飼養動物(ペット)対策の実施

Top PDF 飼養動物(ペット)対策の実施:

4 施策の取組状況 Ⅰ 殺処分の大幅な減少 1 飼い主責任の徹底 (1) 終生飼養の徹底 平成 25 年 9 月に改正された 動物の愛護及び管理に関する法律 ( 以下, 動物愛護管理法 という ) の規定に基づき, 保健センター及び京都動物愛護センターにおいて, 飼い主から犬猫の引取り依頼があった際

4 施策の取組状況 Ⅰ 殺処分の大幅な減少 1 飼い主責任の徹底 (1) 終生飼養の徹底 平成 25 年 9 月に改正された 動物の愛護及び管理に関する法律 ( 以下, 動物愛護管理法 という ) の規定に基づき, 保健センター及び京都動物愛護センターにおいて, 飼い主から犬猫の引取り依頼があった際

○ 猫へ不適切な給餌が問題になっている地域相談者に,啓発プレートを配布し まし不適切な給餌是正に向け啓発を行いました。 ○ 所有者不明猫不必要な繁殖を抑制し,ふん尿等被害や迷惑拡大防止を図る とともに,猫と共生できる社会実現を目的とした「まちねこ活動支援事業」等を 実施しました。さらに,ホームページ等を用いて情報発信し,本事業拡大を図り ました。(再掲)
さらに見せる

14 さらに読み込む

[災害に備えた平常時の対策、体制の整備]災害時におけるペットの救護対策ガイドライン

[災害に備えた平常時の対策、体制の整備]災害時におけるペットの救護対策ガイドライン

超える場合は、地域状況に応じて、 一時預かりや譲渡受け入れ先とし て動物病院やボランティア協力を得 ながら活動を行える体制を検討する。  また、動物救護施設増設または 新設が必要となった場合、動物救護 活動を続けながら、迅速に候補地や 施設を見つけることは困難を極める。 特に、災害規模が大きいほど、既 存施設は人避難所や仮設住宅とし て優先的に使用される可能性がある ことから、ますます厳しくなることが 予想される。そのため、動物救護施 設設置候補地は、ライフライン等 も含め、あらかじめ関係機関等と調 整して、選定しておくことが望ましい。
さらに見せる

32 さらに読み込む

目 次 第 1 センターの成り立ちと施設のあらまし 1 沿革 1 2 職員の配置状況 2 3 施設概要 4 管轄区域 3 5 建物配置図及び平面図 4 6 建物規模 6 第 2 動物愛護指導センターの業務 1 動物愛護指導センター業務体系 7 2 動物愛護と適正飼養普及事業 8 (1) 動物愛護等情

目 次 第 1 センターの成り立ちと施設のあらまし 1 沿革 1 2 職員の配置状況 2 3 施設概要 4 管轄区域 3 5 建物配置図及び平面図 4 6 建物規模 6 第 2 動物愛護指導センターの業務 1 動物愛護指導センター業務体系 7 2 動物愛護と適正飼養普及事業 8 (1) 動物愛護等情

災害時対応、猫屋内 飼養すすめ ② ホームページ掲載内容(ペット情報) 迷子犬猫情報(毎日更新)、動物飼い方Q&A、犬猫不妊去勢 ペット防災、山梨県犬猫事情、動物ふれあい教室、犬飼い方教室 猫と暮らし方教室、犬猫譲渡、動物愛護指導センター紹介 動物愛護指導センター情報誌「ふれんど」

20 さらに読み込む

目 次 はじめに 1 第一章基本構想策定の趣旨 2 第二章現在の動物愛護相談センターの取組等 3 1 ハルスプランにおける施策展開の方向 3 2 現在の業務内容 3 (1) 動物愛護 適正飼養等の推進に係る業務 (2) 動物の保護 収容と管理に係る業務 (3) 動物取扱業者等の監視指導に係る業務 (

目 次 はじめに 1 第一章基本構想策定の趣旨 2 第二章現在の動物愛護相談センターの取組等 3 1 ハルスプランにおける施策展開の方向 3 2 現在の業務内容 3 (1) 動物愛護 適正飼養等の推進に係る業務 (2) 動物の保護 収容と管理に係る業務 (3) 動物取扱業者等の監視指導に係る業務 (

15 ○ 特定動物飼養許可、畜舎等衛生確保も、都民安全確保や生活環境保全、各施 設適切な管理運営を図るため、関係法令に従い適切に業務を実施していきます。 4 動物に関する危機管理対応基幹施設 ~災害時等における的確な危機管理~ 東日本大震災や熊本地震経験から、災害時動物救護体制や同行避難重要性が改め て指摘されており、災害時に動物救護活動拠点となるセンターは、東京都獣医師会等と 連携した動物救護、避難所設置主体となる区市町村等へ支援、被災動物一時収 容、各施設間バックアップ体制を確保していきます。
さらに見せる

18 さらに読み込む

考えよう 1 ペットがいきいきと生活するために ペットの 5つの自由 のこと 人間と同じように動物にも命があり 生きていくために必要な要求 基本的なニーズ があります 人間に飼われている動物や 人間に よって制限された環境にいる動物は 自らの意志で基本的なニーズを 満たすことはできません 飼い主には

考えよう 1 ペットがいきいきと生活するために ペットの 5つの自由 のこと 人間と同じように動物にも命があり 生きていくために必要な要求 基本的なニーズ があります 人間に飼われている動物や 人間に よって制限された環境にいる動物は 自らの意志で基本的なニーズを 満たすことはできません 飼い主には

飼い主が守るべきこと ~猫に多いトラブルを防ぐために~ ペット災害対策2    災害時…速やかな同行避難 猫は室内で飼い、交通事故、争いによるケガ、感染症など危険から守りましょう。ふん 尿や、ゴミを荒らす、鳴き声がうるさいなど、猫による周囲人へ被害をなくすこと は飼い主責務です。猫を自由に放して周辺に迷惑をかけることは、猫にとっても不幸 なことになります。
さらに見せる

8 さらに読み込む

はアニマルウェルフェア (Animal Welfare: 動物の心理的幸福の追求 生活の質の向上 ) の観点から家畜飼養時の快適性についての配慮が疾病などの軽減につながることが指摘されており 飼養時での個体管理の重要性が増加している 飼養時の個体管理では飲水や飼料摂取 休息などの鶏の行動 摂取量 温

はアニマルウェルフェア (Animal Welfare: 動物の心理的幸福の追求 生活の質の向上 ) の観点から家畜飼養時の快適性についての配慮が疾病などの軽減につながることが指摘されており 飼養時での個体管理の重要性が増加している 飼養時の個体管理では飲水や飼料摂取 休息などの鶏の行動 摂取量 温

(ウ)AIによる行動解析:供試動物はチャ ンキー種肉用鶏10羽(雄)で、図1と同 形状で仕切り板がない飼養施設で65日齢ま で飼養した。行動解析にはビデオカメラ(M 社、M25)を3台配置して動画を撮影し、 それをNAS(Network Attached Storage: B社、Terastation 5400DN)に飼養全期 間動画データを保存した。データは②解 析に従い、飼料摂取、飲水、その他行動に 1500枚ずつ区分し、それをワークステーシ ョン(D社、DK-1000)上フレームワー クChainerに読み込み500回(Epoch) 深層学習でAIによる行動分類を実施した。 (2)鶏舎清掃ロボット開発
さらに見せる

8 さらに読み込む

2 終生飼養の推進 プラン 7 プラン 8 プラン 9 終生飼養の普及啓発 所有者明示 ( 個体標識 ) 措置の徹底 収容動物の適正譲渡の推進 飼い主に対して 保健所での安易な引取り拒否を周知 終生飼養を指導 保健所での引取り依頼時に終生飼養について指導 やむを得ず飼養を継続できない飼い主が 新たな

2 終生飼養の推進 プラン 7 プラン 8 プラン 9 終生飼養の普及啓発 所有者明示 ( 個体標識 ) 措置の徹底 収容動物の適正譲渡の推進 飼い主に対して 保健所での安易な引取り拒否を周知 終生飼養を指導 保健所での引取り依頼時に終生飼養について指導 やむを得ず飼養を継続できない飼い主が 新たな

動物愛護センターで猫とふれあい実施動物介在活動犬育成及び譲渡 プラン20 身体障害者補助犬普及啓 発 ・関係団体と連携し、関係施設等に対する同法趣 旨徹底、普及啓発 ・H27食品衛生責任者講習会テキストに同法について記載 プラン21 県民意識調査実施

5 さらに読み込む

2 終生飼養の推進 プラン 7 プラン 8 プラン 9 終生飼養の普及啓発 所有者明示 ( 個体標識 ) 措置の徹底 収容動物の適正譲渡の推進 飼い主に対して 保健所での安易な引取り拒否を周知 終生飼養を指導 保健所での引取り依頼時に終生飼養について指導 やむを得ず飼養を継続できない飼い主が 新たな

2 終生飼養の推進 プラン 7 プラン 8 プラン 9 終生飼養の普及啓発 所有者明示 ( 個体標識 ) 措置の徹底 収容動物の適正譲渡の推進 飼い主に対して 保健所での安易な引取り拒否を周知 終生飼養を指導 保健所での引取り依頼時に終生飼養について指導 やむを得ず飼養を継続できない飼い主が 新たな

動物愛護センターで猫とふれあい実施動物介在活動犬育成及び譲渡 プラン20 身体障害者補助犬普及啓 発 ・関係団体と連携し、関係施設等に対する同法趣 旨徹底、普及啓発 ・食品衛生責任者講習会テキストに記載するなど啓発実 施 プラン21 県民意識調査実施

5 さらに読み込む

4 章個別基準 趣旨第 4 章では 実験動物の飼養保管の目的から 実験等を行う施設 と 実験動物を生産する施設 に分け それぞれの目的に応じて 実験動物を飼養保管するうえでの遵守事項あるいは努力事項を定めている 実際には 実験動物の生産を行うとともに実験等を行う施設もあるが その場合は両方の施設につ

4 章個別基準 趣旨第 4 章では 実験動物の飼養保管の目的から 実験等を行う施設 と 実験動物を生産する施設 に分け それぞれの目的に応じて 実験動物を飼養保管するうえでの遵守事項あるいは努力事項を定めている 実際には 実験動物の生産を行うとともに実験等を行う施設もあるが その場合は両方の施設につ

 動物実験等は安楽死処置をもって終了することを原則としてお り、人道的エンドポイントとは、実験動物を激しい苦痛から解放 するために実験を終了あるいは途中で中止する時期(すなわち 安楽死処置を施す時期)を意味する。過去に多く見られた生存 終末点(実験による死亡)まで経過観察を続ける実験 (Death as endpoint)に対比して使われる用語である。人道的エンドポイト 設定に関しては、該当する国際ガイドラインを参照する必要が ある * 28) 。苦痛度高い動物実験等、例えば、致死的な毒性試験、 感染実験、放射線照射等を行う場合、動物実験責任者は動物実験 を計画する段階で人道的エンドポイント設定を検討する。また、 腫瘍モデル、あるいは疼痛モデル、外傷、臓器や組織不全、循 環器系ショックモデル等に関する動物実験には多角的な観点か ら慎重な判断が必要であり、注意深い観察により各々実験処置 に伴う臨床症状から的確に苦痛度を想定しなければならない。一 般に、摂餌・摂水困難(身体的・行動的障害を含む)、苦悶症 状(自傷行動、異常な姿勢、呼吸障害、鳴き声など)、回復見 込みが見られない長期外見異常(下痢、出血、外陰部汚れな ど)、体温低下、急激な体重減少(数日間で 20% 以上)、腫瘍 サイズ著しい増大(体重 10% 以上)、痙攣や麻痺など中 枢神経症状などが人道的エンドポイント適用目安になる。また、 実験装置や拘束器具を用いる実験では、動物が嫌がる動作を示し
さらに見せる

40 さらに読み込む

資料 1 ペットの災害対策について 1. 検討されている ペットの災害対策 を誰に伝えるのか? 1 飼い主 2 避難所の運営に関わる人 2. 避難所でのペット対策の前に避難所に行かない対策をすべき 1. 避難所収容人員は住民の 10~15% 85~90% は入れない 2. 入居できない人 入居したく

資料 1 ペットの災害対策について 1. 検討されている ペットの災害対策 を誰に伝えるのか? 1 飼い主 2 避難所の運営に関わる人 2. 避難所でのペット対策の前に避難所に行かない対策をすべき 1. 避難所収容人員は住民の 10~15% 85~90% は入れない 2. 入居できない人 入居したく

●避難場所に人と動物居住スペースを一緒に設けることは困難であり、一応 隔離を行っても、動物鳴き声や糞尿などで動物嫌い人やアレルギーを持 つ人と軋轢が生じる可能性は存在する。 そもそも避難所は住民が自主的に運 営する形ため、そういったトラブルに対して役所が介入することは難しい。 ●避難所である各地学校校庭には、ペットが鉄棒やジャングルジムに何匹 も繋がれていた。 「喧嘩を始めるとうるさくてかなわない。飼い主に抗議をした いところだが、避難所に険悪な空気は起こしたくないし……」
さらに見せる

23 さらに読み込む

災害時における動物救護活動マニュアル用語の解説 県獣医師会市町村青森県動物救護本部動物救護センター救済基金ペット災害対策推進協会家庭動物等被災動物放浪動物特定動物 青森県公益社団法人青森県獣医師会青森県内の全市町村青森県と公益社団法人青森県獣医師会により構成青森県動物愛護センター及び各駐在で構成し

災害時における動物救護活動マニュアル用語の解説 県獣医師会市町村青森県動物救護本部動物救護センター救済基金ペット災害対策推進協会家庭動物等被災動物放浪動物特定動物 青森県公益社団法人青森県獣医師会青森県内の全市町村青森県と公益社団法人青森県獣医師会により構成青森県動物愛護センター及び各駐在で構成し

第24条飼養施設(環境省令で定めるものに限る。以下この節において同じ。 )を 設置して動物取扱業(動物譲渡し、保管、貸出し、訓練、展示その他第十条第一項 政令で定める取扱いに類する取扱いとして環境省令で定めるもの(以下この条におい て「その他取扱い」という。 )を業として行うことをいう。以下この条において「第 二種動物取扱業」という。)を行おうとする者(第十条第一項登録を受けるべき者及 びその取り扱おうとする動物数が環境省令で定める数に満たない者を除く。)は、第 三十五条規定に基づき同条第一項に規定する都道府県等が犬又は猫取扱いを行う
さらに見せる

69 さらに読み込む

プラン 6 動物愛護週間行事の開催 多くの県民に効果的に啓発できる動物愛護週間行事の実施 動物愛護センターで 年間を通したイベント及び動物愛護週間行事の実施 平成 26 年 9 月 23 日 ( 祝 ) 岐阜県動物愛護フェスティバル in 西濃 平成 26 年 10 月 12 日 ( 日 ) 動物愛

プラン 6 動物愛護週間行事の開催 多くの県民に効果的に啓発できる動物愛護週間行事の実施 動物愛護センターで 年間を通したイベント及び動物愛護週間行事の実施 平成 26 年 9 月 23 日 ( 祝 ) 岐阜県動物愛護フェスティバル in 西濃 平成 26 年 10 月 12 日 ( 日 ) 動物愛

・鑑札、注射済票装着率向上を図るため、犬飼い主が親しみや すく装着しやすいデザインを市町村が導入 ・動物愛護センターで譲渡する犬及び猫にマイクロチップ を装着し、所有者明示方法ひとつとして啓発 ・動物愛護センターで譲渡する犬猫にマイクロチップを装着 ・イベント、教室等で所有者明示普及啓発を実施 ・譲渡対象者及び譲渡動物選定基準を明確にして、動

5 さらに読み込む

動物実験の適正な実施に向けたガイドライン

動物実験の適正な実施に向けたガイドライン

外科手術用実験室(手術室)は、対象動物体格、数、手術操作複雑さ、使用機器数と大きさ 等により具備すべき要件が異なる。げっ歯目実験動物を対象とする場合、無菌操作により術野微 生物汚染を防ぐことができれば、通常実験室でも実施可能である。大型実験動物を対象とする外 科手術は操作が複雑で時間も長く、数名手術チームを編成して行うことが多いので、それに見合っ た広さと手術台、吸入麻酔装置、手術用光源、生命監視装置など設備が必要となる。また、手術室 に併設して検査室、レントゲン室、更衣室などサポート区域設置も考慮する。特に、手術後に長 期間生存させる動物実験等を実施する目的で使用する実験室では無菌手術を想定した汚染防止対策が 必要であり、使用後にクリーンアップしやすい構造とし、清浄空気供給など空調システムにも配慮 が必要である。
さらに見せる

34 さらに読み込む

基本理念 1. 動物の生命を尊重し その健康と福祉 の増進に努めます 2. 人と動物のきずなを確立するとともに 心豊かな市民生活の構築に努めます 3. 動物の愛護と適正飼養に関する知識 技術の習得に努め 市民への普及啓発 を図ります

基本理念 1. 動物の生命を尊重し その健康と福祉 の増進に努めます 2. 人と動物のきずなを確立するとともに 心豊かな市民生活の構築に努めます 3. 動物の愛護と適正飼養に関する知識 技術の習得に努め 市民への普及啓発 を図ります

動物愛護推進員関連事業開催及び協力 ・・・・・・・・ 37 2 動物愛護推進員と協働事業実施 ・・・・・・・・・・ 38 3 動物愛護推進員自主的な活動支援 ・・・・・・・・・ 40 6 特定動物飼養者へ指導 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 41 1 許可及び監視指導 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 41 2 逃走特定動物対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 44 7 動物取扱業者へ指導 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 44 1 登録及び監視指導 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 44 2 動物取扱責任者研修 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45 8 人獣共通感染症対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45 1 啓発・指導 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45 2 事業犬及び収容動物糞便検査等 ・・・・・・・・・・・・ 45 9 関係機関一覧 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 46 Ⅲ 統 計
さらに見せる

61 さらに読み込む

基本理念 1. 動物の生命を尊重し その健康と福祉 の増進に努めます 2. 人と動物のきずなを確立するとともに 心豊かな市民生活の構築に努めます 3. 動物の愛護と適正飼養に関する知識 技術の習得に努め 市民への普及啓発 を図ります - 1 -

基本理念 1. 動物の生命を尊重し その健康と福祉 の増進に努めます 2. 人と動物のきずなを確立するとともに 心豊かな市民生活の構築に努めます 3. 動物の愛護と適正飼養に関する知識 技術の習得に努め 市民への普及啓発 を図ります - 1 -

平成 24 年度は猫移動飼い方教室を 3 回(20 人参加) 、なごやかキャット説明会を 2 回(65 人参加)実施した。 (2)猫室内飼育モデル事業 「猫と遊ぼう! -楽しい室内飼育すすめ-」 猫は「放し飼いにして外で飼うものである。 」という従来概念を払拭し、室内 でも生き生きと生活できることを具体的に提示し、猫室内飼育を普及啓発するこ とを目的に、愛護館 2 階ワンワン教室において、登り木やダンボールボックスなど をつかった猫が上下に動けるような工夫紹介や、猫とふれあいや愛らしい表情 観察から、猫魅力を感じてもらう教室を行った。
さらに見せる

57 さらに読み込む

「所有者の判明しない猫不妊・去勢手術費補助金について」をご確認ください。 菊川市/ペット・動物の補助制度

「所有者の判明しない猫不妊・去勢手術費補助金について」をご確認ください。 菊川市/ペット・動物の補助制度

   菊川市所有者判明しない猫不妊・去勢手術事業費補助金交付要綱  (趣旨) 第1条 市長は、所有者判明しない猫増加及び当該猫による被害防止を図るため、 市内に生息する所有者判明しない猫不妊・去勢手術事業(以下「不妊・去勢手術 事業」という。 ) を実施した者(以下「補助事業者」という。 ) に対し、予算範囲 内において、補助金を交付するものとし、その交付に関しては、菊川市補助金等交付 規則(平成 17 年菊川市規則第 29 号。以下「規則」という。 ) 及びこの要綱定め るところによる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

環境省ホームページ「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」(外部リンク) 犬、猫の飼い主の皆さんへのお願い|宇都宮市公式Webサイト

環境省ホームページ「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」(外部リンク) 犬、猫の飼い主の皆さんへのお願い|宇都宮市公式Webサイト

(7) 所有者等は、特定動物飼養又は保管が困難になった場合における措置として譲 渡先又は譲渡先を探すため体制を確保すること。 9 緊急時対策 所有者等は、関係行政機関指導、地域防災計画等を踏まえて、地震、火災等非 常災害に際してとるべき緊急措置を定めるとともに、避難先における適正な管理が可 能となるため移動用容器、非常食用意等、避難に必要な準備を行うよう努める こと。非常災害が発生したときは、速やかに家庭動物等を保護し、及び家庭動物等に よる事故防止に努めるとともに、避難する場合には、できるだけ同行避難及びその 家庭動物適切な避難場所確保に努めること。
さらに見せる

5 さらに読み込む

[平常時及び災害時におけるそれぞれの役割]災害時におけるペットの救護対策ガイドライン

[平常時及び災害時におけるそれぞれの役割]災害時におけるペットの救護対策ガイドライン

 災害が発生した際、自治体は関係 機関と連 携して、同行避難推 進、 避難所における必要な飼育支援、放 浪動物や負傷動物救護活動を行 うなど、様々な役割を担う。自治体 によるこれら活動は動物愛護観 点のみならず、被災した飼い主へ 支援という観点からも重要である。  都道府県等は、各自治体が策定し た災害に関する計画や、次に掲げる 項目などを参考に必要な対策を検討 しておくことが望ましい。
さらに見せる

16 さらに読み込む

「全米鶏卵生産者協同組合(UEP)と米国動物愛護協会(HSUS)の採卵鶏の従来型ケージ飼養禁止に関する合意」_docx

「全米鶏卵生産者協同組合(UEP)と米国動物愛護協会(HSUS)の採卵鶏の従来型ケージ飼養禁止に関する合意」_docx

その後に農林水産省は、 国際動物保健機構 ( OIE ) 総会対策として、事務局を社団法人畜 産技術協会に置き、 「家畜福祉に配慮した家畜取り扱いに関する検討会」でアニマルウェ ルフェアを 2005 年から取り上げた。本格的に、 農林水産省は家畜生産新技術有効活用総合 対策事業( 1 億 8,800 百万円)うち、新規事業「新たな家畜飼養管理国際基準等対応 推進」として、国際基準が検討されている家畜動物福祉に対応するために、平成 19 年度 から 22 年度まで 4 カ年計画で(社)畜産技術協会と(社)日本馬事協会を実施主体とし て、わが国家畜飼養特徴や経済性を踏まえた科学的根拠に基づいて採卵鶏、豚、ブロ イラー、乳用牛、肉用牛、馬日本独自飼育管理指針などを作成した。現在日本ア ニマルウェルフェア評価は何点であろうか。
さらに見せる

7 さらに読み込む

成される また これらの適正な飼養 保管の方法は 実験動物管理者 実験実施者及び飼養者が協力することによって実現できるものである 特に実験動物管理者は 施設で飼育する実験動物の生理 生態 習性並びに飼育管理方法に関する知識と実際の経験を十分に持ち 実験実施者や飼養者に対して的確な指導 助言を行う役目

成される また これらの適正な飼養 保管の方法は 実験動物管理者 実験実施者及び飼養者が協力することによって実現できるものである 特に実験動物管理者は 施設で飼育する実験動物の生理 生態 習性並びに飼育管理方法に関する知識と実際の経験を十分に持ち 実験実施者や飼養者に対して的確な指導 助言を行う役目

SPF 動物場合、供給元から提供される感染症検査証(微生物モ ニタリング成績など)を確認し、書面上審査をもって略式検 疫としている場合が多い。  動物実験施設間でマウス、ラット等動物授受において は、供給元で飼育管理状況や疾病発生状況情報及び微生物モ ニタリング成績を入手し、検疫方法を決定する際参考とする。 供給元微生物モニタリング成績次第では、導入後微生物検 査を省略し、臨床観察と順化を兼ねて隔離措置をとらずに飼育す る場合もある。検疫期間中に微生物検査を実施する場合には、検 疫中動物は既存動物と隔離し、異なる供給元から動物が混 在しないよう物理的な封じ込めを行う。検疫期間中微生物検査 では、導入動物一部個体を用いて抜き取り検査する方法と、 検査用 SPF 動物(おとり動物)を導入動物と一定期間同居さ せたのちに検査する方法がある。供給元疾病発生状況や微生物 モニタリング成績を精査した結果、あるいは検疫中微生物検査 結果として、導入動物が施設統御対象としている微生物を保 有していることが判明若しくは疑われる場合には、導入中止又 は導入動物清浄化(微生物クリーニング)が必要となる。微生 物クリーニング方法としては、SPF 受容雌へ受精卵移植、 あるいは子宮切断で摘出した胎子を SPF 里親に哺育させる方法 がある。この場合、微生物クリーニング前隔離は当然ことな がら、微生物クリーニング後もその成否が検査によって判明する までは原則として隔離飼育が必要となる。自家施設で実施が困 難な場合には、外部委託等方法もある。
さらに見せる

80 さらに読み込む

Show all 10000 documents...