商品在高帳の記帳に關する若干の考察-香川大学学術情報リポジトリ

36 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

言 一、序 元来商品在高帳が複式簿記体系に於いて占める地位ぼ貫ふまでも良く、補助簿としての茂れであつて、放して 鶴式簿記機構が必要欠くべから㌢る帳.婚として要求する主要砕い即ち日記帳、仕諜帳場に絶勘定元帳に類するも この小論偵専ら商品在蕗帳わ蘭帳といふ∵所謂簿記蟹践の親裁に立脚する沌のであるから、徒らに理論の構嘘 を以つて良しとしていない?鶴って理掛倒立場の不鮮明及び不統這筆者自らよく識る虚であり、偏に讃者緒資 の御寛恕を乞ふ次第である。女蔑璧非才の筆者のこととて、或ひはその記述忙強いて虞大数る誤麺音犯している 鮨も多々あることと想像されますので、垂に諸驚の御叱正教戒くことが出来るなら掛率甚である。 一 商品在高帳の記帳咋関する若干の察考 四、結語に代へて 三、敬意管理手段としての躇品在威帳 二、辞慣手段としての躇品在腐戚

︻日

て序

商品在高帳の記帳に閲すろ若干の考秦

識 訪

四七 八 七 重四 ○ デ ○七

(2)

第二サニ巻ふ望一統

囲八

のノではない。勿論∵補助簿として鱒商品在鹿嘘㌃以つ七収引原始記録簿としての日記帳、取引仕諾記録綽として

の仕澤帳、或ひは紙助走元帳内の商品勘定等の革む主賓簿職能を兼ねし軋ることは可能である。然し一成がら、商

品在高帳が補助籍であるといふ意味は、商品在高帳む主要簿化が可能である、か、否かといふ鮎にあかのではなく

て、寧ろ商品奄高帳が元・塞複式簿記体系外の帳簿であつて′、複式簿記体系・に内在する帳簿では汁いといふ意味で

ぁる。従つて鹿式簿記体系を凝れでー哺的隼商品在高帳か森志することも可能であるん、叉その楼にすることが

より遠補助鱒とLての商品奄高帳の意鶉む探化せしめるものと考へる。扇ち複式簿記法を採用していない小旗 ′ 模営業、例へば一級小安商店の如きに於l富も、自ちが必罫と考へる取引の計鹿記録を密行している限り、換雷 すれば.露素朴急轟記法む採用Lている場合をも包含して、商品雀高帳ゐ記嘘五感想する方がより盲目的的

や一めると言ふのである。然しながら表に簿記と富へぼ、複式簿記を烹映するのが普通であるから二等は復式

簿記担封し自ら補助的位崖時勢る商品在韓帳の記帳佐鹿ぃて考療してみることとするb唯商品在高帳の記帳が複

式簿記体系を離れても、何充分にその盈要性をもぅものであけ、且撹式鱒記伶系に拘束されない曹蒜蒔帳の記

帳を考察した方が、、より表的である′といふととを留準して封けぼ艮れであらう。

凡そ瞥蒜拓蝦は挽物寧窟内に於げる瀾量勘定記錬に封する個別的明細と、商品森高の統制管理とを行ふ鵠

めの帳簿であると親解せられている。総勘定元帳内に於ける商品勘定ほ、統制勘定として企業が所有する準坤晶

慣岱の待褒む原因別に記録し、商品現在在柘を慣値的に勘定尻を以つて表現しようとするものであるから・舷商

品栗本の低値盤を貨幣低値、即ち偵格で示すに過ぎない。従って商品資本の具体的状軍嘩至阿品資本の物量的

品質的、駁に形態的状態は、補助鋳たる管m璧置の記録に掠ってのみ把捉することが出来る。斯様に商品雀宿帳

蜂商品番衷ゐ曳体的映態む記叙する鮎に於いて、帝晶勘定とは本質的に相異するものではあるが、付それが個別

(3)

的なる響⋮資本傭倍を慣格でもつて記録する限りに於いて、商品勘定の個別的明細堅ボすものであるといふ詮明

は決して不常ではない。又組曲足元帳内に於ける腐品勘定が、純粋なる財腐勘定として記錐されa場合は上述の

如く商品血好㌫勘定尻は商品規準華高む元すものであると富ひ得るが、曹遠足む混合勘定とし七使用した場合

は、哲蒜雲助定尻は無意味な数字む示すことと思故、商品勘定ゐ癒合怯む除去して・簡品勘定再転包含せら

れ孝財産慣倍部分む確定する必婁が生ずる。斯かる場合にぼ蕾然に商品の雀地棚卸を行つて鱒晶現在鹿鹿薪決定

しなければならないが﹂哲mの歴鶴城却の不可能、若しく政馨るしく困難な時に於いては、一般に帳簿棚卸を以

って寒地棚卸正代用するもの℡卦ノる。帳簿棚卸別の探用に使用せられる嘘簿空言までもなく、闊晶在高儀セあ

って、商品森鹿帳の記録が棍倉勘定たる商品勘定り勘麺尻に勤し、商品麗魔確定の手段となるのである。侍商品

勘定虻瞥晶晃として倣赦せす、純晋る財産勘定として使用する場合は、商品攣却毎に商品宙ヒ憤格に包含せ

られている聾土蔵盃あ仕入憤格む決定して、日別貸賃損益を計算し、その安男拭釜頻を資質損益勘定に記鎖しな

ければ商品勘定の紬種嘩む保持することが不可髄となる。而して安土商品の仕入慣梅軒決定する馬めには、商品

勘定と應別箇に個別的誉還本の明細む記録する曹m託宿帳を設定する必要が生する。換言すれぼ曹m壁向帳の

記録が、費上席品あ仕入磯路む決意し、商鉦勘定の純粋性姦痔せしめるので屠。かくて縫物莞院内に於け

る商品勘麺が堪合勘忠であるか否かに閲せず、商品麗露帳が商品助産の勘窟尻ぬ謝する曽買高確琴の手段とな

るといふ意味が諒解せらるれのである。 ′ 以上の皮革から商品在高藤訂羨の如く理解するこ∴とは決し七不常ではないであらう。即ち、 \ て曽憲商嘩は、個別的鱒晶資承め具体的状態人感薗的−品質的亜面形態的︶を記録するものである。 て替拍麗高坂は、挽勘琴蒜内の商品勘定に勤し商遍在拓を確定すると共に個別的商品資本の偵偲を記銑す 歯品在轟張の記帳に関する若干の考察 四九

(4)

るものである。′ 従つて商品在高検には企業の所有する総ての商品匿就いて、夫々商ぶの穫苅、品質及び形態毎に口座を開設し 摘別的なる商品資本の偵低的、並に物盟約埼城壁化を根絶的に詳細記録して、何時でも商品資本の現在森高を示 し得る如くして鱒かねぼならぬ。斯かる意味から商品夜露帳の記帳形式並に記帳内容は邑ら決定せら机るのであ もが、以下若亭の取引例を仮設して詮阻することとする。 二、、森偵手段¥しでの廃品在高帳 左記の取引暇設例に於いてーA商品わ仕入慣格は漸次胎潰して小るが、慣格騰貴の原因は主としてA鳳晶肯場 璧蒜関係に基くもの いと仮定するじ女A商品め仕入惰格の騰貴は、甘勲正A商品−の堂上慣格を階潰せしめるものとして、蛍上侶格ほ 最終仕入憤柘の十二割とした。更に商品森高恢の記帳璧一般膵仕入侮蔑︵倉入侍栗︶貸上偉業︵倉出侍稟︶及 び其他関係語憑蓄顧等を記帳資料とするのであるが、態では慣接商品春高帳に記帳するものとした。 彗 喩 ﹁取引恨設倒L 1、本日甲商店からA商品二〇〇箇、笹債五個にて現金にて購入する。 2、本日乙轍店からA商品三〇〇給い葦慣五閲五拾銭匿て購入し.代金は掛とす。 3、本日A疎品刷諷○筒、翠憤六嬰ハ拾餞にて賛渡t、代金は現金にて受取る。 4、本日丙商店へA商品.一.〇〇筒、庵債六堅ハ拾鏡にて揖にて資漉す。 5、本日甲商店からA商品二〇〇簡、畢慣六園にて購入し、代金は現金にて立彿ふ。 第二サー巻 夢二耽 五〇

(5)

6、本日A商品三〇〇箇、革偵七周蔵拾錦忙て蛍渡し.、代金は現金にて受取る。 こ窟翠慧A専還貫に於等級勘重光帳内窟品拗定む混合助長として使用する場合の取引仕繹、及び箇 綾南品物先口撃竺ボ・せば次の如ぐである? 薗品在露帳の配臓に屈する若干の考察 商品勘達 借方

貸方

、‥一;こ二 .. l、︵借方︶ 2、︵借・ザ︶ 3、︵借方︶ むー︵借方︶ 5へ︵借方︶ 6、︵借方︶ 6・乳 金2,16000現商資硯所商

842日00金品鱗針品品

痙塾頭勘助勘執政勘

5・現 金1,200日OO 変質損益 802・・00 4,652(jO 越 842.00 賂 定足定定盤定 一、〇〇〇 心、.、㌧∵J 九九〇 ﹁二〇〇 二、二ハ0 かくて由品拗定を混合勘定として使用する場合には、商品棚却高の天・小 が東男損益額の大小を決定するのであるから、商品棚卸商確定の任務ぉも つ簡品在高帳の記帳は極めて重大である川上掴の商品棚卸虜は異つた貸賃 革慣で安男したA商品につき瞥見の都度、A商品の在高移動平均革僚む算 定しそれ忙よ、つて攣上商品原憤を計算したる後、絶仕入偵格から放資上原 慣む接険した金額をもつて確茸したのである。商品勘定を純粋なる財産勘 定として使用する場合偲、商品資却纏に安男損益を計上しなけれぼならな いから、計算記録に要する手数と時間とは混合勘定の場合に比較して大と なるが、商品軸足の勘定尻がそのま1商品現在在高覧不す鮎に於・いて、前者 に膠るものである。然し禦貝損益を計算する際の計算資料は、商品在高取 五一 ︵貸方︶現 金 ︵貸方︶買掛 ︵貸方︶商 ︵貸方︶由 ︵貸方︶現 ︵貸方︶摘

晶 品

勘 勘 勘 勘 定 盤 定 定 定 崇∵ 二﹂六〇 ﹁000 ﹁六五〇 九九〇 六六〇 叫、二〇〇

(6)

弟〓十忘喝 需二批

A、在高移動平均貰憤法

躇品名 くA

− 0 ︵U n︶ 0 0 0 ︵U O ︵U ハU

5 5 0 0 J O 2 3 金 仕 現 掛 、.リ 、.リ ・か ・か 店 店 0 ︵U 人〓︶ 5 0 ′0 1 2 0 ∧U O 5 ︵U ′0 1 1 0 0 ▲‖U 5 ︵U O 0 0 2 5 3 2 4 1 0 <り 5 5 5 5 0 0 0 0 0 0 × × × × × X X l 一′95 30 7 5 仕入 乙緒 入 現 金 梁≧ 部 内躇店へ掛窪 0 0 0 0 6 脂質店から現食 東 金 密 封 繰 越(栄冠) 銅線 五二 の記銀であり、恋つて商品在嵩帳が腐品勘定? 勘定尻を決定するのであるから、商品在宿帳の 記帳如何が安男損益の大小に影轡する程度は、 混合拗定の場合と重く同﹂セある。七掴の商品 棚卸商を確定した在高砂助平均罫偵法に lよる商 品夜露帳の記帳例を示せぼ次の如くである。 ﹁記帳要領﹂ 1、日附偶にはA商品の倉入︵仕入︶及び倉 出︵費上︶の日附を記入する。記帳日附を 記入するのせはない。 2、摘要欄は、記帳資料たる誰感蕃の名構を 記入して、商品在高帳と記帳資料との照合 を容易ならしめる戌にする。例へぼ、仕切・ 状粥の如くであるが、弦では仮に取引内容 を記入しておいた。 3、倉入爛では、まづA商品の倉入激乱と倉 入金額む記入し、然る後、倉入金額む倉入 数蟄にて険して倉入署憤む計洩し、革憤磯

(7)

に記入する。倉入金額には、山般、に商品購入から蹴品を放資し得る状嘩に到るまでの﹂切の費用を包含せし

める

立人手教則等む加節する。

4、倉損偶では、まづA漕Ⅲの倉現数盤と倉出署胞とを記入するが、倉出軍備は倉出藍別の在高偶に記入され

てある環偵‖む使用する。而して倉出数螢と骨頂盟惜との積■む、東上鱒品原僧として金線偶に記入する勺

5、在高偶では、まづ絶食入数蟄かち放倉出数豊との差年商晶在協盈として数盈偶に記入する。叉組倉入金

額から放倉出金鱒を抵険した金額を、管芸商金額として金額欄転記入する。然る後、在高金額を窓同数螢

にて除して響⋮の璽向移動平均革償む計欝し﹂これ乾瓢層偶に記入する。

以上の内在高偶の牒煩決定は薄に重要である。即ち同志類の商品転つき倉入賞債が欒勤した場合は、在高閣

の商品衣露草と新規購入螢との合計盈を以つて在高偶の在高金額と新規・管Ⅲ倉入金額との合計金額を険して、商

● 品賓高説偲を計算することと篭り、錐つて督闘の倉入鼠煩が変動した場合は、必ず在尊卑偵も欒動する。罰して

その変動の程度は新摂帝品の購入盈と仕入慣棒並に新鹿商品購入直騎に放ける菅蒜高盈と在筋金荷によつて左

右せられる。而Lて商品倉出鼠像はポ寮卑倍によるのであるから、斯かる記帳法を凝高移動中均箪慣法と栴した のである。かくて哲四森高岐の倉入偶の合計はA滴品の放倉入盈及び紙倉入金覇を示しー倉出偶の合計はA商品 の放倉出藍及び放倉出金威堅不すこととなる。在拓偶は所定日附に於けるA管mの現在森路盤及び現凄在商会額 を点すと共忙次の商品倉用に際Lて使用すべ奮倉出鼻慣計嘉すのである。

次に凝高移動中均園偵法によつて記帳し舞上摘の商品在高帳を商品勘定尻の確定手段として使用した場合の取

引仕琵、跡晶勘先口座並に費買損益勘定口座を例示してみる。

蕗晶琵高帳の記帳k関する若干の考察

(8)

取.引 1− り〟− 3、 4、︵借方︶ 賛梯金勘∵定 6 5 ヽ ヽ ( ′ヽ 借借 方方 ) ヽ J 現商 金品 勘勘 定走 筍二十仙巷、第二耽 定 勘 晶 帝 ( /、 ′ヽ

讐仕

) ヽJ ヽ一′ − ヨ1﹂山叫− ︵U ︵U O

O O ︵U ハU 5 ︵U

n︶ ′D 2 1 1 1 金 795・00 現 3 1.・拐 4・・封掛金 53000 2・眉掛金 5〃堀 金 現商商 金品品 勘勘勘 定定足 金1,683・・00

票 8吼00

3,850.00 /// 繰 越 842一・00 (朱 記) 3,850・00 ヽ ヽ 六6 (⊃、○ ヽヽ ハ、 九六○

ハ 九五0

0 000

贋買損益勘定 3.現 金 195・・00 4小繋掛金 130・・00 6.現 金 477・・00 絶頂益 802い00 ′、 ( ( ( ′ ̄\ ( 貸貸 方方 茸商諸税費腐諸費商諾買現

802..00買品金買晶・買品蹄金 金

損勘口勘損轡ロ損勘口勘勘

基盤 定益晃:益定 定定

802.00

ヽヽlヽ 四六′ニー・五 一七 六○ 七八 ○三三 九九 五○

育三 P00 五五 00

(9)

か1る布高移動平均尉傾注が商品勘定尻の確定手段たる商品衣苗喋の記帳法として通常な為のであるかどうか は速断里舛ない。即ち線品在苗金額を軒品在高畳で除して在高畢債を算定する場合、商品衣高教盈は物盟約に嘩 定されるとしても商品在韓金種軋商品倉入漁金杯から倉出漁金額計痕険して計算したものであり、鼠商品倉田傘 覇は商品倉出前に於ける杢向県債に倉出数螢を乗じた租であるから、眈述の如く家路革偵を欒動せしめる商品牟 入野儲の欒動が着るしい場食は、それだけ泰高担櫻を以つてする商品倉璧単偵並に商品泰高金額は動揺し商品勘 定尻の確定は廟也て不安定となる。従って上例の如くA商品の僻格攣勤が相常に顕著な場合に斯かる記帳法を採 用することは好ましからぬ結果を訝らす、であらう。料晶の憤格欒勤が些少であつて、商品安男数盈も正常的状轡 を維持している場ム〓は、在高砂勤平均罪債法匿よる物品賽嵩帳の記帳む以つて商品勘定尻を決定するも、仙應含 意的蟹践性をもつものと節して差受はないであらう。 商品在宿帳の記帳笹つき以下若干の記帳法を筒箪に述べることとする。取引例及び商品在高帳の帳簿形式は紙 べて上例によるこ・ととした。叉商品凝高帳の摘要欄は仮に便宜上倦農連結番観で示し溌。侍以下に略述する記陣 没は速く商品倉田隼倍並に蹴品夜露金額の決定方法如何によつて阿分したもので計り、記帳法の名柄も二謄の事 件けをして恐いたに過ぎない。 丑、鐸耗移動鼠倍平均法 商品在腐帳の記帳に耕する若干の考察 五孟

(10)

畢債五嘩一十荒磯と叫致するが、侍磨離k於いでは低落して茸囲五十伐となる。特に商品慣稀の異動が着るしい 場合、商品数盈を亜⋮輯した級倉入関慣の脊均ぼ無意味な数字となるから︼般には採用されない。上述の箪償平均 第〓ナ﹁巷・第〓敬 帝品\名 A 1,OCOこ00璽 − 20015二00 1、000EOO × × X X 〉く × 〉く 1,650

1;200

〒,三…三デ

00 50 50 50 50 = 二≡=

一ニー

想 7COI 0 5 1

150i563l848†50l−

5f631 848L50 五六 常絨移動革債亭均法は上摘の如く湧品在高金 額を決定すべき商品箪偵の算範に関しては鼠穐 に商品倉入箪餞を平均するものである。経つて 商品倉出の場合に決定すべき倉田罵慣は在拓箪 慣を使用する紹男、商品倉入賞偶の尽細東術や 均によつて確定されることとなる。唯商品本宿 偶の商品森高箪惜は商品の新規倉入の都度倉入 直前の在露軍壇と新斑商品倉入軍偵との平均に よ′つて計算されるのであつて、放ての過去の商 品倉入箪僧及び新規商品倉入澤慣の算術平均に ょって計算するのでは、ない。もし級倉入翠慣の 平均倍を以つて路品華霹単慣を決定するなら 腎商品在高金額は過去の蹄晶倉入箪伺によつ て甚大なる影響を受けることとなる。例へ成上 掲に於いて踏倉入軍備平均は悌栗肇忙於いて搾 諷圃二十熟餞となつて軍縮平均箪偵法衣高偶の

(11)

商品在高金額Q相異は首都に澄男鋭益額む増減せしめることとなる。以下に略述する記帳法笹於いても比和同 株である。

商品室偽帳の記帳によつて確定されたる商品勘定及び安男損益勒盤を示してみる。

常傾平均法に勤し杢向移動季物騒偵法を加重平均罫憤放と僻してよいで怒らう。次に翠純移動箪慣苧均法による

質する准拓移動中均貫憤淡に比較して計算記録政客易であるが、一記録内容に於いて′は劣るものである。東萩移動

法枕商品数量を無税した鮎以外柊前述め森高移動平均革惜法と全ぐ同山の記帳手繰である。従つて商品数愚を加

商品在高帳の記帳に関する若干の考察 商品勘上達 現 買現 1 2 5 金1,0(沌.00 金1,65q・00 3・現 金 787.50 4・欝掛金 52500 6u現、金1,689‖00 掛 線越露 (朱 記) 848.50 3,850.qO 選堅堅垂型畢 3・現 金 ′ 202..50 4牒=卦金 135.00

6周 金 47ト00

i 808.50 玉七 ㌧、JJ

(12)

第ニ・十︸暮 C、倉 入ノ.噸 便をすべき時檻採用せられるもので、 商品名▼ A′

【 l‥ 二∴−‥1

. 倉 田 叡・司馴鱒編

第〓軟

0 0 ︵U C 2 3 1 2 〓−竹 山什 票 オ 停 1 2 × × 忠。 〉く X ク × × メ × 200 1,200 上例の如く商品侶痛が騰恩傾向にある場合に於、いては、商品埜向金網が赦 3、8ごり0〔;__ 0 扇‘繰 越 (証)在露閣内に葦慣閻を設定して、倉入野慣の異る蹄晶を倉入順序に 分離して示せば、魚用翠償の決定が容易なとる0然し痙島念願は 共等の合計隕とL・て求めなけ率ばならぬ0 ブ 倉入順法は上記の如く商品を倉碍 した場合、倉入時期の古い商品から 順次に倉出したものと考へて、倉出 畢慣を決定してゆく方法であるから 蹄品倉出畢債は現驚の商品倉入低額 を以つて示零れる。従つて在商偶の 畢慣記入は不必要となるが、記帳の 便宜上、畢慣爛を設定するのが普樽 ぬサ である。上例では省略Lてぉいた。 叉商品在高金頼は商品洩倉入金額か ら商品舐倉出金額を接険して得られ るものであるから、其金額は商品の 最近倉入鹿質に影響されることと† なる。従って商品慣格の低落傾向が 著るしい場合於いて、商品夜露金率 を時慣好適應せしめるべく商品低評 五入

(13)

みる。 次にー土掲の倉入順法によつて記帳された商品在高帳によつて確定されたる商品勘定及び薯買損益勘定を示して 近の高僧格甚影響されて大となるかち、一般的にか1る方法を以つて記帳することは、好ましくないであらう1 D、避令入順法 躇品在宿帳の記帳に関する若‡の考察 商 品 勘 定 一 3り現 金 750・00 4J契 掛 金 525・・00 6卜現 金 1,675・・00 金 金 金 粉 現 買 現 1 2 5 1,000・.00 1,650.00 1,200.00 繰 越 高 (朱 記) 切 招・m 一 900.00 越 900・・00弓 欝買損益勘定

(14)

から特別に両者を膵分する必要はないであらう。烈し商品布高が零となるのは特殊な場合であるから、商品衣高

なる場合を考へるならば、 ﹂ 名 品 縛 第二十叫巻 第〓耽 停 某 嗣1 ク ♯2 ク ♯3 才 幹4 1ク ‡5 ク ♯6 ′ ク タ ク 繰 悠(柴野) ∴三− 0 ;;:;:!:: ;;…;;i:: 50 825: 倉入順法も避倉入順法も共に蟹買損益計身上に於いては同工結果を懲らすこととなる × × 〉く ク ′ × 00】1,2()

0 ︵U ハU ︵U

5 5 0 5

4 9h 2 1

0 ︵U O ︵U

ハU ︵U ︵U nU

5 5 0 〇 7 7・ 0 5 4 2 ︵U 7 2 1 ﹁J 0 0 ︵U ハU 5 0 7 5 2 2 0 0 5 0

繰 越 001 750 (註)食入順法参照 六C 商品を倉出した場合、組速の倉入順法 とは正反封に商品倉入時期の斬らしいぬ 晶から途次倉出したものと看撤して倉班 罫僧恕決定してゆく方法である。従つて 商品衣高金額は恒に過去わ倉入債格によ って影響される、結果、商品憤格騰貴由著 るしい場合に於いて商品在高を低評偵し 商品債格胎貿による未軍規利益の計上を 避ける馬めに山般的に採用せられるもの である。然しながら、商品倍格が著るし く低落しつある場合にかる記録法を採用 するととは商品在高金額を大ならしめる ものでから、前述の倉入順法が腐晶慣格 騰貴の甚麿しい時に痍用されないのと同 株に一般的には用ひられ、ない。著し、倉 入商品む轟く倉出して商品在高が皆森吉

(15)

以上讐の記帳法の内、⋮蒜移動箪偵平均法を除き暫冨山施金額は常葉に商品倉入組金額よ.り小であり、商 品在銘金額は後者から前者還除Lた金成であるとして記帳しているが、管m倉入鱒金胡に拘束されないで商品

蔵宿金警確挙る年とも又必要である。従つて罫純移動翠憤冨法窟・いて商品倉出漁金種が商品倉入組金額

を超過ナる場合をも考慮して以下袈示ゐ記帳例む示すこととする。

定されたる督m勘慮及び安男損確執定を示Lてみる。

金額藁際の倉入賞僚射用讐つ客観的経済情勢に過暮しめることが必警・慧。次造倉入順法によつて確

備品寧偽帳の記嘩に銅する若干の考察 緒 論 勒、定 1∴現 金 1.000.00 2眉掛金 1,650,.00

\二∴ 5り現 金 1,200小00

3,850。⑦0 墟 越 750一.℃■0 3一・胡 金 825..00 4一周掛金、550小00 6周 金 1,725.00 繰越砧 (朱 記) 750・00 3,850.00 彊買損益勘定 絶現金 ′ 710..00

3..現 愈 165..00

4鳩=卦念 110♂0

6周 傘 \435..00

犬︼

(16)

第二ナ仙穏竃二晩 惑、最終倉入畢慣法 商孟名 ﹂.︷︸﹂、■Jb ︵U n︶ ︵U ︵U n︶ l 00 50 ク ク 00 ク ︵U n︶ 0 0

︵U ︵U O O ∧U

O ︵U O O ︵U

<U 5 5 ムU O 5 2 7 ︵U O

7 9 3 7 nフ 2 1、 1 2 ク ク 6 勿 0 ︵U′ 〇 5 ク 0 0 5 0 1 1 0 0 5 0 ク 躊3 そ 韓4 ク ♯5 〉く × 〉く × × 一.〇 5 5 2 4 1 細 l 一〇〇 00†1 ク ♯6 繰 越ぐ朱記) タl 鋸抑00− 0 冊」仁

_.225弓00

4.07500 0 X印は贋格調軽を行ふべき・場合を示す0 壊経倉入畢償法に於いては商品森高金礪む決定 する場合、商品倉入金額の如何に閲せす凍経商品 食入峯慣笹商品在高数量を乗じて求めるものせ、 最終商品倉入畢慣を在高螢贋として使用すると共 にその翠個数以つて爾後の倉出革僧とするのであ る。従つて上掲の如く倉出鴇金額に繰越高を加算 した合計金額が紙倉入金額を超過する場合が生ず るし、叉不足する瘍含も生する。1期成な過不足は 匪逮の葦純平均螢偵法に於いても生するが、や均 螢慣の算定に際し特異なる倉入港慣を除外する憶 野草とれぼ︰T股的に富つて過不足む生じないで あちぅ。然し最終倉入賞慣法でぽ在高寛僧波面倉 出現偵が最終倉入置贋によつて決定せられる結 拶果、商品慣格が欒勤して騰覚又は低落しっつある 場合忙於いて一般的に奄やる現象である。凡そ慮 終倉入澤慣を以つて倉頂横倍とする理由は最終食 入盟慣が常該商品の購入時償を澱も具体的に示す 六二

(17)

ものであるから最終倉人草慣を資上商品原憤とするこせに.よつて商品資本の驚体を維持しようとするのである。

かりに、施助走元帳内の商品勘定を仕入勘定と蟹上勘定とに分割し、更に丙勘定を調登する資上原償勘定を議定

ナるものとすれぼ二児上原偵勘定の借方側に記入せられる金額は、商品室向帳の商品倉出債格であつて、この金

頻と東上勘定の貸方側に記入される資上金額とが封此されて曽買買損益が計算せられる。仕入勘定は純粋なる

財産勘定として勘定尻が滴品現在在露堅不すべをであるが、上例の如く倉入憤格、即ち仕入債格を超過して盤上

商品原債を汲嘉するならば、仕入勘定尻鱒警叩繰越高の貸方珠記忙よつて貸方伐となる。而して﹂かかる仕入勘

鬼の貸方攣向は皆川仕入債格の騰敦によつ七発音鹿きれたものであつて∵蜜月損益勘定へ振替へるべき性質のも

のではないから商儲侶格調盤勘定の如普勘定の貸方側に振替へて、将来商品仕入磯路が低落して、商品倉入金額

が商品倉出金額と繰越朱記高との合計金額より大となつた場合に於ける㌦讐⋮城偶に備へる祓にするものである。

次に放絡倉入翠債法誓つて確定される商品勘定、安男損益勘足並に商品偶格鯛塵勘衰を例示すると共著挺記

入の基礎・となる取引仕澤む東すこととする。

4、︵借方︶ 畠、︵借方︶ の ︵借方︶ 2、︵借方︶ 1、︵借方︶ 商品在高帳の記帳に即する若干の考察 尚 品 勘 定

商 品 助 罪

商 品 勘 定 由 金 勘\定 安樹金勘定 ﹂、00〇 一、大気○ 両0〇 九九〇 パパ① ︵貸方︶ 現 金 勘 定 ︵貸方︶ 買掛金勘定 ︵貸方′︶ 商品憫格調峯勘定 口 ︵貸方︶ 諸 商 品由∵足 労買損益勘定 ︵貸方︶ 汚 口 六−ニ ﹁000 ﹁大吏○ 山00

(18)

5、︵鹿方︶ 弼 ︵借方︶ 6.︵借方︶ 第二十︼穏 鰐二耽 商 品 勘 定 其 の1 3.現 金 825・・00 4瀾=卦金 550.00 6=現 金 ユ,800・・00

越 900い00

//

現 金1,000・00 見紛金1,650…00 現 商 商 金 ぷ 品 勘一勘 勘 定/罪定

(2・)100・00

■5.現 金1,200・00

(5淵蔑竃125“00

4,075・・00 4,075.00 脱 囁 900・00 ∴二〇〇 ︰.・、. 山一﹂六〇 ∵ 翼毘損益勘定 商 品 勘 定 嚢買損益勘定 現 金 勘 定 商品慣格調峯勘定 口 諸 商 品 助 走 資質損益紬産 商品慣格調軽勘定 (2・・)i寄 品 100小00 (5・・) ク 1251・00 /ノ/■ ﹁八〇〇 三六〇 山こ\0 五五〇 血、二〇〇 叫二五 // 225.00 22500

(19)

が上記仕繹で・あるが偽及び川の仕詳を行はず、加東止宿格調養勘定に記入すべき金額む確定してもよレ。商品勘

定其の1盟肌着を琴の2は後者む示すもので参る。 F、再調達時倍法 商品慣格調盤勘定に記入すべき金額を、 商品夜霧帳の記帳に関する若干の考察 其 の 2 商 品勘・定 3.現 金 825..00 4一・配、掛金 550小00 6・現 金 1,800..00 2一・買掛金 1,650・・00 5.・現 金 1,200一.00 倍格調倭 225;・班 4,075−00 娠 越 900.00 繰越指 (朱 記) 4,075・00 蘭品購入の都度商品奄高根の記録から算定して取引仕謹を行つた場合 戯け 大志

(20)

軍〓十二管 ′第二睨 蹄「品名 1 2 豊‖ “羊 2 3 〇 〇 ︵U 一〇 5 ﹁〇 × 0 0 0 0 ︵U O O 5 ︵U ′D l l 3501ク1ク ク ♯3 ク 串4 ク 鞍5 ク ♯6

繰.越(朱記)

× × × × × 1,200 200 − 725100

700 150

繰 言竣 (荘)停票半3・幕4一・及び湘の蹄品倉用時に於ける再調達優等格が、夫々¥5・・50¥6・00 及び¥7.00であるとする0 ×訂は憶格調魔を行ふべき轟合を蔚す0 御 六芥 再調達時慣法は、最終倉入墨憤放と同夜 に倉入金額の如何に閲せす、蒔品倉出現債. 並に在蕗城慣を決定する方法であって、最 終倉入環慣法が最終倉入賞債む以つて倉出 恩情とする把反し、商品倉出時に於ける骨出 該商品の再調達債格を以つて倉出現憶とす るのである。而して商品在高金額も上掲の 如く再調度時慣に商品在高教藍を乗じて確 定するのが普通である。倉出阻偶に商品の 再調達偵格を阻用する理由は、前述の液路 倉入箪慣浩のそれと同祓である。輯調達時 慣法による倉出革慣揉最藤倉入環憤決の如 き現驚の倉入星慣ではないから、傘謝霹螢 考の、蓋観的慾意が商品森高帳の記帳金額を 左右する恐が多く、その結果前適の商品憶 格調饗勘定に記入す 在高金額並に資質損益綴の算定そのものが 不安寧となるであらう。従つて鱒かる鮎か.

(21)

ら考へて再調達時慣警蔵相する場合は、再調達時慣が取引所其の他市場に於いて客観的、に確定され得る場合に

限定すべきで\ぁる。次に.上摘の商品在高帳の記帳を以つて碇足され旅篭暫m勘定、商品憤格調輩勘定並に資質蚊

益勘定及び口座記入の蕊礎となる取引仕謬をボすこととする。

拘 ︵借方︶ 商 品 勘 定 5、︵倍方︶ 商 品 勘∴定 6、︵借方︶ 現 金 助 罪 4∴︵借方︶ 蛍掛金助∵定 8、六倍方︶ 拘 ︵借方︶ 2、︵借方︶ ﹂、︵借方︶ 蹄品在高帳の記帳に関する若干の考察 商 品 勘 定 商 品 勘 定 /

晶 勘 定

現 金 政 党 山七五 ﹁二〇〇 二二六〇 ∴大五〇

∴000

血.〇〇 ,∵ハ六J ハ貸方︶ ︵貸方︶ ︵貸方︶ ︵貸方︶ ︵貸芳︶ 口 商 品 勘 定 層 買 損 益 慣格調盤勘定 現 金 勘 定 口 商 品 勘 定 資 質 損 益 賛 淘 慣格調各勘定

男樹金勘定

現 金 勘定

買 晶 ̄◆ 損 勘 由 ..J●・ごご 六七 二二〇〇 六〇 ∴000 ﹁六諷○ 叫00 六〇〇 六〇 一七五 ∴二〇〇

(22)

努二十︼怒 筍二既 約 ︵借方︶ 観 品 其の1 商 品 勘 定 3..現 金 825…00 4一.斑 紋 金 600・00 6.現 金 2,100・・00 繰越高(朱記)1,0与dbo

1.現 金 1,000・・00 2・・買 掛 金 1,650…00 (2)偲 格 調 螢 ′1001・00 (4) オ 1路00 5.現 金 1,200・00 (6)⊥慣 格 調 キ 450・00 4,575・00 繰 )越 1,050・00 4,575・00 閤五〇 侵略調整勘定 1 ︵貸方︶ 惜格調囁勘定 (2)商 品 100一・00 (4) ク 175・・00 (6) ク 450・00. 繰 越(未配) 725り00

72声.00 繰 喝 725ル00 四瓦C

(23)

商品勘定其の2庭前例笠岡蕨ヰ期凍¢慣格調冬を行ったものである。 商品在高帳の記帳法としては上記に例承した緒記帳ノを以つて轟きるのではない。上記記帳法が結合して複合的 な記帳法となる場合もある。′叉上記記帳法とは別田に分類せられるべき記帳法、例へば倉出⋮串慣に預定憤格又は 標準通路篭を鹿用する記除法もあるが、其等は商品在高金観の確足を目株とするものではなく、企葵経営の管理 \ 方式の刷つとして用ひられるもので、商品華高帳¢記帳の利用法と考へられるから、ここでは商品在高帳の主要 節化に論及しないのと同様の意味合で省略することとする。ノ然しながら上準から放軌軍九億内の管冊勘定の勘定 尻を確定する手段としての商品準偽帳の記帳準に閲し州應の理解は得られる た場合の記帳結果を一発的にまとめるならば次の如くなる。 蕗晶在高帳の、記帳に関する若干の考察 斑雪択盈勘定 勘 定 其 の 2 商 品 六九

(24)

森高金額む大又は小壷計算した金額とご教するのである。従って商品在南幌め記帳転如何なる記帳法を採用必七 隼其等は放べて商品評横手段である之いふことが出来る。叉商品賽高金額を過大、又は過小に計算すれぼ、夫 れだけ計上斯に於け右商品資質損益額を過大文政過小に算定することとなるが、その反面商品在高金轡を過大、 若しくは過小に計解し.た程度に應じて紛後の商品倉出現債が過大若しくは過小に決定される結果、次期¢於げる / 記 帳 給 果 第〓十鵬巷∵第〓取

\ \竺

†贋楕攣軌 農 置肇尻 益︶ 商品慮腐金妄貢 − 鰻較舶・t(雷管 −=・一・・・ご! ・・ごニ 0 ︵U ▲〓︶ ︵U nU ▲‖▼ ︵U 5 ∩︶ ︵U O O 2 ℡U O ︵U 5 5 ︵U O ‘U 1 3 00 8 ▲UO ′8 7 ′b 2 】

A.在露移動率濁斜倍音卦 0 ︵U O O O ︵U O 5 ∧U ︵U O O

▲ 召.窮締移動凰箪牢均法 0,食 入 際 法 D・逆 余 人 取 扱 E.最終食入葦i慣法 穴︶ 0 0 ..U O 0 墾 9 75 90 05 1 f\・再御撰時慣法i 七C 上記血党表に於いても明かなる如く、各種の記帳法は商品 一.一 食出箪慣並に商品凝高金額を如何に決定するかに相違がある のであつて、商品森高金額が大と漁れぼなるほど、夫だけ資質 利益額私大ならしめるのでぁる。これは特に商品倉入金舶の 範園内に於いて商品倉Ⅲ金紙を決定し、倉入放覇と倉出紙額 との差額美して商紆在高金額を確定する場合たると香とを間 はない。然しノ一野蛮のE及びFめ記銀治にみられる如く、商品 倉出金額を簡品食入金額軋関係なく決定し、同時に商品森高 金額も組倉入金揖と紙倉出金額との差額として求めないなら ば、商品寮拓金額を入、又吟小に計堺した金額が商品慣格欒 動による損益撃と商品資質転よる損益額とに園介されること となグ、安男損益額は必ず大又株小になるとは限らない。然 し安男損益勘定の勘定尻と偵格調準勘定の勘稟尻との岡倉計 顧、又は勘定尻が貸借反封にある時は、その差額は必ず商品

(25)

1 要望舶造小警く遠大に富せられる。即ち暫蒜高帳賢孟商品嵩金額め決定ほ、慧評讐雪

と層忙、商品賛眉損姦の観簡約配分芽音ので雪と貫ことが出雲で参らう。借上記各警記帳法は、

孝三長蕪雷つ盈ノで揉あえが、此等の記帳法姦行する場合旦坦釆得ろ限針流山的、且檎紀的に行ふこと

が警しい。即ち鱒晶畦類別品帳誓慧するとか、或設記帳時期別革具つ挺記帳警鷲すること筈成

避け砦がよいb然し鷺霊帳の寵警攣化する買情勢蒜警しめる慧に、記帳法姦挙ること簑

って本来の趣旨に副ふこととなるであらう。

商品評偲車段己て冨品蓋帳の記帳については例へぼ返誉冊、菅品、商品値引等の如く鷺署に際し

蒜的咋牽生する事項む腋じめ、現論的には商品恒常竃の如きに到る菩、考察すべ嘉多の蟄霞禦雪

r ●

が二臆以上に留めておくこととする。

三、敷盈管轄手段ビしての商品在高岐

管蒜轟帳品瞥以つて商品執慧勘定姦挙る手段与る限・り、如何なる商品在高仮の記帳も轟く商

品評憤の問題に尉著することと誉。・然し乍ら序言に蓮べ舟扁く慧衣高帳の記帳は商品勘定尻蒜葦投とし

てのみその職能嘉すものでほなく、瞥瞞勘宏慣倍的表現に警て、曹mの物見的、品質的並が些鱒態的状熊

を記録して商品の個別的明細む明瞭ならしめる軋あでぁるから、誓に別箇の親警ら商羞南幌の記帳を考察

する必要が雪。Jか1る意味から商品の個倍的記録書も寧孟品の散見的記録に記帳の豊野が票れる。既述 の如く神助綽とLての暫還宿帳の本死の意義もこ意雲ので雪。然し商品の散骨的統制管苦行ふ璧還

蹄品重商帳の記帳に約する若干の考察

七−

(26)

七ニ 第二十一巻 第二牧 √\ 於いてもその日梯は企菜経常の絆拷並び\にその健重なる蟄展にあるの′であるから、企菜の経常危険を減少せしあ ると共によりふ隆大詔る利益を獲得し得る様に行はれるのである。従って商品の憤借的記録計金魚顧慮しないと 晋ふのではない。例へぼ前掲の取引慣設例に倣いて商品安土僧格は最終仕入慣格のサニ割と侶定したが、恒に仕 入健棒のこ割が利益として獲得し得るものとすれば、商品安男総益の卑小は商品仕入教溌並艦仕入債柏の大小に ょって決定せられる。従って商品仕入偵柘の粘萬は却つて商品資質絶品を太ならしめ、商品仕入僧極の低落こそ 薯署総益を減少せしめるものと富払ねばならぬし戯L商品仕入慣格の胎貿により、.商品頭上慣格を申り上げた場 合商品貸上教嵐が城少して多くの聾麺げ品が生するならば、管悪恩買益は管叩二単位常りに於いては檜加す㌃も 鴇毎とt′ては却つて減少すゐ結英となる℃かくて商品仕入厳に相應した商品東上畢を確供するため商品野上慣格 を引き下げ、商品鼠位利益を減少せしめ竃と其咋商品賛買総益む増加せしめなけれぼならぬ、。企柴経営の関心事 は雪印資質総益む犬ならしめることで思って、決して商品恕位利益を増大甘しめることではないからである。然 しながら商品聾上慣格の引き下げによつて商品安土数駄が着るしぐ檜大しで商品仕入数蚤がそれに適合し得ない 事態に立ち到るこせは、\却つて安男組益を減少せしめ企紫蘇皆の繁脱を阻零する克ととなるであらケ。即ち商品 仕入赦免並びに仕入偵格は掛品安土数最並びに資上境格に鋲つて制約されると共に、商品資上敷凝並びぬ啓上慣 滞払・商品仕入数果並びに仕入偵柘濾依つて限定せられるもの手める。企業経皆の健全なる襲鹿をはかるには必ず 斯かる晩翠から商品あ仕入と資止とを適合せしめなければならない。漕冊在南幌が商品の璽動的統制管理を目的 とするといふのは、斯の如き偽品繁男蚤の適合をほかる帳薄であるといふ意味であるから.、蹄品在嵩帳転商品の 景的増減のみを記録することは夫自身としては充分なる意義敲持ち得ないものであると言っても過言ではない。 充・−外商品は販資の革めに購入するものeあるから、特殊なる事情の存在せぎる限り商品泰庫蚤は可成少く、商

(27)

品仕入菓と商品安土厨とを出出荷る限り大にして鱒品回穐速度を高める七とが望ましいのセある。この事は商品 部高金額を机弗得る限り少なら心めると共に、∵閻品仕入金額並びに商品欝上金額む大ならしめて商品安男の危険 負拍の程度を小ならしめ、商品貿買総益を大ならしめることにも通するの∬ぁる。まづ商品在席蚤は商品仕入薮 と商品賛上蚤との差頼として決定せられる庵由であるから、A椴的に前者Ⅶ増大は商品在庸巌む大ならしめ後者 の増加は商品准威厳を小ならしめる。女反封豊肌着の増加及び後者の減少は商品在廠蕊を大ならレ協る。従つて 商品仕入率と蹄品安上蓋とが適合する場合に於いては、商品衣煉巌は何等増減の傾向堅不さない涙態に立ち到る ヽ、 であらう。勿論既述の如く商品単位利益が減少しても商品褒男親益を増加し得る限り、商品貸買の史的適合状態を 舷へて商品の購入及び放資が行はれ、これ以上商品の購入若しくは販安を有ふならぼ資貫絶品が粍封頑として拭 少するといふ商品安男の飽和鮨に到達する。凝らに企柴経営の立場から言ふならば、斯かる飽和鮎を起へて商品 恕裏諒疲行する場合もある。即ち繭量異質漁釜が減少するとして牒∴商品安密純益が増大する場合である。倫企 巣経営の限界鮎を考察するならば、商品安男純益が減少しても企某紙益が増大する場合、変らに′は企発純益が減 少しても企米紙益が存在する限り、進んでほ企泳経営上の純損失が教生tて賜金菜鮭皆の固定的損貯覇覧注せざ る限り、商品哲男を扱行することも有り得る。然しながら商品壁上慣格以上の慣格で商品む購入し允β、裔高仕 入慣格以下の倍格で商品を願意することは商品蜜月に関する限り目的檻反するものであるから、商品誉明快の記 帳町歌いては商晶仕入憤格と商品安土應蕗上が一致する鮎を商品繁劇の限界鮎と謹解し七も叫應は芸文はないで あらう。かくて商品安男の盈的適合によつて商品峯向盈に増減侭向が存在しない場合、輔品衣高藍は恰も流動す る河川の流れむせきとめるグムの如営ものとなる。ダムによつて阻止された河川の流れは仝ぐ平静な滞みむみせ て急喝を想はしめないが、ダムむ離れようとする際にぬノいて閂び奔流の正鰻を現はすものである。従づてダムの 七三叫 商品在高帳の記帳妃関する若干の考察

(28)

讐叫十=鱒J界二挽

七四

大小が水流の調節に雷大なる影響を典へる如く商品在席盈の大小は商高藤膏といふ河川の流れに勤して重大なる

調節作用を撃むものである。かくて河川の流れにも比較し得べき簡晶資本の流通に勤し、如何程のダムを設麓す

君即ち如何程の商品造本温む企業等内部に恒常的に操癒するかは企束経営の管状特鱒商品層眉古いふ′河川の

状態に依つて決定しなければならぬ卓共に企業護螢自らの慈意のみによつては確定し得ないものである。恒常

的に保有すべき皆川悉甲は低値的彊も数盈的にも考察卜得るが、鼓では商品仕入慣格と商品資卜慣相とが嘉す

る瞥崖眉の限界鮎む簡走して諒ら数量的側面を考察することとす.る。韮で注意すべきことは企敷寧完部に於

いて通常的に保有せられる完在昏霞、・それが橿に験昏雇られすに存在しているといふ意味から∵かかる恒常

的曽還満都分を不欒的嘩凱財産と琴解し二横間定財産と同議する傾向が生するといふことで雷。然しそれ

埠恒常的商品趣意が使用同党財産墓園二紺青られる傾向があるといふに留まる0であつて、恒常的商品在嵩もそ

れが駁撃の焉め窟入せられた商品部分である限り決して放資を日管せさる使用財産とは解し待孟ない。か

くして管P。春高螢は恒常的商品森高盈︵不欒盈︶と流動的帝品在高患︵可壁螢︶とに分割して考察する必要があ

る。商品現鹿廓痙藩が恒常的商品慮高底意・ふと慧が如き状態が著され垂場合は、甜軋商品む購入するか或

計眉忠恕苦手担へて恒常的慧蛋君雄蹄する祓に努力し夢れば鷲ぬ。叉鷺視差柘牒が恒品

常軌商品在南東以上還る場合け、新語品Q購入姦へて警雷増加す急に努め賢れぼ誉ないり恒常

的商品霊芝決掌る諸麗は趨孝多岐量るもので雪て速断する纂さな㌫、蕪椚監常的農場

関係等に於等、年中畢灼酌ぬ商品安男が行はれている企東経螢癒あるならば、凡そ→ケ月蘭位の窯芸資

長とし、亘週∵月等によつて商品賛写宗欒勤する企柴経蟄先登〆月間佗の平均恩讐警し、商

品繁劇が季節的に嚢中する企紫綬欝おいてほ凡そ忘年甲千野商品聾上長とする。以上は勿論猫断的臆測に過

(29)

ぎないものであつて、賛際に常つては少 の物攣的並びに化虚血性状をはじめヽ企菜経常の内部的並びに外部的蜜偶に即して決定しなければならぬセあら う○ 次豊明鴇の取引仮設例に於けるA商品の温的増減放態を示してみる。 1・ 商品名 帝品在南幌の記帳に関する若干のノ考察 侍 宗 ♯1 200 500

35P

250 450 150 0 ク 萌2 ク ♯3 ク ‡4 ク 鴇5 ク ♯6 悪疫(朱記) 700 700】 0 ーー 150 A商品の存頗高ほ二見して漸減○傾向にあることが 明瞭であ告原品仕入蚤が商品常七量に此し小である からA商品の聾上畳に仕入蚤を適合さすべくA商品の 新規購入を行はなけれぼならないであらう。恨りに常 期間のA商品版東面青宥○静から推定してA商品の恒 常的森高食む五〇〇箇とするならば、A商遍の新税購 入蚤は少くと旦二五〇箇以上でなければならぬっ次匿 A漕晶葱異買時に於ける商品在高潔と恒常的在高我と の差を以つて、夫々の時期に放ける.′A商品の湾入必 警澄還してみる。 七五

(30)

5(!0 恒常在崩 野品名 第〓十∵巷第二設 最低購入 七六 山椴に正常的なる企業経常下に於いては、商品在 高凝は可成小であることが望ましいが、恒常的商品 在高紫濾寧ろ大となる方が望ましいのであつそ上 例の如きは商品賛上且乱に商品仕入敬が連合Lていな いのであるから、商品購入蚤を大灯して、同時に商 品恒常室向を増大せしめた方が合目的的である。然 し孝がら、A商品の恒常在高を増加したるた働、却 ってA商品が極度の仕入曳不足となり、A商品の購 入に万全め努力をしても衛且商品在高取の減少を防 止t得ない時に於いては、寧ろ恒常的酔品在高愚を 減少すると共に耐品安土偵格の吊り上げ若しくは放 資手軽べを行って減少せしめた牒腐品恒常在高を堅 持すべきである。斯かる場合堅不す商品在商帳は次 の如くである。

(31)

商品名 商品在露帳の記帳に関する若干の纂 最低購入 必要愚 径 路 −・300 0 ふ、250 −・3印 −・250 丁550 崇 プりOi備ク ﹁⊥ 2 3 一句 5 エリ × × ノ× × × P O O ふU 6 ヾク 7 ク ク ♯3 ′ 韓4 ク 串5 オ ♯6 繰 越(未 配) ,一 7001繰 越 躇品名 最低購入 必要畳 倉入質i倉と首儲=竃・ 高 摘 要 恒常在毒

;00上/琴芸:

ヨ4 5 6

X ク 璃3 ’ ク ♯4 ク 綜5 ク ♯6 規 越(未 配) × × × × × 七七 ′、 l X 50

(32)

企発雷の慧によつては決定L得票・鱒品位忠盛高書右の如く賀すること喧無音味古あるかの如き感一を

輿へるか羞れないが、要は決してそうで碧い。即ち商品陪審森高痘ぼ企共魔螢特転商品療育這由し孟妥

警指針姦へるものであ・少、軌品恒悪高霊慧豊栄雷掠に富貸雷攣化する経済情勢に適慧しめ

号とする意組む嘉すもので雪、然し祭ら富竃在室浣畠在在高雷侍す基準彗あ急ら、企

業腔荒島重賞義挙る諸賢嘩賢攣化窒管芳その警畠避し誇れぼならなレ。

碍誉芸高慧招警管小とし■商品傭人畳富商長藤1畢とを出挙得る随り増大して商凝相通虔富める

といネ意味法面晶鹿斎寛がかかる恒羞窒以→に葺こと義持するのではなくて、恒に商品恒常癒恵麗新藤 か

持し羞ら商品回極速度を高洩ること姦昧するので警。従つて商品森高星が貰恒常悪巌以上であること

は好ましく■ないが、1大空曹違憲窟在蒜つ七滞米窟胡畠警しめる場雷雲のであるから、貰

的商品在高塵む以つて誉⋮の蔑必箪保有鼻音示す盈と解すえと共に、諸情勢姦策して鷺芸の慧讐

るべき垂向窯保有雷空し孟く必婁が雪。曹蒜羞がかかる豊岡皆川保葱・昔超苧る場合ほ過大な ︳

孟畠資嘉す危陵信放と激痛する。Jかくして雷管提督苦最驚虔葱≡箕に商品黎高鹿をその範

囲内に規空会控雷撃る安姦とし七作用するであらう。而して叫般的に正常的市場関係の下に於いて成

管叩芸畢最高帆品操夜警りも可成慮底霜盃遠有恩鱒近づかしめる如く、阿品夜露瑞を療而してゆくべきで

雪。又商品森高食む裁定する政商保有畢と最低操有塩との較差は通例好況時に笑ならしめ、示況時には小な

らしめることが望蓋しい。勿論畢向暦提督若狭定は最低響崖有卦の決定と同祓に企・鉱班皆の内部的並びに

外部的諸情勢に即厳して確誉られる計′で雪が、倣左前摘のA商品¢最高保有螢を侍票田紳及び曽於b

てほ六〇〇薗侍粟射でほ七〇〇箇機業雛では八〇〇箇とするなむぼ次の如くなるか

第二十山容 第二牧 七八

(33)

A ′ / 緒品在露帳の記阻に隠す挙若干み考察 Ⅷ i藷 品名 ′在 高 職 襲 ∴ __こ −こ

訂二「「嘉一=忘二忘

侍=票∴1日

:。ム5ぎ;

300l −】 500:トー1001 0 × × X X 〉く ×

二三‡二幸…二

二〒章二三三董享

ク ♯4 ク ♯5 ク 幸離 繰 越(朱記)、 1001】繰 越 一−・b50】 50 「llヲ 上記む簡軍に説明するならば⋮備票糾の場合A・商 品の最高保有量を六〇〇箇最低保有盈を恵00箇と して尚品夜露濃をこの範園に於いて保有しょうとし た。㈹侍繋がに於いて漸く液低保有高に到達するこ とが拭釆た。槻侍票齢でほ商品室魚雷六CC箇に 固定せしめようとしたが、商品華拓盈は固史的保有 盈を下過つた町、拘偽軍担及び郎では最高保有愚を増 加しヰ商品の仕入を促進せしめよう・上したが仕入温 不足と放損なる版常によつて極度のA商品の凝商不 足む示すに到った。槻侍票郎に於いてはA商品の放 漫なる頗安状態を改脊すると共にA商品の最低保有 愚む減少せしめて、これを堅持する方針をたて、同. 時にA商品の戯高保有盈を大ならしめてA商量わ仕 入革む増加せしむべき方策をとつたのである。即ち A商品の慣棉騰貴による資質益を増加せしめるぺく A商品の仕入盈と貸主盈と・履大にして碑晶回相通皮 む露めると共に、A商晶の慣格低諮の危険を最小限 度に留めようとしたのである。この場合のA面品の 七九

(34)

四、結語に代 へ て

補助簿としての緒品在高帳の記帳に関する前掲の取引偵設

例に於いては、A商品の偶格騰薯はA商品市場の需給関係に

基づくものであつて貨幣僧侶欒劫としての蒜的物慣胎思に

警もの蒼空と前提し允のであるが、貨幣慣値天白餞が

挙動して経済慣債測痘苗尺度と凍り得ない場合はA曹芸慣 格攣勤はA商品市場の需給尉係に基づく慣格欒勤と貨幣償偵

攣劫に基づく侶格婁動との二大要掴む包呑することとなる。

前者は眈蓮の如く評偵損益勘鹿尭も惜菰調整聖者以つて

虚蘭することが招来るが、後者は計算記帳の慣情義準む欒赦

せしめ記嘩金額を無意昧ならしめる。即ち次意す如くであ

る○

第二十こ螢 第二取 入〇 最高保有管長低保有盟との校慧威低操有盈の七倍に相著しているが、これは雷A商品の債格攣動特に償格 騰畢の情勢に即臆しょうとする意園む如茸に示すものである℃ 商品の敵訂管理手段として秒酪品奄高帳の1記帳は決して上述で終はるノ畠せはなく、例へぼ偶別的瞥㈹り腐敗 磨滅、虫害等による城耗蒐の加ぐ商品廉管に閲聯して遍的に教生する悪霊じめ、慧謁意個別的商品盈 閤に放ける緊張踊係の如きに到る恵で考察すべき幾多の重要問題があるが、鼓で竺應以上で暫あておくことと する。 物慣指数 5 ︻U ︵U ︵U ︵U O 2 3 l一 2 3 丑=丑‖∴茶 ・・ 0 ∩︶

0 5 O 1 2 3 4 5 0 ︵U ︵U ︵U O ︵U

1 1 1 1 i l 叫﹂叫﹂ − ︵U 9 6 1 2 O OO一 P O =昔‖顎∵︰事 タ ク ・ナ

3,810府0 ニ=== ̄  ̄\

(35)

蹄晶在宿帳の記帳転銅する若干の考琴 (2) 取引慣設例 l物 鱒 入 訂竃千言訂「㌃「靂 壁 上 ._.「【l慣 A 蕗 品 指 些 一_ 100 ク ク ク ク ク 数 欝l軍備=1象答 儒 ク ,タ ;;:ざ; i1501 825 00 ク 躊4 ク ♯5 ク 計 ♯6 5こ)7;69 200】 4 貸額慣倍奨励の程度は物憤指数を以つて示L、右の如 くであると仮定し驚かくては⋮責七騰貸しっつあるA

曹Ⅶの慣静は憤僻基準を統叫したの義では下落しっつあ

ることが明瞭に示される。第⋮窮に於けるA商品の施仕 ′入金額並に絶賛上金額は何等茸矧的なるA商品安男高を 示さない。第拘表では侍雲脚0時Ⅵ放ける貨幣偵噂む基 準としてA商品の蜜月高が声されて居るから商品森高醸

の記帳に紘常嬰次の修正金額及使用しなけれぼならぬ。

このためには前転掲げた商品轟高帳の倉入、倉出現び衣

高偶に夫々債櫨修正爛を附試すれぼよいであらう。伺慣

低修正む行つ裡驚質的商晶安稟高と規定の名目的商品栗

買高との差額は一定時期、例へぼ毎月宋又は期末に於い

て貨幣低値修正勘定で超越すれぼよい。然し†琴品春高

帳秒商品倉入金額並に商品倉出金額の決定は資質侶なる

商品性入金額を基準として既述の諸説帳迭を採用する。

従つて商品在高帳の記帳に際しては貸借債値婁動下に於

ける商品層格の名目的婁動を貨幣慣倍修正軌鱒と償格調

碁勘定との申抑先に分離して記帳計算し得る如くするの

八叫

(36)

勿論貨幣横倍の欒勤む如賛に表現すべき客観的物慣指数の獲得は極めて困逢せあゎ、且つ貨幣侶倍基準の静二

化は凝に商品森高帳わ記帳金額のみなをす、企乗艇皆の放ての貨幣数字に及ぼすべきも■ので、憤値修正上の命計

手渡が相常に面倒となるから∵撃票首本に於ける企菜食計の茸務緒常著聞では表に行はれてゐない楼であ

る。本小論に制常てられた濠定紙数を耽貯超過したから、貨幣偵値欒動下に放ける記帳金額の修正事績に就いて

遜の轡骨品べることとして、韮で腺統⊥的慨億義政み採用が絶封的に必要であれ、且それ造言億計算の

姦的採用む前提とするものであることを指摘するに督働ておく。

︵昭二三−三、八晩稲︶ 第二ナ叫巷 第二扱 が合理的である。 入二

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :