導入サポートマニュアル Poly Studio X30/X50 かんたんセットアップガイド Microsoft Teams モード変更編 2021 年 6 月 1 日第 1.3 版

全文

(1)

導入サポートマニュアル

Poly Studio X30/X50

かんたんセットアップガイド

Microsoft Teams モード変更編

2021 年 6 月 1 日 第 1.3 版

(2)

2

目次

はじめに ... 3

準備 ... 4

Microsoft アカウントの準備 ... 6

ライセンスの購入 ... 6

会議室アカウントの作成 ... 7

初期設定 ... 9

Poly Studio X30/X50の接続 ... 9

Poly Studio X30/X50の起動 ... 10

Web管理画面へのアクセス方法 ... 11

最新のOSに更新 ... 15

Microsoft Teams モードへの変更 ... 16

Microsoft Teams 設定 ... 18

Microsoft Teamsサインイン ... 18

コントローラーのペアリング(TC8) ... 21

コントローラーのペアリング(Bluetoothリモコン) ... 27

(3)

3

はじめに

本ガイドは、Poly Studio X30、X50 を Microsoft Teams モードでご利用いただくための設定を まとめたものです。前提条件は Poly Studio X Software 3.2-216122 以降となります。

詳細については、弊社サポートサイトで提供する以下ドキュメントをご参照ください。Poly

Partner Mode が該当ドキュメントとなります。

https://support.polycom.com/

Documents & Software > Telepresence & Video https://documents.polycom.com/

Telepresence & Video

更新履歴

バージョン 変更内容 日付 備考

初版 (1.0) - 2020622 Poly Studio X Software 3.1.1- 216122前提で作成

1.1 版 Microsoftルームアカウ

ントの作成手順を追加 2020717 2020年7月時点でのMicrosoft 様前提で作成

1.2 版 Poly OS Ver3.2.0-

222012の内容を反映 2020年9月11 Poly Studio X software 3.2前提で 作成

1.3 Poly OS Ver3.3.2-

286154の内容を反映 202161 Poly Studio X software 3.3.2前提 で作成

(4)

4

準備

設定用 PC の準備

Poly Studio X30、X50を Microsoft Teams モードに設定する為のPCをご用意く ださい。本体と接続可能なネットワークに接続できること、及び下記のブラウザ ーが要件となります。最新情報は Release Notes – Supported Browsers に記載 がありますので合わせてご確認ください。

- Google Chrome 46.0.2490.86 and later - Apple Safari 9 and later

- Mozilla Firefox 42.0 and later - Microsoft Edge 17 and later

コントローラー

Poly Studio X30、X50を Microsoft Teams モードとしてセットアップするには Microsoft

Teams を操作するためのコントローラーが必要です。コントローラーには、タッチコント

ローラー(Poly TC8)を含めて4つ選択肢があります。

- Bluetooth リモコン

- タッチコントローラー(Poly TC8) - タッチスクリーンモニター

- Poly Trio

(5)

5

ネットワーク環境

Poly Studio X30、X50を Microsoft Teams モードとしてセットアップするには下記のネッ トワーク環境が必要です。本体側にはインターネットに接続可能な有線LANが必要です。

固定で IP アドレスを設定する静的 IP アドレスも設定可能ですが、初期設定時にはDHCP サーバーが必須です。

- DHCP サーバー - DNS サーバー - NTP サーバー

また、このほかに Proxy サーバーや、Microsoft Teams 側で要求される UDP/TCPの要件 などがあります。詳しくは下記のドキュメントをご参照ください。

Microsoft Teams 用に組織のネットワークを準備する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/prepare-network

(6)

6

Microsoft アカウントの準備

Poly Studio X30、X50をMicrosoft Teamsモードで使用する場合、Microsoft 365テナント側で、

Microsoft ルームライセンスや会議室アカウントを事前に準備しておく必要があります。ルームラ

イセンスの購入方法や会議室アカウントの作成方法は、Microsoft の仕様に依存しますので、

Microsoftが提示する手順に従ってください。以下内容は2020年7月現在のMicrosoftが提示する

手順を元に参考情報として記載致します。

ライセンスの購入

Poly Studio X30、X50をMicrosoft Teamsモードで使用するには、Microsoftが提供するル ームライセンスを端末の台数分準備する必要があります。

ミーティングルームライセンスは、以下の方法で入手可能です

- Microsoft 365 管理センターから購入

- Microsoft ライセンスパートナーから購入

ミーティングルームライセンスの詳細につきましては、下記のドキュメントをご参照くだ さい

Teams ミーティングルームのライセンスの更新

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/rooms/rooms-licensing

(7)

7

会議室アカウントの作成

次に、Poly Studio X30、X50が使用する会議室アカウントを作成します。会議室アカウン

トは、以下の手順に従ってMicrosoft 365 管理センターで作成します。なお、アカウントを 作成する為には、管理者資格を有したアカウントでサインインする必要があります。

① Microsoft 365 管理センターにサインイン

② 左側パネルの「リソース」に移動して、「会議室」と「備品」を選択

③ 「リソースの追加」を選択して新しい会議室アカウントを作成

④ 必要に応じて、スケジュールオプションの設定を実施 - 会議の繰り返しを許可する

- 次の制限を超えて会議を自動的に辞退する - 会議出席依頼を自動承認する

⑤ 管理センターの「ユーザー」セクションに移動して「アクティブなユーザー」の 一覧に作成した会議室が表示されている事を確認

⑥ 任意のパスワードを設定

- 「自分でパスワードを作成する」を選択

- 「初回サインイン時にこのユーザーにパスワードの変更を要求する」(オフ に設定)

- 「パスワードをメールで送信」(オフに設定)

⑦ 「ライセンスとアプリ」セクションで、「ミーティングルーム」ライセンスを選 択

(8)

8

新規会議室アカウントの作成方法の詳細につきましては、下記のドキュメントをご参照く ださい

Microsoft 365管理センターを使用してMicrosoft 365 リソースアカウントを作成

する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/devices/resource-account-ui

また、運用に合わせて、追加のアカウント設定が必要な場合があります。代表的な設定と しては、以下の設定があります。

- パスワードの有効期限を無制限にする - メールの件名を表示

PowerShellコマンドを使う事でこれらの設定が可能です。PowerShellの使用方法、および

各コマンドについては、下記のドキュメントを参照して下さい。

個別のユーザーのパスワードを無制限に設定する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/admin/add-users/set-password-to-never- expire?view=o365-worldwide

設定 – CalendarProcessing

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/set- calendarprocessing?view=exchange-ps

(9)

9

初期設定

Poly Studio X30/X50の接続

各種セットアップドキュメントに従いケーブルを接続、本体を起動します。

Poly Studio X30

Poly Studio X50

注)Poly X30、X50Teams モードで利用する際は、以下の端子は使用できません

・HDMI入力

電源 モニター接続 (HDMI)

タッチモニター への接続 (USB)

ネットワーク

電源 モニター接

タッチモニター

への接続 (USB)

ネットワー

(10)

10

Poly Studio X30/X50の起動

電源投入後、システム起動中に、以下のPolyロゴが表示されます。

(11)

11

Web管理画面へのアクセス方法

管理画面へのアクセス方法が表示されます。Web管理画面へのアクセスには、IP Address

と Password が必要となるのでメモをお願いします。なお、マウスやタッチスクリーンな

どない場合、30秒でこの表示は消えます。

- IP Address: 本体に割り振られたIP Address - User Name: admin (固定値)

- Password: 6桁の英数字 (シリアル番号の下6桁)

デフォルトパスワードのメモを取り忘れた場合でもシリアル番号の下6桁を確認すること でサインイン可能です。PCのブラウザーからIPアドレスを使いWeb管理画面にアクセス します。

- https://本体の IP Address/

- 言語:日本語 - ユーザー名:admin

- パスワード: (シリアル番号の下6桁)

(12)

12

一般設定

次に、PCから画面上に表示されているデフォルトユーザー名とパスワードで本体にサイ ンインします。

新しいパスワード、新しいパスワードの確認で新規パスワードを入力、使用許諾契 約書への同意にチェックを入れ [次へ] を選択します。

(13)

13

システム言語で日本語を選択します。

なお、Ver3.1.1では本体は日本語となりますがTC8は英語のままでしたが、Ver3.2で

TC8側も日本語をサポート致しました。本体を日本語設定にする事で、TC8側も自動的に 日本語表示になります。

(14)

14

再起動後、Web管理画面に再度サインインします。

[一般設定] から [日時] を設定します。

- 日付形式: yyyy-mm-dd

- タイムゾーン:(GMT+9:00)大阪、札幌、東京

- 時間サーバー:自動または手動など。手動の場合NTP サーバーの情報を入力

[一般設定] から [システム設定] を選択します。

デバイス名を部屋の名前にする等、わかりやすい英数字のデバイス名に変更します。[ルー ム名] は Microsoft Teamsモードでは利用しません。

(15)

15

最新のOSに更新

次にデバイスに最新のOSが搭載されている事を確認します。

Web管理画面にアクセスして、[一般設定] から [デバイスの管理と更新] を選択します。

[アップデートのダウンロード元:] を [Polycom サポートサイト] にして、[アップデートを チェック] をクリックし、最新OSの有無をチェックします。最新版がある場合、[すべて をアップデート] します。

MicrosoftテナントのTeams管理センターからソフトウェアをアップデートする事も可能

です。[アップデートのダウンロード元:] で [Microsoft Teamsデバイス管理] を選択しま す。

Note:[Polycomサポートサイト]を選択すると、Poly OSの最新バージョンをダウンロー

ドする事ができます。[Microsoft Teamsデバイス管理]を選択するとMicrosoftに認定され

たPoly OSの最新バージョンをダウンロードします。

(16)

16

Microsoft Teams モードへの変更

Web 管理画面からMicrosoft Teams モードに変更します。

[一般設定]-[プロバイダ]からプロバイダの選択で Microsoft Teams を選択し、保存をクリッ クします。システムが初期化及び再起動します。

以下のメッセージが表示されますので、 を選択します。

Microsoft Teams モードに変更する為システムが再起動します

(17)

17

再起動後、言語設定画面が表示されますので、日本語を選択します。

以下の画面が表示されて、再度システムが再起動します。

Teamsモードに切り替わると、以下の画面が表示されます。

(18)

18

Microsoft Teams 設定

Microsoft Teamsサインイン

Microsoft Teams コラボレーションバーとして、Poly Studio X ファミリーを利用するに

は、Microsoft ミーティングルームライセンスが割り当てられたアカウントで端末にサイン

インする必要があります。

Microsoft Teamsコラボレーションバーの展開については、以下のドキュメントをご参照

ください。

Microsoft Teams のコラボレーションバーの展開

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/devices/collab-bar-deploy

操作

画面操作をする為に、USBマウスか、タッチモニターを使用する必要があります。

本体のUSBポートに接続するだけで設定なしで利用が可能です。準備ができたら、サイン インをタップします。

(19)

19

電子メールアドレスまたは電話番号にカーソルを合わせ選択するとソフトウェアキーボー ドが表示されます。

用意したPoly Studio X30、X50 用のTeams アカウントの電子メールアドレスを入力し、

次へを選択します。

指示に従い、アカウントのパスワードを入力して、「OK」を選択します。

(20)

20

Microsoft Teamsにサインインした後、Poly Studio X ファミリーがコラボレーションバー

として利用可能となります。

正常にサインインしたら、以下の画面が表示されます。

正常にサインインされない場合は、アカウントの設定に不備がある可能性がありますの で、アカウント設定を再度確認してください。

(21)

21

コントローラーのペアリング(TC8)

Poly OS Ver3.3.2(Teamsモード)から、本体とコントローラー(TC8)のペアリング方

法が変更になりました。これまでのバージョンでは、本体とコントローラー(TC8)をネ ットワーク経由で直接ペアリングしていましたが、本バージョンより、Microsoft Teams のテナント上でもペアリングが必要になります。

まず、本体と、コントローラー(TC8)をペアリングします。

パソコンのWebブラウザーから本体のIPアドレスを入力して、Web管理画面にアクセス します。

[一般設定] - [デバイスの管理と更新]を表示します。[利用可能なデバイス一覧] から、対象

のPoly TC8を選択します。

利用可能なデバイスに対象のPoly TC8が表示されない場合は、ネットワークの同一セグメントにデバイス が設置されているかをご確認ください。

ペアリングが確認されたら、 [新しいデバイスの自動ペアリングが有効] のチェックを外し ます。

(22)

22

本体とタッチコントローラー(TC8)がペアリングされると、タッチコントローラー

(TC8)の画面がTeamsモードに切り替わります。

Teamsモードの画面が表示されない場合は、本体のプロバイダ設定を再度ご確認ください

[サインイン]ボタンを押した後、本体と同じTeamsアカウントでタッチコントローラー

(TC8)からサインインします。

本体と同じ、Teamsアカウント、パスワードを入力します。

(23)

23

サインインの処理が行われますので待ちます。

正常にサインインすると、ペアリングするデバイスの検索が開始されます。

(24)

24

ペアリングするデバイスが見つかると画面に表示されますので、該当するデバイスを選択 します。

本体のモニターに、タッチコントローラー(TC8)とペアリングする為のコードが画面に 表示されるので、タッチコントローラー(TC8)ペアリングコードを入力します。

X30/X50のモニター画面

(25)

25

タッチコントローラー(TC8)画面

ペアリングされるまで待ちます。

(26)

26

ペアリングが完了すると、以下の画面が表示されます。

(27)

27

コントローラーのペアリング(Bluetoothリモコン)

Bluetoothリモコンをお使いの場合には、以下の手順で本体とBluetoothリモコンをペアリ

ングします。

パソコンのWebブラウザーから本体のIPアドレスを入力して、Web管理画面にアクセス します。

[一般設定] - [リモコン] の画面で指示に従いペアリングします。

Bluetoothリモコンのミュートボタン を押しつづけながら、

ボタンを選択します。

リモコンがペアリングされると、ステータスが [ペアリング済み] になります。

Microsoft Teams 利用での Poly Studio X30、X50初期セットアップは以上になります。

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP