平 成 30 年 度 第 1 回 大 気 中 微 小 粒 子 状 物 質 検 討 会 議

全文

(1)

-1-

平 成 30 年 度 第 1 回 大 気 中 微 小 粒 子 状 物 質 検 討 会

議 事 録

■ 日 時 : 平 成 30 年 6 月 29 日 ( 金 ) 16:00~ 18:10

■ 場 所 : 都 庁 第 二 本 庁 舎 31 階 特 別 会 議 室 27

■ 出 席 者

< 委 員 >

坂 本 委 員 ( 座 長 ) 、 吉 門 委 員 ( 副 座 長 ) 、 飯 島 委 員 、 岸 本 委 員 、 戸 野 倉 委 員 、 茶 谷 委 員 、 森 川 委 員

< 事 務 局 >

東 京 都 環 境 局 環 境 改 善 部 筧 部 長 、 近 藤 環 境 改 善 技 術 担 当 部 長 東 京 都 環 境 局 環 境 改 善 部 計 画 課 川 久 保 課 長 、 杉 俣 課 長 代 理 、 河 内 主 任 東 京 都 環 境 局 環 境 改 善 部 大 気 保 全 課 阿 部 課 長

東 京 都 環 境 局 環 境 改 善 部 化 学 物 質 対 策 課 渡 邊 課 長

東 京 都 環 境 局 環 境 改 善 部 自 動 車 環 境 課 上 原 規 制 監 察 担 当 課 長 東 京 都 環 境 科 学 研 究 所 星 副 参 事 研 究 員

日 本 エ ヌ ・ ユ ー ・ エ ス 株 式 会 社 渡 辺 中 央 復 建 コ ン サ ル タ ン ツ 株 式 会 社 橋 本

■ 議 事 内 容

( 16 時 00 分 開 会 )

1 . 開 会

( 川 久 保 課 長 )お 待 た せ い た し ま し た 。定 刻 と な り ま し た の で 、こ れ よ り 平 成 30 年 度 第 1 回 大 気 中 微 小 粒 子 状 物 質 検 討 会 を 開 催 い た し ま す 。 委 員 の 皆 さ ま 方 、 本 日 は お 暑 い 中 、 ま た お 忙 し い 中 お 集 ま り い た だ き ま し て 、 誠 に あ り が と う ご ざ い ま す 。 事 務 局 を 務 め ま す 、 環 境 改 善 部 計 画 課 長 の 川 久 保 で ご ざ い ま す 。 議 事 に 入 る ま で の 間 、 進 行 役 を 務 め ま す 。 ど う ぞ よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。 着 座 に て 失 礼 い た し ま す 。 は じ め に 資 料 の 確 認 を さ せ て い た だ き ま す 。 資 料 番 号 の 入 っ て い な い 資 料 と し て は 、 検 討 会 の 次 第 、 座 席 表 、 事 務 局 名 簿 が ご ざ い ま す 。 続 き ま し て 、 資 料 番 号 を 振 っ て お り ま す の が 資 料 1 - 1 、 1 - 2 、 資 料 2 - 1 、 そ れ か ら 、 資 料 2 - 1 の 別 添 の 1 と 2 が ご ざ い ま す 。 そ し て 、 委 員 の 皆 さ ま 方 に は 、 別 添 の 3 も 机 上 配 布 さ せ て い た だ い て お り ま す 。 こ の 別 添 の 3 は 、 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン の 計 算 過 程 を 参 考 に 配 布 し て お り ま す 。 確 定 い た し ま し た ら 、 後 日 、 環 境 局 の ホ ー ム ペ ー ジ で 公 開 し た い と 思 い ま す の で 、 傍 聴 の 方 は ご 了 承 い た だ け れ ば と 思 い ま す 。 ど う ぞ よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。 続 き ま し て 、 資 料 2 - 2 か ら 2 - 4 、 参 考 資 料 1 と 2 を お 配 り し て お り ま す 。 ま た 、 委 員 の お 手 元 に は 、 別 冊 資 料 と し て 、 こ れ ま で の 検 討 会 の 資 料 を フ ラ ッ ト フ ァ イ ル に つ づ っ た も の を ご 用 意 さ せ て い た だ い て お り ま す 。 以 上 、 お 手 元 に お そ ろ い で し ょ う か 。 不 足 が ご ざ い ま し た ら 、 後 ほ ど で も お 声 掛 け を お 願 い い た し ま す 。 そ れ で は 、 次 に 委 員 の 皆 さ ま 方 の ご 紹 介 で す が 、 本 日 は 昨 年 度 に 引 き 続 き の 開 催 で す の で 、 お 手 元 の 参 考 資 料 1 、 検 討 会 設 置 要 綱 に 添 付 し て お り ま す 委 員 名 簿 と 座 席 表 を も っ て ご 紹 介 に 代 え さ せ て い た だ き た い と 存 じ ま す 。 な お 、 草 鹿 委 員 は 、 本 日 所 用 に よ り ご 欠 席 で す 。 次

(2)

-2-

に 事 務 局 で す が 、 4 月 1 日 付 で 人 事 異 動 が ご ざ い ま し た の で 、 新 任 者 を ご 紹 介 申 し 上 げ ま す 。 環 境 改 善 部 長 、 筧 で す 。

( 筧 部 長 ) 筧 で す 。 よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。

( 川 久 保 課 長 ) 同 じ く 環 境 改 善 部 化 学 物 質 対 策 課 長 、 渡 邊 で す 。

( 渡 邊 課 長 ) 渡 邊 で す 。 ど う ぞ よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。

( 川 久 保 課 長 ) 同 じ く 規 制 監 察 担 当 課 長 、 上 原 で す 。

( 上 原 課 長 ) 上 原 で す 。 よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。

( 川 久 保 課 長 ) 計 画 課 課 長 代 理 、 杉 俣 で す 。

( 杉 俣 課 長 代 理 ) 杉 俣 で す 。 よ ろ し く お 願 い し ま す 。

( 川 久 保 課 長 ) な お 、 本 日 所 用 に よ り 欠 席 い た し て お り ま す が 、 自 動 車 環 境 課 長 、 堀 も 4 月 1 日 よ り 着 任 し て お り ま す 。そ の 他 の メ ン バ ー は 昨 年 度 に 引 き 続 き 担 当 い た し ま す の で 、 ど う ぞ よ ろ し く お 願 い 申 し 上 げ ま す 。 そ れ で は 、 議 事 に 先 立 ち ま し て 、 今 年 度 初 回 で す の で 、 環 境 改 善 部 長 の 筧 よ り ご 挨 拶 申 し 上 げ ま す 。

( 筧 部 長 ) 環 境 改 善 部 長 の 筧 で す 。 本 日 は 先 生 方 に は 大 変 お 忙 し い 中 、 お 集 ま り い た だ き ま し て 誠 に あ り が と う ご ざ い ま す 。昨 年 度 開 始 い た し ま し た こ の 検 討 会 で す が 、こ れ ま で 、

P M2 . 5、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト の 実 態 把 握 や 削 減 対 策 な ど に つ き ま し て 、 専 門 的 見 地 か ら さ

ま ざ ま な ご 意 見 を い た だ き ま し て 検 討 を 進 め て 参 り ま し た 。 こ れ ま で ご 議 論 い た だ い た 内 容 に つ き ま し て 、 中 間 の ま と め と し て 、 近 く 公 表 し た い と 考 え て お り ま し て 、 本 日 、 審 議 い た だ く こ と に な っ て お り ま す 。 本 年 5 月 に 環 境 局 が 主 催 し ま し た 国 際 会 議 に お き ま し て も 、「 Clear Sky」 が テ ー マ の 一 つ に 取 り 上 げ ら れ ま し て 、 ア ジ ア や ヨ ー ロ ッ パ な ど の 参 加 22 都 市 の 間 で 、「 大 気 汚 染 物 質 の 濃 度 を 十 分 に 低 減 す る こ と で 健 康 リ ス ク が 低 減 し 、 快 適 な 大 気 環 境 が 実 現 さ れ る と い う こ と 」を 目 指 す ビ ジ ョ ン と し て 共 有 し た と こ ろ で す 。ま た 、 実 現 に 向 け た 取 組 み と し て 、 大 気 汚 染 物 質 を 低 減 す る た め 、 Z E V な ど の 次 世 代 自 動 車 の 普 及 の 積 極 的 な 推 進 や 、 P M2 . 5、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト の 対 策 の 推 進 な ど 、 実 効 性 の あ る 対 策 を 講 じ る こ と と し た と こ ろ で す 。東 京 都 で は 、2020 年 東 京 大 会 の 開 催 と そ の 先 を 見 据 え て 、 大 気 環 境 の 改 善 を 都 の 優 先 課 題 の 一 つ と し て お り ま し て 、 P M2 . 5、 ま た 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト の 環 境 基 準 等 を 達 成 す る こ と が 喫 緊 の 課 題 と な っ て い る と こ ろ で す 。こ う し た 中 で 、 今 年 度 の 検 討 会 は 本 日 を 含 め ま し て 3 回 予 定 し て お り ま す が 、P M2 . 5及 び 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト の 発 生 源 寄 与 解 析 や 効 果 的 な 対 策 な ど 、 さ ら に 踏 み 込 ん だ 検 討 を 予 定 し て い る と こ ろ で す 。 新 た な 科 学 的 知 見 や 蓄 積 さ れ た デ ー タ な ど を 基 に 、 先 生 方 に は 活 発 な ご 議 論 を お 願 い 申 し 上 げ た い と 思 い ま す 。 引 き 続 き 、 ど う ぞ よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。

( 川 久 保 課 長 ) 本 日 の 会 議 は 、 設 置 要 綱 第 7 条 に よ り 公 開 で 行 わ れ て お り ま す 。 ま た 、 議 事 録 及 び 会 議 資 料 に つ き ま し て は 、 設 置 要 綱 第 8 条 の と お り と い た し ま す 。 そ れ で は 、 こ れ か ら 議 事 に 入 り ま す 。 ご 発 言 の 際 の マ イ ク の 使 用 に つ い て で す が 、 人 の サ イ ン の あ る ボ タ ン を 押 し ま し て 、 赤 い ラ ン プ が つ き ま す と マ イ ク が 使 用 可 能 に な り ま す 。 発 言 が 終 わ り ま し た ら 、 こ ち ら の ボ タ ン を 再 度 押 し て い た だ い て 、 電 源 を お 切 り い た だ き た い と 思 い ま す 。 そ れ で は 、 こ こ か ら 進 行 役 を 坂 本 座 長 に お 願 い し た い と 思 い ま す 。 ど う ぞ よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。

(3)

-3-

2 . 議 事

( 坂 本 座 長 ) 坂 本 で ご ざ い ま す 。 今 日 は こ の 検 討 会 の 今 年 度 最 初 と い う こ と で す が 、 今 お 話 が ご ざ い ま し た よ う に 、東 京 都 で は 、P M2 . 5に つ い て は 環 境 基 準 が で き る 前 か ら 測 定 を し 、 い ろ い ろ な 環 境 改 善 を 考 え る た め の 情 報 を 集 め て い た と い う こ と で す 。 現 在 、 P M2 . 5 の 環 境 基 準 は か な り 達 成 率 が 上 が っ て い る と こ ろ に な り ま す が 、 そ の 環 境 基 準 を 決 め る 際 に 議 論 を し た と き に 、 環 境 基 準 が 果 た し て こ の 濃 度 で 良 い の か 、 も う 少 し 低 め の と こ ろ で 良 い の で は な い か と 、 そ う い っ た 議 論 の あ る 中 で 決 め ら れ た 数 値 が 今 の も の で 、 低 濃 度 で の 健 康 影 響 と い う デ ー タ が 引 き 続 き 充 実 し て 出 て き て い る と い う よ う な こ と を 考 え れ ば 、 健 康 影 響 を 判 断 し た 場 合 に は 、 こ れ か ら 、 場 合 に よ る と 引 き 下 げ ら れ る 可 能 性 も あ る と い う よ う な こ と を 見 な が ら 、P M2 . 5の 対 策 に つ い て は 考 え て い く 必 要 が あ る の で は な い か と 思 い ま す 。そ し て ま た 、こ の P M2 . 5に つ き ま し て も 、い わ ば 二 次 生 成 の も の が 増 え て い て 、 二 次 生 成 の も の が 多 く で き る と き に は 、 N O x と V O C が 関 係 す る 光 化 学 ス モ ッ グ 、 そ し て そ こ に は オ ゾ ン が あ る と い う こ と で 、今 残 っ た 環 境 問 題 と し て 、P M2 . 5と 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト も し く は オ ゾ ン が あ る わ け で す 。 こ の 両 方 は 共 に 絡 み 合 っ て い る も の で す の で 、 か な り 実 際 の 状 態 を 調 べ 、 い か な る 反 応 が 大 気 中 で 起 こ っ て い る か を 考 え な が ら 対 策 を 考 え て い く 必 要 が あ る と い う こ と で 、 非 常 に 今 、 研 究 の 部 分 と も つ な が っ て い る 部 分 が ご ざ い ま す 。 そ れ ら の も の を 見 据 え な が ら 有 効 な 対 策 を 考 え て い く 必 要 が あ る の で は な い か と 思 い ま す の で 、 今 日 の 委 員 会 で も 、 皆 さ ま 方 に は そ の 点 も 各 学 識 経 験 者 の 方 々 か ら ご 意 見 を 頂 戴 し な が ら 進 め て い け れ ば と 思 う 次 第 で す 。 よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。 そ れ で は 、 議 事 次 第 に 従 っ て 進 め さ せ て い た だ き た い と 思 い ま す 。 ま ず 、 こ れ ま で 検 討 し て き た 経 過 に つ い て 、 中 間 ま と め と い う 形 で 現 在 作 っ て い る も の が ご ざ い ま す 。 こ れ に つ き ま し て 、 事 務 局 か ら 説 明 を お 願 い い た し ま す 。

(1) 中 間 ま と め ( 案 ) に つ い て ( 資 料 1 - 1 、 資 料 1 - 2 )

< 資 料 説 明 >

( 杉 俣 課 長 代 理 ) そ れ で は 、 お 手 元 に あ り ま す 資 料 1 - 1 、 資 料 1 - 2 を 通 し て ご 説 明 さ せ て い た だ き ま す 。ま ず は じ め に 資 料 1 - 1 を ご 覧 い た だ け れ ば と 思 い ま す 。「 大 気 中 微 小 粒 子 状 物 質 検 討 会 の ス ケ ジ ュ ー ル に つ い て 」 と い う も の で す 。 こ ち ら の 資 料 に つ き ま し て は 、昨 年 度 の 検 討 内 容 と 今 年 度 の 検 討 内 容 に つ き ま し て 整 理 を さ せ て い た だ い て お り ま す 。 昨 年 度 に つ き ま し て は 計 3 回 開 催 さ せ て い た だ き ま し て 、 第 3 回 目 に お き ま し て は 、 本 日 ご 意 見 を い た だ き ま す 中 間 ま と め の 作 成 の 方 向 性 等 に つ い て も ご 検 討 い た だ い た と こ ろ で す 。今 年 度 で す が 、第 1 回 に つ き ま し て は 本 日 の 議 事 次 第 の 記 載 の と お り で す 。第 2 回 は 、 今 、12 月 を ご 予 定 し て お り ま す が 、内 容 と し ま し て は 、調 査 結 果 の 報 告 と し ま し て シ ミ ュ レ ー シ ョ ン 解 析 の 調 査 結 果 、 ま た 、 対 策 事 例 調 査 の 結 果 等 に つ い て ご 意 見 を 頂 戴 す る 他 、 最 終 報 告 の 取 り ま と め の 構 成 等 に つ い て も ご 意 見 を い た だ く 予 定 と な っ て お り ま す 。 第 3 回 は 3 月 を 予 定 し て お り ま す が 、 最 終 報 告 の 案 に つ い て 、 ま た ご 意 見 を い た だ く 予 定 と な っ て お り ま す 。 資 料 1 - 1 の ご 説 明 は 以 上 と な り ま す 。 引 き 続 き ま し て 、 資 料 1 - 2 に つ き ま し て も ご 説 明 を さ せ て い た だ き ま す 。大 気 中 微 小 粒 子 状 物 質 検 討 会 の 中 間 ま と め で す 。 中 間 ま と め は 50 ペ ー ジ と 非 常 に 多 岐 に わ た る 、ボ リ ュ ー ム の あ る 内 容 と な っ て お り ま す の で 、 少 し ポ イ ン ト を 整 理 し て ご 説 明 を さ せ て い た だ け れ ば と 思 い ま す 。 そ れ で は 、 お め く り い た だ き ま し て 1 ペ ー ジ 目 を ご 覧 い た だ け れ ば と 思 い ま す 。 こ ち ら が 、「 背 景 」「 東 京 都

(4)

-4-

の 大 気 環 境 の 現 状 」 と い う こ と で 、 大 気 環 境 中 の 濃 度 の 推 移 及 び 環 境 基 準 の 達 成 率 に つ い て 取 り ま と め る 章 で す 。 濃 度 の 推 移 で す が 、 1 ペ ー ジ の 下 の 表 を ご 覧 い た だ け れ ば と 思 い ま す 。 こ れ ま で 、 表 の 下 段 に あ り ま す 推 移 表 に あ る よ う な デ ィ ー ゼ ル 車 規 制 で す と か 工 場 等 の 固 定 発 生 源 の 対 策 に 取 り 組 み ま し た 結 果 、 こ ち ら の 濃 度 の グ ラ フ に も 少 し 書 い て あ り ま す が 、一 酸 化 炭 素 、二 酸 化 硫 黄 、ま た N O x、S P M に つ き ま し て 大 幅 に 改 善 し て き て い る と い う 現 状 が ご ざ い ま す 。 た だ 、 そ の 一 方 で 、 先 ほ ど 座 長 の ご 挨 拶 に も あ り ま し た と お り 、 P M2 . 5、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト に つ い て は ま だ 削 減 の 余 地 が 残 っ て い る と い う こ と が 、 今 の 推 計 か ら 読 み 取 れ る と こ ろ で す 。 ペ ー ジ を お め く り い た だ き ま し て 3 ペ ー ジ 、 4 ペ ー ジ を ご 覧 い た だ け れ ば と 思 い ま す 。 こ ち ら が 環 境 基 準 の 達 成 状 況 を 表 し て い る も の で す 。 こ ち ら の 方 の 端 的 に 表 し て い る 部 分 と し ま し て 、 4 ペ ー ジ 上 段 の グ ラ フ 、 一 般 環 境 大 気 測 定 局 の 環 境 基 準 の 達 成 状 況 を ご 覧 い た だ け れ ば と 思 い ま す 。 こ ち ら の 達 成 状 況 も 、 ご 覧 い た だ き ま す と お り 、 C O 、 S O2、 N O2、 S P M に つ い て は 大 気 環 境 基 準 が 全 局 達 成 と な っ て い る 一 方 で 、 下 の P M2 . 5、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト に つ き ま し て は 、 ま だ ま だ 全 局 達 成 の 状 況 に は 至 っ て お り ま せ ん の で 、今 後 更 な る 濃 度 低 減 を し な け れ ば な ら な い と い う こ と を 、 こ こ で 整 理 さ せ て い た だ い て お り ま す 。 こ ち ら の P M2 . 5、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト の 基 礎 情 報 と い う こ と で 取 り ま と め て い る の が 、 5 ペ ー ジ か ら で 、 P M2 . 5、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト の 生 成 の メ カ ニ ズ ム で す と か 健 康 影 響 に つ い て 取 り ま と め を さ せ て い た だ い て お り ま す 。 生 成 メ カ ニ ズ ム に つ き ま し て は 、 5 ペ ー ジ 下 段 の 表 を ご 覧 い た だ け れ ば と 思 い ま す 。 P M2 . 5、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト の 生 成 機 構 を 模 式 図 で 示 し て お り ま し て 、P M2 . 5に つ き ま し て は 、直 接 排 出 さ れ る 一 次 粒 子 と 大 気 中 で 二 次 生 成 さ れ る 粒 子 が 主 に あ り 、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト に つ き ま し て は 、 V O C 、 N O x の 大 気 中 の 二 次 生 成 と 呼 ば れ る も の で 生 成 さ れ る と い う こ と を 、 こ ち ら で 端 的 に 示 し て お り ま す 。 ま た 、 6 ペ ー ジ 以 降 で す が 、 ア メ リ カ の E P A の 知 見 等 も 引 用 し な が ら 健 康 影 響 等 の 取 り ま と め を さ せ て い た だ い て い る と こ ろ で す 。 ま た ペ ー ジ を お 進 み い た だ き ま し て 8 ペ ー ジ を ご 覧 い た だ け れ ば と 思 い ま す 。 こ う し た P M2 . 5、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト に 対 す る 東 京 都 の 政 策 目 標 を ご 紹 介 し て い る と こ ろ で す 。 中 段 の 表 1

- 3 、「 東 京 都 の 政 策 目 標 」と い う こ と で 、光 化 学 ス モ ッ グ 注 意 報 の 発 令 日 数 で す と か 、光 化 学 オ キ シ ダ ン ト 濃 度 、P M2 . 5の 基 準 に つ き ま し て 、そ れ ぞ れ 目 標 年 次 を 置 い た 上 で 達 成 目 標 値 を 掲 げ て い る こ と を 示 し て い る と こ ろ で す 。ま た 、そ の 下 の「 1 .5 検 討 会 の 設 置 に つ い て 」は 、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト 、P M2 . 5に 対 す る 都 の こ れ ま で の 検 討 の 経 緯 で す 。 こ ち ら に つ き ま し て は こ れ ま で の 検 討 内 容 で す と か 今 回 の 検 討 会 の 内 容 も 含 ま れ て お り ま す の で 、 こ ち ら の 説 明 の 方 は 今 日 は 割 愛 さ せ て い た だ き ま す 。 ま た ペ ー ジ を お 進 み い た だ き ま し て 、11 ペ ー ジ か ら が P M2 . 5、光 化 学 オ キ シ ダ ン ト に 関 す る 東 京 都 の 現 状 を 示 し て い る と こ ろ で す 。ま ず P M2 . 5で す が 、図 2 - 1 の グ ラ フ を ご 覧 い た だ け れ ば と 思 い ま す 。こ ち ら は 濃 度 の 推 移 を 表 し て お り ま し て 、文 中 に も あ り ま す が 、2001 年 か ら 2016 年 ま で に 55%

と 、 か な り 濃 度 が 低 減 し て い る 傾 向 を 示 し て お り ま す 。 た だ 、 近 年 、 長 期 基 準 値 付 近 で 平 均 値 が 推 移 し て い る と い う こ と も 表 し て お り ま す 。 こ の 基 準 値 付 近 で 推 移 し て い る こ と に 端 を 発 し て い る と い う こ と も あ る か と 思 う の で す が 、12 ペ ー ジ に P M2 . 5の 環 境 基 準 の 達 成 率 を 示 し て い る と こ ろ で す 。 長 期 基 準 値 が ど う し て も 環 境 基 準 値 付 近 で 推 移 し て い る こ と も あ り ま す の で 、基 準 値 の 達 成 率 の 変 動 が 大 き く な っ て い る こ と を 示 し て い る と こ ろ で す 。 14 ペ ー ジ に お 進 み い た だ け れ ば と 思 い ま す 。 14 ペ ー ジ か ら は 、 P M2 . 5の 今 度 は 短 期 基 準

(5)

-5-

の 超 過 の 状 況 を 整 理 し て い る と こ ろ で す 。 こ ち ら に つ き ま し て は 、 昨 年 度 第 2 回 の 検 討 会 で 大 分 ご 議 論 い た だ い て い る 内 容 で す の で 、詳 細 は 割 愛 さ せ て い た だ き ま す が 、14 ペ ー ジ の グ ラ フ に は 、 短 期 基 準 を 超 過 し た 日 が 9 月 に 出 な か っ た と い う こ と で 、 こ の 原 因 が 主 に 気 象 的 な 要 因 で は な い か と い う こ と を 推 定 し て い る 章 で す 。 本 日 の 説 明 は 割 愛 さ せ て い た だ き ま す 。ま た ペ ー ジ を お め く り い た だ き ま し て 、22 ペ ー ジ ま で お 進 み い た だ け れ ば と 思 い ま す 。こ ち ら は 、P M2 . 5の 成 分 に つ い て 季 節 的 な 特 徴 を 整 理 し た 章 で す 。少 し 本 文 に 触 れ さ せ て い た だ き ま す が 、 上 か ら 4 行 目 の と こ ろ で す ね 。 夏 季 の 特 徴 と し ま し て は 硫 酸 イ オ ン が 高 か っ た と い う こ と 、 そ の 2 行 下 な の で す が 、 硝 酸 イ オ ン 、 塩 化 物 イ オ ン は 秋 季 、 冬 季 に 高 か っ た と い う こ と を 示 し て お り ま す 。そ う し た と こ ろ か ら 、夏 季 は S O x、冬 季 は N O x や ア ン モ ニ ア を 対 象 に し た 対 策 が 注 目 さ れ る と い う 形 で 整 理 さ せ て い た だ い て お り ま す 。ま た 22 ペ ー ジ の 一 番 下 の パ ラ グ ラ フ に な り ま す が 、こ ち ら で は 今 年 度 の 取 組 み に つ い て 少 し 触 れ さ せ て い た だ い て お り ま す 。東 京 都 環 境 科 学 研 究 所 で 保 管 し て お り ま す 、2015 年 度 に 採 取 し ま し た ろ 紙 の 成 分 分 析 を 今 年 新 た に 行 い ま し て 、 後 ほ ど ご 説 明 さ せ て い た だ き ま す が 、 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン な ど の 結 果 へ の 反 映 等 も 検 討 し て い き た い こ と を こ ち ら で 記 載 し て い る と こ ろ で す 。23 ペ ー ジ 、24 ペ ー ジ が 、先 ほ ど 申 し ま し た 季 節 的 な 特 徴 の エ ビ デ ン ス の 資 料 で す 。こ ち ら の 説 明 は 割 愛 さ せ て い た だ き ま す 。続 き ま し て 、25 ペ ー ジ に お 進 み い た だ け れ ば と 思 い ま す 。光 化 学 オ キ シ ダ ン ト の 都 内 の 状 況 に つ い て ま と め た も の で す 。 こ ち ら に 取 り ま と め ま し た の は 2 点 ご ざ い ま し て 、 1 点 目 が 高 濃 度 と な っ て い る 状 況 が ど う な っ て い る の か と い う こ と 、 も う 1 点 は 、 東 京 都 が 掲 げ て い る 政 策 目 標 と の 関 係 性 を 記 載 し て い る と こ ろ で す 。そ ち ら を 端 的 に 表 し て お り ま す の が 、26 ペ ー ジ の 2 枚 の グ ラ フ で す 。 26 ペ ー ジ の 上 段 が 、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト が 0.12 ppm を 超 え た 、 光 化 学 ス モ ッ グ 注 意 報 の 発 令 基 準 を 超 え た 日 数 の 推 移 を 経 年 的 に 表 し た も の で す 。 グ ラ フ か ら も 読 み 取 れ る と 思 う の で す が 、高 濃 度 日 が 減 少 傾 向 に あ る こ と を 示 し て い る と こ ろ で す 。ま た 、26 ペ ー ジ 下 段 の グ ラ フ は 、 東 京 都 の 政 策 目 標 と 照 ら し 合 わ せ ま し て 、 推 移 が ど う な っ て い る か を 示 し て お り ま す 。 図 中 の 青 い グ ラ フ が そ れ に 該 当 し て お り ま す 。 政 策 目 標 、 年 間 4 番 目 に 高 い 日 最 高 8 時 間 値 の 3 年 移 動 平 均 に つ き ま し て も 緩 や か な 減 少 傾 向 に あ る と い う こ と を 、 こ ち ら の グ ラ フ で 示 し て い る と こ ろ で す 。 ま た 少 し お め く り い た だ き ま し て 、 27 ペ ー ジ 、 28 ペ ー ジ を ご 覧 い た だ け れ ば と 思 い ま す 。こ ち ら は 、光 化 学 オ キ シ ダ ン ト の 月 ご と の 状 況 に 注 目 し て 整 理 し て お り ま す 。 端 的 に 表 し て い る の が 28 ペ ー ジ の グ ラ フ で す 。 28 ペ ー ジ 上 段 の グ ラ フ は 、 光 化 学 ス モ ッ グ 注 意 報 、 い わ ゆ る 高 濃 度 に な る 日 の 分 布 を 表 し て い る も の で す 。 ど う し て も 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト は 太 陽 の 動 き も 少 し 影 響 が あ る と い う こ と も あ り ま す の で 、 夏 場 に 出 て い る と い う こ と が 読 み 取 れ る か と 思 い ま す 。 他 方 、 東 京 都 の 環 境 政 策 目 標 に 照 ら し 合 わ せ ま す と 、28 ペ ー ジ の 下 の グ ラ フ に な り ま す が 、春 に も こ う い っ た 傾 向 が 見 ら れ る と い う こ と を 示 し て お り ま す 。 こ う し た こ と か ら 、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト の 対 策 は 、 従 前 夏 季 に 注 目 し た 対 策 を 中 心 に 考 え て お り ま し た が 、 春 季 に も 着 目 す る こ と が 必 要 で は な い か と い う こ と を こ ち ら で 示 し て お り ま す 。 ま た 、 春 季 の も の を 検 討 す る 際 は 、 関 東 域 外 か ら の 越 境 汚 染 も ご ざ い ま す の で 、 こ の 点 も 考 慮 す る 必 要 が あ る と い う こ と も 記 載 し て お り ま す 。29 ペ ー ジ 以 降 が 、光 化 学 オ キ シ ダ ン ト の 季 節 的 な 特 徴 と い う こ と で 、日 内 変 動 に 着 目 し て 分 析 し て い る と こ ろ で す 。 30 ペ ー ジ の グ ラ フ が 端 的 に 表 し て お り ま す 。 ご 覧 い た だ き ま す と お り 、明 け 方 か ら ど ん ど ん 濃 度 が 高 く な り ま し て 、日 中 高 く な っ た 後 、

(6)

-6-

夜 に か け て 低 減 し て い く と い う こ と が 、 4 月 か ら 9 月 を 通 し て 読 み 取 れ る と 思 い ま す 。 こ の よ う に 日 中 に 上 昇 す る と い う こ と か ら 、 局 所 的 に 存 在 す る 原 因 物 質 が 光 化 学 反 応 に よ り ま し て 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト を 生 成 し て い る と 考 え ら れ る と い う こ と を 、 考 察 と し て 記 載 し て い る と こ ろ で す 。ま た 少 し お め く り い た だ き ま し て 、31 ペ ー ジ 以 降 は 、光 化 学 オ キ シ ダ ン ト の 下 限 値 に 注 目 し た 分 析 と な っ て お り ま す 。31 ペ ー ジ 上 段 の グ ラ フ が 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト の 下 限 値 、31 ペ ー ジ の 下 段 が 夜 間 の 値 に 注 目 し た も の で す が 、い ず れ も 経 年 的 に 上 昇 し て い る 傾 向 が 読 み 取 れ る か と 思 い ま す 。 こ ち ら か ら 推 定 さ れ る 要 素 と し ま し て は 、 ま た ペ ー ジ を お め く り い た だ き ま し て 、33 ペ ー ジ 、34 ペ ー ジ の と こ ろ で 少 し そ の 考 察 を 記 載 し て お り ま す 。結 論 と し ま し て は 、33 ペ ー ジ 下 段 の ポ テ ン シ ャ ル オ ゾ ン の 濃 度 が 、経 年 的 に 見 る と ほ と ん ど 変 わ ら な か っ た と い う こ と も あ り ま す の で 、 夜 間 濃 度 の 上 昇 は 、 い わ ゆ る N O タ イ ト レ ー シ ョ ン 効 果 の 低 下 に よ る の で は な い か と い う こ と を 整 理 し て い る と こ ろ で す 。続 き ま し て 、35 ペ ー ジ か ら が 、都 の こ れ ま で の 施 策 の 状 況 等 に つ い て 取 り ま と め て い る 章 で す 。35 ペ ー ジ 、36 ペ ー ジ は 非 常 に 文 字 が 多 い も の で す の で 、1 枚 お め く り い た だ き ま し て 、 37 ペ ー ジ の A3 横 の 資 料 を ご 覧 い た だ け れ ば と 思 い ま す 。 こ ち ら で 少 し ご 説 明 さ せ て い た だ き ま す 。 こ ち ら は 、 東 京 都 の 政 策 目 標 と 主 な 取 組 み を 取 り ま と め て い る と こ ろ で す 。 ま ず 、 政 策 目 標 で す が 東 京 都 環 境 基 本 計 画 に 基 づ き ま し て 、 さ ま ざ ま な 物 質 に 対 し て 目 標 を 設 定 し て お り ま す が 、推 移 を 見 て い た だ き ま す と 、従 前 は S P M 、N O2に 焦 点 を 当 て た 目 標 を 掲 げ て お り ま し た が 、 近 年 は 、 冒 頭 申 し ま し た 大 気 環 境 の 改 善 と い う 観 点 も 踏 ま え ま し て 、 S P M や N O2 か ら P M2 . 5、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト に 移 行 し て い る と い う こ と が 、 目 標 の 設 定 か ら も 読 み 取 れ る か と 思 い ま す 。 ま た 、 そ の 目 標 達 成 に 向 け た こ れ ま で の 対 策 に つ い て 、 固 定 発 生 源 及 び 移 動 発 生 源 で 少 し 触 れ て い る と こ ろ で す 。 固 定 発 生 源 に つ き ま し て は 、 一 番 上 の 工 場 ・ 事 業 場 の ば い 煙 規 制 、 冒 頭 で 少 し ご 紹 介 し た も の に 加 え ま し て 、 そ の 下 の と こ ろ で 、 規 制 対 象 よ り 規 模 が 少 な い と こ ろ へ の 取 組 み と し ま し て 、 低 N O x 小 規 模 燃 焼 機 器 の 認 定 制 度 を 1989 年 か ら 始 め て お り ま す 。こ ち ら に つ き ま し て は 、認 定 基 準 の 強 化 等 を 行 い ま し て 、2015 年 以 降 、現 在 も 継 続 し て い る と こ ろ で す 。ま た 、そ の 他 、 固 定 発 生 源 、 V O C に 着 目 し た 対 策 と し ま し て は 、 そ の 下 に あ り ま す ガ ソ リ ン ス タ ン ド に 対 す る StageI の 規 制 で す 。こ ち ら に つ き ま し て は 、主 に ガ ソ リ ン ス タ ン ド に タ ン ク ロ ー リ ー か ら 荷 降 ろ し を す る と き に ベ ー パ ー が 出 る こ と を 防 止 す る た め の 規 制 の 措 置 と な っ て い る と こ ろ で す 。ま た 、そ れ 以 外 の V O C の 固 定 発 生 源 対 策 と し ま し て は 、2005 年 に 始 ま っ て お り ま す 、 専 門 家 を 事 業 者 に 派 遣 し ま す V O C 対 策 ア ド バ イ ザ ー 制 度 、 ま た 、 近 年 で 言 い ま す と 、2017 年 か ら 民 間 事 業 者 様 と 連 携 し た V O C 排 出 削 減 対 策 推 進 事 業 を 行 っ て い る と こ ろ で す 。 移 動 発 生 源 に つ き ま し て も 少 し ご 紹 介 さ せ て い た だ き ま す と 、 ま ず 1 点 が 、冒 頭 の と こ ろ で 少 し 触 れ さ せ て い た だ き ま し た 、都 の デ ィ ー ゼ ル 車 規 制 が 2003 年 か ら 始 ま っ て い る と こ ろ で す 。2003 年 か ら デ ィ ー ゼ ル 車 規 制 が 始 ま り ま し た が 、そ れ 以 降 に つ き ま し て は 、2008 年 の ハ イ ブ リ ッ ド バ ス 補 助 が 始 ま り ま し て 、環 境 性 能 に 優 れ た 自 動 車 の 導 入 促 進 と い う こ と で 、 主 に 補 助 事 業 と い う 形 で 移 動 発 生 源 対 策 を こ れ ま で 進 め て き た と い う の が 経 緯 で す 。 こ ち ら の 政 策 の 実 績 に つ き ま し て 取 り ま と め て い る の が 、 お め く り い た だ き ま し て 38 ペ ー ジ 以 降 で す 。こ れ ま で の 政 策 は 、主 に 2 点 と い う こ と で 、次 世 代 自 動 車 の 普 及 に 関 す る こ と と 、先 ほ ど 申 し ま し た 低 N O x・ 低 C Oの 認 定 機 器 の 制 度 の こ と に つ い て 少 し 触 れ て お り ま す 。次 世 代 自 動 車 の 普 及 の 状 況 で す が 、38 ペ ー ジ の 下 段 の 表 が 都

(7)

-7-

全 体 の 普 及 の 状 況 と な っ て お り ま す 。ま た 、お め く り い た だ き ま し て 39 ペ ー ジ に こ れ ま で の 補 助 実 績 と い う こ と で 、 乗 用 車 で 言 い ま す と E V 、 P H V 、 貨 物 車 の デ ィ ー ゼ ル ハ イ ブ リ ッ ド ト ラ ッ ク 、 デ ィ ー ゼ ル ハ イ ブ リ ッ ド バ ス 、 ま た F C V で す と か 、 さ ま ざ ま な 燃 料 種 別 に 対 し て 補 助 を 行 っ て き た と こ ろ で す 。 ま た 、 低 N O x・ 低 C O2の 燃 焼 機 器 制 度 に つ き ま し て も こ ち ら の 表 等 で 表 し て い る と お り で 、 台 数 に つ き ま し て も 堅 調 に 推 移 し て い る と い う こ と を 整 理 し て い る と こ ろ で す 。 こ う し た さ ま ざ ま な 施 策 等 の 実 績 も 勘 案 し な が ら 、 41 ペ ー ジ 以 降 で 、大 気 汚 染 物 質 の 排 出 源 の 状 況 に つ い て 整 理 し て い る と こ ろ で す 。項 目 別 に 簡 単 に ご 紹 介 さ せ て い た だ き ま す と 、41 ペ ー ジ 、42 ペ ー ジ は ば い じ ん の も の で 、排 出 量 と し ま し て は 、 2015 年 度 は 約 2,080 t で 、 2020 年 度 比 で 66% 減 少 し て い る と い う こ と を 示 し て い る と こ ろ で す 。 ま た 少 し お 進 み い た だ き ま し て 43 ペ ー ジ 、 44 ペ ー ジ が 窒 素 酸 化 物 で す 。減 少 の 度 合 い 等 に つ き ま し て は 44 ペ ー ジ の グ ラ フ で も 表 現 し て お り ま す が 、状 況 と し ま し て は 、 2015 年 度 の 排 出 量 が 約 41,050 t と い う こ と で 、 2000 年 度 比 で 約 54% 減 少 し て い る と い う こ と が 示 さ れ て い る と こ ろ で す 。 お 進 み い た だ き ま し て 、 45 ペ ー ジ 、 46 ペ ー ジ を ご 覧 い た だ け れ ば と 思 い ま す 。こ ち ら が S O x の 状 況 で す 。S O x に つ き ま し て も 2000 年 度 以 降 減 少 傾 向 に ご ざ い ま し て 、 状 況 と し ま し て は 2000 年 度 比 で 44% 減 少 と い う こ と で 、 2015 年 度 に つ き ま し て は 3,430 t ま で 低 減 が 進 ん で い る 状 況 で す 。 ま た お め く り い た だ き ま し て 、47 ペ ー ジ 、48 ペ ー ジ が 揮 発 性 有 機 化 合 物( V O C )に 関 す る こ と を 取 り ま と め て い る と こ ろ で す 。ま ず 排 出 量 の 状 況 で す が 、48 ペ ー ジ の 一 番 上 の グ ラ フ の と お り 、 2000 年 度 比 で 約 56% 削 減 さ れ て お り ま し て 、 2015 年 度 時 点 で 約 60,780 t ま で 減 少 し て い る と い う こ と が ご ざ い ま す 。 こ ち ら の 減 少 で す が 、 少 し 特 徴 的 な こ と が あ り ま す の で 触 れ さ せ て い た だ き ま す と 、 48 ペ ー ジ 上 段 の グ ラ フ を ご 覧 い た だ き ま す と 、 2000 年 か ら 2010 年 ま で の 減 少 幅 と 2010 年 か ら 2015 年 ま で の 減 少 幅 、 少 し 減 少 率 に 差 が あ る と い う こ と が 読 み 取 れ る か と 思 い ま す 。こ ち ら に つ き ま し て は 、2006 年 度 ぐ ら い に 国 に お け る ベ ス ト ミ ッ ク ス の 考 え 方 で す と か 、国 に お い て も 2010 年 に 排 出 目 標 を 設 定 し た と い う こ と を 受 け ま し て 、東 京 都 で も 2010 年 ま で に 2000 年 比 30% 削 減 と い う 目 標 を 掲 げ て 取 り 組 ん で き た 結 果 で は な い か と 想 定 さ れ る と こ ろ で す 。 ま た 、 V O C に つ き ま し て は 、 今 回 議 題 と な っ て お り ま す P M2 . 5、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト 双 方 の 原 因 物 質 と な っ て お り ま す 。 こ ち ら の 最 近 の 対 策 に つ き ま し て は 、 今 後 の 発 生 源 寄 与 解 析 、 ま た は 対 策 の 事 例 調 査 と い う こ と で 、 対 策 に 関 わ る コ ス ト ベ ネ フ ィ ッ ト を 含 め て 検 討 し て 参 り ま す の で 、 こ う い っ た 対 策 効 果 の 検 証 も 踏 ま え て 検 討 が あ る の で は な い か と い う こ と が ご ざ い ま す 。 ま た お め く り い た だ き ま し て 、最 後 、49 ペ ー ジ 、50 ペ ー ジ が 対 策 の 方 向 性 と い う と こ ろ で す 。「 4 .1 更 な る 削 減 対 策 の 必 要 性 」 と い う こ と で 、 こ れ ま で の 経 緯 等 を 含 め て 、 改 め て 整 理 を し て お り ま す 。 P

2 . 5に つ き ま し て は 、2001 年 度 か ら 大 幅 に 削 減 が 進 ん で お り ま す が 、近 年 は 、1 行 目 で も

少 し 触 れ て お り ま す が 、 長 期 基 準 15 μ g/m3付 近 で 推 移 し て い る た め 、 安 定 的 に 基 準 を 達 成 さ せ る た め に は 、 更 な る 低 減 が 必 要 で あ る と い う こ と 、 ま た 、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト に つ き ま し て は 、 5 行 目 あ た り か ら 触 れ て は い る の で す が 、 先 ほ ど あ り ま し た 高 濃 度 日 の 発 生 状 況 は 低 減 傾 向 に あ る と い う こ と 、 ま た は 、 東 京 都 の 環 境 政 策 目 標 に 照 ら し 合 わ せ て も 、 緩 や か で は あ り ま す が 減 少 傾 向 に あ る 一 方 、 こ ち ら に つ き ま し て も 政 策 目 標 の 達 成 に は 至 っ て い な い こ と 、 ま た 、 環 境 基 準 に つ き ま し て は 一 般 局 で 達 成 し て い な い こ と も あ り ま す の で 、 こ ち ら に つ い て も 更 な る 削 減 が 必 要 で あ る と い う こ と を 整 理 し て お り ま す 。 ま た 、

(8)

-8-

削 減 の 方 向 性 と し ま し て は 、 4.1 の 最 後 の パ ラ グ ラ フ で 少 し 触 れ て お り ま す が 、 P M2 . 5に つ き ま し て は 二 次 生 成 の 原 因 物 質 で あ る N O x、 S O x、 V O C 、 ア ン モ ニ ア 等 の 削 減 の 推 進 、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト に つ き ま し て は 、 原 因 物 質 で あ り ま す N O x と V O C を バ ラ ン ス よ く 削 減 さ せ る こ と が 必 要 で は な い か と い う こ と を 、 更 な る 削 減 の 必 要 性 と し て 示 し て い る と こ ろ で す 。 そ れ を 踏 ま え ま し て 、「 今 後 の 検 討 の 進 め 方 」、 最 後 の 章 で す 。 削 減 を 推 進 し て い く た め に は と い う こ と で 、 一 つ は 規 制 で す と か 自 主 的 取 組 み の 支 援 と い う こ と が あ り ま す が 、 も う 一 つ の 視 点 と し ま し て は 、 対 策 を 実 施 す る こ と で 得 ら れ る 事 業 者 の メ リ ッ ト も 考 慮 す る こ と が 望 ま し い の で は な い か と い う こ と も 少 し 触 れ て い る と こ ろ で す 。ま た 、 過 去 の 検 討 会 に お き ま し て も 、 P M2 . 5、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト 対 策 に つ い て は 広 域 的 な 取 組 み が 必 要 で は な い か と い う こ と も 言 及 さ れ て い ま す の で そ う し た 点 も 踏 ま え ま し て 、現 在 、 広 域 的 な 連 携 が 一 部 ご ざ い ま す の で 、 こ う し た こ と も 活 用 し な が ら 、 ま た 本 検 討 会 の 結 果 も 活 用 し な が ら 、 広 域 的 な 連 携 に 向 け た こ と も 求 め ら れ る の で は な い か と 結 論 付 け て い る と こ ろ で す 。そ う し た こ と を 踏 ま え ま し て 、最 後 50 ペ ー ジ で す が 、今 年 度 に 実 施 す る 事 項 を 主 に 二 つ 特 出 し し て お り ま す 。 1 点 目 が 、 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン を 用 い た 発 生 源 寄 与 割 合 の 解 析 で す 。こ ち ら は 2015 年 度 を 基 準 年 度 と し た シ ミ ュ レ ー シ ョ ン 解 析 を 行 い ま し て 、原 因 物 質 の 削 減 対 策 を 実 施 し た 場 合 の P M2 . 5、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト 濃 度 へ の 効 果 を 分 析 す る と い う も の で す 。 も う 1 点 、 対 策 の 影 響 評 価 で す が 、 こ ち ら は 原 因 物 質 の 削 減 対 策 を 都 内 で 普 及 さ せ た 場 合 の 費 用 対 効 果 の 算 出 を 試 み た 上 で 、 対 策 の 影 響 評 価 も 踏 ま え な が ら 、 よ り 効 果 的 な 対 策 を 検 討 し て い く と い う こ と を 、 今 後 の 進 め 方 と し て 示 し て い る と こ ろ で す 。 少 し 長 く な り ま し た が 、 説 明 は 以 上 で す 。

< 質 疑 応 答 >

( 坂 本 座 長 ) は い 、 あ り が と う ご ざ い ま し た 。 た だ い ま 、 資 料 1 - 1 と 資 料 1 - 2 に つ き ま し て 説 明 を い た だ き ま し た 。 資 料 1 - 1 で は 全 体 の 今 後 の 進 め 方 、 こ う い っ た こ と で こ れ は よ ろ し い で し ょ う か ね 。 資 料 1 - 2 で 大 気 中 微 小 粒 子 状 物 質 検 討 会 の 中 間 ま と め と い う 形 で ま と め て い た だ き ま し た が 、 こ れ は 最 終 的 な 報 告 に も 関 係 す る と こ ろ で す の で 、 さ ら に 質 問 、ご 意 見 等 が ご ざ い ま し た ら お 願 い い た し ま す 。い か が で し ょ う か 。多 く の 場 合 、 こ う い っ た も の を ま と め た 場 合 に 、 こ う い う 対 策 を や っ た 、 そ う す る と 普 通 は 環 境 基 準 達 成 率 が ど れ だ け 上 が っ た と い う だ け の 話 に な っ て く る わ け で す が 、 今 回 の 場 合 に 、 非 常 に よ く で き て い る な と 思 う の は 、 対 策 を や っ て ど れ だ け エ ミ ッ シ ョ ン が 減 っ た か 、 そ し て 、 そ れ に よ っ て 環 境 濃 度 が ど う な っ た か と い う 形 で 見 て い る と い う こ と で す 。 環 境 濃 度 の 場 合 に は 、 い わ ば ロ ー カ ル な 、 も し く は 東 京 都 内 だ け の エ ミ ッ シ ョ ン で あ れ ば 、 全 体 の エ ミ ッ シ ョ ン が 減 っ た の に 比 例 し て 濃 度 は あ る 程 度 下 が る 可 能 性 が あ る け れ ど も 、 そ れ 以 外 の と こ ろ か ら の も の 、 そ れ か ら バ ッ ク グ ラ ウ ン ド 濃 度 が 高 か っ た り す る と そ れ ほ ど は 下 が ら な い と い う こ と に な る わ け で 、 全 体 で そ う い う も の が 比 較 的 分 か る よ う に ま と め ら れ て い る の で は な い か と 思 い ま す 。い か が で し ょ う か 。は い 、ど う ぞ 。岸 本 委 員 、お 願 い し ま す 。

( 岸 本 委 員 ) 細 か い 話 な の で す が 、 オ ゾ ン の 単 位 の 有 効 数 字 が ま だ ば ら つ い て い る 感 じ が し ま す 。 多 分 、 0.070 ppm で 運 用 さ れ て い る と 思 う の で す が 、 0.07 と 書 い て あ る と こ ろ と 0.070 と 書 い て あ る と こ ろ が あ る の で 、0.07 ま で の 有 効 数 字 だ と 0.074 も OK と な っ て し ま う の で 、 0.070 で 統 一 し た 方 が 良 い と 思 い ま す 。 そ れ と 、 測 っ て い る と こ ろ も 、 も し か し て も う 1 桁 有 効 数 字 を 増 や す の が 正 確 な の で は と 思 っ た り も し ま し た し 、 国 の 基 準 で あ る

(9)

-9-

0.06 と か 注 意 報 レ ベ ル 0.12 も 、実 際 に 0.060 で 運 用 さ れ て い る の だ っ た ら 、0.060 で 運 用 し て い る と い う こ と を 明 記 し た 方 が 良 い と 思 い ま し た 。そ れ か ら 、細 か い の で す が 、16 ペ ー ジ の 注 の 9 の と こ ろ に 、例 と し て 0.07 ppm= 70 ppb と 書 い て あ る の で す が 、こ れ も 多 分 、 正 確 に 言 う と 0.070 ppm が 70 ppb の よ う に し た 方 が 良 い と 思 う の で 、 そ の 辺 統 一 し て い た だ い た 方 が 良 い と 思 い ま す 。

( 坂 本 座 長 ) あ り が と う ご ざ い ま し た 。 今 の 点 は 、 ppm で 書 い た 場 合 と か 、 ど う い う 単 位 で 書 く か に よ っ て 、 0 が 一 つ な い と 、 今 お っ し ゃ っ た よ う に 、 例 え ば 65 ppb~ 74 ppb が 70 ppb、も し く は 0.07 ppm と い う よ う な 形 で 見 ら れ て し ま う 可 能 性 が あ る 。そ う い う こ と で 、 全 て の と こ ろ を も う 1 桁 、 0.070 の と こ ろ ま で の こ と が 分 か る よ う な 形 で 統 一 し て 表 記 を し た 方 が 良 い と 思 い ま す 。 こ れ は よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。

( 川 久 保 課 長 ) す み ま せ ん 、 1 点 だ け ご 説 明 さ せ て く だ さ い 。 例 え ば 、 8 ペ ー ジ な の で す が 、表 の 1 - 3 、「 東 京 都 の 政 策 目 標 」と 掲 げ た 中 で 、光 化 学 オ キ シ ダ ン ト 濃 度 の と こ ろ が 0.07 ppm と 書 い て お り ま す 。こ れ は 、先 生 か ら ア ド バ イ ス い た だ い た 点 を 踏 ま え れ ば 0.070 に な る と こ ろ な の で す が 、 実 は 政 策 目 標 と し て も う 世 の 中 に 出 し て い る も の が 0.07 ppm と い う と こ ろ で 、 こ の 政 策 目 標 に 限 っ て は こ の 表 記 で い か せ て い た だ け れ ば と 思 い ま す 。 そ の 他 、 数 値 を 表 記 す る と き に は 、 ご 指 摘 の と お り 0.070 ppm と い う こ と で 統 一 し た 表 記 を 心 掛 け て 参 り た い と 思 い ま す 。 ご 指 摘 あ り が と う ご ざ い ま す 。

( 岸 本 委 員 ) 1 点 だ け 。 も し 可 能 だ っ た ら 、 そ の 表 1 - 3 の 注 の と こ ろ に 、「 0.070 で 運 用 し て い ま す 」 と い う よ う な こ と が 一 言 あ っ て も 良 い と 思 い ま す 。

( 川 久 保 課 長 ) あ り が と う ご ざ い ま す 。 で は 、 そ の よ う に 付 け 加 え た い と 思 い ま す 。

( 坂 本 座 長 ) あ り が と う ご ざ い ま し た 。 そ の 他 、 い か が で し ょ う か 。 ど う ぞ 、 飯 島 委 員 。

( 飯 島 委 員 )49 ペ ー ジ の「 対 策 の 方 向 性 」の 項 目 の と こ ろ で 、光 化 学 オ キ シ ダ ン ト 対 策 に つ い て 、「 原 因 で あ る N O x と V O C に お い て バ ラ ン ス の と れ た 」 と い う 表 現 が 出 て き て 、 ま さ に こ れ が す ご く 大 事 な こ と な の だ ろ う と 思 う の で す が 、 オ ブ ラ ー ト に 包 ま れ た 表 現 に な っ て い て 、 行 政 的 な 表 現 と し て は 、 も し か し た ら こ う い う 方 が 良 い の か も し れ な い で す が 、 実 際 に は 、 N O x の 削 減 に V O C が 追 い 付 い て き て い な い と こ ろ が 本 質 的 に は 問 題 な の だ と 思 う の で 、 そ の 辺 ま で は 少 し 踏 み 込 ん で 具 体 的 に 書 い て も 良 い の で は な い か と い う 気 が い た し ま し た 。 も う 1 点 は 、 小 さ な こ と で や る 必 要 は な い か も し れ な い の で す が 、 例 え ば 11 ペ ー ジ に あ る 図 2 - 1 で 、 最 近 、 年 平 均 値 が 15 μ g/m3の あ た り で ふ ら つ い て い る よ う な 状 態 と い う こ と が 出 て き て い ま し て 、 観 測 局 も 、 30 局 、 55 局 、 80 局 、 81 局 と か な り 増 え て き て い る 中 で 、2011 年 以 降 は 、最 大 値 と 最 小 値 の 幅 み た い な も の を 示 し て も 良 い の で は な い で し ょ う か 。 例 え ば 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト の と こ ろ は そ う い う 表 記 に な っ て い た と 思 う の で す が 、 そ ん な ふ う に す る と 、 数 あ る 測 定 局 が ど れ く ら い の 幅 に 入 っ て い る の か と い う の が 見 え て く る と 感 じ た の で 、 も し 必 要 性 が あ れ ば 、 そ う い う こ と も 変 更 で 加 え て い た だ け る と 良 い と 感 じ ま し た 。 以 上 で す 。

( 坂 本 座 長 ) あ り が と う ご ざ い ま し た 。 事 務 局 。

( 川 久 保 課 長 ) は い 。 あ り が と う ご ざ い ま す 。 お っ し ゃ る よ う に 、 V O C と N O x の と こ ろ は 、 飯 島 先 生 が お っ し ゃ っ た と お り の 思 い を 私 ど も と し て も 抱 い て お り ま す 。 表 記 に 関 し ま し て は 、 こ の 後 、 検 討 さ せ て い た だ き た い と 思 い ま す 。 そ れ か ら 、 最 大 値 、 最 小 値 、 11 ペ ー ジ の グ ラ フ に つ き ま し て も 、こ の 後 、検 討 し て 参 り た い と 思 い ま す 。ご 意 見 あ り が

(10)

-10-

と う ご ざ い ま し た 。

( 坂 本 座 長 ) そ の 他 、 い か が で し ょ う か 。 は い 、 森 川 委 員 。

( 森 川 委 員 ) や は り 同 じ 11 ペ ー ジ の 図 2 - 1 に つ い て で す が 、 こ れ は 4 局 の 平 均 と い う こ と で す が 、 確 か こ れ は 一 般 局 と 自 排 局 と 混 ざ っ て い る の で は な い か と 思 う の で す ね 。 次 の ペ ー ジ か ら は 一 般 局 と 自 排 局 と 分 け て あ る の で 、 そ れ を 混 ぜ て 平 均 し て い る こ と を 記 載 し て お い た 方 が 良 い の で は な い か と 思 い ま す 。

( 坂 本 座 長 ) ど う ぞ 。

( 川 久 保 課 長 ) そ の よ う に 表 記 い た し ま す 。 ご 指 摘 あ り が と う ご ざ い ま す 。

( 坂 本 座 長 ) そ の 他 、 い か が で し ょ う か 。 よ ろ し い で し ょ う か 。 今 い た だ き ま し た ご 意 見 に つ き ま し て は 、 事 務 局 と 私 の 方 で 相 談 し て 、 最 終 的 な 文 案 に つ い て は ま と め る と い う こ と で ご 了 解 い た だ け れ ば と 思 い ま す が 、 よ ろ し い で し ょ う か 。 は い 、 あ り が と う ご ざ い ま し た 。 あ と 、 先 ほ ど の V O C と N O x の と こ ろ は 、 ま さ に V O C を こ れ か ら 更 に 減 ら す 必 要 が あ る の で 、 で は ど こ ま で 減 ら せ ば ど の く ら い に な る の か と い う の は 、 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン の 精 度 が そ こ ま で 追 い 付 い て い な い と い う こ と が あ っ て 、 非 常 に 難 し い の は 、 そ れ を ど こ ま で や っ た ら こ う な る よ と い う の を 示 し つ つ 環 境 対 策 を 進 め て い く た め に は 、 も う 少 し シ ミ ュ レ ー シ ョ ン の 精 度 を 上 げ て い か な い と い け な い 。 そ し て 、 そ の シ ミ ュ レ ー シ ョ ン の 精 度 を 上 げ る た め に は 、 発 生 源 デ ー タ が も う 少 し 詳 し い も の と し て 、 な い と い け な い 。 そ う い う 状 況 に あ る 中 で 考 え て い く と い う 難 し い 部 分 が あ っ て 、 や や 曖 昧 な 表 現 に は な っ て い る の で す が 、 意 図 す る と こ ろ は よ り V O C の 削 減 を こ れ か ら や っ て い こ う と い う 方 向 に は あ る わ け だ と 思 い ま す 。 そ れ で は 、 続 き ま し て 、 今 日 の 次 の 議 題 に 移 ら せ て い た だ き た い と 思 い ま す 。2 番 目 で す が 、平 成 30 年 度 の 調 査 計 画 と い う こ と で す 。ま ず ① の シ ミ ュ レ ー シ ョ ン 解 析 調 査 に つ い て と い う こ と で 、 委 託 会 社 の 日 本 エ ヌ ・ ユ ー ・ エ ス よ り 説 明 を お 願 い い た し ま す 。

(2) 平 成 30 年 度 の 調 査 計 画 に つ い て

① シ ミ ュ レ ー シ ョ ン 解 析 調 査 ( 資 料 2 - 1 )

< 資 料 説 明 >

( 渡 辺 ) そ れ で は 、 資 料 2 - 1 を ご 覧 く だ さ い 。 本 年 度 の シ ミ ュ レ ー シ ョ ン 解 析 調 査 計 画 に つ き ま し て 、 日 本 エ ヌ ・ ユ ー ・ エ ス か ら 説 明 さ せ て い た だ き ま す 。 ま ず 1 ペ ー ジ の 1 . の と こ ろ は 割 愛 さ せ て い た だ き ま し て 、2 .の 本 調 査 の 目 的 で す 。本 調 査 で は 、2008 年 度 と 2015 年 度 に お け る 大 気 汚 染 物 質 の 発 生 源 寄 与 割 合 の 変 化 を 取 り ま と め て い く こ と を 目 的 と し て お り ま す 。前 年 度 の 調 査 で 、シ ミ ュ レ ー シ ョ ン モ デ ル の 構 築 及 び 2008 年 度 の 発 生 源 寄 与 割 合 の 推 計 を 実 施 し ま し た の で 、そ れ に 引 き 続 き ま し て 本 年 度 は 2015 年 度 の 方 を 実 施 し ま し て 、 そ の 変 化 の 推 移 を 取 り ま と め て い く と い う こ と を 目 的 と し て お り ま す 。 ま た 同 時 に 、 数 例 に な る か と 思 う の で す が 、 今 年 度 は 、 実 際 に 対 策 を 実 施 し た 際 に ど れ ぐ ら い 排 出 の 削 減 が 大 気 環 境 に 影 響 を 及 ぼ す か と い う よ う な こ と を 解 析 す る シ ナ リ オ 解 析 と か 、 気 象 条 件 が ど れ だ け 大 気 汚 染 物 質 濃 度 に 影 響 し て い る か と い う よ う な と こ ろ の 気 象 の 影 響 に よ る 解 析 、 あ と は 、 統 計 モ デ ル を 使 っ た 、 あ る い は レ セ プ タ ー モ デ ル と い わ れ る 統 計 解 析 な ど も 同 時 に 実 施 し て い く と い う よ う な こ と を 考 え て お り ま す 。 で は 、 具 体 的 な 内 容 の 方 に 進 め さ せ て い た だ き ま す 。 ま ず 、 2 ペ ー ジ 目 、 3 ペ ー ジ 目 、 4 ペ ー ジ 目 は 、 昨 年 度 に

(11)

-11-

既 に ご 報 告 さ せ て い た だ き ま し た 気 象 モ デ ル と 化 学 輸 送 モ デ ル の 詳 細 に つ い て ま と め て お り ま す の で 、 本 日 は 割 愛 さ せ て い た だ き ま す 。 5 ペ ー ジ 目 か ら 進 め さ せ て い た だ き ま す 。 こ ち ら で は 、昨 年 度 の 2008 年 度 に 続 き ま し て 本 年 度 は 2015 年 度 の 解 析 を 実 施 し ま す の で 、 2015 年 度 の 排 出 イ ン ベ ン ト リ を 記 載 し て お り ま す 。 基 本 的 に は 2008 年 度 と 同 様 の イ ン ベ ン ト リ 構 成 で 進 め て い く こ と と し て お り ま す 。 た だ し 、 国 外 の 人 為 起 源 と か は ま だ 2010 年 ま で し か デ ー タ が 公 開 さ れ て お り ま せ ん の で 、 中 国 の 統 計 年 報 な ど を 用 い ま し て 、 2010 年 か ら 2015 年 の 方 に 発 生 量 を 年 次 補 正 し て 使 用 し て い く 予 定 で お り ま す 。 ま た 、 2015 年 度 の 東 京 都 以 外 の 人 為 起 源 と い う と こ ろ も 、環 境 省 の イ ン ベ ン ト リ( 2012 年 )を 、昨 年 度 も 実 施 し た 方 法 と 同 様 の 手 法 で 活 動 量 の 統 計 値 よ り 年 次 補 正 し て 使 用 す る 予 定 で お り ま す 。 今 年 度 は 以 上 の よ う な イ ン ベ ン ト リ で 計 算 し て い く と い う 計 画 を し て お り ま す 。 6 ペ ー ジ 目 か ら 、 実 際 に ど う い う シ ミ ュ レ ー シ ョ ン を 実 施 す る か と い う よ う な と こ ろ を 記 載 し て お り ま す 。本 年 度 、大 き く 分 け る と 4 種 類 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン を 実 施 す る 予 定 で 、1 つ 目 が 2015 年 度 の 基 準 計 算 の 確 認 と い う と こ ろ で 、2015 年 度 の イ ン ベ ン ト リ を 用 い ま し て 、そ の 計 算 し た シ ミ ュ レ ー シ ョ ン の 値 と 実 際 に 測 定 さ れ て い る 観 測 値 を 比 較 し ま し て 、 ど の く ら い モ デ ル の 再 現 性 が 今 は 確 保 さ れ て い る か と い う と こ ろ を 第 一 段 階 と し て 確 か め ま す 。 こ れ ら の 比 較 に つ い て は 、 本 日 、 ま だ 速 報 値 と い う こ と で 、 プ レ リ ミ ナ リ ー と い う こ と で 委 員 の 方 の み の 配 布 と な っ て お り ま す が 、 資 料 2 - 1 の 別 添 3 の 方 で 現 状 の 結 果 を 取 り ま と め て お り ま す 。資 料 2 - 1 別 添 3 を ご 覧 い た だ き た い の で す が 、こ ち ら の 方 で 、2008 年 度 と 2015 年 度 で そ れ ぞ れ 、バ ッ ク グ ラ ウ ン ド 地 点 、関 東 の 国 設 局 で P M2 . 5の 成 分 測 定 が 実 施 さ れ て い る 地 点 で シ ミ ュ レ ー シ ョ ン の 精 度 を 検 証 し て お り ま す 。 2008 年 度 か ら 2015 年 度 で 同 じ モ デ ル を 使 っ て い ま す の で 、 結 果 と し て 、 再 現 性 と し て は 同 程 度 と な っ て お り ま す 。 抽 出 さ れ る 課 題 と し ま し て も 同 じ よ う な も の で 、 例 え ば 、 夏 季 に お き ま し て は 、 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン で は 硝 酸 が 過 剰 に 評 価 さ れ て し ま う と か 、 あ と は 、 O C ( 有 機 炭 素 ) の 二 次 生 成 部 分 の 再 現 性 が ま だ そ れ ほ ど 芳 し く な い と い っ た よ う な 、2008 年 度 、2015 年 度 と 同 様 の 課 題 が 抽 出 さ れ ま し た 。 た だ 、 一 方 で 、 例 え ば 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト の 濃 度 が 、 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン で は 夜 間 下 が ら な い と い う よ う な 問 題 も あ る の で す が 、 ピ ー ク 値 は 捉 え て い た り と い う と こ ろ で 、 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン の モ デ ル の 目 的 自 体 も 、 ま だ 数 % を 議 論 す る よ う な と こ ろ で は な く 、 全 体 の 傾 向 が つ か め れ ば 良 い と い う と こ ろ で 、 そ う い っ た 目 的 で あ れ ば 本 モ デ ル で も 十 分 で あ ろ う と 考 え て お り ま す 。 今 後 の 精 緻 化 は 求 め ら れ る の で す が 、 こ の モ デ ル を 使 い ま し て 、2008 年 、2015 年 の 発 生 源 寄 与 割 合 の 変 化 を 取 り ま と め て い く と い う 予 定 を し て お り ま す 。 そ れ で は 、 ま た 本 資 料 ( 資 料 2 - 1 ) の 6 ペ ー ジ 目 に 戻 っ て い た だ き ま し て 、 2 つ 目 の シ ミ ュ レ ー シ ョ ン 計 画 と し ま し て は 、2015 年 度 の 発 生 源 寄 与 割 合 の 推 計 と い う と こ ろ で す 。 こ ち ら が 本 年 度 の 一 番 大 き な 目 的 に な る か と 思 う の で す が 、 細 か い と こ ろ に つ き ま し て は 、 資 料 2 - 1 の 別 添 1 に ま と め て お り ま す 。 基 本 的 に は 、 昨 年 度 の 手 法 を 踏 襲 し て 実 施 す る 予 定 で す 。 ま ず 、 感 度 実 験 の 対 象 領 域 で す が 、 関 東 地 域 全 域 と 東 京 都 内 と い う パ タ ー ン を 考 え て お り ま し て 、 感 度 実 験 の 対 象 排 出 源 と し ま し て は 、 自 動 車 、 船 舶 、 大 規 模 な 固 定 発 生 源 、 業 務 ・ 家 庭 、 建 機 、 V O C 施 設 、 そ の 他 の 人 為 起 源 、 ア ン モ ニ ア 、 自 然 発 生 源 と い う よ う な 9 パ タ ー ン を 考 え て 実 施 す る 予 定 で す 。実 施 パ タ ー ン と し ま し て は 、

「 ゼ ロ ・ ア ウ ト 法 」 と い わ れ て い ま し て 、 対 象 発 生 源 の 発 生 量 を 丸 ご と 全 部 0 に し て し ま う と い う よ う な も の で 、 発 生 源 の 寄 与 を そ れ ぞ れ の 発 生 源 に つ い て 算 出 し て い く 計 画 を し

(12)

-12-

て お り ま す 。め く っ て い た だ き ま し て 、2 ペ ー ジ 目 の 下 の 方 で 、P M2 . 5に 関 し て 記 載 さ せ て い た だ い て お り ま す が 、P M2 . 5の 方 は 、シ ミ ュ レ ー シ ョ ン の 精 度 検 証 で も ま だ 成 分 測 定 の 濃 度 と 矛 盾 し て い る 、合 致 し て い な い 部 分 が あ る と い う 課 題 も 残 し て い る と の 理 由 か ら 、 観 測 値 と 計 算 値 の 比 率 を 地 点 ご と 、 日 ご と 、 成 分 ご と に 整 理 し ま し て 、 そ れ を 計 算 値 に 乗 じ る こ と で 、 補 正 係 数 を 掛 け る こ と で P M2 . 5 の 発 生 源 寄 与 解 析 を 実 施 し て い く 予 定 で す 。 こ れ は 昨 年 度 と 同 様 の 手 法 に は な っ て い る の で す が 、 本 年 度 は 、 補 正 実 施 前 後 の 寄 与 割 合 で 、 補 正 し な い 場 合 は こ れ く ら い 、 補 正 し た 場 合 は こ れ く ら い と い う よ う な 補 正 前 後 も 併 せ て 取 り ま と め て い き た い と 考 え て お り ま す 。 2008 年 度 と 2015 年 度 で 成 分 分 析 地 点 が か な り 変 化 し て お り ま す の で 、 違 う 場 所 で 比 較 し て も 良 い 答 え が 出 な い の で は と 思 っ て お り ま す の で 、 そ れ ぞ れ の 積 集 合 み た い な 場 所 で 比 較 を 実 施 し て い き た い と 考 え て お り ま す 。 ま た 、2015 年 度 の 計 算 で は 、東 京 都 以 外 の 関 東 地 域 で も P M2 . 5の 成 分 測 定 が 実 施 さ れ て い る た め 、 上 に 書 い て い る よ う な 補 正 を 用 い る 手 法 で 、 例 え ば 関 東 内 の 各 地 域 の 発 生 源 寄 与 割 合 を 推 計 し よ う と 考 え て お り ま す 。 例 え ば 神 奈 川 県 に 対 す る 東 京 都 か ら の 影 響 と い っ た 発 生 源 の 寄 与 割 合 の 推 計 も 今 年 度 は 実 施 し て い き た い と 考 え て お り ま す 。 3 ペ ー ジ 目 、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト に つ き ま し て は 、 特 に 補 正 な ど も 実 施 せ ず に 、 昨 年 度 と 同 様 の 手 法 で 実 施 し て い く と い う 予 定 で す 。昨 年 度 は 暖 候 期 の 2008 年 5 月 か ら 9 月 と い う よ う な 平 均 を 出 し て い た の で す が 、 今 年 度 は シ ミ ュ レ ー シ ョ ン の 計 算 数 が か な り 多 い と い う こ と か ら 、 計 算 コ ス ト を 勘 案 し ま し て 、 春 季 、 夏 季 の 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト の 高 濃 度 日 を 多 く 含 む 1 カ 月 程 度 で 寄 与 割 合 を 算 出 す る と い う 予 定 で す 。次 ペ ー ジ 目 か ら は 、昨 年 度 の 2008 年 度 の 結 果 に な っ て い ま す 。4 ペ ー ジ 目 の 上 の 方 で 、昨 年 度 の 2008 年 度 の 寄 与 割 合 の 推 計 結 果 を 掲 載 し て お り ま す 。上 の 方 が P M2 . 5、下 の 方 が 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト で 、 P M2 . 5で す と 、関 東 以 外 の 排 出 と い う 部 分 を 除 け ば 、 主 要 な 発 生 源 は 自 動 車 、 大 規 模 固 定 源 の ア ン モ ニ ア 系 の も の と 、 お お む ね よ く 言 わ れ て い る よ う な も の が 推 計 さ れ て お り ま す 。 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト に 関 し ま し て は 、 自 動 車 や V O C が 効 い て い る の で す が 、 平 均 値 で 見 て し ま う と 寄 与 が 見 え づ ら い な と い う と こ ろ で 、 次 ペ ー ジ か ら 実 施 し て い る よ う な 高 濃 度 日 イ ベ ン ト 時 の 発 生 源 寄 与 割 合 と い う の も 、昨 年 度 は 併 せ て 実 施 し て お り ま す 。 5 ペ ー ジ 目 が 、P M2 . 5が 高 濃 度 に な っ た 日 の 寄 与 割 合 で す 。 6 ペ ー ジ 目 が 、 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト が 高 濃 度 に な っ た 日 の 寄 与 割 合 で す 。 6 ペ ー ジ 目 の 方 で 、 例 え ば 光 化 学 オ キ シ ダ ン ト が 高 濃 度 の と き は 、 や は り 自 動 車 、 V O C な ど の 影 響 が 大 き い と い う よ う な と こ ろ が 見 て 取 れ る か と 思 い ま す 。 7 ペ ー ジ 目 は 、 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン 解 析 と レ セ プ タ ー モ デ ル の 相 互 活 用 と 書 か せ て い た だ い て お り ま す が 、 昨 年 度 、 一 つ 課 題 と し て い た だ い て い た の が 、 一 次 有 機 粒 子 と 二 次 有 機 粒 子 で 同 じ 補 正 係 数 を 掛 け て し ま っ て 計 算 し て 良 い の か と い う よ う な と こ ろ を ご 指 摘 い た だ い て い ま し た の で 、 今 年 度 は そ の 部 分 を 、 レ セ プ タ ー モ デ ル ( C M B ) を 使 っ て 、 有 機 粒 子 の 一 次 と 二 次 を 分 け て 補 正 係 数 を 作 成 す る と い う よ う な こ と を 試 し て み る 予 定 で す 。 こ ち ら は ト ラ イ ア ル な と こ ろ も ご ざ い ま す の で 、 こ の 手 法 を 実 際 の 最 後 の 報 告 書 と し て 採 用 す る か ど う か は 、 意 見 な ど を 踏 ま え て 決 定 し て い き た い と 考 え て お り ま す 。 ま た 本 資 料 に 戻 っ て い た だ き ま し て 、7 ペ ー ジ 目 を ご 覧 く だ さ い 。こ ち ら の 方 で 、3 番 目 の 解 析 と し ま し て 、 気 象 条 件 や 大 気 汚 染 物 質 排 出 量 の 変 化 に よ る 影 響 の 解 析 と い う と こ ろ で 、 こ ち ら も 昨 年 度 に い た だ い て い た 課 題 に は な る の で す が 、P M2 . 5の 発 生 源 寄 与 割 合 は 、成 分 分 析 期 間 に 合 わ せ た 2 週 間 程 度 で 実 施 し て い ま す 。 で す の で 、 そ の 計 算 が そ の 年 度 の 気 象 条 件 の 代 表 性

Updating...

参照

関連した話題 :