夢ある未来のお手伝い! 親近バンク これからも一層 地元中小企業育成 地域経済の活性化を目指してまいります 地域のお客さまからお預かりした大切なご預金や出資金を 地域で資金を必要としておられるお客さまへ ご融資することで 事業や生活の繁栄を金融サービスの側面からサポートしています 今後も お客さまの

全文

(1)
(2)

平成 29 年 9 月末 平成 29 年 3 月末

141,943

89,473

225,255

88,301

136,954

150,000 200,000 100,000 50,000

231,416

0

■ 貸出金残高の推移

 ( 資金使途別の残高 )

■ 預かり資産の推移

0 平成 29 年 9 月末 平成 29 年 3 月末

43,162

33,618

44,168

33,969

435 15,000 20,000 25,000 10,000 5,000

・コア業務純益とは貸出金や預金など金融機関の

本来業務で得られる利益を示すものです。

・経常利益とは、金融機関の経常的な営業活動の

成果を示すものです。

・左記の数値については、監査法人による監査を

受けておりません。

コア業務純益

( 金額単位 : 百万円 )

業 務 純 益

経 常 利 益

当期純利益

平成 28 年 9 月

平成 29 年 9 月

692

913

676

607

平成 29 年 9 月末 平成 29 年 3 月末

448,371

5,380

■ 預金・積金残高の推移

 ( 人格別の残高 )

300,000 400,000 200,000 100,000

107,705

335,074

163 212

440,529

91,121

335,486

13,759 0

これからも一層、地元中小企業育成、地域経済の活性化を目指してまいります

 地域のお客さまからお預かりした大切なご預金や出資金を、地域で資金を必要としておられるお客さまへ

ご融資することで、事業や生活の繁栄を金融サービスの側面からサポートしています。今後も「お客さまの

お役に立ちます。」

「地元と共に歩みます。」

「みんなで明るく楽しい職場をつくります。」を経営の基本方針と

して、地元の中小企業者や住民との強い絆とネットワークを形成し、地域経済の持続的発展に寄与できるよう

に努めてまいります。

地域のお客さま

会員のみなさま

神戸信用金庫

会員数:23,195 人

出資金:1,683 百万円

役職員数:385 人

店舗数:26 店舗

( 平成 29 年 9 月末 )

貸出金・支援活動・サービス

( 平成 29 年 9 月末 )

預金積金・出資金

 預金については法人取引先の事業性資金等の積み上げを積極的に推進したことで、平成 29 年 3 月末

比残高で 7,842 百万円増加しております。

 貸出金では事業性融資とともに、個人融資に対しても積極的に取り組んだことから、平成 29 年 3 月末

比残高で 6,161 百万円、月中平残で 5,082 百万円増加しております。

 預かり資産の残高については、投資信託はリート市場の低迷や株式市場の上昇による解約、個人

向け国債は償還等、生保年金等は満期やマイナス金利政策による商品の販売停止等の影響等により、

それぞれ減少しております。

本業の収益を示すコア業務純益は 630 百万円を計上しました。また、当期純利益は 644 百万円を計上しました。

平成 29 年度

上半期の業績を

ご報告いたします。

運転資金 設備資金 投資信託 個人向け国債 生保年金等 金融機関 公金 法人 個人 ( 金額単位 : 百万円 )

預金・貸出金などの状況 ( 残高の推移 )

上半期決算の状況

30,000 35,000 40,000

9,762

9,185

500,000 250,000

604

918

644

630

358

神戸信用金庫

神戸市中央区浪花町61番地

西多 弘行

(078)391-8011

本 店 所 在 地

電 話 番 号

当金庫の概要

夢ある未来のお手伝い ! 親近バンク

(3)

1,406 448 925 33 2,158 471 945 742 752 22 20 709 99,444 3,843 63,198 32,402 1,378 442 1,011 △76 2,124 468 1,084 572 745 25 72 648 29,906 31 749 ー 37 ー 787 ー 26,215 31 667 ー 696 ー 29 ー 88,314 3,505 50,228 34,580

5,747

1,465

2,624

1,656

220,605

226,353

2.53%

(金額単位:百万円) 金 融 再 生 法 上 の 不 良 債 権 破 産 更 生 債 権 及 びこれらに準 ずる債 権 危 険 債 権 要 管 理 債 権 正 常 債 権 合 計 うち損 うち益 うち損 うち益 うち損 子会社・関連会社株式 満期保有目的の債券 平成29年9月末 平成29年3月末 時 価 評価差額 評価差額 平成29年3月末 平成29年9月末 含み損益 帳簿価額 帳簿価額 含み損益 (金額単位:百万円) うち益 うち損 そ の 他 有 価 証 券 株 式 債 券 その他 時 価 うち益

区  分

平成29年3月末

平成29年9月末

1.「破産更生債権及びこれらに準ずる債権」とは、破産、会社更生、再生手続等の事由により経営破綻に陥っている債務者に対する債権及びこれらに準ずる債権です。 2.「危険債権」とは、債務者が経営破綻の状態には至っていないが、財政状態及び経営成績が悪化し、契約に従った債権の元本の回収及び利息の受取りが出来ない可能性の 高い債権です。 3.「要管理債権」とは、「3ヵ月以上延滞債権」及び「貸出条件緩和債権」に該当する貸出金をいいます。要管理債権には、DDSを実施した553百万円を含めております。 4.「正常債権」とは、債務者の財政状態及び経営成績に特に問題がない債権であり、「破産更生債権及びこれらに準ずる債権」、「危険債権」、「要管理債権」以外の債権をいい ます。上記開示債権には、時価評価を行った金融機関保証付私募債を含めております。 (注)

10,230

50,043

19,443

225,255

45,785

29,619

5,799

21,939

27,515

13,812

11,291

平成 29 年 9 月末

平成 29 年 3 月末

合       計

50,920

19,730

231,416

47,192

30,303

卸売・小売業

建設業

運輸・通信業

5,954

23,342

28,101

金融・保険業

その他

15,635

貸出金の業種別残高の内訳

個人

サービス業

不動産業

製造業

( 金額単位:百万円 ) 1.平成29年9月末の「評価差額」および「含み損益」は、平成29年9月末時点の取得原価(償却原価法適用後、減価償却後)と時価との差額を計上しております。 2.満期保有目的の債券、子会社・関連会社株式に係る含み損益状況は以下のとおりです。

●その他有価証券

●満期保有目的の債券および子会社・関連会社株式

金融再生法 ( 金融機能の再生のための緊急措置に関する法律 ) に基づく開示債権額は以下のとおりです。

当金庫は引き続き、より一層の資産の健全化に努めてまいります。

 平成 29 年 3 月末より、金融・保険業、運輸・通信業で残高が減少しておりますが、その他の業種並びに個人で

融資が増加し、全体として増加しております。

 なお、中小企業の皆さまからのお申込みに対しては、特定業種に偏ることなくご希望に沿えるよう積極的対応を

心がけて取り組んでおります。

お客さまからお預かりしている預金・積金の一部を有価証券でも運用しております。

平成 29 年 9 月末現在

貸出金の業種別残高の内訳

不良債権の状況

有価証券の時価情報

卸売・小売業 建設業 個人 サービス業 不動産業 製造業 50,920 19,730 47,192 30,303 運輸・通信業 金融・保険業 その他 15,635 10,230 5,954 23,342 28,101 (金額単位:百万円)

5,755

1,502

2,610

1,643

226,720

232,476

2.47%

不良債権比率

(4)

自己資本の状況

当金庫の自己資本比率は国内基準の 4%を大きく上回っております。

 自己資本比率とは、リスクのある資産に対して自己資本がどれくらいあるかを示す指標です。

新BIS規制に基づく自己資本比率は、下記のようになります。

新BIS規制による当金庫の自己資本比率は

13.01

%と国内基準の4%を大きく上回って

おります。

※自己資本比率の算出にあたって、当金庫は標準的手法を採用しております。

13.01%

12.81%

平成 29 年 9 月 平成 29 年 3 月 0

国内基準4

平成29年9月末の自己資本比率については、自己査定に基づいて、貸倒引当金処理を行った計数により算出しております。 ※本資料に掲載している計数は単位未満を切り捨てて表示しております。

■自己資本の充実度に関する事項(単体)

(注)1.所要自己資本の額=リスクアセット×4% 2.「エクスポージャー」とは、資産(派生商品取引によるものを除く)並びにオ フ・バランス取引及び派生商品取引の与信相当額等のことです。 3.「三月以上延滞等」とは、元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から3カ月 以上延滞している債務者に係るエクスポージャー及び「我が国の中央政府 及び中央銀行向け」から「法人等向け」(「国際決済銀行等向け」を除く) においてリスク・ウェイトが150%になったエクスポージャーのことです。 4.オペレーショナルリスクは、当金庫は基礎的手法を採用しています。 5.単体総所要自己資本額=単体自己資本比率の分母の額×4% (単位:百万円) イ.信用リスクアセット・所要自己資本の額の合計 ロ.オペレーショナル・リスク相当額を8%で除して得た額 ハ.単体総所要自己資本額(イ+ロ) 213,016 217,935 − − 60 − − 213 − − 2,153 29,672 68,252 36,145 4,915 33,466 1,300 17 7,542 9,943 24,250 − 94 ▲ 9,001 67 1 10,803 223,819 213,550 218,469 − − 60 − − 210 2,241 34,513 64,670 38,332 4,602 33,159 559 20 8,033 10,423 21,643 − 48 ▲ 9,001 41 1 10,803 224,353 8,520 8,717 − − 2 − − 8 86 1,186 2,730 1,445 196 1,338 52 0 301 397 970 − 3 ▲ 360 2 0 432 8,952 8,542 8,738 − − 2 − − 8 89 1,380 2,586 1,533 184 1,326 22 0 321 416 865 − 1 ▲ 360 1 0 432 8,974 ①標準的手法が適用されるポートフォリオごとのエクスポージャー ②証券化エクスポージャー ③複数の資産を裏付とする資産(所謂ファンド)のうち、個々の資産の把握が困難な資産 ④経過措置によりリスク・アセットの額に算入されるものの額 ⑤他の金融機関等の対象資本調達手段に係るエクスポージャーに係る経過措置によりリスク・アセットの額にされなかったものの額 ⑥CVAリスク相当額を8%で除して得た額 ⑦中央清算機関関連エクスポージャー 現金 我が国の中央政府及び中央銀行向け 外国の中央政府及び中央銀行向け 国際決済銀行等向け 我が国の地方公共団体向け 外国の中央政府等以外の公共部門向け 国際開発銀行向け 地方公共団体金融機関向け 我が国の政府関係機関向け 地方三公社向け 金融機関及び第一種金融商品取引業者向け 法人等向け 中小企業等向け及び個人向け 抵当権付住宅ローン 不動産取得等事業向け 三月以上延滞等 取立未済手形 信用保証協会等による保証付 出資等 上記以外 <オペレーショナル・リスク相当額(基礎的手法)」の算定方法> 粗利益(直近3年間のうち正の値の合計額)×15% 直近3年間のうち粗利益が正の値であった年数 平成29年3月末 所要自己資本額 リスク・アセット 項       目 リスク・アセット平成29年9月末所要自己資本額 ÷8% ※信用金庫法第89条第1項において準用する銀行法第14条の2の規定に基づき、信用金庫がその保有する資産等に照らし自己資本の充実の状況が適当かどうかを判断するために 金融庁長官が定める基準に係る算式に基づき算出しております。なお、当金庫は国内基準を採用しております。

■自己資本の構成に関する事項(単体)

(単位:百万円・%) リスク・アセット等 (3) 信用リスク・アセットの額の合計額 213,016 ▲ 8,907 78 ▲ 9,001 10,803 223,819 213,550 ▲ 8,952 35 ▲ 9,001 10,803 224,353 13.01% うち、経過措置によりリスク・アセットの額に算入される額の合計額 うち、他の金融機関等向けエクスポージャー うち、無形固定資産(のれん及びモーゲージ・サービシング・ライツに係るものを除く。) リ ナル・ し オペレーショ スク相当額の合計額を8パーセントで除 て得た額 リスク・アセット等の額の合計額 (ニ) 自己資本比率 自己資本比率((ハ)/(ニ)) 12.81% 平成29年3月末 経過措置による不算入額 平成29年9月末 経過措置による不算入額 普通出資又は非累積的永久優先出資に係る会員勘定の額 28,366 1,683 26,750 67 448 448 28,815 118 118 141 28,673 29,011 1,683 27,327 − 393 393 29,404 140 140 195 29,209 うち、出資金及び資本剰余金の額 うち、利益剰余金の額 うち、外部流出予定額(△) コア資本に係る基礎項目の額に算入される引当金の合計額 うち、一般貸倒引当金コア資本算入額 コア資本に係る基礎項目の額 (イ) コア資本に係る調整項目 (2) 無形固定資産(モーゲージ・サービシング・ライツに係るものを除く。)の額の合計額 78  78 35 うち、のれん及びモーゲージ・サービシング・ライツに係るもの以外の額 コア資本に係る調整項目の額 (ロ) 自己資本 自己資本の額((イ)−(ロ)) (ハ) コア資本に係る基礎項目(1) 項       目 35 前払年金費用の額 23 15 54 13

自己資本の充実の状況等について

(1)自己資本調達手段の概要 (2)自己資本の充実度に関する評価方法の概要 自己資本は、主にコア資本に係る基礎項目と調整項目で構成されています。平成29年9月末の自己資本額の内容は、当金庫が積み立てている積立金や地域のお客さまからお預りして いる出資金等が該当します。 自己資本の充実度に関しまして、国内基準である4%を上回っており、経営の健全性・安全性を十分保っております。また、当金庫は、各エクスポージャーが一分野に集中することなく、 リスク分散が図られており、繰延税金資産につきましても、自己資本に占める割合も0.64%と少なく、ほとんど依存しておりません。一方、将来の自己資本充実策については、年度ごとに 掲げる事業計画に基づいた業務推進を通じ、そこから得られる利益による資本の積み上げを第一義的な施策と考えております。 なお、事業計画については、貸出金計画に基づいた利息収入や 市場環境を踏まえた運用収益など、足元の状況を踏まえた上で策定されております。 − − − − − − − 3,106 124 3,211 128 13 15 うち、前払年金費用 − − −

(5)

こうべしんきんビジネスメッセの模様 神戸高専 南 政孝 先生による

「こうべしんきんビジネスメッセ2017」を平成29年9月7日(木)、8日(金)

の2日間、神戸国際展示場において開催しました。

 本メッセは「国際フロンティア産業メッセ 2 017」などの総合産業見本市

との同時開催で、当金庫の取引先等23社が参加され、出展者同士の交流や、

出展者の技術・製品発表の場として活用されました。

こうべしんきんビジネスメッセ2017の開催

第8回神金ものづくり活性化研究会オープンセミナーの開催

辺 真一 (ピョン・ジンイル)氏

神戸信金ビジネスクラブの活動

模擬店の様子 「高電圧発生回路」の紹介

信用金庫の日に献血・清掃活動を実施

 平成 29 年 6月15日(木)の信用金庫の日、地域の

皆さまに対する日頃のご愛顧の気持ちを伝えることを

目的として、各営業店周辺の清掃活動や、献血活動を

実施しました。

地域貢献活動

お取引先支援

ロボット工作教室の様子

こうべまつりへの参加

 平成29年8月11日(金・祝)、「レスキューロボットコンテスト」会場

(神戸サンボーホール)において「リモコンロボット」を作る工作教室を開催

しました。

 この工作教室は神戸高専の先生、生徒さんの協力を頂き、当日参加された子供

たちを対象にペットボトルで「リモコンロボット」をつくる体験をしていただ

きました。参加した子供たちはロボットの製作に夢中になって取り組んでいま

した。

 今年度の定時総会を平成29年7月21日(金)、ホテルオークラ神戸において

開催しました。

 総会終了後、西多理事長から当金庫の平成28年度決算および金庫の活動状況に

ついて説明があり、その後、

「コリア・レポート」編集長、ジャーナリスト 辺 真一(ピョ

ン・ジンイル) 氏による「韓国新政権下の朝鮮半島情勢」と題した講演会を開催、ビジ

ネスクラブ会員95名、総代38名、計133名が参加されました。

 平成29年6月7日(水)、「 第8回神金ものづくり活性化研究会オープンセ

ミナー 」を神戸市産業振興センターにおいて開催しました。

 当日は当金庫の佐野 正 技術顧問が「匠の技術を伝承する∼潜水艦に活かさ

れた見えざる技∼」と題した講演を実施、その後は神戸高専の学術講演会が行

われ名刺交換会を開催し、研究会会員と神戸高専の先生方との交流を図りまし

た。

神戸信金ロボット工作教室の開催

 平成29年5月21日(日)、「第47回神戸まつり」のメインフェスティバルが

三宮フラワーロード・旧居留地周辺で開催され、今年も地域貢献の一環として職員

組合主催により本店営業部北側ATM横にバラエティグッズ抽選会、スーパーボール

すくいの模擬店やフリーマーケットを出店しました。

献血活動の様子 ラジオ関西取材の様子

ラジオ関西の番組でお取引先を紹介

 今年度も引き続き地元メディアのラジオ関西と連携し、地域経済を支える中小

企業や個人事業主の方々への取材を行い、企業の歴史、事業内容や今後の展望、

地域への思い等を、毎週火曜日9:38∼「こうべしんきん三上公也の企業訪問」

で放送しております。

トピックス

TOPICS

清掃活動の様子

(6)

店舗一覧

本 店 営 業 部 北 野 法 人 営 業 部 東 灘 支 店 石 屋 川 支 店 西 灘 支 店 春 日 野 支 店 ポートアイランド支店 中 央 支 店 兵 庫 支 店 御 崎 支 店 西 鈴 蘭 台 支 店 長 田 支 店 西 神 戸 支 店 神 戸 市 中 央 区 浪 花 町 6 1 番 地 神戸市中央区山本通2丁目8-12-3階 神戸市東灘区甲南町2丁目7番10号 神戸市灘区記田町2丁目3番19号 神 戸 市 灘 区 水 道 筋 4 丁 目 2 番 1 号 神戸市中央区東雲通1丁目1番18号 神戸市中央区港島中町3丁目2番6 神戸市兵庫区水木通1丁目1番8号 神 戸 市 兵 庫 区 西 柳 原 町 5 番 7 号 神戸市兵庫区浜中町1丁目6番2号 神戸市北区南五葉2丁目1番35号 神戸市長田区長田町2丁目1番6号 神戸市長田区二葉町4丁目7番11号 〒650-0035 〒650-0003 〒658-0084 〒657-0034 〒657-0831 〒651-0079 〒650-0046 〒652-0802 〒652-0806 〒652-0875 〒651-1132 〒653-0812 〒653-0042 321-7711 222-2881 441-0221 841-2681 802-2031 251-1011 302-3711 511-2001 671-5924 681-6121 592-7001 621-6001 611-5001

店   名

住   所

電話番号

板 宿 支 店 月 見 山 支 店 須 磨 支 店 白 川 台 支 店 塩 屋 支 店 垂 水 支 店 学 園 都 市 支 店 西神ニュータウン支店 玉 津 支 店 朝 霧 支 店 西 明 石 支 店 魚 住 駅 前 支 店 魚 住 支 店 神戸市須磨区飛松町1丁目1番6号 神 戸 市 須 磨 区 北 町 1 丁 目 2 番 1 号 神戸市須磨区須磨浦通4丁目7番6号 神戸市須磨区白川台3丁目62番1号 神戸市垂水区塩屋町3丁目15番19号 神 戸 市 垂 水 区 日 向 2 丁 目 2 番 1 号 神戸市西区学園西町1丁目3番地の2 神 戸 市 西 区 糀 台 5 丁 目 6 番 1 号 神 戸 市 西 区 王 塚 台 7 丁 目 8 5 番 地 明 石 市 朝 霧 町 3 丁 目 1 5 番 1 0 号 明 石 市 明 南 町 1 丁 目 3 番 1 2 号 明石市魚住町錦が丘4丁目7番1号 明 石 市 魚 住 町 西 岡 1 3 4 7 番 6 号 〒654-0012 〒654-0064 〒654-0055 〒654-0103 〒655-0872 〒655-0893 〒651-2103 〒651-2273 〒651-2135 〒673-0866 〒673-0001 〒674-0081 〒674-0084 732-4411 731-2826 731-0634 793-0811 753-5555 707-4451 792-1731 991-1112 923-4001 913-5551 927-2617 947-4151 946-8001

店   名

住   所

電話番号

中小企業者等金融円滑化に関する取組状況について

(金融機関コード 1680)

サービスのご案内

※詳細については窓口にておたずねください

 平成 21 年 12 月 4 日に施行されました「中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律」( 中 小 企 業 者 等

金 融円滑化法)は、平成 25 年 3 月末をもって期限到来となっておりますが、法期限後もこれまでと変わらず、当金庫は地域の中小企業者

並びに住宅資金借入者のみなさまからのご相談に積極的かつ柔軟に対応し、できる限りみなさまのご要望に取り組んでまいります。

 なお、条件変更等の受付件数は前年同時期とほぼ横這い状態となっております。

貸付けの条件の変更等の申込みを受けた貸付債権【お客さまが中小企業者である場合】

件数(件) 金額(百万円) 件数(件) 金額(百万円)

貸付けの条件の変更等の申込みを受けた貸付債権

15,154

271,903

16,080

285,083

うち、信用保証協会等による債務保証を受けていた貸付債権

うち、実行に係る貸付債権

うち、審査中の貸付債権

貸付けの条件の変更等の申込みを受けた貸付債権【お客さまが住宅資金借入者である場合】

件数(件) 金額(百万円) 件数(件) 金額(百万円)

貸付けの条件の変更等の申込みを受けた貸付債権

138

2,157

143

2,243

うち、実行に係る貸付債権

うち、謝絶に係る貸付債権

うち、審査中の貸付債権

うち、取下げに係る貸付債権

うち、謝絶に係る貸付債権

うち、実行に係る貸付債権

平成29年9月累計

うち、審査中の貸付債権

うち、取下げに係る貸付債権

平成29年3月累計

うち、謝絶に係る貸付債権

うち、取下げに係る貸付債権

うち、信用保証協会等による債務保証を受けていなかった貸付債権

2,860

145,818

3,036

151,355

2,609

134,559

2,770

137,886

172

8,931

176

9,013

4

45

15

 2,173

75

2,282

75

2,282

12,294

126,084

13,044

133,728

10,908

111,117

11,657

118,722

808

9,611

813

9,673

47

384

27

235

531

4,971

547

5,096

96

98

1,485

25

515

26

529

0

0

2

28

17

199

17

199

投信インターネット

     サービス

サービス開始:平成 28 年 4 月 4 日から

外為インターネット

     サービス

1,441

平成29年9月累計 平成29年3月累計

サービス開始:平成 28 年10 月17 日から

簡単・便利でラクラク、

   快適なお取引を!

パソコンでラクラク、

  投資信託のお取引!

26 店舗 表紙デザイン:神戸芸術工科大学との産学連携協力に係る取組み       として、学生から「神戸ワールドと神戸信用金庫」を       コンセプトに提案されたデザインを採用しております。

Updating...

参照

Updating...