もっとうまい e メールの書き方 を使う

In document SR-G9003_SL903XR (Page 125-128)

学習研究社「文例でわかる もっとうまい e メールの書き方」の内容を収録しました。

・日本語と英語の e メールの例文を検索することができます。

例文の語句から検索する

例: 「採用」を使う例文を調べる

1  を押して、メニュー画面を表示さ せ、   を使って「実用・資格2」

項目を選択します。

 47 ペ−ジ)

2  を使って 「  もっとうまい e メールの書き方」を選択し、 

を押します。

(または   を押します。)

「もっとうまいeメールの書き方」の初期画面 が表示され、 [日本語]が反転表示されます。

3  または   を使って、

[日本語]または[英語]を選択します。

例:そのまま[日本語]を選択

4 文字 / 数字入力キーを使って、使いたい 語句を入力します。

例:ロ−マ字で、「SAIYOU」と入力 入力した語句を含む日本語例文リストと、プ レビューが表示されます。

複数の語句を   を使って「 &」で区切って入力することができます。入力したすべて の語句を含む日本語例文リストが表示されます。

入力した語句を含む日本語例文がない場合は、「該当する候補がありません。」と表示されま す。

「文字入力」42 ペ−ジ

「入力文字の訂正」45 ページ

5  を使って、調べたい例文を選 択します。

例:2 番目の例文を選択

< 例文リストのスクロール >

:1 行ずつ

:ページごと

6  を押します。

選択した例文の解説が、全画面表示されま す。

< 全画面のスクロール >

:1 行ずつ

:ページごと

:例文リスト順

(これは書籍版の巻頭注意の説明です。

* Windows,Outlook Expressは、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

* Macintosh、MacOS は、Apple Computer,inc. の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

* 本書に記載されている会社名および製品名は、一般に各社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTMや®マークは 明記していません。

* 本書の記述と実際のソフトウエアが異なる場合は、ソフトウエアの方が優先されます。

* 本書記載内容の運用による結果に関しては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

* 本書記載のホームページアドレスは、2001 年 2 月 28 日までに確認をしてあります。本書が皆様のお手元に届く頃に は、すでにサイトを閉じていたり、移動したものがあるかと思いますので、ご了承ください。

247 246

項目名から例文を検索する

例: 「見積」に関する項目の例文を調べる

1 「もっとうまいeメールの書き方」の初期 画面を表示させます。

 244 ペ−ジ)

2  または   を使って、

[項目名]を選択します。

[項目名]が反転表示されます。

3 文字 / 数字入力キーを使って、調べたい 日本語を入力します。

例:ロ−マ字で、「MITSUMORI」と入力 ロ−マ字がひらがなに変換され、該当する項 目リストと、プレビューが表示されます。

入力した文字列に該当する項目がない場合は、最も近い項目から順に表示されます。項目リ ストをスクロールすると、入力文字を含まない項目も順に表示されます。

「?」または「

*

」を入力した場合、該当する項目がない場合は、「該当する候補がありませ ん。」と表示されます。

「文字入力」42 ペ−ジ

「入力文字の訂正」45 ページ

「一部を省略した入力」46 ページ

4  を使って、調べたい項目を選 択します。

例:そのまま「見積の依頼」を選択

< 項目リストのスクロール >

:1 行ずつ

:ページごと

5 を押します。

選択した項目の例文が、全画面表示されま す。

< 全画面のスクロール >

:1 行ずつ

:ページごと

:項目順

 を使うと、全画面表示のまま、次または1つ前の項目を表示することができま す。手順3で表示した項目リストの順ではありません。

249 248

目次から項目を検索する

項目を目次から見ることができます。

例:上手なメールの書き方を知る

1 「もっとうまいeメールの書き方」の初期 画面を表示させます。

 244 ペ−ジ)

2  または   を使って、

[目次検索]を選択します。

[目次検索]が反転表示されます。

3    を押し、   を使って、

調べたい項目を選択します。

例: 「  Part3 もっと上手なメールの書き方    (中級編)」を選択

4    を押し、   を使って、

調べたい項目を選択します。

例: 「  メール文はていねいにを心がけよう」

  を選択

項目の先頭のアルファベットマークと同じアルファ ベットキーを押すと直接選択できます。

< 項目リストのスクロール >

:1 行ずつ

 または   :ページごと

5    を押します。

選択した項目の解説が全画面表示されます。

< 全画面のスクロール >

:1 行ずつ

:ページごと

:項目リスト順

251

250

In document SR-G9003_SL903XR (Page 125-128)