• 検索結果がありません。

H27.3

H27.3 H27.1

H26.1

交流 点施設用地周辺図 図

MICE

•企業等 会議

Meeting

•企業等 行う報奨 研修旅行

Incentive Travel

•国際機関 団体 学会等 行う国際会議

Convention

•展示会 見本市 ベ

Exhibition/Event

頭文 あ 多く 集客交流 見込

ベ 総称

大 経済効

主催者 参加者等 消費 広い 波及

ベ ョン機会 創造

企業や学会 関係者 ッ ワ 新 い ョ を呼び込

都市 競 力 ン 力向上

人や情報 流通 ッ ワ 構築等 や研究環境 向 都市 競争力 向

MICE た 効果

歴史 和 夜景 食 個性あ 地域資源 豊富

都市 い魅力 長崎 あ 強 を最大限 活 せ

外貨を獲得 た 新 あ

長崎 世界都市 競争力を高 た 手段 あ

従来 観光客 や学術 従事 新た 来訪者を増や 新た チャ 外貨 獲得を図

MICE事業 世界都市 いう 実現 貢献

MI 長崎 活性化させ 有力 手段

長崎 け MI 必要性

出典: 成23 度 コ ベ 調査結果報告書

1位:

科会場 少 い

37%

2位:近く

駐車場

33%

3位:長崎市

交通 悪い

26%

長崎市 問 点

1位:会場

施設 規模や機能

85%

2位:会場

施設 場所

54%

3位:参加者

交通 便

40%

開催地決定 際 視

1位:非検討 非開催 52%

2位:検討 非開催 42%

3位:検討

開催

6%

長崎市 開催検討 実績

1位: 能性 高 40%

2位:わ

33%

3位:不明 27%

施設整備 開催 能性

施設面 不備

主催者 問 意識 将来 開催可能性

長崎市 開催 大 課

・ C ホテル運営事業者 建設事業者 つい 長崎

ポテンシ ャルを評価し

参画意欲も高い

・対話型市場調査 おい MICE施設部分 規模・機能 事業費 民間収益施設 案 今後検討し いく方針を一定整理す こ

・民間収益施設 機能 規模 具体的 内容 検討す 内容 重要 部分 おけ 具体的 提案 つい 今後 さ 公募段階 明確 し も う必要 あ

・ホテル

所有 つい 確認や事業 採算性

懸念等 つい 整理をす 必要 あ

事業者を公募 選定したうえ 具体的 案 つい 議論し そ 内容を判断す 必要 あ

成果

対話型市場調査結 総括

MICE機能

MICEを開催 施設

民間収益施設

多く 人たち 利用 施設

交流 点施設用地 活用方針

最 域外 交流人口 大効果や経済波及効果 検証 長崎市 目指 交流 産業化 方向性 整合性

例: 機能 会議室等 例: 商業 飲食等

MI 機能 中核 た複合施設(案)

コ ベ 学会 大会 総会

展示 展示会 見本市 各種 ベ

会議室 科会 各種講演会 研修会

土間形式

3,000㎡程度

天井高を10m以 を確保

様程度 壁 天井

建築音響を満足 構造

土間部 遮音性能 あ 移動間

2室以

客席数

3,000人程度 着席 能

客席 土間席 段床席を組 合わせ

演劇等 た 演出 機能 必要

 1

土間形式 高さ 梁

8m程度

天井高12m程度

有効展示面積4,000㎡ 室 間 移動間

展示室

5ton/㎡ 床荷

を確保 直接搬入

車両 乗 入

舗装 様程度

合わせ 適宜 ッ を設 電源 通信 給排

設備 利用 能

 20室程度 計2,500㎡程度

形式 タ 形式 形式等

た移動間 多様 会議室需要 対

利用ニ を想定 各室 規模 室数等を設

ェ タ

明 音響 ッ ワ 対応等 設備を設置

都市 を図 地域 賑わい 活 力を生 出 民間収益施設を民間事業者 独立採算

実施

想定さ 用途

駐車場 商業 飲食 施設 写真

く び メッ 島根県 写真

沼津市

写真 福岡国際会議場

駐車場

 300

駐車 能 自走式 駐車場

民間収益施設

MICE機能 中核 た複合施設 案 概要

成 34 の新幹線開通のタイミン を 逃すことなく事業を進め ことが重要

交流 点施設 検討 ケ ュ 案

関連したドキュメント