが. (204). 『英 辞 郎ontheWeb』(s. .v.牛 耳)(イ. タ リ ッ ク 筆 者). 「運 営 す る 」 の 意 に 加 え て 「牛 耳 る 」 と い う ニ ュ ア ン ス ま で 生 じ. 一103一.

(17) 文学 ・芸 術 ・文 化/第24巻. て い る 。 こ こ に2.2.1.で 上 出(2)で. 第1号2012.9. 観 察 し た 「動 力 源 」 概 念 が 大 き く 関 っ て い る 。. は 「会 社(厳. 密 に は 「組 織 」)」が 「馬 」 と して 見 な さ れ る 概 念 化 を. 観 察 し た 。 実 は 、 同 様 の 認 識 が 「運 営 」 事 象 表 示 語runに の こ と は ル ー マ ニ ア 語 で は 同 事 象 が 英 語 動 詞"drive"の. も 反 映 さ れ て お り、 こ 概 念 に相 当す る語 で 表 さ. れ る こ と と並 行 す る 。14. (6)M巨intrebdacasalaspecinevasaco〃. 伽cdcompani乱15. myself(1)wonderwhetherIletonsomeoneIdrivethecompany →. 英 語 訳:IamwonderingwhetherIletsomeone7襯acompany. つ ま り、manageとrunは. .. 同 じ く 「会 社 」 を 「馬 」 と見 な し な が ら も 、 前 者 が 手 綱. を 手 で 掴 ん で ハ ン ド リ ン グ す る 「管 理 」 概 念 が 前 景 化 さ れ る の に 対 し、 後 者 は 「会 社 を 動 か す 乗 り手 」 概 念 が 前 景 化 さ れ て い る 。 換 言 す れ ば 、 「そ の 人(た. ち)な. く し て 運 営 で き な い 」 と い う 認 識 が 強 ま れ ば 強 ま る ほ ど 、 「牛 耳 る 」 事 象 が 生 じ得 る 。 「行 為 者(Agent)が. 主 体 と な っ て そ の 会 社 を 動 か す 」 認 識 こ そ がrunに. 「運. 営 す る 」 の 意 を も た らす 、 ま さ に 「動 力 源 」 と な っ て い る の で あ る 。. 2.2.2.2.「 以 下(1)に. 動 力 源 」 概 念 と 「時 流 」 の 認 識 示 さ れ る よ う に 、 英 語 動 詞runは. 「時 の 流 れ 」 を 表 す 事 象 に も 用. い られ る 。. (1)Idonotknowwhytime7〃. 〃sfastinsomecasesbutdoesnotinothers. こ う し た 「時 の 世 界 」 の 範 疇 だ け で 如 何 に 「動 力 源 」 概 念 が 関 っ て い る か を 考 え る こ と は 有 用 で は な い 。 ま た 、 こ う し た 抽 象 事 例 か らrunの. 概 念 を 「直 線 的;線. 状 の動. き」 等 々 と論 じ る こ と さ え も危 険 で あ る と言 わ ざ る を得 な い 。 な ぜ な ら 、 前 述 し た よ う に 、 メ タ フ ァ ー 理 論 に基 づ け ば 、 「抽 象 的 」 な 事 象 を構 造 化 す る 写 像 過 程 の 根 源 に は 必 ず 「具 象 的 」 な 事 象 が 存 在 し て い る か ら で あ る 。 結 果 か ら言 え ば 、 そ れ は 次 の (2)に. 示 さ れ る よ う な 「川 の(水. の)流. れ 」 で あ る(cf幅. 一102一. 森 ・森 山(2011))。. (205).

(18) ル ー マニ ア語 動 詞 θ1θrgθ,ねgω αrgθ,ooαduoθ と英 語 動詞ruη との 概 念 比 較研 究. (2)Idonotknowwhywater7〃. 森山. 〃εfastinsomeriversbutdoesnotin. others.. 川 の(水. の)流. れ を 生 じ さ せ る に は 「水 源 地 」 が 必 要 と な る こ と は 言 う ま で も な. い 。 氷 河 や 雪 解 け 水 を水 源 に す る 川 も あ れ ば 、 地 下 水 を 水 源 に す る 川 もあ る 。 しか し な が ら、 い ず れ で あ っ て も 、 そ れ ら は 共 通 して 川 の(水. の)流. れ を 引 き起 こす. 「動 力 源 」 と し て 捉 え られ る こ と に 何 ら変 わ り は な い 。. 2.2.2.3.「. 動 力 源 」 概 念 と 「容 器 一 内 容 物 」 の 認 識. 2.2.2.2.で. は 、 「時 の 流 れ 」 に 写 像 す る 「川 の 流 れ 」 に 「動 力 源 」 概 念 が 強. く 関 っ て い る こ と を 観 察 し た 。 見 方 を 変 え れ ば 、 以 下(1)が. (1)Ariver7襯. ∫. 表 す 事 象 にお い て 、. belowourhouse.16. * 〃ZO刀63. 「動 力 源 」 に よ っ て 動 か さ れ る も の は 当 然 、 「川 」 そ の も の で は な く、 そ の 「内 容 物 」 と して の 「川 の 水 」 で あ る 。 こ こ に 、 「水 流 」 に 言 及 す るrunの. 概 念 に は 「容. 器 一内 容 物 」 の 認 識 が 生 じ る こ と に な る 。 こ う し た 「動 力 源 」 に 基 づ く 「容 器 一 内 容 物 」 の 認 識 に 光 を 当 て な い 限 り、2.1.の(2),(4)そ 状 の も の;線. れ ぞ れ で 見 ら れ た 「線. 状 の 動 き」、 「あ る 方 向 に 途 切 れ ず ス ル ス ル と(な. 動 く」 とす る だ け で は 、 上 記(1)でmoveが. め らか に 連 続 的 に). 用 い られ ない 理 由 に も妥 当 的 説 明 が. 与 え ら れ な い の で は な い か と 考 え ら れ る 。 こ の よ う な 「容 器 一 内 容 物 」 の 認 識 は 、 2.1.の(2)で. 見 られ た 次 の 事 例 に も 当 て は ま る 。. (2)a.Someoneleftthetap7観. 〃勿g∼. b.Ihateitwhenmynose7観s. c.Ifthewell7〃 d.We'veγ. (206). 〃3dry,we'reinbigtrouble. 槻outofmilk.. 一101一.

(19) 文学 ・芸 術 ・文 化/第24巻. 第1号2012.9. た だ 、 こ こ で 問 題 と な る の は 、 共 通 し て 「容 器 一内 容 物 」 の 概 念 化 が 生 き て い る と は い え 、 各 々 の 「動 力 源 」 と は 何 か 、 と い う こ と で あ る 。 英 語 動 詞runに は な い も の の 、 上 記 の 四 例 で は[一. 正 常(NON-NORMAL)]と. 直示 性. も言 え る ほ ど の事 象. で 用 い られ て い る が 、 こ れ は 「動 力 源 」 概 念 に 由 来 す る と考 え られ る 。 日 常 の 生 活 を 振 り返 る と明 らか で あ る が 、 我 々 が 何 らか の 「動 力 源 」 を 用 い る 場 合 、 そ れ は 当 然 「自 身 の エ ネ ル ギ ー 消 費 を 抑 え て 効 率 性 を 上 げ る た め に 、(動 力 源 が な け れ ば) 動 か な い も の/動. き難 い も の を 動 か す 」 状 況 に あ る と き に 限 られ る 。 そ して 、 こ の. 「(動力 源 が な け れ ば)動. か な い もの/動. 裏 を 返 せ ば 、 「動 か な い/動. き難 い もの を 動 か す 」 とい う概 念 に つ い て. き難 い 」 状 況 が[+正. 常(NORMAL)]と. 在 し て い る と も 言 え る 。 し た が っ て 、 上 記(2a-d)で. い う場 合 も 存. は そ れ ぞ れ 、 た と え ば 「蛇. 口 の 開 放 」、 「風 邪 」、 「日照 り」、 「飲 行 為 」 が 各 々 の 流 的 事 象 を 引 き起 こ す 「源 」 で あ る こ と が 言 外 に 示 唆 さ れ て い る の で あ る 。 こ の こ と は 、 た と え ば(2c)をIf thewell∂660〃z6∫/9諮dry,we'reinbigtrouble.と. 表 現 した 場 合 、 単 に 「状 態 の. 変 化 」 の認 識 だ けが 物 理 的 移 動 概 念 に よ っ て構 造 化 され てい るの で あ って 、 流 的 動 力 を 生 じ さ せ る 「源 」 概 念 は そ こ に 包 含 さ れ て い な い と 考 え ら れ る 。 な お 、 下 記 (3)が. 表 す 事 象 に お い て は 、TIMEIsMoNEYと. い う 構 造 の メ タ フ ァ ー が 機 能 して. お り、 さ ら に 、 「金 は 流 動 物 で あ る 」(e.g.ノZoz〃ofmone弘 assets)と. π6θz∫ 〃gofforeign. も言 うべ き認 識 が そ こ に 反 映 さ れ て い る こ と は 言 う ま で も な い 。. (3)Morpheus:Idon'tknowifyou'rereadytoseewhatIwanttoshow you,butunfortunatelyyouandIhave7%〃outoftime. 一. 2.3.英. 語 動 詞runの. 映 画7'加1吻'7♂. κ<00:13:46>(イ. 多義 性 の メ カ ニ ズ ム. 本 稿 の 主 た る 目的 は ル ー マ ニ ア 語 動 詞alergafugi,curge,conduceと runそ. タ リ ッ ク 筆 者). れ ぞ れ の 多 義 性 の メ カ ニ ズ ム を 比 較/対. 英語動詞. 照 す る こ と に よ って 、 そ の基 底 に存. 在 す る 両 母 語 話 者 の 言 語 文 化 認 識 に 光 を 当 て る こ と で あ り、 紙 面 の 都 合 も あ っ て 、 runに. お け る こ れ 以 上 の 派 生 義 の 概 念 的 観 察 は 行 な わ な い 。 しか しな が ら 、 こ れ ま. で の 考 察 に よ り、runの. 多 義 性 を 生 む 背 景 に は 「動 力 源 」 と い う概 念 が そ の 中核 に. 一100一. (207).

(20) ル ー マニ ア語 動 詞 θ1θrgθ,ねgω αrgθ,ooαduoθ と英 語 動詞ruη との 概 念 比 較研 究. 森山. 関 与 し て い る 可 能 性 が 極 め て 高 い こ と が 明 ら か と な っ た 。 少 な く と も 、2.1.の (2),(4)そ. れ ぞ れ で 見 ら れ た 「線 状 の も の;線. ず ス ル ス ル と(な. め らか に 連 続 的 に)動. 概 念 的 相 違 、 お よ び 、runが. 状 の 動 き」、 「あ る 方 向 に 途 切 れ. く」 とす る 見 方 よ り も、 他 の 移 動 動 詞 と の. 多 義 性 を生 む メ カ ニ ズ ム に対 して 一 定 の 妥 当 的 説 明 を. 与 え る こ とが で き る と考 え られ る 。 そ こ で 、 こ れ ま で の 考 察 を 以 下(1)に ま とめ 、 ル ー マ ニ ア 語alerga,fugi,curge,conduceと. 簡潔 に. の 概 念 的 比 較 を次 の 章 に譲 る. こ と に す る17。. (1)辮 一 レ[「動 力 源 」 の 発 達]一 モ ー タ ー が 回 る;動 一[水. く→(車. ・列 車 が)走. 行す る. 源 を動 力 源 と し た 流 動 事 象 の 概 念 化]♪(川 の 水 が)流 [TIMEISARIVERメ. れる一. タ フ ァ ー を通 した 比 喩 化]♪(時 が)流. れる. [或 る 動 力 源 を基 に し た 流 動 事 象 の 「容 器 一 内 容 物 」 の 認 識] [レ 鼻 水 が 流 れ る 、 お 金 が 尽 き る(runoutof)等 [乗 り手 の前 景 化;行. 3.ル. 為 者 が 主 体 と な っ て そ の 会 社 を動 か す]+運. ー マ ニ ア 語 動 詞alerga,fugi,curge,conduce各. 営す る. 々の概 念. 一現 地 学 術 調 査 を通 して 一 3.1.ル. ー マ ニ ア 語 動 詞alergaとfugiと. 以 下(1)の 詞runの. の概念的相違. 第 一 定 義 に 示 さ れ る よ う に 、 ル ー マ ニ ア 語alergaの. 概 念 は英 語 動. そ れ に 相 当 す る と考 え られ る 。. (1)1.o乙1.torun,torace. 2.(α. 〃zα〃6z)todrive.. 豆.刀 乙1.torun,torace. 2.(α. ∫697励. のtomakehaste;torush;α. sαz4for;tohuntfor;α. ∼(鋤. ρdtorunafter. ∼1)ガ6ガoα7616torunasfastasyourlegs. WillCarryyOU. -DERRE(S. (208). 一99一. .V.alerga)(下. 線 筆 者).

(21) 文学 ・芸 術 ・文 化/第24巻. そ し て 、 次 の(2)に. 第1号2012.9. 見 ら れ る よ う に 、 alergaは. 人 間以 外 の 有 生 物 を行 為 者 とす る. 事 象 表 示 に も用 い られ る 。. (2)Camodatalatreisaptamani,caidetreiani aboutonce/everyatthreeweekshorsesofthreeyears saumaibatraniαZeαrgd↑ncursem首surandu-§iputerea. ormoreoldruninracesmeasuring/matchingtheirpower →. 英 語 訳(意. 訳):Abouteverythreeweeks. ,three-yearsorolder. horses7%〃inracesmatchingtheirpower.. 他 方 、 こ こ で ま ず 問 題 と な る の が 、 ル ー マ ニ ア 語 動 詞fugiと る 。 な ぜ な ら 、 下 記(3)に. 示 さ れ る よ う に 、fugiの. の概念 的相違 であ. 第 一 定 義 も 英 語 動 詞runと. し て 規 定 さ れ る こ とが 多 い か ら で あ る 。. (3)拡. 1.torun,torace. 2.(α. ∫697(量 ∂のtorushalong.. 3.(or367吻9ガor)runaway. 4.(oz4czπ. θzフOl)toelope;α. 〃6∂〃〃/6α4勿1)z4多. ∼ ゴ6toflee(from),toshun;α. ∼cα. 〃〃. αをtorunforone'slife;totearalong;吻9ゴ46一. 厩c∫!(夢 峨9.)getalong(withyou)1(〃%∫6ρo傭)impossible1 -1)E丑. さ ら に 、 以 下(4a-e). 丑E(s. .v.fugi)(下. 線 筆 者). に 示 さ れ る よ う に 、fugiは 多 様 な 意 味 用 法 を 持 つ 語 と し て. 知 られ て い る 。. (4)a.Elpoate. α16㎎ αmairepededecatprieteniilui.. ノ勿9ゴ. hecan → 英 語 訳. runmorefastthanhisfriends Hecan7z4〃fasterthanhisfriends.. 一98一. (209).

(22) ル ー マ ニ ア 語 動 詞 θ1θ 屠 θ,ねg1,0αrgθ,ooαduoθ. b.Motorulhibrid*σ16σ. と 英 語 動 詞ruη. との 概 念 比 較研 究. 森山. 怨dmairepede. ノ勿9θ. themotorhybridrunsmorefast →. 英 語 訳:Thyhybridmotor鰯. 〃∫faster. c.Nouama§in首*α16α. .. 名φcuovitez首de300dekilometri.. ノ諺96 thenewcarrunswithaspeedof3000fkilometers →. 英 語 訳:Thenewcar7観swiththespeedof300kilemeters. .. d.Piatra*α16即'dintr-odat首lavale. α吻 μ therockranofaoncetovalley →. 英 語 訳:Therock7伽intothevalleysuddenly. .. e.Gandulmeu↑ntotdeaunaI*α16σ. 堰dspretine.. 伽9θ thoughtmyalwaysrunstowardsyou →. 英 語 訳:Mythoughtalways7襯. ∫toyou. 筆 者 が 知 る 限 り、 ル ー マ ニ ア 語fugiの runと. .. 多 義性 の メカニ ズ ム につい て、英 語動 詞. の 概 念 比 較 も 交 え な が ら、 意 味 論 さ ら に は 認 知 言 語 学 的 観 点 か ら分 析 した 先. 行 研 究 は 存 在 し て い な い 。 しか し な が ら、 上 記(4a-e)に 並 べ て 、2.3.の(1)で. 観 察 した 多 義 性 の メ カ ニ ズ ム に 還 元 す る 形 で 捉 え る こ. とが で き る 。 そ し て 、alergaと. の概 念 的 相 違 につ い て は、 今 回の 現 地 学術 調査 にお. け る ル ー マ ニ ア 語 母 語 話 者 の イ ン フ ォ ー マ ン ト(以 フ ォ ー マ ン ト」 と記 載)か. (5)「Fugi,alergaい. ら、 次 の(5)の. ず れ もが. が 、Gandulmeu↑ntotdeaunaノ. (210). 下 、 単 に 「ル ー マ ニ ア 語 イ ン. よ う な主 旨 の 回答 が 得 られ た 。. 『 動 力 源 』 概 念 を 持 っ て い る 。Nouama§ina吻. cuovitezade300dekilometri.(=上. やmotivationな. 見 られ る 語 法 は 、押 し. 記(4c))で 勿g6spretine.(=上. 即. は エ ン ジ ンや モ ー タ ー 記(4e))で. は 、love. ど が そ の 動 力 源 と な っ て い る と考 え ら れ る 。 し か し な が. 一97一.

(23) 文学 ・芸術 ・文化/第24巻. ら、fugiに 対 して 、alergaは. 第1号/2012.9. ど ち ら か と 言 え ば 、 本 来 は 英 語 動 詞rushに. 見 ら れ る よ う な 「急 激 な 速 度 』 を 伴 っ た 走 行 を 表 し て い る よ う に 感 じ ら れ る 。」19.  . こ れ は 、 た と え ば 音 楽 用 語 の"allegroassai"が allegroと.  .  . 「極 め て 速. く」 を 意 味 す る よ う に 、. 概 念 的 に 並 行 す る が 、 そ れ だ け で は 一 見 、 説 明 が つ か な い よ う な 事 例. 存 在 す る 。 下 記(6a-d)が. そ の 実 例 で あ る 。. (6)a.Elpoatesaα1醐g6mairepededecattine. ノ勿gd hecantorunmorefastthanyou →. 英 語 訳:Hecan7襯fasterthanyou. b.Acestcalpoateα. . 勉gαmairepededecatalti.. ノ卿 thishorsecanrunmorefastthanothers →. 英 語 訳:Thishorsecan7観fasterthanothers. c.Acestmotorpoate*α1θ. .. πgαmairepededecataltele.. ノ卿 thismotorcanrunmorefastthanothers →. 英 語 訳:Thismotorcan7%〃morefastthanothers. d.Aceast首ma§in首poate*α16㎎. . αmairepededecataltele.. ノ卿 thiscarcanrunmorefastthanothers →. し か し な が 回 答 に 大. 英 語 訳:Thiscarcan7襯fasterthanothers. ら 、 上 記(6a-d)の. 語 用 の 差. .. を 生 む メ カ ニ ズ ム は 、 実 は 上 出(5)の. き く 関 っ て い る と考 え られ る 。. 一96一. (211). も.

(24) ル ー マニ ア語 動 詞 θ1θrgθ,ねgω αrgθ,ooαduoθ と英 語 動詞ruη との 概 念 比 較研 究. ま ず 、 こ こ か ら得 ら れ る こ と は 、 以 下(7)で. (7)文. あ る。. 法 相 と しての 主 語 に現 れ る名 詞 句 の指 示 物 が a.[+ANIMATE]の. 意 味 要 素 を 包 含 す る 場 合 、alergaが. b.[±ANIMATE]の. 意 味 要 素 を 包 含 す る 場 合 、fugiが 用 い ら れ る 。. 次 に 得 られ る こ と は 、 下 記(8)で. (8)共. 森山. 通 して. 用 い られ る。. あ る。. 「動 力 源 」 概 念 を 包 含 し て い る も の の 、 語 彙 相 と し て. a.[+HASTE]を 合 、alergaが. 生 み 出 す. 「足 の 動 き;足. の 回 転 」 が 強 く意 識 さ れ る 場. 用 い られ る。. b.「 足 の 動 き;足. の 回 転 」 が 漂 泊 化 さ れ た 結 果 、 「一 定 の 速 い 速 度 」 が 強. く 意 識 さ れ る 場 合 、fugiが. 用 い ら れ る。 事 実 、 後 述 す る. に つ い て 、"Timpul伽g6repede."(英 も 、"*Timpul伽gdncet"(英. 語 訳:Time7%〃 語 訳:Time7観3slowly.)と. い 。 正 し く は 、"Timpul'7666↑ncet"(英. 語 訳:Timeρ. 「時 の 経 過 」. ∫fast)と. 言 えて. は表 現 され な α∬63slowl弘)で. あ る 。. こ の言 語 事 実 につ い て、 認 知 言 語 学 にお け る カ テ ゴ リー化 理 論 の 観 点 か ら英 語 動 詞 runと. の 概 念 的 比 較/対. alergaが. 照 を 行 う と 、runの. プ ロ トタ イ プ 的 意 味 を 表 す 場 合 は. 、 そ の 中 核 か ら生 じた 周 辺 的 な 意 味 を 表 す 場 合 はfugiが. れ る 。 換 言 す れ ば 、runの. 多 義 性 の カ テ ゴ リ ー に お け る プ ロ ト タ イ プ 拡 張 に相 当 す. る 意 味 変 化 を 起 こ す に はalergaで にalergaとfugiと. 現 れ る と考 え ら. は な くfugiで. な けれ ば な ら な い、 ま た 、 そ れ 故. の 意 味 論 的 役 割 分 担 が 生 じ て い る 理 由 が 存 在 して い る は ず で あ. る 。 結 果 か ら言 え ば 、 こ れ は 両 語 が 包 含 す る 「意 味 素 性 量 の 差 」 に 収 束 す る 。 一 般 的 に 、 多 義 性 を生 じ させ る語 の 中 核 に は よ り プ リ ミテ ィ ブ な概 念 が 据 え られ て お り、 不 変 化 詞 に お い て もup-downな. どが 多 くの 派 生 義 を 持 つ 理 由 も そ れ に 由 来 す. る(c五LakoffandJohnson(1999:46-59))。 は 後 者 のfugiと. (212). こ の 見 地 に 立 脚 す る と 、 前 者 のalerga. 比 較 して 、[+HASTE]を. 生 み 出す. 一95一. 「足 の 動 き;足. の 回転 」 と も言.

(25) 文学 ・芸 術 ・文 化/第24巻. 第1号2012.9. うべ き意 味 素 性 を よ り多 く持 つ の だ か ら、 そ の 分 、 必 然 的 に 意 味 変 化 に 制 約 が か か る こ と に な る 。 こ れ は 、 英 語 に お い て も基 本 動 詞 と呼 ば れ る 各 々 の 動 詞 が 多 義 性 を 持 つ 事 実 か ら も 明 らか で あ り、 さ ら に 英 語 前 置 詞 に お い て もbyが. 多様 な意味用法. を 持 つ の に 対 し、besideが. そ の 限 りで は な い 理 由 と並 行 す る(cf高. 原. こ の よ う に 、 基 本 レベ ル カ テ ゴ リ ー と して の 「走 行 」 を. 他(2010:148-173))。. 表 す 動 詞 と し て ル ー マ ニ ア 語 で はalergaとfugiの2種. 橋 ・田 保 ・藤. 類 が 存 在 して い た が 故 に 、. 各 々 が 包 含 す る 意 味 素 性 の 差 が 上 記(7)一(8)に. 見 られ る 意 味 論 的 役 割 分 担 を. 引 き起 こ し た と考 え ら れ る の で あ る 。. 3.2.ル. ー マ ニ ア 語 動 詞conduceと. 2.2.2.1.の(6)(以. の概 念 的 相 違. 下 、(1)と. し て 再 掲)で. は 、 英 語 動 詞 句"㎜acompanゾ. に 相 当 す る 事 象 表 示 と し て 、 ル ー マ ニ ア 語 で は"conduceocompanie"が. 用 い られ. る こ とを観 察 した。. (1)Maintrebdacasalaspecinevasaco〃4%cdcompani乱15 myself(1)wonderwhetherIletonsomeoneIdrivethecompany →. 英 語 訳:IamwonderingwhetherIletsomeone7朋acompany. ル ー マ ニ ア 語 動 詞conduce[kendjU:t∫e]の. .. 起 源 は ラ テ ン 語ooκ 砺cθ78に. 遡 り、 英. 語 動 詞 で は 自 動 詞 形conduceお. よ び 他 動 詞 形conductの. 概 念 に通 ず る と考 え られ. る(c五DER(s.v.conduce))。. つ ま り 、 下 記(2a-b)に. 示 され る よ う に、 ル ー マ. ニ ア 語 動 詞conduceは[cON-+砺c676]と. い う形 態 素 の加 算 で捉 え られ る の だ か. ら 、 「対 象 物 を 同 伴 し た 形 で 引 く → 牽 引 す る;引. (2)a.◆MEoo%伽oθ(〃)□Lco〃. 率 す る 」 と い う概 念 で 捉 え られ る 。. 砺c67θtobringtogether乙CON-+砺6676. tolead(・>DUCT) b.◆ME60π. 伽6'co忽. 纏(i)□(0)F60π4纏. co〃40πo/Sp.60η4zκ'o/Prov.60〃4zκ ロ(0)Fcoπ4%髭. くVL*oo〃4〃6如(窺)(lt. 一94一. くL60〃. 伽6孟 〃挽(lt. 乃)ムco/z4zZcε7ε(↑)//(ii) .60〃40あ. α/Sp.60〃. ♂〃砿 α). (213).

(26) ル ー マニ ア語 動 詞 θ1θrgθ,ねgω αrgθ,ooαduoθ と英 語 動詞ruη との 概 念 比 較研 究. 一Lco%伽c676. .◇coNDuITと. 二 重 語.OFの2つ. 森山. の 名 詞 の 区 別 は フ. ラ ン ス 語 で は そ の ま ま 残 っ て い る が 、 英 語 で は 語 尾 の 一eが 消 失 し た た め 、MEの. 問 に 融 合 し た(cfcoNQuEsT).15Cに. と 同 様 、 ラ テ ン 語 に な ら いCを. は フ ラ ンス 語. 挿 入 し たCO〃4π 癖,00κ. 伽 魏8の. な 形 も 用 い ら れ た が 、 こ の 時 期 に ラ テ ン 語 式 のooπ 伽6'(ε)も. よ う. 成 さ れ 、16Cに. は こ れ が 標 準 形 と し て 確 立 し た. -1(DEE(s. し た が っ て 、 上 出(1)が. 表 す 事 象 で は 「会 社(厳. す る 」 概 念 が 表 さ れ て い る 点 で 英 語manageと 「リ ー ドす る;引. 再構. .v.conduce,conduct). 密 に は 組 織)を. 牽 引 す る;引. 率. は 異 な り、 か つ 、 当 事 者 が ま さ に. っ ぱ っ て い く」 主 体 と し て 前 景 化 さ れ る 。. た だ 、 次 の(3)に. 示 さ れ る よ う に 、 英 語 動 詞runと. が 走 る 」 事 象 に はconduceは. は 異 な り、 た だ 単 に 「馬. 用 い られ ない 。. (3)Acestcalpoateσ16㎎o・mairepededecataltL ノ勿9∫ *60π4π66. thishorsecanrunmorefastthanothers →. 英 語 訳:Thishorsecanノ. 一 方 で 、 以 下(4)が. (4)Calul60〃4zκ. 観fasterthanothers. 表 す 事 象 にconduceを. .. 用 い る と 自然 な文 と見 な され る。. εc首ru㌻aspregrajdinfiecarezi.. Thehorseleadsthecarriageto/towardbarnyardineveryday →. 英 語 訳:Thehorse1印4∫thecarriageto/towardthebarnyard. everyday.. こ う した 容 認 度 の 差 は 、 偏 にconduceが. 包 含 す る 「牽 引 す る;引. 率す る」概念 に. 遡 及 す る が 、 こ こ で 見 逃 し て は な ら な い 事 実 は 上 述 し た 「リ ー ドす る;引. (214). 一93一. っ ぱ って.

(27) 文学 ・芸 術 ・文 化/第24巻. 第1号2012.9. い く」 主 体 が 前 景 化 さ れ る 認 識 で あ る 。 上 記(4)で. 言 え ば 、 状 況 か ら考 え て. 「馬 」 そ の も の が 自分 の 意 志 で 当 該 行 為 を 行 な っ て い る と は 考 え 難 い 。 む し ろ 、 そ の 「乗 り手 」 も し く は 「馬 を 操 る 人 間 」 が 言 外 に 示 唆 さ れ て い る 。 こ の 「車 両 を 牽 引 す る 馬 の 操 作 者 」 概 念 が 、 ま さ に 、 次 の(5)に て の"drive"概. 示 さ れ る 「乗 物 の 乗 り手 」 と し. 念 に 発 達 した と考 え ら れ る の で あ る 。. (5)Ellntotdeaunaco屈. 〃c6ma§inanep首s首tor.. healwaysdrivesthecarrecklessly →. 英 語 訳:Healways4蜘. こ こ に 、2.2.2.1.で い うrunの. θ∫thecarrecklessly. .. 観 察 した 「行 為 者 が 主 体 と な っ て そ の 会 社 を 動 か す 」 と. 「運 営 」 認 識 と 前 出(1)に. お け る 「運 営 」 認 識 と が ク ロ ス ・オ ー. バ ーす る こ とに な るの で あ る。. 3.3.ル. ー マ ニ ア 語 動 詞curgeと. ル ー マ ニ ア 語 動 詞fugiの. の概 念 的相 違. 多 義 性 に つ い て 、 こ こで ま だ大 き な問 題 が 一 つ 残 され. て い る 。 そ れ は 「川 の 流 れ 」 に 言 及 す る 場 合 、fugiは あ る 。 以 下(1)が. 用 い られ ない 、 とい う こ とで. そ の実 例 で あ る。. (1)Nu§tiudeceapa6%㎎6repede↑nunelerauri§iin *ル96. notknowofwhatwaterrunsfastinsomeriverandin. altelenu. othersnot →. 英 語 訳:Idonotknowwhywater7%〃. ∫fastinsomeriversbutdoes. notinothers.. ま た 、2.2.2.2.で 事 象 に お い て も 、fugiを. 観 察 し た よ う に 、TIMEISARIvERメ. タ フ ァー を 通 した 写 像. 用 い る と 依 然 と し て 不 自 然 な 表 現 と し て 見 な さ れ る20。. 一92一. 次. (215).

(28) ル ー マニ ア語 動 詞 θ1θrgθ,ねgω αrgθ,ooαduoθ と英 語 動詞ruη との 概 念 比 較研 究. の(2)が. 森山. その 実 例 で あ る。. (2)Nu§tiudecetimpull6〃. ㎎ θrepedeTnunelecazuri 吻96. notknowofwhattimerunsfastinsomecases. §i↑naltelenu. andinothersnot →. 英 語 訳:Idonotknowwhytime耀. 〃3fastinsomecasesbutdoes. notinothers.. 3.1.の(7b)に [±ANIMATE]い. お い て は 「文 法 相 と し て の 主 語 に 現 れ る 名 詞 句 の 指 示 物 が ず れ の 意 味 要 素 を 包 含 す る 場 合 で も、fugiが. 語 法 が 導 か れ た が 、 上 出(1)一(2)に. は 当 て は ま ら ず 、 英 語 動 詞flowに. す るcurge(cfDERRE(s.v.curge))が 点 で も英 語 動 詞runと. 用 い られ る」 とい う. よ り自然 な表 現 と して見 な され る。 この. の 概 念 的 差 異 が 生 じて い る 。. こ こ で 非 常 に 興 味 深 い 事 実 が 存 在 す る 。 上 記(1)一(2)そ に 相 当 す る 下 記(3a-b)の. 相当. れぞれの事象表示. ス ペ イ ン語 事 例 を見 て み よ う 。. (3)a.Nos6porqueelagua. 607名 召. rapidoenalgunosriosperonoenotros. *ノ勿6. b.Nos6porqueeltiempo. COノア6. rapidoenalgしmoscasosperonoenot【. ℃s. *物y6. 同 じ ラ テ ン 語 由 来 言 語 で あ っ て も 、 た と え ば 上 記 の ス ペ イ ン 語 実 例 に お い て は 、 「川 /時. の 流 れ 」 に 言 及 す る 場 合 、 英 語 動 詞runに. 且owに. 相 当 す る 且uirは 用 い ら れ な い 。 ス ペ イ ン 語correrお. は 共 に そ の 起 源 を ラ テ ン 語oπ 耀z6に やcourseと (s.v.course))。. (216). 相 当 す るcorrerが. 用 い られ 、 通 常 、. よ び ル ー マ ニ ア 語curge. 持 ち 、(品 詞 は 異 な る も の の)現. 代 英 語current. 同 様 の 概 念 を 包 含 し て い る と 推 定 さ れ る(cf1)ER(s.v.curga)、1(DEE そ し て 、 こ う し たcur一. やcour一. 一91一. と い う ス ペ リ ン グ を持 つ 語 の 多 く は.

(29) 文学 ・芸 術 ・文 化/第24巻. (英 語 に お い て も)"tORUN"の 他(2006:692-737))。 やfugiと. 概 念 を 包 含 す る こ と は広 く知 られ て い る(上. 野 ・森 山. しか し な が ら、 す で に 観 察 し た よ う に 、 ル ー マ ニ ア 語 で はalerga. い っ た 走 行 動 詞 が 存 在 して い た が 故 に 、 そ れ ら と の 意 味 競 合 に よ っ てcurge. は 本 来 の"tORUN"の. 「物 理 的 走 行 」 事 象 表 示 の 力 を失 っ て い っ た の で は な い か 、 つ. ま り、 上 述 し た よ う に 、 こ れ がcurgeを (cfDERRE(sv.curge))主 用 で き る)ル 詞nowに. 第1号2012.9. 英 語 動 詞 且owと. して規 定 す る場 合 が 多 い. た る 理 由 で は な い か と考 え られ る(事. 実 、(英 語 を 運. ー マ ニ ア 語 イ ン フ ォ ー マ ン ト は 「ル ー マ ニ ア 語 動 詞curgeは. 英語 動. 相 当 す る 」 と 回 答 す る こ と が 多 か っ た)。 し か し な が ら 、 概 念 の 遷 移 が. あ っ た と して も、 そ の 意 味 変 化 を 生 じ させ る 元 々 の ト リ ガ ー に は 原 義 概 念(「 動 力 源 」 概 念)が. 大 き く関 っ て い た は ず で あ る 。 逆 に 言 え ば 、 意 味 競 合 に よ っ て 原 義 概. 念 が 消 失 し て し ま っ た も の の 、 そ れ を 基 に 現 代 ル ー マ ニ ア 語 動 詞curgeの (本 来 は 派 生 義)の curgeの (1)で. 意味. 多 く を 生 み 出 し た は ず で あ る21。 つ ま り、 現 代 ル ー マ ニ ア 語. 中 核 に は 以 下(4)の. 概 念 遷 移 の 流 れ が 存 在 して い る か ら こそ 、 前 出. は 「川 の 流 れ 」 事 象 表 示 に 、 そ し て(2)で. はTIMEISARIVERメ. タ フ ァー. を 通 し て 「時 の 流 れ 」 事 象 表 示 に 用 い られ る と考 え られ る の で あ る 。. (4)curgeの. 職. 概 念 遷 移. 念:「 動告. 論 、 「 経路 幅. 認灘. つく内容物の移. 動」概念. さ ら に 、 こ の 捉 え 方 の 妥 当 性 は 、2.3.の(1)(以. 下 、(5)と. し て 再 掲)に. お け る 多 義 性 の メ カ ニ ズ ム の 妥 当 性 と も結 び つ く。. 一90一. (217).

(30) ル ー マ ニ ア 語 動 詞 θ1θrgθ,fし1gω αrgθ,ooαduoθ. 一. (5)足. と 英 語 動 詞ruη. との 概 念 比 較研 究. 森山. の 回転 を動 力 源 と して人 が 走 る1. レ[「動 力 源 」 の 発 達] モ ー タ ー が 回 る;動. く→(車. ・列 車 が)走. 行す る. [水 源 を動 力 源 と し た 流 動 事 象 の 概 念 化]》(川 の 水 が)流 [TIMEISARIVERメ. れる. タ フ ァ ー を通 した 比 喩 化]う(時 が)流. れる. [或 る 動 力 源 を基 に し た 流 動 事 象 の 「容 器 一 内 容 物 」 の 認 識] う 鼻 水 が 流 れ る 、 お 金 が 尽 き る(runoutof)等 [乗 り手 の前 景 化;行. 上 記(5)で. 為 者 が 主 体 と な っ て そ の 会 社 を動 か す]㍗ 運 営 す る. は 、 「川 の 流 れ 」 の 認 識 がTIMEISARIvERメ. タ フ ァ ー を 通 して 「時 の. 流 れ 」 の 認 識 に 写 像 さ れ る 一 方 、 「容 器 一 内 容 物 」 の 認 識 を 通 し て 「鼻 水 が 流 れ る 」 な ど の 事 象 表 示 に 転 化 され る こ と を 観 察 した 。 この 多 義 性 の メ カ ニ ズ ム が 「人 間 言 語 文 化 」、 す な わ ち 、 国 ・民 族 は 変 わ れ ど も 「人 間 」 とい う同 じ生 物 と して 外 界 を 同 じ よ う に 眺 め て い る 言 語 文 化 に 基 づ くモ ノ で あ る と す る な ら ば 、 「川 の 流 れ 」 の 事 象 表 示 に 用 い ら れ るcurgeも. 、 同 様 の 転 化 プ ロ セ ス を 通 し て 「鼻 水 が 流. れ る 」 な ど の 意 を 表 示 す る に 至 ら な け れ ば な ら な い 。 結 果 、 下 記(6)に. 見 られ る. よ う な 意 味 用 法 に 行 き着 く こ と に な る 。. (6)甑1.(1,11,19)toflow,torun*(-nn-);c語eαZ(量8α zo乃o乃. 診ro6`η,e伽Z8(覚c麗. α31eftthetaprunning?如o万. 〃z∫6露cz〃g6α. 〃 ρ60∂. ㎎:(第9. 名αzthe. tearsrandownhercheeks. 2.(紘z4πzフ 3.(ゴ.'伽. α36'6.)(1,19)toleak. ρ)(1,19)topass. 一. 」DRE(s. .v.curge)(下. 線 筆 者)22. た だ 、 こ こ で 依 然 と し て 問 題 が 一 つ 取 り残 さ れ た ま ま と な っ て い る 。 そ れ は 、 上 述 の 経 緯 が あ る に せ よ、 な ぜfugiもcurgeの. (218). 一89一. よ う に 「川 の 流 れ 」 の 事 象 表 示 に 用 い.

Updating...

参照

関連した話題 :