長期的には技術開発が必須

Top PDF 長期的には技術開発が必須:

第 196 回国会 ( 常会 ) 農林水産大臣所信表明演説 ( 抜粋 ) AI ICT ドローン等 発展著しい先端技術を活用すれば 農林水産業の生産性を飛躍的に高めることができると考えます 中長期的視点で基礎的 先導的な技術開発に取り組むとともに 現場への実装を強力に推進するため 明確な開発目標の下

第 196 回国会 ( 常会 ) 農林水産大臣所信表明演説 ( 抜粋 ) AI ICT ドローン等 発展著しい先端技術を活用すれば 農林水産業の生産性を飛躍的に高めることができると考えます 中長期的視点で基礎的 先導的な技術開発に取り組むとともに 現場への実装を強力に推進するため 明確な開発目標の下

第196回国会(常会)農林水産大臣所信表明演説(抜粋) ○AI、ICT、ドローン等、発展著しい先端技術を活用すれば、農林水産業の生産性を飛躍高め ることできると考えます。 ○中長期視点で基礎・先導技術開発取り組むとともに、現場への実装を強力推進す るため、明確な開発目標の下における技術開発と研究成果直接アクセスできる環境の整備を
さらに見せる

40 さらに読み込む

視点 Ⅰ 設備計画の総括の視点 ( 所長付, 技術総括部 ) 監査の視点 中長期的な設備形成の最適化を図るため, 安全最優先を前提とした所大方針 計画策定へ積極的に係わっているか 現状と設備最適化の取組み状況 長期運転サイクル 高経年化対策 耐震強化 等変動要因を踏まえ, 設備形成最適化が必須との認

視点 Ⅰ 設備計画の総括の視点 ( 所長付, 技術総括部 ) 監査の視点 中長期的な設備形成の最適化を図るため, 安全最優先を前提とした所大方針 計画策定へ積極的に係わっているか 現状と設備最適化の取組み状況 長期運転サイクル 高経年化対策 耐震強化 等変動要因を踏まえ, 設備形成最適化が必須との認

■ 監査結果総括 ・横串組織の活動自体定着し,品質・安全の向上寄与しているものの,より有効な活動 のため以下の課題等を確認 ・設備計画について,発電所自立への意識改革の先頭立ち,設備形成最適化のため自 らの役割を明確し,取り組むことを要望

8 さらに読み込む

重点的に取り組む政策 第 1 に 中長期的な我が国の産業競争力の向上等のために投資すべき分野を中心に策定した技術戦略等に基づき コネクテッド インダストリーズの実現に向けた革新的技術開発として (1)AI 計算科学等を用いた研究開発 基盤整備の加速 (2) ロボット ドローン IoT 等を活用した社

重点的に取り組む政策 第 1 に 中長期的な我が国の産業競争力の向上等のために投資すべき分野を中心に策定した技術戦略等に基づき コネクテッド インダストリーズの実現に向けた革新的技術開発として (1)AI 計算科学等を用いた研究開発 基盤整備の加速 (2) ロボット ドローン IoT 等を活用した社

5 技術から成る革新な材料開発基盤技術を確立する。 ●植物等の生物を用いた高機能品生産技術開発事業 【24.0億円】(21.0億円) 植物等の生物持つ機能を最大限引き出し利用することで、従来化 学合成により製造されてきた香料・化粧品等の高機能品やこれまで合 成困難であった新素材を省エネルギーで生産できる可能性ある。 本事業で、企業等保有する生物機能データを収集し BD 化を進める とともに、AI 技術を駆使した生物の代謝機能等の設計を可能とする基 盤を確立し、新素材生産等のバイオ産業創出を促進する。
さらに見せる

19 さらに読み込む

高輝度 高効率次世代レーザー技術開発 基本計画 P16011 IoT 推進部 1. 研究開発の目的 目標 内容 (1) 研究開発の目的 1 政策的な重要性 天然資源の乏しい日本にとってものづくり産業は生命線であり 将来的に人口減少が進むと予想される中 社会構造の変革に対応した技術革新を戦略的に取り入

高輝度 高効率次世代レーザー技術開発 基本計画 P16011 IoT 推進部 1. 研究開発の目的 目標 内容 (1) 研究開発の目的 1 政策的な重要性 天然資源の乏しい日本にとってものづくり産業は生命線であり 将来的に人口減少が進むと予想される中 社会構造の変革に対応した技術革新を戦略的に取り入

現行の政策においても、「第5期科学技術基本計画」 (平成28年1月閣議決定)で、我が 国の経済を支える基幹産業である製造業の競争力強化向けて、新たな生産技術とICTとの融合 により多様化するユーザーニーズ柔軟対応するものづくり技術や、ユーザー満足や感動 を与える新たなビジネスモデル(コトづくり)求められており、それ向けて革新な計測 技術、情報・エネルギー伝達技術、加工技術など、様々なコンポーネントの高度化によりシス テムの差別化つながる「光・量子技術」の開発重点取り組むとしている。同様、ロ ボット・工作機械の知能化等の推進、計算科学・データ科学を駆使した革新な機能性材料・ 構造材料等の創製、その開発期間の大幅な短縮を実現するとしている。我が国の強みであるこ うした生産技術の高度化加え、潜在ニーズを先取りした新たな設計手法、ニーズ柔軟 対応可能な新たな加工・組立て技術、さらにそれらを相互連携させるプラットフォーム等 の開発も推進するとしている。また、 「科学技術イノベーション総合戦略2015における重点 化対象施策について」 (平成27年9月、内閣府)で、科学技術イノベーションの創出向け た政策課題の一つである経済・社会課題の解決向けた重要な取組として、産業競争力を生 み出すバリューチェーンを11個形成するとし、我が国の強みを活かしIoTやビッグデータ等を駆 使した新産業の育成関わる具体技術課題として新たなものづくりシステムを取り上げて いる。さらに、 「経済産業政策の重点」 (平成27年8月、経済産業省)で、中長期な我が 国の産業競争力の向上等のため投資すべき分野を中心技術戦略を策定し、それ基づいて 新たな研究開発プロジェクトを戦略企画・実施していくとし、その具体例としてレーザー 技術を取り上げている。
さらに見せる

15 さらに読み込む

1. はじめに ( 本日の報告内容 ) JAXA 研究開発部門では 宇宙基本計画 第 4 期中長期計画に従い 新たな価値を実現する宇宙産業基盤 科学技術基盤の維持 強化を目的とする研究開発を実施している 本報告では 現在 JAXA 研究開発部門で進めている研究開発 ( イノベーションに向けたキー技術

1. はじめに ( 本日の報告内容 ) JAXA 研究開発部門では 宇宙基本計画 第 4 期中長期計画に従い 新たな価値を実現する宇宙産業基盤 科学技術基盤の維持 強化を目的とする研究開発を実施している 本報告では 現在 JAXA 研究開発部門で進めている研究開発 ( イノベーションに向けたキー技術

さらにレーザー光の走査技術、波長の高安定化を確立することで、①スキャン型ライダー、②ドップ ラーライダーの開発可能なり、①:cmクラスの地形情報(数値標高モデル:DEM)の整備、②:高 精度な風向風速情報の取得による航空路予測の高精度化や大気・気象観測用いる大気大循環モ デルへの応用等期待できる。

23 さらに読み込む

4. 革新的技術の開発 ( 中長期の取組み ) 現在開発中の COURSE50 フェロコークスについて 2030 年までの実用化を目指す 5. その他の取組 特記事項 - 2 -

4. 革新的技術の開発 ( 中長期の取組み ) 現在開発中の COURSE50 フェロコークスについて 2030 年までの実用化を目指す 5. その他の取組 特記事項 - 2 -

※国内1990年度から、輸出自動車用鋼板および船舶用厚板2003年度から、ボイラー用鋼管 1998年度から、方向性電磁鋼板1996年度からの評価。 (取組実績の考察)  1990~2016年度まで製造した代表な高機能鋼材(上記5品種)について、2015年度断面 おいて国内で使用された鋼材により983万t-CO2の削減効果、海外で使用された鋼材(輸出鋼 材)により1,864万t-CO2の削減効果、合計で2,847万t-CO2の削減効果と評価された。  近年の海外需要の拡大等もあり、上記5品種合計の削減効果増加している。
さらに見せる

37 さらに読み込む

遺伝子組換えブタを効率的かつ安定的に生産する遺伝子組換え技術開発に資する研究

遺伝子組換えブタを効率的かつ安定的に生産する遺伝子組換え技術開発に資する研究

第 2 章でゲノム編集により遺伝子配列を改変する CRISPR/Cas9 をエレクトロポレ ーション法によりブタ受精卵へ導入することで簡便遺伝子組換えブタ胚得られ ることを示した。しかし、これまで報告されてきたブタ受精卵におけるゲノム編集の 結果と同様その多く複数の遺伝子組換え細胞群から形成されるモザイク胚であ ること確認された。この問題を解決するため、ブタ受精卵へ CRISPR/Cas9 加え、 変異導入効率を向上させる因子として知られているマウス由来 Trex2 の mRNA を共導 入し、モザイク胚発生率を低減、非モザイク胚発生率を向上させることを示した。ま た、mTrex2 mRNA と CRISPR/Cas9 の共導入初期胚発生へ影響を与えないことから、 同条件にて作出した遺伝子組換え胚を用いて個体作出することで、効率よく非モザイ クホモ変異遺伝子組換えブタ生産行えるようなると考えられる。さらに、ブタ マウスと比較し、高度モザイクとなりやすいこと知られている(Lamas-Toranzo
さらに見せる

74 さらに読み込む

革新的衛星技術実証 1 号機とは 革新的衛星技術実証 1 号機 は 革新的衛星技術実証プログラム の 1 号機 革新的衛星技術実証プログラム とは 宇宙基本計画上の 宇宙システムの基幹的部品等の安定供給に向けた環境整備 の一環として 民間企業や大学などが開発した機器や部品 超小型衛星 キューブサット

革新的衛星技術実証 1 号機とは 革新的衛星技術実証 1 号機 は 革新的衛星技術実証プログラム の 1 号機 革新的衛星技術実証プログラム とは 宇宙基本計画上の 宇宙システムの基幹的部品等の安定供給に向けた環境整備 の一環として 民間企業や大学などが開発した機器や部品 超小型衛星 キューブサット

実証テーマ名 深層学習を応用した革新地球センサ・スタートラッカーの開発 提案機関 東京工業大学 ミッション概要 東京工業大学河合研・松永研民生品を用いて安価なスタートラッカーおよび地球センサを開発した。本スター トラッカー超小型衛星での使用を想定しており、軌道上にて較正観測、動作実証実験、長期性能モニタを行う。 地球カメラ独自開発したシンプルなAIを用いて、衛星軌道上という”エッジ”での画像認識を行い土地利用・ 植生分布の識別を行う。さらに、識別した地形データを応用して、全く新しい3軸姿勢推定法の実証実験を実施す る。
さらに見せる

29 さらに読み込む

菌類,特に Pythium 属菌の分子系統解析に基づく分類研究と安定的長期保存方法の開発

菌類,特に Pythium 属菌の分子系統解析に基づく分類研究と安定的長期保存方法の開発

はじめ  卵菌類含まれる Pythium 属菌,ストラメノパ イル生物群属し,真菌類と系統学大きく異な る生物である.近年,遺伝子解析の手法分類や系統 進化の研究導入され,これまでの形態特徴基づ く分類と,遺伝子解析結果との相関についてさまざま な問題指摘されてきた.そのなかで,従来型の形態 等の表現形質加え,分子系統学手法から本属の分 類学検討進められ,本属現在 5 属分割されて いる(Bala et al., 2010b; Uzuhashi et al., 2010).この 5 属,系統学高い支持得られる属もある, 現時点での分子系統学情報で十分な系統関係示 されない属もあり,解析種数や解析領域についてさら なる検討必要と考えられる.また,本菌群の培養株 凍結保存で死滅しやすく,以前から長期間の安定 な保存難しい材料として扱われてきた.特に微生物 保存施設において,貴重な遺伝資源を維持するた め,従来型の継代培養等による保存も行われている現 状もあり,本菌群の効率かつ安定長期保存法の確 立急務である.著者,農業生物資源ジーンバンク 保存されている Pythium 属菌について,分子系統 解析基づいた分類学研究による学名検証を行い, 登録菌株の信頼性の向上努めるとともに,これらの 菌株を安定長期保存するための方法の開発を試み
さらに見せる

8 さらに読み込む

JAIST Repository: 科学技術の中長期的発展に係る俯瞰的予測調査((ホットイシュー) 科学技術政策の歩み (1), 第20回年次学術大会講演要旨集II)

JAIST Repository: 科学技術の中長期的発展に係る俯瞰的予測調査((ホットイシュー) 科学技術政策の歩み (1), 第20回年次学術大会講演要旨集II)

科学技術の中長期発展係る俯瞰予測調査((ホッ トイシュー) 科学技術政策の歩み (1), 第20回年次学 術大会講演要旨集II) Author(s) 横田, 慎二; 横尾, 淑子; 桑原, 輝隆 Citation 年次学術大会講演要旨集, 20: 581-584 Issue Date 2005-10-22

5 さらに読み込む

平成 22 年度 革新的な三次元映像技術による超臨場感コミュニケーション技術研究開発 の開発成果について 1. 施策の目標 人体を収容できる大きさの 3 次元音響空間についてリアルタイムに音響レンダリングできるシステム ( シリコンコンサートホール ) を 2013 年までに開発する 具体的には,

平成 22 年度 革新的な三次元映像技術による超臨場感コミュニケーション技術研究開発 の開発成果について 1. 施策の目標 人体を収容できる大きさの 3 次元音響空間についてリアルタイムに音響レンダリングできるシステム ( シリコンコンサートホール ) を 2013 年までに開発する 具体的には,

①音場をDHM法で細かいセル分割し,セルを演算回路としてFPGA上ハードウェア化することで,リアルタイム音場のシミュレーション可能 となる音響レンダリング技術開発を目指す。これにより,シリコンコンサートホールの基礎技術の構築期待される。 ②ホールなどの壁面反射率任意の周波数特性をディジタルフィルタで組み入れることで,多様な壁面材質容易再現可能となり,臨場感を飛 躍増大した音響レンダリング可能となる。さらに,本技術を椅子などの構造物の散乱応答へ適用すれば音響テクスチャの概念へと拡張できる。 ③格子ガス法を音響波動方程式適用させた音場LGA法を開発し,超並列化による次世代のリアルタイム音響レンダリングを目指す。
さらに見せる

5 さらに読み込む

セレンディピティによる 独創的加工技術開発

セレンディピティによる 独創的加工技術開発

  (固定観念からの離脱)  お風呂のシャワーカーテン身体まとわりつく現象 から考案したの「フレキシブル導液シート法(図7、 8)」。 フレキシブル導液シート、大学の机上敷いてあった ビニールシートをカッターナイフでベルト状切り抜いて フローティングノズルの下部貼り付けただけのものだ、 フローティングノズル内から供給された研削液のほぼ 100%を研削点到達させることできる。導液シート 液膜上浮いている特長を活用すれば、カム研削 などの研削点変化する場合も、導液シートを砥石外 周部沿って揺動させることで、研削点確実研削 液を供給できる。また、導液シートを金属製とすれば、イ ンプロセスの電解ドレッシングも可能となること分かっ ている。現在、砥石へのシートの巻き付き機構の解 明や、研削特性の向上度合いを検討している。
さらに見せる

8 さらに読み込む

開発事業に関する技術的指導基準

開発事業に関する技術的指導基準

。 ) 主 ,自己の居 の用 供 宅の建築の用 供 目的 行う開発行 外の開発行 あ , 路, 公園, 広場その他の公共の用 供 空地。消防 必要 水利 十分 い場合 設置 消防の用 供 貯水施設を含 。) ,次 掲 事項を勘案 ,環境の保全 ,災害の防止 , 通行の 全 又 事業活動の効率 支 いよう 規模及び構造 適当 配置 , ,開発区域

86 さらに読み込む

事業の目的 概要 次世代海洋資源調査システムの開発 広大な海域を迅速かつ効率的に探査する手法 技術を開発するとともに 資源開発に伴う環境影響をモニタリングする技術を開発する ( 総務省 文科省 経産省 国交省が連携 ) 研究開発の 3 本柱 海洋資源探査技術の開発 海底下鉱物資源情報等を現在の 2

事業の目的 概要 次世代海洋資源調査システムの開発 広大な海域を迅速かつ効率的に探査する手法 技術を開発するとともに 資源開発に伴う環境影響をモニタリングする技術を開発する ( 総務省 文科省 経産省 国交省が連携 ) 研究開発の 3 本柱 海洋資源探査技術の開発 海底下鉱物資源情報等を現在の 2

これまで、超高速インターネット衛星「きずな」等を活用した、高速移動体衛星通信に関する研究開発行われてお り、陸上において1.5Mbps程度の通信速度達成されている。しかし、海洋資源調査システムへの装置の導入のた め、当該システム固有の制約あるため、10Mbps化、小型化、省電力化、メンテナンスフリー化、大きな動揺等 対応可能な衛星通信地球局装置を研究開発すること必要である。
さらに見せる

13 さらに読み込む

STRAUMANN SLA サーフェイス 長期的成功のためのゴールドスタンダード優れた 10 年間の治療成績を誇る表面性状技術 インプラントの表面構造は 良好なオッセオインテグレーションの達成において重要な要素です ストローマンの SLA サーフェイスは 長期的なオッセオインテグレーションの獲得によ

STRAUMANN SLA サーフェイス 長期的成功のためのゴールドスタンダード優れた 10 年間の治療成績を誇る表面性状技術 インプラントの表面構造は 良好なオッセオインテグレーションの達成において重要な要素です ストローマンの SLA サーフェイスは 長期的なオッセオインテグレーションの獲得によ

アバットメントと連結したストローマンのボーンレベル イン プラント、13の他社インプラントの平均疲労強度と比較 しても優位な結果を示しています(右図参照)。 Straumann ® ボーンレベル インプラント、およびコンポー ネント提供する信頼性、安定性によって将来な問題の 発生を抑え、治療成績の向上期待されます。

14 さらに読み込む

平成 27 年度地層処分技術調査等事業処分システム工学確証技術開発のうち人工バリアと周辺岩盤の長期挙動評価手法の構築外注 人工バリア長期挙動の実験的評価法の検討 仕様書 ( 公財 ) 原子力環境整備促進 資金管理センター

平成 27 年度地層処分技術調査等事業処分システム工学確証技術開発のうち人工バリアと周辺岩盤の長期挙動評価手法の構築外注 人工バリア長期挙動の実験的評価法の検討 仕様書 ( 公財 ) 原子力環境整備促進 資金管理センター

 人工バリア模型、数値解析必要なデータ取得を目的としたセンサ類の設置、既往 の人工バリア施工時の不均一性(例えば、緩衝材ブロックの密度差、ブロック間の隙 間、など)の再現できる縮尺、載荷条件とすること。  周辺岩盤模型、数値解析必要なデータ取得を目的としたセンサ類の設置、数値解 析結果との比較検討できる縮尺を設定すること。

9 さらに読み込む

JAIST Repository: 中長期的な科学技術予測における専門家見解の収れん傾向

JAIST Repository: 中長期的な科学技術予測における専門家見解の収れん傾向

科学技術の中長期発展を展望する手法の一つデルファイ法ある。本手法、同一回答者同一 質問を繰り返すことを通じて見解を収れんさせるアンケートの一種であり、専門家の直観以外根拠を 持ち得ない中長期の展望に当たって有用とされている。 我が国で、このデルファイ法による技術予測調査 1971 年から約 5 年ごと継続実施されて きた。近年で、複数手法の併用により社会側からのアプローチも取り入れて拡充図られ、基礎な 情報として科学技術関連政策の検討の場提供されてきた。近年、イノベーション創出科学技術政策 の主要課題とされるようなったことにより、デルファイ法による収れん前の幅広い意見もイノベーシ ョン創出への示唆の点から一定の意味を持つ可能性出てきた。
さらに見せる

5 さらに読み込む

寄稿 1 技術標準に係わる必須特許と IPR ポリシー FRAND 条件とは何か, 権利行使を制限すべきか? 仁ラボ代表 鶴原稔也 抄録 スマートフォン等の通信方式はお互いに通信できることが必須であり, 標準化がかなり以前より進められてきた 近年, 標準規格に従って機器を製造する際に必ず使用しなけれ

寄稿 1 技術標準に係わる必須特許と IPR ポリシー FRAND 条件とは何か, 権利行使を制限すべきか? 仁ラボ代表 鶴原稔也 抄録 スマートフォン等の通信方式はお互いに通信できることが必須であり, 標準化がかなり以前より進められてきた 近年, 標準規格に従って機器を製造する際に必ず使用しなけれ

 上記の定義において,『規格を採用するため当該特 許権を侵害すること回避できない』の部分技術必須 特許(Technically Essential Patents)」であり,『技術 回避可能であってもそのための選択肢費用・性能等の 観点から実質選択できないこと明らかなもの』の 部分「商業必須特許(Commercially Essential Patents)」 で あ る。「 選 択 必 須 特 許(Alternatively(Optionally) Essential Patents)」と,標準規格の中で,ある規格複 数規定(S1とS2)されていてNTTドコモ等の通信事業者 それらの内から1つを選択して実施する際,それぞれ必 須な特許(P1とP2)選択必須特許というものである。  技術必須特許および選択必須特許,標準規格と当 該特許の特許請求の範囲(クレーム)とを比較すれば必須 か否かの判断可能である。一方,商業必須特許,代 替手段ある費用・性能等の観点から実質選択で きない,ものであり,「実質選択できない」,点を誰 どのよう判断するか難しい。市場成熟した後であれ ば市場シェア等を勘案して商業必須特許か否かを判断す ること可能である,黎明期あるいは普及期判断で きない。
さらに見せる

20 さらに読み込む

JAIST Repository: 研究開発体制に応じた支援的マネジメント : 研究開発プログラム「科学技術と社会の相互作用」を事例に

JAIST Repository: 研究開発体制に応じた支援的マネジメント : 研究開発プログラム「科学技術と社会の相互作用」を事例に

ムオフィサー( PO)として、公募の際領域アドバイザーの協力を得て選考を行い、プロジェ クト採択後目標達成むけた研究計画の調整及び予算決定を担っている。領域アドバイザー、 多種多様なアクターの関与を求めている研究の選考もかかわることから、研究者だけでなく、企 業・行政・ NPO 等のセクターにおいて豊富な経験を積んでいる人々から構成され、適宜それぞれ の専門の立場から領域総括に対し助言を行っている。 RISTEX スタッフ、公募及びプログラムの マネジメントかかわる必要な業務を担っている。特にアソシエイトフェロー領域・プログラム の運営に関する企画・検討やマネジメントに関する方策を検討している。現状で、領域総括・領 域アドバイザー非常勤となるため RISTEX スタッフ日常業務として各プロジェクトの動向の 把握を行っている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

JAIST Repository: 自社研究開発と外部技術が生産性に与える影響

JAIST Repository: 自社研究開発と外部技術が生産性に与える影響

同様、売上高研究開 発費比率の係数を見る と 、 生 活 関 連 産 業 (0.0416)、基礎素材産業 (0.8100)、医薬品産業 (0.1610)、一般機械産業 (0.2454)、電気機械産業 (0.0083)、輸送用機械産 業 (0.2495)、卸売小売産 業 (0.2810)、基盤産業 (0.1881)、サービス産業 (-0.0244)となり有意 係数の符号負を示す 産業ない。先行研究 と同様、研究開発の 生産性向上効果概ね 正である。他社特許使 用料の生産性の向上 対する効果低かった、 基礎素材産業、電気機 械産業、一般機械産業、 輸送用機械産業で比 較高い研究開発の生 産性向上効果見られ、 自社の技術を蓄積して いるため他社の技術 を使う必要ないこと も考えられる。しかし ながら同時に一社で自 社の技術を全て賄うこと不可能なっているという現実を考えると、他社や公的機関との共同研究を 進める方法以外も、生活関連産業、医薬品産業、基盤産業で行われているよう他社の特許を生産性 向上有効活用すること必要であると考える。
さらに見せる

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...