連結業績のハイライト

Top PDF 連結業績のハイライト:

目次 決算概要 1 決算ハイライト 2 連結 PL 3 連結販管費内訳 4 事業の概況 5 連結業績予想に対する進捗 7 連結業績予想の修正 8 連結業績予想の修正 9 2Q 以降の取り組み 年 9 月期基本方針 ヘルスケアサービスの売上実現 全体有料会員数の

目次 決算概要 1 決算ハイライト 2 連結 PL 3 連結販管費内訳 4 事業の概況 5 連結業績予想に対する進捗 7 連結業績予想の修正 8 連結業績予想の修正 9 2Q 以降の取り組み 年 9 月期基本方針 ヘルスケアサービスの売上実現 全体有料会員数の

■目次■ 1Q決算概要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1 決算ハイライト ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2 連結PL ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3 連結販管費内訳 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4 事業概況 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5 連結業績予想に対する進捗・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7
さらに見せる

30 さらに読み込む

目次 2017 年 9 月期通期業績営業概要 2017 年 9 月期 事業総括 3 連結業績ハイライト 4 報告セグメントの新設 5 セグメント別総括 6 セグメント別業績 7 投融資の推移 ( 連結 ) 8 メッツァの投資状況 9 受託資産残高の推移 (FAM) 10 不動産事業の子会社株式譲渡

目次 2017 年 9 月期通期業績営業概要 2017 年 9 月期 事業総括 3 連結業績ハイライト 4 報告セグメントの新設 5 セグメント別総括 6 セグメント別業績 7 投融資の推移 ( 連結 ) 8 メッツァの投資状況 9 受託資産残高の推移 (FAM) 10 不動産事業の子会社株式譲渡

目次 2017年9月期 事業総括 ・・・・・・・・ ・・ ・・・・・・ 3 連結業績ハイライト・・・・・・・・ ・・ ・・・ ・・・・・・ 4 報告セグメント新設・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5 セグメント別総括・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6 セグメント別業績・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7 投融資推移(連結)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8 メッツァ投資状況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9 受託資産残高推移(FAM)・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 不動産事業子会社株式譲渡(当期末後)・・・・・・・・・・ 11 連結貸借対照表・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12 連結損益計算書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 13 メッツァ投資回収会計処理( 第3四半期決算説明資料 再掲) ・・ 14 2018年9月期 業績見通し ・・・・・・・・・・・・・・・・16 当期配当、次期配当見込み ・・・・・・・・・・・・・・・・17 2018年9月期 重点取り組み・・・・・・・・・・・・・・・・19
さらに見せる

29 さらに読み込む

事業の経過および成果 連結業績ハイライト 当期の連結業績 4,792 1,102 億円 ( 前期比 0.3% 増 ) 億円 ( 前期比 2.5% 減 ) 売上高 営業利益 事業別売上高構成比 ホテル事業 13.9% その他の事業 3.5% 経常利益 1,116 億円 ( 前期比 2.6% 減 ) テ

事業の経過および成果 連結業績ハイライト 当期の連結業績 4,792 1,102 億円 ( 前期比 0.3% 増 ) 億円 ( 前期比 2.5% 減 ) 売上高 営業利益 事業別売上高構成比 ホテル事業 13.9% その他の事業 3.5% 経常利益 1,116 億円 ( 前期比 2.6% 減 ) テ

およびパーク内ゲスト滞留バランス改善による混雑感緩和を目指し、 “快適さ”も向 上させてまいります。  上記に加え、新たなエンターテイメントやスペシャルイベントなど展開や魅力的な商品・ 飲食メニュー開発など、引き続きゲスト満足度を高める“新鮮さ”を提供するほか、モバイル を活用してパークチケット購入やディズニーホテル予約、グッズ購入などパーク内外 でさまざまなサービスが利用できる公式アプリ「東京ディズニーリゾート・アプリ」を2018年 夏に導入するなど、ゲスト利便性を高め、より豊かなパーク体験を提供してまいります。ま た、国内ゲストのみならず海外ゲストにも快適にお過ごしいただくため、東京ディズニーリ ゾート・オフィシャルウェブサイトやガイドマップ多言語化など、海外ゲスト受け入れ体制 整備に向け取り組んでまいります。
さらに見せる

28 さらに読み込む

目次 財務ハイライト 連結情報 参考情報 連結業績の推移 2 連結財政状態計算書推移 2 主な連結財務指標の推移 2 為替換算レート 2 連結業績の推移 ( グラフ ) 3 連結純損益計算書 (IFRS コアベース ) 4 売上明細 5 事業セグメント別売上収益 5 海外地域別売上収益 5 海外地域

目次 財務ハイライト 連結情報 参考情報 連結業績の推移 2 連結財政状態計算書推移 2 主な連結財務指標の推移 2 為替換算レート 2 連結業績の推移 ( グラフ ) 3 連結純損益計算書 (IFRS コアベース ) 4 売上明細 5 事業セグメント別売上収益 5 海外地域別売上収益 5 海外地域

スウェーデンクローナ 100% *2 Santen SA EMEA地域子会社統括・管理・医薬品製 造・販売 スイス 12,065千スイスフラン 100% *2 Santen Italy S.r.l. 医薬品販売 イタリア 10千ユーロ 100% *2 Santen UK Limited 医薬品販売 イギリス 2,300千ポンド 100% *2 Santen Pharmaceutical Spain, S.L. 医薬品販売 スペイン 3千ユーロ 100% *2 SANTEN LIMITED LIABILITY COMPANY 医薬品販売支援 ロシア 10千ルーブル 100% *2

18 さらに読み込む

1. 連結業績ハイライト 2. セグメントの状況 3. 中期経営計画の進捗 年 12 月期業績見通しと取組み 5. 参考情報 1

1. 連結業績ハイライト 2. セグメントの状況 3. 中期経営計画の進捗 年 12 月期業績見通しと取組み 5. 参考情報 1

国内収益性向上、海外事業全体で黒字化、および次世代成長ブランド構築 戦略① 基幹ブランド安定成長とグループ収益牽引 戦略② 海外事業全体で黒字化必達 戦略④ 経営基盤強化(研究開発・人材・ガバナンス) 戦略⑤ 資本効率向上と株主還元充実

36 さらに読み込む

連結業績ハイライト 2012年 (分割版) | アニュアルレポート | KDDI株式会社 kddi ar2012 j06

連結業績ハイライト 2012年 (分割版) | アニュアルレポート | KDDI株式会社 kddi ar2012 j06

や、環境や健康をはじめとした日常生活さまざまな場面で、安心してご利用いただけるサービスを提供し、新しい多様な価値をお 届けできるような開発、さらには驚き未来を開拓する基礎研究に取り組んでいます。 リンクアグリゲーション無線技術  昨今スマートフォン普及による通信トラフィック急増 により、スループットや通信スピード低下という課題に対し

25 さらに読み込む

次 年 3 期第 3 四半期連結決算ハイライト I. ハイライト II. 連結業績サマリ III. セグメント別売上 /EBITDA 年 3 期第 3 四半期セグメント情報 I. 販促メディア事業の業績 II. 材メディア事業の業績 III. 材派遣事業の業績 P.3

次 年 3 期第 3 四半期連結決算ハイライト I. ハイライト II. 連結業績サマリ III. セグメント別売上 /EBITDA 年 3 期第 3 四半期セグメント情報 I. 販促メディア事業の業績 II. 材メディア事業の業績 III. 材派遣事業の業績 P.3

(C) Recruit Holdings Co., Ltd. All rights reserved. 5 *1:2017年3⽉期より新規連結となる⼦会社業績を控除して算出 *2:期中平均為替レート:1⽶ドル=108.57円(前年同期実績は1⽶ドル=120.98円)、 1豪ドル=80.43円(前年同期実績は1豪ドル=92.29円) 1ユーロ=121.06円(前年同期実績は1ユーロ=134.74円)

27 さらに読み込む

連結業績ハイライト 帝人 | 株主・投資家情報 | ファクトブック

連結業績ハイライト 帝人 | 株主・投資家情報 | ファクトブック

【経営指標に関する注記】  配当性向=一株当たり配当金/一株当たり当期純利益 ×100  PER(株価収益率)=年度末普通株式株価終値/一株当たり当期純利益  PBR(株価純資産倍率)=年度末普通株式株価終値/一株当たり純資産  EBITDA(償却前営業利益)=営業利益+減価償却費(のれん償却額を含む)  ROA(総資産営業利益率)=営業利益/期首・期末平均総資産

1 さらに読み込む

1. 連結業績ハイライト 2. セグメントの状況 年 12 月期業績見通し 4. 今後の取組み 5. トピックス 参考情報 1

1. 連結業績ハイライト 2. セグメントの状況 年 12 月期業績見通し 4. 今後の取組み 5. トピックス 参考情報 1

連結PL分析 (売上高~営業利益)  連結売上高 ポーラは、既存顧客売上が好調な国内に加えて中国・香港・免税市場が伸長し連結を牽引 オルビスは減収だが、「オルビスユー」中心展開により顧客単価は前年同期を上回る  売上原価 ポーラ高価格帯品構成比高まりや、オルビス上記集中戦略により原価率が改善 原価率 前年同期:16.12% ⇒ 当期:15.84%

29 さらに読み込む

2009年度 連結業績概要

2009年度 連結業績概要

Investor Relations 24 ること、(9)現状国際資本市場において、事業構造改革および設備投資ために、充分な資金を調達 する能力、(10)ソニーと他社と合弁、協業、提携成否、(11)係争中法的手続きまたは行政手続き 結果、(12)生命保険など金融商品における顧客需要変化、および金融分野における適切なアセット・ライ アビリティー・マネージメント遂行成否、および(13)(市場変動またはボラティリティを含む)日本株式 市場における好ましくない状況や動向が金融分野収入および営業利益に与える悪影響などです。ただし、 業績に不利な影響を与えうる要素はこれらに限定されるものではありません。
さらに見せる

12 さらに読み込む

2010年度 第1四半期 連結業績のお知らせ

2010年度 第1四半期 連結業績のお知らせ

全社(共通) 15,614 25,630 +64.1 連 結 1,599,853 1,661,049 +3.8 (注)上記表は、16ページ「ビジネスセグメント情報」CPD分野及びNPS分野外部顧客に対する売上高及び営業収入内訳を含んでいます。ソニー    経営陣は、CPD分野及びNPS分野をそれぞれ単一オペレーティング・セグメントとして意思決定を行っていますが、上記CPD分野及びNPS分    野外部顧客に対する売上高及び営業収入内訳は、投資家が当該ビジネスセグメントにおける製品部門別売上高を理解する上で有益なものであ    ると考えています。また、ソニーは2010年度第1四半期より製品部門区分を一部変更しました。この変更にともない、上記2009年度実績は修正再    表示しています。CPD分野うち、テレビ事業には液晶テレビ、デジタルイメージング事業には、デジタルスチルカメラ、デジタル一眼カメラ、デジタル    ビデオカメラ、オーディオ・ビデオ事業には、家庭用オーディオ、ブルーレイディスクプレーヤー/レコーダー、半導体事業にはイメージセンサー、中小    型液晶パネル、コンポーネント事業には、電池、記録メディア、データ記録システム、プロフェッショナル・ソリューション事業には放送用・業務用機器な    どが主要製品として含まれています。NPS分野うち、ゲーム事業には家庭用ゲーム機、ソフトウエア、PC・その他ネットワークビジネス事業にはPC、    メモリ内蔵型携帯オーディオなどが主要製品として含まれています。
さらに見せる

25 さらに読み込む

2012年度 連結業績概要

2012年度 連結業績概要

( 9) ソニーと他社と買収、合弁、その他戦略的出資成否を含む(ただし必ずしもこれらに限定されない)ソニー戦略及びその実行効果 ( 10) ソニーが、需要を予測し、適切な調達及び在庫管理ができること ( 11) 係争中又は将来発生しうる法的手続き又は行政手続き結果 ( 12) 生命保険など金融商品における顧客需要変化、及び金融分野における適切なアセット・ライアビリティー・マネージメント遂行成否 ( 13) (市場変動又はボラティリティを含む)日本株式市場における好ましくない状況や動向が金融分野収入及び営業利益に与える悪影響 ( 14) 大規模な災害などに関するリスク
さらに見せる

12 さらに読み込む

2010年度 連結業績概要

2010年度 連結業績概要

CPD 東日本大震災悪影響を受けるものの、主に販売台数増加を見込む液 晶テレビ増収及びイメージセンサー生産能力増強を実施する半導体 増収により、前年度比増収を見込んでいます。営業利益は、震災により コンポーネントやコンパクトデジタルカメラなどがセグメント全体損益にマ イナス影響を与えるものの、液晶テレビにおける継続的なコスト削減と 前述増収効果、及び構造改革費用減尐などにより分野全体で大幅 な増益を見込んでいます。
さらに見せる

10 さらに読み込む

2016年度連結業績概要

2016年度連結業績概要

将来に関する記述等についてご注意 22 このスライドに記載されている、ソニー現在計画、見通し、戦略、確信などうち、歴史的事実でないものは、将来業績に関する見通しです。将来業績に関する見通しは、将 来営業活動や業績、出来事・状況に関する説明における「確信」、「期待」、「計画」、「戦略」、「見込み」、「想定」、「予測」、「予想」、「目的」、「意図」、「可能性」やその類義語を用 いたものには限定されません。口頭又は書面による見通し情報は、広く一般に開示される他媒体にも度々含まれる可能性があります。これら情報は、現在入手可能な情報から得 られたソニー経営陣仮定、決定ならびに判断にもとづいています。実際業績は、多く重要なリスクや不確実な要素により、これら業績見通しと大きく異なる結果となりうるため、 これら業績見通しのみに全面的に依拠することは控えるようお願いします。また、新たな情報、将来事象、その他結果にかかわらず、常にソニーが将来見通しを見直して改訂す るとは限りません。ソニーはそのような義務を負いません。実際業績に影響を与えうるリスクや不確実な要素には、以下ようなものが含まれます。
さらに見せる

12 さらに読み込む

2015年度連結業績概要

2015年度連結業績概要

(11) ソニーが、需要を予測し、適切な調達及び在庫管理ができること (12) 係争中又は将来発生しうる法的手続き又は行政手続き結果 (13) 生命保険など金融商品における顧客需要変化、及び金融分野における適切なアセット・ライアビリティー・マネージメント遂行成否 (14) (市場変動又はボラティリティを含む)日本株式市場における好ましくない状況や動向が金融分野収入及び営業利益に与える悪影響
さらに見せる

13 さらに読み込む

2017年度 連結業績概要

2017年度 連結業績概要

(5) 市場環境や法制度が変化する中でソニーが事業構造改革・移行を成功させられること (6) ソニーが事業を営む市場における法規制及び政策変化(課税及び企業社会的責任に関連するものを含む) (7) ソニーがハードウェア、ソフトウェア及びコンテンツ融合戦略を成功させられること、新しい技術や配信プラットフォームを考慮に入れた販売戦略を立案し遂行できること (8) ソニーが継続的に、研究開発に十分な資源を投入し、設備投資については特にエレクトロニクス事業において投資優先順位を正しくつけて行うことができること (9) ソニーが製品品質を維持し、その製品及びサービスについて顧客満足を維持できること
さらに見せる

11 さらに読み込む

2014年度 連結業績概要

2014年度 連結業績概要

(4) 技術開発や生産能力増強ために行う多額投資を回収できる能力及びその時期 (5) 市場環境が変化する中でソニーが事業構造改革・移行を成功させられること (6) ソニーが金融を除く全分野でハードウエア、ソフトウエア及びコンテンツ融合戦略を成功させられること、インターネットやその他技術開発を考慮に入れた販売戦略を立案し遂行できること (7) ソニーが継続的に、研究開発に十分な資源を投入し、設備投資については特にエレクトロニクス事業において投資優先順位を正しくつけて行うことができること
さらに見せる

15 さらに読み込む

目次 頁 1. 業績ハイライト業績ハイライト 1 2. 連結関連情報損益の状況 ( 連結 ) 3 資金運用 / 調達 ( リース 割賦売掛金を含む ) の状況 ( 連結 ) 4 非資金利益の内訳 ( 連結 ) 5 経費の内訳 ( 連結 ) 6 与信関連費用 ( 連結 ) 6 その他利益 ( 連結 )

目次 頁 1. 業績ハイライト業績ハイライト 1 2. 連結関連情報損益の状況 ( 連結 ) 3 資金運用 / 調達 ( リース 割賦売掛金を含む ) の状況 ( 連結 ) 4 非資金利益の内訳 ( 連結 ) 5 経費の内訳 ( 連結 ) 6 与信関連費用 ( 連結 ) 6 その他利益 ( 連結 )

報告セグメント概要  当行グループは、グループ各社が持つ間接機能統合・一体運営を図るため、2017年4月1日付けで各社間接機能を実質的 に統合したグループ本社を当行内に設置しました。これは、持株会社という法人格新設ではなく仮想グループ本社という形で 設置することにより、効率的な経営資源活用と効果実現スピード最大化を図るものです。また、2017年6月1日付けで、『金 融市場業務』「アセットマネージメント商品部」に係る業務を『個人業務』リテール商品部に統合しました。さらに、2017年10月1 日付けでグループ会社再編を行い、サービサー事業統合として、個人向け小口債権管理回収を主たる業務とするアルファ 債権回収㈱に不良債権、商業用担保債権管理回収業務を主に行う新生債権回収&コンサルティング㈱を合併するとともに、不 動産担保ローン関連業務において親和性高い新生インベストメント&ファイナンス㈱と新生プロパティファイナンス㈱、および新 生プリンシパルインベストメンツグループ管理業務を担当する新生プリンシパルインベストメンツ㈱を統合し、合併後商号を新 生インベストメント&ファイナンス㈱としました。併せて同日付けで『法人業務』で投資関連業務を集約しました。これに伴い、報 告セグメント区分方法を以下とおり変更しております。
さらに見せる

40 さらに読み込む

目次 1. 決算のポイント 2. 第 2 四半期連結決算概要 3. セグメント別業績 年 3 月期連結業績予想 5. 現状の認識について 1

目次 1. 決算のポイント 2. 第 2 四半期連結決算概要 3. セグメント別業績 年 3 月期連結業績予想 5. 現状の認識について 1

単位:億ウォン 参考レート:1ウォン=0.1023円(9月末日決算日レート) 延滞率=全体貸出資産に占める90日以上延滞債権割合 ※従来30日以上延滞に変えて、90日以上延滞データを開示しています。

57 さらに読み込む

平成29 年度業績の報告/業績ハイライト3 平成 29 年度業績の報告 / 業績ハイライト ( 第 94 期平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 金融経済情勢 当事業年度のわが国経済は 政府の経済対策などから企業収益や雇用情勢が改善するなど 緩やかな回復の動きが続

平成29 年度業績の報告/業績ハイライト3 平成 29 年度業績の報告 / 業績ハイライト ( 第 94 期平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 金融経済情勢 当事業年度のわが国経済は 政府の経済対策などから企業収益や雇用情勢が改善するなど 緩やかな回復の動きが続

また、平成30年4月より新たに「中期経営計画2018」(計画期間2018年4月~2021年3月)をスタートさせました。 本計画では、前中期経営計画で掲げてきた「地域を興し、ともに成長・発展する銀行」というスローガンを継承し、そ 実現ため基本方針を、「お客さま本位徹底」、「地域創生へ貢献」、「強靭な経営基盤構築」とします。これ により、当行収益力強化を起点とした「お客さま・地域社会と共に成長・発展する好循環」という中期経営計画 ビジョンを実現します。
さらに見せる

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...