トップPDF わたしのくすり箱 絵本の窓から眺めたこと 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

わたしのくすり箱 絵本の窓から眺めたこと 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

わたしのくすり箱 絵本の窓から眺めたこと 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

せるために必要な、自分に向けて必死講義であっだ。  また入院生活場面で、『星王子さま』エピソードが思い起こされることがあっ。 手術前、腸内をきれいにするため、何度も下剤を飲まされ。結腸がほぼ詰まっているため思 うように薬が効かず、どうしても上に戻してしまう。何度も吐いては、ミネラルウオーターで うがいをする。水がこんなにおいしいと感じることは、それまで無かっ。また、手術後三日 間は点滴のみで、四日目に許可が出て水を一口含んだ時には、最高においしいと感じものだ。  どうしてあんなにおいしいと感じだろう。今思うと、単に生理的に体が水を欲してい からという理由だけではない。それは、王子さま砂漠で経験と類似するところがある。王 子さまが砂漠で飲んだ水は、とてもおいしかっ。それは、パイロットと二人で砂漠なかを 一晩中探し回り、やっと見つけ井戸からパイロットが汗して汲み取ってくれ水だっから だ。王子とパイロット心と心つながりが、砂漠水を命水に変えだ。それと同様に、 医師や看護師献身的な医療行為を裏付ける、患者に対する強い責任感(ちょうど自分星に おいてき花に対する王子責任と同類ものであろう)や、私苦しみを共有し励まし続け る家族愛情が、単なる水を砂漠民に与えられマナように甘美な飲み物に変えてくれ に違いない。
さらに見せる

24 さらに読み込む

社会科学の目的と「自由」に関する考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

社会科学の目的と「自由」に関する考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ここから得る教訓は、戦争が人間にとって欠かせないものだということではなく、戦争時に おいて得られる人間悦びは、社会秩序によって平和には奪われているということである。そ れに比してミシシッピ大平原多くインディアン部族状況は、平和時と戦争時状況が 逆である。平和時部族同士やりとりは共同出資会社と同じように利益を共有し、義務も 分散されている。敵は人間とも見なされず、その敵を犠牲にして難なく個人利益を手に入れ ることができるである。ダコタ族は勇敢で根っから戦争好きであっ。彼らは近隣部族 から恐れられてい。しかし国は彼ら功績には全く無関心であっ。政治的な目的で軍隊が 派遣されることもなく、彼らには他部族を支配するという考えは思いもしないことであっ。 戦争に加わっている若い青年たちは手柄をどんどん増やしていっ。例えばキャンプ先にい馬を盗み、倒れ敵がまだ生きている間に触れ、頭皮を剥ぎ、敵陣地から傷ついたり、 殺され部族を助け出したりし。これら手柄は加算され、仲間と張り合う時に使われ。 戦争とそれにともなうことは競争であっ。戦争部隊に入隊する理由は愛国心からではなく、 一旗揚げたいために入隊し。戦闘部隊が敵地に入ると、隊員はそれぞれ一番りっぱな服装を して羽根飾りをつけ。羽根一本いっぽんは彼が過去に成し遂げ手柄を表してい。隊員 たちが本拠地に帰ると、英雄となっ人たち家族や彼と何らかのつながりがある人たちが集 まり、彼功績を称え。兵隊たちは死ぬまで競い合って自分たち成し遂げ手柄を自慢し あうである。集会場には 100 以上数え棒が置いてあり、誰が一番多く棒を手に入れ、自 分たち手柄話しができるかということを競い合っ
さらに見せる

16 さらに読み込む

at Workにみるルース・ベネディクトの肖像 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

at Workにみるルース・ベネディクトの肖像 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2 章   は第 1 部から第 6 部で構成されている。この本構成方法につい てミードは次ように書いている。 「これは推理小説ではない。どこから読み始めてもよい。も うすでに終わっ人生というは、その人生なか様々な出来事を同時に見ることができる。 そのなか一つひとつが後ことを照らすこともあれば、前ことを照らすこともあり得る。 ……私は、この本で読者様々な好みに合うようにアレンジし。最後ページを先に読み い人もいるだろうし、他解釈を読む前に、自分で生資料をもとに解釈することを望む 人もいるだろう。資料はいくつかかたまりで提示されている。伝記によくあるように、途中で 切られ文章や詩断片などは折り混ぜられてはいない。なぜなら、ベネディクトも私もある 程度かたまりで資料が提示されなければ、パターンや流れがわからないと信じていからで ある。」( 2)従って資料と詩とかかわりも、ミードコメントと必ずしも一致するも ではない。ミード自身も章と詩関係は、彼女がひらめい場合にのみ一緒に提示している。 1 部ではベネディクトと文化人類学と出会いを、マーガレット・ミード解説をもとに書か れている。年代は 1920 年から 30 年代ものが中心となっている。この章には言語学者である エドワード・サピアとベネディクトと 1922 年から 1923 年にかけて往復書簡やベネディク ト自身日記も含まれており、初期ベネディクト想いを知る上で重要な箇所となっている。  1 部ベネディクトが文化人類学を始め論文「平原インディアン幻視」を翻訳して いて感じことは、論理的、科学的、そして明確に説明するという態度は感じられるが、その 表現からはそのスキルはまだ確立されとは言い難い点が感じ取れる。表現はどちらかという と古めかしく、客観的にそしてアカデミックに書こうとする試みは理解できるが、彼女自身 スタイルは未だ形成されとは言い難く、読み手にとって理解を複雑化させていると感じられ る。
さらに見せる

28 さらに読み込む

有余年の大学生活を振り返って 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

有余年の大学生活を振り返って 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 2009 年頃より、翻訳を中心に研究を深めている。翻訳をするにあたって、英語ニュアンス も含め、著書深遠な部分理解が求められる。これは私個人的な思いだが、バイリンガル な人とよぶことができるは菊地敦子先生をおいて私は知らない。何年にもわたって菊地先生 と行なっている翻訳・解釈セッションは私仕事に励みと力を与えてくれている。菊地先生 と仕事はこれからも当分続くことになるが、これまた結構なことである。
さらに見せる

2 さらに読み込む

英語語法における曖昧性の回避について 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

英語語法における曖昧性の回避について 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ここで言える事は、jewel case に関しては「宝石」と「CD ケース」 2 つ意味で曖昧 ため、jewel case は「CD ケース」意味に、「宝石方は jewelry case と別表現を使 って曖昧さを回避するようになって来ている。しかし、jewel box 方は、まだこの分化途 上であり、jewel box は「宝石」と「CD ケース」と「ジュエル・ボックス星団」 3 取り 曖昧性を持っている。しかし、「宝石」と「CD ケース」は他表現が存在しているが、「ジ ュエル・ボックス星団(jewel box cluster)」はこの表現しかないので、将来的に jewel box は 「ジュエル・ボックス星団」だけを指すようになるではないだろうか。
さらに見せる

11 さらに読み込む

岐路に立つルクセンブルクの3言語主義 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

岐路に立つルクセンブルクの3言語主義 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 言語間習熟度に濃淡はあれ、3 言語習得はルクセンブルク人アイデンティティー礎 であり、どの言語を欠かすわけにもいかない。ルクセンブルク人が最も得意な言語はルクセン ブルクであるが、ルクセンブルクを政治・経済・学問領域で本格的に使用するには綿密 なコーパス政策を展開せねばならず、そればかりかフランス語とドイツを主要言語とするメ リットが失われることにもなるので損失は大きい。したがって、フランス語とドイツ役割 を減じるような言語政策は国益に反するだろう。言語レベルだけを考えるならば、ほとんど母 として習得が可能なドイツを主要な公用とするがルクセンブルク人にとって最も現 実的な選択肢となろう。だが、ドイツに国土を占領され経験を持つルクセンブルク人にとっ て、ドイツと同じ言語を国語とすることには抵抗感がある。最近では、特に若年層でドイツ態度が好転しており、居心地がいい外国一位にドイツが入っている点は特筆すべきであ る。また、最も得意な言語 2 位にドイツが位置していることを考えるならば、ドイツ 使用域拡大環境が整っていることを示唆している。しかし、憲法が規定するフランス語司 法上優位性と、主たる学術言語をフランス語が担う言語教育政策を守り続ける以上、フラン スを上位言語とする 3 言語主義は変わらないだろう。特に、EU ではフランス語が英語と並 ぶ「作業言語」(working language)として使われているため、EU 主要機関が立地するルク センブルクにとってフランス語を主要言語とするメリットは計り知れないものがある。ただし、 ドイツにもフランスにも依存しない独立国であることを示すには、ドイツとフランス語バ ランスを取ることが重要になる。ドイツとフランス語というヨーロッパ 2 大言語を公的に 使用することで、幅広い通用性を持つインフラを提供しながら国際的な求心力を得るが小国 ルクセンブルク生き方であるからだ。
さらに見せる

14 さらに読み込む

昭和における日本の絵本の成立 ―翻訳が果たした役割を知るための資料― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

昭和における日本の絵本の成立 ―翻訳が果たした役割を知るための資料― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 大正期は、外国絵本翻訳は非常に少なく、 5) 絵雑誌へ掲載を除くと、西洋おはなしが 再話され絵本に作られものは、ほとんど認められないとことである。 6) 昭和に入り、日本 画家による絵を使用し外国昔話や創作物語絵本作品が見られるようになる一方で、 7) 絵本 翻訳に関していえば、ドイツから翻訳され絵本『ボウ・ボウ・アタマ』刊行が確認されて いる 1936 年から 45 年まで期間において、翻訳絵本数は「決して多くなかっ」とされて
さらに見せる

18 さらに読み込む

国際交流におけるコンフリクトの解決スキル 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

国際交流におけるコンフリクトの解決スキル 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

1 )Samoan Circle:両グループが一緒になって semi-circle を作り、周辺に聴衆が circle を 作って議論過程を見守るという手法である。このような open fi shbowl(公開金魚鉢) 中で行われることメリットとして、極端な方向へ議論が流れるを防ぎ、鋭い対立 が起きないことがあげられる。これは ASEP において、例えば大学生同士議論を中学 生が見守ることにより、英語表現や議論展開手法を習得して行くことにつながり、文 字通り正統的周辺参加が実践されることになる。実現すれば正に ASEP でのみ実現でき る手法である。
さらに見せる

7 さらに読み込む

北村 裕先生との四半世紀 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

北村 裕先生との四半世紀 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

外国学部紀要 第 10 号(2014 年 3 月) 2 となるだが、2002 年に外国教育学研究科として結実し時に、先生は涙を流して心から喜 ばれ。この頃、すでに病を得られ、心身ともにかなり苦しい状況であられかと思うが、そ れでも小躍りするように喜ばれお姿を見とき、私胸に強くこみ上げてくるものがあっ。  先生からは、人生において大切なものも実にたくさん学ばせて頂い。これら多くを、先 生は自ら行動で示され。その時点では、行動意味がわからず困惑することも多々あっ が、後になり意味が分かっときには、その深慮に驚くこととなっ。また、時に言葉で示さ れることもあっが、これら至言は、先生行動とともに、今も私指針であり、その輝き を失わない。
さらに見せる

2 さらに読み込む

アメリカテレビニュース英語の音声特性―音響分析から 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

アメリカテレビニュース英語の音声特性―音響分析から 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

3 .プロソディ,その他における音声特性 3 . 1  強勢拍リズム  英語を聞いていると,そこには独特リズムがあることに気がつく。このリズムは主として, 文中強く聞こえる音節が,ほぼ等しい時間間隔で現れる傾向があることによって生まれると いわれている。このような英語に特徴的なリズムことを強勢拍リズム(stress-timed rhythm) という。英語他にオランダ,ドイツ,デンマーク,ロシアなども強勢拍リズムを持 つ言語である。他方,フランス語,スペイン,ギリシャなどでは強音節,弱音節如何に かかわらず,すべて音節が時間的に等間隔で現れる傾向がある。そのようなリズムことを シラブル・リズム(syllable-timed rhythm)という。また,日本は各モーラがほぼ等しい強 さ・長さで発音されるモーラ・リズム(mora-timed rhythm)を持つ言語といわれている。  日本人英語学習者がセンテンスを音読すると,1 つ 1 つ音節を区切ってポツポツと同じ 強さで発音することがよくある。これは,日本モーラ・リズムをそのまま英語発音に転化 しているからである。日本語では,文中各モーラをほぼ一様強さ・長さで発音する傾向が あるが,英語ではアクセントある強音節は弱音節に比べて際だって聞こえる。
さらに見せる

17 さらに読み込む

ある肖像画の物語 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ある肖像画の物語 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

必要はないだと判断してい。結婚リスクと利点をレノックスはよく考慮し、目をよく開 いて結婚するだ。人にはそれぞれ好みがあるし、三五歳ジョン・レノックスは、エベレッ トが見かけどおり女性ではまったくないかもしれないと忠告されなければならない年齢では ない。バクスターはこのように、レノックスは二人目妻として可愛いだけ女性 ― 人をも てなしたり、彼金を絵ように美しく使ったりすることに才能ある女性 ― を意図的に選 んだだと思い込んだ。バクスターにはこの気の毒な男性情熱真剣な性質については何も 分からなかっし、バクスターが幻想と呼ぶものにレノックス幸せがどの程度抱き込まれて しまっているかも分からなかっ。彼唯一関心事は仕事を上手く仕上げることだけだっ 。人を魅了するマリアン顔に対して彼が以前持ってい関心おかげで、その分だけ彼 仕事は上手く仕上がっ。性格造形におけるあの力、そして、レノックス関心を捉え現実 あの深さを実際バクスターが肖像画中に吹き込んだことは紛れもない事実だっ。しかし それは、彼がまったく意識せず悪意を持たずにしことだっ。バクスター芸術家として 気質が失望を糧にし、喜びと苦悩によって脂肪を蓄え、バクスター人として部分に旺盛な 影響力を発揮し。つまり、簡単に言ってしまうと、この若い男性は本当意味で芸術家だっ ということである。強力で感じやすい彼性質測り知れない奥深い所で、彼才能は彼 心と交感し、失望と諦めという重荷をキャンバス上に移し換えであっ。マリアンと ちょっとした関係あと、バクスターは一生愛し続け信頼し続けることができると感じ若い 女性と知り合っ。この新しい感情によって目を覚まされ力づけられ彼は、古い恋愛によっ てでき不足をよりはっきりとし明晰さで埋めることができ。それゆえ彼は心を込めて肖 像画を描くことができ。彼にはそれ以外に何かできることがあるなどエベレットには想像も できなかっだろう。彼は心から正直に最善を尽くし。その確信は招かれなくても訪れ たし、そのために彼正直さはさらに優れものとなっ
さらに見せる

30 さらに読み込む

大学における翻訳教育の位置づけとその目標 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

大学における翻訳教育の位置づけとその目標 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

かっ学生も、このように書かせてみると各人がそれぞれに意見を持っていることがよくわか る。また、単に意見を持っているだけではなく、たいへん鋭い分析を提示している例も少なか らず見受けられ。たとえば、図 1 に引用しワークシートでは、5 ページ 4 行目にある「私 はそれを見ていたら、∼と思わず考えてしまっ」という箇所とその英訳 “My fi rst thought when I saw that . . . ” を取り上げ、「原文は『思わず考えてしまっ』と、意識せずに思ってし まっ様子であるに対し、英文では『最初に考えは』と意識的であり、さらに他にも何 か考えようにもとらえられ、少し原文とずれてしまう」というコメントが加えられている。 さらに、6 ページ 10 行目「エレベーターを降り、廊下に響き渡る足音を気にしながら∼」と いう箇所とその英訳“Getting off the elevator, I was alarmed by the sound of my own footsteps . . . ”シフトを指摘し上で、「原文では(足音を)『気にしている』程度であるに対 し、英文では『おびえさせる、はっとさせる』と書いているため、大げさな表現になり、この シーンと合わなくなっている」というコメントが付されている。いずれも、一見些細なこと ように見えるが、このような細部にこそ問題本質が宿っているものであり、テクストを深く 読み込むという観点からすれば、まさに慧眼というべきであろう。なお、図 1 ワークシート 上には、“My fi rst thought when I saw that . . .”に対する代替案として“A thought occurred to me . . . “と い う 英 文 が、“Getting off the elevator, I was alarmed by the sound of my own footsteps . . . ”に 対 す る 代 替 案 と し て“Getting off the elevator, and a bit annoyed by the sound of my own footsteps, I rang the bell. ”という英文がそれぞれ追記されているが、これは、 これら問題をめぐるクラス内議論中で提案されものである。
さらに見せる

30 さらに読み込む

稀代の目利き、福井七子先生へ贈る言葉 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

稀代の目利き、福井七子先生へ贈る言葉 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 しかし、先生には「乙女チック」(非礼をお許しください)な側面もある。若い頃、さる有名 な英国スターに贈っ一輪花は、数百本バラ花を超える効果があっと聞いている。 あのかわいらしい笑顔とともに、一輪花を差し出され大スターは、さぞや大和撫子凄み を噛みしめことであろう。その他、様々なエピソードをお聞きしが、いずれも未だに忘れ られないものばかりである。
さらに見せる

1 さらに読み込む

博識無双の凛然たる人、北村裕教授 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

博識無双の凛然たる人、北村裕教授 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 私畏敬する人生友、北村裕教授が満 65 歳定年を迎えて本学を退かれる。言い知れない 寂寥感を覚えてならない。  外国学部前身である外国教育研究機構(2000 年 4 月発足)機構長を 4 年半長きに 亘って務められ北村教授は、当時学長コーナーならびに全学共通教育推進機構と度重な る交渉・折衝に骨身を惜しまず専心され。日本外国教育学に高遠な理想を掲げ、変通自 在才に長け北村教授犀利で俊敏な学内行政感覚は、類いまれなものであっ。戦国時代 争乱世に生きる武将勇姿そのものであっ。解決すべきすべて懸案事項に対して北村 機構長は、うわべを糊塗したり言い逃れたりはせず、責任は一身に背負い、正々堂々と真正面 から対峙され。志操堅く信義に篤かっ。はたで見ていて清々しく、私は常に畏怖念を抱 かざるをえなかっ
さらに見せる

3 さらに読み込む

国際協働プロジェクト参加を通しての「学びの質」 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

国際協働プロジェクト参加を通しての「学びの質」 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

」、などを含む《人とふれあいから相互理解実感》というカテゴリにつながる。一方 実際に人と触れることから、《多文化的視野獲得》という認識にいたる。生き方・価値観など 文化差を認識しという人、さらに一歩踏み込んで、違いを受容すること大切さについて 記述する人がいる。また、出会っ出身国や滞在国へ関心高まりに関する記述、自ら 視野広がりを認める記述を含め、合計記述頻度がもっとも多いカテゴリである。次に《自 己と向き合い》《自己肯定的変化認知》などに見られるように、自己に向かう記述が非常 に多い。自分を見つめ直し、客観化し、欠けているものを認識すると同時に、新たな自分を発 見する。また自己が良い方向に変化し、成長しと感じている。特に多かっが、すべて を単独でおこない自分で決定しことからくる自信、問題解決力や度胸が身についというも である。また、自分日本人性へ気付きや自分将来像明確化にもつながっている。《コ ミュニケーションについて理解》というカテゴリに含むは、多く人と協同で活動したこ とを通して、コミュニケーションそのものについて気づいたり考えるきっかけとなっことを 示す一連記述である。理解しようとする気持ちが大事とか、自己を開示し表現することが大 切、などコメントも多い。共通である英語でコミュニケーションを通して、《英語を使う 自己像が明確化》し一方、自分英語力不足を実感し、これが《学習必要性認知と学 習意欲》につながる。
さらに見せる

18 さらに読み込む

存在命題の意味論的分析―フレーゲ再考― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

存在命題の意味論的分析―フレーゲ再考― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 この場合、‘is wise’ や ‘growl(s)’用法と ‘exist(s)’用法と間に、どのような違いがあ るか。ムーアによれば 6) 、両者違い 1 つは、‘Tame tigers growl.’ には、ある種曖昧さ (両義性)があるが、‘Tame tigers exist.’ にはないということである。すなわち、‘Tame tigers growl.’ という文は、‘ tame tigers growl.’、‘ tame tigers growl.’、‘ tame tigers growl.’ いずれも意味することができる。そして、これら 3 つ文によって表現される命題が 真となるため条件として、少なくとも 1 匹以上虎が実際に唸る(growl)ことが必要であ る。これに対して、‘Tame tigers exist.’ には、このような曖昧さはない。‘Tame tigers exist.’ は、つねに ‘ tame tigers exist.’ だけを意味する。‘Tame tigers exist.’ と ‘ tame tigers exist.’ とは、まったく同一命題を表現する 2 つ異なっ表現方法にすぎない。では、 ‘ tame tigers exist.’ や ‘ tame tigers exist.’ には意味がないか?それら文は、表面 的に何らかの意味があるように見えても、じつは何意味もない。このことがまさに、‘exist’ 用法と ‘growl’ 用法と間にある重要な違いを示している。
さらに見せる

17 さらに読み込む

福井先生との翻訳の仕事 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

福井先生との翻訳の仕事 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

外国学部紀要 第 16 号(2017 年 3 月) 22 人書簡を翻訳する中で、私と福井先生は当時状況と現在社会情勢、そして我々学者役 割についてよく話しをする。世界は今 ISIS に怯えている。その恐怖を取り除くために外国人を 占め出し、自分たち価値観だけを守ろうとしている。そして、メキシコから移民、イスラ ム教徒に対して度々暴言を放っトランプ氏が先日次期アメリカ大統領に決まっ。自分たち とは違う人たちことを理解しようとする姿勢がどんどん失われつつある。そうした社会を変 えるには、私たち研究者がベネディクトやボアズがしように、こつこつと客観的な事実を集 め、どのようにして今社会状況が生まれかを説き、科学的な方法で人間を分析し、それ に基づいて正しい判断をするように世界人を説得するしかないではないかと思う。それが 私たち学者使命なではないだろうか。その足掛かりとなるが、今福井先生とやっている 翻訳仕事だと私は考えている。
さらに見せる

3 さらに読み込む

キルギス語とロシア語のコード・スイッチングに関するパイロット研究 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

キルギス語とロシア語のコード・スイッチングに関するパイロット研究 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2) 各国にその名を冠する民族ことで、「名称民族」と呼ばれることもある。 3) キルギス発展と普及を使命とする、大統領付属「国家委員会」議長が、2011 年にキル ギス共和国議会長に対して行っ要請(Barakelde 2011.1.29)。 4) その背景としては、ソ連時代には研究遂行上非常に大きな制約があっことや、研究を実施するに あたってロシアおよび現地運用能力が必要とされることなどが挙げられるだろう。だが、近年 は旧ソ連地域言語状況を対象とし、個別事例を深く掘り下げる研究が徐々に増加しつつある。CS を扱うものとしては、アゼルバイジャンとロシア CS を対象とする Zuercher (2009)が挙げら れる。
さらに見せる

12 さらに読み込む

中国語と近代─ 東アジアの言語環境における思考─ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

中国語と近代─ 東アジアの言語環境における思考─ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

言」から東アジア優勢言語へと成り上がっである。日本語変化は、江戸時代以来、西 洋新知識を受け入れてき結果であるが、その過程で漢字による新語・訳語が決定的な役割 を果たし。  言語は知識受容と伝達媒体であり、社会生活と密接に相互作用を及ぼす関係にある。西 洋新知識導入は、中国近代化へ変化を促進し、同時に中国社会種々近代的変化 が中国によって記録され。また、漢字文化圏存在により、中国近代化は中国内だ けにとどまらず、東アジア全域に拡大し。中国と中国近代が分かち難い関係にあると 同様、漢字漢文は東アジア近代化と密接な関係にある。西学東漸という大きな流れ中で、 中国は漢字文化圏言語に大きな影響を及ぼす一方、漢字文化圏言語からも影響 を受け。特に日本語影響は非常に大きかっが、中でも最も重要なことは、漢字を利用し て西洋新概念を受け入れるという問題における「共創、共享」である。漢字文化圏内では、 多く抽象や時代キーワードが同形(または同音)という形式で存在しているが、これ は地域内言語接触、語彙交流結果であることは疑問余地がない。一方、各言語における 同形(同音意味、用法上相異は、それぞれ国や地域が西洋新知識や新概念を受 容し過程を反映しものである。近代新知識受容と表出には新しい語彙と表現様式が必要 である。厳復翻訳が最終的に中国社会に受け入れられなかっことは言語面において社会 要望を満たせなかっからであるといえるだろう。新しい語彙と表現様式、特に専門分野に おけるキーワードや基本用語形成は、近代学問体系が成り立つため基盤である。キーワ ードや基本用語歴史は、往々にしてその学科形成史であり、言語近代化に関する研究は、 「近代」と冠するその他研究分野基礎である。
さらに見せる

10 さらに読み込む

物語理論と翻訳 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

物語理論と翻訳 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 語り手はいつでも語り手として物語言説に介入できるから、どんな語りも、定 義上、潜在的には一人称でおこなわれていることになる…。 (287) すなわち、すべて物語は原理的には一人称物語であり、そこに何らかの区別があるとすれ ば、それは「物語内容を語らせるにあたって、『作中人物』一人を選ぶか、それともその物語 内容には登場しない語り手を選ぶか、という選択」(287)のみであるということです。物語 水準と人称問題をひどく乱暴にまとめてしまうと、「水準」は「誰が語っているか?」とい う問題で、「人称」は「誰が見ているか?」という問題であると言うことができます。  ヘンリー・ジェイムズ作品に『メイジー知っこと』という小説があります。この小説 は少女「視点」から出来事が眺められているわけですが、この物語を語っているは少女で はありません。一読するとお分かりいただけるように、幼い女の子がとうてい使わないような 語彙や文構造が頻繁に出てきます。つまり、見ているは女の子であるけれども、語っている は成人、しかもかなり高度な言語運用能力を備え大人ということです。そして、現実には あり得ないような『メイジー知っこと物語言説こそがこの小説魅力でもあるわけです。  逆に、J. D. サリンジャーに『ライ麦畑でつかまえて』という有名な小説があります。この 眺めているは成人し「僕」ですが、物語語りは高校生だっとき「僕」という構 造になっています。つまり、『メイジー知っこと』とは逆に、「視点」方が大人で「語り」 方が子どもだというわけです。そしてそのことが、この小説持つ魅力となっているわけで す。このように、物語における「語り」や「視点」問題は、単なる形式的な問題ではなく、 物語内容と深く結びついているということがお分かりいただけると思います。
さらに見せる

16 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題