• 検索結果がありません。

クリック 6. クリック

ドキュメント内 SB-5500/SB-5500PA (ページ 127-147)

R

注意:

[Back]の操作で、設定画面に戻るようになるまで、ご使用のパソコンや本製品の電源を絶対に切らな いでください。途中で電源を切ると、データの消失や誤動作の原因になります。

※出荷時の設定内容に戻るような注意書きがあるバージョンアップ用ファームウェアの場合は、

[Back]をクリックしても設定画面に戻れませんので、接続するパソコンのIPアドレスを「例:

192.168.0.10」に設定してから、本製品の設定画面にアクセスしなおしてください。

ファームウェアを更新しています。

ファームウェアの更新中は、絶対に本体の電源を切らないでください。

ファームウェアの更新が完了すると、本体は自動的に再起動します。

本体の起動を確認後、[Back] をクリックしてください。

6-4. ファームウェアをバージョンアップする(つづき)

■ バージョンアップのしかた

本製品の設定画面にアクセスを許可されたパソコンを使用してバージョンアップする手 順を説明します。

※日常、管理者以外のパソコンからバージョンアップできないように、設定画面へのアクセス制限の設定 (☞4-4章)をおすすめします。

〈操作の手順〉

q本製品の設定画面にアクセス(☞2章:Step4.)して、「メンテナンス」メニュー→「フ ァームウェアの更新」の順にクリックします。

¡「ファームウェアの更新」画面を表示します。

w本製品の新しいファームウェアファイル(拡張子:dat)へのリンク先を[ファームウェ アの更新]項目のテキストボックスに直接入力するか、〈参照...〉をクリックして選択 します。

¡選択したファームウェアファイルの保存先をテキストボックスに表示します。

e〈更新〉をクリックします。

¡選択したファームウェアファイルの更新を開始します。

r更新完了(約30秒)後、[Back]と表示された文字の上にカーソルを移動してクリック すると、設定画面に戻ります。

※設定画面に戻らないときは、ファームウェアファイルの更新中ですので、しばらくして再度クリック してください。(接続するパソコンや本製品の電源は絶対に切らないでください。)

2.

クリック

第 7

ご参考に

7-1.Telnetで接続するには ………112

■ Windows XP/Windows 2000の場合 ………112

■ Windows 98/98 SE/Me ………112

7-2.ターミナルソフトウェアで接続するには ………113

7-3.オンラインヘルプについて ………113

7-4.ルーティングの設定例 ………114

7-5.設定画面の構成について ………116

7-6.設定項目の初期値一覧 ………119

7-7.機能一覧 ………121

■ 無線LAN機能 ………121

■ ルータ機能 ………121

■ ネットワーク管理機能 ………121

■ その他 ………121

7-8.定格 ………122

■ 一般仕様 ………122

■ 有線部 ………122

■ 無線部 ………123

■ [Ethernet]プラグ仕様(RJ-45型モジュラープラグ) ………123

■ 本製品以外とのビル間通信について ………124

■ 弊社製無線LAN端末との通信について ………124

7-9.用語解説 ………125

7-10.故障のときは ………127 この章では、

Telnetによる接続やルーティングの設定例、設定画面の構成、設定項目の初期値、定格 について説明しています。

7-1. Telnetで接続するには

Telnetでの接続について説明します。

※ご使用のOSやTelnetクライアントが異なるときは、それぞれの使用方法をご確認ください。

※出荷時や全設定初期化時は、本製品と接続するパソコンのIPアドレスは、「192.168.0.10」などに固 定してください。

※本製品に接続されたネットワーク上のパソコンをご使用ください。

■ Windows XP/Windows 2000の場合

qWindowsを起動します。

w[スタート]メニューから[ファイル名を指定して実行]を選択します。

名前欄に「Telnet.exe」と入力し、〈OK〉をクリックします。

eTelnetクライアントが起動しますので、下記のように指定します。

Microsoft Telnet>open 本製品のIPアドレス (工場出荷時の設定:192.168.0.1) r[User]と[Password]を入力する画面が表示されますので、ログインするときは、ユ

ーザ名(admin)とパスワードを入力します。

※本製品の出荷時は、[Password]を設定していません。

t[Password]が設定(☞4-4章)されていない場合は、何も入力せずに[Enter]キーを押 します。

yログインメッセージ(SB-5500 #)が表示されます。

■ Windows 98/98 SE/Meの場合

qWindowsを起動します。

w[スタート]メニューから[ファイル名を指定して実行]を選択します。

名前欄に「Telnet.exe」と入力し、〈OK〉をクリックします。

eTelnetクライアントが起動しますので、メニューバーから[接続]→[リモートシステ ム]を選択します。

r[接続]ダイアログボックスが表示されます。

ホスト名、ポート、ターミナルの種類を下記のように選択して、〈接続(C)〉をクリッ クします。

ホスト名:本製品のIPアドレス(出荷時の設定:192.168.0.1) ポート :telnet(23)

ターミナルの種類:vt100

t[User]と[Password]を入力する画面が表示されますので、ログインするときは、ユ ーザ名(admin)とパスワードを入力します。

※本製品の出荷時は、[Password]を設定していません。

y[Password]が設定(☞4-4章)されていない場合は、何も入力せずに[Enter]キーを押 します。

uログインメッセージ(SB-5500 #)が表示されます。

7

7-2. ターミナルソフトウェアで接続するには

本製品の[CONSOLE]ポートを使用して接続する手順について説明します。

※接続には、弊社別売品の設定用ケーブル(OPC-1522)をご用意ください。

q本製品の[CONSOLE]ポートに取り付けられた保護カバーをはずして、パソコンの [COM]ポートを弊社別売品の設定用ケーブルで接続します。

★保護カバーについては、本書108ページの図をご覧ください。

また、使用後は、保護カバーを元どおりに取り付けてください。

wパソコンからターミナルソフトウェアを起動します。

e下記を設定して、[ENTER]キーを押します。

[接続方法(N)] :Com1へダイレクト

※パソコンの[COM1]ポートに接続した場合の例です。

[ビット/秒(B)] :115200(ビット/秒) [データ ビット(D)] :8

[パリティ(P)] :なし [ストップ ビット(S)]:1 [フロー制御(F)] :なし

r下記を入力して[ENTER]キーを押すと、ログインします。

login :admin

password:空白(何も入力しない)

※本製品の出荷時は、[Password](☞4-4章)を設定していません。

tSB-5500 #と表示されたことを確認します。

7-3. オンラインヘルプについて

Telnetやターミナルソフトの接続では、オンラインで、コマンドリファレンスを参照で きます。

[Tab]キーを押すと、使用できるコマンドの一覧を表示 します。

コマンド名の入力に続いて[Tab]キーを押すと、サブコ マンドの一覧を表示します。

コマンドの意味を知りたい時は、コマンド名の入力に続 いて[?]キーを押すと、コマンドのヘルプを表示します。

コマンド名を先頭から途中まで入力し、[Tab]キーを押 すと、コマンド名を補完します。

入力した文字に続くコマンドが1つしかないときは、コ マンド名を最後まで補完します。

例) cl[Tab]→clear

複数のコマンドがあるときは、コマンドの候補を表示し ます。

例) s[Tab]→save system

◎ コマンド一覧 ………

◎ コマンドヘルプ ……

◎ コマンド名の補完 …

7-4 ルーティングの設定例

ルーティングモードを「Wireless1」に設定した場合の設定例についての説明です。

※ここで説明する以外の設定は、出荷時の状態とします。

【設定条件】

¡本製品のIPアドレス [ネットワーク1]側

〈Aフロア〉

192.168.0.1

〈Bフロア〉

192.168.2.1 [ネットワーク2]側

〈Aフロア〉

192.168.1.1

〈Bフロア〉

192.168.1.2

¡パソコンのIPアドレス 本製品と重複しない固 定IPアドレスを設定

■ Aフロア側:ルーティングモードとIPアドレスの設定

※上記の図を例に説明してい ます。

※DHCPサーバを使用しない 場合を例としています。

この場合、パソコンには、

「192.168.0.1」をデフォ ルトゲートウェイとして、

指定してください。

■ Bフロア側:ルーティングモードとIPアドレスの設定

※上記の図を例に説明してい ます。

※DHCPサーバを使用しない 場合を例としています。

この場合、パソコンには、

「192.168.2.1」をデフォ ルトゲートウェイとして、

指定してください。

[Wireless1]

[Wireless2]

[有線LAN]

[Wireless2]

[有線LAN]

[ネットワーク2]

[ネットワーク1]

[ネットワーク1]

※「Access Point」モードを[Wireless2]に設定。

インターネット

※SB-5500を使用し、外部アンテナを省略しています。

〈Aフロア〉

〈Bフロア〉

7

7-4. ルーティングの設定例(つづき)

【経路を静的に作成するときは、下記を設定します。】

■ Aフロア側:スタティックルーティングの設定

■ Bフロア側:スタティックルーティングの設定

【経路を動的に作成するときは、下記を設定します。】

※上記のスタティックルーティングは、設定不要です。

■ Aフロア/Bフロア側:RIPの設定

7-5. 設定画面の構成について

WWWブラウザに表示される本製品の設定画面の構成です。

Wireless1

無線LAN設定

☞P74

☞P74

BSSID

WEPキー

☞P85

☞P82

暗号化設定

IPアドレス設定 本体名称

インターフェース リスト LAN側IP

ネットワーク設定

☞P63

DHCP

☞P65

ルーティング

☞P71

☞P63

☞P63 ☞P64

VLAN設定

☞P63

☞P71

ルーティングモード設定

DHCPサーバ設定 

☞P65

静的DHCPサーバ設定

☞P67

ブリッジ

☞P68

☞P70

ブリッジ設定 

☞P68

RIP RIP設定 

☞P70

☞P71

IP経路情報

スタティックルーティング設定

☞P73

は、各メニューを示します。

無線設定

無線LAN

☞P74

暗号化

認証サーバ

☞P82

☞P86

RADIUS設定 

☞P86

[無線設定(Wireless1)](次ページ)

7

システム設定

[無線設定(Wireless1)](前ページ)

[情報表示](次ページ) Wireless1(つづき)

は、各メニューを示します。

☞P95

本体管理

時計

☞P87

仮想BSS

Wireless2 無 線 L A N ユ ニ ッ ト が 2 つ 内 蔵 さ れ て お り 、 [Wireless1]と同じ設定項目のため省略します。

仮想BSS登録一覧  VLAN設定

☞P87

☞P89 ☞P90

仮想BSS設定

☞P89

VLAN登録一覧

☞P91

無線ブリッジ

BSSID

☞P91

☞P92

ステーションリスト

☞P91

登録済み端末リスト

☞P93

セキュリティ設定 MACアドレスフィルタリング設定 

☞P94

☞P93

無線端末間通信設定

管理者IP設定

☞P95

☞P95

管理者ID設定

☞P96

内部時計設定

☞P96

☞P96

自動時計設定

SYSLOG

☞P97 ☞P97

SYSLOG設定

SNMP

☞P98 ☞P98

SNMP設定

7-5. 設定画面の構成について(つづき)

[システム設定](前ページ)

設定初期化

☞P107

は、各メニューを示します。

情報表示

ネットワーク

☞P99

Wireless1

Wireless2

☞P100

☞P100

☞P109

ファームウェアの更新

☞P109〜P110

ファームウェアの更新

設定内容一覧

☞P104、P106

☞P104〜P106

設定の保存と書き込み メンテナンス

設定初期化

☞P107

☞P104

設定保存

インターフェース リスト

☞P99 ☞P99

インターフェース情報 

本体MACアドレス

☞P99

端末情報

〈サイトサーベイ〉ボタン

☞P100

☞P101 ☞P102

Wireless1

☞P101

パケット情報

無 線 L A N ユ ニ ッ ト が 2 つ 内 蔵 さ れ て お り 、 [Wireless1]と同じ項目のため省略します。

SYSLOG

☞P102 ☞P102

SYSLOG

7

7-6. 設定項目の初期値一覧

本製品の設定画面について、設定項目の初期値を示します。

■ 「ネットワーク設定」メニュー

「LAN側IP」画面 本体名称

¡本体名称:SB-5500 VLAN設定

¡マネージメントID:0 ルーティングモード設定

¡ルーティングモードを使用:□ Wireless1

□ Wireless2 IPアドレス設定

[ネットワーク1]

¡DHCPから自動取得:しない

¡IPアドレス:192.168.0.1

¡サブネットマスク:255.255.255.0 [ネットワーク2]

¡IPアドレス:192.168.1.1

¡サブネットマスク:255.255.255.0

「DHCP」画面 DHCPサーバ設定 [ネットワーク1]

¡DHCPサーバ機能を使用:しない

¡割り当て開始IPアドレス:192.168.0.10

¡割り当て個数:10個

¡サブネットマスク:255.255.255.0

¡リース期間:72時間

[ネットワーク2]

¡DHCPサーバ機能を使用:しない

¡割り当て開始IPアドレス:192.168.1.10

¡割り当て個数:10個

¡サブネットマスク:255.255.255.0

¡リース期間:72時間

「ブリッジ」画面 ブリッジ設定

¡スパニングツリー機能を使用:しない

¡ブリッジ優先度(Bridge Priority):32768

¡エージングタイム(Aging Time):300

¡マックスエイジ(Max Age):20

¡ハロータイム(Hello Time):2

¡転送遅延(Forward Delay):15

¡パスコスト(Path Cost):

有線LAN:19

無線LAN1/無線LAN2:100

¡ポート優先度(Port Priority):

有線LAN:128

無線LAN1/無線LAN2:128

「RIP」画面 RIP設定 [ネットワーク1]

¡RIP設定:使用しない

¡RIP動作:受信のみ [ネットワーク2]

¡RIP設定:使用しない

¡RIP動作:受信のみ

ドキュメント内 SB-5500/SB-5500PA (ページ 127-147)