トップPDF 第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

は、これら知識がすべて必要であるが、これら知識を段階別教えるべきである。一 気全部教えるは学生を混乱させるだけである。初級段階比較文場合は、述語は形 容詞だけを中心教えれば十分である。述語が“有”+抽象名詞、能願動詞+動詞など 文例、省略問題、そして述語付けられる程度副詞問題などに関する知識は中級以 上段階分類されるべきであろう。授業中、もし学生がこれらに関する質問をした場合 は、具体的な問題に対して、その学生個人説明するだけで十分である思われる。  頻度が高く、且つ日本語表現は違う表現については、授業中、その区別をしっかり 説明すべきである。その上、繰り返し練習させることも必要ある。たとえば、中国形 容詞述語文構造は英語日本形容詞文は異なるので、その区別をしっかり説明す べきである。ただし、学生がその説明が分かっていても、実際使う時は母国影響 を受けて誤ってしまう場合がある。一例として、“今日は天気がよい。”という形容詞が現 れる文を中国訳すときは、往々“今天天气是好。”、“今天天气好。”というよう言 ってしまう傾向が多い。このような文法上難しくない問題であっても、実際使うとき 間違ってしまう文法事項については、学生が完全使えるようなるまで、授業中頻繁 練習しなければならない。
さらに見せる

14 さらに読み込む

分離疑問文( Split Questions )のSC 分析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

分離疑問文( Split Questions )のSC 分析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Camacho(2002)分析で SQ-type1名詞類、あるいは SQ-type3前置詞句、形容詞句など移 動が考慮されない句が基底生成するような例では説明が可能であるに対し、動詞、あるいは CP など単一節を越えた移動が関係する場合は説明することができない。次に Arregi(2010)は 節構造を用いて分析されているため SQ-type3など移動が関係したりしなかったりする場 合は説明できるかあいまいではあるがさらに問題なるは SQ-type4中でも焦点句へ CP 全体がどのようして移動するかその必要性に関して疑問なる。最後 López-Cortina (2007)では確証句を採用する事でイントネーションなど音韻現象意味論も考慮した上で SQ-type1-3を説明することができるが、同様 SQ-type4派生を考慮した際否定要素が関連 する時なぜ最終的な派生が成立しないかその定式化が曖昧である事が分かる。
さらに見せる

24 さらに読み込む

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ここでスペイン教育言語研究について簡単おさらいをすれば、高等教育機関として1218 年サラマンカ大学が、1499年アルカラ・デ・エナーレス大学が設立された。1492年はア ントニオ・ネブリーハがロマンス諸語で最初文法書なる『スペイン文法』 を出版し、俗語であるスペイン古典ラテン語同様規範が確立された。 研究機関としては1713年模範的スペイン普及を目的スペイン王立アカデミアが創設さ れた。(山田善郎編、1996)この機関ではスペイン文法が体系的研究され、現在では活動目的 を次よううたっている。(la Academia) tiene como misión principal velar porque los cambios que experimente la Lengua Española en su constante adaptación a las necesidades de sus hablantes no quiebren la esencial unidad que mantiene en todo el ámbito hispánico (アカデミアは、話者必要適応し続けるためスペインもたらされるさまざまな変化 が、スペイン圏全域において保たれている本質的な統一を乱さないよう、留意することを 主な使命する。〈筆者訳〉) つまりそこでは、世界20カ国以上及ぶ広域で使用されるスペ イン使用面で起こる諸々問題を軽減することを責務として研究が続けられているのであ
さらに見せる

14 さらに読み込む

英語公用語論に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

英語公用語論に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

他文化をも積極的吸収し、それ接触なかで日本文化を豊かし、同時に日本文化を 国際言語のせて輝かせるべきであろう。  すでに国際化進行とともに、英語が国際的汎用化 10) してきたが、インターネット・グ ローバリゼーションはその流れを加速した。英語が事実上世界共通言語である以上、日本国 内でもそれ慣れる他はない。公用はしないまでも実用地位を与えて、日 常的併用すべきである。国会や政府機関刊行や発表は、日本とともに英語でも行う を当然たしなみすべきである。インターネットによってそれを世界流し、英語によるや りとりを行う。
さらに見せる

11 さらに読み込む

再論 中国語の複文について −新しい中国語教学文法の再構築を目指して− 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

再論 中国語の複文について −新しい中国語教学文法の再構築を目指して− 外国語教育研究(紀要)第1号〜第10号|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 1960年前後なる丁声樹等(1961)は「〈對比句〉はその中各節意味が対立するもの である。前節が後節を際立たせる用いられている。……〈譲歩句〉はある種譲歩 なり、主節が真意を述べている。あるものは先事実を承認した後で真意を述べている。…… あるものは仮定的事実を承認した後で真意を述べている」区別して定義している。また張志 公等(1959)は「〈転折関係〉は主従複文一種である。前節がある意味を述べ、後節 が前意味沿って話を続けておらず、逆接しており、前は全く正反対意味ある いは前相対する意味を述べている。このような二つ関係が〈転折関係〉である」 定義しているが、〈転折関係〉〈譲歩関係〉共存あるいは混同ないし混用が見られる。  1980年前後は胡裕樹等(1979)は「前節でまずある一面を述べ、後節で前意味 沿って話し続けていくではなく、前相対する、相反するあるいは部分的相反す 意味転化している。これがつまり〈転折関係〉である。……ある主従複文は着想を一 歩控えるという意味を含んでいる。この節間関係が〈譲歩関係〉である」両者を区別した 説明をしている。また黄伯栄等(1980)は「主節が従節意味相反するかあるいは相対する もの、これがすなわち〈転折関係〉という」簡潔定義した後、連接語句について詳説して いる。また張静等(1980)は「〈譲転〉は譲歩逆接両関係総称である。この種複文 においては、二つ意味は往々して対立する立場あり、まず話し手が一つ節が表わ す所事実あるいは理由存在を承認あるいは容認して、然真意を述べる。譲歩を表わ す節が従節であり、逆接を表わす節が主節である」定義している。また教学文法では史錫堯 (1991)が「二つ節が表わす意味が順調話し続けられていくではなく、番目[後] 節が表わす意味が最初[前]節に対していう、ある種転換・逆接が生じる。このような 二つ節が構成する複文は〈転折複句〉称される」定義されてきた。
さらに見せる

23 さらに読み込む

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 そもそも我が国外国教育では、受験という大きな障壁もあり、聞き取りや発音訓練 を体系的授業カリキュラム組み込んだ教材開発が遅れていることは否めない事実で あろう。教員自身発音能力がほとんど問われない上、発音善し悪しが評価基準含 まれない現状では、当然結果である言えようか。しかし[中略]まず相手発話内容 を的確かつ迅速理解することが、円滑なコミュニケーション前提条件として必要不可 欠であろう。[中略]「受動的」ないしは内容理解中心語学教育から、発信型「能動的」 な語学教育転換がさけばれているが、相手を無視して、自分言いたいことを一方的 述べたてるだけでは、だれからも相手されないことは明白である。まさにリスニング (聴解力)こそが、ボールを投げあうような円滑な対話にとって、表現力以上決定的
さらに見せる

12 さらに読み込む

移入史初期の『ドン・キホーテ』をめぐって 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

移入史初期の『ドン・キホーテ』をめぐって 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

アマディス物語は、かつて台湾一角で読まれた違いない。(中略)当時エスパニア文学 は、国運隆盛相まって、もっとも重んじられ、全欧各国を風靡していたから、どんなに実利 功利眼が眩んでいたはいえ、冒険家、植民者頭領格は、当代一流教養を受け たものが少なくなかったしするから、あるいは有名な伝フェルナンド・デ・ローハス『セレ スティナ』や、ローペ・デ・ベーガコメディアス、カルデロン・デ・ラ・バルカアウトス なども舶載されて来て、あるいは淡水河口で、あるいは鶏龍砲塁で、明月に対しながら、 朗唱・微吟されたかもしれぬ。それにまた当時は、ゴンゴラ一派神祕的な「幽玄体」が一代 を風靡していたことから推していく、あるいはこの絶東一孤島もゴンゴリスモ佶屈体 をつくる小詩人がいたかもしれぬ。まして珠玉小曲を残したロペス・デ・メンドーサ、艶麗 な名作多いガルシラーソ・デ・ラ・ベーガなど、前代詩匠作品は当然読まれた」(同: 113)、スペイン文学作品や人名を挙げている。そこは『ドン・キホーテ』も含まれよう。 日本では1624年スペインが来航禁止、1639年ポルトガルが来航禁止、その後オランダ 貿易のみなるが、日本も伝わっていたであろうか。ちなみに島田は「『ドン・キホーテ』 は、あれほど傑作でありながら(中略)結局、オランダ人」(同)好みではなかった書い ている。
さらに見せる

16 さらに読み込む

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 では,“和”が生起してもしなくてもよい並列構造や,“和”が生起しないが一般的され 並列構造,“和”を生起させるどのような意味的差異が生じるか。作文や記事タイ トルとしては, “茶壶和茶碗”や“爸爸和妈妈”ようA和B型を採用するが自然であるが, テクストによっては,“茶壶茶碗”敢えて“和”を生起させ“茶壶和茶碗”する,他 受け皿なども存在し,そのようないくつか要素中から(ほかでもなく)きゅうす湯 飲みを取り上げるという意味合いが生じ,“爸爸和妈妈”も,(ほかでもなく)お父さんお母 さんを選び出し取り上げるというニュアンスを帯びる。下例では,
さらに見せる

9 さらに読み込む

≪アンケート≫による授業(実践報告) 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

≪アンケート≫による授業(実践報告) 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 2001年試みは E-mail 交換を別することを考えさせた。通常授業中で得た文法・ 語彙知識応用的な面を考え、表現型や例文を示しながら説明しようしたが、数回レ ッスンでは学生文章を添削するだけで精一杯であり、学生作文力を伸ばす機会なった いう実感は持てなかった。しかし、1年間フランス語基礎を学んだ後で、それ実際コミ ュニケーション使ったという満足感を得た学生は多く、何らかの形で続けよう思った。  フランス側学生 E-mail は日本語フランス語英語を自由交えて自然書かれてお り、当然教師チェックは入っていない。「日本語」は多く誤りを含んでいるが、他言語 を補足的使うことで、理解は可能である。
さらに見せる

9 さらに読み込む

“得”字補語文について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

“得”字補語文について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 しかし、以下否定スコープ問題を考える(6a)も(6b)も(5)形式構造みなすこ はできない。 ⑻ 他[[没有]{念书}]很重要。(彼が本を読まなかったことはとても重要だ) (8)は一般的な主語節(文主語)例であり、波カッコは否定詞 没有 スコープを現わして いるが、主語節否定スコープが主語節や付加節を超えて文末形容詞及ぶことはない。 しかし(9)では 没有 スコープが文末形容詞まで及んでいる。
さらに見せる

9 さらに読み込む

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

3 . 2  約束「-을게요」  「-을게요」単独発話は「약속할게요(約束します)」よう約束するという遂行動詞を 使わない場合であっても「꼭,반드시,다음엔 , 무슨일이 있어도(必ず、絶対、今度は、何が あっても)」など共起して用いられることで「することを約束する」意味を表すことなる。 また「-을게요」否定形は「결코 , 절대로 , 두번다시 , 더이상 , 앞으로는(決して、絶対、も う二度と、もう、今後は)」など共起して用いられることで「二度としないことを約束する」 意味を表し、単独発話そのものが約束意味として使われる特徴がある。
さらに見せる

13 さらに読み込む

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 また、B 1 なって獲得されなければならない能力ひとつとして、一般大衆向けられた メッセージを「聴衆」一人として受け取り、その内容を理解する能力がある。これは、テレ ビ番組を見る際も要求される能力ではあるが、テレビ場合、映像が内容理解助け。「聴衆」として講演や発表などを理解する能力を発達させるためは、教員がフランス語 を積極的用いて授業を運営することが役に立つであろう。ここでもまた、学生が100パーセ ント完全教師指示や説明を理解する必要はない。「要点」を理解できれば良いである。 重要な項目で、学生完全な理解を確かめる必要がある場合は、日本説明を補足すれば よい。こうして 1 年間、教員フランス語で指示慣れ親しんだ学生は、フランス人を一般 対象するメッセージに対しても、要点を理解する素地はできているであろう。
さらに見せる

12 さらに読み込む

外国語教育における「翻訳」の再考 ― メタ言語能力としての翻訳規範 ― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

外国語教育における「翻訳」の再考 ― メタ言語能力としての翻訳規範 ― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

3 . 7  歴史まとめ  ここまで言語学習教授法歴史を主 Richards & Rogers(2001)および Cook(2010) 沿って概観してきたわけだが、文法訳読法から CLT まで変遷中で、幾つか 2 項対立的な キーワードを巡って振り子が動いているが分かる。1 つは、形式 vs. 意味である。文法訳読法 や直接教授法では形式を重視するに対して、CLT では意味重視なる。もう 1 つは、無意識 的 vs. 意識的振り子である。直接教授法から CLT 一部まで、無意識下で学習がおこなわれ ている考える傾向は強いようであるが、フォーカス・オン・フォームでもみたよう、最近 では学習者意識的な気づきを促したり、注意を向けさせることが必要である考えられてい ようだ。無論、この議論は本来チョムスキー言語学から受け継がれる議論であり、言語知識 はほか人間技能は異なり教育影響を受ける度合が小さい、という言語習得論命 題深く関係するものではあるだが、本稿目的はこの是非を論じるものではい。むしろ、 特筆すべきは、これまで見てきた歴史中で揺れ動く項対立軸に対して、フォーカス・オ ン・フォームよう近年アプローチは、そのどちら振れようというものではなく、 その中間収まろうというような傾向が見られるということであろう。そうであるならば、言 学習大切なは、形式か意味どちらかではなく、形式も意味も、両方ともが大事なので ある。つまりその両方を、言語「機能」「コミュニカティブ」であることを考慮して、意 識的であろう無意識であろう、それはあまり問題せず達成できるであれば、言語学 習目標は当面は果たせる考えるわけである。この立場立てば、後述する翻訳(規範)を 基軸した翻訳教育は、現在外国教育教授法が目指す目的真っ向から対立するもので はない考えられるだ。
さらに見せる

22 さらに読み込む

日韓における謝罪の「定型表現」の使用について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日韓における謝罪の「定型表現」の使用について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 期待添えないことで聞き手心理的な迷惑をかける恐れがあるものや依頼で聞き手負担 をかける恐れがあるものは、謝罪「定型表現」が向けられる off ense 存在が比較的明確で ある言えるが、エチケット違反や挨拶では off ense がほとんど存在しない場合もある。  では、このような状況を韓国比較した場合、両言語どのような相違が見られるだろう か。生越(1993)では日本語韓国謝罪について「悪いことを相手してしまったり、迷 惑をかけたり、勘違い、人を借りたり、人何かを依頼したり、人期待そえなかった り、こういった場面で謝罪するは日韓共通である」(p.34)述べ、問題なるは「呼びか け」「挨拶」「感謝」分析している。
さらに見せる

16 さらに読み込む

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ところで同じくこの日日記は、 8 月27日から 9 月12日まで行なわれる、「独逸軍団 秋季演習」参加することが記されている。これは、ザクセン軍団軍医部長ヴィルヘルム・ ロオト勧めによるものであった。ロオト初めて出合ったは、この年 4 月29日で、この 日日記「索遜軍団医長軍医監ロオト Wilhelm Roth 氏徳停府より来り、諸大学教授及軍医 カタリイネン、ストラアセ Katharinenstrass s i c e なるバウマン Baumann 酒店会す。余も亦 与る。ロオト氏は鬚眉皆白し。然れとも談笑状少年如し。此人は方今独逸国軍医巨 擘なり。余面を見て、人介するを待たずして、卿は等軍医森氏ならずや呼び掛け」(同: 94)られたことが記されている。鷗外は、 5 月27日陸軍 1 等軍医任ぜられていた。なお辞 令は 7 月15日到る日記は書かれている。鷗外は、その後ロオト親しく交際し、またロ オトも鷗外を厚遇して止まなかった。ロオトは秋季演習後、鷗外ドレスデン来て、ザクセ ン軍団冬期軍陣衛生学講習会(10月13日―翌19年 2 月27日)参加するよう勧めた。こ こは鷗外最初計画はなかった所であるし、また大学があるわけでもないのに長期滞在 することしたは、ロオト親交だけでなく、ロオトを通じて多く友人がこの地でき たこと、またロオトを始めその友人達が文学好きであったことも影響している。またさらに はドレスデンへ幾度も来るうち、この地素晴らしさ心引かれるものもあっただろう。 そしてこの地で、鷗外が記すようスペイン文学印象深い出会いがあった。もしロオト 誘いがなければ、この印象深い出会いも起こらなかった。
さらに見せる

14 さらに読み込む

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

쌍 sagutai(六57オ)’もある。  ところで、同義異字を各々‘d、n’で転写しているが見られる。‘汝너 do-(十六113ウ)’ ‘你너 neu(74オ)’、‘悔뉘우칠 nu-iu-tutiru、懺뉘우칠 du-iu-tiru(九112ウ)’は同じ張 見 ら れ 。 そ し て、 単 音 節 以 下 例 で あ が、‘ 姉 누 에 matudu-woi、 姐 matunu-woi(六44ウ)’である。また、‘ㄴ’を無声音‘t’で転写している例が7例あり、そ 漢字音を転写したものが三例ある。日本語は清濁を区別することから考える、これら も‘d’で把握される筈である。しかし、清濁表記が徹底していないこと、『明治字典』簡 単な綴り誤りがあること、転写方針が一貫していないことからも判断して、清濁表記不正 確さによるものである考える 5) 。
さらに見せる

17 さらに読み込む

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 英語以外外国については、改訂前同様、地域実情や学校実態応じ、いっ そう積極的開設され弾力的な指導ができるようするため、学習指導要領において特に 規定していない。なお、これらを扱う際は、英語に関する各科目目標及び内容等準 ずるものした。 (一章 一節 3 ⑧)  つまり英語以外外国は、各学校や個々スペイン担当者科目目標や内容決定権 があり、それに従って指導が行われているため、実は ELE 教材や大学生用教科書必要な部 分のみを使うという現状でも問題はない言えないこともない。それでも本来大学授業で用 いられるが前提である教科書が、想定異なる使い方をされている状況は憂慮すべきであろ う。それでは、高校生用教科書作成ためはどのような点注意を払うべきであろうか。
さらに見せる

8 さらに読み込む

レクサイル指標の位置づけと計測方法 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

レクサイル指標の位置づけと計測方法 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 現在もレクサイル指標有効性については議論が続いているものの、初等・中等教育おけ テキスト難易度比較においては、計量分析的手法「読みやすさ指標」依拠しなけ れ ば な ら ず、Common Core State Standards お け 読 解 能 力 指 針 お い て、Lexile Framework が使われるようなったことはある意味、順当なことである。質的分析においては あらゆる人々が数千冊書物について難易度について一致した見解を見出すことは困難であり、 より客観的な議論ためは量的分析頼らざるを得ない側面を示している。こういった背景 もと、連邦政府が2010年各州共通教育基盤指針(コモン・コア)概要が打ち出される 及んで、レクサイル指標は全米初等中等教育で広く使われるようなっていった。私企業 により開発された読みやすさ指標が、今や連邦政府教育指針深くかかわりながら全米 拡大をし、その勢いはアメリカを超えて世界的も影響を与えている。
さらに見せる

15 さらに読み込む

グループ活動を取り入れた初級スペイン語教育の試み 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

グループ活動を取り入れた初級スペイン語教育の試み 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

5 .まとめ  今回グループ活動を取り入れた授業を行なってみて、文法シラバス授業比べて学習でき 項目が少なくなるという問題や活動内指導ありかたについて改善点すべき点があるもの 、文法項目習得はある程度効果がある感触を得た。またグループ活動は教室を活気 付けること貢献する傍ら、学習者自身が知りたい望むことを学習する環境を整えることで、 スペイン国々文化やスペインそれ自体へ興味を彼らうち膨らませ、スペイン を学習する積極性を付与するものである実感した。こうしたことから、グループ活動を教 室で授業取り入れる意義は大いにある思われる。
さらに見せる

10 さらに読み込む

フランス語タンデムコミュニケーションクラスについて 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

フランス語タンデムコミュニケーションクラスについて 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

₃ 回目授業。太治担当。フランス語でパンフレットを作成。個性的なもの、フランス人 が実際見て日本文化についても学べるもの、日本都市本当に行ってみたい思わせるよ うなものを作成するよう指導。フランス語表現について学生から質問が多く出る。太治が 答えることできる質問についてはその場で回答するが、多くは、次回レヴィ授業で回答 する旨を伝える。たとえば、九谷焼について描写は、内容については理解できるが、フラン ス言い回しについてはレヴィ相談することする。一般、学生は、取り上げる都市 特徴・文化的背景・歴史などは日本語で話すことできる太治相談し、細かなフランス語 チェックについてはレヴィを頼った。特殊な単語については、まず太治相談し、それからレ ヴィ質問するという学生が多かったようであるが、まさしくこの点が、ネイティヴ教員日 本人教員 ₂ 名からなるタンデムクラス強みだ思われる。我々教員間でもフランス日本 文化突合せや確認がしばしば行われたが、学生も同じ体験をすることなった。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題