• 検索結果がありません。

項ハ (1)「その他これらに類するもの」 ⇒ (規則5条 6 項)

方で 18 歳以上であるものその他これに類する方として知事が別に定めるものカ生活保護法 ( 昭和 25 年法律第 144 号 ) 第 6 条第 1 項に規定する被保護者又は中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律 ( 平成 6 年法律第

方で 18 歳以上であるものその他これに類する方として知事が別に定めるものカ生活保護法 ( 昭和 25 年法律第 144 号 ) 第 6 条第 1 項に規定する被保護者又は中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律 ( 平成 6 年法律第

... 方で 18 歳以上であるものその他これ類する方として知事が別に定 めるもの カ 生活保護法(昭和 25 年法律第 144 号)第6第1規定する被保護 者又は中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留 邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律 (平成6年法律第 30 号) 第 14 ...

11

化粧品の規制と微生物試験の重要性 2/6 第 62 条 : 化粧品については, 第 51 条, 第 52 条第 1 項及び第 53 条から第 57 条までの規定を 準用する 第 56 条 5 号中 第 42 条第 1 項 とあるのは 第 42 条第 2 項 と読み替 えるものとする 他項読み替えにつ

化粧品の規制と微生物試験の重要性 2/6 第 62 条 : 化粧品については, 第 51 条, 第 52 条第 1 項及び第 53 条から第 57 条までの規定を 準用する 第 56 条 5 号中 第 42 条第 1 項 とあるのは 第 42 条第 2 項 と読み替 えるものとする 他項読み替えにつ

... 評価項目の種類は,製品 の微生物汚染度を把握す る目的適した「生菌数 試験」,病原菌の 存在の有無を確認する目的適した「特定微生物試験」大まか分けることができる。 生菌数試験は細菌及び真菌,特定微生物試験は一般的大腸菌,緑膿菌,黄色ブドウ球菌 及 びカンジダ・アルビカンスの 4 菌種を対象としている場合が多い 。特定微生物は製造時や使用 ...

6

4 広告可能な事項の具体的な内容 (1) 法第 6 条の 5 第 3 項第 1 号関係 (2) 法第 6 条の 5 第 3 項第 2 号関係 (3) 法第 6 条の 5 第 3 項第 3 号関係 (4) 法第 6 条の

4 広告可能な事項の具体的な内容 (1) 法第 6 条の 5 第 3 項第 1 号関係 (2) 法第 6 条の 5 第 3 項第 2 号関係 (3) 法第 6 条の 5 第 3 項第 3 号関係 (4) 法第 6 条の

... 景表法は、「商品又は役務の品質、規格その他の内容について、一般消費者に対し、実際のものより も著しく優良であると示し、又は事実相違して当該事業者と同種若しくは類似の商品若しくは役務を 供給している他の事業者係るものよりも著しく優良であると示す表示であつて、不当顧客を誘引し、 ...

40

保育所等との連携 第 6 条家庭的保育事業者等 ( 居宅訪問型保育事業を行う者 ( 以下 居宅訪問型保育事業者 という ) を除く 以下この条 第 7 条第 1 項 第 14 条第 1 項及び第 2 項 第 15 条第 1 項 第 2 項及び第 5 項 第 16 条並びに第 17 条第 1 項から第

保育所等との連携 第 6 条家庭的保育事業者等 ( 居宅訪問型保育事業を行う者 ( 以下 居宅訪問型保育事業者 という ) を除く 以下この条 第 7 条第 1 項 第 14 条第 1 項及び第 2 項 第 15 条第 1 項 第 2 項及び第 5 項 第 16 条並びに第 17 条第 1 項から第

... この、第7第1、第14第1及び第2、第15第1、第2及び第5、第16並びに第17第1 から第3までにおいて同じ。)は、利用乳幼児に対する保育が適正かつ確実行われ、及び、家庭的保育事業 ...

20

(5) 興行映画 演劇 演芸 見せ物及びこれらに類するもの ( 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律 ( 昭和 23 年法律第 122 号 以下 風適法 という ) 第 2 条第 6 項第 3 号に規定する営業に係る興行を除く ) をいう (6) 興行者興行を主催する者又は興行場法 ( 昭

(5) 興行映画 演劇 演芸 見せ物及びこれらに類するもの ( 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律 ( 昭和 23 年法律第 122 号 以下 風適法 という ) 第 2 条第 6 項第 3 号に規定する営業に係る興行を除く ) をいう (6) 興行者興行を主催する者又は興行場法 ( 昭

... 3 携帯電話インターネット接続役務提供事業者は、第1の書面の提出を受けた場合限 り、青少年有害情報フィルタリングサービスを利用しない携帯電話インターネット契約 (青少年を当事者とし、又は青少年を携帯電話端末等の使用者とするもの限る。)を締 結することができる。この場合において、当該携帯電話インターネット接続役務提供事業 ...

15

公正競争規約施行規則 ( 音声 画像 有線設備によるものを含む ) 映画 演劇及びこれらに類するものによる広告 (8) 入場券 乗車券 プログラム テレホンカードその他これらに類するものによる広告及び景品類に記載する表示 2 この規約において 家電品 とは 一般消費者の生活の用に供され 電気を機能上

公正競争規約施行規則 ( 音声 画像 有線設備によるものを含む ) 映画 演劇及びこれらに類するものによる広告 (8) 入場券 乗車券 プログラム テレホンカードその他これらに類するものによる広告及び景品類に記載する表示 2 この規約において 家電品 とは 一般消費者の生活の用に供され 電気を機能上

... 第16 規約第6第5号規定する「付 属品」とは、事業者が出荷時当該家電 品付した備品類をいう。 第17 規約第6第6号規定する「取 扱上の注意事項」とは、製品の機能保持、 故障防止、安全保持のため必要とされ る取付方法、使用方法、手入れの方法、保 管方法及び法で定められた廃棄の方法並 ...

23

第 321 条の8 第 22 項及び第 23 項の申告書を除く ) を削り 第 98 条第 1 項 を 第 81 条の6 第 1 項の申告書 第 98 条第 1 項 に改め 同条に次の2 号を加える (5) 第 48 条第 1 項の申告書 ( 法第 321 条の8 第 1 項 第 2 項 第 4 項

第 321 条の8 第 22 項及び第 23 項の申告書を除く ) を削り 第 98 条第 1 項 を 第 81 条の6 第 1 項の申告書 第 98 条第 1 項 に改め 同条に次の2 号を加える (5) 第 48 条第 1 項の申告書 ( 法第 321 条の8 第 1 項 第 2 項 第 4 項

... 3 の 場 合 お い て 、 法 第 3 2 1 の 8 第 2 2 規 定 す る 申 告 書 ( 以 下 こ の お い て 「 修 正 申 告 書 」 と い う 。 ) の 提 出 が あ っ た と き ( 当 該 修 正 申 告 書 係 る 町 民 税 つ い て ...

52

Visio i30-34.j.vsd

⑶ 雇用保険料 ⑷ 健康保険料 ( 介護保険料を含む ) ⑸ 厚生年金保険料 ⑹ その他必要と認められるもので職員代表と協定したもの 第 2 章俸給 ( 俸給 ) 第 4 条俸給は職員就業規則 ( 平成 18 年規程第 13 号 以下 就業規則 という ) 第 31 条第 1 項に定める勤務時間 (

... ⑵ 60キロメートル以上300キロメートル未満 100分の5 2 前項の規定により広域異動手当を支給されることとなる職員のうち、当該支給係る異動 等(以下このにおいて「当初広域異動等」という。)の日から3年を経過する日までの間 の異動等(以下このにおいて「再異動等」という。)により前項の規定により更広域異 ...

7

この計画は 官民データ活用推進基本法 ( 平成 28 年法律第 103 号 ) 第 8 条第 8 項において 準用する同条第 6 項の規定に基づき 国会に報告するものである

この計画は 官民データ活用推進基本法 ( 平成 28 年法律第 103 号 ) 第 8 条第 8 項において 準用する同条第 6 項の規定に基づき 国会に報告するものである

... ・ テレワークの普及に当たって、平成30年2月厚生労働省が策定した「情報通信 技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン」及び 平成30年4月総務省が公表した「テレワークセキュリティガイドライン(第4 版) 」について、周知・普及を図っていく。また、国家公務員については、平成32 ...

117

12. ガス設備等に使用する材料 規則関係条項第 6 条第 1 項第 14 号 第 7 条第 1 項 第 8 条第 1 項第 1 号 第 23 条第 1 項 第 53 条第 1 項第 7 号 ガス設備又は消費設備 ( 消費設備にあってはガスの通る部分に限るものとする ) の種類に応じ 次の各号に定め

12. ガス設備等に使用する材料 規則関係条項第 6 条第 1 項第 14 号 第 7 条第 1 項 第 8 条第 1 項第 1 号 第 23 条第 1 項 第 53 条第 1 項第 7 号 ガス設備又は消費設備 ( 消費設備にあってはガスの通る部分に限るものとする ) の種類に応じ 次の各号に定め

... 日本工業規格H4090(1990)アルミニウム及びアルミニウム合金溶接管(溶 接管のうちA1050、A1100、A1200、A3003、A320 3及びA5052限る。) 日本工業規格H4100(1988)アルミニウム及びアルミニウム合金押出形材 (A1100、A1200、A2024、A3003、A3203、A5 052、A5083、A5086、A5454、A6061及びA606 3限る。) ...

14

電子帳簿保存法 施行規則第8条第1項二号の規程に係る参考例

電子帳簿保存法 施行規則第8条第1項二号の規程に係る参考例

... 10 ) 法第 4 及び第 5 条は、国税関係帳簿書類係る電磁的記録あるいはマイクロフィルム による保存を希望する事業者が、所轄の税務署長申請し、承認されることにより電磁的 記録のみにより保存可能となるものですが、法第 10 条は EDI 取引代表される電子取引 の場合を対象としており、EDI ...

41

第 5 条福祉事務所長は 別表第 1の実施基準ごとに定める提出書類及び確認内容に基づき保育の実施の可否を決定するものとする 2 福祉事務所長は 規則第 3 条第 2 項及び鎌倉市緊急一時預かり保育に関する規則第 7 条第 2 項に定める保育を要する程度の高いものの判断を 別表第 2に定める基本点数及

第 5 条福祉事務所長は 別表第 1の実施基準ごとに定める提出書類及び確認内容に基づき保育の実施の可否を決定するものとする 2 福祉事務所長は 規則第 3 条第 2 項及び鎌倉市緊急一時預かり保育に関する規則第 7 条第 2 項に定める保育を要する程度の高いものの判断を 別表第 2に定める基本点数及

... (障害児の保育の実施) 第12 福祉事務所長は、第5の規定かかわらず、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第4第2 規定する児童又はそれと同程度の障害があると福祉事務所長が認める児童については、集団保育が当該児童 ...

8

基づく事業協同組合並びにこれらに準ずる団体 ⑶ 地方自治法 ( 昭和 22 年法律第 67 号 ) 第 244 条の2 第 3 項に規定する指定管理者 ( 以下 指定管理者 という ) ⑷ 地方自治法第 260 条の2 第 1 項に規定する地縁による団体及び町会 自治会その他これらに準ずる団体 ⑸

基づく事業協同組合並びにこれらに準ずる団体 ⑶ 地方自治法 ( 昭和 22 年法律第 67 号 ) 第 244 条の2 第 3 項に規定する指定管理者 ( 以下 指定管理者 という ) ⑷ 地方自治法第 260 条の2 第 1 項に規定する地縁による団体及び町会 自治会その他これらに準ずる団体 ⑸

... 次に掲げる者で公共の場所向けて防犯カメラを設置しようとするものは、 規則で定めるところにより、防犯カメラの設置及び運用に関する基準(以下「設置 運用基準」という。)を定め、これを市長届け出て、その内容について協議しな ければならない。当該設置運用基準の内容を変更しようとするときも、同様とする。 ⑴ 小金井市(以下「市」という。) ...

5

収益事業開始届出 ( 法人税法第 150 条第 1 項 第 2 項 第 3 項 ) 1 収益事業の概要を記載した書類 2 収益事業開始の日又は国内源泉所得のうち収益事業から生ずるものを有することとなった時における収益事業についての貸借対照表 3 定款 寄附行為 規則若しくは規約又はこれらに準ずるもの

収益事業開始届出 ( 法人税法第 150 条第 1 項 第 2 項 第 3 項 ) 1 収益事業の概要を記載した書類 2 収益事業開始の日又は国内源泉所得のうち収益事業から生ずるものを有することとなった時における収益事業についての貸借対照表 3 定款 寄附行為 規則若しくは規約又はこれらに準ずるもの

... 公益法人等の損益計算書等の提出 (租税特別措置法第68の6) 公益法人等の損益計算書又は収支計算書 イメージデータ(PDF形式)による提出が可能な手続及び主な添付書類は、次のとおりです。 なお、この一覧は、平成30年3月31日現在の法令基づくものです。 ...

5

学位規則第6条第1項の規定に基づく学士の学位の授与に係る特例について

学位規則第6条第1項の規定に基づく学士の学位の授与に係る特例について

... 第3 学士の学位の授与を受けようとする者は、前条各号の一該当した後、次の各号定めるところよ り単位を修得しなければならない。 一 2年以上にわたって、大学設置基準(昭和31年文部省令第28号)第31の規定による単位等大学おけ ...

26

第 3 条条例第 3 条第 2 項第 2 号の所得割の額 ( 以下 所得割の額 という ) の算定は 次の各号に掲げる場合に応じ 当該各号に定める方法により行うものとする (1) 地方税法第 314 条の7 並びに附則第 5 条の4 第 6 項及び第 5 条の4の2 第 6 項の規定による控除をされ

第 3 条条例第 3 条第 2 項第 2 号の所得割の額 ( 以下 所得割の額 という ) の算定は 次の各号に掲げる場合に応じ 当該各号に定める方法により行うものとする (1) 地方税法第 314 条の7 並びに附則第 5 条の4 第 6 項及び第 5 条の4の2 第 6 項の規定による控除をされ

... (3) 重度心身障害者が国民健康保険の被保険者又は後期高齢者医療の被保険者である場合 当 該重度心身障害者及び当該重度心身障害者係る同一生計者の所得割の額 (受給券の交付の申請) 第4 条例第6の規定による申請は、重度心身障害者医療費助成申請書(別記様式第1号) 次に掲げる書類を添付して行うものとする。ただし、市長が当該事項について、本人の同意を得 ...

6

条の55の2 第 3 項 ) ( イ ) 焼入れ作業等の一般取扱所で指定数量の倍数が 10 未満のもの ( 危規則第 28 条の56 第 3 項 ) ( ウ ) ボイラー等で危険物を消費する一般取扱所で指定数量の倍数が 10 未満のもの ( 危規則第 28 条の57 第 3 項及び第 4 項 ) (

条の55の2 第 3 項 ) ( イ ) 焼入れ作業等の一般取扱所で指定数量の倍数が 10 未満のもの ( 危規則第 28 条の56 第 3 項 ) ( ウ ) ボイラー等で危険物を消費する一般取扱所で指定数量の倍数が 10 未満のもの ( 危規則第 28 条の57 第 3 項及び第 4 項 ) (

... (1)タンク専用室は随時開けることのできる自動閉鎖の特定防火設備を設けた出入口以 外の開口部を有しない厚さ 70 ミリメートル以上の鉄筋コンクリート造又はこれと同等 以上の強度を有する構造の壁で当該建築物の他の部分と区画されたものであること。 (2)タンク専用室とタンク専用室以外の部分との接続部分を建築物の中心線とみなし、 当該中心線から 3 メートル以内存するタンク専用室の外壁は、延焼のおそれのある ...

39

アナリスト レポートの取扱い等に関する規則 ( 平 ) ( 目的 ) 第 1 条この規則は アナリスト レポートの取扱い等に関し 協会員 ( 特別会員にあっては 金融商品取引法 ( 以下 金商法 という ) 第 33 条第 2 項第 3 号ハ又は同項第 4 号ロに掲げる行為 ( 以下

アナリスト レポートの取扱い等に関する規則 ( 平 ) ( 目的 ) 第 1 条この規則は アナリスト レポートの取扱い等に関し 協会員 ( 特別会員にあっては 金融商品取引法 ( 以下 金商法 という ) 第 33 条第 2 項第 3 号ハ又は同項第 4 号ロに掲げる行為 ( 以下

... 7 協会員は、外部アナリストが執筆するアナリスト・レポートを当該外部アナリストが所属する会社 又は当該外部アナリストとの契約等基づき公表等する場合は、当該外部アナリストと当該アナリスト・ レポートの対象会社との重大な利益相反の関係について、その内容を当該アナリスト・レポートにおいて明 ...

6

目次 第 1 章経営承継円滑化法について... 3 第 1 節経営承継円滑化法の概要... 3 第 2 節用語について 中小企業者 ( 法第 2 条 施行令 施行規則第 1 条第 1 項 ) 戸籍謄本等 ( 施行規則第 1 条第 5 項 ) 従業員数証

目次 第 1 章経営承継円滑化法について... 3 第 1 節経営承継円滑化法の概要... 3 第 2 節用語について 中小企業者 ( 法第 2 条 施行令 施行規則第 1 条第 1 項 ) 戸籍謄本等 ( 施行規則第 1 条第 5 項 ) 従業員数証

... 329 第 1 ) 、持分会社の場合は業務を執行する社員を意味します 9 。 (5) 当該贈与の時以後において、当該代表者が当該贈与により取得した当該中小企 業者の株式等(当該贈与の時以後のいずれかの時において当該中小企業者が合併 により消滅した場合あっては当該合併に際して交付された吸収合併存続会社等 ...

109

法第 16 条第 7 項 安全統括管理者の解任命令違反 60 日車 局長通達 6(1)5ウによる 法第 17 条第 1 項 過労運転の防止措置義務違反 安全規則第 3 条第 1 項 第 2 項 必要な員数の運転者の確保違反 警告 10 日車 第 3 項 1 休憩 睡眠施設の整違反 30 日車 60

法第 16 条第 7 項 安全統括管理者の解任命令違反 60 日車 局長通達 6(1)5ウによる 法第 17 条第 1 項 過労運転の防止措置義務違反 安全規則第 3 条第 1 項 第 2 項 必要な員数の運転者の確保違反 警告 10 日車 第 3 項 1 休憩 睡眠施設の整違反 30 日車 60

...  2及び3の違反行為は、局長通達2(3)の「最高速度違反行為(下命又は容認係るものは除く。)その他の 別に定める違反行為」として、別途個別処分するものとする。 運転者に対する指導及び監督係る記録の作成・保存 駐停車違反、放置駐車違反その他の道路交通法の違反行為を理由とした文書による警告又は行政処分を ...

8

Show all 10000 documents...

関連した話題