credentials user-name password no credentials user-name

In document コンテント スイッチング モジュール コマンド (Page 179-182)

構文の説明

デフォルト このコマンドにデフォルトの設定値はありません。

コマンド モード

SLB XML

コンフィギュレーション サブモード

コマンド履歴

使用上の注意事項

credentials

コマンドを

1

つまたは複数指定すると、

Content Switching Module

CSM;

コンテントス イッチング モジュール)HTTPサーバがユーザ アクセスを認証します。

例 アクセスのためのユーザおよびパスワード証明書を指定する例を示します。

Cat6k-2(config-slb-xml)# credentials savis XXXXX

関連コマンド

client-group(XML

サブモード)

xml-config

user-name

証明書のユーザ名です。

password

証明書のユーザのパスワードです。

リリース 変更内容

3.1(1)

このコマンドが採用されました。

2章 コンテント スイッチング モジュール コマンド

inservice(XMLサブモード)

inservice XML サブモード)

Content Switching Module(CSM;

コンテント スイッチング モジュール)で

XML

を使用できるよう にするには、

Server Load Balancing

SLB;

サーバロードバランシング)

XML

コンフィギュレーショ ンサブモードで

inservice

コマンドを使用します。このコマンドを指定しなかった場合、

XML

は使 用されません。

XML

をディセーブルにする場合は、このコマンドの

no

形式を使用します。

inservice no inservice

デフォルト このコマンドにデフォルトの設定値はありません。

コマンド モード

SLB XML

コンフィギュレーション サブモード

コマンド履歴

XML

をイネーブルにする例を示します。

Cat6k-2(config-slb-xml)# inservice

関連コマンド

xml-config

リリース 変更内容

3.1(1)

このコマンドが採用されました。

2章 コンテント スイッチング モジュール コマンド

port(XMLサブモード)

port XML サブモード)

Content Switching Module(CSM;

コンテント スイッチング モジュール)HTTPサーバが待ち受ける

TCP

ポートを指定するには、

Server Load Balancing

SLB;

サーバロードバランシング)

XML

コン フィギュレーションサブモードで

port

コマンドを使用します。ポートを削除するには、このコマ ンドの

no

形式を使用します。

port port-number no port

構文の説明

デフォルト デフォルトはポート

80

です。

コマンド モード

SLB XML

コンフィギュレーションサブモード

コマンド履歴

例 サーバの

TCP

ポートを指定する例を示します。

Cat6k-2(config-slb-xml)# port 80

関連コマンド

client-group(XML

サブモード)

port-number CSM

ポートを設定します。

リリース 変更内容

3.1(1)

このコマンドが採用されました。

2章 コンテント スイッチング モジュール コマンド

vlan(XMLサブモード)

vlan XML サブモード)

指定された

VLAN

(仮想

LAN)からの接続だけを受け付けるように Content Switching Module

(CSM;

コンテントスイッチングモジュール)

HTTP

サーバを制限するには、

Server Load Balancing

SLB;

サーバロードバランシング)

XML

コンフィギュレーションサブモードで

vlan

コマンドを使用しま す。すべての

VLAN

を受け付けることを指定する場合は、このコマンドの

no

形式を使用します。

vlan id

In document コンテント スイッチング モジュール コマンド (Page 179-182)

Related documents