植物生長ホルモンに關する實驗的研究 第2報 生長ホルモンによる葉面噴霧處理と種子處理とによる大根「くびれ」現象の比較-香川大学学術情報リポジトリ

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

17

植物生長ホルモンに閲すろ賓験的研究

舜2報

生長ホルモンによる葉面噴霧虞唾三種子

鹿理ごによる大根「くびれ.」現象の此較

黒 上 泰 治(香‖嘩糞専門畢校)

竹 松 哲 夫(宇都宮大笹島単軸)

EXPERIMENTAL STUDIES ON

PHYTOHORMONESII

Compari80n OfPhytohomoneTreatmcntsbetween Spraylng On FoliagesofRadi$hes

and Seedlmmersion before Settingin the Field ofthe Same.

BY

TAIJIKt)ROKAMI,DirらctoroftheKagawaAgriculturalCollegcandTErStjO

TAKEMATSU,Lecturcrofthe AgriculturalFacultyoftheUtsunomiy争Univers)ty

(Ⅰ)緒 大礼白菜等の盤作物の生育過掛こ順癒して植物生長ホルをンの稀薄なる溶液む数回に怠り葉蘭噴霧 廃盤を’行ひ、その形態及生理の上に幾多の影響む輿へることについては兜に報告・した所であるが、斯る 生長物質の菓面噴霧虞理が、大根地下部の形状に猫特の欒化を及ぼし、成子虚埋に於け・ れ」現象顆似の反鮭を示すことについて、1947∼1948両年に亙り砦干の観察を試みた。斯くの如く誘導 方法の異なる二つの丁くびれ」現象の比較は従釆の生長ホルモン種子虞理法と噴霧虚理法庇於ける雨着 の作物に及ぼす儲響の本質的差異を−示す一つの機敏と.して、甚鱒興味が深いと思ふので、玄にその−・部 を轍乾するものである。緒本研究は文敢省科螢研究費の竣功によるもので玄に同省に.勤し深く感謝の意 を衣■ブ ̄ると共に、本饗験途行に懲り種々便宜を輿へられた宇都宮農林専門螢校定験農場畏敬授押田診太 氏に封し深く感謝の意を表す−る。 (Ⅱ)賛験材料及方法 賓陰に供用した大我品種は理想(19打年)及び美濃早生(1948年)大敵で、1947、1948両年とも同・一 方法により管験を‘施行したから、玄には1948年の方法のみむ記載することとす・る。

即ち7月1日瞳巾60甲、離間30cmの相島畦とし、良く選虚し■た種子を・1ケ朗8粒宛播下し、爾後数

回に亘り間引を行ひ.永英二枚展開の7月12日及び本尭8−9傲展開時の7月29日の両日に点り、

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(2)

18

O(・甲phthaleneaceticacidK−Salt(pure)(典董理科畢研究所調製)6.b5ご0..qO6、1p.0005%を・、1個昭

平均8∼10ccの割合に幕間に噴霧を行ひ、別忙封照として蒸溜水を周凱別の′ト型噴霧器で噴霧した。 侍7月1日(ヌーnaphtalenaoetic ac主d K疇Salt0.05、0.005、へ0005%終夜申に24時間浸済魔理を・行っ

た儲子を■噴霧魔理と同・−の栽培陳件の下匿育成し、種子應理に.於ける「くびれ」現象との此頓に供し た。

(Ⅲ)賓 験 結 果

① 生長物質の噴霧璽大根の黄身及事柄の下垂に及ぼす影響 第 − 表(1948年) 備考 本義は蝉誘虞哩後24時間の欺況を示す−もので、(」一・)ほ全く反應なきもの、(十)ほ反應ありたるものを 表し、そゃ激は.その強度を示す。即ち(+)は注意して叡察すれば恋め.られるもの、、(ヰ十)は下垂が明 瞭に認められるもの、(士)ほ肘二者の中間、(十・ト十)は全英垂下し形貌を欒じたるもの、(十十++) (まその厳た著しいものを表す0 ⑧「くびれ」現象「■くびれ」部の深さの比較 第 二 表(1947′∼1948年) 備考 Sp噴霧宏理、ST種子彊理、L長径、S短径、D=(L−S)、教学は何れも「くびれ」現象の明憤 なる蒙現個偲25憫麓の測定平均値(Cm)を示す0

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(3)

1.9 ⑧「■くびれ現象」くびれ部ゐ長さの此頃 第三表(1947′〉1948) 備考 Sp、ST部廃幣同じ。数字は明瞭なる【−てぴれ_慨象透魂個籠25の測東平均値(Cコl)を示す。

(1V)考轟及藤論

稀薄な植物ホルモンを・作物の重曹過程に憶じて数回に亘り葉蘭噴霧を:行ふことが、大根、白菜等の形態 及生理の上に多くの影響む輿へることについてほ、.既に著者等の報告せる所である。(2、り叉一方植物 生長ホルモンしによる鱒子鹿理が大根棋部の形態に異常を・来し、大根展特有の「くびれ」現象を生するこ 什及びその数量的形質が質、恩共に魔埋した生蔵物質の濃度と略モ正比例的に欒動することについても 既に著者等の報告せる朗である。(4)然るに生長物質の尭訊噴霧虚埋を行ふときは、種芋腐埋に於け・畠 と数似の嶺棍規象む生じ、組子腐理に於ける「−くびれ」現象の磯現過程と略≧河一の過革む経て「くびれJ を・形成するものである0即ち噴霧された生長物質は植物腹鼓面より浸透し、やがて通箪細腰英他を通じ バ地下部に移動し、根源慣の形成を・促進し、蟄板野がこ列である大髄魂鹿部の肥大に影響む及ぼし、濃 度に比例して長径及短径の比率に影響をもたらし、「■くびれ」類似の現象を生するものと思はれる。斯く して形成された噴霧魔理による「くびれ.」と、従妹の隆子虚埋に・よる「■くびれ」との示す形貸を上ヒ較瞼討 Lて見ると、第ニ、第.≡:丙表忙示す如く、「くびれ」部の深さは種子靡理のものは著しく深いのに反し、 噴霧魔理により誘導される「■くびれ部」の探さは著しく浅い。又「くびれ」部の長さは噴霧魔理によるもの け頗る長く、種子腐埋により誘蛍されるものは甚しく短い。かくて此の二組の異る現象の示す意義は生 長物質の鷹理手段(噴常魔埋と亀子魔埋)の相違に答へた大根魔反騰の一つの繚敏であり、これによれ ば様子魔理ほ深くしてきつい影響を、魔埋された常時の植物の局部に輿へ、噴第魔理はこれと相反し、 湧くして房易い影響を、植物性の金牌に息り輿へることを物語るものと云へよう。 引 用 文 献 (1)しⅤ.Borton:ContribいBoyce ThompsonInSt.,11,181∼205,1940. (2)黒上泰治・・竹松哲夫:生長ホルモンに依る噴霧題理の諸影響,農業及園垂,23(11),・1948・(教鞭) (3)同上:座長ホルモンによる噴霧露程の諸影響(静−・報),宇農専撃術報告,3(6),1948. ● (4)同上:ホルモン虞理が大根の根部異状に及ぼす影響,農畢,2(6、,1948 (5)並河功・・河村東軍:聖護院大根の肥大成長に謝す■る解剖肇的観察,園輩の研究,24,昭和4年

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(4)

三芳

(6)腿/河功・遠藤保太郎:厳重菜の肥大敗の盈育に附する解剖撃配祝賀,農業及園蚤,7(1).,昭和7年 (7)2Hmmerman.や.W。and Al・E Hitch(・OCk:ContIib・BoyceThompsonInst.13,313,1944. (8)二Cooper,W・C:Plantphysiol・●10,789,1935・

(9)Cooper,W.C:Plant Physiol.11,779,1936.

JJ RESUME

Comparisor10ftheeffbetsofplanthormonesbetwecn foliagc q)raylng ar)d seed treatment

was caITied on,radish Ris6(Rq6han7tSISatibu3Linnaeu$)as a material.

The代Sults are summaIized as follow苧:

l.K血匝pt始nOm餌01l,nar鵬1ydeep depleSSionofTadi血Ⅰ−00tS′叫eaCh si血or仇en¢正,

iscausedhybothLbliage spraylngandseedt甲atmentWithK saltsob(・naPhthaleneacetci

acid sol11tion$.

2・ThedepthofdepressedpartbecomesdeeperhyseedtIeatmentthan foliage sp王aylng,

hlltthelengthofthe sameismuchlongerhythcformertreatmentthanthelatter・

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :