raidcmdコマンド コマンドリファレンス 57

Top PDF raidcmdコマンド コマンドリファレンス 57:

RT57i・RTV700 コマンドリファレンス

RT57i・RTV700 コマンドリファレンス

割り当てる IP アドレスの範囲とリース期間は dhcp scope コマンドにより設定されたものが使用されます。 IP アドレスの範囲は複数の設定が可能であり、それぞれの範囲を DHCP スコープ番号で管理します。 DHCP クライアン トからの設定要求があると DHCP サーバは DHCP スコープの中で未割り当ての IP アドレスを自動的に通知します。なお、 特定の DHCP クライアントに特定の IP アドレスを固定的にリースする場合には、 dhcp scope コマンドで定義したスコー プ番号を用いて dhcp scope bind コマンドで予約します。予約の解除は no dhcp scope bind コマンドで行います。IP ア ドレスのリース期間には時間指定と無期限の両方が可能であり、これは dhcp scope コマンドの expire 及び maxexpire キー ワードのパラメータで指定します。リース状況は show status dhcp コマンドにより知ることができます。DHCP クライア ントに通知する DNS サーバの IP アドレス情報は、 dns server コマンドで設定されたものを通知します。
さらに見せる

242 さらに読み込む

武蔵Ver172_コマンドリファレンス

武蔵Ver172_コマンドリファレンス

12 成果フォルダの設定 3 成果編集 77 成果編集をする 68,91,97 制御点編集 39 整合 42 正多角形 35 整列 42,83 積算データ 77 積算データ取込 25,112 責任主体自動変更 41 属性移動 42 属性取得 42 属性複写 42 施工CADデータ(.EXG)を開く 31 施工計画書出力 15 施工計画書ヘルプ 17 施工計画書マスタ 19 施工方法 16,19 施工方法マスタ登録 17 施工方法例文 16,19 接円弧 35 設計値一括設定 73 設計変更 25,26,112,113 切削オーバーレイ 33 切削オーバーレイ読込 57 切削データ 60 接線 35 接続設定 60 接続線 63 絶対座標入力 44 設定 10.43,57,77,85 設定のバックアップ 5 設定のリストア 5 セル 67,90,91,97 セル項目変更 67,91,97 セル設定 69,92,99 セルの固定 67,91,97 セルの固定解除 67,91,97 セルの訂正 83 線 35,68,84,91,97,98
さらに見せる

130 さらに読み込む

Si-R30コマンドリファレンス

Si-R30コマンドリファレンス

相手ごとのデータ通信課金統計情報を表示する場合 (-r 指定時 ) ┌──────────────────────────────────────┐ │# isdnstat -r │ │remote ap charge time │ │------ -- ------ ---- │ │ (1) (2) (3) (4) │ │ │ │ 0 0 10 0000.00:02:57 │ │ 1 0 0 0000.00:00:07 │ └──────────────────────────────────────┘
さらに見せる

42 さらに読み込む

コマンドリファレンス

コマンドリファレンス

着信転送先番号登録 56 analog supplementary-service call-de flection address 着信転送トーキ設定 57 analog supplementary-service call- deflection talkie 着信転送起動タイミング設定 58 analog supplementary-service call-d efle ction ringer 着信転送失敗時の動作設定 59 analog supplementary-service call-d efleection reject 送話 PAD の音量設定 61 analog pad send, analog pad send dte

120 さらに読み込む

SWX2300 コマンドリファレンス

SWX2300 コマンドリファレンス

• 受信ポート番号の変更は、service telnet-server コマンドで行います。 • TELNET サーバーへのアクセスは、VLAN 単位で制御でき、telnet-server interface コマンドで設定できます。 また、 TELNET クライアントが接続する仮想的な通信ポートのことを"仮想端末(VTY: Virual TYpewriter)ポート"とい います。 TELNET クライアントの最大同時接続数は、SWX2300 の VTY ポート数に依存します。SWX2300 の VTY ポートについては、以下のとおりです。

209 さらに読み込む

WLX302 コマンドリファレンス

WLX302 コマンドリファレンス

time は hh:mm 形式で指定されたときは秒指定なしとみなされ、hh:mm:ss 形式で指定されたときは秒指定ありとみな される。秒数に "-" を用いた範囲指定や "*" による全指定をすることはできない。 以下のコマンドは指定できない。 administrator、administrator password、airlink select、arping、cold start、console prompt を除く console で始まる

98 さらに読み込む

RTX/RTシリーズ コマンドリファレンス

RTX/RTシリーズ コマンドリファレンス

メインモードを使用するためには、 ipsec ike remote address コマンドで対向のルータの IP アドレスを設定する必要があります。 アグレッシブモードを使用するときには、固定のグローバルアドレスを持つかどうかによって設定が異なります。固定のグローバルア ドレスを持つルータには、 ipsec ike remote name コマンドを設定し、 ipsec ike remote address コマンドで any を設定しま す。固定のグローバルアドレスを持たないルータでは、 ipsec ike local name コマンドを設定し、 ipsec ike remote address コ
さらに見せる

239 さらに読み込む

RTX/RTシリーズ コマンドリファレンス

RTX/RTシリーズ コマンドリファレンス

time1 で指定した時刻が time2 で指定した時刻より遅い場合には、time2 は翌日の時刻と解釈される。 http revision-up permit コマンドで HTTP リビジョンアップを許可されていないときは、ファームウェアのリビ ジョンアップは行わない。 http revision-down permit コマンドでリビジョンダウンが許可されている場合は、WEB サーバにおいてある ファームウェアが現在のファームウェアよりも古いリビジョンであってもファームウェアの書き換えを行う。 なお、WEB サーバにおいてあるファームウェアが現在のファームウェアと同一リビジョンの場合には、ファーム ウェアの書き換えは行わない。
さらに見せる

337 さらに読み込む

UIOUSBCOM.DLLコマンドリファレンス

UIOUSBCOM.DLLコマンドリファレンス

Function cmd_DUTY(ByVal Channel As Integer, ByVal DutyValue As Integer) As Integer 関数定義 Delphi(Win32) function cmd_DUTY(Channel:Smallint;DutyValue:Smallint):Smallint;stdcall;export; [r]

10 さらに読み込む

SWX2210 コマンドリファレンス

SWX2210 コマンドリファレンス

コマンドにより DHCP サーバーからデフォルトゲートウェイ、DNS サーバー、デフォルトドメイン名を取得した 場合でも、 ip route, dns-client name-server, dns-client domain-name コマンドの設定のほうが優先される。 本コマンドを設定しても DHCP サーバーから IPv4 アドレスが取得できない場合、Auto IP 機能によって IPv4 リンク ローカルアドレス (169.254.xxx.xxx/16)が自動的に割り当てられる。

104 さらに読み込む

061_建設CAD_コマンドリファレンス

061_建設CAD_コマンドリファレンス

入力モード-座標補正△xy ( ) データの編集時の入力位置や基準位置を指定するとき、マウスで クリックした位置からの縦、横の移動量を入力して入力点、基準点の 位置を設定する機能のオン、オフを切り替えます。 入力モード-絶対座標入力 ( ) データを入力する際に、用紙座標の原点(0,0)または[入力属性設 定]コマンドで設定した縮尺(現場座標)の座標原点からの絶対座標 値を指定して入力します。

35 さらに読み込む

SWX2310P コマンドリファレンス

SWX2310P コマンドリファレンス

アイソレート VLAN 内のインターフェースは、1 つのプロミスカスポートとのみ通信が可能なため、1 つのアイソレ ート VLAN に関連付けられるプロミスカスポートは 1 つのみ。 switchport private-vlan mapping add コマンドで、2nd-vlan-ids に"-"や","を組み合わせて指定した場合、古いバージョ ン (Rev.2.00.08 以前)に戻すとコマンド設定に失敗する。結果として、正常に通信できなくなる可能性がある。(設定

276 さらに読み込む

コマンド ライン インタフェース リファレンス ガイド

コマンド ライン インタフェース リファレンス ガイド

show historyコマンドを使用すると、最近実行したコマンドについて、さらに長いリストが表示されます。 コ マ ン ド モー ド について コマンド セットは、ExecクラスとConfigurationクラスに分類されます。通常、Execクラスのコマンドは、シ ステ ム のス テー タ スに 関 する 情報 を 表示 した り、統 計的 な カウ ンタ 類 を消 去し た りし ます。一 方、 Configurationクラスのコマンドは、インタフェース パラメータを変更したり、特定のスイッチ機能を有効 にしたりします。これらのクラスは、さらに異なるモードに分類されます。使用可能なコマンドは、選択 したモードによって異なります。いつでも好きなときに、プロンプトで疑問符「 ?」を入力して現在のモー
さらに見せる

333 さらに読み込む

KnowItAll インフォマティクスシステム2017 コマンドリファレンス

KnowItAll インフォマティクスシステム2017 コマンドリファレンス

アレンジメニュー       オブジェクトの配置を設定します。 コマンド オプション 機能 アイコン/備考 グループ化解除 グループ化されたオブジェクトのグループ化を 解除します。 回転 表示される回転ダイアログボックスで、角度を 設定して、選択したオブジェクトを回転を実行。 倍率変更 倍率変更ダイアログボックスで、選択したオブ ジェクトの表示倍率を変更します。 位置と大きさ オブジェクトプロパティーダイアログボックスが 開き、オブジェクトの位置と大きさの設定。 自由回転 表示される回転ハンドルをドラッグして化学構 造式を回転させます。
さらに見せる

32 さらに読み込む

Si-R30コマンドリファレンス

Si-R30コマンドリファレンス

コマンド は、簡易 DNS サーバ機能、 DHCP スタティック機能、リモートパワーオン機能から利用され ます。 以下に、各機能とパラメタの関係を示します。 ┌─────────┬──┬─────┬──────┬─────┬──┐ │ パラメタ│name│ip_address│mac_address │wakeup_id │rpon│ │機能 │ │ │ │ │ │ ├─────────┼──┼─────┼──────┼─────┼──┤ │簡易DNSサーバ │ ○ │ ○ │ − │ − │ − │ │DHCPスタティック │ − │ ○ │ ○ │ − │ − │ │リモートパワーオン│ − │ − │ ○ │ ○ │ − │ │ (ISDN接続先から)│ │ │ │ │ │ │リモートパワーオン│ − │ − │ ○ │ − │ ○ │ │ (手動/schedule) │ │ │ │ │ │
さらに見せる

54 さらに読み込む

Si-R30コマンドリファレンス

Si-R30コマンドリファレンス

コマンド を設定しない場合は、 < number> で指定したインタフェースが優先となり、 remote 定義で定 義されたインタフェースが非優先となります。 lan 定義内で定義されたインタフェースでは、定義番号の最 も小さいものが優先されます。 [ 注意 ]

16 さらに読み込む

Si-R130コマンドリファレンス

Si-R130コマンドリファレンス

closed IPv4 利用不可能.. connected 通信中 3) 通信時間 dddd.hh:mm:ss の形式で通信時間が表示されます。 dddd= 日数、 hh= 時間、 mm= 分、 ss= 秒を示し ます。 4) ネットワーク名 相手ネットワーク名が表示されます。 5) 相手 DLCI 相手 DLCI が表示されます。 6) 相手 IP アド レス 相手 [r]

62 さらに読み込む

コマンドリファレンスREV14.PDF

コマンドリファレンスREV14.PDF

・このコマンドは、必ず行の先頭で設定するようにして下さい。 ・1度このコマンドを受信すると、以後電源OFF時まで設定されたエミュレーションに固定されます。 ・このコマンドによりエミュレーションが固定されるとオートエミュレーションが無効になります。 ・既に、オートエミュレーションによっていずれかのエミュレーションに固定されている場合、このコマ ンドは無視されます。

158 さらに読み込む

電子納品ツール_コマンドリファレンス

電子納品ツール_コマンドリファレンス

オプション システムの設定をおこないます。 [ヘルプ]メニューのコマンド ヘルプ ヘルプを表示します。 クリック個所の機能解説表示 ( ) コマンドをクリックすると、マウスポインタがヘルプポインタ(?マークつき のポインタ)に変わります。このヘルプポインタでコマンド(メニュー、アイ コン、ファンクションバー)をクリックすると、クリック個所のヘルプ解説を 見ることができます。

10 さらに読み込む

SWX2300 コマンドリファレンス

SWX2300 コマンドリファレンス

• 受信ポート番号の変更は、service telnet-server コマンドで行います。 • TELNET サーバーへのアクセスは、VLAN 単位で制御でき、telnet-server interface コマンドで設定できます。 また、 TELNET クライアントが接続する仮想的な通信ポートのことを"仮想端末(VTY: Virual TYpewriter)ポート"とい います。 TELNET クライアントの最大同時接続数は、SWX2300 の VTY ポート数に依存します。SWX2300 の VTY ポートについては、以下のとおりです。

228 さらに読み込む

Show all 1598 documents...