トップPDF その他授業用資料 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

その他授業用資料  2011年度情報科教育法(Ⅱ)

その他授業用資料 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

聴衆を意識したわかりや すい説明ができている。 かつ、繋がりや流れが伝 わってくる。. 聴衆を意識したわかりや すい説明ができている。[r]

1 さらに読み込む

その他授業用資料  2011年度情報科教育法(Ⅱ)

その他授業用資料 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

方法 検索エンジン Yahoo・Google・その他(       ) 検索ワード 分類 個人・政府関係・会社(有名)・会社(知らない)・大学・その他(        ) 情報源 タイトル 更新日

3 さらに読み込む

その他授業用資料  2011年度情報科教育法(Ⅱ)

その他授業用資料 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

将来教員になり、参加型学習を行う際、自分自身が参加型学習を経験したことがあるかな いかでは大きな違いが出るのではないだろうか。授業を作る際、どのようなアクティビティ、 ツールを用いるかといった「方法」だけに着目してはいけない。「どのような内容を扱うの か」「どのような方法で行えばいいのか」この二つを常に意識して授業を構成するべきなの である。本講義では様々な参加型学習の形(グループディスカッション、ブレインストーミ ング、ポスターセッション、交流学習等)を経験することで、その教授方略(教え方・学び 方)を学んでいくことができる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

その他授業用資料  2011年度情報科教育法(Ⅱ)

その他授業用資料 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

<ねらい> (1) 電子メールの特徴を知り、電子メールでやり取りするときの心構えを知る。 (2) メーリングリストの特徴を知り、メーリングリスト上で情報発信するときの心構えを知る。 (3) 電子メールで情報発信するときの心構えを知り、自己責任のもと、情報発信する態度を身につける。 <教授方略>

1 さらに読み込む

その他授業用資料  2011年度情報科教育法(Ⅱ)

その他授業用資料 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

情報の 収集・選択・処理 を適切に行うと ともに、情報を目的に応じて 表現 する 情報及び情報技術を活用するための基礎的 な 知識 を身付けるとともに、現代社会にお ける情報の意義や役割を 理解 している

9 さらに読み込む

その他授業用資料  2011年度情報科教育法(Ⅱ)

その他授業用資料 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

→ 次の 相互討論 で攻撃するため!   相手の根拠のもろい部分 を探そう.[r]

5 さらに読み込む

その他授業用資料  2011年度情報科教育法(Ⅱ)

その他授業用資料 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

ジャッジはディベータに対して持っている個人的な感情を判決に反映させてはなりません。 これは個人的な好き嫌いということばかりではなく、『有名なディベータだから強いに 決まってる』というようなことも含まれます。厳格に公平を期す必要がある場合は、ディ ベータが知り合いである場合は、他の人にジャッジを代わってもらうことも必要です。  プレゼンテーション能力を判定の根拠に持ち込まない。 通常の教育ディベートではプレゼンテーション能力はジャッジの対象に含まれません。 ディベータの発言が、いかにウィットに富んでおり、好感を持てても、それを判決に反映 させてはなりません。ただし、早口であったり小声であったりして、聞き取れない場合は、 その部分は発言されなかったものとして判断します。
さらに見せる

1 さらに読み込む

レポート  2011年度情報科教育法(Ⅱ)

レポート 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

僕は昔、世界史が全然できなくて追試とかとても辛かったですけど、この先生のおかげで 世界史の成績が上がり、世界史の偏差値が70まで上がりました。この先生にはとても感 謝しています。 ほかに印象に残った授業は一年生のリーディングの授業の先生でした。この先生は教科書 の英語にめちゃくちゃ書き込みを強要する先生で、宿題を一人でも出し忘れると授業時間 が丸一日説教でつぶれたりしました。この先生の時は若干ノイローゼになりそうでしたね 。 授業前に章の最初に予習確認のための単語テスト。章の終わりに文章解釈のテストとほぼ 毎回小テストがありました。小テストは予告されないのでテスト勉強を忘れてきたりして 低い点数を取った時は怒られるんじゃないかと落ち込みました。
さらに見せる

2 さらに読み込む

レポート  2011年度情報科教育法(Ⅱ)

レポート 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

5. とにかく、タイピング速度をあげる練習をした。 しかし、おそらくブラインドタッチができる生徒もいたのでとても退屈な授業だったと考え られる。ワード、エクセルもとても基本で簡易文書作成や合計、平均などを使って表を作成 した

2 さらに読み込む

レポート  2011年度情報科教育法(Ⅱ)

レポート 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

中学校に入ったら、情報授業はまだ重視されていないため、月に2回ぐらいしか授 業を行いませんでした。その授業で簡単にワード、パワーポイント、ホームページの作 り方などを教えてもらいました。使いこなせるとはいえませんが、それらはどんなとき に使えるか、またどういうふうに使うのが理解しました。私は当時コンピュータにすご く興味を持っていましたから、帰っても練習していました。そして、インターネットに もつながるようになりました。オンラインゲームをしたり、チャートしたりしていまし た。その時、インターネットに接続するため、かなり費用が高いので、私は月に何時間 しか使えませんでした。
さらに見せる

1 さらに読み込む

レポート  2011年度情報科教育法(Ⅱ)

レポート 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

 ですが実習以外の時、先生が作ったスライドを見ながらプリントの穴埋めをし、教科 書を生徒や先生で順番に読みマーカーで線を引く、といった淡々とした作業が多く、テ スト対策のような形態になっていたように思われる。この授業形態は、ただ聞いている だけなので、クラスの雰囲気も重くなり、気持ちもだらだらとしてきてしまっていた。 何人か寝ている生徒も居、私ははっきりと言って、情報の教科はあまり好きではなかっ た。これは授業がつまらなく感じていたのも理由の一つである。
さらに見せる

2 さらに読み込む

レポート  2011年度情報科教育法(Ⅱ)

レポート 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

そして3つ目に授業における導入部分の重要性です。この情報教育(二)全体的な導入は アイスブレイクであったと思います。まず、このアイスブレイクによって導入部分の大切さを感 じる事が出来たと思います。 アイスブレイクがあると生徒間との壁がなくなると感じたからです。 もし、生徒間に壁があるとグループワークをするにおいても中々しっかりと取り組めないと思い ます。それの事は私が受講している他の教科で感じた事があります。大人数の授業においていき なり知らない人とグループを組まされます。そしてディスカッションをして欲しいと言われたの ですが、その中に一人は必ずと言って良い程、ディスカッションに参加できない人がいました。 これはやはり生徒との間で壁があるので中々その中に入れ込めないからだと思います。これが高
さらに見せる

4 さらに読み込む

レポート  2011年度情報科教育法(Ⅱ)

レポート 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

3/3 3つのトライアングルとつながりを考えることが難しく感じ、全 10 コマの情報授業を考え る上で、 学習指導案を作成する上で、 苦労した点だった。 きちんとした目標設定がされていても、 それが授業の活動で達成できないようなものでは意味がない。また、授業で行われた活動と評価 活動がつながりを持っていないと、その授業の活動をきちんと評価できない。そして、教育目標 と教授活動間と、教授活動と評価活動間のつながりだけではなく、評価活動と教育目標がつなが りを持つことで、3つが関連し合って、教育目標・教授活動・評価活動の3つのトライアングル が形成される。また、きちんと評価方法や評価基準を設定していないと、曖昧な評価になってし まうので、主観的な評価にならないようにする必要がある。教育目標・教授活動・評価活動の3 つのトライアングルを考えることは授業を作り上げる上で、重要なことだということを学んだ。 実際に、学習指導案を作成したり、私たちのグループで考えた3つのトライアングルを他の人か ら客観的に見てもらったりすることで、授業を考える上で、目標・教授活動・評価活動の3つの トライアングル、その3つが関連性を持っているか、この評価方法でこの授業内容を評価できる のかなど、今までには気付かなかったことや注意しなければいけないことを知った。
さらに見せる

3 さらに読み込む

レポート  2011年度情報科教育法(Ⅱ)

レポート 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

6. イメージマップ製作について イメージマップは、対象へのイメージを出してまとめていくものである。頭の中に漠然とあ る情報を書き出し、まとめ理解しやすくする効果がある。 授業では学校交流の相手である群馬大学などがある群馬県や宮城県などへのイメージをブ レーンストーミング・KJ の要領でまとめた。まとめたジャンルは、時事問題、歴史伝統、自 然地理、生活習慣の四つ。なじみのない県へのイメージは全体的に少なかった。また、まとめ た意見がどこから得た情報なのかを整理するために、マスメディアからの情報教育からの情 報、実体験からの情報、インターネット観光ガイドからの情報、の四つに分類した。
さらに見せる

4 さらに読み込む

レポート  2011年度情報科教育法(Ⅱ)

レポート 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

生 TT の人たちと遅くまで残って教えてもらいつつパワーポイントも完成することができました。 本当に TT をやらせてもらってよかったです。実際にやった NIE の授業は受講生が少なくちょっ と予想外で困惑しましたが、NIE を知ってもらえたのではないでしょうか。NIE は将来使いたい です。授業を考えることがこんなにも大変だとは思いませんでした。前の 2 回生 TT [r]

4 さらに読み込む

レポート  2011年度情報科教育法(Ⅱ)

レポート 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

 小学校のころには二人で1つのパソコンを使い、先生の授業で操作するといったものであった ころから比べると今の情報授業はとても学びやすくなったし、身近なものにもなった。しかし、 学びやすさよりも、学ぶ意欲を重視して授業を展開することがなにより大事だと感じた。無機質 な授業からはなにもうまれずに、記憶のものこらない必修教科があってはダメだと感じました。

1 さらに読み込む

レポート  2011年度情報科教育法(Ⅱ)

レポート 2011年度情報科教育法(Ⅱ)

全回の振り返り 情10−506 王 雅林 この授業に通じて、「参加型学習」は身を持って体験しました。学習者である私たちが「みる、 聞く、話す、つくる、考える、書く、読む、調べる、動く」などの直接的な活動を通じた学習方 を習って、参加型学習を理解しました。「参加型学習」では、学習者間の対話や交流がベース となる相互学習、相互作用によって理解を深め、自分で気付く、そして他人と分かち合うことが 重視していると私は思います。私はこの授業に通じて、一番高まった能力はプレゼン力だと思い ます。以前の私は出来るだけ自分で発表しない方針でしたが、この授業のおかげで、自分に対す る自信を持ちになって、前に立って発表することが光栄だと思い始めました。しかも、様々な学 習方法を習い、自分の視野を広げることができたと思います。将来、私は先生になったら、是非 こういう学習方法を授業の中に取り組みたいです。以下はこの授業を通して、習った学習方法で す。
さらに見せる

4 さらに読み込む

授業用PPt  2011年度情報科教育法(Ⅱ) 11jk2 02

授業用PPt 2011年度情報科教育法(Ⅱ) 11jk2 02

・ ICT教育!という言葉にかぶりついて、情報授業 を考えていれば、情報モラルを教えるということがおざ なりになってしまう。 情報授業の意義 を改めてきちんと認識   していきたい。 

33 さらに読み込む

授業用PPt  2011年度情報科教育法(Ⅱ) 11jk2 05

授業用PPt 2011年度情報科教育法(Ⅱ) 11jk2 05

6 章 情報モラル教育情報倫理教育の在り方  橋本佑太さん ―人に伝えるということ。教師であっても教師でなく ても、この「 伝える 」という能力は生きていく上で 非常に大切な能力である。… ( 中略 )… こういったよ うに、学習方法は無限とあると私は思うのである。 しかし、最大の目的はやはり、「 的確に伝える 」 「より分かりやすく、 具体的に伝える 」ということ であろう。「的確に伝える」という最終の目的を 踏み間違えないのであれば、私はメディア
さらに見せる

47 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題