䜿䞊䝇䛾 ᐃ䜢

ドキュメント内 KUGSiKUCA Program (Page 131-138)

ᛶᏊ⧞䜚㏉䛧࿘Ἴᩘ䛿 500[Hz] 䛷䛒䜛䚹

䛧䛶 3 䜿䞊䝇䛾 ᐃ䜢

⾜䛳䛯䚹

䜽䝻䝇䝟䝽䞊䝇䝨䜽䝖䝹ᐦᗘ

࿘Ἴᩘ 100[Hz], 䝟䝹䝇ᖜ 25[ ʅƐ ]

20

-80 -60 -40 -20

1 10 100 1000

Frequency [Hz]

CPSD

[dBVr] Prompt-Neutron Decay Constant D0=2297.3118.3[s-1]

Pulse Repetition Frequency 100[Hz]

Ȱ ߱ ൌ ܣ

ߙ൅ ߱

masked

䜽䝻䝇䝟䝽䞊䝇䝨䜽䝖䝹ᐦᗘ

࿘Ἴᩘ 100[Hz], 䝟䝹䝇ᖜ 25[ ʅƐ ]

21

-80 -60 -40 -20

1 10 100 1000

Frequency [Hz]

CPSD

[dBVr] Prompt-Neutron Decay Constant D0(Peak)=1821.924.1[s-1]

Pulse Repetition Frequency 100[Hz]

Ȱ ߱ ൌ ܣ

ߙ൅ ߱ ܣ ߙ൅ ߱

䜽䝻䝇䝟䝽䞊䝇䝨䜽䝖䝹ᐦᗘ

࿘Ἴᩘ 500[Hz], 䝟䝹䝇ᖜ 6[ ʅƐ ]

-80 -70 -60 -50 -40 -30

1 10 100 1000

Pulse Repetition Frequency 500[Hz]

Frequency [Hz]

CPSD [dBVr]

Prompt-Neutron Decay Constant D0=3528.4㼼382.6[s-1] Ȱ ߱ ൌ ܣ

ߙ൅ ߱

masked

‡ 㐃⥆䠄┦㛵䠅ᡂศ

‡ 䝢䞊䜽䠄㠀┦㛵䠅ᡂศ

䝟䝽䞊䝇䝨䜽䝖䝹 ᐃ⤖ᯝ

䝟䝹 䝹䝇 䝇࿘ ࿘Ἴ Ἴᩘ ᩘ

[Hz]

༶ ༶Ⓨ Ⓨ୰ ୰ᛶ ᛶᏊ Ꮚῶ ῶ⾶ ⾶ᐃ ᐃᩘ ᩘ

ɲ0[s-1]

཯ ཯ᛂ ᛂᗘ ᗘ౯ ౯್ ್

ʌ΀йȴŬ/k]

20 2154.5

197.0 6.16

3.48

100 2297.3

118.3 6.63

2.28

500 3528.4

382.6 10.63

12.26

23

䝟䝹 䝹䝇 䝇࿘ ࿘Ἴ Ἴᩘ ᩘ

[Hz]

༶ ༶Ⓨ Ⓨ୰ ୰ᛶ ᛶᏊ Ꮚῶ ῶ⾶ ⾶ᐃ ᐃᩘ ᩘ

ɲ0[s-1]

཯ ཯ᛂ ᛂᗘ ᗘ౯ ౯್ ್

ʌ΀йȴŬ/k]

20 1768.2

24.6 4.91

0.37

100 1821.9

24.1 5.08

0.38

500 ͸ ͸

500[Hz]

䛿䝢䞊䜽Ⅼ䛜ᑡ䛺䛔䛯䜑ᑐ㇟እ䠅

୰ᚰᯫྎ䛾཯ᛂᗘ౯್

 ᐃ ᐃ䞉 䞉ゎ ゎᯒ ᯒᡭ ᡭἲ ἲ ཯ ཯ᛂ ᛂᗘ ᗘ౯ ౯್ ್

ʌ΀йȴŬ/k]

ᖹ ᖹᆒ ᆒᑐ ᑐ㇟ ㇟

ⴠୗἲ ✚ศἲ

4.43

0.14 FC #1,#2

㏫ື≉ᛶἲ

2.92

0.12 FC #1,#2,#3 䝡䞊䝮䝖䝸䝑䝥ἲ

✚ศἲ

1.70

0.05 BF3 #1,#2

㏫ື≉ᛶἲ 5.200.11 BF3 #1,#2

䝟䝽䞊䝇䝨䜽䝖䝹ゎᯒ

㐃⥆ᡂศ

7.81

7.47 20Hz,100Hz,500Hz 䝢䞊䜽ᡂศ 5.000.38 20Hz,100Hz 䝟䝹䝇୰ᛶᏊἲ 4.950.16 BF3 #1

䛾䜏

24

䜎䛸䜑

‡ KUCA 䛾 A ᯫྎ䛻䛚䛔䛶୰ᚰᯫྎ䛾཯ᛂᗘ౯

್ ᐃ䜢ᐇ᪋䛧䛯䚹

‡  ᐃ䛻䜘䜚ᚓ䜙䜜䛯཯ᛂᗘ౯್ ʌ 䛿䝡䞊䝮䝖 䝸䝑䝥ᐇ㦂䛻䛚䛡䜛㏫ື≉ᛶゎᯒཬ䜃䚸䝟 䝽䞊䝇䝨䜽䝖䝹 ᐃ䛾䝢䞊䜽ᡂศ䛻ᑐ䛩䜛ゎ ᯒ䚸䝟䝹䝇୰ᛶᏊἲᐇ㦂䛾㛫䛷୍⮴䛧䚸཯ᛂ ᗘ౯್䛿 5[% ȴŬ /k] 䛷䛒䛳䛯䚹

25

௒ᚋ䛾ணᐃ

‡ ᳨ฟჾ఩⨨౫Ꮡᛶ䛾᳨ウ

‡ 䝟䝽䞊䝇䝨䜽䝖䝹 ᐃ⤖ᯝ䛾ヲ⣽䛺ゎᯒ

‡ ᰾◚○୰ᛶᏊ※䛻䜘䜛ຍ㏿ჾ㥑ືᮍ⮫⏺⅔

య⣔䛻ᑐ䛩䜛ྛ✀ ᐃᐇ㦂䛾ᐇ᪋

1. KUCAで実施したTh-U均質混合炉心

0.988 0.992 0.996 1.000 1.004 1.008 1.012

C/E

Th/U = 12.7 Th/U = 15.2 Th/U = 19.0 H/235U = 150 H/235U = 210 H/235U = 320

1. 実効増倍率のC/E

0%

10%

20%

30%

40%

0.0E+0 5.0E-2 1.0E-1 1.5E-1 2.0E-1 2.5E-1 3.0E-1 3.5E-1 4.0E-1

1.0E-4 1.0E-2 1.0E+0 1.0E+2 1.0E+4 1.0E+6

Th断面積の標準偏差

係数[/(dR/R)/(ds/s)lethargy]

エ ネルギ ー[eV]

B7/8"P12ETEETEE の感度係数 B10/8"P9ETEETEE の感度係数 標準偏差

図2. Th捕獲断面積のサンプルワースに対する感 度係数およびTh捕獲断面積の標準偏差 表2. 断面積補正前後のサンプルワースのC/E

B7/8”P12ETEETEEのC/E値 0.922 0.927 0.984 0.939 0.975 0.924 0.921 B10/8”P9ETEETEEのC/E値 0.936 0.943 1.006 0.951 0.982 0.937 0.935

エネルギー[eV] 断面積

~0.0015 0.0015~ 補正前 0.046

0.046

~0.39

0.39~

17.6

17.6~

3350 3350~

Unit Cell 232Th / 235U H / 235U

ID ratio ratio

B4/8"P24EU-Th-EU-EU(3) ETEE4 142

B6/8"P17EU-Th-EU-EU(3) ETEE6 213

B3/8"P48EU16Th(3) EEET9 (EU16Th) 319

B7/8"P12ETEETEE(3) ETEETEE 149

B10/8"P9ETEETEE(3) ETEETEE 213

B3/8"P45EU16Th(3) ETEEEET (EU18Th) 319

B3/8"P30EU-Th-EU(5) ETE3 160

B4/8"P24EU-Th-EU(5) ETE4 213

B6/8"P17EU-Th-EU(5) ETE6 319

Core ID

12.7

15.2

19.0

Th-U 均質混合炉心の実験解析

~B7/8”P12ETEETEE 炉心および B10/8”P9ETEETEE 炉心~

Experimental analysis of the homogeneously-mixed Th-U core

~B7/8”P12ETEETEE core and B10/8”P9ETEETEE core~

大阪大学大学院 藤井 貴志

Takashi Fujii

本研究では、過去KUCAにて行われたTh-U均質混合炉心の実験解析を行う。各炉心の臨界体系における実効 増倍率のC/E値を評価し、特に昨年度行われたB7/8”P12ETEETEE炉心およびB10/8”P9ETEETEE炉心では、ト リウムのサンプルワースの C/E 値を算出し、また、サンプルワースに対する感度係数及び共分散データから得ら れる捕獲断面積の標準偏差から232Th捕獲断面積のもっともらしい補正量を評価した。

キーワード:KUCA、実効増倍率、サンプルワース、感度係数

1.緒言 トリウムは原子炉での使用実績が少な く核データの評価が不十分とされている。京都 大学臨界集合体(KUCA)では、トリウムの核的性 質を検討するためにトリウムを装荷した体系の 炉心の実験が行われてきた。本研究では、トリ ウムの核的性質を検討するのに比較が容易な、

炉心と反射体2領域から校正されるTh-U均質 混合炉心に着目し検討を行った。表1KUCA で実施したTh-U均質混合炉心を示す。

2.計算方法 臨界体系における実効増倍率はモンテカルロ計算コードMVP(History:1億)を用いて計算した。サ

ンプルワースは MVP 及び SRAC-CITATION(3 次元,107 群)を用いて評価した。また感度係数は感度解析コード

SAGEPを用いり、捕獲断面積の標準偏差は核データ処理コードNJOY99を用いて算出した。ライブラリはいずれ

JENDL-4.0を使用した。

3.結果及び考察

3.1 実効増倍率のC/E値 MVPを用いて算出した臨界体系における実

効増倍率のC/E値について、H/235Uの近い炉心(スペクトルの近い炉心)

同士で比較したものを図1に示す。いずれもC/E値が1を超えており、

またTh/U値が大きい炉心ほどC/E値が大きくなっていることが分 かる。Th/U値が大きいほど臨界体系の炉心が大きく、装荷されている Th板の枚数も多いことから、Th捕獲断面積が過小評価されていることが 考えられる。

3.2 サンプルワースの C/E 値 算出したサンプルワースの C/E 値は、B7/8”P12ETEETEE、B10/8”P9ETEETEEの両炉心におい て1より小さい値をとっている。このことからもTh捕獲断面積 の過小評価が考えられる。またTh捕獲断面積の補正量を評価す るため、両炉心のサンプルワースに対するTh捕獲断面積の感度 係数およびTh捕獲断面積の標準偏差を算出した。それらを図2 に示す。さらに、エネルギー領域毎に標準偏差分だけTh捕獲断 面積を補正した。SRAC-CITATIONで算出した断面積補正前後の C/E値を表2に示す。0.046~0.39[eV]及び17.6[eV]

~3350[eV]において、補正後のC/E値が特に1に 近づいていることが分か

る。

Th-U רឋฆӳ໐࣎Ʒ᬴ܱᚐௌ

᳸%µ3(7((7((໐࣎ƓǑƼ

%µ3(7((7((໐࣎᳸

2012 ࠰ 12 உ 6 ଐ

᧵ٻٻᨈᨈ߻߻ ᕲʟᝮ࣓

໐ཋྸݦᧉᄂᆮ˟ @ ʮᣃٻܖҾ܇໐᬴ܱ৑

2012/12/5(൦)᳸12/6(ங) 1

Ꮡ୎

2

‡ ȈȪǦȠƸ̅ဇܱጚƕݲƳƘఋȇȸǿƷᚸ̖ƕɧҗЎƱƞǕƯƍǔŵ

‡ KUCAưƸƜǕLJưƴȈȪǦȠƷఋႎࣱឋǛ౨᚛ƢǔƨNJƴŴȈȪǦ

ȠǛᘺᒵƠƨ˳ኒƷ໐࣎Ʒ᬴ܱƕᘍǘǕƯƖƨŵ

‡ ஜᄂᆮưƸŴȈȪǦȠƷఋႎࣱឋǛ౨᚛ƢǔƷƴൔ᠋ƕܾତƳŴ໐࣎

ƱӒݧ˳Ʒ2᪸؏Ɣǒನ঺ƞǕǔTh-Uרឋฆӳ໐࣎ƴბႸƠ౨᚛Ǜ ᘍƬƨŵ

KUCA ưᘍǘǕƨ᬴ܱ

3

Unit Cell 232Th / 235U H / 235U

ID ratio ratio

B4/8"P24EU-Th-EU-EU(3) ETEE4 142

B6/8"P17EU-Th-EU-EU(3) ETEE6 213

B3/8"P48EU16Th(3) EEET9 (EU16Th) 319

B3/8"P45EU16Th(3) ETEEEET (EU18Th) 319

B3/8"P30EU-Th-EU(5) ETE3 160

B4/8"P24EU-Th-EU(5) ETE4 213

B6/8"P17EU-Th-EU(5) ETE6 319

12.7 15.2 19.0 Core ID

KUCAưᘍǘǕƨTh-Uרឋฆӳ໐࣎Ʒ᬴ܱ

KUCA ưᘍǘǕƨ᬴ܱ

4

Unit Cell 232Th / 235U H / 235U

ID ratio ratio

B4/8"P24EU-Th-EU-EU(3) ETEE4 142

B6/8"P17EU-Th-EU-EU(3) ETEE6 213

B3/8"P48EU16Th(3) EEET9 (EU16Th) 319

B7/8"P12ETEETEE(3) ETEETEE 149

B10/8"P9ETEETEE(3) ETEETEE 213

B3/8"P45EU16Th(3) ETEEEET (EU18Th) 319

B3/8"P30EU-Th-EU(5) ETE3 160

B4/8"P24EU-Th-EU(5) ETE4 213

B6/8"P17EU-Th-EU(5) ETE6 319

Core ID

12.7 15.2 19.0

‡ ମ࠰ࡇನ঺Ơƨ໐᬴ܱ࣎

KUCAưᘍǘǕƨTh-Uרឋฆӳ໐࣎Ʒ᬴ܱ

ドキュメント内 KUGSiKUCA Program (Page 131-138)