5.1は iPhone, iPod Touch をサポート

In document untitled (Page 49-73)

- iPhone, iPod Touchに適合

Traveler 8. 5.1は iPhone, iPod Touch をサポート

メール カレンダー コンタクト

8.5.1

50

Traveler 8.5.1は iPhone, iPod Touch をサポート

ƒ

Traveler 8.5.1は、Exchange ActiveSync プロトコルをサポート

iPhone OSが持つExchange ActiveSync機能でTravelerサーバーと接続

Iphone上には何もインストールする必要なし

サポートデバイスは、iPhone, iPhone 3G, iPod Touchのみ

ƒ

メール、カレンダー、コンタクトを双方向同期

Pushに対応

iPhone上の制限がそのまま適用

• 添付ファイルは1MBまで、フォルダ未対応、ドラフト保存、暗号化メール、etc

ƒ

リモートワイプに対応

8.5.1

51 Trusted Domain

DMZ

Firewall

Firewall

Lotus Domino mail servers (7.0.2+) Lotus Domino 8.5.1 with

Lotus Traveler service

Notes RPC TCP Port 1342 HTTPS protocol

TCP Port 443

Trusted Domain DMZ

Firewall

Firewall

HTTPS protocol TCP Port 443

Traveler inside DMZ

Lotus Mobile Connect with SSL passthru (or other authenticating proxy)

Lotus Mobile Connect with SSL passthru

HTTPS protocol TCP Port 443

Lotus Domino 8.5.1 with Lotus NotesTraveler service To Lotus Domino mail servers (7.0.2+) VPN Appliance

Trusted Domain DMZ

Firewall

IPSEC VPN (e.g.) Cisco

Firewall

HTTPS protocol TCP Port 443

To Lotus Domino mail servers (7.0.2+)

Lotus Domino 8.5.1 with Lotus NotesTraveler service IPSEC

Lotus Notes Traveler 8.5

ƒ

デバイス側のセキュリティ強化

ポリシーにより、デバイス側のセキュリティ設定をコントロール可能

デバイス紛失時に、管理者がデバイスのデータを消去可能

消去オプション: 工場出荷時に戻す、Traveler関連データの消去、全て消去

– Travelerを利用できるユーザーを指定可能

ƒ Domino Administratorから各種デバイスの情報を取得可能

ƒ

リッチテキストのサポート(Windows Mobile 6 のみ)

ƒ

メール送信時に、Dominoディレクトリからユーザーを検索可能

53

メールのモバイルアクセス機能比較

自動同期を利用している場合は悪い。手動同期や電池低下時の自動 同期抑制機能によって回避は可能。

アクセス頻度に依存。

デバイスの電池の持ち

管理者がリモートからデバイス上のデータを消去可能。

キャッシュも含め、データがデバイスに 残らないので問題なし。

デバイスセキュリティ

残る デバイス上のデータ残有無 残らない

オフライン利用可否 不可

同期アクセス リモートアクセス

アクセスタイプ

不要 必要

デバイスへのインストール 不要

ほぼリアルタイムで可能。

自動同期 不可

メール

カレンダー(リスト、日、月) アドレス帳

メール

カレンダー(日、週、月、年) アドレス帳

タスクリスト ノートブック メール

カレンダー (1日表示のみ、読込の み)

アドレス帳 利用可能機能

iPhone, iPod Touch Windows Mobile 5.0/6.0/6.1

iPhone, iPod Touch 対応デバイスプラットフォーム

Lotus Notes Traveler iNotesウルトラライトモード

比較項目

8.5.1

本資料の内容

ƒ

Lotus Notes/Domino 8.5 機能拡張概要

ƒ

クライアント機能拡張

Lotus Notes

Lotus iNotes

Lotus Notes Traveler

ƒ

アプリケーション開発機能拡張

ƒ

サーバー機能拡張

ƒ

まとめ

54

Lotus Domino Desiger 8.5 拡張点概要

ƒ

Eclipse上に実装

オープンなWeb開発環境への対応

Look & Feel を開発ツールのデファクトと統一

優れたスクリプト記述機能

プラグインによる開発環境の拡張性

Lotus Domino Desiger 8.5 拡張点概要

ƒ

新しい設計要素

“XPage”

の提供

リッチなユーザーインターフェースの開発を容易にする

– JSF(Java Server Faces)をベースに機能拡張

ユーザーインターフェースをタグで簡単に記述する仕組み。

– UIコンポーネント

入力値のバリデーション、コンバージョン – JavaBeanとの連携

ページ移動

XPageを解釈・処理するサーブレットが内部的に実装されている。

拡張子”xsp”が付くリソース要求に対して動作

> 例) http://myserver/mydb.nsf/mypage.xsp

– CSS, Ajax, Dojo 対応

ノンプログラミングで開発可能。

HTML, CSS, XML, Java, JavaScript, Dojo, JSP, JSFなどの知識がなくてもOK。

Lotus Domino Desiger 8.5 拡張点概要

ƒ

Dojoの提供

Dojoとは、JavaScriptを拡張するJavaScriptライブラリー

リッチテキストエディターなどのUIコントロールを提供

• Ajaxに対応したコントロールを提供

XPage上でコントロールをドラッグ&ドロップで配置して開発

ƒ

サーバーサイドスクリプト言語の提供

サーバーサイドJavaScript

• JavaScriptのインタープリターをサーバ上に実装

• @関数を呼び出し可能

• Javaプログラムとのブリッジ –

シンプルアクションによる開発

EmpNameEn=Document.getItemValueString("EmpNameEn");

nameKanji=@DbLookup(@DbName(),"vEmpByName",EmpNameEn,3);

EmpNameEn=Document.getItemValueString("EmpNameEn");

nameKanji=@DbLookup(@DbName(),"vEmpByName",EmpNameEn,3);

Lotus Domino Desiger 8.5 拡張点概要

ƒ

より加工のしやすいHTMLの生成

データベースプロパティで指定。

– HTML中にclass属性が付与されるようになり、CSS対応しやすくなった。

<table class="domino-view"border="0" cellpadding="2" cellspacing="0">

<trclass="domino-view-colhead"><th nowrap="nowrap" align="left"><b><font

size="2">&#31038;&#21729;&#30058;&#21495;</font></b></th><th nowrap="nowrap"

align="left"><b><font size="2">&#31038;&#21729;&#21517;</font></b></th></tr>

<tr valign="top" class="domino-viewentry"><td nowrap="nowrap"><img width="16" height="1"

src="/icons/ecblank.gif" border="0" alt="" /><a

href="/test85.nsf/e6b54b364318f08a492574c50000b58a/ff97954f29b55930492574c500019958?O penDocument">AA261966</a></td><td nowrap="nowrap">&#22823;&#24029;

&#23447;&#20043;</td></tr>

例) ビューのHTML出力

Eclipse対応

ƒ NSFは仮想ファイルシステムとして扱い、Package Explorerビューに表示。

ƒ

レイアウトはダイナミックに変更可能

ビュー、エディターの表示、非表示、レイアウト変更

ビューをデタッチして別ウィンドウで表示

ƒ

パースペクティブへの対応

パースペクティブとは、エディタ、使用するビュー、レイアウトの組み合わせ のこと。

パースペクティブの切替によって、開発者、開発フェーズに合わせたイン ターフェースを使用することが出来る。

ƒ Eclipseの持つ様々なエディターを利用可能 – JavaScript, Java, XML, CSS

– LotusScriptエディターを追加

60

Eclipse 対応 〜 ビューとエディター

ビュービュー

ビュービュー

エディター エディター

ビュービュー

ビュービュー

Eclipse対応

Eclipse利用者であれば、違和感なく利用できる。

Eclipse

Eclipse利用者であれば、違和感なく利用できる。利用者であれば、違和感なく利用できる。

Eclipse対応

従来型インターフェースでの開発も可能

従来型インターフェースでの開発も可能

従来型インターフェースでの開発も可能

新しい設計要素 “XPages” の提供

ƒ

リッチなWeb2.0ユーザーインターフェース開発を容易にする

– 複雑なAjax、JavaScript、Dojoなどのコーディングを隠蔽し、ノンプログラミングで開発可能 – HTML, CSS, XML, Java, JavaScript, Dojo, JSP, JSFなどの知識は必須ではない

– 使いやすいインターフェースにより、アプリケーションを利用するエンドユーザーの生産性を高

める。

64

XPage 〜 7.0 Discussion Template

65

XPage ~ 8.5 Discussion Template

タグ・クラウド

タグ・クラウド 本文概要の

Expand/Collapse 本文概要の Expand/Collapse ビュー部分だけを

リフレッシュ ビュー部分だけを

リフレッシュ

CSSによる 色合いの統一

CSSによる 色合いの統一

XPages 〜 コントロール

ƒ UIコントロールの提供

– Controlsビューからエディターにドラッグ&ドロップで貼り付ける。

– ビルトインコントロール

ƒ カスタムコントロール

– ビルトインコントロールを組み合わせたりして、独自にコントロールを作成可能。

XPagesによるAjaxタイプアヘッドの開発例

アルファベットを入力すると、候補となる社 員のローマ字がリストされるタイプアヘッド をエディットボックスに定義する。

アルファベットを入力すると、候補となる社 員のローマ字がリストされるタイプアヘッド をエディットボックスに定義する。

ダイアモンド・ボタンをクリックする と、計算式の入力ボックスが開く。

ダイアモンド・ボタンをクリックする と、計算式の入力ボックスが開く。

・@DbColumnで、ローマ字列を全て取っ てくるようにコーディング。

・候補のマッチングは自動的に行われる。

・サーバーサイドで実行されるように指定。

・@DbColumnで、ローマ字列を全て取っ てくるようにコーディング。

・候補のマッチングは自動的に行われる。

・サーバーサイドで実行されるように指定。

XPages 〜 データとUIの分離

ƒ

データとUIの分離により、新たなユーザー体験を提供

„複数サーバー、複数DB上の ビュー、文書が対象

„データは、ビュー、文書以外 にもRDBなど順次拡張予定

„様々なデータを自由度の高い レイアウトで統合して表示

„今まで構築が難しかった アプリケーションが実現可能

70

XPagesがLotus Notesクライアント上で稼動可能 8.5.1

71

XPagesでハイブリッドアプリケーションを容易に実現

ƒ

バージョン 8.5.1 から、Lotus Notesクライアント上でXPagesアプリケーションがそのまま稼動します。

ƒ

WebブラウザーとLotus Notesクライアントの両方から利用するハイブリッドアプリケーションが容易に構 築可能です。

ƒ

タグクラウドなどのWeb 2.0的なインターフェースをLotus Notesクライアントで利用可能です。

Notes DB

Lotus Notes クライアントでのXPages表示 WebブラウザーでのXPages表示

• NotesのプロトコルであるNRPCでサーバーにアクセスします。

• Notes IDファイルでログインしていれば、Webパスワードを入力する必要ありません。

ローカルレプリカで、オフラインアクセスが可能です。

8.5.1

72

DBの起動プロパティでXPagesを指定するだけで稼動 8.5.1

73

通常のクライアント・サーバー間の動作が、クライアント内で行われている

Web Container

XPages UI Container Embedded XUL Runner

NSF 1 NSFにはXPages起動オプションが指定されている。

2 NSFがオープンされると、このURLがXPages UI containerに渡される。

3 containerは、次にURLを

XULRunner のインスタンスを作成

Web containerにリクエストを送信

4 Web containerは全てのXSPリクエストをXPages runtimeに渡す。

5 XPages runtime はページをレンダリングし、XULRunner に渡す。

動作原理

XPages Runtime

NSF

In document untitled (Page 49-73)

Related documents