バージョンアップ後「許可する」に設定を変更してください。

In document PowerPoint プレゼンテーション (Page 113-124)

決裁後の追記可否設定

 決裁後の追記を許可しない設定が可能となります。(汎用申請環境の設定)

※Ver2.8cでは決裁後も追記可能(追記禁止できない)

 決裁後の追記(二次活用)はWebデータベースにコピーすることで可能となります。

 決裁後の追記を許可しないとすることで決裁後の文書の改竄を防ぐことができます。

機能毎強化内容(ワークフロー)

3.機能毎強化内容(ワークフロー)

機能 機能強化Ver 機能強化内容

ワークフロー 2.8 (1)決裁ルートの確認(管理者用)画面で、未来発令組織のグループを使ったルート部品「グループ1 名」の内容を確認できるようにする(#15042)

(2)申請者をルートに設定できるように変更する(#15240)

(3)ルート確認画面で申請部門で検索した場合に申請者戻りのルートを表示する(#15252) (4)起案内容を表示したときにログを記録する(#15269)

(5)案件検索のデフォルト検索条件で「取下げ・保留」の条件を含むか含まないか設定できるようにする (#15449)

(設定画面:ワークフローシステム環境の設定)

(6)システム設定で最大検索期間を制限する(#15450)

(設定画面:ワークフローシステム環境の設定)

(7)決裁後の差戻しが行われた時にも結果通知メールを送信するようにする(#15732)

ワークフロー 2.10c (1)申請者と決裁者が同一の場合は、「決裁」時にエラーにすることができるようにする(#16129)

ワークフロー 2.9 (1)案件検索、申請案件照会で様式分類を個別に指定した際に、様式を「すべて」と指定して検索可能 とする(#23078)

※例えば、様式分類=「経費精算」のすべての様式で検索を行うことができます ワークフロー 2.11c (1)差戻し案件の確認画面から再起案を可能にする(#23947)

(2)処理種別がURLの事後処理で、パラメータとして渡す情報を追加する(#23720)

(3)申請番号の採番ルールの調整値にマイナスを入力可能にし、年度・月度に加算できるようにする

(#24166)

申請者をルートに設定できる (#15240)

ルートの最後に申請者を挿入する「戻り」以外にルートの設定でフロー途中に「申請者」を登録することがで きることで柔軟なルート設定が可能になります。

 システム設定 – 決裁ルートの設定 – ルートの作成

案件検索のデフォルト検索条件に「取下げ・保留」の有無を設定 (#15449)

案件検索のデフォルト検索条件から「取下げ・保留」を外すことができることで、不要な案件以外から検索す ることができ利便性が向上します。

 システム設定 – 決裁ルートの設定 – ワークフローシステム環境の設定

 案件検索 デフォルトでチェックが外れる

3.機能毎強化内容(ワークフロー)

V2.8

自己決裁の強化

 代理申請、代行決裁を含めた自己決裁の可否を設定可能(申請様式ごと)

 自己決裁が許可されない場合、決裁処理時に以下のメッセージが表示

V2.10c

3.機能毎強化内容(ワークフロー)

様式分類毎で「すべて」を選択可能

申請分類の「すべて」

で検索可能 Ver2.10c Ver2.11c

3.機能毎強化内容(ワークフロー)

V2.9

採番ルールの年度・月度加算

マイナス値を設定可能

※2017年に申請した場合、

2017-(-1)=2018が設定される

処理種別:URLの事後処理パラメタの追加

以下のパラメタが追加されます

V2.11c

APPLICATIONNO 申請番号 ※以下、代行処理の場合のみ

EMPNAME 処理者氏名 PROXYEMPNAME 代行処理者部門名

BELONGDEPTNAME 処理者部門名 PROXYDEPTNAME 代行処理者部門名

BELONGTITLENAME 処理者役職名 PROXYTITLENAME 代行処理者役職名

PROXYFLAG 代行処理フラグ

3.機能毎強化内容(ワークフロー)

機能毎強化内容(ファイル管理)

3.機能毎強化内容(ファイル管理)

機能 機能強化Ver 機能強化内容

ファイル管理 2.10c (1)フォルダの権限情報をダウンロードできるように変更する(#20181)

(2)上位フォルダの権限変更に伴い配下フォルダの権限も変更できるようにする(#20181)

フォルダの権限情報ダウンロード

 「フォルダの追加・変更」メニューから該当フォルダ配下すべての権限情報をCSV出力可能

 権限明細単位で出力(項目:フォルダ名,権限,権限適用会社,権限適用範囲)

例. 社内規定集/人事規定,参照可,フレンド商事,

社内規定集/人事規定,登録・変更・フォルダ作成可,フレンド商事,特定部門配下(人事部)

配下フォルダも含めて権限を変更可能

※配下フォルダがありフォルダ変更権限があり、権限内容が変更になった場合にチェックボックスが表示されます。

V2.10c

3.機能毎強化内容(ファイル管理)

機能毎強化内容 (WEBデータベース)

機能 機能強化Ver 機能強化内容

In document PowerPoint プレゼンテーション (Page 113-124)