• 検索結果がありません。

3%であるのに対し、非正社員はいずれも 22%超であり、特に派遣労働者は 26.7

ドキュメント内 Microsoft Word  001 表紙原稿.doc (ページ 97-101)

(c)介護制度の「負担と給付」について

は正社員が 15. 3%であるのに対し、非正社員はいずれも 22%超であり、特に派遣労働者は 26.7

図表 4-10 地域・市民活動に参加した感想:協同組合の活動(Q12×性・年代) (%)

N

たく知り合え 社会や立つきた

自分

とな

生きが

を感

たより大

内容

人間 関係が

その

TOTAL 64 48.4 28.1 25.0 9.4 14.1 7.8 1.6 0.0

男性 30-39 歳 7 42.9 42.9 42.9 0.0 28.6 0.0 0.0 0.0

男性 40-49 歳 8 62.5 25.0 25.0 0.0 12.5 0.0 0.0 0.0

男性 50-59 歳 13 46.2 38.5 30.8 30.8 15.4 15.4 0.0 0.0

女性 30-39 歳 8 50.0 12.5 12.5 0.0 12.5 25.0 0.0 0.0

女性 40-49 歳 11 45.5 36.4 9.1 9.1 9.1 0.0 9.1 0.0

女性 50-59 歳 17 47.1 17.6 29.4 5.9 11.8 5.9 0.0 0.0

図表 4-11 地域・市民活動に参加した感想:労働組合の活動(Q12×性・年代) (%)

N

たく

り合 社会や立つきた

自分

とな

生きが

を感

たより大

内容

人間 関係が

その

TOTAL 164 39.6 23.2 29.3 9.8 25.6 17.7 1.2 2.4

男性 30-39 歳 37 40.5 16.2 21.6 8.1 35.1 21.6 0.0 0.0

男性 40-49 歳 47 38.3 19.1 40.4 6.4 27.7 27.7 0.0 2.1

男性 50-59 歳 28 50.0 35.7 10.7 10.7 17.9 7.1 3.6 0.0

女性 30-39 歳 16 31.3 25.0 37.5 6.3 12.5 18.8 0.0 18.8

女性 40-49 歳 11 36.4 9.1 36.4 0.0 36.4 9.1 0.0 0.0

女性 50-59 歳 25 36.0 32.0 32.0 24.0 20.0 8.0 4.0 0.0

図表 4-12 地域・市民活動に参加していない理由(Q13×性・年代) (%)

N 仕事や

学業 しいから 育児、護、家事

などで忙しいか

いから 身近

がないから 一緒

仲間が

人間関

しいから 金銭的な余裕がないから 家族や

解がないから

参加 るこ 伴う責

が負

だから 興味 参加したくない その

参加 う活

ない

TOTAL 3213 44.6 9.2 17.6 19.7 18.1 24.2 18.4 1.8 11.4 25.7 15.0 1.5 10.9

男性 30-39 歳 652 49.5 10.9 19.8 17.2 18.4 17.5 15.5 1.8 10.6 25.0 14.9 1.4 12.9

男性 40-49 歳 585 46.5 4.8 14.7 14.7 14.4 23.6 16.9 1.4 10.8 25.1 15.6 1.5 10.9

男性 50-59 歳 453 45.3 2.0 15.7 17.4 14.6 27.8 16.1 2.0 10.4 27.4 16.3 1.3 8.4

女性 30-39 歳 580 41.9 17.2 21.6 22.9 24.1 21.9 17.2 1.6 11.2 24.3 13.1 1.4 12.4 女性 40-49 歳 524 42.4 10.5 16.0 22.3 17.6 30.7 23.1 2.3 12.4 27.1 16.8 2.3 10.3

女性 50-59 歳 419 40.3 8.1 16.9 25.1 18.6 26.5 23.4 2.1 13.6 26.3 13.4 1.2 9.3

%と高い。

以上について、一定層が「身近に活動の場がないから」「一緒に参加する仲間がいないから」

「十分な情報がないから」と回答しており、地域・市民活動への参加のきっかけを考える上で重 要な含意をもっているといえよう。

⑥ 今後参加したい活動分野

回答者全員に対して今後参加したい活動分野を

3

つまであげてもらった。2位以下を

7

ポイン トほど引き離してもっとも多かったのは「文化・スポーツ・芸術」で

28.9%(前回は 33.3%)、次

いで

2

割程度の回答であったのが「まちづくり」22.2%(25.6%)、「自然・環境保護」

20.4%(23.9

%)、以下「防災・災害援助」15.9%、「子育て・教育」15.5%、「食の安全・安心、食育」15.2

%、「福祉関係(高齢者や障害者介護など)」13.5%、「国際交流・国際協力」10.9%、「地域安 全・交通安全」9.9%、「経済的に困った人への支援」3.6%と続く。これに対し

24.1%が「どれ

にも参加したくない」と回答した。

「どれにも参加したくない」が前回調査では

17.8%であり、6

ポイントほどの増加となった。これ に対し、「防災・災害援助」を除くすべての活動で参加したいとの回答比率が減少しており、特に「福 祉関係」の回答比率が

6

ポイントほど低下し、順位も

4

位から

7

位に落ちている点が気にかかる。

図表 4-13 地域・市民活動で参加したい分野(3 つまで選択)(Q14×性・年代) (%)

N

福祉関係(高齢

ど)

人への支援 食の安全・安食育 まちづ 文化ポーツ・芸術 自然境保護 防災・災害援 地域安全 子育て 国際交流国際協 その

たくない

TOTAL 4680 13.5 3.6 15.2 22.2 28.9 20.4 15.9 9.9 15.5 10.9 0.6 24.1

男性 30-39 歳 818 8.8 4.0 10.3 25.9 30.4 17.1 15.9 8.4 16.3 6.7 0.4 30.0

男性 40-49 歳 835 9.7 3.6 10.5 28.0 30.3 20.8 19.3 12.5 10.4 8.3 0.5 25.9

男性 50-59 歳 722 10.5 3.6 9.0 29.2 29.5 25.2 24.7 15.9 7.6 8.2 0.3 20.2

女性 30-39 歳 770 14.3 3.0 19.0 18.7 27.5 19.2 10.4 5.6 25.3 14.9 0.4 24.3

女性 40-49 歳 806 16.9 4.5 19.5 16.4 26.4 18.4 12.5 7.2 18.6 15.9 0.9 24.3

女性 50-59 歳 729 21.8 2.9 23.6 14.4 29.4 22.6 13.2 10.3 14.7 11.5 1.4 18.9

属性別に見ると、参加したい活動分野は男女でかなりの差が見られ、男性の方が

8~11

ポイン ト程度高かったのは「まちづくり」と「防災・災害援助」で、反対に女性の方が

8~10

ポイント 高かったのは「食の安全・安心、食育」「子育て・教育」「福祉関係」である。

年代別では、「福祉関係」で年代が高くなるほど、「子育て・教育」で年代が低くなるほど回 答比率が上昇し、「どれにも参加したくない」は

50

代に比べ

30、40

代で高く、男性

30

代は

30.0

%である。

世帯年収別の特徴としては、年収の低下とともに回答比率が上昇しているのが「福祉関係」と

「どれにも参加したくない」で、年収

300

万円未満層の前者の回答割合は

17.8%、後者は 27.1%

である。

(2) 協同組合について

① 社会において果たしている役割

まず、社会の問題の解決や暮らしの向上に熱心に取り組んでいる団体はどれだと思うかについ て選択肢の中から

3

つを回答してもらったところ、40.6%が「地方自治体」、32.7%が「NPO 法 人」、26.3%が「町内会・自治会」、18.3%が「国・政府」という結果となり、「協同組合」は 労働組合の

6.1%より低く 4.6%であった。

属性別の特徴としては、男女間で違いが見られたのは「国・政府」で男性の方が

6.5

ポイント 高く、反対に「NPO法人」は女性の方が

4

ポイント高い。「協同組合」は女性の方が

2

ポイント

高く

5.6%である。世帯年収別では、「地方自治体」の回答割合が年収の低下とともに減少する

傾向が見られ、年収

300

万円未満層では

35.0%である。

図表 4-14 社会問題の解決や暮らし向上に熱心に取り組む団体(Q15×性・年代) (%)

N

国・政府 地方自治体 大手企業 中小企業 財団団法 協同組 労働組合 NPO法人 町内会自治会 その

TOTAL 4680 18.3 40.6 11.4 8.5 7.6 4.6 6.1 32.7 26.3 7.9

男性 30-39 歳 818 21.9 41.0 14.4 12.2 7.6 3.2 5.6 26.9 23.0 7.2

男性 40-49 歳 835 22.0 37.7 10.7 8.5 7.2 3.6 5.5 32.8 26.8 8.5

男性 50-59 歳 722 20.5 44.6 9.3 6.5 7.1 3.7 6.4 32.8 26.6 8.4

女性 30-39 歳 770 13.1 41.7 10.4 10.9 6.6 5.2 7.0 31.0 28.8 6.2

女性 40-49 歳 806 13.6 35.2 13.3 7.4 7.2 5.5 5.6 33.1 28.3 10.3

女性 50-59 歳 729 18.4 44.4 9.9 5.1 10.0 6.3 6.9 40.5 24.4 6.9

② 協同組合加入状況

「加入しているものはない」という回答が

49.5%であり、これは『協同組合調査』結果とほぼ

同様である。反対にいえば

5

割の者が何らかの形で協同組合と関わりを持っているということに なる17

17

属性別の特徴としては、男女の年代別では、「加入しているものはない」は年代が低くなるに 従い上昇し、30代では

6

割を超える。

世帯年収別では、年収の上昇に伴い「加入・利用」の回答割合が、一方、年収の低下とともに「加 入しているものはない」の回答割合が、各々概ね上昇し、年収

300

万円未満層の未加入率は

60.1%に

及ぶ。

就業形態別では、正社員に比較し「アルバイト」「契約社員」「派遣労働者」の「加入してい るものはない」の回答割合が高く、派遣労働者では

64.9%に達する。

興味深いことに、都市部と地方部とでは「加入・利用」回答比率に開きが見られ、都市部に比 べ地方部の同回答比率が

8.5

ポイント高くなっている。

図表 4-15 協同組合加入・利用状況(Q17×性・年代、世帯年収、就業形態、都市部・地方部)

50.5 37.4

47.1 60.7 39.6

52.7 67.9 39.7

40.1 45.3

48.1 58.2 55.3

58.3 59.4 57.2 54.6

59.7 54.0 40.5

49.7 56.8 41.5

45.9 35.1

67.9 56.8 53.8

56.0 44.7

49.5 62.6

52.9 39.3 60.4

47.3 32.1 60.3

59.9 54.7

51.9 41.8 44.7

41.7 40.6 42.8 45.4

40.3 46.0 59.5

50.3 43.2 58.5

54.1 64.9

32.1 43.2 46.2

44.0 55.3

0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100%

TOTAL n=4680 男性30-39歳n=818 男性40-49n=835 男性50-59歳n=722 女性30-39歳n=770 女性40-49歳n=806 女性50-59歳n=729 世帯年収200万円未満

~300万円未満n=387

~400万円未満n=523

~500万円未満n=590

~600万円未満n=514

~700万円未満n=465

~800万円未満n=415

~900万円未満n=276

~1000万円未満n=243

~1200万円未満n=229

~1500万円未満n=144 1500万円以上~n=71 わからないn=580 正社員n=2748 パートタイマーn=998 アルバイトn=205 契約社員n=305 派遣労働者n=174 嘱託n=28 会社役員n=132 自営業・内職n=65 その他n=25 都市部 6都道府県n=1505

加入・利用者 未加入・未利用者

③ 協同組合の認知度等

(a)協同組合全般の認知度

協同組合全般に関する認知度は、「よく知っている」2.4%、「知っている」8.7%、「だいた い知っている」23.6%が合わせて

34.7%、「聞いたことはある」が 48.0%、「知らない」が 17.3

%である。この結果は『協同組合調査』とほぼ一致する。

属性別に、前三者の「知っている」層を見ると、男女間では男性の方が

7.5

ポイント高く

38.4

%、年代別では年代の上昇とともに認知度が上がっている。世帯年収別では、概ね年収が上がる に従って認知度も上昇している反面、「知らない」の回答比率は年収の低下とともに高まり、年 収

300

万円未満層では

20.8%である。

ドキュメント内 Microsoft Word  001 表紙原稿.doc (ページ 97-101)