連 結 範 囲 及 び 持 分 法 の 適 用 に 関 す る 事 項

Top PDF 連 結 範 囲 及 び 持 分 法 の 適 用 に 関 す る 事 項:

連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 及 び 連 結 子 会 社 の 名 称 連 結 子 会 社 の 数 12 社 連 結 子 会 社 の 名 称

連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 及 び 連 結 子 会 社 の 名 称 連 結 子 会 社 の 数 12 社 連 結 子 会 社 の 名 称

【 会計方針変更に関する注記】 (企業結合に関する会計基準等適用) 「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業 結合会計基準」という。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号  平成25年9月13日。以下「事業分離等会計基準」という。)等を当事業年度から適用し、 取得関連費用を発生した事業年度費用として計上する方法変更しております。また、 当事業年度期首以後実施される企業結合については、暫定的な会計処理確定による取 得原価配分額見直しを企業結合日属する事業年度計算書類反映させる方法 変更しております。
さらに見せる

16 さらに読み込む

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称

 「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)、 「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日) 及び「事業分離等に関する会計基準」 (企業会計基準第7号 平成25年9月13日) 等を、当連結会計年度から適用し、当期純利益等表示変更及び少数株主持分 から非支配株主持分へ表示変更を行っております。

17 さらに読み込む

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 無 新 規 - 社 ( 社 名 ) 除 外 - 社 ( 社 名 ) (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 無 新 規 - 社 ( 社 名 ) 除 外 - 社 ( 社 名 ) (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸

利益面では、円高による減収効果やアミューズメントモニター減収等により、売上総利益は前年同期比べ 213百万円減少しましたが、V&S市場向け売上高増加やコストダウン等により売上総利益率は1.1ポイント改善しま した。また、アミューズメント事業構造改革推進等により、販売費及び一般管理費は前年同期比べ減少した ものの、営業利益は前年同期比9.7%減858百万円となりました。また、円高により外貨建て債権債務で為替差損 を計上したこと等により、経常利益は468百万円となりました。為替差損計上や、前期は資金運用目的で取得し た株式有価証券売却益があったこと等から、経常利益は前年同期比べ73.7%減となり、親会社株主帰属する 四半期純利益は前年同期比べ76.1%減296百万円となりました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 新 規 - 社 除 外 - 社 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 新 規 - 社 除 外 - 社 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の

2 1.当四半期決算に関する定性的情報 (1)経営成績に関する説明 当第3四半期連結累計期間における世界経済は、一部弱さが見られたものの、全体としては緩やかな回復が続 きました。アジア地域では、中国経済が緩やか減速した一方、その他地域では持ち直し動きが見られました。 米国経済は、企業部門一部弱め動きが見られたものの、景気回復が続きました。欧州経済は、個人消費 堅調さが見られ、景気は緩やか回復しました。日本経済は、設備投資持ち直しや雇用情勢改善が見られ、緩 やかな回復基調が続きました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 無 新 規 - 社 ( 社 名 ) 除 外 - 社 ( 社 名 ) (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 無 新 規 - 社 ( 社 名 ) 除 外 - 社 ( 社 名 ) (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸

(3)会計方針変更・会計上見積り変更・修正再表示 会計方針変更 (企業結合に関する会計基準等適用) 「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」 という。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等 会計基準」という。)等を当第1四半期連結会計期間から適用し、支配が継続している場合子会社に対する当 社持分変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度費用と して計上する方法変更しております。また、当第1四半期連結会計期間期首以後実施される企業結合つい ては、暫定的な会計処理確定による取得原価配分額見直しを企業結合日属する四半期連結会計期間四 半期連結財務諸表反映させる方法変更しております。加えて、四半期純利益等表示変更及び少数株主 分から非支配株主持分へ表示変更を行っております。当該表示変更を反映させるため、前第1四半期連結 累計期間及び前連結会計年度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表組替えを行っております。 企業結合会計基準等適用については、企業結合会計基準第58-2(4)、連結会計基準第44-5(4)及び 事業分離等会計基準第57-4(4)定める経過的な取扱い従っており、当第1四半期連結会計期間期首時 点から将来にわたって適用しております。
さらに見せる

10 さらに読み込む

連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 等 ( 連 結 の 範 囲 等 に 関 する 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 状 況 1 連 結 子 会 社 の 数 15 社 2 主 要

連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 等 ( 連 結 の 範 囲 等 に 関 する 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 状 況 1 連 結 子 会 社 の 数 15 社 2 主 要

(会計方針変更) 「企業結合に関する会計基準」 (企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以 下「企業結合会計基準」という。 ) 、 「連結財務諸表に関する会計基準」 (企業会計 基準第22号 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」という。 ) 、及び「事業 分離等に関する会計基準」 (企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「 業分離等会計基準」という。 )等を当連結会計年度から適用し、支配が継続してい 場合子会社に対する当社持分変動による差額を資本剰余金として計上する とともに、取得関連費用を発生した連結会計年度費用として計上する方法変 更いたしました。また、当連結会計年度期首以後実施される企業結合について は、暫定的な会計処理確定による取得原価配分額見直しを企業結合日属 する連結会計年度連結計算書類反映させる方法変更いたします。加えて、 当期純利益等表示変更及び少数株主持分から非支配株主持分へ表示変更 を行っております。
さらに見せる

15 さらに読み込む

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 無 新 規 - 社 ( 社 名 )- 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 四 半 期 連 結 財 務

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 無 新 規 - 社 ( 社 名 )- 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 四 半 期 連 結 財 務

  こうした環境下、当社グループでは、放送業界、音楽業界、エンタテインメント業界における市場環境や消費 者ニーズ変化対応するため、創業以来行ってきた音楽映像コンテンツ企画制作及び有料多チャンネル放送プ ラットフォームにおける音楽専門チャンネル運営をベースとしつつ、ライブイベント展開、デジタルコンテンツ 制作や各種デジタルサービス展開、音楽レーベルからアーティストマネジメント至る展開まで、当社グループが 有するあらゆる機能を複合的活用しながら、多様なメディア・コンテンツ事業を展開し、音楽総合エンタテイン メント企業へ転換を図ることを基本方針として参りました。前連結会計年度においては、新たファンサイト 業を展開するコネクトプラス株式会社及びコンセプトカフェ運営を行うインフィニア株式会社2社を連結子会社 化し、これまで株式会社セップ、株式会社Pヴァインとともに、新たな分野で成長施策推進、事業領域拡 大向けた企業グループ経営を推進しております。
さらに見せる

10 さらに読み込む

目 次 ページ はじめに 1 I 本 指 針 の 基 本 理 念 2 II 本 指 針 で 使 用 す る 用 語 4 III 本 指 針 の 適 応 範 囲 6 IV 個 人 情 報 の 収 集 保 管 破 棄 に 関 す る 責 任 7 V 不 都 合 な 事 態 発 生 時 の 責 任 11

目 次 ページ はじめに 1 I 本 指 針 の 基 本 理 念 2 II 本 指 針 で 使 用 す る 用 語 4 III 本 指 針 の 適 応 範 囲 6 IV 個 人 情 報 の 収 集 保 管 破 棄 に 関 す る 責 任 7 V 不 都 合 な 事 態 発 生 時 の 責 任 11

3)患者や対象者病状・患者評価・治療プログラム・治療効果と治癒状況などに関する情報など、患者や 対象者個人に関する情報は、漏洩内容保護しなければならない。 4. 作業療法士は、職務上知り得た個人秘密を守る 作業療法では対象者本人やその家族等と連携しながら対象者評価を行い、結果基づいて治療・援助・ 支援計画を立案し実施する。作業療法士は、その過程において対象者背景因子を十分考慮する必要があ り、結果的対象者健康状態、性別、年齢、体力、ライフスタイル、習慣、成育歴、教育歴、職歴、家族 歴、経験、行動様式、性格ほか、対象者を取り巻く人的環境、物理的環境、社会資源等さまざまな個人 情報を得る機会が多い。
さらに見せる

19 さらに読み込む

Hondaグループ 販 売 台 数 ) / 連 結 売 上 台 数 ) ( 千 台 ) ( 月 日 に 終 了 した 各 年 度 ) 5 5,5 5 8, , ,5 その 他 その 他 ) 当 社 および 連 結 子 会 社 ならびに 持 分 法 適 用 会 社 の 完

Hondaグループ 販 売 台 数 ) / 連 結 売 上 台 数 ) ( 千 台 ) ( 月 日 に 終 了 した 各 年 度 ) 5 5,5 5 8, , ,5 その 他 その 他 ) 当 社 および 連 結 子 会 社 ならびに 持 分 法 適 用 会 社 の 完

当年度汎用パワープロダクツ事業連結売上台数は、アジア地域などで販売が減少したことにより、 598 万 3 千台と前連結会 計年度くらべ 0.6% 減少となりました。 汎用パワープロダクツ事業及びその他事業外部顧客へ売上収益は、汎用パワープロダクツ事業連結売上台数減少な どはあったものの、為替換算による売上収益増加影響などにより、 3,225 億円と前年度くらべ 3.4% 増収となりました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

は し が き 船 積 確 認 事 項 登 録 (ACL) 業 務 手 順 書 は SeaNACCSが 提 供 している 船 積 確 認 事 項 登 録 関 連 業 務 である ACL01 及 び ACL02 を 利 用 するにあたり その 概 要 から 各 項 目 の 入 力 方 法 及 び 当

は し が き 船 積 確 認 事 項 登 録 (ACL) 業 務 手 順 書 は SeaNACCSが 提 供 している 船 積 確 認 事 項 登 録 関 連 業 務 である ACL01 及 び ACL02 を 利 用 するにあたり その 概 要 から 各 項 目 の 入 力 方 法 及 び 当

3)親ACLは、枝番として 【  70  】 を入力する。 ( 注1 ) 子ACLは、枝番その件数応じて、【  71~99  】 までを使用する。   4)場合によっては、各社社内システム等運用上やむを得ず、VINコードを150台未満で複数分割するした上で 船社送信してくるケースが想定されるが、船社として、そうしたケースでACL受信を受諾するとする。 ( 注2 ) 5)PKG(台数) /Weight / M3 は親となる(つまりB/Lとなる)ACL情報のみ入力する。
さらに見せる

91 さらに読み込む

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

(1) 期中における重要な子会社異動(連結範囲変更を伴う特定子会社異動)  無 (2) 簡便な会計処理及び四半期連結財務諸表作成特有会計処理適用  有 (注)詳細は、4ページ【定性的情報・財務諸表等】4.その他をご覧ください。 (3) 四半期連結財務諸表作成係る会計処理原則・手続、表示方法等変更(四半期連結財務諸表作成ため基本となる重 要な事項等変更記載されるもの)
さらに見せる

8 さらに読み込む

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

(1) 期中における重要な子会社異動(連結範囲変更を伴う特定子会社異動)  無 (2) 簡便な会計処理及び四半期連結財務諸表作成特有会計処理適用  有 (注)詳細は、4ページ【定性的情報・財務諸表等】4.その他をご覧ください。 (3) 四半期連結財務諸表作成係る会計処理原則・手続、表示方法等変更(四半期連結財務諸表作成ため基本となる重 要な事項等変更記載されるもの)
さらに見せる

8 さらに読み込む

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

― 1 ― ○添付資料目次 1.当四半期決算に関する定性的情報 ……………………………………………………………………2 (1)経営成績に関する説明 ………………………………………………………………………………2 (2)財政状態に関する説明 ………………………………………………………………………………3 (3)連結業績予想など将来予測情報に関する説明 …………………………………………………3 2.サマリー情報(注記事項)に関する事項 ………………………………………………………………4 (1)当四半期連結累計期間における重要な子会社異動 ……………………………………………4 (2)四半期連結財務諸表作成特有会計処理適用 ……………………………………………4 (3)会計方針変更・会計上見積り変更・修正再表示 …………………………………………4 3.四半期連結財務諸表 ……………………………………………………………………………………5 (1)四半期連結貸借対照表 ………………………………………………………………………………5 (2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 …………………………………………7 (3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書 ……………………………………………………………9 (4)四半期連結財務諸表に関する注記事項 ……………………………………………………………10 (継続企業前提に関する注記) ……………………………………………………………………10 (株主資本金額著しい変動があった場合注記) ……………………………………………10
さらに見せる

12 さらに読み込む

三 日 本 国 内 で 事 業 を 行 う 個 人 又 は 法 人 であること 四 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 第 2 条 に 規 定 する 風 俗 営 業 性 風 俗 関 連 特 殊 営 業 及 び 接 客 業 務 受 諾 営 業 を

三 日 本 国 内 で 事 業 を 行 う 個 人 又 は 法 人 であること 四 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 第 2 条 に 規 定 する 風 俗 営 業 性 風 俗 関 連 特 殊 営 業 及 び 接 客 業 務 受 諾 営 業 を

五 別表1(4)改修係る補助率は、3分の2以内とし、補助限度額は、1台あたり2 0万円を上限とする。 2 流通段階事業者間で行われる電子的な受発注システム改修等場合補助率は、3分の 2以内とする。ただし、受発注管理機能と他機能とが一体となったパッケージ製品を用いる 又はサービス提供を受ける場合当該パッケージ製品又はサービス提供初期費用については、 その費用額2分の1を乗じた上で補助率を乗じるものとする。1事業者あたり補助限度額 は、小売事業者等発注システム場合は1,000万円、卸売事業者等受注システム場 合は150万円、発注システムと受注システム両方を行う場合は1,000万円とする。 3 下限額設定は行わないものとする。
さらに見せる

27 さらに読み込む

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

本資料記載されている業績見通し等将来に関する記述は、当社が現在入手している情報および合理的である と判断する一定前提基づいており、実際業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。業績予 想前提となる条件および業績予想ご利用にあたって注意事項等については、四半期決算短信(添付資料)5ペ ージ「1.当四半期決算に関する定性的情報(3)連結業績予想など将来予測情報に関する説明」をご覧ください。  
さらに見せる

13 さらに読み込む

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

第11条2 理事長は、労基法第38条規定する協定が締結された場合は 、給与規程別表第1定める研究職本給表適用を受ける職員であって、国立研究 開発法人情報通信研究機構組織規程(04規程第3号)第8条規定する研究所、 総合研究センター、研究センター及び研究開発推進センター属する職員(次い ずれか該当する職員として国立研究開発法人情報通信研究機構(以下「機構」と いう。)が指定する職員を除く。)について、業務遂行手段及び時間配分等つ いて職員自ら裁量委ねるものとし、その決定等に関して具体的な指示を与えな いもとする。ただし、職場規律秩序及び勤務管理上指示、業務上連絡調整 に関する指示、業務遂行状況報告に関する指示等についてはこの限りでない。 1 従事する主たる業務が研究業務該当しない業務である職員
さらに見せる

27 さらに読み込む

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

第5条 甲は、この契約定めある場合、又は乙請求があるときは、乙建築物調査 業務遂行必要な範囲内において、建築物調査提出図書等について説明を求められた ときは、必要な情報を遅滞なく、かつ、正確提供しなければならない。 2 乙が建築物調査業務実施にあたって、対象となる建築物及びその敷地立入り、業 務上必要な調査を行うことができるよう協力しなければならない
さらに見せる

5 さらに読み込む

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 連 結 財 務

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 連 結 財 務

 当社グループ事業係る位置付け及び事業種類別セグメントと関連は次とおりであり、事業種 類別セグメントと同一区分であります。 (建設事業)  建設工事請負事業は当社及び連結子会社である松井リフォーム㈱が営んでおり、当社は松井リフォーム ㈱建築工事一部を発注しているほか、連結子会社である松友商事㈱及び関連会社であるはるひ野コミュ ニティサービス㈱から工事を受注しております。
さらに見せる

36 さらに読み込む

( 第 2 項 ) 会 員 がサービスを 利 用 するためにカードを 提 示 した 場 合 当 社 及 び 関 連 会 社 は 会 員 本 人 であることを 確 認 するために 身 分 証 明 書 の 提 示 を 要 求 することがあります この 場 合 会 員 は 当 社 及 び 関 連 会 社

( 第 2 項 ) 会 員 がサービスを 利 用 するためにカードを 提 示 した 場 合 当 社 及 び 関 連 会 社 は 会 員 本 人 であることを 確 認 するために 身 分 証 明 書 の 提 示 を 要 求 することがあります この 場 合 会 員 は 当 社 及 び 関 連 会 社

(第4)当社は、サービス活性化ためお客様志向カスタマイズサービスサポート及び「個人情報収集· 利用·提供同意書」記載された目的範囲内でのみ収集された個人情報を活用し、「個人情報収集·利用·提 供同意書」記載された提供先のみ会員個人情報を提供するものとします。 (第5)当社は、収集した個人情報を会員同意なし前項記載された目的範囲を超えた用途では利用 することができません。ただし、次場合は例外とします。
さらに見せる

5 さらに読み込む

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

当第2四半期連結累計期間四半期連結キャッシュ・フロー計算書においては、連結範囲変動を伴う子会社株式 取得関連費用係るキャッシュ・フローは、 「営業活動によるキャッシュ・フロー」区分記載しています。 企業結合会計基準等適用については、企業結合会計基準第58-2(4) 、連結会計基準第44-5(4)および 事業分離等会計基準第57-4(4)定める経過的な取扱い従っており、第1四半期連結会計期間期首時点か ら将来にわたって適用しています。
さらに見せる

13 さらに読み込む

Show all 10000 documents...