北村裕教授 略歴及び主要研究業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

外国語学部紀要 第 10 号(2014 年 3 月)

6

北村裕教授 略歴及び主要研究業績

〈略 歴〉 昭和 23 年 6 月 15 日 生まれ

学 歴 昭和 39 年 4 月 大阪府立生野高等学校入学 昭和 42 年 3 月 大阪府立生野高等学校卒業 昭和 42 年 4 月 関西大学文学部入学 昭和 46 年 3 月 関西大学文学部卒業

昭和 46 年 4 月 関西大学大学院修士課程文学研究科英文学専攻入学 昭和 48 年 3 月 関西大学大学院修士課程文学研究科英文学専攻修了 昭和 48 年 4 月 関西大学大学院博士課程文学研究科英文学専攻入学

昭和 51 年 3 月 関西大学大学院博士課程文学研究科英文学専攻所定単位取得後退学

職 歴 昭和 60 年 4 月 大阪明浄女子短期大学専任講師 平成 ₃ 年 4 月 関西女学院短期大学助教授 平成 ₆ 年 4 月 関西大学助教授

(2)

7 北村裕教授 略歴及び主要研究業績

〈主要研究業績〉

著書

Kitamura, Y., K. Horii, Y. Tomoda & Y. Akai. (1993). Evaluation of readability formulae in terms

of eye movements: Derivation of schema fixation curves. d’Ydewalle, G., & Van Rensbergen,

J., (Eds.), Perception and Cognition: Advances in eye movement research. Elsevier

Science Publishers

宇佐見太市,北村裕,河合忠仁,山本英一,竹内理(共編著)(2002)『外国語研究: 言語・文 化・教育の諸相』ユニウス出版

Kitamura, Y., K. Horii, O. Takeuchi, K. Kotani & G. d’Ydewalle. (2003). Determining the

param-eters for scrolling text display technique. In Hyona, J. & others (Eds. ), The Minds’ Eye:

Cognitive and Applied Aspects of Eye Movement Research. Elsevier

北村裕( 2007 )「Registers and academic language acquisition for English language learners in

the United States」記念論文集編集委員会(編集)『英語授業実践学の展開:斎藤栄二先生

御退職記念論文集』三省堂

学術論文

Horii, K., Y. Kitamura, K. Kotani, F. Okuyama & G. d’Ydewalle. (2005). Measurement of the Active

Gazing Eye by an improved Rosenbach method: tracing from the dominant eye to the

“active” gazing eye. Abstracts of the European Conference on Eye Movements ECEM 13.

Kitamura, Y., K. Horii, K. Kotani,, T. Usui, & G. d’Ydewalle. (2005). Verification of Panum’s area

by a new visual space: by use of “active” gazing eye. Abstracts of the Thirteenth European

Conference on Eye Movements ECEM 13.

Horii, K., Y. Kitamura, K. Kotani, K Akahosi & G. d’Ydewalle. (2005). Verification of empirical

horopters by a New Visual-Space Model by using “active” gazing eye.Abstracts of the

European Conference on Eye Movents ECEM 13.

Kitamura, Y., K. Horii, K. Kotani, T. Usui & G. d’Ydewalle. ( 2005 ). Verification of Panum’s Area

by a new visual space: by use of “Active” Gazing Eye. Abstracts of the European

Conference on Eye Movements ECEM 13.

Kitamura, Y., K. Horii, K. Kotani, & G. d’Ydewlle. ( 2007 ). New concepts on the Dominant Eye.

Abstracts of the European Conference on Eye Movements ECEM 2007.

Horii, K., Y. Kitamura, K. Kotani, T. Asao & G. d’Ydewalle. (2009). Certain drawbacks caused by

diplopia in using the Rosenbach method in order to detect ocular dominance. Abstracts of

(3)

外国語学部紀要 第 10 号(2014 年 3 月)

8

Kitamura, Y., K. Horii, K. Kotani, T. Asao & G. d’Ydewalle. (2009). How may asymmetry be

accommodated by an ocular-motor map? Abstracts of the European Conference on Eye

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :