トップPDF E in MeExam2009 最近の更新履歴 物理学ノート E in MeExam2009

E in MeExam2009 最近の更新履歴  物理学ノート E in MeExam2009

E in MeExam2009 最近の更新履歴 物理学ノート E in MeExam2009

問題 6. バネ定数 c バネ一端を固定し他端に質量 m 質点をつけ、水平方向にバネを振動させる。この質 点に速度 v に比例する抵抗力 f = 2kmv が働く場合を考える。以下、バネ重さは無視する。 6-1. バネ伸びる方向を x 軸とし、質点が平衡位置からずれたときに働く力を図示せよ。 6-2. 抵抗が無い場合角振動数 ! = r

2 さらに読み込む

E in Me06 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in Me06 ans

E in Me06 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in Me06 ans

= LT − 1 . (5.31) 25-3. 運動方程式を書け。ついでに下降時終端速度 v ∞ を運動方程式だけから求めてみよう。 【解答】質点に働く力は重力と空気抵抗である。空気抵抗は、上昇中には下向き,下降中には上向きに働く。

10 さらに読み込む

E in Me04 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in Me04 ans

E in Me04 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in Me04 ans

速度 a で歩くと,板は 水平面に対して 加速度 b で動いた。人が板から受ける水平 方向力を F として以下問いに答えよ。 15-1. 運度様子が分かるように図 ( 座標軸,力,加速度を含む ) を描け。 【解答】右図通り。 x 軸は,地面に静止した座標系である。 F ′ は,板が人か ら受ける力である。本来なら F 始点は人裏に, F ′ 始点はその直下に書 くべきだが,人も板も質点として扱うので力矢印始点を見やすいように移動し
さらに見せる

5 さらに読み込む

ipaj2009 2i11 最近の更新履歴  Atsushi NOZAKInet

ipaj2009 2i11 最近の更新履歴 Atsushi NOZAKInet

面でグルーピングしたパナソニック斜めドラ ム式洗濯機 T-A 特許全体を抽出することは難 しいことが分かる。 3-2. 任天堂・ゲーム (Wii ・ Nintendo DS) 任 天 堂 ク ラ ス タ リ ン グ 結 果 中 か ら Nintendo DS 関連特許グループである Por1~Por5 、 Wii 関連特許であるグループ Sys01~Sys04 を用

4 さらに読み込む

E in Me05 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in Me05 ans

E in Me05 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in Me05 ans

22-5. y 方向運動方程式を t で積分し,時刻 t で速度 v y (t) を求めよ。 【解答】垂直投げ上げ運動と違いは,初速度が V sin α になっているだけなので v y (t) = −gt + V sin α. (4.22) *15

7 さらに読み込む

E in TDExam2016 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in TDExam2016 ans

E in TDExam2016 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in TDExam2016 ans

圧力 P(T; V, N ) 変化,すなわち状態方程式情報を 含んでいない。状態方程式セットになってはじめて U (T; V, N ) 系熱力学的性質を完全に指定できる。つ まり U (T ; V, N ) だけでは,系熱力学的全情報を保有

2 さらに読み込む

E in Me03 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in Me03 ans

E in Me03 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in Me03 ans

r 0 = (vt, R). (2.66) 11-2. 時刻 0 で地面に接していた車輪上点が時刻 t で点 P に来た。図 θ を ω を使って表せ。 【解答】車輪は滑らないので円弧 AP と OA とは長さが等しい。 AP = Rθ より Rθ = vt, ∴ θ = vt

3 さらに読み込む

ipaj2009 2i10 最近の更新履歴  Atsushi NOZAKInet

ipaj2009 2i10 最近の更新履歴 Atsushi NOZAKInet

明者 YI 氏が参加しており、その後日立化成工 業単願特許網②に関与していく。 YI 氏以外日立化成工業発明者 (TN 氏、 AF 氏、 KY 氏 ) はいずれも黒鉛質ガスケット材 料や黒鉛層間化合物製造に関与しており、当

4 さらに読み込む

IWFBCA in onv1 最近の更新履歴  GCOEアジア保全生態学 IWFBCA in onv1

IWFBCA in onv1 最近の更新履歴 GCOEアジア保全生態学 IWFBCA in onv1

4 Lake Biwa Environmental Research Institute, Yanagasaki 5-34, Otsu, Shiga 520-0022 Japan While freshwater ecosystems provide ecosystem services essential to human well-being, such as provisioning of water and fishery resources, they are the most vulnerable to human disturbances and have been concerned about their biodiversity loss. We focus on the ancient Lake Biwa because it has been exposed to various severe anthropogenic environmental changes during the last half century though its high biodiversity and endemism. Various past environmental and biota data of the Lake Biwa are recorded during the period of progressing ecosystem deterioration. We can trace back changes in biodiversity and identify human drivers and environmental pressures for the biodiversity loss. This knowledge would provide many insights for conservation of biodiversity not only for the Lake Biwa but also for Asian lake ecosystems. In this study, we focus on a littoral benthic macro-invertebrate fauna because its habitats, located in the interface between aquatic and terrestrial ecosystems, are the most vulnerable to human activities. The archival data revealed that there was a significant trend for the littoral zoobenthos diversity to steadily decrease as time elapsed, especially in shallower area and that the temporal pattern of abundance was quite different among taxa. We found that community structure of the littoral benthic macro-invertebrate was largely affected by environmental factors associated with problems occurred in the Lake Biwa: e.g. eutrophication, warming and massive submerged macrophyte stand. In this talk, we will also introduce other current outcomes and future perspectives for establishing plan of conservation for the biodiversity of lake ecosystems.
さらに見せる

28 さらに読み込む

E in SMExam2016 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in SMExam2016 ans

E in SMExam2016 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in SMExam2016 ans

今, σ[ ˆ f ] ≪ ˆ f が成り立つならば,測定値分布が極 めて狭いことを意味する。従って 1 回測定値が,ほぼ 確実に f ˆ に一致すると期待される。理論値として,幅 を持たずシャープに f ˆ を予言することになる。

3 さらに読み込む

E in QM 最近の更新履歴  物理学ノート

E in QM 最近の更新履歴 物理学ノート

電球を 1.0 m 離れて見る場合,単位秒当たり瞳に飛び込む光子は何個か ? 瞳断面積は 0.50 cm 2 とする。 問題 4. 人間目が光を感じるには,視細胞内部にある 1 つ原子が約 2.5 × 10 −19 J エネルギーを受け取る必要 がある。視細胞とその内部原子を,それぞれ半径 10 −6 m, 10 −10 m 球とする。 4-1. 0 等星 *4 から光が,断面積 0.50 cm 2 瞳を通して入り, 1 つ視細胞に集められたとする。光を波と考え
さらに見せる

24 さらに読み込む

E in SM04 最近の更新履歴  物理学ノート

E in SM04 最近の更新履歴 物理学ノート

なるゼーマン・エネルギーを持つ。 素粒子 1 つである電子には,有限質量と電荷 *19 他に,スピンと呼ばれる固有角運動量がある *20 。 そのため電子は µ 0 ∼ 9.285 × 10 −24 J T −1 磁気モーメントを持つ。スピンに由来するこの磁気モーメント は,スピン磁気モーメント,あるいは単にスピンと呼ばれる。

5 さらに読み込む

E in Me 最近の更新履歴  物理学ノート

E in Me 最近の更新履歴 物理学ノート

1. 直線上ある点 A 位置ベクトル a に,直線と平行なベクトル d 定数倍を加える。 2. 原点から直線に降ろした垂線足を H , H 位置ベクトルを h とする。 P と H を結ぶ線は, h と直 交する。 3. 直線同一でない 2 つ点 S, T 位置ベクトルをそれぞれ s, t とする。 P は線分 ST を適当に 内分または外分した点である。

38 さらに読み込む

E in SM 最近の更新履歴  物理学ノート

E in SM 最近の更新履歴 物理学ノート

る。以下,単一物質からなる体積 V ,分子数 N マクロな系を考察する。経験則として,エネルギー U および V , N によって,この系平衡状態マクロな性質が完全に決まることが知られている。 マクロな量子系 熱力学で扱うマクロな系も,ミクロな視点からは相互作用し合う無数分子からなる量子系であ る。このような視点から記述したマクロな系をマクロな量子系と呼ぶ。

39 さらに読み込む

E in SM01 最近の更新履歴  物理学ノート

E in SM01 最近の更新履歴 物理学ノート

2 1 確率論 例 2. 「サイコロ 1 個を 1 回振り出た目を調べる」試行で上用語を確認し,事象と確率変数例を挙げよ。 【解答】この系は出た目で指定できるので,出た目をそのまま使って,標本点を i = 1, 2, . . . , 6 と定める。 事象例は, A = 「出た目が奇数である」 , B = 「出た目が 5 以上」など。確率変数例は, f = ˆ 「出た目」

6 さらに読み込む

E in Me05 最近の更新履歴  物理学ノート

E in Me05 最近の更新履歴 物理学ノート

2-1. 運動概略が分かるように図示せよ。 2-2. 初速度 x 成分と y 成分を V := |V | と α を用いて表せ。 2-3. x 方向, y 方向運動方程式を書け。 2-4. x 方向運動は容易に解けるので,先に積分してその速度 v x (t) と位置 x(t) を求めよ。

2 さらに読み込む

E in Me06 最近の更新履歴  物理学ノート

E in Me06 最近の更新履歴 物理学ノート

3-8. この質点が等速運動になる条件およびその終端速度 v ∞ を求めよ。 3-9. 速度 v y (t) をグラフで表せ。 3-10. 下降中高さ y(t) が下ように表されることを確かめよ。 y (t) = − 1 κ log

2 さらに読み込む

E in SM02 最近の更新履歴  物理学ノート

E in SM02 最近の更新履歴 物理学ノート

5-2. この系状態数 Ω(E) を求めよ。系マクロ性に対する近似 (E ≫ E 0 ) を用いてよい。 例題 2. 3 次元空間中一辺 L ,体積 V = L 3 立方体中領域 (0 ≤ x, y, z ≤ L) だけを運動する N 個自 由粒子からなる系について,系エネルギー固有状態とエネルギー固有値,状態数 Ω(E) を求めよ。 自習 2. 2 次元空間中一辺 L 箱 (0 ≤ x, y ≤ L) 中だけを自由に運動する質量 m 自由粒子に対して,
さらに見せる

4 さらに読み込む

C207 2009 11 WRTLT 最近の更新履歴  Hideo Fujiwara

C207 2009 11 WRTLT 最近の更新履歴 Hideo Fujiwara

generates and uses the variable. Two operations o 1 , o 2 are compatible if s(o 1 ) ̸= s(o 2 ) and t(o 1 ) = t(o 2 ). A compatibility for two blocks is more complicated. It is required that input variables, operations, and output variables appearing in the two blocks are mutually com- patible, respectively. In addition, if these variables or operations appear as both input and output variables or appear in the other blocks, it implies resource sharing among them and compatibilities are required among the variables or operations that share the same resource. For a partition of a set of DFG paths, sets of variables or sets of operations that share the same resources are de- termined. We call such a set of variables and a set of operations a super variable and a super operation, re- spectively.
さらに見せる

4 さらに読み込む

C205 2009 11 HLDVT 最近の更新履歴  Hideo Fujiwara

C205 2009 11 HLDVT 最近の更新履歴 Hideo Fujiwara

was proposed to improve the hierarchical testability of the data path, which can aid hierarchical test generation. In [21], the authors presented a DFT technique for extracting functional control- and data-flow information from RT-level description and illustrated its use in design for hierarchical testability. In [22], the authors presented a method based on strong testability, which exploits the inherent characteristic of datapaths to guarantee the existence of test plans (sequences of control signals) for each hardware element in the datapath. Compared to the full-scan technique, this method can facilitate at-speed testing and reduce test application time. However, it introduces hardware and delay overhead. To reduce overhead, the authors proposed a linear- depth time-bounded testability-based DFT method in [23]. It ensures the existence of a linear-depth time expansion for any testable fault and it offers lower hardware overhead than the method in [22].
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...