トップPDF ポスター 160318第14回学融合ポスター

ポスター 160318第14回学融合ポスター

ポスター 160318第14回学融合ポスター

融合ビジュアライゼーションスクエア( TV-Square ) E-mail : tv-square@mns.k.u-tokyo.ac.jp お問合せ・参加申込 14 融合ビジュアライゼーションシンポジウム 東大新領域-KEK教育連携シンポジウム

1 さらに読み込む

2019 年 本マインドフルネス学会第 6 回 会 ( 於 : 関 学 ) 概要 発表形式 : ポスター発表 般研究発表 ( ポスター発表形式 ) 発表申込要領 募集内容 : 機関誌 マインドフルネス研究 と同様に, 直接的, もしくは間接的に, 広くマインド フルネスに関係する内容

2019 年 本マインドフルネス学会第 6 回 会 ( 於 : 関 学 ) 概要 発表形式 : ポスター発表 般研究発表 ( ポスター発表形式 ) 発表申込要領 募集内容 : 機関誌 マインドフルネス研究 と同様に, 直接的, もしくは間接的に, 広くマインド フルネスに関係する内容

ü 開場後は,参加受付が終わり次第,ポスターを貼っていただけます。遅くとも,8 ⽉ 24 ⽇の 15:00 までに受付を済ませ,ポスターを貼ってください。ポスター発表終了後も,参加者の ⽅にご覧いただけるよう,できるだけ,8 ⽉ 25 ⽇の⼤会終了時まで貼ったままでお願いいた します。ポスターを貼ったまま,お帰りいただいても結構ですが,その場合,ポスターは⼤会 終了後に,⼤会事務局で処分いたします) 。

6 さらに読み込む

第11回日本助産学会学術集会集録 ポスターセッション・ビデオセッション第9群

第11回日本助産学会学術集会集録 ポスターセッション・ビデオセッション第9群

今回我 々の観察 した13例 の胎盤娩出 様式は,全 てシュル ツ工式 であったに もか かわ らず,超 音 波で観察 された結果では明 らかな胎盤 後血腫 は 認め られず,子宮体部 筋 の収縮に ともな う胎盤 の 「 づれ」によ り胎 盤の剥離 が起 こってお り,胎 盤剥離様式 と娩出様 式との間には明 らかな相 違 が認め られ た.近 年 では胎盤の剥離様式[r]

11 さらに読み込む

第11回日本助産学会学術集会集録ポスターセッション・ビデオセッション第11群

第11回日本助産学会学術集会集録ポスターセッション・ビデオセッション第11群

%)で 一番多 く、乳頭 、乳房の異常について99 人(24.8%)、 母乳分泌 が少ない84人(2 1.0%)で あった 。 4.4グ ルー プ 「お母さんの生活 について 」わか らない ことは 、異常時の受診 につてが一番多 く2 19人(54.8%)、 外陰部の消毒期間 につい て204人(51.0%)、 乳頭の消毒時期につ いて198人(49.5%)で あった[r]

18 さらに読み込む

一般演題(ポスター) 第51巻Supplement 1号0905頁

一般演題(ポスター) 第51巻Supplement 1号0905頁

○坂東 正 ,山崎 一麿 ,植田 亮 , 能 久雄 ,塚田 一博 , 田中 三千雄 【緒言】十二指腸下行部の良性狭窄は比較的稀である。groove pancreatitis は膵頭部の十二指腸と胆管に囲まれた領域の限局性炎症によるものであ り、しばしば十二指腸下行部の狭窄を認める。今回我々は類似の臨床所見 を呈しながら病理組織所見上ではgroove pancreatitisの所見が得られな かった稀な症例を経験したので報告する。【症例】64歳、男性。甲状腺機能 低下症にて内服治療中。2006年8月より食欲不振と体重減少が出現したた め、上部消化管内視鏡検査を施行したところ、十二指腸球部に潰瘍性病変 を認め、肛門側の下行部には高度の狭窄を認め内視鏡が通過しなかった。 病変部の生検で悪性所見は認められなかった。抗潰瘍剤内服による通院加 療を開始したが症状は軽快せず、その後5か月で約5kgの体重減少も認め たため、2007年1月入院となった。入院時現症は、身長172cm、体重50kg で、血液生化学検査において、TP 5.5g/dl、Alb 3.1g/dl、Tch 122mg/dl およびHb 10.6g/dlと低栄養および 血を認めた。腫瘍マーカーのCEAと CA19-9は正常範囲内であった。腹部USとCTでは十二指腸の壁肥厚を認 めた。MRCPでは胆管と膵管に異常を認めなかった。プロトンポンプイン ヒビターの投与により、球部の活動性潰瘍は瘢痕状態へと治癒したが、下 行部の狭窄は全く改善しなかった。半年以上の経過で流動物しか経口摂取 できないため手術適応と え2007年4月に手術を施行した。開腹所見で触 診上は、球部から下行部にかけてのいわゆるgroove領域に接する十二指腸 が 化していた。膵頭部背面リンパ節の術中迅速病理診断では悪性所見を 認めなかったが、groove pancreatic cancerが否定できないことから幽門 輪温存膵頭十二指腸切除術を施行した。術後経過は良好で7病日より流 動食の摂取が可能となり、全粥がほぼ食べられるようになったため退院さ れ、約1年6カ月経過したが問題なく生活されている。切除標本病理組織 学的所見では、十二指腸に強い慢性炎症細胞浸潤とUl IVの潰瘍瘢痕を認 め、十二指腸下の膵に軽度の線維化をみるもののgroove領域としての明確 な膵炎の所見は乏しく、十二指腸狭窄の特異的な原因は同定できなかった。 【まとめ】groove pancreatitis類似の臨床所見を呈した良性十二指腸狭窄 の1例を経験したので報告した。
さらに見せる

64 さらに読み込む

第 1 回北関東磐越地区化学技術フォーラム講演要旨集 タイムテーブル 12:30-13:00 受付 13:00-13:10 開会挨拶 13:10-13:50 招待講演 13:50-14:38 口頭発表 14:38-15:00 ( 休憩 ポスター掲示 ) 15:00-17:10 ポスター発表 15:0

第 1 回北関東磐越地区化学技術フォーラム講演要旨集 タイムテーブル 12:30-13:00 受付 13:00-13:10 開会挨拶 13:10-13:50 招待講演 13:50-14:38 口頭発表 14:38-15:00 ( 休憩 ポスター掲示 ) 15:00-17:10 ポスター発表 15:0

6 ポスター発表(2/4) (15:00—17:10 発表コアタイム/奇数番号 15:00—16:00 偶数番号 16:10—17:10) PP-15 セルロースエステルへの環状エステルの開環グラフト化 (茨城高専)○河村 登稀・笹目 亮太・武田 隼太・宮下 美晴 PP-16 両親媒性ジエチルアミン中での親油性有機シリカゲルの形成

11 さらに読み込む

ポスタープログラム 第2日目 11月23日(金)

ポスタープログラム 第2日目 11月23日(金)

P2-14-2 昏睡を呈する急性脳底動脈閉塞 (acute basilar artery occlusion, ABAO) の梗塞拡大 の時間経過.開通治療の time window の参考のために 高野 弘基 (立川綜合病院 神経内科) P2-14-3 中大脳動脈狭窄による急性閉塞に対する血栓回収療法の成績 前川 秀継 (奈良県総合医療センター 脳神経外科)

24 さらに読み込む

風しんポスター

風しんポスター

妊婦は風しんの予防接種を受けられません 1歳児 (1期) と、小学校入学前1年間(2期)は 麻しん風しん混合ワクチンの定期接種を受けましょう 厚生労働省/国立感染症研究所/社団法人日本医師会/公益社団法人日本 産科婦人科学会/公益社団法人日本産婦人科医会/公益社団法人日本小児 科学会/一般社団法人日本小児科医会/公益社団法人日本小児保健協会/ 一般社団法人日本感染症学会/日本ウイルス学会/一般社団法人日本プライ マリ・ケア連合学会/一 般社団法人日本保育園保健協議会/日本渡航医 学会/日本環境感染学会/一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会
さらに見せる

1 さらに読み込む

開催要綱富山県美術館平成 30 年度企画 第 12 回世界ポスタートリエンナーレトヤマ 2018( 略称 =IPT2018 ) 1. 名称第 12 回世界ポスタートリエンナーレトヤマ 2018( 略称 =IPT2018 ) 2. 概要この展覧会は 世界のポスターデザインの現況と成果を概観するため 作

開催要綱富山県美術館平成 30 年度企画 第 12 回世界ポスタートリエンナーレトヤマ 2018( 略称 =IPT2018 ) 1. 名称第 12 回世界ポスタートリエンナーレトヤマ 2018( 略称 =IPT2018 ) 2. 概要この展覧会は 世界のポスターデザインの現況と成果を概観するため 作

○ピオトル・ムウォドジェ二ェツ(ポーランド) Piotr Mlodozeniec 1956 年、ワルシャワ生まれ。76~81 年、ワルシャワ造形美術アカデミーに学び、81 年にヘンリク・ トマシェフスキ教授のスタジオでポスターデザインの学位を取得。93 年にフランス・ショーモンの ポスターフェスティバルでグランプリ。98 年ワルシャワの 16 ポスタービエンナーレ銀賞。 IPT1994、2009 で銅賞受賞。

6 さらに読み込む

案内ポスターの ver

案内ポスターの ver

大学院自然科学研究科長 大谷 順、 大学院生命科学研究部長 竹屋 元裕、 イノベーション推進機構長 原田 信志 平成26年10月29日(水) 15:00-19:00 会場: 熊本大学医学部 医学教育図書棟3階 一講義室 ポスター会場: 医学総合研究棟3階 安全講習室

1 さらに読み込む

「学社連携・融合通信」第14号 学社連携・融合における本市のこれまでの取組み | いわき市教育委員会

「学社連携・融合通信」第14号 学社連携・融合における本市のこれまでの取組み | いわき市教育委員会

   ① 富谷地区 (富谷中学校科学部・特別支援学級生徒対象)      「富谷茶づくり」(地域の富谷茶作りの名人を講師として招き、茶摘から製茶まで行う。)    ② あけの平地区 (富谷二中学校全校生徒対象)       「あけの平マイスター」(児童・生徒に地域への興味関心をもってもらうことを目的として、地域の 中で優れた技能を持った方々や頑張っている方々を文化祭において作品やパネルで紹介する。 3 富ヶ丘・日吉台地区 (日吉台中学校1年生対象)
さらに見せる

1 さらに読み込む

一般演題(ポスター)

一般演題(ポスター)

,大阪市立総合医療センター感染症センター 2) ) 感 P-373 腎移植患者におけるサイトメガロウイルス(CMV)感染とその影響 二報 ○宇野健司,古西 満,笠原 敬,前田光一,小川 拓 吉本 昭,山田 豊,菱矢直邦,中村(内山)ふくみ,三笠桂一 (奈良県立医科大学感染症センター) 感 P-374 A case of a co!infection of Bordetella pertussis with dengue virus

42 さらに読み込む

一般演題 ポスター

一般演題 ポスター

【目的】食道扁平上皮癌は現行の集的治療を行っても高率に再発・転移を起こす予後不良 な癌種であり,癌の転移(血行性転移・リンパ節転移)に癌"宿主間の Chemokine network が重要な働きをしていることがわかってきている.今回我々は食道扁平上皮癌切除検体を 用いて,癌細胞における Chemokine Receptor 発現の予後ならびに臨床病理的特徴への 関与を検討することで食道扁平上皮癌の予後予測を行えるかを検討する.【方法】1997 年 1 月∼2007 月 9 月までに当教室で食道扁平上皮癌に対する手術を行い,切除検体において Chemokine Receptor である CCR7・CXCR2・CXCR4 の発現の有無全てを調べることがで きた 59 例を対象とした.切除検体において免疫化学染色を行い,CCR7・CXCR2・CXCR 4 発現の有無を調べ,無再発生存期間(以下 DFS)ならびに全生存期間(以下 OS)およ び深達度・リンパ節転移・病期・脈管侵襲の有無・リンパ節再発の有無・遠隔転移再発の 有無との関連を検討した.【成績】59 例のうち,性別は男性 53 例,女性 6 例であった.平 均年齢は 58.6±7.4 歳,全観察期間の中央値は 61.0 か月であった.CCR7・CXCR2・CXCR 4 それぞれ 1 種類の Chemokine Receptor の発現の有無のみで予後を検討すると,CXCR2 (+)例のみ DSF が不良となる傾向にあったが(p=0.069),CCR7(+)例および CXCR4 (+)例では DFS,OS ともに有意な差を認めなかった.Receptor 発現数 0 例と Receptor 発現数 1"3 例との比較では,Receptor 発現数 1"3 例で DFS は不良となる傾向にあり(p= 0.059),OS は有意に低下した(p=0.016).Receptor 発現数 0"1 例と Receptor 発現数 2"3 例との比較では,Receptor 発現数 2"3 例の方が DFS・OS ともに有意に不良であった(そ れぞれ p=0.023,p=0.021).また,発現している Receptor の組み合わせと予後との関連 性は認めなかった.Receptor の発現の有無と深達度・リンパ節転移・病期・脈管侵襲の有 無・リンパ節再発の有無・遠隔転移再発の有無の関連を検討してみると,CXCR2(+)例 で血管侵襲を認める傾向にあり(p=0.074),遠隔転移再発は有意に多かった(p=0.001). 他の因子との相関は認めなかった.その他の Receptor の発現の有無は深達度・リンパ節 転移・病期・脈管侵襲の有無との有意な相関は認めず,Receptor の数や組み合わせとも相 関は認めなかった.【考察】食道扁平上皮癌において,Chemokine receptor の発現数が多 いほど DFS・OS を有意に低下させることがわかった.このことから,食道扁平上皮癌に おける Chemokine receptor の検索が食道扁平上皮癌患者の予後予測に役立つ可能性が示 唆された.病理的特徴を検討すると,CXCR2 の発現は血管侵襲および遠隔転移再発と
さらに見せる

131 さらに読み込む

展示ポスター2

展示ポスター2

現代の錬金術「元素間融合」で新規合金ナノ粒子を創出 -京都大大学院理学研究科 北川宏教授- 6JACI/GSCシンポジウム(2017年7月4日) 企業・団体活動紹介 展示ポスター2 水素で固溶化 PdPt固溶体ナノ合金

1 さらに読み込む

第13回日本助産学会学術集会集録ポスターセッション・ビデオセッション第12群

第13回日本助産学会学術集会集録ポスターセッション・ビデオセッション第12群

2森 明子他: 不妊治療 を受けて いる女性の治療 ・生活 ・家 族 に関す る認識を構成す る因子の分析, 不 妊治療の在 り 方 に関す る研究, 平成8年 度厚生省心 身障害研究... :The Components of Womens's Satisfaction with Maternity Care.[r]

12 さらに読み込む

プログラム(ポスター)

プログラム(ポスター)

林 千紘,伊東昌広,浅野之夫,荒川 敏,古田晋平,志村正博,神尾健士郎, 河合永季,安岡宏展,東口貴彦,堀口明彦 P20-6 術前化学療法を施行した十二指腸 NEC(G3)の一例 山形大学医学部附属病院 外科一講座(消化器・乳腺甲状腺・一般外科) 蘆野光樹,安次富裕哉,高橋良輔,菅原秀一郎,渡邊利広,木村 理

18 さらに読み込む

第4回 JISSスポーツ科学会議 ポスターセッション

第4回 JISSスポーツ科学会議 ポスターセッション

 スポーツの運動計測用のセンサシステムを開発す る。センサシステムとは、複数のセンサを用いて見 かけ上性能を向上させた計測システムを指す。こ こでは複数の加速度計を用いて、角速度や関節ト ルクをオンラインで計測するセンサシステムを構 築する。計測された信号は無線で送信される。この システムではIC型の加速度計と無線を用いること によって、選手に負担のならない小型センサを実 現する。モーションキャプチャと異なり、オンライ ンで計測できるため、リアルタイムのフィードバッ クが可能となる。特に3次元関節トルクをリアルタ イムで計測できるセンサは他になく、 バイオフィー ドバック・トレーニングシステム、FES、動力シ ミュレータを用いたリアルタイムシミュレーション 等、この技術を用いた様々な応用が期待される。 また、SMARTシステムとも連携し、映像データ ベースの情報にも同期し表示することが可能とな り、 選手のデータを蓄積し、 練習ノートとしてデー タをチェックすることが可能となる。
さらに見せる

18 さらに読み込む

一般演題(ポスター) 第57巻Supplement1号919頁

一般演題(ポスター) 第57巻Supplement1号919頁

○今井 雄史,大部 誠道,畦元 亮作,菅原 徳瑛,泉水 美有 紀,高橋 幸治,西尾 匡史,稲垣 千晶,矢 眞士,内藤 裕 史,石井 清文,藤本 竜也,藤森 基次,吉田 有,駒 嘉宏 症例 55歳、男性。 主訴 心窩部痛と黄疸。 既往歴 アルコール性慢性膵 炎、糖尿病にて近医で内服加療を受けていた。 嗜好 毎日ビール1000mlを 飲 酒。 現 病 歴 心 窩 部 痛 と 黄 疸 を 主 訴 に 当 院 を 初 診。初 診 時 の T-Bil 26.6mg/dlと高く、エコー・造影CTで膵頭部に39mm大の低エコー・低吸 収の腫瘍と多数の膵石を認めた。胃十二指腸動脈は腫瘍浸潤による狭窄を 認めた。PET-CTで膵頭部に集積を認め、EUSでは膵頭部に境界明瞭で不 整な内部エコー不均一な低エコー腫瘍を認めた。MRCP・ERCPでは膵頭 部主膵管の狭窄と下部胆管に55mm長の糸状狭窄を認め、ブラシ細胞診は class V, adenocarcinomaであった。以上より膵頭部癌T3N0M0 stage IIIと 診断した。治療は本人が手術を拒否したため化学療法の方針となった。閉 塞性黄疸に対し総胆管にplastic stentを留置し、減黄したところでゲムシ タビン単剤投与を開始した。1コース終了後の評価はPartial Responseで あったが、2コース終了したところでProgressive Diseaseと判断した。2 コース終了してから、metalic stent(Wall Flex bare stent 10mm径・8cm長) を下部総胆管狭窄部に留置した。落ち着いてからは化学療法をS-1に変更 して投与を開始した。metalic stent留置14日目に吐血した。血液検査では 肝胆道系酵素の増加を認めた。造影CTでmetalic stent内に動脈瘤を認め、 上部消化管内視鏡検査では乳頭部に胆管より流出する血液を認めた。胆管 内動脈瘤破裂と診断し、緊急血管造影検査を行い、ステント内へ突出する 5mm径の前上膵十二指腸動脈瘤を認めた。出血源と考えられ、瘤内にIDC coil 5mm-15cmでフレーミング行い、tornade coil 4本を使用して内腔を塞 栓した。 考察 慢性膵炎に膵癌が発生し動脈壁が脆弱となっているところ にmetalic stentを留置したことが、動脈瘤発生の原因と考えられた。 結 語 metalic stent留置の際には動脈瘤破裂の合併症も考慮する必要がある。
さらに見せる

73 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題