A Fundamental Study of Coastal Sand DuneStabilization

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. A Fundamental Study of Coastal Sand Dune Stabilization 末, 勝海. https://doi.org/10.15017/14784 出版情報:九州大学農学部演習林報告. 43, pp.1-120, 1968-03-30. Research Institution of University Forests, Faculty of Agriculture, Kyushu University バージョン: 権利関係:.

(2) Table3‑14.B長. 時. 間. 砂. 移. 80m附. 近 に は 侵 蝕 さ れ る 部 分 を 生 じ て い る.た. 30mも. 離 れ な い 所 で こ の よ う な 大 差 を 生 じ て いkこ. 実 証 例 と し て 示 し て お く.な 中 ら(31)の. 動. 量(前. だ1事. 丘 附 近). 例 に す ぎ な い がFig.3‑20.Aと と を,当. 然 予 想 さ れ る こ と に対 す る. お こ の よ う な 垣 の 切 れ 目 に お け る 風 の 構 造 に つ い て は,田. 報 告 に 詳 し い.. 3,4,皿,8)こ. の 時 点 に お い て は 内 陸 の 堆 砂 量 の 方 が 海 岸 近 く の も の よ り 多 い.. 3,4,1,4)の べ た が,堆. 傾 向 と して 海 岸 近 く の も の が 内 陸 の も の よ り 堆 砂 量 の 多 い こ と を 述 砂 が 完 了 す る と 大 部 分 の 飛 砂 が 第1線. を 乗 り 越 して 第2線. で 堆 砂 す る よ うに. な る も の と 考 え ら れ る. な お海 岸 線 の平 面 形 で は 3,4,皿,9)こ. の 実 測 例 の 場 合,最. 少20m,最. 大50m,平. 均40m内. 外の海岸線の前後進. が 認 め ら れ た. 最 も速 く変 動 し た の は12月22日. と26日 の 間 に1日. 第4章. 当 り9mも. 動 い て い る 部 分 が あ る.. 塩 分 に 関 す る実 験. 海 水 に 由来 す る塩 分 は 植 生 に 付 着 し,ま た砂 面 に落 下 して根 系 に 吸 収 さ れ 一 般 に 植 生 の 繁 茂 を阻 害 す る他 に,金 属 を腐 蝕 した り電 気 の 絶 縁 を破 壊 した り して 害 作 用 を及 ぼ す ので, 海 岸 近 くで 諸 種 の もの に つ い てMohr法. に よ る塩 素 量 の 測 定 を実 施 して,そ. の実 状 を 知. ろ うと した.す な わ ち 目的 とす る試 料 を一 定 量 の蒸 溜 水 中 に投 じて 付 着 塩 分 を溶 解 せ しめ, K・C…. を指 示 薬 と して 岳AgN・. ・で 齪. した.齪. は3回 繰 り返 して平 均 値 を と っ.

(3) た. 第2節 1.ガ. 飛塩素量 ーゼ に よ る捕 捉 飛 塩 素 量. A。 実 験 方 法 他 の 多 くの 類 似 の実 験 例 に 却 い て 問題 点 は よ く論 議 さ れ て い るの で,こ. こ に は具 体 的 手. 段 に つ いて の み 述 べ る. 山形 県 海 岸 の 場 合 は20x20cm,福 方 形 枠 に局 方 ガ ー ゼ を1重. 岡 県 そ の他 の場 合 は28×28cmの8番. に張 り,こ れ を風 向 に直 角 に2‑5時. 線針金製正. 間 さ ら した 後 に清 潔 な ガ. ラス爆 中 に 入 れ て 持 ち帰 り,滴 定 に供 す る. 福 岡 県 海 岸 で は 地上20,100お 砂 面 上15‑20cmの B.実. よび200cmの. 位 置 で4‑11地. 位 置 で4地 点 に お け る観 測,そ. の他では. 点 につ いて 観 測 を行 った.. 験結果. 山 形 県 十 里 塚,石. 川県 大 崎,神 奈 川 県 平 塚 の 各 地 で,前 丘 の前 後 で ガ ー ゼ に よ る捕 捉 飛. 塩 素 量 の 分 布 が ど うな って い るか を観 測 した 結 果 はFig.4‑1の は 前 丘 と海 岸 線 の 間 の状 況 が よ くわ か らな い の で,十 里 塚,お 分 布 を 細 か く求 め た も のがFig.4‑2で. あ る.こ. ご と くで あ る.こ. よび 静 岡 県 舞 坂 で そ の 間 の. の図 の 横軸 は 海 岸 線 か らの 巨離 を と っ. て い る. Table4‑1.A捕. 捉. 飛. 塩. 素. れで. 量. 〔波 津 〕(9/hr/m).

(4) Table4‑1.B捕. 捉. 飛. 塩. 素. 量. 〔福 間 〕(9/hr/m). 福 岡 県 波 津 お よび 福 間 に お け る実 測 結 果 はTable4‑1に Fig.2‑24お. よびFig.2‑25中. 総 括 され る.各 測 点 の位 置 は. に示 して あ る.表 中 の 風 向,風. 速 は各 測 点 に お け る観. 測 値 の平 均 値 を示 して い る.同 一 測 点 に お け る観 測 値 は,地 面 か らの高 さ に よ る差 は 比 較 的 に少 な い ので 平 均 値 を求 め て お い た が,同 一 高 さ の観 測 値 は測 点 に よ って 大 差 の あ る場 合 が 多 い の で,平 均 値 を求 め て も意 味 が少 い と考 え,相 互 比較 を しや す くす るた め の 合計.

(5) 値 を 求 め て お い た. 結 果 と して つ ぎ の ご と き 傾 向 を 認 め る. 4,1,1,1)砂. 面 近 く の 捕 捉 飛 塩 素 量 は,前. 前 丘 に 期 待 さ れ る 機 能 の1つ 1に. よ れ ば,飛. 丘 の 風 下 側 で は 急 減 す る.. は 飛 塩 の 抑 制 で あ る がFig.4‑1な. ら び にTable4‑. 塩 の 抑 制 効 果 は 明 ら か で あ る.. 4,1,1,2)平. 坦 砂 面,前. 丘 の 風 上 で は,砂. 面 近 く の 捕 捉 飛 塩 素 量 は,そ. の対 数 値 が海. 岸 か ら の 巨 離 に 大 体 比 例 して 減 少 す る. Fig.4‑2に. よ れ ば,岸. 堤 や 防 浪 編 柵 の 附 近 で 部 分 的 に 多 少 の 凹 凸 は あ る が,全. 体的. に は こ の 関 係 が 成 立 して い る と 見 れ る. 4,1,1,3)捕. 捉 飛 塩 素 量 の 巨 離 に 対 す る 減 少 勾 配 は,風. Fig.4‑2の. 場 合 は100mに. つ い て 対 数 値 で0.9位. 速 に 関 係 な く ほ ぼ 一 定 で,. ず つ,つ ま り 実 際 の 値 に して 約1/10. に な る よ う に 減 少 して い る. 4,1,1,4)捕. 捉 飛 塩 素 量 と 風 速 と の 関 連 は す こ ぶ る 不 規 則 で あ る.. 常 識 的 に は 風 速 が 大 き く な れ ば 飛 塩 素 量 も 増 加 す る 筈 で あ る が,そ 測 で は あ る 程 度 は そ の 傾 向 も 認 め られ る が,Fig.4‑1,2お 普 遍 的 な 傾 向 と は 認 め ら れ ず,ね ∬.濾 A.実. して 同 一 点 で の 観. よ びTable4‑1に. よれば. し ろ 不 規 則 と す る べ き で あ る.. 紙 に よ る吸 着 落 塩 素 量. 験方法. 直 径9cmの. 東 洋 瀕 紙No.2を10cm角. の 薄 べ 二 ヤ 板 上 に 画 鋲 で 固 定 し,紙 面 が 砂 面 と 同. 高 に な る よ う に 配 置 して 落 下 す る 飛 塩 素 を 吸 着 せ しめ,滴. 定 に 供 し た.な. るべ く捕 捉 飛 塩. 素 量 に 関 す る 観 測 と 同 時 に 同 地 点 で 実 施 す る よ う に し た. B.実. 験結果. 山 形 県 十 里 塚 お よ び 静 岡 県 舞 坂 に お け る 実 測 の 結 果 をFig.4‑‑3に Fig4‑2中. 示 す.い. ず れ も,. の 同 風 速 の も の と 同 時 に 観 測 した も の で あ る.. つ ぎ の よ う な 傾 向 が あ る. 4,1,皿,1)十. 里 塚 の 場 合 は 何 れ も波 動 的 に 減 少 して い る.. 舞 坂 の 場 合 は 測 点 が 少 くて 判 然 と し な い が,十 里 塚 で は 海 岸 か ら100mの が 含 ま れ て い る.こ ,1)参. れ は 飛 砂 の 短 時 間 移 動 量 が30‑50mの. 間 に2波. 長. 波 長 を も って い た 〔3,4,皿. 照 〕 こ と と 関 連 が あ る か も しれ な い.. 4,1,1[[,2)捕. 捉 飛 塩 素 量 曲 線 の 谷 は 吸 着 落 塩 素 量 曲 線 の 峯 と 一 致 す る.. 捕 捉 飛 塩 素 量 の 場 合 は 波 動 的 な 増 減 は 認 め 難 か っ た が,そ で は 吸 着 落 塩 素 量 が 増 加 し て お り,当 4,1,1[,3)吸. の 部 分 的 に 低 下 して い る 所. 然 の 傾 向 と して 認 め られ る.. 着 落 塩 素 量 は 全 体 的 に は そ の 対 数 値 が,海. 岸 か らの 巨 離 の 対 数 値 と直 線. 的 関 係 を もつ. こ の 傾 向 は 追 試 の た め に 行 わ れ た 舞 坂 の 場 合 も 守 ら れ て い る. 4,1,II,4)十. 里 塚 で は そ の 直 線 の 勾 配 ㎝ が,風. 今 巨 離 の 対 数 値1.0に 示 す る7と. 速 の 対 数 値 と 直 線 関 係 を な して い た.. 対 して 吸 着 塩 素 量 の 対 数 値 が ど の 程 度 変 化 す る か に よ っ て ㎝ を. の 関 係 はFig.4‑4の. ご と く な る.黒. 較 的 に よ く一 直 線 上 に 乗 って お り,参. 丸 印 で示 した十 里 塚 で の観 測 値 は比. 考 の た め 内 田(34)が. 青 森 県 陸 奥 横 浜 お よび 宮 城 県.

(6) 相 の 釜 に お い て 全 く 同 様 の 方 法 で 観 測 した 結 果 を 白 丸 印 で しめ す と,1例 直 線 上 に 乗 っ た.と. を除 いて 同 じ. こ ろ が 追 試 の た め 舞i坂 で 観 測 した も の は × 印 の ご と くで あ って 大 き. く こ の 直 線 か ら外 れ て し ま っ た.内. 田 の 例 に 例 外 も あ る こ と で あ り,こ. 成 り 立 つ 理 論 的 根 拠 も わ か ら な い の で,普. の よ うな 関係 の. 遍 的 傾 向 と は 考 え られ な い が,1事. 例 と して. 報 告 して お く. 第2節 1.丘 A.実. 付 着 な ら び に含 塩 素 量 砂 の含 塩 素 量 験方法. 地 面 近 く の 丘 砂 を 約100cc広 深 さ に よ る 相 異 を 知 る た め に,さ り,そ の 周 壁 よ り10cmお. 口 瓶 で す く い 取 っ て 持 ち 帰 り試 料 と し た.別. に 地面 か らの. しあ た っ て 造 林 の 必 要 性 の あ る 砂 防 造 林 地 直 前 に 孔 を 掘. き の 深 さ 毎 に 試 料 を と っ て み た.山. 形 県 十 里 塚 で の2例. を報告. す る. B.実. 験結果. Table4‑2に. 総 括 さ れ る. Table4‑2.丘. 砂. の. 含. 塩. 素. 量(g/100g). 傾 向 と して は 4,2,1,1)海. 岸 か ら遠 ざ か るに 従 って 含塩 素量 が 少 くな って い る.. 経 験 的 に 予測 さ れ る この傾 向 に 対 して 実 測 例 は 合 致 して い る. 4,2,1,2)あ る地 点 に お け る含 塩 素量 は一定 の もの で はな い. そ の直 前 の 風 の 強 さ や 降 水 量 な ど に左 右 され る と考 え られ るか ら,砂 表 面 の含塩 素 量 が 変 動 す るの は 当然 で,2つ. の観 測 値 の 間 に は,こ と に第1線 堆 砂 垣 よ り風 上 で 大 差 が.

(7) 認め ら れ る. な おTable3‑5中,十. 里 塚 の 丘 砂 の 含 水 率 は,こ. の 含塩 素 量 測定 と同 一 試 料 に つ い. て 行 っ た も の で あ る. 皿.付 A.実. 着塩素量. 験方法. 海 岸 砂 防 林 の ク ロ マ ツ の 葉,毬 置 か ら採 取 して 試 料 と し た.山 B.実. 果,樹. 皮 を 砂 防 林 の 風 上,風. 形 県 十 里 塚 で の2実. 下 両 縁 の 地 上1m内. 外 の位. 測 例 を 掲 げ る.. 験結 果. Table4‑3に. 総 括 さ れ た ご と く で あ っ た. Table4‑3.付. 着. 塩. 素. 量(9). 傾 向 と して は 4,2,ll,1)一. 般 に 砂 防 林 前 縁 の も の が 後 縁 の も の よ り付 着 塩 素 量 が 多 い .. こ れ も 常 識 と して 予 想 さ れ る こ と に 対 し実 測 例 が そ れ と 同 結 果 に な っ た. 4,2,1[,2)あ. る 地 点 に お け る 付 着 塩 素 量 は 一 定 の も の で は な い.. 降 水 に よ っ て 洗 い 落 と さ れ て は 風 に よ っ て 付 着 す る こ と が 繰 り返 え さ れ て,そ. の時 に. よ っ て 差 を 生 ず る と 考 え られ る.. 第5章. 温 度 に関 す る実験. 海 岸 砂 地 に お け る気 温 や地 温 に 関 して は 各 地 に 観 測 例 が あ るが,海 岸 に近 い荒 廃 砂 地 で の 実 測 値 は あ ま りな い ので,こ. こに は主 と して 風 との 関 連 に お いて 気 温 や 地 温 の変 化 が,. どの 程 度 の も ので あ るか の実 例 を 知 る こと を 試 み た. 前 丘 の構 築 は風 上,風 下 両 斜 面 の形 成 を意 味 し,そ れ らに 対 す る 日照 差 が あれ ば 温 度 差 を 生 ず る原 因 とな る こ と は 当然 予 想 され るが,加. え て地 面 附近 の風 速 に も風 上,風 下 両 斜.

(8)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP