• 検索結果がありません。

株式会社丸井グループ

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "株式会社丸井グループ"

Copied!
16
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

平 成 2 4 年 4 月1日 ー 平 成 2 4 年 9 月 3 0 日

(2)

1

株主の皆さまには、平素より格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

上半期の経営環境は、震災の復興需要に支えられ国内景気が緩やかに回復し、

個人消費も徐々に持ち直してきたものの、海外景気の下振れによる影響や消費税

増税法案の可決による消費マインドの停滞などが懸念され、依然として不透明な

状況が続きました。

このような環境のもと、当社グループは、年代の枠を越え幅広いお客さまにご

支持いただける丸井グループの実現をめざし、お客さまニーズに基づきすべての

事業の革新をすすめるとともに、基本戦略である三位一体型ビジネスをさらに推

進し、経営資源を最大限に活用することで収益力の向上をめざしてまいりました。

【小売事業】

小売事業では、「おしゃれを楽しみたいすべてのお客さまにご支持いただける丸

井」の実現に向けて、お客さまの潜在ニーズにお応えすることで、客層および客

数の拡大に取組むとともに、PB商品や自主売場の強化

による収益力の向上に努めました。

商品面では、お客さまと共同開発した新PB商品「ラ

クチン」シリーズを拡充しました。継続展開している

雑貨カテゴリーに加え、衣料品カテゴリーにおいても

品揃えが拡大したことで新PBの売上高は前年同期の約

3倍まで拡大し、PB商品全体の売上高も4%増となり

ました。また、丸井店舗では、幅広い年代のお客さま

に共通するニーズにお応えするため、売場スタッフが

主体となり、自主売場を中心に新たな売場編集に取組

みました。さらにWebサイトでは、お買物の前に下見

されるお客さまのニーズに対応し、商品紹介のコンテ

ンツを充実させるとともに、店舗や各ショップではタ

イムリーな情報発信を強化し、店舗とWebの連携をす

すめました。

このような施策により、客層の幅が拡がり、30歳以

上の客数が引き続き伸長したことで、既存店のお買上

げ客数は5年連続で前年を上回ることができました。

上半期の小売事業は、天候不順の影響や前年とのセー

ル実施時期のズレなどにより減収となりましたが、利

益面では販管費の固定費削減をすすめたことで大幅な

増益となりました。

株主の皆さまへ

ラクチンスマート財布 ラクチン綺麗セットアップスーツ

(3)

2

【カード事業】

カード事業においても、お客さまニーズに対応したご利用客数・ご利用額の拡

大と三位一体化による収益力の向上に取組みました。エポスカードの発行は、昨

年新たに導入した入会特典の効果に加え、提携カードなど丸井店舗外での発行が

順調に拡大したことから、上半期の新規会員数は35万人となり、ご利用客数は過

去最高の259万人となりました。また、メインカード化の取組みとして、4月から

ゴールド・プラチナカードのポイント有効期限を永久化したほか、5月には、ゴー

ルドカードの店舗での受付・即時発行を開始。申し込み数は従来の1.8倍となり、

ゴールドカード会員数は前年同期比37%増の46万人に拡大しました。さらに、オ

ンラインサービス「エポスネット」の登録率は第2四半期末で67%まで達しました。

このように、お客さまの利便性向上とメインカード化に努めた結果、外部加盟

店でのショッピング取扱高は引き続き高伸長し、ショッピングのリボ・分割払債

権の残高も拡大しました。改正貸金業法の総量規制の影響によりキャッシングの

残高は減少が続いていますが、取扱高は昨年の下半期から増加に転じて回復傾向

にあります。こうしてカード事業は、ショッピング収入が順調に拡大したことや

家賃保証など関連ビジネスの拡大により増収増益となりました。

【小売関連サービス事業】

小売関連サービス事業では、商業施設からの内装工事の受注が拡大したことに

加え、原価低減の取組みにより利益率の改善がすすみ増収増益となりました。

以上の結果、第2四半期累計の連結売上高は、前年同期比1.6%減の1,939億円、

営業利益は同24.1%増の95億円、経常利益は同29.0%増の95億円、四半期純利

益は同232.1%増の37億円となりました。今後もお客さまニーズに基づく商売を

すすめ、客層・客数の拡大をさらに推進することで着実に成長してまいります。

株主の皆さまにおかれましては、今後とも変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますよ

う、お願い申し上げます。

平成24年12月    取締役社長

(4)

3

丸井グループの取組み

 丸井グループでは、店舗・カード・Webが融合して相乗効果を発揮する三位一体型ビジ ネスを推進しています。  グループの経営資源を活用し、店頭での接客を通じたカード発行やWeb会員登録のおす すめ、Web通販と店舗の在庫一元管理化、Web通販で購入した商品のご試着やお受取り が店舗でできるウェブチャネルパークの開設など、お客さまの利便性を高め、ご利用客数 の増加、売上の拡大をはかります。  丸井グループは、小売事業・カード事業・小売関連サービス事業を通して「若々しいマイ ンドを持つすべての人のライフスタイルを応援する」企業グループです。

店舗・カード・Webの三位一体型ビジネスを推進します。

カード

Web

丸井グループの三位一体型ビジネスモデル エポスネット ・ネットID共通化 ・ウェブチャネル情報の発信 ・各種サービス情報の発信 ショッピング ・エポスカード会員募集 ・カード会員優待セール (ウェブチャネル) マルイウェブチャネル ・在庫一元管理 ・店頭での会員登録 ・ウェブチャネルパーク (店舗でのご試着・お品渡し等) マルイウェブサイト ・店舗・商品情報の発信

店 舗

カード発行 ・店頭即時発行 ・エポスネット登録 ショッピング ・カード会員優待セール ・店舗情報の発信 (エポスネット、Eメール等)

お客さま

(5)

4

小売事業の取組み①

カード発行 ・店頭即時発行 ・エポスネット登録 ショッピング ・カード会員優待セール ・店舗情報の発信 (エポスネット、Eメール等)  お客さまの価値観やライフスタイルの変化に対応し、 ファッション性だけでなく、着心地やはき心地、使い心 地などのニーズにお応えするため、お客さまと共同開発 した新PB商品「ラクチン」シリーズを拡充しています。  上半期には、新たに婦人服のセットアップスーツや、 紳士服のYシャツなどの販売を開始。継続して展開して いる雑貨アイテムとあわせ、衣料品においても品揃えが 拡大しました。売上高も前年同期の約3倍となり、幅広 いお客さまにご支持をいただいています。  今後もさらに新規アイテムの開発を加速し、収益力の 強化をはかってまいります。 平成22年 ラクチンきれいパンプス ラクチンきれいブーツ ラクチン快適バッグ(レディス) 平成23年 ラクチン快適バッグ(メンズ) ラクチン軽快シューズ(メンズ) ラクチン綺麗パンツ(レディス) 平成24年 ラクチン綺麗セットアップスーツ(レディス) ラクチン綺麗ワンピース、ラクチン綺麗ゆかた ラクチン綺麗ブラウス ラクチン綺麗フォーマルウェア(レディス) ラクチンスマート財布(レディス、メンズ) ラクチンすっきりYシャツ ラクチンすっきりパンツ(メンズ)

お客さまのニーズにお応えするPB商品を拡大しています。

お客さまと共同開発した新PBは、いずれもベストセラー商品になっています。

シルエットも綺麗な「ラクチン綺麗ワンピース」 ラクチンなのにきちんと見える 「ラクチン綺麗セットアップスーツ」 伸縮性がありアイロンもかけやすい「ラクチンすっきりYシャツ」

(6)

5

小売事業の取組み②

 丸井店舗では、毎日お客さまと接し ている売場スタッフが主体となり、各 店と本部が連携しながら新しい売場編 集に取組んでいます。  自主売場を中心に、従来のトレンド やデザインで編集していた売場づくり を、商品の特徴や機能性などを切り口 とした編集に一新。陳列や演出など売 場のすべてにおいて、全年代のお客さ まに共通するニーズにお応えするため、 商品をわかりやすく提案する売場づく りをすすめました。  「おしゃれを楽しみたいすべてのお客さまにご支 持いただける丸井」の実現に向けたさまざまな施策 により、客層の幅が拡がり、30歳以上のお客さまの ご利用が引き続き伸長したことで、全体のお買上げ 客数も5年連続で前年を上回ることができました。

お客さまの新しい買い方に対応した売場づくりをすすめています。

客層の幅、お買上げ客数が着実に拡大しています。

ギフトに対応した商品を集積した導入階売場 POPでニーズに対応した商品であることを語りかける ブランドの枠を越えて編集したレディスパンツ売場 平成24年度 (第2四半期) 30歳以上 1.8倍 全 体 客 数 2割増 平成19年度 (第2四半期) 29歳 以下 29歳以下 30歳 以上 30歳 以上 〈年代別のお買上げ客数比較〉

(7)

6

カード事業の取組み

入会特典と丸井店舗外での発行で会員数を拡大します。

三位一体化型のビジネスに取組んでいます。

カードの魅力を進化させ、メインカード化に取組んでいます。

 エポスカードは、昨年新たに導入した 入会特典「2,000円クーポン」の効果に 加え、提携カードなどの店舗外での発行 が順調に拡大したことで、上半期の新規 会員数は35万人と、年間70万人を超える ペ ー ス で 大 幅 に 増 加 し て い ま す。 こ の 結果、カードのご利用客数も過去最高を 更新しています。  オンラインサービスの「エポスネット」への登録 促進により、第2四半期末のカード会員のネット登 録率は67%にまで達しました。今後も継続して会 員登録を推進し、ご利用明細のWeb化や販促メー ルを活用することでタイムリーな情報発信と省資源 への対応、また、ローコストな運営をおこない、 カード事業の収益の向上をはかってまいります。  ゴールドカード、プラチナカードのポイント有効期 限を4月より永久化し、5月にはゴールドカードの店 舗での受付および即時発行を開始しました。これによ り、ゴールドカードの申し込み数は従来の1.8倍とな り、会員数も拡大しています。今後も、メインカード 化に向けてお客さまのご要望にお応えした施策を展開 し、カードの魅力を進化させることで、ご利用客数と ご利用額の拡大をめざします。 プラチナカード(上)ゴールドカード(下) 提携カード

カード新規会員数が順調に拡大

18 19 20 21 22 23 24年度 58 55 55 58 58 35 71 (単位:万人)

(8)

7

小売関連サービス事業各社では、小売事業、カード事業を中心に、丸井グループで培 われたノウハウと専門性を活かした企業向けのビジネスを強化しています。グループの 経営資源を有効活用し相乗効果を発揮することで、新たな事業の創出と既存事業の競争 力強化をめざします。

企業向けビジネスを強化しています。

小売関連サービス事業の取組み

㈱マルイファシリティーズ<総合ビルマネジメント事業> 小売グループならではの接客重視のフードコートオペレーシ ョンが高評価をいただき現在12施設で受託しています。 ㈱エイムクリエイツ<店装・広告・商業施設事業> 原価低減による利益改善をすすめ、外部商業施設を一 括受託するマスターリース事業を確立していきます。 ㈱エムアンドシーシステム<情報システム事業> 外部ユーザー向けに、データセンターのマシンルームを増 床。データセンター事業の拡大をすすめています。 ㈱ムービング<ファッション物流事業> Web通販のセンター業務を内制化。店舗・Webの一 体型物流の外部受託体制の確立をめざします。

(9)

8

ありがとう   ございました 割引券を 差し上げます 新しいお洋服が 買えて満足! クローゼットが スッキリ! 着ない服が多い 捨てるのは もったいないけど・・・ 社会貢献も できたね! マルイに行こう! 割引券が 使えてお得! 着なくなった洋服の有効活用について 困っていること ●お客さまの課題1 ●マルイに お買物の際に 衣料品を  お持ちください。 2 ●ショッピングを お楽しみください。 4 ●お客さまの 課題を解決 ●お客さまの 課題を解決 5 ●有効活用で ムダなく社会へ還元します。 ●有効活用で ムダなく社会へ還元します。 今までは、衣料品の 約74%が捨てられています! 〈衣料品のリユース・リサイクル率は低い〉 今までは、衣料品の 約74%が捨てられています! 〈衣料品のリユース・リサイクル率は低い〉 3

循環型ファッション

CSRトピックス

丸井グループでは、小売業の立場から衣 料品のリユースを通じて社会に役立てる 「循環型ファッション」の取組みをすすめ ています。各店舗では「衣料品下取りチャ リティー」をおこない、お客さまから着な くなった洋服をお預かりし、割引券と交換 します。下取りした衣料品は、東日本大震 災の被災地での提供イベント、NPO法人日本救援衣料センターを通しての途上国への寄贈、 被災地支援活動費にあてるための「チャリティーバザー」での再販売など、お客さまと一緒 にファッションを通じた社会貢献に取組んでいます。

本業を通じた社会貢献に取組んでいます。

衣料品下取りチャリティー お買物気分で楽しく選べる「被災 地での衣料品提供イベント」。 NPO法人日本救援衣料センターを通じて海外の途上国へ寄贈。 「チャリティーバザー」。丸井の店内や店頭で再販売する

お客さまと一緒に取組むファッションを通じた社会貢献

~循環型ファッション~

(10)

9

期別 科目 当第2四半期(24. 9 . 30)(24. 3 . 31)前 期 期別 科目 当第2四半期(24. 9 . 30)(24. 3 . 31)前 期

[資産の部]

百万円 百万円

[負債の部]

百万円 百万円 流動資産 360 , 749 347 , 670 現金及び預金 31 , 334 29 , 939 受取手形及び売掛金 4 , 957 5 , 510 割賦売掛金 150 , 763 142 , 995 営業貸付金 126 , 026 132 , 280 商品 21 , 777 21 , 817 その他 34 , 840 25 , 126 貸倒引当金 △8 , 950 △10 , 000 固定資産 257 , 510 267 , 460 有形固定資産 174 , 979 179 , 607 建物及び構築物 71 , 360 75 , 098 土地 98 , 276 98 , 276 その他 5 , 342 6 , 232 無形固定資産 6 , 545 6 , 749 投資その他の資産 75 , 985 81 , 103 投資有価証券 16 , 813 20 , 289 差入保証金 40 , 687 42 , 582 その他 18 , 484 18 , 231 流動負債 176 , 560 157 , 002 買掛金 27 , 054 28 , 698 短期借入金 80 , 701 50 , 675 1年内償還予定の社債 20 , 000 40 , 000 コマーシャル・ペーパー 22 , 000 10 , 000 未払法人税等 2 , 189 721 賞与引当金 3 , 650 3 , 952 ポイント引当金 1 , 572 1 , 345 商品券等引換損失引当金 149 147 その他 19 , 243 21 , 462 固定負債 150 , 160 167 , 778 社債 67 , 000 52 , 000 長期借入金 62 , 500 92 , 500 利息返還損失引当金 13 , 682 16 , 597 その他 6 , 978 6 , 681 負債合計 326 , 721 324 , 781

[純資産の部]

株主資本 291 , 319 289 , 470 資本金 35 , 920 35 , 920 資本剰余金 91 , 307 91 , 307 利益剰余金 217 , 980 216 , 130 自己株式 △53 , 889 △ 53 , 888 その他の包括利益累計額 △ 165 505 その他有価証券評価差額金 △ 165 505 新株予約権 6 ― 少数株主持分 378 374 純資産合計 291 , 538 290 , 349 資産合計 618 , 259 615 , 130 負債純資産合計 618 , 259 615 , 130

連結貸借対照表

財務データ

(11)

10

期別 科目 当第2四半期 (24. 4. 1〜24. 9 . 30) 前第2四半期 (23. 4. 1〜23. 9 . 30) 百万円 百万円 売上高 193 , 945 197 , 127 小売事業売上高 152 , 197 158 , 592 カード事業収益 25 , 005 24 , 019 小売関連サービス事業収益 16 , 741 14 , 515 売上原価 122 , 871 125 , 740 売上総利益 71 , 073 71 , 387 販売費及び一般管理費 61 , 504 63 , 678 営業利益 9 , 569 7 , 709 営業外収益 1 , 227 1 , 008 受取利息 73 81 受取配当金 292 284 固定資産受贈益 337 254 償却債権回収益 351 ― その他 172 388 営業外費用 1 , 261 1 , 325 支払利息 952 1 , 127 その他 308 198 経常利益 9 , 535 7 , 391 特別損失 3 , 210 6 , 113 固定資産除却損 428 305 固定資産見積変更差額 2 , 385 ― 投資有価証券評価損 330 5 , 514 災害損失 ― 293 その他 65 ― 税金等調整前四半期純利益 6 , 324 1 , 278 法人税等 2 , 552 137 少数株主損益調整前四半期純利益 3 , 772 1 , 141 少数株主利益 7 7 四半期純利益 3 , 765 1 , 133

連結損益計算書

財務データ

(12)

11

期別 区分 当第2四半期 (24. 4. 1〜24. 9 . 30) 前第2四半期 (23. 4. 1〜23. 9 . 30) 百万円 百万円 営業活動によるキャッシュ・フロー △ 5 , 395 13 , 100 投資活動によるキャッシュ・フロー 1 , 842 △ 4 , 116 財務活動によるキャッシュ・フロー 4 , 947 △ 11 , 885 現金及び現金同等物の増減額(△は減少) 1 , 395 △ 2 , 900 現金及び現金同等物の期首残高 29 , 928 32 , 603 現金及び現金同等物の四半期末残高 31 , 323 29 , 702 期別 区分 当第2四半期 (24. 4. 1〜24. 9 . 30) (23. 4. 1〜23. 9 . 30)前第2四半期 売上高 構成比 売上高 構成比 百万円 % 百万円 % 婦人用品 44 , 133 22 . 8 47 , 200 23 . 9 紳士・スポーツ用品 28 , 509 14 . 7 30 , 194 15 . 3 装飾雑貨 43 , 912 22 . 6 44 , 532 22 . 6 家庭用品 10 , 654 5 . 5 11 , 512 5 . 8 食品・レストラン 24 , 987 12 . 9 25 , 153 12 . 8 小売事業 152 , 197 78 . 5 158 , 592 80 . 4 消費者ローン利息収入 10 , 725 5 . 5 12 , 599 6 . 4 割賦手数料 7 , 934 4 . 1 6 , 663 3 . 4 その他 6 , 345 3 . 3 4 , 755 2 . 4 カード事業 25 , 005 12 . 9 24 , 019 12 . 2 小売関連サービス事業 16 , 741 8 . 6 14 , 515 7 . 4 合  計 193 , 945 100 . 0 197 , 127 100 . 0 (注)「カード事業」の「その他」は、加盟店手数料、家賃保証等による収入、「小売関連サービス事業」は、店舗内装、広告宣伝、情報 システムサービス、建物等の保守管理、ファッション物流受託、不動産賃貸等による収入です。

連結キャッシュ・フロー計算書

売上高の内訳(連結)

財務データ

(13)

12

※「個人・その他」には自己株式44,947千株が含まれております。 株主数株式数金融機関 100,667千株 (31.6%) 金融商品取引業者 11,937千株 (3.7%) 金融商品取引業者 45名(0.2%) その他法人 48,183千株 (15.1%) 外国法人等 80,170千株 (25.2%) 個人・その他 77,701千株 (24.4%) 個人・その他 20,336名(95.8%) 金融機関 59名(0.3%) 外国法人等 375名(1.8%) その他法人 407名(1.9%)

所有者別分布状況

大株主

発行可能株式総数 1 ,400, 000 , 000株 発行済株式の総数 318, 660 , 417株 株主数 21 , 222株 主 名 持株数 持株比率 千株 % 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 28 , 182 8 . 8 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 20 , 852 6 . 5 SSBT OD05 OMNIBUS ACCOUNT-TREATY CLIENTS 7 , 938 2 . 5 株式会社アトム 6 , 722 2 . 1 青井不動産株式会社 6 , 019 1 . 9 株式会社三菱東京UFJ銀行 5 , 808 1 . 8 青井忠雄 5 , 284 1 . 7 ジユニパー 5 , 076 1 . 6 ノーザン トラスト カンパニー (エイブイエフシー) サブ アカウント アメリカン クライアント 4 , 535 1 . 4 東宝株式会社 3 , 779 1 . 2

株式の状況

(平成24年9月30日現在)

(14)

13

丸井グループ体制

店名  開店日 所在地 TEL 東京都 新宿店 S.23 9. 10 〒160-0022 新宿区新宿3-30-13 03(3354) マルイシティ池袋 S.27 1. 20 〒171-0021 豊島区西池袋3-28-13 03(3989) 渋谷店 S.33 10. 1 〒150-0041 渋谷区神南1-21-3 03(3464) 錦糸町店 S.58 9. 2 〒130-0022 墨田区江東橋3-9-10 03(3635) 上野マルイ S.60 8. 24 〒110-8502 台東区上野6-15-1 03(3833) 北千住マルイ H.16 2. 27 〒120-8501 足立区千住3-92 03(5244) 有楽町マルイ H.19 10. 12 〒100-0006 千代田区有楽町2-7-1 03(3212) 中野マルイ S.06 2. 17 〒164-0001 中野区中野3-34-28 03(3382) 吉祥寺店 S.35 10. 30 〒180-8552 武蔵野市吉祥寺南町1-7-1 0422(48) 町田マルイ S.55 9. 20 〒194-0013 町田市原町田6-1-6 042(728) 国分寺マルイ H.01 3. 1 〒185-8562 国分寺市南町3-20-3 042(323) 神奈川県 マルイシティ横浜 H.08 9. 20 〒220-0011 横浜市西区高島2-19-12 045(451) 川崎店 S.63 3. 11 〒210-0024 川崎市川崎区日進町1-11 044(245) マルイファミリー溝口 H.09 9. 12 〒213-0001 川崎市高津区溝口1-4-1 044(814) マルイファミリー海老名 H.14 4. 19 〒243-0483 海老名市中央1-6-1 046(232) 埼玉県 大宮店 S.57 9. 28 〒330-9501 さいたま市大宮区桜木町2-3 048(642) 草加マルイ&アウトレット H.04 2. 21 〒340-0015 草加市高砂2-9-1 048(922) マルイファミリー志木 H.12 2. 25 〒353-0004 志木市本町5-26-1 048(487) 千葉県 柏店 S.39 4. 24 〒277-0005 柏市柏1-1-11 04(7163) 茨城県 水戸店 S.45 7. 25 〒310-0015 水戸市宮町1-2-4 029(225) 静岡県 静岡店 S.44 9. 21 〒420-0857 静岡市葵区御幸町6-10 054(252) 大阪府 なんばマルイ H.18 9. 22 〒542-0076 大阪市中央区難波3-8-9 06(6634) 兵庫県 神戸マルイ H.15 10. 3 〒650-0021 神戸市中央区三宮町1-7-2 078(334) 京都府 京都マルイ H.23 4. 27 〒600-8567 京都市下京区四条通河原町東入真町68 075(257) (株)丸井グループ [持株会社] カード事 業 小売関連サービス事業 小 売 事 業 ㈱丸井  「マルイ」店舗の運営  自主PBの開発・運営  通販事業(Web・カタログ)  海外事業  外部専門店事業 ㈱エポスカード  カード事業 ㈱エムアールアイ債権回収  債権回収事業 ㈱ゼロファースト  消費者金融事業 ㈱エイムクリエイツ  店装・広告・商業施設事業 ㈱エムアンドシーシステム  情報システム事業 ㈱マルイファシリティーズ  総合ビルマネジメント事業 ㈱ムービング  ファッション物流事業 ㈱マルイホームサービス  不動産賃貸事業 ㈱マルイキットセンター  用度品ピックアップ業務 他

店舗ネットワーク

(平成24年9月30日現在)

(15)

14

商号 株式会社 丸井グループ 創業 昭和6年2月17日 会社設立 昭和12年3月30日 発行済株式の総数 3億1 , 866万株 資本金 359億20百万円 事業年度 毎年4月1日から翌年3月31日まで 事業目的 小売事業、カード事業、小売関連サービス事業をおこなう グループ会社の経営計画・管理等 店舗数 関東を中心に、東海、関西に24店(丸井店舗) 売場面積 418 , 000㎡ 従業員数(グループ合計)6,204名 ※従業員数には、臨時従業員は含めておりません。 本社 〒164─8701 東京都中野区中野4丁目3番2号 電話 03─3384─0101(代表) http://www.0101maruigroup.co.jp

丸井グループ役員

株式会社丸井グループの概要

(平成24年9月30日現在) 代表取締役社長グループ代表執行役員

青 井     浩

専務取締役専務執行役員

佐 藤   元 彦

常務取締役常務執行役員

篠 瀬   達 也

常務取締役常務執行役員

中 村   正 雄

取  締  役

堀 内 光 一 郎

取締役執行役員

若 島     隆

取締役執行役員

石 井   友 夫

取締役執行役員

瀧 元   俊 和

常 勤 監 査 役

向 原   通 隆

常 勤 監 査 役

菊 地   良 秀

監  査  役

大 江     忠

監  査  役

高 木   武 彦

(注) 取締役のうち堀内光一郎氏は社外取締役、監査役のうち大江忠、高木武彦の各氏は 社外監査役です。 執行役員

浅 田   恭 平

執行役員

布 施   成 章

執行役員

小 暮   芳 明

執行役員

斉 藤   義 則

(16)

株式事務のお取扱いについて

1. 事業年度

毎年4月1日から翌年3月31日まで

2. 配当基準日

期末配当金:3月31日 中間配当金:9月30日

3. 単元株式数

100株

4. 定時株主総会

毎年6月中

5. 公告方法

電子公告により当社ホームページに掲載いたします。 但し、やむを得ない事由によって電子公告による公告をする ことができない場合は、東京都において発行する日本経済新 聞に掲載しておこないます。 http://www.0101maruigroup.co.jp/ir/settlement.html

6. 上場取引所

東京証券取引所市場第1部(貸借銘柄)

7. 株主名簿管理人

特別口座管理機関

三菱UFJ信託銀行株式会社

(同連絡先)

東京都江東区東砂七丁目10番11号(〒137─8081) 三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部 電話 0120-232-711 株式のお手続きについてのご注意 ⑴ 株主さまの住所変更、買取請求その他各種お手続きにつきましては、原則、口座を開設 されている口座管理機関(証券会社等)で承ることとなっております。口座を開設され ている証券会社等にお問い合わせください。株主名簿管理人(三菱UFJ信託銀行)では お取扱いできませんのでご注意ください。 ⑵ 特別口座の株式に関する各種お手続きにつきましては、三菱UFJ信託銀行が口座管理機 関となっておりますので、上記特別口座の口座管理機関(三菱UFJ信託銀行)にお問い合 わせください。なお、三菱UFJ信託銀行全国各支店にてもお取次ぎいたします。 ⑶未受領の配当金につきましては、三菱UFJ信託銀行本支店でお支払いいたします。  IR情報・グループ各社の紹介をはじめ、マルイ店舗のショッピング情報など、丸井グループの情報 を詳しくご覧いただけます。 丸井グループホームページのご案内 丸井グループホームページwww.0101maruigroup.co.jp 企業情報・IR情報 丸井グループホームページ www.0101maruigroup.co.jp 店舗・商品情報 マルイウェブサイト www.0101.co.jp カードに関する情報 エポスカード www.eposcard.co.jp オンラインショッピング マルイウェブチャネル 0101.jp

参照

関連したドキュメント

水処理土木第一グループ 水処理土木第二グループ 水処理土木第三グループ 土木第一グループ ※2 土木第二グループ 土木第三グループ ※2 土木第四グループ

水処理土木第一グループ 水処理土木第二グループ 水処理土木第三グループ 土木第一グループ ※2 土木第二グループ 土木第三グループ ※2 土木第四グループ

この資料には、当社または当社グループ(以下、TDKグループといいます。)に関する業績見通し、計

概要・目標 地域社会の発展や安全・安心の向上に取り組み、地域活性化 を目的としたプログラムの実施や緑化を推進していきます

BIGIグループ 株式会社ビームス BEAMS 株式会社アダストリア 株式会社ユナイテッドアローズ JUNグループ 株式会社シップス

7.自助グループ

ダイキングループは、グループ経 営理念「環境社会をリードする」に 則り、従業員一人ひとりが、地球を

ダイダン株式会社 北陸支店 野菜の必要性とおいしい食べ方 酒井工業株式会社 歯と口腔の健康について 米沢電気工事株式会社