A種優先株式

Top PDF A種優先株式:

10 株を 1 株に併合する株式併合 ( 以下普通株式 D 種優先株式および E 種優先株式の株式併合を あわせて 本株式併合 といいます ) を実施いたします (2) 株式併合の内容 1 併合する株式の種類 普通株式 D 種優先株式および E 種優先株式 2 併合の方法 比率 普通株式 D 種優先

10 株を 1 株に併合する株式併合 ( 以下普通株式 D 種優先株式および E 種優先株式の株式併合を あわせて 本株式併合 といいます ) を実施いたします (2) 株式併合の内容 1 併合する株式の種類 普通株式 D 種優先株式および E 種優先株式 2 併合の方法 比率 普通株式 D 種優先

9 当銀行は、B取得請求期間中に取得請求のなか ったB優先株を、同期間の末日の翌日以降の日 で取締役会が定める日(以下「一斉取得日」という。 ) をもって取得し、これと引換えに、B優先株1 株の払込金額相当額を普通株式の時価で除して得ら れる数の普通株式を交付する。 普通株式の時価とは、 一斉取得日に先立つ 20 取引日目に始まる 15 取引日 の福岡証券取引所における当銀行の普通株式の普通 取引の毎日の終値(気配表示を含む。 )の平均値(終 値のない日数を除く。 )をいい、平均値の計算は円位 未満小数第 2 位まで算出し、その小数第 2 位を四捨 五入する。ただし、当該平均値がB取得請求期間 の末日において有効なB取得価額の 70%に相当 する額(円位未満小数第 2 位まで算出し、その小数 第 2 位を四捨五入する。 ) (以下「下限一斉B取得 価額」という。)を下回るときは、B優先株 1 株の払込金額相当額を下限一斉B取得価額で除し て得られる数の普通株式を交付するものとし、当該 平均値がB取得請求期間の末日において有効なB 取得価額の 100%に相当する額(以下「上限一斉 B取得価額」という。)を上回るときは、B優先 株式 1 株の払込金額相当額を上限一斉B取得価額 で除して得られる数の普通株式を交付するものとす る。また、一斉取得日までに当銀行がD優先株 を第 12 条の 4 第 10 項に定める普通株式を対価とす る取得条項により取得した場合には、B優先株 1 株の払込金額相当額を下限一斉B取得価額で除 して得られる数の普通株式を交付するものとする。 交付すべき普通株式数の算出において 1 株に満たな い端数が生じたときは、会社法第 234 条に従いこれ を取り扱う。
さらに見せる

9 さらに読み込む

債券回号等 会社名 ( コード ) 本紙の表示 内 容 アプラスフィナンシャル 8589 PS1 H 種優先式 PS2 第一回 B 種優先式 PS3 D 種優先式 フィデアホールディングス 8713 PS1 B 種優先式 RISE 8836 PS1 A 種優先式 大京 8840 PS1 第 1 回第

債券回号等 会社名 ( コード ) 本紙の表示 内 容 アプラスフィナンシャル 8589 PS1 H 種優先式 PS2 第一回 B 種優先式 PS3 D 種優先式 フィデアホールディングス 8713 PS1 B 種優先式 RISE 8836 PS1 A 種優先式 大京 8840 PS1 第 1 回第

第三者割当等 …第三者割当のほか、グリーンシューオプション(開示府令第19条第2項第1号ヲ(1)に該当する場合をいう。)、  株式報酬としての新株の割当て及びTOKYO PRO Market上場会社における特定投資家私募を含む。 自己株式の消却 …自己株式の消却分 3.債券回号等

115 さらに読み込む

債券回号等 会社名 ( コード ) 本紙の表示 内 容 アプラスフィナンシャル 8589 PS1 H 種優先式 PS2 第一回 B 種優先式 PS3 D 種優先式 フィデアホールディングス 8713 PS1 B 種優先式 RISE 8836 PS1 A 種優先式 大京 8840 PS1 第 1 回第

債券回号等 会社名 ( コード ) 本紙の表示 内 容 アプラスフィナンシャル 8589 PS1 H 種優先式 PS2 第一回 B 種優先式 PS3 D 種優先式 フィデアホールディングス 8713 PS1 B 種優先式 RISE 8836 PS1 A 種優先式 大京 8840 PS1 第 1 回第

優先株等の転換 …他の種類の株式への転換が行われる株式(優先株等)の転換分 転換社債の行使 …転換社債型新株予約権付社債の行使分 新株予約権の行使 …新株予約権の行使分のほか、取得条項付新株予約権の取得による新株の発行分を含む。 公募 …公募のほか、海外市場における募集を含む。

111 さらに読み込む

債 券 回 号 等 会 社 名 (コード) 本 紙 の 表 示 内 容 アプラスフィナンシャル 8589 PS1 H 種 優 先 式 PS2 第 一 回 B 種 優 先 式 PS3 G 種 優 先 式 PS4 D 種 優 先 式 フィデアホールディングス 8713 PS1 B 種 優 先 式 RIS

債 券 回 号 等 会 社 名 (コード) 本 紙 の 表 示 内 容 アプラスフィナンシャル 8589 PS1 H 種 優 先 式 PS2 第 一 回 B 種 優 先 式 PS3 G 種 優 先 式 PS4 D 種 優 先 式 フィデアホールディングス 8713 PS1 B 種 優 先 式 RIS

鴨川グランドホテル 9695 PS1 A優先株 ロイヤルホテル 9713 PS1 第1回A優先株 5.対象期間内に権利行使期間満了前の全新株予約権が消滅した銘柄は以下のとおり 会社名 (コード) 債券回号等

104 さらに読み込む

債券回号等 会社名 ( コード ) 本紙の表示 内 容 アプラスフィナンシャル 8589 PS1 H 種優先式 PS2 第一回 B 種優先式 PS3 D 種優先式 フィデアホールディングス 8713 PS1 B 種優先式 RISE 8836 PS1 A 種優先式 大京 8840 PS1 第 1 回第

債券回号等 会社名 ( コード ) 本紙の表示 内 容 アプラスフィナンシャル 8589 PS1 H 種優先式 PS2 第一回 B 種優先式 PS3 D 種優先式 フィデアホールディングス 8713 PS1 B 種優先式 RISE 8836 PS1 A 種優先式 大京 8840 PS1 第 1 回第

WB …新株予約権付社債 (3) 新株予約権については、発行体より新株発行の可能性がある旨申告を受けている銘柄のみ掲載対象としている。 (すべて自己株式を移転交付する旨申告を受けている銘柄については、掲載していない。) 4.他の種類の株式への転換が行われる株式(優先株等)の表示

112 さらに読み込む

債券回号等 会社名 ( コード ) 本紙の表示 内 容 高知銀行 8416 PS1 第 1 種優先式 第三銀行 8529 PS1 A 種優先式 関西アーバン銀行 8545 PS1 第一種優先式 東和銀行 8558 PS1 第二種優先式 アプラスフィナンシャル 8589 PS1 H 種優先式 PS2

債券回号等 会社名 ( コード ) 本紙の表示 内 容 高知銀行 8416 PS1 第 1 種優先式 第三銀行 8529 PS1 A 種優先式 関西アーバン銀行 8545 PS1 第一種優先式 東和銀行 8558 PS1 第二種優先式 アプラスフィナンシャル 8589 PS1 H 種優先式 PS2

WB …新株予約権付社債 (3) 新株予約権については、発行体より新株発行の可能性がある旨申告を受けている銘柄のみ掲載対象としている。 (すべて自己株式を移転交付する旨申告を受けている銘柄については、掲載していない。) 4.他の種類の株式への転換が行われる株式(優先株等)の表示

105 さらに読み込む

債券回号等 会社名 ( コード ) 本紙の表示 内 容 関西アーバン銀行 8545 PS1 第一種優先式 東和銀行 8558 PS1 第二種優先式 アプラスフィナンシャル 8589 PS1 H 種優先式 PS2 第一回 B 種優先式 PS3 G 種優先式 PS4 D 種優先式 フィデアホールディング

債券回号等 会社名 ( コード ) 本紙の表示 内 容 関西アーバン銀行 8545 PS1 第一種優先式 東和銀行 8558 PS1 第二種優先式 アプラスフィナンシャル 8589 PS1 H 種優先式 PS2 第一回 B 種優先式 PS3 G 種優先式 PS4 D 種優先式 フィデアホールディング

PS …他の種類の株式への転換が行われる株式(優先株等) CB …転換社債型新株予約権付社債 WB …新株予約権付社債 (3) 新株予約権については、発行体より新株発行の可能性がある旨申告を受けている銘柄のみ掲載対象としている。 (すべて自己株式を移転交付する旨申告を受けている銘柄については、掲載していない。)

108 さらに読み込む

債券回号等 会社名 ( コード ) 本紙の表示 内 容 東和銀行 8558 PS1 第二種優先式 アプラスフィナンシャル 8589 PS1 H 種優先式 PS2 第一回 B 種優先式 PS3 G 種優先式 PS4 D 種優先式 フィデアホールディングス 8713 PS1 B 種優先式 RISE 88

債券回号等 会社名 ( コード ) 本紙の表示 内 容 東和銀行 8558 PS1 第二種優先式 アプラスフィナンシャル 8589 PS1 H 種優先式 PS2 第一回 B 種優先式 PS3 G 種優先式 PS4 D 種優先式 フィデアホールディングス 8713 PS1 B 種優先式 RISE 88

優先株等の転換 …他の種類の株式への転換が行われる株式(優先株等)の転換分 転換社債の行使 …転換社債型新株予約権付社債の行使分 新株予約権の行使 …新株予約権の行使分のほか、取得条項付新株予約権の取得による新株の発行分を含む。 公募 …公募のほか、海外市場における募集を含む。

107 さらに読み込む

本資本調達と今後 長期経営計画遂行による利益の積み上げにより内部留保の蓄積を図り 当該内部留保をもって 今後段階的に資本性が認められなくなる劣後債務や第三種優先株式に加え 10 年後に一斉転換の時期を迎える第 1 回第七種優先株式をすべて現金償還 買入消却しつつ 将来に亘って バーゼルⅢ に安定的に

本資本調達と今後 長期経営計画遂行による利益の積み上げにより内部留保の蓄積を図り 当該内部留保をもって 今後段階的に資本性が認められなくなる劣後債務や第三種優先株式に加え 10 年後に一斉転換の時期を迎える第 1 回第七種優先株式をすべて現金償還 買入消却しつつ 将来に亘って バーゼルⅢ に安定的に

本資本調達と今後、長期経営計画遂行による利益の積み上げにより内部留保の蓄積を図り、当 該内部留保をもって、今後段階的に資本性が認められなくなる劣後債務や第三優先株に加え、 10 年後に一斉転換の時期を迎える第1回第七優先株をすべて現金償還、買入消却しつつ、将 来に亘って「バーゼルⅢ」に安定的に対応していけるものと当社は考えており、同時に当社にと ってのいわば「資本関連コスト」である「配当金(普通株式+優先株)+劣後債務費用」は将 来大きく低下していくものと考えております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

債券回号等 会社名 ( コード ) 本紙の表示 内 容 じもとホールディングス 7161 PS1 C 種優先式 三菱自動車工業 7211 PS1 第 1 回 A 種優先式 PS2 第 1 回 G 種優先式 PS3 第 2 回 G 種優先式 PS4 第 3 回 G 種優先式 PS5 第 4 回 G 種

債券回号等 会社名 ( コード ) 本紙の表示 内 容 じもとホールディングス 7161 PS1 C 種優先式 三菱自動車工業 7211 PS1 第 1 回 A 種優先式 PS2 第 1 回 G 種優先式 PS3 第 2 回 G 種優先式 PS4 第 3 回 G 種優先式 PS5 第 4 回 G 種

野田スクリーン (6790) 105,521 0 日本コロムビア (6791) 185,510,651 優先株等の転換 0 PS 1 0 株 76,924,000 株 新株予約権の行使 0 2003/07 決議分 2 0 株 2004/05 決議分 1 0 株 2004/06 決議分 1 0 株 2005/03 決議分 1 0 株 2005/06 決議分 1 0 株 2005/06 決議分 2 0 株 2006/03 決議分 1 0 株 2006/04 決議分 1 0 株 2006/04 決議分 2 0 株 2006/06 決議分 1 0 株 2007/05 決議分 1 0 株 2007/05 決議分 2 0 株 2008/02 決議分 1 0 株 2009/06 決議分 1 0 株

54 さらに読み込む

各位 2019 年 5 月 17 日会社名シダックス株式会社代表者名代表取締役会長兼社長志太勤一 (JASDAQ コード番号 4837) 問合せ先取締役経営企画本部長山本大介 (TEL ) 資本業務提携及び第三者割当による優先株式の発行 定款の一部変更並びに資本金の額及び資本

各位 2019 年 5 月 17 日会社名シダックス株式会社代表者名代表取締役会長兼社長志太勤一 (JASDAQ コード番号 4837) 問合せ先取締役経営企画本部長山本大介 (TEL ) 資本業務提携及び第三者割当による優先株式の発行 定款の一部変更並びに資本金の額及び資本

また、B優先株については、D優先株を対価とする取得請求権が付与されております。交付 されるD優先株は、普通株式への転換が可能であり、既存株主の皆様に対し希薄化の影響が生じる 可能性があります。仮にB優先株の発行日時点において、B優先株の全部についてD優先株 を対価とする取得請求権が行使され、 これによって発行されたD優先株の全部について当初の転 換価額(B優先株に付されたD優先株を対価とする取得請求権に係る当初の転換価額と同額) で普通株式を対価とする取得請求権が行使されたとすれば、B優先株発行前の株式数の 65.15% (B優先株発行前の発行済普通株式に係る議決権数に対する、 当該転換により交付される当社普通 株式に係る議決権数の比率は 66.91%)の当社普通株式が交付されます。ただし、D優先配当に未払 いの金額が存在する場合、 当該未払い優先配当額の全てに応じた金額が加算された基準価額により交付 する当社普通株式の数が決定されるため、 未払いのD優先配当額が増加すればそれに応じて発行され る当社普通株式の数も増加することになります。 仮に1事業年度のD優先配当額 1.2 億円が基準価額 に加算されたとした場合、上記株式数に加え、B優先株発行前の発行済株式数の 1.95%(B優 先株式発行前の発行済普通株式に係る議決権数に対する、 当該転換により交付される当社普通株式に係 る議決権数の比率は 2.01%)の当社普通株式が交付されることとなります。
さらに見せる

78 さらに読み込む

種類株式の配当の状況 普通株式と権利関係の異なる種類株式に係る 1 株当たり配当金の内訳及び配当金総額は以下のとおりです 第 1 種優先株式 年間配当金 第 1 四半期末第 2 四半期末第 3 四半期末期末合計 配当金総額 ( 合計 ) 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 百万円 29 年 3

種類株式の配当の状況 普通株式と権利関係の異なる種類株式に係る 1 株当たり配当金の内訳及び配当金総額は以下のとおりです 第 1 種優先株式 年間配当金 第 1 四半期末第 2 四半期末第 3 四半期末期末合計 配当金総額 ( 合計 ) 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 百万円 29 年 3

(注)3.平成29年10月1日付で普通株式及び第1優先株10株につき1株の割合で株式併合を実施いたしました。 「1株当たり純資産額」「1株当たり当期純利益金額」及び「潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額」は、 前連結会計年度の期首に当該株式併合が実施されたと仮定して算出しております。 4.株主資本において自己株式として計上されている信託に残存する当行の株式は、「1株当たり純資産額」「1 株当たり当期純利益金額」及び「潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額」の算定上、期末発行済株式総数及 び期中平均株式総数から控除する自己株式に含めております。
さらに見せる

35 さらに読み込む

優先株式に対しては これまで優先配当の支払実績はございません 今般 当社は これまでの取り組みの結果 当社の事業基盤 収益性の強化及び財務体質の改善に一定の進捗が見られたことを踏まえ 当社普通株式の公募増資 ( 以下 本公募増資 といいます ) を実施し その発行手取金を原資に優先株式を発行価額より

優先株式に対しては これまで優先配当の支払実績はございません 今般 当社は これまでの取り組みの結果 当社の事業基盤 収益性の強化及び財務体質の改善に一定の進捗が見られたことを踏まえ 当社普通株式の公募増資 ( 以下 本公募増資 といいます ) を実施し その発行手取金を原資に優先株式を発行価額より

3.当社による優先株の取得 当社は、本公募増資に係る払込みが完了したこと及び本資本金等の額の減少の効力が発生したことを条件と して、本第三者割当増資の払込期日後遅滞なく、取得される各種の優先株の数に、下記に定める各種類の優 先株式1株あたりの取得価格(下記のとおり、発行価額からディスカウントした価格となっております。 )を 乗じた額の合計が、本資本金等の額の減少により減少した資本金及び資本準備金の額を超えない範囲で、三菱 商事、三菱東京UFJ銀行及び三菱UFJ信託銀行より、第4回G優先株、第2回G優先株、第3回 G優先株、第1回A優先株、第1回G優先株の順に、取得可能な最大数の優先株を取得する予 定です。但し、株主3社は、それぞれ、その保有する優先株の全部又は一部について本覚書に従い普通株式 を対価とする取得請求権を行使する予定であり、これにより、当社が取得することとなる優先株の数は下記 の取得株式数の上限よりも少なくなる予定です。
さらに見せる

59 さらに読み込む

当該増資による発行株式数募集後における発行済株式総数 割当先 Watermunt Spare Parts 5. 大株主及び持株比率 (2)A 種優先株式発行前 ( 平成 20 年 月 30 日現在 ) 発行後 なし Watermunt Spare Parts 100 % ( 注 3) 本増資により

当該増資による発行株式数募集後における発行済株式総数 割当先 Watermunt Spare Parts 5. 大株主及び持株比率 (2)A 種優先株式発行前 ( 平成 20 年 月 30 日現在 ) 発行後 なし Watermunt Spare Parts 100 % ( 注 3) 本増資により

平成 20 年 7 月 31 日付「第三者割当による優先株の発行、定款の一部変更、代表取締役及び役員の 異動、主要株主である筆頭株主及び親会社の異動、大規模買付行為への対応方針の取り扱い、並びに臨 時株主総会招集のための基準日設定に関するお知らせ」 (以下、 「7月 31 日付プレスリリース」といいま す。 )にてお知らせいたしました割当先である Watermunt Spare Parts B.V.(以下、 「WSP」といいます。 ) の名称が Ocean0309 B.V.に変更された旨の通知を、MBK パートナーズより受けましたのでお知らせする とともに、7月 31 日付プレスリリースにつきまして、上記割当先の名称変更に伴い変更すべき主な箇所 について、下記のとおり変更いたします。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Microsoft Word - 高森-伊藤_優先株JAROS_2006.doc

Microsoft Word - 高森-伊藤_優先株JAROS_2006.doc

4.1.西友の優先株オプション価値を定める 各種市場データ 西友株式に関わる株価変動率(キャピタルゲ イン率)、平均的株価上昇率(ドリフトレート、 西友株式に関わる株価変動率(キャピタルゲイ

5 さらに読み込む

3 併合により減少する株式数 株式併合前の発行済株式総数 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) 普通株式 A 種優先株式 181,353,953 株 40,000,000 株 株式併合により減少する株式数普通株式 163,218,558 株 A 種優先株式 36,000,000 株 株式併合

3 併合により減少する株式数 株式併合前の発行済株式総数 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) 普通株式 A 種優先株式 181,353,953 株 40,000,000 株 株式併合により減少する株式数普通株式 163,218,558 株 A 種優先株式 36,000,000 株 株式併合

Q2.単元株式数の変更及び株式併合を実施する目的は何ですか。 A2.全国の証券取引所では、投資家をはじめとする市場利用者の利便性の向上を目的に、すべての国内上 場会社の普通株式の売買単位(単元株式数)を100株に統一することを目指しています。このため、 当行は東京証券取引所に上場する企業としてこの趣旨を尊重し、対応することとしたものです。 一方で、証券取引所では望ましいとする投資単位の水準を5万円以上50万円未満と定めています。当 行が単元株式数の変更のみを実施した場合、現状の株価水準においては当該水準から外れる可能性が 高いことから、同時に株式併合(10株を1株に併合)を実施し、当行普通株式の投資単位を適切な水 準に調整しようとするものです。また、あわせて、A優先株についてもその権利に変動が生じな いようにするため、普通株式と同様に単元株式数を1,000株から100株に変更するとともに、10株を1 株に併合する株式併合を行うことといたしました。
さらに見せる

7 さらに読み込む

銘柄名 株式会社読谷ホテルマネジメント第 2 回 B 種優先株式株式会社読谷ホテルマネジメント第 3 回 B 種優先株式 引受予定株式数 ( 株 ) 払込予定金額 ( 注 1) 1 株につき 500,000 円 1 株につき 500,000 円 払込予定金額の総額 ( 千円 ) 16

銘柄名 株式会社読谷ホテルマネジメント第 2 回 B 種優先株式株式会社読谷ホテルマネジメント第 3 回 B 種優先株式 引受予定株式数 ( 株 ) 払込予定金額 ( 注 1) 1 株につき 500,000 円 1 株につき 500,000 円 払込予定金額の総額 ( 千円 ) 16

(注1) 「払込予定金額」は、引受契約に記載された払込金額(手数料等の諸費用を含みません。 )を記載しています。当該払込金額は、 本日現在における予定であり、引受契約の定めに従い、又は本投資法人及び株式会社読谷ホテルマネジメントの間での合意によ り、変更されることがあります。以下同じです。 (注2)第2回B優先株において、第2回B優先株1株当たりの第2回B優先配当金額は、以下の算式により算出された金額 とされており、第2回B優先配当金の金額を超えて剰余金の配当は行われない(非参加型)ものとされています。なお、ある 事業年度において第2回B優先株主に対して支払う1株当たりの配当金の額が第2回B優先配当金の額に達しないときは、 その不足額は翌事業年度以降に累積するものとされています。以下同じです。
さらに見せる

9 さらに読み込む

(6) その他詳細は別紙 1( 第 1 回第七種優先株式発行要項 ) をご覧下さい 第 1 回第七種優先株式の優先配当金は 30 円としており 第 1 回第七種優先株主は普通株主に優先して配当を受け取ることができます 第 1 回第七種優先株式の配当 残余財産につき 非累積 非参加条項を定めております

(6) その他詳細は別紙 1( 第 1 回第七種優先株式発行要項 ) をご覧下さい 第 1 回第七種優先株式の優先配当金は 30 円としており 第 1 回第七種優先株主は普通株主に優先して配当を受け取ることができます 第 1 回第七種優先株式の配当 残余財産につき 非累積 非参加条項を定めております

調整後下限取得価額は、取得日の翌日以降これを適用する。 ただし、当該取得条項付株式等について既に上記(C)又は(D)による取得価 額の調整が行われている場合には、調整後下限取得価額は、当該取得と引換えに 普通株式が交付された後の完全希薄化後普通株式数(下記ホ.に定義する。 )が、 当該取得の直前の既発行普通株式数を超えるときに限り、当該超過する普通株式 数が交付されたものとみなして下限取得価額調整を適用して算出し、取得の直 前の既発行普通株式数を超えないときは、本(E)による調整は行わない。
さらに見せる

23 さらに読み込む

(8) (9) 募集時における発行済株式数 ( 平成 29 年 8 月 14 日現在 ) 募集 ( 発行 ) 後における発行済株式総数 (10) その他 普通株式 8,498,000 株 普通株式 8,498,000 株 A 種優先株式 300 株本優先株式は無議決権であり 主要契約条件として当社に

(8) (9) 募集時における発行済株式数 ( 平成 29 年 8 月 14 日現在 ) 募集 ( 発行 ) 後における発行済株式総数 (10) その他 普通株式 8,498,000 株 普通株式 8,498,000 株 A 種優先株式 300 株本優先株式は無議決権であり 主要契約条件として当社に

① 本優先株の発行は、当社の有利子負債を抑制しながら自己資本の改善を図るために は必要不可欠であり、普通株主に帰属する株主価値の向上に資すると判断できること、及 び ② 本優先株は、将来の取得請求権行使による当社普通株式の増加(希薄化)を極力抑制す るため、一部の例外を除いて、割当先が当社普通株式を対価とする本優先株の取得請 求権を行使できるのは、当社が優先配当を継続し、且つ本投資契約に違反がない限り、現 金償還の選択権が行使可能となってから6ヶ月間が経過した場合等に限定されること、 当初転換価額の修正について6ヶ月に1回の頻度とするとともに、適切な修正の下限を 設定すること、当社はその分配可能額に応じて本優先株を当社の選択により取得する ことが可能となっており、この場合には取得した本優先株を消却することにより当該 本優先株に関して交付されうる普通株式が交付されないこと、法令に定めがある場合 を除き本優先株に議決権が付されていないことの措置が講じられており、当社普通株 の希薄化を一定程度防止することが可能な設計となっていること、
さらに見せる

27 さらに読み込む

Show all 9615 documents...