的にも影響があるので, 期間をできるだけ短縮することに向けて尽力していただきたい 争点がない事件でも三, 四か月かかるということであるが, 結構時間がかかっているという印象である 事案によっては, 慎重にしなければならないが, 争点がない事件では2か月くらいでできるのではないか 一般人からして裁判は

全文

(1)

松山地方裁判所委員会(第31回)議事概要 1 日時 平成30年4月18日(水)午後3時00分から午後5時00分まで 2 場所 松山地方裁判所大会議室(5階) 3 出席者 (委 員) 伊名波宏仁,大熊伸定,金沢敏郎,久保井恵子,鈴木靜,竹 本道代,長井基裕,蜂須賀三紀雄,八塚洋,山本雄次(五十音 順) (事務担当者) 西山民事首席書記官,今井刑事首席書記官,高津事務局長, 藤野総務課長,多田総務課課長補佐 4 議事(■委員長,□委員) (1)松山地方裁判所長あいさつ (2)委員の自己紹介 (3)裁判員裁判の近時の運用についての説明 末弘刑事部総括判事から松山地方裁判所の運用について説明した。 (4)41号法廷及び評議室見学 (5)意見交換 ■ 裁判員裁判対象事件が起訴され,実際に法廷での審理が始まるまでの期間 の長さについて,どのような印象を持っているか。 □ 裁判はものすごく長くかかるというイメージがあるので,裁判員裁判も裁 判員が長く拘束されるのではないかと思っていた。 □ 公判前整理手続の期間が長くなれば,被告人や関係者の記憶が薄れるとい う点,人権の観点からは被告人の身柄拘束につながっていく点,それから裁 判員裁判の対象事件は,社会を不安に陥れていくような事件が多いことから, 早く真相を明らかにしてほしいという思いもある。被害者はもちろん,社会

(2)

的にも影響があるので,期間をできるだけ短縮することに向けて尽力してい ただきたい。 □ 争点がない事件でも三,四か月かかるということであるが,結構時間がか かっているという印象である。事案によっては,慎重にしなければならない が,争点がない事件では2か月くらいでできるのではないか。 □ 一般人からして裁判は長いという印象があるので,可能であれば,スピー ディな審理をお願いしたい。 ■ 刺 激 の 強 い 証 拠 の 取 調 べ が 裁 判 員 に 与 え る 精 神 的 負 担 に つ い て 報 道 さ されてい る が,ど の ような 印 象を持 っ ている か。 □ 裁 判 員 は そ の よ う な 悲 惨 な も の を 見 る の は 初 め て で あ ろ う か ら , 精 神 的 に負 担と 感じ るの は 当然 で ある。 □ か な り 以 前 か ら 刺 激 の 強 い 証 拠 の 取 調 べ に お い て は , 裁 判 員 に 負 担 を か け ない よ う 裁判所 が 配慮し て いると の印象は受 けてい る。 □ 以 前 , 交 通 死 亡 事 故 の 写 真 を 見 た こ と が あ る が , 今 で も か な り 印 象 に 残 っ て い る 。 も っ と 悲 惨 な 事 件 だ っ た ら , も っ と 印 象 に 残 る の で は な い か 。 そ れ が 裁 判 の 争 点 と い う こ と に な れ ば , 仕 方 が な い 部 分 も あ る が , 適 切な 配慮 は して いた だきた い 。 □ 裁 判 員 候 補 者 は 遺 体 写 真 な ど の 刺 激 の 強 い 証 拠 の 取 調 べ に つ い て , 不 安 に 思 う 人 は 少 な く な い が , 実 際 に 衝 撃 を 受 け た と 述 べ た 裁 判 員 は そ れ ほ ど 多 く は な い 。 イ ラ ス ト を 用 い た 説 明 , 選 任 時 や 審 理 の 中 で 十 分 説 明 を し, 衝撃 を和 らげ る 運用 が さ れ ているの だと思 う。 □ 悲 惨 な 写 真 を 見 て 衝 撃 を 受 け た と い う 報 道 で , 私 も 見 た く な い な と 思 っ て い た が , イ ラ ス ト 等 を 用 い る な ど の 配 慮 が さ れ て い る と い う の で あ れ ば , 裁 判 員 を や っ て も 構 わ な い と 思 っ た 。 し か し , 実 際 に 見 る と な れ ば , 衝 撃 が 強 い と 思 う の で , で き る だ け い ろ い ろ な 配 慮 を し て い た だ き た い。

(3)

□ 裁 判 員 裁 判 の 対 象 事 件 は 重 大 な も の が 多 く , 刺 激 の 強 い 証 拠 の 取 調 べ は 裁 判 員 制 度 そ の も の が 持 っ て い る 課 題 で は な い か 。 裁 判 員 制 度 は そ こ を 直 視 し な け れ ば い け な い 制 度 で あ る か ら , こ の 問 題 に つ い て は 常 に 考 え てい かね ばな らな い 。 □ 裁 判 員 裁 判 の 目 的 が 国 民 か ら の 信 頼 を 保 つ と い う こ と で あ る か ら , 避 け て は 通 れ な い 問 題 で あ る 。 そ の 上 で , い ろ い ろ 工 夫 し て , 積 み 重 ね て い くし かな い。 ■ 性 犯罪 を中 心に して ,裁判 所 が被害者 の 名前 や住所 等を法廷で 明ら か に しない被 害 者特定 事 項の秘 匿 決定を し ている ことがある が,この よう な 被 害者のプ ラ イバシ ー 保護の 要 請が強 い 事件に ついて,報道の際に どの よ う な点に留 意 されて い るか。 □ 被害 者の プラ イバ シ ー保 護 の要請 が強い事件 の報道 については,当然, 配 慮 し て い る 。 マ ス メ デ ィ ア が 行 き 過 ぎ た 報 道 を し て し ま っ た ら , 名 誉 に かか わる 問題 なの で ,常 に 注意し ている。 □ 実 名 報 道 が 原 則 で あ る が , 性 犯 罪 被 害 者 に つ い て は , 人 権 に 配 慮 し て 匿 名 で 報 道 す る 傾 向 に な っ て お り , 犯 罪 内 容 も 個 別 に 検 討 し て 報 道 し て い る 。 た だ , 被 害 者 の 特 定 事 項 の 秘 匿 決 定 の 必 要 性 , 特 定 事 項 の 範 囲 に つ い て は , 刑 事 訴 訟 法 で 定 め る 「 名 誉 , 社 会 生 活 の 平 穏 が 著 し く 害 さ れ る こ と が あ る こ と が 認 め ら れ る 場 合 」 に 当 た る か 慎 重 な 検 討 が な さ れ る べ きで であ る 。 ■ 法 廷内 の安 全確 保等 の 観点 か ら,保釈 中の被 告人に対し て入廷 時に 所持 品検査を 実 施 したり,事案によっては,傍聴人に対して も 同 検査を 実 施 し たりする こ とがあ る が,ど の ような 印 象を持 っているか 。 □ 従 前 裁 判 所 が 所 持 品 検 査 を 実 施 し て い な か っ た と い う こ と に 違 和 感 が あ る。 □ 裁 判 の 公 開 原 則 か ら す る と , 原 則 は 今 ま で ど お り で , 所 持 品 検 査 の 実

(4)

施 の判 断は ケー スバ イ ケー ス になる のではない か。 □ 裁 判 員 に 対 し て , 暴 力 団 員 が 声 か け を し た と い う 事 案 が あ っ た こ と か ら する と所 持品 検査 は 必要 で はない か。 □ プ ラ イ バ シ ー 侵 害 と い う 声 も あ る が , 法 廷 は 紛 争 の 場 で あ り , 関 係 者 が 凶 器 を 持 ち 込 む 可 能 性 が な い と は い え な い か ら , 所 持 品 検 査 は 必 要 で は ない か。 □ 必 要 性 が あ れ ば , 仕 方 が な い 。 た だ , そ の 必 要 性 に つ い て は 説 明 が で き るよ うに して おか な けれ ば ならな い。 □ 飛 行 場 で は 所 持 品 検 査 を し て い る が , 苦 情 を 述 べ る 人 は ほ と ん ど い な い こ と か ら , 法 廷 に 入 る 前 に , 所 持 品 検 査 を さ れ て も , プ ラ イ バ シ ー 侵 害 だ と い う 人 は い な い の で は な い か 。 今 ま で 裁 判 所 で 所 持 品 検 査 を し て い なか った こ とが 不思 議な感 じ がする。 ■ 警 察官 が法 廷等 を巡 回 する こ とにつ いてはどう か。 □ 裁 判 は 紛 争 の 場 で あ る か ら , そ こ に 警 察 官 が い た か ら と い っ て 違 和 感 は な い 。 「 金 融 機 関 等 で は 見 せ る 警 備 」 と し て , 積 極 的 に 警 察 官 に 来 て も らっ てい る。 □ 法 廷 に 警 察 官 が い る こ と が 原 則 に な る こ と に つ い て は , 違 和 感 を 覚 え る 。 暴 力 団 事 案 や 爆 破 予 告 が あ っ た 場 合 な ど , 限 定 的 な 運 用 に と ど め , 慎 重に 判断 され るべ き であ る 。 □ 必 要 な と き に 対 応 し て も ら え れ ば 足 り る の で は な い か 。 警 察 官 が 裁 判 所 を 巡回 し ている の は違和 感 がある 。 ■ 裁 判 員 裁 判 の 辞 退 率 上 昇 , 出 席 率 低 下 に つ い て 報 道 さ れ る こ と が あ る が,どの よ うな印 象 を持っ て いるか 。 □ 人 手 不 足 が 顕 著 に な っ て い る 状 態 で , 働 い て い る 人 が 何 日 間 も 仕 事 を 離 れ な け れ ば い け な い こ と に な る と な か な か 対 応 し き れ な い の で は な い か 。 人 口 減 少 の 中 で 裁 判 員 制 度 を ど う し て い く の か と い う こ と も 検 討 し

(5)

て いか なけ れば なら な いの で はない か。 □ 日 本 の 雇 用 状 況 の 中 で は 裁 判 員 裁 判 に 参 加 し に く い と い う 現 状 は あ る が , こ う し た 社 会 参 加 を 企 業 な ど が 認 め て い け る 状 況 を ど う や っ て 国 家 が 作 っ て い く の か と い う こ と が 大 事 で は な い か 。 裁 判 員 裁 判 が き ち ん と 広 報 さ れ , フ ィ ー ド バ ッ ク さ れ て い く こ と に よ っ て , 仕 事 中 心 で は な い 日 本 を 作 る 一 助 に も な る の で は な い か 。 ま た , 学 生 は 男 女 を 問 わ ず , 裁 判 傍 聴 に 行 き た い と 望 む 者 が 多 く な っ て き て い る こ と か ら , 法 教 育 や 法 文 化を 広め てい くと い う方 向 でも考 えていくべ きであ る。 □ 辞 退率 の上 昇が 日程 だ けの 問 題でな く,裁判 員の責任な どを考 えて 躊躇 すること も ある ので はな いか。意 識の中 で広がって いくよ うな広報の やり 方を検討 し ていけ ば よいの で はない か 。 □ 審 理 期 間 が 5 日 間 で も 長 い と 感 じ る 傾 向 が あ る が , 裁 判 員 経 験 者 が 記 者 会 見 で 語 る 充 実 感 と の ギ ャ ッ プ を ど う 埋 め て い く こ と が で き る の か 考 え て い く べ き で あ る 。 一 般 人 は 自 分 が 法 律 の 素 人 で あ る と か 被 告 人 の 運 命 を 左 右 し て し ま う こ と に 不 安 を 持 っ て い る 。 裁 判 員 経 験 者 は , 裁 判 員 裁 判 に つ い て , 人 生 の 中 で 経 験 す る の に 価 値 の あ る も の だ と か , 裁 判 所 が 丁 寧 に 分 か り や す く 説 明 し て く れ た の で 安 心 で き た な ど 肯 定 的 に 捉 え て い る 。 裁 判 員 経 験 者 に は 守 秘 義 務 が あ る が , も っ と 裁 判 員 経 験 者 に 語 っ てい ただ ける よう な 環境 づ くりが 大切ではな いか。 □ 裁 判 員 裁 判 を 知 っ て る か 知 ら な い か で , 辞 退 率 に 大 き く 影 響 が あ る の で は な い か 。 裁 判 員 制 度 を 知 っ て も ら う よ う な 工 夫 が 必 要 で , 知 ら な い か ら不 安と いう こと を 払拭 して い かなけれ ばなら ないのでは ないか 。 □ 裁 判 員 制 度 の 導 入 時 に は い ろ い ろ マ ス コ ミ で 取 り 上 げ ら れ て い た が , 時 間 が 経 過 し , 記 憶 か ら 薄 れ て き て , い ざ , 通 知 が き た ら , 面 倒 だ と い う の が 本 音 で は な い か 。 制 度 導 入 時 よ り は 辞 退 率 が 増 加 す る の は や む を 得 ない ので はな いか 。

(6)

□ 市 民 フ ォ ー ラ ム や 大 学 等 で 裁 判 官 や 裁 判 員 経 験 者 が 法 教 育 す る こ と が 大事であ る 。 (6)次回期日について 平成30年10月31日(水)午後3時 (7)次回テーマについて 「労働審判制度について」

Updating...

参照

Updating...