eth1:1 169.254.148.228 HAIP

In document Slide 1 (Page 88-103)

HAIP

[169.254.0.0

169.254.255.255]

の中で ランダムに自動で重複しないように割り振る

9. 高可用性 IP (HAIP) の動作確認

インターコネクト障害時

インターコネクト障害が発生すると正常稼働している

NIC

HAIP

が シームレスに移動

その間、

Clusterware

上の

Database

は通常稼働

node2

eth1

eth2

eth1: 192.168.1.12 eth1:1 169.254.169.230

HAIP

eth2: 192.168.101.22 eth2:1 169.254.94.159 HAIP

node1 eth1

eth2 eth1: 192.168.1.11

eth1:1 169.254.148.228 HAIP

eth2: 192.168.101.21 eth2:1 169.254.75.98

HAIP

node2

eth1

eth2

eth1: 192.168.1.12 eth1:1 169.254.169.230

HAIP

eth2: 192.168.101.22 eth2:1 169.254.94.159 eth2:2 169.254.169.230

HAIP

node1 eth1

eth2 eth1: 192.168.1.11

eth1:1 169.254.148.228 HAIP

eth2: 192.168.101.21 eth2:1 169.254.75.98 eth2:2 169.254.148.228

HAIP

9. 高可用性 IP (HAIP) の動作確認

インターコネクト復旧時

通信が回復すると、

HAIP

は自動で元の

NIC

にフェイルバック

node2

eth1

eth2

eth1: 192.168.1.12 eth1:1 169.254.169.230

HAIP

eth2: 192.168.101.22 eth2:1 169.254.94.159 eth2:2 169.254.169.230

HAIP

node1 eth1

eth2 eth1: 192.168.1.11

eth1:1 169.254.148.228 HAIP

eth2: 192.168.101.21 eth2:1 169.254.75.98 eth2:2 169.254.148.228

HAIP

node2

eth1

eth2

eth1: 192.168.1.12 eth1:1 169.254.169.230

HAIP

eth2: 192.168.101.22 eth2:1 169.254.94.159 HAIP

node1 eth1

eth2 eth1: 192.168.1.11

eth1:1 169.254.148.228 HAIP

eth2: 192.168.101.21 eth2:1 169.254.75.98

HAIP

9. 高可用性 IP (HAIP) の動作確認

OUI で設定

• インターコネクトの冗長構成が OUI から設定可能

9. 高可用性 IP (HAIP) の動作確認

操作概要

• 冗長構成されたプライベート・ネットワークの NIC のうち、片

方の NIC を無効化 / 再有効化することでネットワークの障害

発生 / 回復をシミュレートし、 HAIP の動作を確認

HAIP

動作確認の流れ(例)

HAIP

の構成を確認

1

プライベート・ネットワークの障害発生

/

回復 に応じて自動で

HAIP

の割当てられる

NIC

が変更される

※ HAIP の割当てられる NIC が変更されてもクラスタ

上で稼働するデータベースは影響を受けない

eth0

eth1

eth2 eth1:1

eth2:1

擬似障害の発生

(ifconfig eth1 down) 2

eth1

eth2 eth2:2 eth2:1

疑似障害の回復

(ifconfig eth1 up) eth1 3

eth2 eth1:1

eth2:1

パブリック

プライベート プライベート

9. 高可用性 IP (HAIP) の動作確認

事前準備

• root

ユーザーでクラスタの構成ノードにログインしたターミナルを用意

[root@node1 ~]#

IP アドレスの確認

1

[root@node2 ~]#

本機能体験は、OS コマンド ifconfig を使用して実施

コマンドは複数ノードで root ユーザーで実行

コマンドの実行例および出力例は次ページより紹介

今回の紹介する例は以下の環境における例とする

クラスタ: 2ノードの Grid Infrastructure 環境

ネットワーク:

パブリックネットワーク – eht0

プライベートネットワーク – eth1,eth2 (インストール時に冗長構成)

• HAIP

の確認例

(node1)

9. 高可用性 IP (HAIP) の動作確認

状態の確認 (NIC IP アドレスの割当て確認 )

[root@node1 ~]# ifconfig

...

eth1 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:01:01

inet addr:192.168.1.1 Bcast:192.168.1.255 Mask:255.255.255.0

...

eth1:1 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:01:01

inet addr:169.254.63.109 Bcast:169.254.127.255 Mask:255.255.128.0

...

eth2 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:02:01

inet addr:192.168.101.1 Bcast:192.168.101.255 Mask:255.255.255.0

...

eth2:1 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:02:01

inet addr:169.254.201.201 Bcast:169.254.255.255 Mask:255.255.128.0

169.254.X.X

IP

アドレス が割当てられている

両ノードで次のコマンドで

IP

アドレスの割当て状況を常時確認

9. 高可用性 IP (HAIP) の動作確認

監視の準備

[root@node1 ~]# watch ifconfig

[root@node2 ~]# watch ifconfig

• node1

上で別ターミナルを用意し、

ifconfig

コマンドを使用して疑似的に

eth1

NIC

を無効化

9. 高可用性 IP (HAIP) の動作確認

疑似障害の発生 (ifconfig eth1 down の実行① )

[root@node1 ~]# ifconfig eth1 down [root@node1 ~]#

node1 で ifconfig コマンドにより eth1 を無効化

2

両ノードで

IP

アドレスの割当て状況の変化を監視

9. 高可用性 IP (HAIP) の動作確認

疑似障害の発生 (ifconfig eth1 down の実行② )

[root@node1 ~]# watch ifconfig

eth2 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:02:01

inet addr:192.168.101.1 Bcast:192.168.101.255 Mask:255.255.255.0 ...

eth2:1 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:02:01

inet addr:169.254.201.201 Bcast:169.254.255.255 Mask:255.255.128.0 ...

eth2:2 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:02:01

inet addr:169.254.63.109 Bcast:169.254.127.255 Mask:255.255.128.0

[root@node2 ~]# watch ifconfig

eth2 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:02:02

inet addr:192.168.101.2 Bcast:192.168.101.255 Mask:255.255.255.0 ...

eth2:1 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:02:02

inet addr:169.254.146.45 Bcast:169.254.255.255 Mask:255.255.128.0 ...

eth2:2 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:02:02

inet addr:169.254.108.154 Bcast:169.254.127.255 Mask:255.255.128.0

eth1 の HAIP が

eth2 に移動している

• node1

上で

ifconfig

コマンドを使用して再び

eth1

NIC

を有効化

9. 高可用性 IP (HAIP) の動作確認

疑似障害の回復 (ifconfig eth1 up の実行① )

[root@node1 ~]# ifconfig eth1 up [root@node1 ~]#

node1 で ifconfig コマンドにより eth1 を再び有効化

3

両ノードで

IP

アドレスの割当て状況の変化を監視

9. 高可用性 IP (HAIP) の動作確認

疑似障害の回復 (ifconfig eth1 up の実行② )

[root@node1 ~]# watch ifconfig

eth1 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:01:01

inet addr:192.168.1.1 Bcast:192.168.1.255 Mask:255.255.255.0 ...

eth1:1 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:01:01

inet addr:169.254.63.109 Bcast:169.254.127.255 Mask:255.255.128.0 ...

eth2 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:02:01

inet addr:192.168.101.1 Bcast:192.168.101.255 Mask:255.255.255.0 ...

eth2:1 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:02:01

inet addr:169.254.201.201 Bcast:169.254.255.255 Mask:255.255.128.0

eth1 の HAIP が再び eth1 に移動している

[root@node2 ~]# watch ifconfig

eth1 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:01:02

inet addr:192.168.1.2 Bcast:192.168.1.255 Mask:255.255.255.0 ...

eth1:1 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:01:02

inet addr:169.254.108.154 Bcast:169.254.127.255 Mask:255.255.128.0

eth2 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:02:02

inet addr:192.168.101.2 Bcast:192.168.101.255 Mask:255.255.255.0 ...

eth2:1 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:01:02:02

inet addr:169.254.146.45 Bcast:169.254.255.255 Mask:255.255.128.0

Oracle Database 11g Release 2 で実現 する統合システム基盤

サーバー・

プール Free

重要度: 重要度: 重要度: 低

Oracle Clusterware SCAN

統合汎用 DB 1

社内サービス

開発環境 DB

統合汎用 DB 2

RAC One

販売サービス

在庫サービス 事業別サービス

App Team A App Team B

Service Service

App Binary Script / log file

Oracle ACFS ASM Files

Oracle Automatic Storage Management

まとめ

クラウド時代に向けたデータセンターに最適なプラットフォーム

= Oracle Grid Infrastructure

• リソースの物理的な所在を意識せずにサービスとして 利用可能

• 統合システム基盤構築による運用の標準化、コスト削減 の促進

複数データベースを単一クラスタに統合し、全体最適化

• RAC One Node

による小規模データベースの集約

• 今後のデータセンターでは、ビジネス要件の変化に迅速

に対応できる柔軟なインフラストラクチャが重要

In document Slide 1 (Page 88-103)