障害児及び障害者の福祉に関すること

Top PDF 障害児及び障害者の福祉に関すること:

岡山市障害者プラン及び第5期岡山市障害者福祉計画・第1期岡山市障害児福祉計画(平成30~32年度) No.1

岡山市障害者プラン及び第5期岡山市障害者福祉計画・第1期岡山市障害児福祉計画(平成30~32年度) No.1

しかし、障害法定雇用率を達成している企業割合は約53%にと どまっており、障害雇用は十分には進んでいません。 ○ ハローワークで求職申し込みを行ったにもかかわらず、一般就労に至ら なかった障害が多数存在します。また、一般就労した障害が、職場 理解不足や就労継続ため支援不足により、離職する場合も多くみら れます。 「福祉に関するアンケート調査」で、障害就労支援で必要と 思うこと(問30)では、職場で障害理解が48.6%、職場上司 や同僚に障害理解があることが46.0%で最も多くなっています。 ○ 就労移行支援事業所、就労継続支援事業所等福祉施設を利用する障害 が増えており、これら福祉施設から一般就労へ移行する障害数は 増加傾向にあります。
さらに見せる

95 さらに読み込む

第5期池田市障害者計画、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画(素案)

第5期池田市障害者計画、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画(素案)

「第5期池田市障害計画」は、障害基本法第11条第3項に基づく「市町村 障害計画」として、池田市における障がい施策基本的な計画となるもので す。 「第5期池田市障害福祉計画」は、障害総合支援法(障害日常生活及び 社会生活を総合的に支援するため法律)第88条に基づく「市町村障害福祉計 画」として、池田市における障がい福祉サービス、相談支援、地域生活支援事業 に関する具体的な実施内容、見込量等を定めるもので、「障害計画」実施計 画的な性格を有するものです。
さらに見せる

85 さらに読み込む

分割版(第6章) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

分割版(第6章) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

障害相談支援事業は、障害ある人等福祉に関する問題に対して相談に応じ、必要 な情報提供や助言等を行うとともに、虐待防止や早期発見に向けた関係機関と連絡調 整や、障害ある人等権利擁護ために必要な援助を行います。 基幹相談支援センターは、総合的な相談や成年後見制度利用支援事業を実施し、身近な 地域相談支援事業では対応できない個別事例へ対応や、地域相談支援中核的な 役割を担うとともに、地域生活支援拠点等面的整備うえで連携拠点となります。
さらに見せる

26 さらに読み込む

岡山市障害者支援施設の設備及び運営に関する基準を定める条例施行規則 基準条例について(障害者・障害児)|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

岡山市障害者支援施設の設備及び運営に関する基準を定める条例施行規則 基準条例について(障害者・障害児)|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

第1条 この規則は,岡山市障害支援施設設備及び運営に関する基準を定める条例(平成 24年市条例第84号。以下「条例」という。)施行に関し,必要な事項を定めるものとする。 (管理) 第2条 条例第5条に規定する規則で定めるは,次各号いずれか事業若しくは施設 常勤従業として業務に従事した期間が通算して2年以上である又は社会福祉施設長 資格認定講習課程を修了したとする。
さらに見せる

2 さらに読み込む

分割版(第7章) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

分割版(第7章) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

(2)関係団体・市民と連携 障害ある人地域生活を支えるためには、行政だけでなく、社会福祉協議会をはじめ、 民生委員児童委員、ふれあいネット雅び、ボランティア等による支援や協力が重要となりま す。そのため、これら団体による地域福祉活動促進・支援に努めるとともに、障害団体 と行政と連携を強化し、市民と行政協力体制を築きます。

2 さらに読み込む

本文(全文) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

本文(全文) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

3 計画位置づけ (1)法律上位置づけ 「第3期羽曳野市障害計画」は、障害基本法第 11 条第3項「市町村における障害 ため施策に関する基本的な計画」 (市町村障害計画)として位置づけられるものであり、 本市における障害福祉施策最も基本的な理念と事業を展開する指針を明らかにするもので す。同時に本計画は、障害総合支援法第 88 条に基づく「市町村障害福祉計画」として「第 5期羽曳野市障害福祉計画」 、及び改正児童福祉法第 33 条 20(2018(平成 30)年4月施行) に基づく「市町村障害福祉計画」として「第1期羽曳野市障害福祉計画」として、本 市における障害福祉サービス等及び障害通所支援等充実と支援体制計画的な整備方 向性を示すものであり、これら3つ計画を一体的に策定しました。
さらに見せる

134 さらに読み込む

分割版(第4章) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

分割版(第4章) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

○本市では、日常的に障害福祉サービスを中心とした相談業務を行っているほか、社会 福祉法人へ委託により市内に4か所相談支援事業所を設けており、その他特定 相談支援・障害相談支援事業所を含め 10 か所相談支援事業所が整備されています。 また、障害相談員(ピアカウンセラー)及び民生委員児童委員が各地域で相談に応 じたり、人権擁護委員による人権相談を実施しています。今後もサービス制度や内 容周知を図るとともに、誰もが気軽に相談でき、的確な判断や助言、指導などが受 けられる体制づくりをすすめる必要があります。また各相談機関連携を強化すると ともに、相談員など資質向上に努め、相談機能充実を図る必要があります。そし て、地域における相談支援中核的機関として基幹相談支援センター設置は重点 課題です。
さらに見せる

28 さらに読み込む

ダイジェスト版 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

ダイジェスト版 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

◆ 計画 計画 計画 計画 策定にあたって 策定にあたって 策定にあたって 策定にあたって 【計画策定趣旨】 「第4期羽曳野市障害福祉計画」計画期間終了と「第3期羽曳野市障害計画」中間見直し 時期を迎えるにあたり、この間国における障害福祉施策進展と法制度改革、本市障害を取 り巻く現状や課題、これまで計画検証等を踏まえ、本市における障害福祉施策基本指針として、 改めて総合的な視点から施策体系化を図るとともに、障害福祉充実に向け、各種施策方向性を 示すことを目的として、 「第3期羽曳野市障害計画(後期計画) 」及び「第5期羽曳野市障害福祉計 画」並びに「第1期羽曳野市障害福祉計画」を策定します。
さらに見せる

8 さらに読み込む

分割版(資料編) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

分割版(資料編) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

(5) 障害及び障害福祉に関する事業に従事する (6) 前各号に掲げるほか、市長が適当と認める (任期) 第 3 条 委員任期は、3 年とし、再任を妨げない。ただし、委員が欠けた場合における補 欠委員任期は、前任残任期間とする。

4 さらに読み込む

岡山市障害福祉サービス事業の設備及び運営に関する基準を定める条例施行規則 基準条例について(障害者・障害児)|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

岡山市障害福祉サービス事業の設備及び運営に関する基準を定める条例施行規則 基準条例について(障害者・障害児)|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

第2項に規定する特別支援学級 (4) 次に掲げる行政機関事業 ア 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第12条に規定する児童相談所 イ 身体障害福祉法(昭和24年法律第283号)第11条第1項に規定する身体障害更 生相談所

2 さらに読み込む

浦安市障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく指定特定相談支援事業者の指定及び児童福祉法に基づく指定障害児相談支援事業者の指定等に関する規則

浦安市障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく指定特定相談支援事業者の指定及び児童福祉法に基づく指定障害児相談支援事業者の指定等に関する規則

第1条 この規則は、障害日常生活及び社会生活を総合的に支援するため 法律(平成17年法律第123号。以下「総合支援法」という。)、障害日常 生活及び社会生活を総合的に支援するため法律施行令(平成18年政令第10 号)、障害日常生活及び社会生活を総合的に支援するため法律施行規則 (平成18年厚生労働省令第19号)及び障害日常生活及び社会生活を総合的 に支援するため法律に基づく指定計画相談支援事業人員及び運営に関 する基準(平成24年厚生労働省令第28号)並びに児童福祉法(昭和22年法律164 号)、児童福祉法施行令(昭和23年政令第74号)、児童福祉法施行規則(昭和23 年厚生省令第11号)及び児童福祉法に基づく指定障害相談支援事業人 員及び運営に関する基準(平成24年厚生労働省令第29号)に定めるものほか、 指定特定相談支援事業及び指定障害相談支援事業指定等に関し必要 な事項を定めるものとする。
さらに見せる

9 さらに読み込む

高知市障害者計画・障害福祉計画・障害児福祉計画(平成30から32年度)案(142ページ)

高知市障害者計画・障害福祉計画・障害児福祉計画(平成30から32年度)案(142ページ)

自立生活援助 手 帳 交 付 身 体 ・ 療 育 ・ 精 神 療 未熟養育 療費 慢性特定疾病 療費 特定 療費 指定難病 自立支援 療費 育成 療 自立支援 療費 精神通院 療 福祉 療 手当て 障害福祉手当 特別児童扶養手当 高知県重度心身障害療育手当 児童扶養手当 心身障害扶養共済制

142 さらに読み込む

【江東区障害者福祉計画・障害福祉計画・障害児福祉計画】概要版(別ウィンドウで開きます)

【江東区障害者福祉計画・障害福祉計画・障害児福祉計画】概要版(別ウィンドウで開きます)

(実利用人数) 2 人 2 人 2 人 オ 自動車改造費助成事業(実利用人数) 6 人 6 人 6 人 (2)各事業見込量確保ため方策 今後地域共生社会実現に向けて、地域住民障害理解がより一層深まっていか なければなりません。そのために、障害福祉サービス事業所イベント周知、障害 団体と地域住民交流ができる場充実に努めていくとともに、障害差別解消法 周知を継続的に行い、差別ない誰もが安心して生活できるまち実現を目指します。 また、障害社会参加をさらに促進するため、障害個々ニーズを勘案しなが ら、移動支援事業充実を図るほか、権利擁護ため成年後見制度については、成 年後見制度利用促進に関する法律趣旨等を踏まえ、利用促進に向けて迅速に対 応していきます。
さらに見せる

49 さらに読み込む

障害児 障害者の社会参加の機会の確保及び地域社会における共生を支援するため 障害福祉サービスの充実及び地域生活支援事業の着実な実施 並びに就労支援 精神障 害者や発達障害者などへの支援施策を推進する 1 障害福祉サービスの確保 地域生活支援などの障害児 障害者支援の推進 1 兆 7,172 億円 障

障害児 障害者の社会参加の機会の確保及び地域社会における共生を支援するため 障害福祉サービスの充実及び地域生活支援事業の着実な実施 並びに就労支援 精神障 害者や発達障害者などへの支援施策を推進する 1 障害福祉サービスの確保 地域生活支援などの障害児 障害者支援の推進 1 兆 7,172 億円 障

(2) 発達障害・発達障害支援手法開発や支援に携わる人材育成など ① 支援手法開発、人材育成【一部拡充】 1.4億円 発達障害等を支援するため支援手法開発、関係する分野と協働による支援、 切れ目ない支援等を整備するためモデル事業を実施する。その際、発達障害支 援法改正を踏まえ新たに発達障害社会生活等安定を目的として、当事者同士 活動や当事者、その家族、地域住民等が共同で行う活動に対する効果的な支援手法 開発及びライフステージを通じて、切れ目なく発達障害支援を効果的に行うた め、医療、保健、福祉、教育、労働等分野間で連携した支援手法開発を行う。
さらに見せる

9 さらに読み込む

小川町第4次障害者計画・第5期障害福祉計画・第1期障害児福祉計画 | 和紙のふるさと 小川町

小川町第4次障害者計画・第5期障害福祉計画・第1期障害児福祉計画 | 和紙のふるさと 小川町

∼すべて町民が、障害有無にかかわらず、     地域社会中で安心していきいきと暮らせる町をめざして∼ 小川町第4次障害計画・第5期障害福祉計画 第1期障害福祉計画

4 さらに読み込む

障害児支援事業 基本施策5 自分らしく暮らせる障害者福祉の充実(障害者(児)福祉) | 結城市公式ホームページ

障害児支援事業 基本施策5 自分らしく暮らせる障害者福祉の充実(障害者(児)福祉) | 結城市公式ホームページ

総合計画65ページ  予算書86ページ 児童発達支援費や放課後ディサービス費にかかるサービス事業所等増加により,大幅な利用日数増加が見込まれる。 障害を対象とした施設・事業は,平成24年4月に児童福祉法に一本 化された。 就学に対し,放課後や夏休み等長期休暇中に通所によ る生活能力訓練や社会と交流促進等を行う放課後等テ ゙ イ サービス 需要が高まってきている。健康増進センター健診や医療機関等から 助言や紹介により,児童発達支援利用も増加している。
さらに見せる

2 さらに読み込む

神戸市障害者 ( 児 ) 日常生活用具費支給事業実施要綱 ( 目的 ) 第 1 条この要綱は, 障害者及び障害児に対し, 日常生活の便宜を図り, その福祉の増進に資することを目的として, 神戸市障害者 ( 児 ) 日常生活用具費支給事業 ( 以下 本事業 という ) を行うことについて必要な事項を定

神戸市障害者 ( 児 ) 日常生活用具費支給事業実施要綱 ( 目的 ) 第 1 条この要綱は, 障害者及び障害児に対し, 日常生活の便宜を図り, その福祉の増進に資することを目的として, 神戸市障害者 ( 児 ) 日常生活用具費支給事業 ( 以下 本事業 という ) を行うことについて必要な事項を定

(支給対象) 第3条 本事業により用具費支給を受けることができるは,別表第1障害及び程度欄及 び別表第2-1障害及び程度欄に掲げる要件に該当する障害又は障害保護であっ て当該用具購入を必要とするものとする。ただし,支給申請があった日属する年度(当 該日が4月から6月まで間にあっては,前年度)における当該障害又はその配偶(障 害場合は当該障害又はその属する世帯世帯員)最多納税市町村民税所得 割納税額が46万円以上であるときは,この限りでない。
さらに見せる

15 さらに読み込む

分割版(第5章) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

分割版(第5章) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

就労定着支援開始後1年後職場定着率を、就労定着支 援利用8割以上とします。 ② 目標達成に向けた取り組み 障害一般就労へ移行に関する目標達成に向け、改正障害雇用促進法規定等 を踏まえ、障害雇用拡大に向けた啓発や情報提供による企業理解促進を図るととも に、南河内北障害就業・生活支援センターやハローワーク、就労移行支援事業所等と連 携した取り組みを推進します。また、市役所等における障害雇用促進に取り組みます。
さらに見せる

8 さらに読み込む

分割版(第3章) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

分割版(第3章) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

55 2 基本原則 基本理念に基づいて、本市障害福祉施策を推進するうえで、施策全体に通底する3つ 基本原則を定めます。これは、2006(平成 18)年に国連で採択され、我が国が 2014(平成 26)年に批准した障害権利条約や、2011(平成 23)年に改正された障害基本法における 基本的な理念・原則に基づくものです。本市障害福祉施策は、そのすべてにおいて、この 基本原則に基づいて企画・実施・評価される必要があるとともに、この基本原則が社会に広 く認知されるよう努める必要があります。
さらに見せる

4 さらに読み込む

分割版(第2章) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

分割版(第2章) 第3期障害者計画(後期計画)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画/羽曳野市

障害相談支援 障害通所支援を利用するすべて障害ある児童が対象であるため、児童発達支援等 利用数に基づいて見込量を算出しました。しかし、2016(平成 28)年度から 2017(平 成 29)年度にかけて放課後等デイサービスに係る支給決定事務平準化を図るため、通常 1年支給決定期間を短縮し、支給期間満了月を当該児童誕生日月に併せたことなど によって、見込量を上回る利用実績となっています。また、2017(平成 29)年9月末障 害通所支援支給決定児童は 279 名で、全員が障害相談支援を利用しています。
さらに見せる

46 さらに読み込む

Show all 10000 documents...