DAOS (Domino Attachment and Object Service)

In document untitled (Page 83-110)

DAOSの効果

ƒ

ディスク容量の低減

ƒ

データバックアップの高速化

ƒ

夜間メンテナンス時間の短縮(compactタスク)

ƒ

添付ファイル付きメールの同報配信の高速化

DAOSによるディスク容量低減効果

Total Disk Footprint - Sample M ail Databases

0 20,000 40,000 60,000 80,000 100,000 120,000 140,000

Original Size Data Compression w /DAOS

Size (MB)

DAOS Repository Tanya

Maria Julia June Jeri Andrea Wilma Ruby Michele Janet Dorothy

DAOS適用効果の見積もり

ƒ

見積もりツール “DAOS Estimator” が提供される

Lotus Domino 6.0以上で稼動

全てのサーバープラットフォーム用に提供

Webサイトからダウンロード (※1)

1つの実行ファイル

日本語ガイド提供予定

1 http://www.ibm.com/support/docview.wss?rs=463&uid=swg24021920

DAOS Estimator 出力例

IBM DAOS Savings Estimator tool, Version 1.0 Copyright (c) IBM 2008.  All rights reserved.

Database Name Orig NSF New NSF  Num    DAOS   Dup    Compr Space    DAOS Ob Size     Size Files  Files Files Size     Savings  Size

============= ======== ======== ====== ====== ====== ======== ======== ========

l¥k######.nsf 3.1 GB 989.8 MB   6473   6473 2203   2.2 GB 424.7 MB   1.7 GB

¥k#######.nsf 4.4 GB   1.0 GB   5083   5083 1492   3.4 GB 879.6 MB   2.5 GB

¥k#######.nsf 136.5 MB 124.9 MB     87     87 12  11.6 MB   6.7 MB   4.9 MB

・・・・・・・・・・・・・・ 省略 ・・・・・・・・・・・・・・・・

Summary:

Total DB's analyzed:      60 Total DB's skipped due to errors:      0 Total Size of NSF's Examined:      188.2 GB Total Attachments found:      429864 Total Duplicate Attachments found:      194499 Total DAOS Eligible Attachments:      429864 Estimated Size of DAOSified NSF's:      67.5 GB Estimate Size of DAOS dir:      90.8 GB Total Disk Savings:       38.8 GB Compression Statistics:

None:       257877 Huffman:      150278 LZ1:       21704 Huffman on LZ1 servers:      0 IBM DAOS Savings Estimator tool, Version 1.0

Copyright (c) IBM 2008.  All rights reserved.

Database Name Orig NSF New NSF  Num    DAOS   Dup    Compr Space    DAOS Ob Size     Size Files  Files Files Size     Savings  Size

============= ======== ======== ====== ====== ====== ======== ======== ========

l¥k######.nsf 3.1 GB 989.8 MB   6473   6473 2203   2.2 GB 424.7 MB   1.7 GB

¥k#######.nsf 4.4 GB   1.0 GB   5083   5083 1492   3.4 GB 879.6 MB   2.5 GB

¥k#######.nsf 136.5 MB 124.9 MB     87     87 12  11.6 MB   6.7 MB   4.9 MB

・・・・・・・・・・・・・・ 省略 ・・・・・・・・・・・・・・・・

Summary:

Total DB's analyzed:      60 Total DB's skipped due to errors:      0 Total Size of NSF's Examined:      188.2 GB Total Attachments found:      429864 Total Duplicate Attachments found:      194499 Total DAOS Eligible Attachments:      429864 Estimated Size of DAOSified NSF's:      67.5 GB Estimate Size of DAOS dir:      90.8 GB Total Disk Savings:       38.8 GB Compression Statistics:

None:       257877 Huffman:      150278 LZ1:       21704 Huffman on LZ1 servers:      0

削減される ディスク容量

現在のサイズ

89

DAOS利用環境のパフォーマンスが向上

添付ファイル付メールの読み込み

返信/転送ボタンをクリック 添付ファイルの実体がダウンロー

メール編集 メール送信

8.5.0

複製の実行

8.5.0

DAOS DAOS

DAOS

添付ファイル付メールの読み込み

返信/転送ボタンをクリック メール編集 メール送信

8.5.1

DAOS

複製の実行

8.5.1

DAOS DAOS

サーバー ⇔ クライアント間のパフォーマンス向上 サーバー ⇔ サーバー間のパフォーマンス向上

8.5.1

90

DAOSをさらに管理しやすく新コマンドを提供

ƒ

“Show Stat DAOS” サーバーコマンドの提供

リモートのクライアントまたはサーバーからネットワーク経由で送信する必要がなかったオブジェクトの合計節 約容量を MB 単位で示します。オブジェクトコピーの最適化から得られたサーバー間の節約状況です。

DAOS. Object.OptimizedCreateRemoteSavingsMB

このサーバーのデータベース間でコピーの必要がなかったオブジェクトの合計節約容量を MB 単位で示しま す。オブジェクトコピーの最適化から得られたサーバー内の節約状況です。

DAOS. Object.OptimizedCreateLocalSavingsMB

Object.Attach̲DAOSCreate、Object.Attach̲NSFCreate、

Object.Attach̲DAOSOptimizedCreateLocal、Object.Attach̲DAOSOptimizedCreateRemote の統 計にリストされたオブジェクトの合計数です。

DAOS. Object.Attach̲TotalCreated

参照数がゼロになったオブジェクトの数です (オブジェクトは直ちに削除されるか、または遅延削除キューに 入れられます)。

DAOS. Object.Attach̲DAOSDelete

オブジェクトがすでに DAOS リポジトリに存在しているため、リモートのクライアントまたはサーバーからネット ワーク経由で送信する必要がなかったサーバー上のオブジェクトの数です。 この統計は、オブジェクトコピー の最適化によるサーバー間の容量節約状況を示しています。

DAOS. Object.Attach̲DAOSOptimizedCreateRemote

オブジェクトが DAOS リポジトリにすでに存在しているため、同じ Lotus Domino Server のLotus Notes  データベース間でコピーの必要がなかったオブジェクトの数です (MAIL.BOX から受信者のメールファイルへ のコピーなど)。 この統計は、オブジェクトコピーの最適化によるサーバー内の容量節約状況を示していま す。

DAOS. Object.Attach̲DAOSOptimizedCreateLocal

オブジェクトが一般的に最小オブジェクトサイズよりも小さいため、DAOS に保存されず、NSF に作成され たオブジェクトの数です。

DAOS. Object.Attach̲NSFCreate

DAOS で作成されたオブジェクトの数です。

DAOS. Object.Attach̲DAOSCreate

DAOS カタログが同期されているかどうかを報告します。

DAOS.Engine.Catalog

暗号化が DAOS に有効化されているかどうかを報告します。

DAOS.Engine.Encryption

DAOS が有効かどうかを報告します。

DAOS.Engine.Status

説明 統計項目

8.5.1

IDファイル管理コストを削減する3つの機能拡張

IDボールト 新機能

共有ログイン 機能拡張

ローミング

機能拡張

IDボールトとは

ƒ

IDファイルをサーバー上で一元管理する仕組み

クライアント上でのIDファイル変更後は、自動的にサーバー上にアップロード

• パスワードの更新

• 暗号化キーやインターネット認証を追加

• 名前変更や有効期限延長などのシステム管理処理

クライント

ホームサーバー

ID ボールト サーバー

ID

ID

IDボールトの効用

ƒ

容易なIDファイル/パスワード紛失管理を実現

IDファイル紛失時

• ユーザーからは透過的に、サーバーからダウンロードされてくる

• ローミングとしても有効 –

パスワード忘れの場合

• 管理者がパスワードをリモートから再設定可能

• ユーザー自身によるパスワードの再設定が可能

ID ボールトの動作概要① 〜初期展開時のアップロード〜

ƒ

既存のユーザー ID は、ID ボールトに自動的に格納される

Lotus Notes クライアントから、ID ボールトへの ID ファイルのアップロード

• 既存環境へ ID ボールト機能を適用後、全ユーザー(サーバー初回アクセス時) でアップロード処理が起こる

ID ボールトサーバー (Lotus Domino)

Vault

自動アップロード

ID ID

利用者

②サーバーへ アクセスする

②サーバーへ アクセスする

①ボールト DB には、

まだ ID ファイルが 存在していない

①ボールト DB には、

まだ ID ファイルが 存在していない

③ID ファイルが自動的 にアップロードされる

③ID ファイルが自動的 にアップロードされる

ID ボールトの動作概要② 〜その後のダウンロード〜

ƒ

ID ボールトから、ID ファイルをダウンロードする機能

新規端末セットアップ時・ローカル ID ファイル破損時などに ID ファイルをダ ウンロードする

パスワードリセット時も、ID ボールトからの再ダウンロードとなる

ID ボールトサーバー (Lotus Domino)

Vault

ダウンロード

ID

利用者

新規端末 ID, Password

①新規端末のセットアップ時に、

ユーザー名とパスワードを入力

①新規端末のセットアップ時に、

ユーザー名とパスワードを入力

②ボールト DB の ID と

パスワードが一致しているた めダウンロードを許可

②ボールト DB の ID と

パスワードが一致しているた めダウンロードを許可

ID

96

Lotus iNotes、Lotus Notes Travelerでも IDボールトが利用可能

ƒ

メールDB中に格納したIDファイルとIDボールト内のIDファイルの自動同期が可能

メールDBにIDファイルがなければ、IDボールトから自動コピー。逆も同様。

メールDB、IDボールト上のIDファイルの更新は、双方向で同期。

ƒ

暗号化メール、メール回収機能、DOLSが利用しやすくなる

初期IDファイルの取り込みが簡単

パスワード変更時のIDファイル再取り込みが不必要

メールDB

IDファイル同期

IDファイル同期

IDボールト

New

暗号化メール

8.5.1

IDボールトによるコスト削減

〜 仮想5,000ユーザー環境での試算 〜

ユーザー数

パスワード忘れ頻度

1回あたりのヘルプデスク対応時間 1回あたりのユーザー作業停止時間 単位時間あたりの作業コスト

年間総コスト

回/年 時間 時間 万円 5,000

0.2 0.5 3 0.3

1,050

万円

Lotus Notes 8.5 共有ログイン機能

ƒ

Notes ID のパスワードを入力せずに Windows の認証をもって Notes  Client にログオンする機能

ID ファイルはパスワード解除され、Windows のデータ保護機能 (Microsoft DPAPI)で暗号化される

従来の「Notes シングルログオン」 機能のようなパスワード同期処理は 不要

Lotus Notes ユーザー ユーザー ID ファイル (user.id)

1. パスワードを解除

2. Windows の認証情報 を使って暗号化

1. パスワードを解除

2. Windows の認証情報 を使って暗号化

従来の Notes シングルログオンと Notes 共有ログインの比較

password password

【Notes シングルログオン】(従来から提供)

Windows パスワードと Lotus Notes のパスワードの同期をとる機能

※Windows または Lotus Notes パスワード変更時に他方を自動的に変更

同期

ID

【Notes 共有ログイン】(Lotus Notes/Domino 8.5 の新機能)

Lotus Notes のパスワードではなく、Windows の認証をもって Lotus Notes にログオンする機能

password password ID

同期

×

×

Windows 認証により、暗号化された Notes ID が復号され Lotus Notes  クライアントから利用可能となる

2つのパスワードが完全に同期

された状態を維持するのが大変

共有ログイン利用で得られる効果 〜TCO削減と利便性向上〜

ƒ

ユーザー/管理者にとって、管理すべきパスワードが Windows パスワード1つに なる

ƒ

シンプルな仕組みのため、維持・管理が容易

Notes ID にはパスワードが存在しないため、Windows と Lotus Notesのパ スワードポリシーの不一致は発生しない

パスワード変更は、Windows のみで実施すればよく、これまでのような二重 管理が不要

ƒ

現行からの移行が非常に簡単

ポリシーの適用のみ

ID ボールト機能との併用も可能

ユーザー ID のパスワードの運用・保守の簡素化が可能

ローミング機能拡張

ƒ

Lotus Notes スタンダード版へのローミング対応

プラグイン情報、ユーザープリファレンス、Feed情報が追加で対象となる

ƒ

ファイルサーバーローミングの提供

ローミング用にLotus Domino サーバーを構築する必要がない

動的ポリシーでの制御が可能

Windowsクライアントのみのサポート

ƒ

IDボールト機能と共に利用可能(利用を推奨)

グループ文書管理の拡張

ƒ

グループ文書の自動メンテナンス機能

ホームサーバー毎に自動的にグループ文書を作成・更新

テキストフィールドの制限(32KB)を考慮し、サブグループを自動生成

使用例

• ホームサーバー毎のアクセス制御

• ホームサーバー毎のメールポリシー適用

• ホームサーバー毎のサーバーメンテナンス情報のメール配信

グループ管理の拡張

ƒ

動的ポリシーの提供

ポリシー文書に対して、グループを指定可能

従来よりも柔軟なポリシー運用が可能

In document untitled (Page 83-110)

Related documents