サーバー・プールの設定を変更

In document Slide 1 (Page 55-67)

サーバー・プール

4. サーバー・プールの設定を変更

 RAC

データベースおよびサービスが自動的に拡張される

5. RAC データベースの拡張と縮退

ポリシー管理 RAC データベースの活用例

サーバー・プールの設定 最小数 : 0 (デフォルト)

最大数 : 4

重要度 : 0 (デフォルト)

サーバー・プールの設定 最小数 : 0 (デフォルト)

最大数 : 4

→ 5

重要度 : 0 (デフォルト)

Free

サーバー・プール

1

RAC データベース

人事サービス

物流サービス

会計サービス

Generic

Free

プール:障害

/

拡張用のサーバーを配置するためのサーバー・プール

5. RAC データベースの拡張と縮退

操作概要 : サーバープールの属性変更

• ユーザー定義サーバー・プール (srvpool1) の属性を変更し、

ポリシー管理 RAC データベース orcl の拡張・縮退動作を 確認

サーバー・プールの属性変更の流れ(例)

srvpool1

の構成を確認

1

srvpool1 の最大値を変更(2 → 1)

2

srvpool1

の最大値を変更(

1 → 2

3

サーバー・プールの属性(最大値)の変更に

応じて

RAC

データベースが縮退、あるいは

拡張される

※ データベースのサービスが構成されている場合は

サービスも同時に縮退、あるいは拡張される サーバー・プール srvpool1

RAC データベース: orcl

ポリシー 最小数 : 0 最大数 : 2 重要度 : 0

サーバー・プール

Free

サーバー・プール srvpool1

orcl

ポリシー 最小数 : 0 最大数 : 2 → 1 重要度 : 0

サーバー・プール

Free

サーバー・プール

srvpool1

RAC データベース: orcl

ポリシー 最小数 : 0 最大数 : 1 → 2 重要度 : 0

サーバー・プール Free

• oracle

ユーザーでログインしたターミナルを用意

5. RAC データベースの拡張と縮退

事前準備

[oracle@node1 ~]$

操作を実行するターミナルの準備

1

本操作は、サーバー管理ユーティリティ

(srvctl)

コマンドを使用して実施 コマンドは

oracle

ユーザーで実行

コマンドの実行例および出力例は次ページより紹介

本資料の実行環境

データベース:

2

ノードのポリシー管理型

RAC

データベース

データベース名: orcl

サーバー・プール名: srvpool1

現在のサーバー・プールの構成、およびデータベースの稼働状態を確認

以下はデータベースの稼働状態の確認例

5. RAC データベースの拡張と縮退

状態の確認 ( データベースの稼働 )

[oracle@node1 ~]$ srvctl status database -d orcl

インスタンスorcl_1はノードnode1で実行中です。

インスタンスorcl_2はノードnode2で実行中です。

状態の確認

2

データベース・インスタンス(

orcl_1,

orcl_2

)が稼働中であることを確認

サーバー・プール

srvpool1

orcl_1 orcl_2

続いてサーバー・プールの構成状態(サーバーの割り当て)を確認

5. RAC データベースの拡張と縮退

状態の確認 ( サーバー・プールの構成① )

[oracle@node1 ~]$ srvctl status srvpool -a

サーバー・プール名: Free

アクティブ・サーバー数: 0 アクティブ・サーバー名:

サーバー・プール名: Generic アクティブ・サーバー数: 0 アクティブ・サーバー名:

サーバー・プール名

: srvpool1

アクティブ・サーバー数

: 2

アクティブ・サーバー名: node1,node2

NAME=node1 STATE=ONLINE NAME=node2 STATE=ONLINE

srvpool1 に 2 台のサーバーが

割り当てられていることを確認

続いてサーバー・プールの構成状態(サーバー・プールの属性)を確認

5. RAC データベースの拡張と縮退

状態の確認 ( サーバー・プールの構成② )

[oracle@node1 ~]$ srvctl config srvpool

サーバー・プール名: Free

重要度: 0、最小: 0、最大: -1 候補サーバー名:

サーバー・プール名: Generic 重要度: 0、最小: 0、最大: -1 候補サーバー名:

サーバー・プール名

: srvpool1

重要度

: 0

、最小

: 0

、最大

: 2

候補サーバー名:

srvpool1

のポリシー属性として、

最大値 2 が設定されていることを確認

サーバー・プール

(srvpool1)

の最大値を

2

から

1

へ変更

5. RAC データベースの拡張と縮退

サーバー・プールの属性変更

[oracle@node1 ~]$ srvctl modify srvpool -g srvpool1 -u 1 –f [oracle@node1 ~]$

-u で最大数を指定

稼働しているインスタンスの停止を伴う 際には、

-f

の強制オプションを指定

ポリシー 最小数 : 0 最大数 : 2 → 1

重要度 : 0 サーバー・プール

srvpool1

orcl_1 orcl_2

サーバー・プールの属性変更が完了す るまで(プロンプトが返るまで)待つ

srvpool1 orcl_2

サーバー・プールの属性変更

3

再度サーバー・プールの構成、およびデータベースの稼働状態を確認

以下はデータベースの稼働状態の確認例

5. RAC データベースの拡張と縮退

状態の確認 ( データベースの稼働 )

[oracle@node1 ~]$ srvctl status database -d orcl

インスタンス

orcl_2

はノード

node2

で実行中です。

状態の確認

4

データベース・インスタンスは

orcl_2

のみ稼働中であることを確認

orcl_2

srvpool1

続いてサーバー・プールの構成状態(サーバーの割り当て)を確認

5. RAC データベースの拡張と縮退

状態の確認 ( サーバー・プールの構成① )

[oracle@node1 ~] $ srvctl status srvpool -a

サーバー・プール名: Free

アクティブ・サーバー数: 1

アクティブ・サーバー名: node1

NAME=node1 STATE=ONLINE

サーバー・プール名: Generic アクティブ・サーバー数: 0 アクティブ・サーバー名:

サーバー・プール名

: srvpool1

アクティブ・サーバー数: 1

アクティブ・サーバー名: node2

NAME=node2 STATE=ONLINE

1

Free

サーバー・プールへ配置され、

srvpool1

には残りの

1

台のサーバー のみ配置されていることを確認

続いてサーバー・プールの構成状態(サーバー・プールの属性)を確認

5. RAC データベースの拡張と縮退

状態の確認 ( サーバー・プールの構成② )

[oracle@node1 ~] $ srvctl config srvpool

サーバー・プール名: Free

重要度: 0、最小: 0、最大: -1 候補サーバー名:

サーバー・プール名: Generic 重要度: 0、最小: 0、最大: -1 候補サーバー名:

サーバー・プール名

: srvpool1

重要度

: 0

、最小

: 0

、最大

: 1

候補サーバー名:

srvpool1

のポリシー属性として、

最大値

1

が設定されていることを確認

サーバー・プール

(srvpool1)

の最大値を

1

から

2

へ変更

5. RAC データベースの拡張と縮退

サーバー・プールの属性変更

[oracle@node1 ~]$ srvctl modify srvpool -g srvpool1 -u 2 [oracle@node1 ~]$

[oracle@node1 ~]$ srvctl status database -d orcl [oracle@node1 ~]$ srvctl status srvpool -a

[oracle@node1 ~]$ srvctl config srvpool

-u で最大数を指定

ポリシー 最小数 : 0 最大数 : 1 → 2 重要度 : 0

サーバー・プール

srvpool1 orcl_1 orcl_2

サーバー・プールの属性変更

5

srvpool1

orcl_2

<Insert Picture Here>

In-Memory Parallel Execution (IMPX) の実行

新機能

ハンズオン 6

In document Slide 1 (Page 55-67)