年度 研究成果公開促進費

全文

(1)

平成

24

年度 研究成果公開促進費

(データベース)の

(デ タベ ス)の

応募書類の作成方法等について

独立行政法人日本学術振興会

独立行政法人日本学術振興会

研究事業部研究助成第二課

研究事業部研究助成第二課

成果公開・普及係

成果公開・普及係

成果公開 普及係

成果公開 普及係

(2)

計画調書 作成・記入要領について

(別冊③ 成果DB記入要領1頁/学術誌DB記入要領1頁)

(3)

計画調書 作成・記入要領について

(別冊③ 成果DB記入要領1頁/学術誌DB記入要領1頁)

(4)

計画調書「学術誌DBの概要」及び

「公開状況」「公開方法」について

「公開状況」「公開方法」について

(別冊③ 成果DB記入要領2頁/学術誌DB記入要領2頁)

データベース化が必要な

学術誌の「総量」「進捗状況」

学術誌の「総量」「進捗状況」

「今後の計画」を具体的に記入

記入漏れが ないように

(5)

計画調書「入力予定データ量」について 計画調書 入力予定デ タ量」

(別冊③ 成果DB記入要領4頁/学術誌DB記入要領4頁)

「新規課題」は、上段 へ記入してください

記載する欄に

へ記入してください。

「継続課題」(内定通知書において

記載する欄に 注意のこと!

「継続課題」(内定通知書において 内約額が示されている課題)は、

下段に記入してください

下段に記入してください。

(6)

計画調書「自立に向けた取り組み状況」

「課題番号及び内約を受けた額」について

(別冊③ 成果DB記入要領6頁・8頁/学術誌DB記入要領6頁)

データベースの継続的な公開

この欄は「継続課題」のうち

への方策等を「具体的」に 記入してください。

この欄は 継続課題」のうち

「計画の大幅な変更をする場合」

のみ記入してください。

(新規課題は空欄になります )

(新規課題は空欄になります。)

(7)

計画調書「データベースの作成に直接必要となる経費」

「平成24年度補助要求額の明細」について①

「平成24年度補助要求額の明細」について①

(別冊③ 成果DB記入要領8頁/学術誌DB記入要領6頁)

「20」で計算した 各費目の合計金額を 各費目の合計金額を、

「19」の平成24年 度の列へ転記してくだ さい。

注)

※それぞれの費目について 必要額の明細を具

注)

各費目の単位は「千円」に なります。

千円未満の端数は切り捨て

※それぞれの費目について、必要額の明細を具 体的に記入し、合計金額を計算してください。

千円未満の端数は切り捨て てください。

(8)

計画調書「データベースの作成に直接必要となる経費」

「平成24年度補助要求額の明細」について②

「平成24年度補助要求額の明細」について②

(別冊③ 成果DB記入要領8頁・10頁)

「国内連絡旅費」と して計上できるのは、

して計上できるのは、

「10万円程度」まで

です。

(9)

計画調書「競争入札に係る実施又は準備の 状況 に

状況」について

(別冊③ 成果DB記入要領12頁/学術誌DB記入要領10頁)

※データベースにおいて、

一般競争入札により契約の 相手方を選定する必要が 相手方を選定する必要が あるもの

入力作業委託費 その他:

入力作業委託費、その他:

1件につき100万円を 超える場合

消耗品:

消耗品:

1件につき160万円を 超える場合

CD-ROM等作成委託費:

CD ROM等作成委託費

1件につき250万円を 超える場合

該当項目に必ず 記入のこと

記入のこと

(10)

計画調書「その他の審査資料」の未提出理由について

(別冊③ 成果DB記入要領12頁/学術誌DB記入要領12頁)

(別冊③ 成果DB記入要領12頁/学術誌DB記入要領12頁)

※未提出理由を記載のこと

提出できない資料がある場合は、

○印を記入し 理由を記載して

○印を記入し、理由を記載して ください。

※「未提出理由」の記入がなく、

提出されていない審査資料がある

審査に付すことが できなくなります

提出されていない審査資料がある

できなくなります

(11)

計画調書「経理管理事務体制」「監査体制」について

( ③ 成 領 /学術誌 領 )

(別冊③ 成果DB記入要領16頁/学術誌DB記入要領16頁)

それぞれ具体的に それぞれ具体的に 分かりやすく記述 してください

してください。

なお、「経理管理事務体制」

なお、 経理管理事務体制」

については、書ききれない 場合は、計画調書9頁目に 別紙(A4判)として作成 別紙(A4判)として作成 することができます。

(12)

応募カードの作成に当たっての注意点

について① (参考資料14頁)

応 審 資

応募カードは「審査資料」の作成に使用する 重要な書類です。

・未記入・記入ミスがあると、審査に付されない 可能性があります。

・計画調書からの転記ミスがあると、誤った情報の まま審査に付される可能性があります。

!「研究成果DB」「学術誌DB」とで

記入する項目が異なる箇所もありますので、

特に注意してください。

(13)

応募カードの作成に当たっての注意点

について② (参考資料16頁)

※応募区分に 注意して 注意して

ください!!

研究成果DB

「1」

学術誌DB

「2」

(14)

応募カードの作成に当たっての注意点

について③ (参考資料9頁)

「研究成果DB」に学術団体等が応募する場合でも、 成 術 体 、

応募代表者は「団体の長」になります。

(15)

応募カードの作成に当たっての注意点

について④ (参考資料19頁)

「研究成果DB」

「研究成果DB」・

「学術誌DB」ともに 必ず記入してくだ 必ず記入してくだ さい。

この部分は、

「学術誌DB」のみ

「学術誌DB」のみ

記入してください。

(16)

応募カードの作成に当たっての注意点

について⑤ (参考資料20頁)

「研究成果DB」

「研究成果DB」・

「学術誌DB」ともに 必ず記入してくだ 必ず記入してくだ さい。

こちらは、

「研究成果DB」のみ

「研究成果DB」のみ 記入してください。

こちらは、 、

「学術誌DB」のみ

記入してください。

(17)

応募カードの作成に当たっての注意点

⑥ について⑥

当会ホームページに掲載されて いる応募カ ド(Ex lファイ いる応募カード(Excelファイ ル)を必ず使用してください。

なお、使用する際はExcelの

「マクロ機能」を「有効」に してください

してください。

(18)

各種応募書類の提出にあたって 各種応募書類の提出にあたって

応募書類の提出期間:

11月11日(金)~11月16日(水)

11月11日(金)~11月16日(水)

応募書類の提出後は、「差し替え」「再提出」は できませんので 必要書類 必要部数を必ずご確認 できませんので、必要書類・必要部数を必ずご確認 ください。

ください。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :