DKP 方程式のソリトン解のロンスキ型パフィアン表 示とネットワーク

全文

(1)

九州大学学術情報リポジトリ

Kyushu University Institutional Repository

DKP 方程式のソリトン解のロンスキ型パフィアン表 示とネットワーク

城戸, 真弥

早稲田大学基幹理工学部

渡邉, 靖之

早稲田大学基幹理工学研究科

田中, 悠太

早稲田大学基幹理工学研究科

筧, 三郎

立教大学数学科

https://doi.org/10.15017/1957506

出版情報:応用力学研究所研究集会報告. 29AO-S7 (1), pp.42-48, 2018-03. 九州大学応用力学研究所 バージョン:

権利関係:

(2)

応用力学研究所研究集会報告No.29AO-S7

「非線形波動研究の新潮流―理論とその応用―」(研究代表者 辻本 諭)

Reports of RIAM Symposium No.29AO-S7

New trends in nonlinear waves - theory and applications -

Proceedings of a symposium held at Chikushi Campus, Kyushu University, Kasuga, Fukuoka, Japan, November 9 - November 11, 2017

Research Institute for Applied Mechanics Kyushu University

March, 2018 Article No. 06 (pp. 42 - 48)

DKP 方程式のソリトン解のロンスキ 型パフィアン表示とネットワーク

城戸 真弥( Kido Shinya ),渡邉 靖之( Watanabe Yasuyuki ),

田中 悠太( Tanaka Yuta ),筧 三郎( KAKEI Saburo ),丸野 健一( Maruno Ken-ichi

(Received 9 February 2018; Accepted 20 March 2018)

(3)

DKP 方程式のソリトン解のロンスキ型パフィアン表示と ネットワーク

早稲田大学基幹理工学部 城戸 真弥(Shinya Kido) 早稲田大学基幹理工学研究科 渡邉 靖之(Yasuyuki Watanabe) 早稲田大学基幹理工学研究科 田中 悠太(Yuta Tanaka) 立教大学数学科 筧 三郎(Saburo Kakei) 早稲田大学理工学術院 丸野 健一(Ken-ichi Maruno) 概 要

KP方程式のソリトン相互作用の数理構造は,完全置換やネットワークと密接に関係することが 知られている.それに対して,KP方程式を拡張して得られるDKP方程式のソリトン相互作用の数 理構造はまだ十分に理解できていない.そこで,反対称行列の標準化とそのネットワーク表示を用い ることによって,DKP方程式の解とネットワークを結びつける.

1 イントロダクション

Kadomtsev-Petviashvili(KP)方程式は代表的な(2 + 1)次元可積分方程式の一つであり,2次元弱非線 形浅水波を記述する[1].KP方程式のソリトン解はロンスキアン表示を持ち,そのソリトン相互作用に ついての解析が詳細になされている.また,DKP(coupled KP)方程式はKP方程式の拡張として提案さ れたソリトン方程式であるが,DKP方程式はKP方程式のすべての厳密解を含みつつ,KP方程式には ない多様な厳密解を持っている[2, 3]DKP方程式の厳密解は,グラム型パフィアン,ロンスキ型パフィ アンの形で表示することができる [3, 4]Isojimaらは広田の方法を用いてDKP方程式のソリトン解を 求め,spider-web解と呼ばれる蜘蛛の巣状パターンを示すソリトン解を発見した[5].このspider-web 解の発見の後,BiondiniとKodamaはKP方程式もspider-web解を持つことを発見し [6],これがきっ かけとなり2次元ソリトンの相互作用の研究が活発化することとなった.近年,KPソリトン解の分類

(ソリトンの相互作用が示すパターンの分類)は置換やネットワークと密接に関係し,組み合わせ論的 手法を用いて詳細な解析を行うことができることがわかってきた [7–10]Chakravarty-KodamaKP 方程式のソリトン解のロンスキアン表示に対してCauchy-Binetの公式を適用し,KPソリトン解の分類 に成功した [7]Kodama-MarunoDKP方程式のソリトン解のロンスキ型パフィアン表示に対して石 川・若山のパフィアンの和公式を適用し,DKPソリトン相互作用の詳細な解析を行ったが,DKPソリ トン相互作用はKPソリトン相互作用に比べて非常に複雑であり,ソリトン解の分類にまでは至ってい ない[11].本研究の目標は,Kodama-MarunoによるDKP方程式のソリトン相互作用の研究をさらに 前進させ,DKP方程式のソリトン解の分類を行いソリトン相互作用の詳細を理解することである.さ らに,KP方程式に対するLe-diagramや完全置換といった組合せ論的対応物をDKP方程式の場合に見 つけることである.KP方程式はあるネットワークと対応がつけられることが示されているが,本稿で は反対称行列の標準化という手法によってDKP方程式の場合もネットワークと対応づける.

2 KP 方程式のロンスキアン解とネットワーク

KP方程式

(4ut+ 6uux+uxxx)x+ 3uyy = 0 は変数変換u= 2(logτ)xxにより

(Dx44DxDt+ 3D2y·τ = 0 (1) 1

(4)

となる.ここで,Dx, Dy, Dtは広田のD-オペレータ DkxDylDtmf(x, y, t)·g(x, y, t)

= lim

x,y,t0

k

∂xk

l

∂yl

m

∂tmf(x+x, y+y, t+t)g(x−x, y−y, t−t) を表す.そして,双線形方程式(1)は次のようなロンスキアン解を持つ:

τ =

f1 · · · f1(N1) ... . .. ... fN · · · fN(N1)

,fi(n):= n

∂xnfi,

∂fi

∂y = 2fi

∂x2,∂fi

∂t = 3fi

∂x3. (2)

分散関係式(2)を満たすfiとして

fi =

M j=1

aijeθj, θj =kjx+kj2y+k3jt (k1<· · ·< kM)

を選ぶと,

τ =



a11 · · · a1M

... . .. ... aN1 · · · aN M





eθ1 · · · kN11eθ1 ... . .. ... eθM · · · kNM1eθM



=|AEˆ |

と表せる.行列Aˆとパラメータkjによりソリトンの相互作用は決定されるが,KP方程式のソリトン解 の場合,相互作用のパターンに関しては,行列Aˆの分類が本質的である.以下では行列Aˆの分類と完全 置換やネットワークとの関係について説明する.行列Aˆとネットワークや置換が密接に関係しているこ とを説明するためLe-diagramを導入する.Le-diagramとはヤング図形の箱の中にあるルールに従って 白丸を配置したものである.そのルールとは以下である:

白丸が入った箱の上の箱はすべて白丸,または左の箱がすべて白丸となる.

白丸だけの行や列は存在しない.

このルールのことをLe-propertyと呼ぶ.例えば,図1Le-diagramである.

図1: Le-diagramの例

1 3 2 4

1 3 2 4

図 2: 書き換え後のLe-diagram

Le-diagramは完全置換と一対一に対応する.ここで完全置換とはM 次置換群の元ππ(i)̸=i,(i= 1, . . . , M)を満たす置換である.まずLe-diagramを図3に従って書き換える.さらに,Le-diagramの右 下枠に上から順に1, . . . , Mを並べる.図3のように数字が移ると考えて,左上枠に対応する数字を書き

(5)

i i

j

j i

j

j i

図3: Le-diagramの書き換え

込んでいく.書き換えた後の向かい合う辺どうしの数字の入れ替えが対応する完全置換となる.図1 書き換えたものが図2であり,例えば図2の場合,

π= (

1 2 3 4 2 1 4 3

)

が対応する完全置換である.さらにLe-diagramからネットワークを構成することができる.図4 ような対応を下の行から順に,同じ行の中では右から順に対応させ,ネットワークを右につなげてい

くとLe-diagramに対応するネットワークを構成することができる.例えば図2に対応するネットワー

クは図5である. そして,このようなネットワークはさらに行列の積として表現することができる.

i i

i+ 1 i+ 1

i i+ 1

i i+ 1

p i

i+ 1

i+ 1 i

i i+ 1

i i+ 1 1

1 図4: Le-diagramとネットワークの対応

1 2 3 4

1 2 3 p1 4

p2

1

−1

図5: 1に対応するネットワーク ϕi: SL2(R)SLM(R) (i= 1, . . . , M)

ϕi (

a b c d

)

=









 1

. ..

a b c d

. ..

1











として,yi:RSLM(R)およびsi SLM(R)ϕiを用いて

yi(p) =ϕi (

1 0 p 1

)

, si=ϕi (

0 1 1 0

)

と定める.ネットワークとyi(p), siの関係は図6である.

3

(6)

yi(p)

i i

i+ 1 i+ 1

p si

i i

i+ 1 1 i+ 1

1 図6: yi(p), siとネットワークの関係

ネットワークによって得られる正方行列をAとする,すなわちAyi(p), siの積で表されているとす る.例えば,図5に対応する行列A

A=y3(p1)y1(p2)s2 =





1 0 0 0

p1 0 1 0

0 1 0 0

0 p2 0 1



 (3)

である.この行列Aから

A=



a11 · · · a1M ... . .. ... aM1 · · · aM M

7−→Aˆ=



aM N · · · a1N ... . .. ... aM1 · · · a11



としてAˆを得る.ここで,Nは完全置換πのピボットの個数,すなわちπ(i)> iとなるiの個数を表す.

したがって,式(3)のAから対応するAˆは次のように与えられる:

Aˆ= (

p2 1 0 0 0 0 p1 1

)

3 DKP 方程式とロンスキ型パフィアン解

DKP(coupled KP)方程式 [3]:







(4ut6uux−uxxx)x3uyy+ 24(vˆv)xx= 0, 2vt+ 3uvx+vxxx+ 3(

vxy +vx uydx)

= 0, 2ˆvt+ 3uˆvx+ ˆvxxx3(

ˆ

vxy + ˆvx uydx)

= 0 は変数変換u= 2(logτ)xx, v =σ/τ,vˆ= ˆσ/τ により,







(Dx44DxDt+ 3Dy2·τ = 24σσ,ˆ (Dx3+ 2Dt+ 3DxDy·τ = 0, (Dx3+ 2Dt3DxDyσ·τ = 0

  (4)

に変形される.さらに双線形方程式(4)のτ関数は次のようなロンスキ型パフィアン表示の解を持つ[3]:

τ = Pf[Q] =∑

σ(i1, j1, . . . , in, jn)Qi1,j1Qi2,j2. . . Qin,jn. ただし,Q2n次反対称行列で各成分Qi,j

∂tkQi,j =Qi+k,j+Qi,j+k

(7)

を満たす.また,Ω ={1 =i1<· · ·< i2n2n, ik< jk, k= 1, . . . ,2n}であり,

σ= sign (

1 2 · · · 2n1 2n i1 j1 · · · in jn

)

である.今,QM次反対称パラメータ行列Bを用いて,

Q=EBET と選ぶ.ここで,E

E =





E1 E2 · · · EM

E1(1) E2(1) · · · EM(1) ... ... . .. ... E1(2n1) E2(2n1) · · · EM(2n1)





, E(j)i =kijexp(kix+k2iy+k3it)

である.よって,τ 関数が

τ = Pf[Q] = Pf[EBET] (5)

と計算される.式(5)のようなロンスキ型パフィアン表示については石川・若山のパフィアンの和公式 を用いて以下のように展開される [11]:

τ = Pf[EBET] = ∑

1i1<···<i2nM

Pf[Bii1,...,i2n

1,...,i2n] det[Ei1,...,i2n].

ここで,Bii1,...,i2n

1,...,i2n は行列Bi1, . . . , i2n行およびi1, . . . , i2n列を抜き出した小行列を表し,Ei1,...,i2nEi1, . . . , i2n列を抜き出した小行列を表す.

4 DKP 方程式のソリトン解とネットワーク

本節ではτ 関数(5)におけるB行列が与えられたとき,ある手続きを踏むことで対応するネットワー クを構成できることを簡単に説明する.JM2n(q1, . . . , qn)M×M行列で

JM =JM(2n)(q1, q2,· · · , qn) =















0 q1

−q1 0

0

. .. ...

. .. ...

0

0 qn

0

−qn 0

0 0















により定める.このJM2n(q1, . . . , qn)を反対称行列の標準形と呼ぶことにする.さらにKP方程式の場合yi(p), siに加えて,xi(p)を導入する.xi(p)とネットワークの関係は図7である.BM次反対称行 列とする.Axi(p), yi(p), siの積として

B =AJM2n(q1, . . . , qn)AT

5

(8)

xi(p) =ϕi (

1 p 0 1

)

xi(p)

i i+ 1

i i+ 1 p

図7: xi(p)とネットワークの関係

の形にすることを反対称行列の標準化と呼ぶ.Axi(p), yi(p), siの積であるから,Aをネットワーク を用いて表示することが出来る.例えば,

B1 =





0 0 1 3

0 0 2 6

−1 −2 0 0

3 6 0 0





を考えよう.この時,A1 =y1(3)y3(2)s2としてB1 =A1J4(2)(1)AT1 と分解されるからネットワークは図 8になる.実はこのネットワークはKP方程式のある場合に現れるものと一致する.すなわち,KP方程 式のネットワークはDKP方程式の中では,反対称行列の標準化に対応するネットワークを表している.

1 2 3 4

1 2 3 4

3

2 1

1

図 8: A1に対応するネットワーク

図9: B1に対応するソリトンのグラフ

DKP方程式の多様なソリトン解の中にはもちろんKP方程式に現れない解が存在する.例えば,B2 が次のように与えられた時,A2 =y2(1)によって,B2 =A2J4(4)(1,1)AT2 と標準化される.それを表す ネットワークは図10である.非常に簡単な場合であるが,図11と図12のようにパラメータkに依存し

B2=





0 1 1 0

1 0 0 0

1 0 0 1

0 0 −1 0





1 2 3 4

1 2 3 4

1

図10: A2に対応するネットワーク てY字の向きが入れ替わる,すなわち相互作用のパターンがパラメータkの値によって変わってしまう という現象が観察された.KP方程式の場合,行列Aˆによってのみ対応する完全置換などが定まるため,

このような相互作用がパラメータkによって変化する現象は現れない.この例から,DKP方程式のソリ トン相互作用を分類するためには,パラメータkについても考慮しなければならないと考えられる.

(9)

(1,2)

(3,4) (1,3)

[2; 3][1; 4]

[1,2; 3,4]

図 11: k1 =−1, k2 =−0.5, k3 = 0.8, k4 = 1

(1,2) (3,4)

(1,3)

[1,2; 3,4]

[2; 3] [1; 4]

図12: k1 =1, k2=0.5, k3 = 0.2, k4= 1

5 まとめ

KP方程式のソリトン解の分類は解のロンスキアン表示を用いてネットワークと密接に関係すること がわかっているが,DKP方程式のソリトン解に対しても解のロンスキ型パフィアン表示および反対称 行列の標準化という手法を用いてネットワークと関連付けることに成功した.このアプローチを用いる とKP方程式のソリトン解のロンスキ型パフィアン表示を簡単に得ることができ,さらにDKP方程式 の(KP方程式の解にはならない)一般のソリトン解に対してもネットワークと結びつけることができ る.今後,本研究で提案した手法を用いることによってDKP方程式のソリトン相互作用についてより 詳しい解析を行うことができると考えられる.

参考文献

[1] B. B. Kadomtsev, V. I. Petviashvili, 1970, Sov. Phys. Dokl., 15.

[2] M. Jimbo, T. Miwa, 1983, Publ. Res. Inst. Math. Sci. Kyoto Univ.,19, 943-1001.

[3] R. Hirota, Y. Ohta, 1990, J. Phys. Soc. Jpn., 60, 798-809.

[4] S. Kakei, 2000, Phys. Lett. A.,264, 449-458.

[5] S. Isojima, R. Willox, J. Satsuma, 2003, J. Phys. A: Math. Gen., 36, 9533-9552.

[6] G. Biondini, Y. Kodama, 2003, J. Phys. A: Math. Gen., 36, 10519-36.

[7] S. Chakravarty, Y. Kodama, 2008, J. Phys. A: Math. Theor., 41, 275209.

[8] S. Chakravarty, Y. Kodama, 2009, Stud. Appl. Math.,123, 83-151.

[9] Y. Kodama, L. K.Williams, 2011, PNAS, 108, 8684-8989.

[10] Y. Kodama, 2017, KP solitons and the Grassmanians – combinatorics and geometry of two- dimensinal wave patterns, Springer, Singapore.

[11] Y. Kodama, K. Maruno, 2006, J. Phys. A: Math. Gen., 39, 4063-4086.

7

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP