• 検索結果がありません。

(1) (1) (1) (1) 健康発達学部食健康学科健康発達学部食健康学科健康発達学部食健康学科健康発達学部食健康学科

食健康学科の学外における実習は、管理栄養士の資格を取得し、資質向上 を図るための臨地実習である。学内における講義や実習で修得した知識と 技術をもとに、実践活動の場における課題発見と、栄養評価・判定に基づ く適切な栄養マネジメントの実際を通して専門的知識と技術の統合を図る とともに、管理栄養士の自覚と役割について理解を深めることを目的とす る。

また、これとは別に、栄養教諭一種免許状の取得希望者向けの「学校栄養 教育実習」を配置する。

いずれの実習科目も、前提となる授業を修了した後に、少人数のグループ で実施することにより、教育効果を高めることとする。

① 実習の構成実習の構成実習の構成実習の構成

臨地実習については、給食経営管理論、臨床栄養学、公衆栄養学、食育 の各分野について幅広く学ぶこととし、管理栄養士資格取得のための必修 科目と選択科目を配置する。

アア

アア 必修科目必修科目必修科目必修科目

給食経営管理論については、給食経営に関連する様々な資源を総合的 に判断し、栄養面、安全面、経済面等全般のマネジメントを行う能力を 養うため、「臨地実習Ⅰ(学校給食センター)」(1単位)を2年次4学期 に、学校給食センターにおいて1週間行う。これには、給食業務を行う ために必要な、食事計画や調理を含めた給食サービス提供に関する技術 を修得するための「給食の運営」を含む。

臨床栄養学については、疾病者の病態や栄養状態の特徴に基づいた適 正な栄養管理を行うための能力を養うため、「臨地実習Ⅱ(病院)」(2単 位)を3年次4学期に病院において4週間行う。

公衆栄養学については、地域や職域等における保健・医療・福祉・介 護システムの栄養関連サービスに関するプログラムの作成・実施・評価 をマネジメントする能力を養うため、「臨地実習Ⅲ(保健所)」を3年次 の2学期から3学期までの間に保健所等において1週間行う。

イ イ イ

イ 選択科目選択科目選択科目選択科目

臨床栄養学については、高齢者、要支援・要介護者のレベルに応じた 栄養管理の能力を養うため、「臨地実習Ⅳ(福祉施設)」(2単位)を3年 次4学期に、福祉施設において2週間行う。

食育については、子どもの発達段階や障害に応じた食育を行うための 能力を養うため、「臨地実習Ⅴ(保育所・特別支援学校)」(2単位)を3 年次4学期に、保育所又は特別支援学校において2週間行う。

給食経営管理論については、給食経営に関連する様々な資源を総合的 に判断し、栄養面、安全面、経済面等全般のマネジメントを行う能力を 養うため、「臨地実習Ⅵ(給食施設)」(1単位)を3年次4学期に、事業 所等多様な施設において1週間行う。

公衆栄養学については、地域や職域等における保健・医療・福祉・介 護システムの健康・栄養関連サービスに関するプログラムの作成・実施・

評価を総合的にマネジメントする能力を養うため、「臨地実習Ⅶ(保健所)」 を3年次の2学期から4学期の間に保健所において1週間行う(実習内 容によっては不連続実施もある)。

また、栄養教諭一種免許状の取得希望者向けの「学校栄養教育実習」

(1単位)については、4年次1学期から2学期の間に小中学校におい て2週間行う。

ウウ

ウウ 事前事後指導事前事後指導事前事後指導事前事後指導

臨地実習の事前事後指導を行うため「臨地実習事前事後指導」(1単位)

を2年次4学期から4年次1学期までの間に、学校栄養教育実習の事前 事後指導を行うため「学校栄養教育実習事前事後指導」(1単位)を4年 次1学期と2学期にそれぞれ配置する。

エエ

エエ その他その他その他その他

それぞれの実習の概要については、資料資料資料資料36363636のとおりである。実習の効 果を高めるために、1グループ当たりの人数を2人から5人までの少人 数編成とする。

② 実習施設の確保の状況実習施設の確保の状況実習施設の確保の状況実習施設の確保の状況

実習施設の確保については、実習の種類ごとに、施設の目的や規模、現 場の指導体制、施設設備などを考慮して行った。実習施設の一覧について は、資料資料資料資料373737のとおりである。 37

「臨地実習Ⅰ(学校給食センター)」は給食施設として学校給食センター において、「臨地実習Ⅱ(病院)」は自治体、医療法人等が設置者となって いる病院において、「臨地実習Ⅲ(保健所)」は保健所等において行う。こ れらの実習は管理栄養士資格取得のための必修科目であることから、定員 30人全員が履修できる実習施設数を確保している。

「臨地実習Ⅳ(福祉施設)」「臨地実習Ⅴ(保育所・特別支援学校)」「臨 地実習Ⅵ(給食施設)」「臨地実習Ⅶ(保健所)」は、いずれも選択科目であ るが、履修希望者が履修できるよう、定員の半数以上の実習施設数を確保 している。

また、「学校栄養教育実習」は、市町村教育委員会の協力を得て、栄養教 諭を配置し、学校食育に積極的に取り組んでいる学校を選定した。この実 習は選択科目であることから、25人程度の履修を想定し、実習施設を確保 している。

いずれの実習科目についても、県内にある施設を確保し、県内で完結で きる体制を整えている。実践活動の場である学外における実習を県内で行 うことにより、本県の食生活の実態や、栄養と健康の特性を踏まえた栄養 指導・栄養教育、支援の実践ができ、県民の健康長寿を支える人材の養成 につながるものと考えられる。

なお、本学から実習施設に通うことが難しい場合は、自宅から通うこと や、施設での宿泊により対応することとする。

③ 実習指導の体制実習指導の体制実習指導の体制実習指導の体制

実習の種類ごとに、実習担当教員として専任教員を配置し、当該担当教 員が実習計画の立案、実施、評価に責任を持ち、指導に当たる。実習担当 教員は、実習を有意義なものとし、各実習における教育目標を達成するた めに必要な事前学習を行うための「事前指導」と、実習終了後に各自で実 習記録のまとめを行い、報告会等の開催により管理栄養士の役割と具備す べき知識と技術について総合的な理解を深めるための「事後指導」を行う。

臨地実習の「事前指導」については、実習担当の専任教員による全体指 導(専任教員5人による共同)が1回、給食経営管理論(専任教員1人)、

臨床栄養学(専任教員2人による共同)、公衆栄養学・食育(専任教員各1 人による共同)の3つの区分ごとに専任教員と実習施設の実習指導者によ る指導が各1回の計6回とし、「事後指導」については、給食経営管理論(専 任教員1人)、臨床栄養学(専任教員2人による共同)、公衆栄養学・食育

(専任教員各1人による共同)の3つの区分ごとに2回(うちそれぞれ1 回は報告会)の計6回、次年度生を対象とした伝達講習(専任教員5人に よる共同)を1回とする。このほか、実習期間中に訪問指導を実施し、実 習生の意欲を高めるとともに、実習施設の担当者との連携を密にし、事前 指導・事後指導と合わせ、実習水準の確保を図ることとする。

学校栄養教育実習の「事前指導」については、実習担当の専任教員によ る実習の意義や目的、心構えや実習後の提出物などに関する指導が7回、

実習施設の校長や実習指導者による講話等が3回の計10回とし、「事後指導」

については、実習の振返りや課題の提出が2回、報告会と次年度生を対象 とした伝達講習が各1回の計4回とする。

実習計画については、給食経営管理論に1人、臨床栄養学に2人、公衆 栄養学に1人、食育と学校栄養教育実習に1人の専任教員を配置し、実効 性のある計画となっている。

実習の現場においては、実習施設の管理栄養士や栄養教諭が実習指導者 となり、実習担当教員と協力・連携を図り、実習生に指導を行うこととす る。なお、学内の調整機関として、学部長と各実習担当教員からなる「実 習調整委員会」を設置し、実習施設の割当て、実習時期、評価方法等の調 整について、学内で組織的な対応を行うこととする。

④④

④④ 実習施設との連携体制実習施設との連携体制実習施設との連携体制実習施設との連携体制

実習計画の方針、指導体制、指導方法、評価方法などについて、本学と 実習施設で協議するため、本学の実習担当教員と実習施設の実習指導者に よる「実習連絡会議」を設け、両者の連携体制を整備する。実習施設の実 習指導者から、本学の教育理念、教育目標、教育課程、教育方法などにつ いて理解してもらう必要があるため、日ごろから情報の提供と共有を図る ほか、「実習連絡会議」において実習指導者に対する研修を行うこととする。

また、実習施設との連携を強化するため、実習施設の実習指導者から事 前指導の講義を担当してもらうほか、関連する授業について講話をいただ くなどの協力を依頼することとする。