その 結 果 は 予 想 の ~tl く, ~ 54 年 度 予 算 総 額 は 資 金 収 主 計 算 において 224{~9, に 述 している 54 年 度 消 波 支 出 趨 過 額 は 1 2(~4,

20 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

1

6

5号

昭和5

4

7

1

日発行

1

1

3東京都文京区本郷2-1-1 J

I

民天堂大学

目 次

法人?とJ:り………… 2 大学だより………… 5 本郷…………..…

8

習志野・・・・...11 1母窓会だより…-… .15 ひろば・...・・・・・・.16 1 1日和53年度のメモー20・

(2)

法人だより '79 No.165

-

3

私 立 と 国 立

先頃,本学医学部卒業生の卒後活動状況を調査した折 参考のため,

m

110J'-主(s円相129年平)から第 101司生 (38 年卒)までの就職先を東大阪学部及び新潟大学医学部の 同時期卒業生の場合と比較してみた。東大は明治 9年カ ら卒業生を出し,名実共にわが同医学教育界の最高蜂で あるから,戦後に設立された怠立の本学とは諸条件が追 いすぎるので,両者の中間に位する大学として大正15年 開設の新潟大学医学部を選んだ。 その結果は予想の ~tl く,

3

大学がそれぞれ特色を持っ ていることを示した(付表参照) 日Iち本学の卒業生の1 場作,開業約54%,病院勤務約240'0 大学勤務約160o びその他で,開業が圧倒的に多いa第 1線の臨床医の多 いことは在、立医大に共通の現象である。東大の場合には 大学約45%,病院約30%,開業約 90,0,で,半数近くが自 他の大学の教"(J.研究の指導者であり, 3分の1がで主と して同公立的.院の指噂職に就いている。そして開業は僅 かである。誠に東人・的ではある。伝統があり,また巨額 の問Jlft補助を受けている大学として,このような型もあ ってよいと思う 新潟の場合は,開業37%,病院44%, 大学 13%と臨床的色彩が強く,大学所在地を巾心とした 災日本地域の医療に深く関わっていることが(Fijわれる。 これは同立大学を通じて見られる傾向である。公立も!司 立に近L、1t絡を持っていると思う。 さて,今児申すまでもなく,大学医学部の第i日的は 臨床医を

i

f

成して社会の要誌に応えることであり,それ と併せて学術の研究を行うことであるc医科の大学は, 同公私立を間jわずこの 2つの

u

的に向って努力している のであるが,重点を 2つのうちの何れに罷くかによっ“

昭和

5

4

年度予算決定

一一総額

2

2

5

億円一一 本法人の昭和531]:.度収支決算並ひに 54年度収支予算は 去る 5月30日開催の理事会並びに評議員会において審議 の結果,原案どおり承認された。その内容については, S4年 7月 1日発行の願天堂学内ニュ{ス(臨時第211号)

理事長 有

大学の内脊が迫ってくるのである。1:-.述の3大学3様の 史的を平均すると,現在の fl.本の求める大学の姿に近い ものになると思われる。 ところで,松近「初期診療jという

d

葉を, しきりに 耳にするが,フ己来臨床は早期診断治療から始まるもので ある。かねてより,私は医療の J伝来図として,先ず開業 医が速やかに診断治療し,手に負えぬ患者は速やかに専 門医λは大病院に送るシステムの完成を期待しており, 今後の閥業医は従前よりもずっと重要性を増すに追いな いと説いて来た。そしてわが1)慎天堂大学医学部は,在来 の臨床医に比し数等上級な,学術と人格兼備の「良医j の育成を建学の趣旨としているのである。今,早期治紛 が強調されて,医学界が予想の万向へ展開しつつある時, 願天堂卒業生諸君の一周の活雌を祈る次第である。 以後に司1し添えるが,順天堂は良医の育成のみをもっ て・J

c

足れりとしているわけではない。研究方面において も,欧米諸外国の大学,学会より招待されて学術の講義 .指導のため長期にわたって出張する者及び本学に来て 勉強する外国人研究者の数が年々梢加しわが同有数の, 悶際的活動の活発な大学になっている。この現状は,外 国へ一方的に留学していた戦前時代には想像も出来ぬほ と大学全体として充尖して来たことを示すものである。 一昭和2

9

-

-

-

3

8

年医学部卒業生の就職状況ー 天 定(440名 ) 京 大(950名)新iB大学(833名}

J

9

病 院 剖 ,

ω

I

~ 大 学 l6

I

45

I

l3 そ の 他

1

に発表されているのでここでは省略する。 54年度予算総額は資金収主計算において 224{~9,105万 円,消究収支計算においては184億1,901万円となってい る。また,経常支出の過半を占める人件費は相変らす・巨額 に述している。54年度消波支出趨過額は12(~4,

8

8

0

1}円と なっている。今後経常'の健全化を計るためには,まず第 ーに,人件費の問題に点剣にとりくまなければならなし、。 本法人関係各位のご理解とご協力をお願いします。

(3)

'79 No.165

役 員 ・ 評 議 員 異 動

会役員の異動 理 事 尚 橋 克 三 昭 和54年4月1日付就任(体育学 部長就任により) 石河利党 問54年3月31日付退任(体育学部 長任期満了退任) 合評議員の異動 新 任 問54年4月1日 付 福 田 芳 郎 和 賀 井 敏 夫 上条清明 斎 藤 定 雄 千 葉 裕 典 ( 以 上 本 法 人の職員のうちから理事会において選任さ れ た 者 ) 難 波 照 男 角 田 泰 造 植 山 統 子 (以上本校卒業生して)高橋克三(理事と して)石井昌三穴沢雄作(以上学識経験 者として評議員会において選任された者) 退 任 問54年3月31A付任期満了 橋林博太郎 大 野 丞 二 加 藤 英 夫 太 田 鉄 男 小 島 茂 男 大 林 功 栗 本 閲 夫 桜 井 美 鈴 深 町 部 次 久 内 武 小 谷 新 太 郎 選 任 区 分 の 変 更 同54年4月1日 付 石 河 利 克 ( 理 事から学識経験者に変更) 合異動後の役員 (ABC願) 理 事 長 有 山 登 理 事 東 俊 郎 懸 田 克 拐 菊 池 正 一 宮 崎 克 明 大 野 大 西 闘 寺 実 佐 藤 飯 高 橋 克 三 監 事 何 回 純 夫 鈴 木 竹 堆 合異動後の評議員 (ABCJ踊) 穴 沢 雄 作 有 山 登 東 俊 郎 千 業 裕 典 福 田 芳 郎 石 井 日 三 石 河 利 克 石 倉 武 雄 石 塚 ベ

l

農 夫 怒 田 克 如 上 条 雨 明 川 北 祐 幸 菊 池 正 一 菊 地 点 徳 小 林 裕 一 宮 崎 究 明 難 波 照 男 小 川 鼎 三 大 野 大 西 周 寺 実 斎 藤 定 雄 故 藤 要 佐 藤 波 情 水 文 彦 高 橋 博 元 高 橋 苑 三 角 田 若 手 造 有i山 統 子 和 賀 井 敏 夫 以 上29名

順 天 堂 祖 先 祭

恒例の11憤天堂祖先祭は

H頂天堂創始者佐藤泰然先生の ご命日(明治5年4月10日)にあたる4月10日(土)タ, 上野精重量軒で佐藤家並びに本学教職良関係者あわせて 120名が列席して開催された。 初代泰然先生は,文化元年 (1804年)にお生れになり 長崎に医学を学び,天保9年 (1838年)江戸薬研堀(現 在の東日本橋 2丁目,両国橋の近く)に医塾を開き,つ いで天保14年 (1843年)佐倉藩堀田侯の招きに応じてか の地に移り今日の願天堂の礎を築カ通れた。明治5年肺炎 法人だより のため

6

9

歳で精義軒の対岸,下谷茅町

2

丁目(現在の東 天紅の近く)で逝去され,日持里山手線ぎわの谷中墓地 に埋葬されている。以後,祖先祭は毎年行われ,佐藤家 及びJI原天主関係者が相集い,組先の偉業を偲び,あわせ て順天堂のー阪の発展を祈る重要な行事となっている。 順天堂の歴史は,江戸惑研掘に医塾を開いた天保9年 をもって始まり,本年は創立141年にあたる。この日, 小川教授によって,順天堂と加賀藩(前田家)との関係 についてお話があった。 JI

慎天堂と加賀藩前田家との

関 係

(祖先祭講演概要)

医史学研究室

小川鼎三

以下の文は去る 4月10日,特養軒での祖先祭に私が話 したことの概要である。 J I原天堂第2代の主,佐藤尚中は維新政府の命令をうけ て明治 2年の末から大学東校の大博土となったが,明治 4年には最初のドイツ人教師が来任し,尚 rtは東京で私 立医院を設ける方針をとり官を辞した。明治6年から下 谷練塀町に傾天堂を設けたが,患者が忽ちに集まり狭魁 となった。そこで湯島お茶の水に3,500坪の地を求めて, ここに新しく建築して明治8年に今の本館の場所に,順 天堂が当時としてはかなり立派な病院として誕生した。 このとき,前加賀務主(廃藩置県の後だから前を付した) の前田家から当時としては誌だ大金の 2万円を借りたこ とが従来の顕天R:史で半11っていた。しかし金沢100万石 の領主と尚中との問にどんな繋りがあったのだろうか。 去る 4月の 5日と 6日,野口英世記念会館で聞かれた 日本医史学会の発表演説を私は殆んど全部聴いたが,そ の中で静岡の津田進一三氏が「加賀務御医者溜の拝診日記 について

J

とL、う論えを発表したときに佐藤尚中の名が 出たので,私はその演説内容について質問追加などをし ついで廊下にでて沖田氏と話を続けて,彼から「御容子 !'} Jと題する

f

虫類のコピーを5枚1'

1

うことができた。そ の現物は金沢市の大鋸彦太郎氏の所蔵とのことである。 第14代加賀帯主前田鹿寧(よしやす)は明治4年8月 に金沢から東京に移ったとのことで,彼の病気がいつか ら始まったのか不明だが彼が住んでいたのは加賀陸敷す なわち赤門の地であろう。まずドイツ人内科教師のホプ マンが肺結核の重症と診断したこと,一部に胸膜炎が起 きている。予後不良だが手を尽すべき療法として色々fI いである。私が入手した怨頬はホフマンの意見を三宅芳 が訳したもので, 9月 8日の日付である。その次に 9月 13日の日付で佐藤尚中の診断がおかれている。年数は明 治6年の可能性が大きい。つぎに東京在住の欝医江

1

m

(4)

法人だより 古が,金沢在住の蒋医長谷川学方に9月13日の日付で世 き送った文がある。それには「舜海毎二日来診

J

とある ので,尚中は 2日に 1度前田家に往診したと思われる。 江閣はホフマンと尚中の診断を比較して,両者の診る所 主ほぽ

i

司じだが軽重の点では異なっており,治療法はホ フマンの分はやや激しすぎる心配があるので,尚中の進 言・に従うつもりだとある。そして津田氏の話では,前田 磁寧は,明治7年5月に熱海で波主主中に4o歳で波したの である。 私どもは従来,佐藤佐が晩年の病床で昔の思い出話を して宍戸立三が;伝記した「…順天堂医院創業」が大体に 正しいものと考えていた。それには加賀老公前田

1

f

i

1

/

$

(なりやす)が熱海で兎い病気にかかり,尚中は往診を 頼まれたが病院を留守にで・きないと断わった。前田家で はどんな条件でも応ずるから熱海にきて

1

'

1

いたいという ので,尚中はその地に出かけて滞在し,老公の病気が治 った。そのため2万円とL寸大金を借りることができた。 お茶の水の)l民天堂もそのお金ででき上り,明治8年4月 3日に開院式を行なった。その4月7日には前田老公が この新しい病院を見にきて,事

t

f

屯した大きい額が永い11江 大正12年の大民災まで願天堂内に

l

I

J

Jげ ら れ て い た と い F ノ。 こんど判った新しいことは,尚中が診療のため熱海に 行ったのは老公すなわち前田斎泰の病気のためで・なく, その後継者の民寧の治療が主な目的であったと思われる のである。佐藤佐も当時は井上虎三といい,明治7年に は数え年

1

8

歳であったので,思い違いをしたのではない か。順天堂はその大きい借金を利子三分で年々返済し 明治13年4月にはみな済みとなった。前田家ではその金 は到底返済されないだろうと考えていたので驚いたとい う。 なお東京大学の赤門は第11代将

w

徳川家斎の第21女 溶 姫が前回斎~に嫁しすこときに造られたもので,文政10年 11月にでき上ったのである。

永年勤続者表彰

6月13日(水)午後4時から新館会議室において永年勤 続者74名の茨彰式が行われた。表彰式は, 5月151:1の創 立記念日現在で縞 10年, 20年, 30年勤続の教職員に対し て行うもので,当日は有山理事長からねぎらいの言葉と 表彰状技びに記念品の賊呈があった。 。表彰者氏名。(頗不同,敬称略) く30年勤 続 者 > 根本シツエ(灯油業務課)

'

7

9

No

.

1

6

5

<

2

0

年勤続者> 黒沢和}~ (物理学) 菊池正一(衛生学) 松沢茂雄 (法医学) 山口毅一(内科消化器) 荷池良徳(脳神 経外科学) 野中 博,大内述男(以上泌尿掠科学) 高田道夫(産婦人科学) 和賀井敏夫(超音波研究室) 笠原諸介(保健体育) 市橋俊哉(健康教育学) 進 藤 隆 ( 総 務 課 ) 大島省雄(人事課) 上 原 進 ( 財 務課) 小野寿一郎(中央写お室) 村居信江,小

r

t

つ や子(以上;n.護業務課) 秋元得(理学療法室)

)

1

1

村緑,伊東延子(以上眼科)

<

1

0

年勤続者> 池田梨太郎(英i語) 滝

1

1

1

iJ損f(生理学第1) 九件 宏崩,日野l立燭(以上生理学第2) 木 村 博 子 ( 法 医 学) !同 ITI 了三(内科循環~~) 白 壁 彦 夫 , 凍 原 稔 (以上内科消化r,:f) 本間 [1,1 [ (内科呼吸器) 佐藤お 三,

UWI

幸彦(以上約担

1

1医学) 長 浜 徴 , 渡 部 修 山崎忠光(以上外科消化

?

i

:

:

)

佐藤 潔(脳神経外科学) 山内裕雄(整形外科学) 増谷 衛(皮!丹科学) 三宅 伊珠子(形成外科学) 前野武治(コーチ学) 吉村 牢(哲学) 狐崎直樹(数学) 岩淵忠敬(心理学) 秋田アキ(健康管理室) 根本益男(施設課) 大野正 日(中央写点室) 大根田氏子(解剖学第1) 安達純 子,鈴木まさ,居山正箕,富井敏男(以上事務部庶務,課) 柴崎松男,消

1

吉正1io司,岸川和夫,村上由紀子(以上医務 課) 日下部一子,木村総子,工藤満里子,堀口さよ子 (以上~巡業務課) お岡章子,井出初江(以上活設事 務課) 三浦香代子,小沢美保子(以上栄益課) 坂本 俊(中央放射線室) 逸見修次(理学療法室) 星野文 江(環境衛生学) 今村スエツル(体・庶務課) 西島 直 和 , 大 川 鈴 子 , 木 島 弘 大 川 迷 也 鈴 木 子 代 江 , 長 辺美和子(以上伊立長問病院) 的回道チ (IJ~業部)以 上74名。 有山理事長より,30年勤続表彰を受ける根本さん

(5)

'79 No.165

新規採用職員講習会・歓迎会

昭和5

4

年度新規採用職員講習会は,

4

2

日より

4

日 間にわたり有山記念館講堂において開催された。 講習は,罰護婦,技術員,事務員等

1

7

0

名を対象に, 学内外の講師を交え, JI頂天堂の歴史,機構,諸規程をは じめ,応接法,防火管理などの新托教育.を実施した。 引き続き6臼には, 目白の棒山荘「噴水の間

J

におい て歓迎会を開催, レセフション終了後は,各職場の上司 とともに花吹雪の庭闘散策を楽しんだ。 有山理事長を囲んで=目白,椿山荘での歓迎会

τ

~~~"'ÞO

r

主 な 人 事 異 動

昭和同年

3

2

9

日付 千葉久三教授就任(体育管理学・新任) 昭和

5

4

3

3

1

日付 石i可利~'! (運動生理学教授)体育学部長退任 新井氏允(解剖j学E教授)学生部長退任 鈴木蛤司(化学教授)一般教育委員長退任 小谷新太郎(公衆衛生学)客員教授送任 く以上任期満了による> 緒方博丸(麻酔学教授)退任 独協医大へ転出 小島茂男(歴史学教授)定年退職(勤続3

2

年) 高梨きんサ{ビス課長定年退職(勤続4

6

年) 大学だより

昭和

5

4

年度給与・諸手当改正

昭和5

4

年度の本学給与等改正については,教職員会議 並びに教職貝組合との団体交渉の結果,全教職員に対し ベア定昇込み

1

人平均給与

1

1

3

7

0

円,諸手当

1

人 平 均

1

1

1

1

円,合計

1

2

4

8

1

(

8

.

1

4

5%)アッフが決定した。

なお,今年度の年間投与は,

6

.

2

4

カ月フラス一律2

9

0

0

0

円(夏季

3

.

0

月十

1

2

0

0

0

円,年末

3

.

2

4

+17

0

0

0

門)で ある。 初任給抜すい 諸手当抜すい 事務職大卒

1

3

3

2

5

0

円 家族乎吋(it)8.200円/月 11 出卒

1

0

7

9

0

0

同 1/(第一子)

3

3

0

0

門/月 技術職大卒

1

3

4

3

0

0

円 夜 勤 手 当

2

2

0

0

円/f!:! 岩 波 婦

1

3

1

7

5

0

円 医 師

I

1

m

(

4

5

0

0

円/巨i 准 活 護 婦

1

1

3

5

0

0

円 職只f1i

f

{

4

0

0

0

円/日1 教 授

1

8

8

2

5

0

円 早 朝 勤 務

8

5

0

/1

日i 助 教 授

1

6

0

3

5

0

円 住 宅 手 当

1

0

2

0

0

円/月 助 手

1

3

4

6

0

0

一 一

昭和

5

4

4

1

日付 高橋克三(体育原理教)授体育学部長就任(任期3年), 福島一郎(公衆衛生学教授)学生部長就任(任期2年), 大村治子(物理学教授)一般教育委員長就任(任期 2 年),斎藤定機(体育社会学教授)図

J

館分館長就怪 < 以 上 併 任 > 山中晃(病理学1)客員教授,林周一(外科学)答只 教 授 以 上 任 期 吏 新 ( 任 期2年), 小)llm~三(医史学 研究室)審員教授,古陪勝哉(趨音波医学研究室)客 員教授s 鈴木叫次郎(栄猿学)客只教授 以上任期見. 新(任期 1年) 児 玉 孝 瀧 助 教 授 丹 任 ( 薬 理 学・前講師) 稲 葉 裕 助 教 授 就 任 ( 衛 生 学・前非常勤講師) 金 井 涼 助 教 授 昇 任 ( 限 科 学・前講師) 山口正弘助教授昇任(体育学部栄養学・前郡部) 根本トミ子 サ{ピス課長好任(前看護業務課婦長)

(6)

大学だより 昭和

5

4

5

1

日付 村上正中 助教授

!

H

任(内科学・前講師・健康管理室) 湯浅~~治助教授昇任(外科学・前諦師・翰血室) 川北祐本助教提汗任(病院管理学'IIIj税 師・副院長 補佐) 昭和

5

4

5

2

5

日付 林 久 子 助 教 授 昇 任 ( 寄 生 虫 学.Iiij講師) 昭和

5

4

6

1

日付 小谷新太郎 名持教授称り記授与(前公衆衛生学教授) 昭和

5

4

7

1

日付 池田禦太郎 助教授昇任(医進英語・前綿師) 下f下佐治 助教授升任(体育学部コ{チザ・前講師) 尚橋俊哉 助教授外任(体行学部学校保健学.iiij誹師)

学 事 報 告

昭和53年度中の卒業者数世びに昭和54年度入学者数, 5月 1fI現在弘知者数は,次の通りである。 '79 No.16S 入学者の多い高校は~知県.f1.立*海 54旨(~), 書官立盛図JII(健2,二 科2',東京夜、立2定例(ニ1'44)及び熊本怠立(tj愛女学院〈二件4)の3 t交が各4名,以下3名入学9校, 2名入学29校。 1:s入手228佼と合わせ て全国270絞の出身者であった。詳細は54.5.15~行の学内ユふ一久 808 号を主主!寂されたL。、

学 生 部 長 就 任

にあたって

ー 健 康 大 学 と し て の 役 割 一

福 島 一 郎

本年4月 1日付で,学生部長の大役を仰せつかりまし た。微力ですが,精いっぱいの努力をするつもりですの で,どうぞよろしくご協力下さい。 もう30年近く ii1iになりますが,細菌学者として世界に 令名をはせた志賀潔先生を,晩年隠棲されておられた宮 城県の海岸沿いの眺めのよいお住居に訪ねたことがあり ます。当時82裁でまだお元気でした。ちょうど岩波容活 の雑誌「世界」に請われて,

r

私の信条

J

と題する原稿 のご執催中で,

r

若い君らはどう考えるかね……」と色 々質問されたり,お考えを話して下さったのを,つい昨 日のでき事のように思い出します。雑誌に1(食った中に, ζんな一節がありました。

r

医学の目的はもとより病疾 の予防と治療にある。いな,進んで健康の保持,増進に ある。それは個人の健康のみでなく社会全体としての健 康を意味し,肉体と精神両面の健康にわたるものでなけ ればならない。社会の心身の健康を保持増進することこ そ,医学の段高目標である。医学が生命の科学から治採

(7)

'79 No.165 学に進むと色セ困難な問題が生じてくる。それが社会の 健康学にまで進むと問題は一周むずかし〈なる。すでに 治療学においてわれわれは学に偏することを許されず, 術に堕することを許されない。社会の健康学にまで進む と,をの領域は一層拡大せられ,われわれの

1

2

務は一層 重大になる。学としての基盤も日然、休学のλならず,歴 史学,社会学の広汎な領域にわたらねばなうぬ。さらに 学だけでは得られない医師の人格が大切になる。 …ーこ れからは社会の心身の病疾を医

F

る広い識見と高い人格 を有する上が一層要望されるゆえんで・ある。

J

引用が長くなってしまいましたが,読者はすでにお気 づきでしょう。諮られていることは、健康大学としての わが順天堂大学の建学の

M

神そのものです。文中の「匿 学

J

を「医学・体育学

J

t,r.. r-医師

J

を「医学部・体育 学部に学んだ学徒

J

と読みかえれ

f

i

,そのまま本学に学 ぶ者脅そして卒業生の目標として来た学習理念と笠なり 合います。 学生部としては,本学に学ぶ諸君が,卒業後「社会の 健康」を確保,推進する指導者として今後ますます活躍 しうるよう,学習部境を可能な限り備えたいと:考えてお ります。 【福島学生部長の略歴〕 新井康允学生部長の任期満了に 伴い,昭和

5

4

4

1

日付就任。医学部公衆衛生年:教 授。昭和21年東大卒。 57蔵。

自年喜科学研究費補助金採択

標記補助金の本学中前分 136件3億 4、789Jj円に対し て合計46件1億1,390万円が採択された旨,文部省から 内定通知があった。 との補助金は,わが国の学術の握興に寄与するため, すぐれた学術研究をさらに発展させることを目的と

L

た 国が行う補助市業であって,国,公,私立大学士の他文 部省認定の研究機関に所属する研究者が自発的に計陶

F

る基礎的研究ならびに学会または研究者手が刊行しよう とする研究成果のうち,わが国の学術の現状tこ

n

n

して特 亡重要なものをとりあげ,研究 t;~ また!ま刊行貨を補助 し,高度の研究成果を期待するものとされており, o4年 度の予算は総額305億円となっている。 公募は毎年1O~12月,次年BZ分について行われ,審査 主文部大臣の諮問機関で・ある学術審議会の科学研究資分 科会か担当, 4 ...10月の間に大学あて審査結果が通知さ れる。なお.審査庁針ならびに企嗣の申詰・採択状況等 の詳細iについては,毎年10月頃「学術月報. (日本学術 振興会発行)の増刊号に掲載される。 大学だより 昭和5

4

年度科学研究費補助金一覧 (54 年 5 月号1 悶・54~手 6 月初日付文部省内定泌知〉

(8)

大学だより(本郷〉

大 学 だ

'79 No.165

﹁ ﹂ ﹂

η

v

h

v

9 L

P

医学部教授会報告

昭和54年2月27固定例教授会 1.教μ人・hに関する件 イ.入、J~ 貝励 ロ.人

i

J

C

央.勤(発議) 衛生学,眼 科学両助教授採用についての発議を了

J

氏 教 員 資 協 審五を教

n

'

h

委只会ヘイーj",i

:

f

ハ.

1

1

4

外出張 ニ. 各委

n

会改選 2. !字:']fに凶ずる('1: イ. 61f三卒業成制判定審議の結果,卒試合格79名 卒試不合梢 4 名(卒延 2 ,行~{r:.2 )を決定。ロ.専 攻'L,研'先生入退学 ハ.外1'.

1

4

人研究生入学 昭和54年3月6日臨時教授会 昭和54年度医学部入学試験一次(学力)合棉者決定 !こついて審議の結果,

2

3

3

名の介栴若を決定。 昭和54年

3

1

η

3

日臨時教授会(午!前}日泊ij8

n

昭 和54年!良主医学部入学試験(ご二.次)合格者決定につ いて富審審':i議義の名紡.j i守i果, 合梅者99名, 相

i

3

1

名を決定。 昭和54年

3

月1

3

日臨時教授会 (午後

4

時開催) 1.委只改選について:本郷選出大学協議会委只を改選 2.教只人*に関する件 非協・勤教

H

(存

i

l

教授,客員助教授,無給講師,無 給助予)及び研究助手の任期史新について rJ~。 昭 和54年3月27日定例教援会 1.教只人

'

J

c

に関する (11= イ.人;-jj:異動 ロ.人事異動(発議) 健康管理室, 医紋保険'弘輪血屯及び病院管理学各講師の助教授

f

l

任についての発議を了承υ 教員資協審売を教員

A

'J~委 t1 会へ付;;( ハ.r羽外出張 ニ.

4

守委只会改選 結 果 2. 学2J~に関する fll: イ.昭和5

3

年度医進

l

年 成 献 に つ い て : 謀 議 の 結 果,従籍 100才1,進級74名,仮進級22名,留年 4名 を了

f

f

i

ロ.昭54和年度存学期授業:時間

J

1;Uについて ハ.留年者本延者の学習指将について ニ.専攻生, 研究生入退学 ホ . 外 同 人 研 究 生 退 学 へ . 協 力 研 究只について 昭和5

4

4

2

4

日定例教授会 1.教

n

人Jf.に関する{午 イ.人事異動 ロ.人iJf呉服J(発議)小谷新太郎前 客 H教授 (ïìÍî市立越谷病院長)五公衆砕,d~学教授を 名将教授に雌訴することを了承 大学協,議会へ付託 シリーズ6 ~~-;ー'ー,ー,ー・ー,四._-ー'ー,ー'ー._.ー,_..・四ー'ー.-・ー-_.ー._,_.ー'ー'ー,

神経学研究室

!

.

t

こところであ心。

1

先ずはこの場を借りて当科の簡単な歴史とその発展 iの跡について述べさせて披〈。発足の当初は

8

号館の : 3階 .

~:(j神科前搬の一部を医分,併用して使用し20数

;床であった。士の後,昭和47年,新館の完成と共に 6 :階病悦へベγ ド数も48J;!ミと倍刑して移転し,現在に至

j

っているが,疾,也、の騒

j

Z

i

,内容も多槌多彩となり,忙 i し、Lレ

l

r

ドIにも官話

[

5

公気;({のある病 : も年な多忙となり仏,年間の忠烏延数はこの1ωO年問で8 :{倍音にもなり'現夜約3万名に述している。

!

この様に忙しいt診療活動と共に,船!、教授以下現在

!

20数名の教室以{土,研究活動にもまた活発である。科 1 としての次に述べるような研究会や症例検討は,毎迫

1

火師日に集中している。午前 8時半より 101時までが新 治

i

半数授の下,脳神経内科の 発足したのは昭和43年で・あり,

w

周年s記念会を本年5月に聞い 忠に闘する診察と討論であり,その後引きあれ、て

i

E

午ま でが教授やlみである。午後は2f時H1Jの問題症例について の検討会 (caseconference)。 引き続き 5

r

時かむは退院 忠者についてのまとめの conference,外国雑誌の輪説会 (journalconference),各自のテーマに関する文献の抄 説会,そして医局会か 9時前後まで続く。その他,不定 期に research con(erenceや学外の方の特別講演会も行 なわれている。金日両日には助教授問診がある。この様に みっちりとしぼられるためか,毎年行なわれる U本神経 学会の認定医試験に続々と合悔している。ちなみに昨年 度のお科常勤医からの受験者の合倍率は 100句であり, 全閣の大学の中でももっとも優れた成献で-あった。 次に教室での研究の内容について,その現況を簡単に 紹介させて裁く。柏村:教授は定位脳子術や神経生理学的 方法を駆

f

!1!し, (1、パーキンソン病を中心とすーる不随怠運

!

f

VJと錐体外路系の臨床,

'

t

=

.

理"生化学的研究, (2)てんカ ん特に辺紋系の臨床と生理の研究を行なってきたが,さ らに最近は(3)小脳症状の分折, ~再検討へと進展を示して いる。同教授は同際定位脳手術学会の前理事長,米国神 経学会 (ANA). 米i司神経アカデミー (AA~) ,仏,英,

カナ夕、等の神経学会名-n会員でもあり,文部

'

t

i

の難病,

(9)

.._.ー.-,._.._.-・ー.-..-・_...Jj"-'79 No.165 することとした。 ノ¥間外出張 ニ.昭和

5

4

年度 中央施設・共同研究室長,運営委共について 2.学fJCに闘する件 イ.昭和

5

4

年度医学部進学課程入学者:入学者氏 名,出身高校, ~{室,担任者を報告 ロ,卒延者卒 試日程ハ.専攻生,研究生入退学 ニ.外国人研 究生入学 昭和

5

4

5

2

2

日定例教授会 1.教員人事に関する件 イ.人事異動 ロ.国 外 出 張 ハ.

5

4

年度各委員会 一 覧 2.学事に関する件 イ.第

6

7

凶医師同家試験結果 ロ.

5

4

年度実習用機 器購入申諸について ハ.

5

4

年度視聴覚教育府教材 及び機

M

購入申訪についてニ.専攻生研究生入退学 一大学だより(本郷) 総会には,都内近県より会只,ご遺族等

2

8

9

名が出席 し,大学側から有山昭事

ι

J

懸回学長,菊池医学部長, 大野総務局長,解剖学浅見,新井両教授をはじめ医学部 同窓会中間副会長等24名が列席した。 白梅会は,ひたすら本学の良医の

f

f

成を版い,やjらの 見返りをも求めず会員自らの苦なに基づき献体を志すも ので,昭和43年11月に発足,野!44年 5月 101・!第 1白i総会 を開催,当初

7

7

名であった会

H

の地道な献体運動によっ て,現在1,000名に及ぶ会民を権するまでに発展し,そ の運営ぶりに他の医科系人・学の篤ぶ家の団体からも大き な期待が寄せられている。

シンガポール大学医学部

学 生 親 善 来 訪

本学医学部学

'

1

:

,のi課外活動の一つである熱帯医学研究

白梅会

1

0

周年記念総会

会 ( 会 長 内 科 学 臨)11教授)の過去 10数年にわたるシン ガポーJレ大'字訪問に応えて,交歓蹄詩と学術視察を日的 医学部の解剖学実習のために生前より,特に 11属天t"}~~へ に5月30日同大学学生10::f,と引率教Hl名が来訪した。 献体を約す篤志家同体である「白梅会

J

の 10周年記念15 一行は,有山理事長,懸回学長,菊池医学部長に表敬 !副総会が, 5 月 8 日(火)午前 10時より tlR の椋 LI~~E'w土 後,院内を見学,熱医研 5年能登

1

¥

'

等の準備する記念館 の聞において開催された。細雨に洗われた緑すがすがし での歓迎バ{ティ?こ出席。想日は独協医科大学を昆学。 く,会に風怖を添えた。 6月1日再び本ザでの授業参観手を行い. 2. 3の尚li 'らに(9)神経.伝達物質については血部,鼠,髄液のカ ! テコ{ルアミンjifの測定,各種のagonist,antagonist

!

を用いて, カテコ-/レアミン日ceptorbindingの分 : 析,測定。州中持では水俣病の検診(佐離), メチル ; 水銀による尖験的小脳変性五

E

(佐除,府本),カロチン! 血症による神経系病変の臨ぽ的, E13験的研究(福岡)0

i

もある。 (11)理論的なリハビリテーション,動作学の領; 脳内カンファレンス風景 f左は柄林教授) 野では propriocep山ecortical facilitatIonと小脳の : 不随意運動研究班の班長でもある。_I二記の他に更に当教 もつ役割の分析(楠札中村,小坂,償地)が全く新 : 室て現在行なっている研究の主なものをあげると, (4)筋 しい研究飯野を妬くものである。(12)Kindling effect

i

無力症の発症機榊と治絞に関する血策交換療法 plasma による史験的てんかんの作製(楢材、,小坂, i~i常,潟 j pheresisの開発および臨床的検討・マウ久への passive 本,中島), (1事政府東JI被及び筋求心線維刺滋によるSERi transferによる尖験的再現・神経筋接合部での Ach時 の分析(積林,千凶,長問), (14)視床

F

部・大脳基底核 : ceptorの電顕的検索・患者の Achreceptorproteinの 等厳壊による Pa訂r巾l出kinso悶 11の作製(惜林,近藤,今 : 抗体甑榔測JI定 (佐藤, 福田' 荒焔, 今

)

1

ド怜ニつ)0 (臼5,多多,発性

E

硬更化症 ヲ引井ド

i

り土λつ)。 その他, 1毎草週脳i波皮クグ,ル{ブによる酷臨~!床~友l巨ミ月除脳弘説,波の文 ! に於げる髄液細胞の

t

電草

E

野顕

S

i

的検索(佐藤,西)や血消

t

J

庁f,髄 献的,臨F応

i

ド:的な勉強会(古略幡i,安野,長附,蘇本,中

i

液の抗 basicprotein抗体の測定..l:fi接持1経組織に対す 島,森,西宮), 筋屯図クノレーァーによる筋泣悩勉強会 ; るly町 hotoxinの作用の検索(佐保,荒却し西宮), (6) (今井,千田,正問,近総長悶,西),放射線科の久: とオパチーに関して生検筋の組織化学的検索(佐藤, 留教授の指幕下での汗髄小脳変性症を中心とした変性! 悶), (7)Experimental viral myosi山 の 組 織 培 益 ( 佐 疾患の放射線的研究(近藤,西宮),神経筋疾,也の軟線撮 ) 膝,荒棚), (8)先天性ミオバチ{の突験的研究(佐藤,舟)。 影(稲田)なども行われている。(医局長 古矯車部)

!

(10)

大学だより(本郷) はパスにて箱根路を観光,本学山中湖厚生按でのさよな らパ{ティをあとに4日離日した。間大学からの公式訪 問は昭和46年6月以降3度目の来訪であった。

6

7

回医師国家試験

第67日i医師国家試験合格者は,去る5月16日発表とな り,本学は全国平均78.0%をうわまわる89.7%,私立医 大中第3位という好成絞を納めた。 受験者87名中合格者78名の内況は, 54年3月 卒72名, 53年3月 卒2名, 53年7月 卒2名, 49年7月 卒1名J 48 年12月 卒l名であった。 なお,不合格者の内訳は, 54年3月 卒7名, 50年3月 卒1名J 47年12月 卒1名 の 計9名である。

E

E

学内

ジェ

クト研究

講座間の協力により研究の進展をはかるため,本学医 学部では昭和48年から,プロジェクト研究

1

i

!

制 度 が 実 施 されており,昭和54年度は22件の申訪について研究委員 会の審査に基づき,新民5件 , 継 続2件の計7件が採択 された。なお,今年度は進学課程の物理学研究室も分担 こ加まつった。 昭 和54年度学内プロジェクト研究 E県 属 番 号 研 究 7905 〈新規〉 7鈎6 〈継続〉 7907

o

桂信〉 題 代表者と i配 分sl 分担it~ I く万円〉 60 60 語 年 雲 医 学 部 父 兄 会 総 会 開 催 発会して5年目を迎えた医学部父兄会の昭和54年 度 定 例総会が,去る4月9日東京千代田区のパレスホテルに おいて開催された。当日は本学入学式の日でもあり,新 入生,父兄を含め多数の会員が出席し盛況であった。

'

7

9

No

.

1

6

5

午後5時30分,丸木委員の開会の辞をもって開会,議 長選出について諮られ推薦により山本公一監事を満場一 致選出,山本監事が議長となり議事に入る。 議案審議に先立ち,会長報告として松村会長に代り新 島副会長から,昭和53年度本会活動経過について総括的 に放の通り報告がなされた。 「本会は昭和49年9月に発足してから,本年9月をも って満5周年を迎えることになる。この間,所期の目的 に向って着実な歩みを続け,発展してきた。 53年度は会 員のご不幸が相次ぎ,10名の方々が逝去せられた。謹んで 京悼の窓を表する次第である。ご父兄の万が一のご不幸 に備えるため,修学援助基金に加え昨年4月より生命保 険代理届を開設した。国家試験対策についても,従前通 り,大学当局を通じ,物心両面の助成を行なっている」 という旨の会長報告があり,引続き議案審議に入った。 (1)昭和53年度収支決算承偲の件 越JII~ ft.より,昭和53年度収支決~Jtについて詳細に笈り説明が行わ れた。また伊藤監咲から,決算監査の給・梁,正確かつ適正であった留を 報告。事翼百i~S撲の結果全会}至宝異議なく添~. 医学部父兄会昭和53年 度 収支決 算 1.収λの官官 〈昭和53.4.1 ~54. 3.31) 11 EI (1) 会 'J~ (2) 預 金 利 子 ω 5 2年度より特冶金 合 計 8,485,401 2.支出の鶴 政 目 │ 決 算 臥 268,059 一一一 一丁一一一一宵 (1)事 務 費 I 9.17,520 総会話主(会 場 'pt 他)I 0 役民会決(会点v(・焚.iUi政)I 260,000 哨磁波(文共・印刷・術品質)I ω7,520 。)4~ ・長よ 1J( 新 入 生 父 兄 歓 迎 懸E員会, 広 報 総 ・ 通 fg 'J:( 幼 成 卒 集 記 念 品 哲量 弔 雑 (突 行 子 (3) 子 備 計 (2)鼠和日年度事業計臨ゑ

a

の件 { 鈎 昭和54年度収支予算員長箆の件 '1f. 'J!l 代 政 ! ~ 針) ']J.(

4,952,511 270, '131 1,鉛0,

α

lO 2,1∞,仮調。 2宮0,5∞ 399,3的 532,1卯 5,9∞,031

5,900,031 越JII妥員より,昭和54年度収支予算舟をもって(2)号及び(3)号議案一括 鮮鍛説明が行われ,僕

m

審議の結果,原案通り全会ー王立!p,援なく承認. 医学部父兄会昭和54年 度 収支予 算 1.収入の部 (1)会~ 5,4∞,∞0内 1王手90人X60,ぽlO門=5,4∞,仮調。 (z)預金利子 1∞,卿

(11)

'79 No.16S 一一 大学だより(習志野) 会等関係団体との協調と連携。以上回点について挟拶が あった。なお,会員より支部結成の件を検討されたい旨 要望があり,今後の検討課題とすることとした。続いて 伊 藤 裕 (4・5年)副会長ならびに運営委員の委嘱が異 議なく承認された。来貨の~国学長からは医学部学生の 教育方針についてお話があった。以上をもって総ての議 事 を 終 了 し , 高 野 委 員 (4年)から,閉会の挨拶があり, 午 後6時30分総会を終了した。引続き新入生父兄歓迎懇 談パ{ティが,体育学部父民会と共催で開催された。 ハ ヨ h u d opuntM a “ 3 4 q 伶ふ句。 r n u w F H U 909d 今 的 白 川 金 沼 早 本 6 & - K り も り よ 節 度 の 年 合 出 臼 支 叫 吋 , f 、 n y -Illil年度予算額I本年度予算額!並号

1

m

ム 鰍 1 I'J, 内 内 (1)事 務 獄 1 1,560,0∞ 1 1,860,000 3ゆ0,側 総会費(会場費等)1 3∞, 0∞ I 3∞, 0∞

o

臨 時 総 会 決 I 0 I 3∞,0∞ 3∞,0∞ 役員会政(会:f.f,~)¥;交通貨)1 2民 側 I 260.側

I

0 ,,"uv, VVV I .<OUV. V¥N

I

'Wf((文 JVI~~) 1,仮lO.O∞ 1,∞0,0∞

o

(2) 喫茶~~

I

5,257.∞o 5,431,500 174,5∞ 続入生父兄歓迎懇談会 5∞,0∞ 5∞,似lO,

広報公・述依~

I

1,360,0∞ 1,360.∞

o

1 0 助 成 双

I

2,1∞,∞

o

I

2,1∞,0∞

I

0 卒 採 記 念 品 代 │ 泌7,∞

oI

311,5∞ I 24,5∞ 俊 市 銀 1 150,∞

o

I 300,0∞ I 150,∞0 ~; !l!l 860,0

860, 附 1 0 (1i行予算針)I 6,817,0∞

I

7,291.5∞ 474,5∞ (3) 予備 1~ I 1,668,401 1,061,929 1:::.606,472 針 8,485,401 8,353,429 d. 131,972 (4)修学援助蕃金収支決算,予算の件 向野袋民より下直について~'t締~~1J1Iがあり,理昨:~授の結果, Ð;!~泊り会 会一致.%~護なく承E認。 修学援助基金収支決算致。 昭和53年度 昭和β4年度 叙

l

'

m

年 度 検 悠 金 │ い 町 間 │ 弘134,277内 i 2.820,αlO内 I 2,7∞,αlO内 入 議 会 分 盤 金,1王手94人X30,O∞何 11年90人X30αlOlI:J の

I

I _=2, 820, Q

F

:

l

_

l

ーさ♂O~_酬に l頭 金 利 子 , 泌0,2仰向

I

280,仰向 官 官 . ー I - - - ... -│ 合 計 9,659,977何 I 8.11.~ , 27719 '$:,

I

4,蜘,脚内 6.120,仰向 I 30,0∞門x9人 X J 30.0∞i弓X17人×

12月=3,240,0∞門 12月=6.12仏以渇内 30,

α

lOFJX 2人x 出 修学媛助給付金 9月 = 54仏0∞内 30,∞0門Xl人x 1 7月 = 210,αlOi可 30,以沿門X1人X 5 JJ== 150,

α

lO円 30,∞OfJX 4人× 3FI= ぉ

ο

,∞0内 1 ..._ _ ,_. ___ _ ._1 25,7∞円 綬込手段料その他│

i

t

l

i

:

次 年 度 料 金 │ 型 (5性命保険代理晴寝業について 丸木委員より,資料について持網説明かるヲ呉ぷなく1九Z。 俗)事青島il捨畏から,役員会において昭和54年度,会長及び監事の侠事務 者を次の遜り選出した旨報告。 会 長 1 2 : 村 将 夫 氏 (5年〉 監 桜 山 本 公 一 氏(6岩手〉 " 結 )11 ! 忠 雄 氏 (3年〉 の 20,4∞円 3∞FJX17人==5,1∞内 5,1∞門x 4回 =20,4∞円 ι525.7∞内│ 印 刷 ∞ 門 5

審議の結果,全会一致役員会選出通り;議認。次いで松 村会長に代り伊藤監事から本年度事業計画を推進するに 標しての課題として

φ

一般会計並びに修学援助基金の財 政的通迫。弓J明年1月臨時総会開会後大学側との懇談会 を 開 催 し で き れ ば 学 年 別 に 学 業 と 学 生 々 活 を 中 心 話 題 としたい。

f

3

;

.

各位の充分な健康管理。④大学を閥む同窓

「習

だ土砂

つ ぺ ﹂

η

体育学部長に

就 任 し て

一 学外 か ら の 声 に 期 待一 "'i_, L~ ぷr -fii<J樗証 クロ 体育学部長に選任されて3ヶ月が経過した。 さきに“習志野だより"に「建学以来の伝統を受けっ ぷ 時 流 の 変 化 に 対 応 し て 新 し い 学 部 長 と し て や ら ね ぽ ならないことは, (1)諸先生方が,それぞれ寸の能刀を発 揮され,学問j研究に没頭すべき適期に成熱し, (2)厳 密 な 入試に合格して本学をたつeねた諸君が,その天賦の..r能 を存分にのびのびと発掃できるように,本学の諸機能を 円精に作動させるための底辺の条件整備をしなければな らない

J

とおいた。 また「必ずしも明確でない其の体育街滋者の資質とは なにか,どう義成したらよいのか等々の現状の問題点や 今後解決すべき課題はなにか。々のために本学はなにを なすべきかということの解明に努力するζとだと考え, 諸先生のご教示,ご協力と学生諸君の主体的,能動的な 存分の活動を祈念している」と告し、た。 今もこの考えに全く変りはないが,学内でこの課題解 決をはかることは勿論,教育現場や保健行政,あるいは 社会教育の第一線で具体的な課題に臼夜全力を傾倒して 居られる卒業生の皆さんのご教示,ご指示を是非誠きた いと考えている。これまでも卒業生研修会や同窓会の集 会等々で話し合って来たが,新たな立場から生きたそし て明確で適切な見解を集約して,共通理解を得ることが 早急な, しかも重要な課題と考えている。 また,医学部と体育学部の同窓会がさらに一体となる よう,活発な活動を展開し,各地の医学卒業生諸君から 保健体育指導者の位世主役割について適切かつ心暖まる

(12)

大学だより(習志野) ご教示やご協力を今後とも賜わるよう:お願L、する次第で あるo 【高橋教授の略歴】 昭和54年 4月 1I:J付本法人理 '1~ ,体 育学部長就任(任期 3年)。照不1122年東京文理大卒業後, 学習院,東京高師,秋田大学助教授手を歴任後,昭和39 年本学就任。教職科目担当。 61歳。

'79 No.165

体 育 学 部 教 授 会 報 告

昭和54年 2月15日(木)開催 y兵認・決定

'

H

項 体行学部 4 年生の年次成総報特~~びに関連事項 2 体行学部 2年生後期試験に係る追試験承認、 3 卒業a認定(146名中第 1次104名を認定, 5名卒延) 4 第24[0)卒業式及び54年度入学式についJ 5 入学試験関連事項について 協議事項 1 昭和54年度各績委員会等委只の逃.任について 報告事項 1 ~:部長報告(大学協議会議事事項) 2 教務,研究,学生部各委員会報告,7-、キ{笑習報告 3

'

J

r

務長報告(食堂業務の外注委託について) 昭和54年

3

月15日(木)開催 j兵

L

Z

-

決定'l

P

1

i

1 'l:f:結異動(復学,転学科,研究生入学,聴講生入学) 2 体育学部123年生の年次成紙報告すをびに関連事項 3 卒業抗定(第 3次 3名を確認, 2次36名は 2月臨 時教授会にてぷ認,計 141:tiの卒業を承認) 1 各種委員会等委員選任 5 教員人・jf(訴師等兵.動,同外出張) 6 各種証明l'}等の交付手数料改訂について 7 習志野市社会体育指導者養成事業の受託についJ 報告

I

I

P

J

J

1 学部長報告(次期学部長,一般教官委員長等入、

1

0

2 一般教ヴ,研究,学坐部,就職募集各委員会報告 昭和54年 4月19日(木)開催 承認・決

A

,j九 1 '.{:J,~異動(研究生入退学. 54年度研究生継続承認) 2 53年度学年,試験追試結果(追加分) 3 54{ド度各種委員会構成員について(追加) 報告事項 i 学部長報告(各委員会委員長の決定他) 2 教務,研・究,教職,就職)}iJ~,学生部他各委員会報告 昭和54年 5月24日(木)開催 承認.il~Æ'JPJi 1 プ

'

:

J

古典勤(退学,研究生入学) 2 54年度入学試験について(入試委員会,合格者選 考基準作成委員会,医進入試期日繰上との凶連) 3 体育学部父兄会主催学生海外研修旅行について 教員の国外出張 5

J

京成電鉄スト時の授業 6 習志野市社会体育指導者義成公開講座について 報告事項 1 学部長報告(教

H

人仏中国体育科学視察間一行 10名6月 6日の I1回天堂来訪について他) 2 教務,研究等各委員会報告,他 J…一一啓心寮今日このごろ

自由の中から学び取るもの

技 監 宮 下 桂 治 ;

l i慎天堂大学は創立 以来全人教育を旨と し女子を除〈医学 部及び体育学部の l 年生全員:ま,習志野 校内の核心可?をにおい -C1年間寝食をとも にします。故近の出 来ごとから,近況のひとこまをご紹介したいと思います。 :育て,体青学の進歩及び,入額の健康増進と体力の

1

4

j

揚に氏献しよう

J

と い う , 順 天 堂 大 特 例 部 の 建 学 1 の主 F? によって,学部創設以来,他大学にはみ ~Jt な :い基礎医学の研究室がある。栄設学・生化学の研究室 :もその一つである。しかし色々な事情(主に経削 :問題)により,研究主は本郷の医学部生化学教室(関 )根隆光先生)の中にあり,授業,学生ゼミ指併研究

1

活動をしていた。習志野キャンパスに研究室を開設し iたのは 1978年からである。 ; (教育と研究〕

!

r

f

学部での教育目標の一つに,医学に強"、体育の {指導者を育てることがある。科学の進歩に伴い,現代 (の医学は,身体の状態を生体物質のレベ川担え,病 :気の治療や健康の維持の対策を考えていく方法が,非

@

@

・ 閣

z h

苛 M

守 仇

グ ペ

e u

r u

栄 養 ・ 生 化 学 研 究 室

じまじめに〕 「医学:の知識に強い体育の指導者を

(13)

'79 No,165 学'Jl. (啓心安)は,自由に振舞うことのできる筑です。 ところがこの「白出

J

をはきちがえると,勝手気ままな 生活態度が習慣づけられ,他人に大へん迷惑をかけてい るにもかかわらず,それに気づくことができなくなり, やがて生活態度が乱れてきます。従って,学芸tでは「自 由に振舞って他人に迷惑を及ばさぬjことを基本的な考 へ ヤ え)Hこし,

,i

t

9

i

i

.

や妓長,各按パ任者,室長はそれをれの 立場に応じて,技生が他人に迷惑をかけないような自由 を習い覚える環境をつくり出すようにしています3 先日の妓生総会で, 1年生の某君が「寮内における酒 の

1

試み万をもう少し考えなおす必要はないでしょうか」 としづ問題を提起しました。総会の席でこの件について 議論することができなかったので,各室ごとに話し合い をすることにしました。後日,室長:まこの問題をどう受 けとめ,どう対処すべきかについて話し合う機会を持ち ましたが,そこでは室長個人としての意見や室員の考え 方を合めs'

i

極的に取組んでいました。 例えば男怠%を感じて飲もうと主張する者,

i

聞の以囲 気がかもし出すなかから和をつくろうという者,飲めな い者にとって強制されることは背焔だから絶対あっては ならないという者,飲めないが以囲気が好きだという者 等,いろんな意見平感ti'1を交換しているうちにだんだん 問題点が明らかになり,飲める者は飲めない者に対する 配慮が必要fム飲める者向,

ι

の飲み方も考えるべきだと いうことに落訴しました。そして,互いに迷惑にならな 常7こ大きな比重をしめている。また,能肢を維持し,体 力をつけるための栄義については,十分わかってトみが 現在(ま栄益の取りすぎが龍肢を阻携するという,大きな 問題に発展している。これに関してほ,生体でどのよう に栄長が役立っているのかを把桝しなければならない。 このような問題に対して,進歩的体育の指導者は,人間 の体力の限界を開発してゆ〈ととは例諭であるが,いか に陸成で長生きするかという視点についても,第一線の 現場で取っ組む必要性があるであらう。 我々の教育方針は,進歩的体育指導者を訂てることで, 将来進歩するであるう学問の進歩に遅れをとることな 右から山口助教授,野沢先生,鈴木先生,田中先生 大学だより(習志野) い飲み方の姿勢を室長白から示そうということで話し合 いの会も終了した。やがて学貨の年間行事として柄を欠 くことが出来なかった筑祭故終円のコンパの時が来まし た。ところが今までとは生れ変った様になごやかでp 明 るく,気持のよい飲弘方で去さを発散させている光去の 中に,~t 生へのよりー胞の信頼の高まりをおぼえました。 この例の様に個人個人でふりかえり,問題を提起し 意見や態的を交換,

Y

t

生白からが対処の方法を考え出し, 立任を持って立向っていくことが「自Itlの中からの学び

J

ではないでしょうか。今,学史のr.

t

lにあるさまざまな問 題は一つ一つ時間をかけて彼等に解決させていきたL、と 考えています。 【昭和37年体育学部卒。コ{チ学助教授】

体育学部父兄会第

2

回総会

発足 2年

u

を迎えた第 2liiJ体育学部父兄会総会lま, 4 月 9日(火)入学式に引絞き午後5時30分より,東京大 手町のハレスホテルにおし、て開催された。 総会は,太田会長挨拶,高橋体 ff'2'f:部長等の来賓~~拶 こ続き議事に入札昭和

5

3

年度活動報

1

1;"

I

n

j

年度収支決 算主主ひに監査報告,昭和54年度事業

J

I

'

闘,同年度収

JCf

fJ_,父兄会会

W

J

変更,役員改選,退任役員I記念品i間三に 闘する件を士れぞれ承認,~旧役員の挨拶をもって総会 を終了。引続き別会場において底学部,体

-

r

r

学部父兄会 く,いつも時代の先端で,立派に活動できる指尊者の 脅威を目標にしている。授業ほ常勤の私と鈴木勝彦助; 手,非常勤の鈴木供次郎客員教授(国立栄誌研究所一; {注目

t

増進部長). 野沢

a

n

典嘱.i((東太卒一理学博

1

:

)

及び回

r

f

1

燕嘱託(東郊大卒)が担当している。 ーブIj,研究活動はやっと緒についたばかりである。 ー 幸い,関根教授の御援助や石河前学部長の御立媛によ ; り,また開設当時,折よく大学院学生が研究室に入学

1

したよとにより.研究体制が着々と進んでいる。生体 : 巡動

t

ますべて筋肉というエンジンによるものである ; が,いろいらのエンジγの比較と,運動トレF ニング ; こよりp と己までエンシンが改良されるのか,3/....その ! エソジンに供給されるエネルギ{生産はどのように適

1

応しているか,という問題に我々は取り組んでいる。隔 ; 避に行なっているレフエラ{トには,他教室の大学院 : 生や,学部学生も参加し熱心な討論をくりひろプてい : Q

研究室:ままだ開設して日も浅く,きびしい研究体制 ! であるが,少しでも学問の進歩に氏献するような研究 i をして行きたいと思っている。 (111口 正 弘 氾 ) i

(14)

大学だより(習志野) による合同新入父兄会員歓迎懇談会が行われた。 なお,昭和54年度父兄会事業活動の一環として,学生 海外研修旅行が体育学部後援として次の通り企画されて L、る。臼程:55年 2月27日かう 14日闘。目的:ドイツを 中心とした体育系大学の見学など。資用 1人約36万円。

'

7

9

No.1

6

5

体育行政の経験を

生かして

一教 授 就 任 に あ た っ てー

千葉

久二云

(体育学部体背管理学教綬) 授に就任させて戴いて 1年 1ヶ月余,大学の様子がわか りはじめた49年 5月,たまたまl背任者の病気のため,そ の後任として(財)日本体行協会の事務局長に引張り出さ れて 4年10ヶ月。やっと本学に知ることができました。 5年前常任いたしました日本体育協会は,機構等の改 ~,財政のJJ!直し等に加えて,職員組合への対応等,問 題山都の状況で,いささかれ苫労"というものを味わし、 ましたが,河野会長以下役員,職員のみな様のご尽力と ご協力のおかげで, 51年頃から順調に運ぶようになり, 多忙な日程の中にも楽しく働かせて戴くことができまし た。お

!

1

:

L

、が協力し合うことの良重さを, しみじみと体

5

免L、たしました。 しか1ながら, 48年3月以前も寸うでありましたが, 今凶の体育協会での仕ぷも,白分でゆっくり与える!較を 見出すことの困難な環境で.所

J

I

1

“荒;}l仕*"の中での 生活でありましたので,早〈大学での生活に慣れ,次の 世代乞背負う学生の皆さんのため,少しでも多くのプラ スの働きをしたし、と念願しております。 【子柴教授の略歴】昭和54年 3月29日付をもって本学教 授に就任。昭和18年東京高等師範体育科を卒業後,文部 省社会教官局,オりンピyク東京大会競技課長,日本体 育協会引務長j長:等を

B

t

任。

学 生 諸 君 に 望 む

一 般 教 育 委 員 長 就 任 に あ た っ て

大 村 治 子

(医学部進学認現物理学教授) 昭和46年にj顕天堂大学にまいりましてかう2 いつの問 こか8年がたちました。今年4月から一般教育委員長の 大役を仰せつかり,その任の重さと自身の研究を続ける ことの厳しさをひしひしと感じている毎日です。今まで の1倍半の気力と体力で,誠心誠意努力してゆくしかな いと思っています。 1 1摂天堂大学に来ました当時,学生が本当におとなしく 索直なのに驚きました。と同時に,教育に当る者の

n

任 の重さを吏めて感じたものでした。その頃は人・学紛争の 華やかな頃で,大きな開立大学では教師と学生との問に 立場上の利害の対立が多く,学生は常に大学教育を批判 的に受け止めていた様でした。その後世の中が位かにな って,学生は一様に自主性を失い,与えられた授業の中 でのみ成総を気にする様になってきたと思います。 順天堂大学の教育の大きな特徴である,教職只と学生 との血の通い合う人間的な交流は,今の大学教育の中で 最も向く評価されるべ主ものと思いますu 医師,体育指 導者の教育は,暖かい血の通った教育による人間形成が 何よりも大切なことと思います。幸い本学では,教職員, 父兄が一体となって非常に熱心に学生の教育に努めてい ます。私が学生諸君に瀬いたいこと('1,この暖かい雰囲 気の中に安住するだけでなく,もっと積極的に自分の学 ぶべき引を求めて,常に前進を統lすて欲しい,若:苫らし く苦労を恐れず,雑草の如くたくましくあって欲しいと いうことです。私も1:'1分の職務と研究のよで秘駆的に努 力しなければならないと思っています。元来,委只長の 様な職務には全く非力でございます。どうぞよるしくご 指辺をおねがL、L、たします。 【大村教授の略歴) J昭和54年4月1日付一般教育委員長 就任。昭和25年東大理卒。 55載。

体育学部卒業生就職状況

一 一

1

0

0

%完 全 就 職一 一 昭和54年 3月卒業の体育学部体育学科 109名及び健明 学科32名の進路は次のように決定した。 内 訳 体育学科 "健康学科 針 ! 割合

- 3

2 時 舗 教ム μ~

I

16

I

6 I 22名 16% 7 24:sI 17形 2 7名 5~彰 4 8名 6% 員 ト ァ - - 十 (21)-i

-(m¥--

(

6

7

)

13I

o

I 3 門 │ 二AJλ ぷ 6

l 2 聡 学 一 台

(15)

、79 No.l(j5 同窓会だより

一 一 同 窓 会 だ

=

3

0

年記念事業にむけて

医学部の同窓会は,体育学部同窓会 とともに, 1)蹟天堂大学問窓会の構成団体でもあり,これ は,昭和39年から施行されています。しかしここ 5--6 年は,役.Qの委嘱もなく,有名無実になっていた。医学 部同窓会では,会則の件,支部の件など内部の確立に日 時をとられ,手が廻らなかったのが史的で,決してない がしろにしていたわけではありません。 さいわい30年記念の本来:を計画していくなかで,体育 学部同窓会の話が出た折,体育学部の新役員から,大学 同窓会の件について,連絡がありましたので,これを機 会に会則も現状に合せたものに改め,新たな情動をする ことに準備を進めております。会員諸兄姉のご協力を願 う次第です。 前号でもふれましたが,今年の同窓会30年記念につい ては,臨時の理事会,支部長会,代議只会を開き, 54年 11月17日(土)の総会に合せて準備を進めております。 4・ 業内容については後日ご連絡致しますが,大勢の会員が 参加されることを蹴っております。なお同窓会の設立当 時の写

n

や,記録をお持ちの方がおられましたら是非同 窓会本部までご一報下さし、。今の間に整理しておく心新 り で す 。 ( 副 会 長 川 北 祐 幸 ) "...-.._....ー-....-._. 4月に下記のような事務局スタッフ 体 育 学 部 :で昭和56年 3月まで会務の執行にあた ることになった。新しいスタップが前 任スタッフからいくつかの課題を引き継いだが,中でも もっとも大きな課題は,同窓会活動に積極的にかかわろ うとしない会員のほりおこしであり,同窓会組織の活発 化であった。これに取り組もうとしていた矢先にとれま で機能していなかった「大学問窓会」を機能させようと の動きが,底・体両同窓会で具体化することとなった。 そのあらわれの第一歩として今年度発行される同窓会 名簿が,医・体一緒になった大学同窓会名簿として発行 きれ,みなさまのお自にふれることになる。このような 中央の動きも一つのエネルギー源として,課題解決にむ けて努力をして行きたいものと,スタップ一同がんばっ ている次第です。 ・新役員 会 長 角 田 泰 造 , 副 会 長 三 戸 正 雄 官 下 桂 治,理事長北謀議明,扇JI理事長山崎等生勝亦絃一, 務局長吉儀宏,総務部長久保田洋一,財務部長 高岡郁夫,出版部長 中島立行,事業部長竹内敏康。 (体育学部同窓会理事長北森義明) 例年4月下旬に開催される総会は,

看学一科

;国鉄ストのあおりを受けて

5

2

4

(

本科

)

.

J

(木)午後 5時半より,願天堂大学有山 記念館食堂において災施されました。 総会は, 53年度活動報告,会計報告及び54年度活動計 画,予算案並びに54年度役員選出について審議の上,それ ぞれ承認されました。総会議事に関しては,一科と二科 各同窓会は合併合意のうえ,その会則起草経過報告と会 則案の提示がありました。また医学部,体育学部,宥護学 校の各同窓会を合併したj碩天堂同窓会(仮称)についても 推進することになった。一科伺窓会新役員は次の通り。 会 長 日下部一子(本病棟 1階婦長) 副会長 林田明美(内科外来)三島くみ子(新館 ICU) 部 記 阿部弘子(本館 3A)宮内部子(新館 ICU) 会 計 佐野初美(新館 8階)塩田裕子(新館 8階) 会計監査 津守節子(府中小学校養護)野村則子(新館 9階) 幹 事 各グラス 1--2名 (前会長鈴木久子) • __.. 5月26日に第8回総会が聞かれ,合

看学ニ科

l 併委員より挺示された願天盤石護学校

(

別科

)

i同窓会(仮称)の会則案が賛同を得ま したので-一部抜粋させていただきます。 一一第4条本会に以下の支部を置く。 1)第一支部会 願天主高等宕護学校本科卒業生,願天堂 完

1

・i護専門学校第

-

:

:

G

・殺学科卒業生をもっ て組織する。 2)第二支部会 顕天堂高せお殺学校別科卒業生,願天'主 活護専門学校第二訂・経学科卒業生をもっ て組織する。 一 一 附 則 1.初年度の役員の半数はその任期を 1年とする。

2

.

1

f

u

}

総会は全只出荷とする。 3. 第 2回以後の総会は代議員制とする。各支部会只50 名に対し1名とし各支部から20名を越えないものと する。 この会則をもとに,第二支部会々則案も,引統き5名 の合併委員の方にお願L、することになりそうです。 願天堂開窓会(仮称)の捻進は,予算面と活動面での 協力が難しいので現時点では予算内で名簿作成にのみ参 加させていただきたし、とし、う意見でした。 2つの会が 1 つになるまで2""'3年が経過しましたので,この問題を もう少し時間をかけて検討してゆきたいと思います。 (会長金子ミヨ)

(16)

ひろぱ '79 No,165

J

'

:

f

'

-"・・"・"・・."・・・・...・・."ー・‘・...・・.‘・.・・・,,・'・..".・‘."・...・..・・....‘・.・. モンヨーメ [g

新館入退院受付

一一-大理石のl壊に閉まれたこの揃癌な事務室は, ホテルでいえばフロントにあたる入退院受付で ある。阪天

i

;

'

と医院は公道をはさんで3地域に分 ;}t.る。お茶の水駅寄りの本館lま503床, 12階建 ての新館が 391床,そして新館西寄りの精神科 病棟が43床の合計・ 937床であるの 入院史人数は年間約 1万人,延約

3

0

;

J

人で, 外来患者は 1日約 2千人にのぼっている。 1 1 lj トト._~;' (絵と 文 医 務 課 入 退 院 係 清 宮 正 嗣) .・.・・...・町・..・・・・,.・-..,.・・....・・..・...・・・.・・..ー・・...・...・"・・"・".

定 年 退 職 者

次の職民の方,~dま,昭和54年 3 月 31 日定年返職されま した。多年に瓦り,それぞれの業務に精励され順天堂の 発展に沢敵されたご熱意に対し深く敬意を茨するととも こ,皆様の今後のご健勝,ご多幸を祈念する次第です。 順 不 向 。 ( )内は勤続年数。 宮子三郎さん総務局総務部総務課用務係 (10年) 森田耕三さん附属医院・

l

j:務部庶務課用務係 (12年9ヶ月) 柳久四郎さん 11 11 11 (7年6ヶ月) 斎 藤 敬 さ ん 11 11 洗濯係 (14{-f1ヶ月) 広瀬季男さん 11 11滝野川波(11年9ヶ月) 高梨きんさん附属医院部サーピス課長 (46年) 【退職にあたって】 ) 1鼠天堂医院后護婦誠宵所を巣立つてカ ら)1鼠天堂で.16年聞を過してまいりました 中で激々の出逢いと別れを体験し,時折 々の想い出も一杯で幸せでした。 お寄せいただきましたご親切本当にあ りがとうございました。皆々様のご健康

4

6

年勤続の をお祈り申し上げます。 高梨さん ・高梨課長は,昭和 8年 4月IJ甑 天 堂 宕 護 財 講 習 所 修 了後本院に就伍,同 15年

1

肖敏主任,向21年婦長,同32 年 3月病弱i婦長。昭和37年 2月iJ演天:b1高等涜J進学校教 務主任事務取扱(同年 3月迄),同37年 10月教育財長, 同47年 5月高1]総婦長(本館担当),同 50年 1月副総婦長 (本館担当),同 51年6月看護部活護厚生補導課長,同 52年7月事務部サービス課長をそれぞれ歴任された。 【退職後の住所】 千299-51千葉県夷隅郡御宿町浜336

私の

趣味

シリーズ 畠

大鎧の鑑賞

小柄な義経の鎧

久昭

裕(放射線科教段) / 趣味について向か住いて下さいと云われましたが,あ まり人に白慢できる趣味もなく読;;~f について性こうと思 ったら,もう少し具体性のあるものはないですかとi¥G を出された。 もう今では見向きをする暇もありませんけれど, 20年 かっちゅう 程前まで日本の中世の甲白に興味をもっていて,北よj 戸の櫛引八幡宮から,南は伊予大三島の突出ゐ11社

γ

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :