AppAssure 5 ライセンスポータルへのログオン

E- メール通知の設定

Account Profile(アカウントプロファイル)ページで、ユーザーアカウントの E-メール通知設定を変更できま

す。たとえば、特定のイベントが発生したときに E-メールで通知するタイミングを指定したりできます。

個人用セキュリティ設定を行うには、次の手順を実行します。

1. AppAssure 5 License Portal Home(AppAssure 5 ライセンスポータルホーム)ページでユーザー名をクリッ

クし、Personal Settings(個人用設定)をクリックします。

Account Profile(アカウントプロファイル)ページが表示されます。

2. Email Notifications(E-メール通知)タブをクリックします。

3. イベント発生時にアカウントに通知するには、セキュリティオプションを選択します。

次のオプションのいずれかを選択できます。

– My account email address changed(アカウントの E-メールアドレスが変更された)

– My password has been changed(パスワードが変更された)

– Account login attempt failed(アカウントログイン試行が失敗した)

– I successfully logged into my account(アカウントに正常にログインした)

– A core was added(コアが追加された)

– A core was deleted(コアが削除された)

– A core was downloaded(コアがダウンロードされた)

– A machine has been added(マシンが追加された)

– A machine has been added(マシンが削除された)

– A user was added(ユーザーが追加された)

– A user was deleted(ユーザーが削除された)

– A group was added(グループが追加された)

– A group was deleted(グループが削除された)

– I was appointed as the group owner(グループオーナーとして指名された)

4. Save(保存)をクリックします。

AppAssure ライセンスポータルのパスワードの変更

アカウント用のパスワードは、Account Profile(アカウントプロファイル)ページの Change Password(パス ワードの変更)タブを使用して変更することができます。

パスワードを変更するには、次の手順を実行します。

1. AppAssure 5 License Portal Home(AppAssure 5 ライセンスポータルホーム)ページでユーザー名をクリッ

クし、Personal Settings(個人用設定)をクリックします。

Account Profile(アカウントプロファイル)ページが表示されます。

2. Change Password(パスワードの変更)タブをクリックします。

3. Current Password(現在のパスワード)テキストボックスにアカウントの現在のパスワードを入力しま

す。

4. New Password(新しいパスワード)テキストボックスにアカウントの新しいパスワードを入力します。

メモ: パスワードは 8 文字以上にする必要があります。最適なセキュリティを確保するために、大文 字と小文字の組み合わせを、数字と特殊記号と共に使用することをお勧めします。

5. Confirm New Password(新しいパスワードの確認)テキストボックスにアカウントの新しいパスワードを

再入力します。

パスワードに選択した文字に応じて、パスワードの強度が以下のいずれかとして表示されます。

– Very Weak(非常に弱い)

– Weak(弱い)

– Normal(普通)

– Strong(強い)

– Very Strong(非常に強い)

6. Change Password(パスワードを変更)をクリックします。

ユーザーの招待とユーザーセキュリティ特権の設定

ライセンスポータルを使用して、ユーザーをグループまたはサブグループに招待したり、それらのユーザー にセキュリティ特権を設定することができます。

メモ: ユーザーを招待、削除、編集するには、管理者権限が必要です。

管理者として、ユーザーに対して次のアクションを実行できます。

特権を設定する より低い特権を設定した場合、すべてのサブグループが影響を受けます。

特権を取り消す このオプションを選択すると、ユーザーはグループから削除されます。グループがル ートグループの場合、そのユーザーアカウントはシステムから削除されます。

ユーザーを招待し、ユーザーセキュリティ特権を設定するには、次の手順を実行します。

1. License Portal Home(ライセンスポータルホーム)ページで、左のナビゲーション領域内のグループを選

択します。

2. Users(ユーザー)エリアを展開し、Invite New User(新しいユーザーの招待)をクリックします。

Invite New User(新しいユーザーの招待)ダイアログボックスが表示されます。

3. Invite New User(新しいユーザーの招待)ダイアログボックスで、次の情報を入力します。

フィールド 説明

First Name(名) ユーザーを識別するために使用されます。ユーザーの名を入力します。

メモ: これは必須エントリです。

Last Name(姓) ユーザーを識別するために使用されます。ユーザーの姓を入力します。

メモ: これは必須エントリです。

User ID(ユーザー ID)

ユーザーを識別するために使用されます。ユーザーに固有の E-メールアドレス を入力します。

メモ: 入力する E-メールアドレスは固有であり、ライセンスポータルでの登録 にまだ使用されたことのないものである必要があります。これは必須エント リです。

User Rights(ユーザ ーの権利)

ライセンスポータルコンテンツへのアクセスを制御するための特権レベルの設定 に使用されます。ユーザーに割り当てる適切な権限を選択します。権限は次のか ら選択できます。

– Admin(管理者)— ユーザー、グループ、コア、およびエージェントを作

成、編集、および削除できる、ポータルコンテンツへの完全アクセスが提 供されます。

– Read Only(読み取り専用)— ポータルコンテンツへの表示のみのアクセス

が提供されます。

– View Groups Only(グループ表示のみ)- サブグループのリスト表示のみに

アクセスが制限されます。

4. Add(追加)をクリックします。

Users(ユーザー)領域で、ユーザー、割り当てられた特権、ユーザーの E-メールアドレス、およびユー ザーのライセンスポータルへの最後のログオン時間を確認できます。

ユーザーセキュリティ特権の編集

メモ: ユーザーのアクセス権は、サブグループに継承されます。

ユーザーセキュリティ特権を編集するには、次の手順を実行します。

1. License Portal Home(ライセンスポータルホーム)ページで、左のナビゲーション領域内のグループを選

択します。

2. Users(ユーザー)領域を展開します。

3. 変更するセキュリティ特権を持つユーザーの横にある Actions(アクション)をクリックし、Privileges

(特権)をクリックします。

User Security(ユーザーセキュリティ)ダイアログボックスが表示されます。

4. このユーザーに対して適切なユーザー権限を選択します。

次のオプションのいずれかを選択できます。

Admin(管理者) ユーザー、グループ、コア、およびエージェントを作成、編集、および削除でき

る、ポータルコンテンツへのフルアクセスが提供されます。

Read Only(読み 取り専用)

ポータルコンテンツへの表示のみのアクセスが提供されます(ユーザーリストお よびライセンスキーは除く)。

View Groups Only

(グループ表示 のみ)

サブグループのリスト表示のみにアクセスが制限されます。ユーザーリストを表 示することはできません。カスタマー情報はすべて制限され、アクセスできませ ん。

メモ: ユーザーのアクセス権は、それらのサブグループに継承されますが、ViewGroupsOnly(グルー プのみを表示)特権を持つユーザーはサブグループにアクセスできないので、継承されません。

5. Save(保存)をクリックします。

新規に割り当てられた特権レベルが Privilege Type(特権タイプ)列に表示されます。

ユーザー特権の取り消し

ユーザー特権を取り消すには、次の手順を実行します。

1. License Portal Home(ライセンスポータルホーム)ページで、左のナビゲーション領域内のグループを選

択します。

2. Users(ユーザー)領域を展開します。

3. 変更する特権を持つユーザーの横にある Actions(アクション)をクリックし、Revoke all privileges(特権 をすべて取り消し)をクリックします。

グループ特権を取り消すことを確認する確認メッセージが表示されます。

4. 特権を取り消すユーザーが識別されていることを確認したら、OK をクリックします。

ユーザーの表示

ユーザーは、グループに関連付けられており、ライセンスポータルの Group View(グループ表示)ページに

ある User(ユーザー)領域で表示できます。

メモ: グループ内のユーザーを表示するには、ログオンしているユーザーが、このユーザーグループ内で 管理者権限を持っている必要があります。

ユーザーを表示するには、次の手順を実行します。

1. License Portal Home(ライセンスポータルホーム)ページで、左のナビゲーション領域内のグループを選

択します。

2. Users(ユーザー)領域を展開します。

グループ内のユーザーについて次の詳細情報を表示できます。

– E-メールアドレス

– 名前

– 最終ログイン日 – 特権タイプ

– 処置

メモ: このリストは選択したグループ固有のリストです。現在ログオンしているユーザーは表示さ れません。

グループについて

グループは、パートナー、企業、および企業内のサブグループを表すもので、次の情報と構造を持っていま す。

• 組織情報。

• AppAssure 5 Core およびエージェントをダウンロードするためのダウンロードインストーラへのリン

ク。

• 無制限数のコア。

• 他のグループ(深度制限なし)。

• グループには、アクセス権が割り当てられているユーザーが少なくとも 1 人含まれている必要があり ます。ユーザーがログインすると、ライセンスポータルはアカウントをルートグループとして表示し ます。

• グループにはアクセス権が割り当てられたユーザーを複数含めることができます。

グループの管理

License Portal Home(ライセンスポータルホーム)ページから、グループとサブグループを表示および管理で

きます。グループを編集および削除できるだけでなく、サブグループを追加したり、現在のグループの全サ ブグループを表示することもできます。

メモ: 管理者権限を持つユーザーのみがグループおよびサブグループを管理できます。

グループまたはサブグループの追加

メモ: 管理者権限を持つユーザーのみがグループおよびサブグループを追加できます。

グループまたはサブグループを追加するには、次の手順を実行します。

1. License Portal Home(ライセンスポータルホーム)ページで、左のナビゲーション領域内のグループを選

択します。

2. ルートグループにグループを追加するには、このページの Groups(グループ)領域内の Add Group(グル ープの追加)をクリックします。サブグループにグループを追加するには、サブグループを選択し、Add

Group(グループの追加)をクリックします。

In document Dell PowerVault DL4000 Backup To Disk Appliance ユーザーズガイド — 容量ライセンス向け (Page 30-47)