九州大学学術情報リポジトリ

全文

(1)

九州大学学術情報リポジトリ

Kyushu University Institutional Repository

メソポーラスシリカへのAuナノ粒子担持に関する基 礎的研究

權堂, 貴志

https://doi.org/10.15017/1654839

出版情報:Kyushu University, 2015, 博士(工学), 課程博士 バージョン:

権利関係:Fulltext available.

(2)

(様式5-2)

氏 名 權 堂 貴 志 (ごんどう たかし)

論 文 名 メソポーラスシリカへのAuナノ粒子担持に関する基礎的研究 論文調査委員 主 査 九州大学 教授 金子 賢治

副 査 九州大学 教授 中島 邦彦 副 査 九州大学 教授 波多 聰 副 査 九州大学 准教授 佐藤 幸生

論 文 審 査 の 結 果 の 要 旨

本研究は、高規則性メソポーラスシリカへの Au ナノ粒子担持に関して、シリカ骨格中に TiO2

ナノ粒子を埋め込むことで、析出沈殿法を適用した細孔内への Au ナノ粒子の担持が可能である ことを示している。また、その Au ナノ粒子のサイズや数密度などが TiO2添加量依存性を示し、

高密度の TiO2ナノ粒子が存在する場合、より小さな Au ナノ粒子が形成され、CO 酸化反応に対し て高活性を示すことを明らかにしている。さらに、3 次元ナノ解析を Au/TiO2-SBA15 に適用する ことで、一次元細孔内での Au ナノ粒子のサイズ制御因子を明確にしている。メソポーラスシリ カへの TiO2添加による Au ナノ粒子のサイズ制御の可能性について新たな指針を示したという観 点から、材料工学の分野で寄与するところが大きいと判断され、博士(工学)の学位論文に値する と認める。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP