買掛金・未払費用等の減

Top PDF 買掛金・未払費用等の減:

( 平成 29 年 3 月 31 日 ) ( 平成 30 年 3 月 31 日 ) 負債の部流動負債支払手形及び買掛金 45,631 21,716 短期借入金 6,354 15,838 1 年内償還予定の社債 19,500 10,000 未払法人税等 2,950 1,482 未払費用 13,961

( 平成 29 年 3 月 31 日 ) ( 平成 30 年 3 月 31 日 ) 負債の部流動負債支払手形及び買掛金 45,631 21,716 短期借入金 6,354 15,838 1 年内償還予定の社債 19,500 10,000 未払法人税等 2,950 1,482 未払費用 13,961

この結果、前連結会計年度連結損益及び包括利益計算書において特別損失「関係会社株式評価損」に表示 していた56百万円は「その他」として組替えております。 (連結キャッシュ・フロー計算書) 前連結会計年度において、区分掲記しておりました営業活動によるキャッシュ・フロー「関係会社株式売却 損益」は重要性が乏しくなったため、当連結会計年度より営業活動によるキャッシュ・フロー「その他」に含 めて表示しております。この表示方法変更を反映させるため、前連結会計年度連結キャッシュ・フロー計算 書組替えを行っております。
さらに見せる

14 さらに読み込む

貸借対照表平成 29 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 百万円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 11,524 流 動 負 債 279 現金及び預金 10 未 払 費 用 152 繰延税金資産 84 未 払 法 人 税 等 18 預 け 金 1

貸借対照表平成 29 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 百万円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 11,524 流 動 負 債 279 現金及び預金 10 未 払 費 用 152 繰延税金資産 84 未 払 法 人 税 等 18 預 け 金 1

② 人的関係 株式会 社読 売新聞 グル ー プ 本社 取 締役 大久 保 好 男は 当社 代表 取締役社長、同社代表取締役主筆 渡辺 恒雄は 当社取締役であ り ます。また、株式会社読売新聞グループ本社代表取締役会長 白石 興二郎及び 監査役 能勢 康弘は、当社監査役であります。

10 さらに読み込む

債務控除できるもの できないもの 1. 概要相続税の申告で 債務控除できるものや葬式費用には 被相続人名義の銀行借入金や未納の所得税等の公租公課 未払医療費等のいわゆる債務の金額 葬式費用が挙げられます ( 相法 13) 斎場へのタクシー代や式後の飲食代なども含みますが 通常必要とされる範囲内とされ

債務控除できるもの できないもの 1. 概要相続税の申告で 債務控除できるものや葬式費用には 被相続人名義の銀行借入金や未納の所得税等の公租公課 未払医療費等のいわゆる債務の金額 葬式費用が挙げられます ( 相法 13) 斎場へのタクシー代や式後の飲食代なども含みますが 通常必要とされる範囲内とされ

債務控除できるもの、できないもの 1.概要 相続税申告で、債務控除できるものや葬式費用には、被相続人名義銀行借入や未納所得税公租 公課、医療費いわゆる債務金額、葬式費用が挙げられます(相法 13)。斎場へタクシー代や式後飲 食代なども含みますが、通常必要とされる範囲内とされ支出証明として領収書が必要です。保証債務は相続時 点で確定していないため、たとえ会社が債務超過状態でも債務控除出来ません。また、遺産分割訴訟弁護 士費用や遺言執行費用・相続税申告ため税理士費用・不動産測量費用は債務控除対象とされていませ ん。遺産分割を争う弁護士費用は、譲渡所得取得費にもなりません(東京地裁 平成 22 年 4 月 16 日判決)。
さらに見せる

5 さらに読み込む

期間中に 共有馬の死亡又は付帯条項第 4 条第 4 項記載の特約給付規定に該当することによって引退に伴う保険金の給付を受ける場合 かかる保険金はまず馬代金の未払部分に充当され 残余がある場合にのみ当該残余部分が買主に支払われる また 当該充当後においてなお馬代金に未払部分が残る場合 買主は当該未払部

期間中に 共有馬の死亡又は付帯条項第 4 条第 4 項記載の特約給付規定に該当することによって引退に伴う保険金の給付を受ける場合 かかる保険金はまず馬代金の未払部分に充当され 残余がある場合にのみ当該残余部分が買主に支払われる また 当該充当後においてなお馬代金に未払部分が残る場合 買主は当該未払部

総額)はこれを「賃貸純利益金実績額及び受取保険 合計額」 (実際に収受した賃貸純利益金と受け取り保険 合計額)と読み替えるものとする。この場合、保険事故発生 年度より前各賃貸年度においては、賃貸期間賃貸純利益金 予定総額からこれを基準に算定された販売者報酬を控除 した残額を各年度に按分した金額が、 また保険事故発生年度 においては当該年度賃貸純利益実績額と給付保険合計 額からかかる合計額を基準に算定された販売者報酬が 控除された残額が一括により当該種牡馬所有者(共有代表 馬主及び共有者)に持分割合に応じて支払われるものとする。  種牡馬賃貸契約による種牡馬転用場合、共有者は、賃貸 期間が満了した時点において、当該種牡馬が100,000円に 消費税を加えた金額にて賃借人に譲渡されることに予め同意 する。当該種牡馬については、死亡保険ほか、種牡馬導入 初年度に受胎率保険及びその後傷害や疾病による該当 年度種付頭数減少、受胎率低下及び種付不能など 不測損失(一部免責事項を除く)に対応するため保険に 加入することにより、当初予定された賃貸料所定割合が共有者 ために確保される仕組みをとることを原則とする。
さらに見せる

9 さらに読み込む

第 58 期貸借対照表 平成 29 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 百万円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 94,066 流 動 負 債 25,055 現 金 預 金 127 未 払 金 10,401 金 銭 の 信 託 52,247 未払

第 58 期貸借対照表 平成 29 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 百万円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 94,066 流 動 負 債 25,055 現 金 預 金 127 未 払 金 10,401 金 銭 の 信 託 52,247 未払

当社は、投資信託運用を業として行っており、自社が運用する投資信託商品性維持を目 的として、当該投資信託を特定外信託を通じ保有しております。特定外信託を通じ行って いるデリバティブ取引については、保有する投資信託にかかる将来為替及び価格変動によ るリスク軽減を目的としているため、投資信託保有残高範囲内で行うこととし、投機目的 ためデリバディブ取引は行わない方針であります。
さらに見せる

12 さらに読み込む

財産目録 ( 一般会計 ) 第 55 回事業年度摘内訳 資産の 部 流動資産 現 金 預 金 現 預 貯 未 収 金 貯 蔵 品 前 払 費 用 仮 払 金 貸 倒 引 当 金 流 動 資 産 計 要 金金金 数量 2,564,849,337 1,405, 口 2,234,826,307

財産目録 ( 一般会計 ) 第 55 回事業年度摘内訳 資産の 部 流動資産 現 金 預 金 現 預 貯 未 収 金 貯 蔵 品 前 払 費 用 仮 払 金 貸 倒 引 当 金 流 動 資 産 計 要 金金金 数量 2,564,849,337 1,405, 口 2,234,826,307

   (項)中小事業場安全衛生サポート事業費 342,248,000 342,248,000 307,553,468 34,694,532    (項)分析機器整備費 17,852,000 17,852,000 14,222,554 3,629,446 (款)受   託   事   業   費    (項)受   託   事   業   費 209,628,000 0 0 0 209,628,000 209,467,490 160,510

8 さらに読み込む

貸借対照表 平成 30 年 3 月 31 日現在 科目金額科目金額 資産の部負債の部 流動資産 (9,459,563) 流動負債 (2,706,856) 現 金 及 び 預 金 43,931 未 払 金 518,858 売 掛 金 1,631,358 未 払 費 用 1,051,519 貯 蔵 品

貸借対照表 平成 30 年 3 月 31 日現在 科目金額科目金額 資産の部負債の部 流動資産 (9,459,563) 流動負債 (2,706,856) 現 金 及 び 預 金 43,931 未 払 金 518,858 売 掛 金 1,631,358 未 払 費 用 1,051,519 貯 蔵 品

取引条件及び取引条件決定方針 (注1) ライセンス許諾並びにマーケティングサービス契約に基づき行っております。 (注2) 定期転貸借契約に基づき行っております。 (注3) ㈱グランドニッコー東京に対する債務保証は、同社建物リース債務に対するものであります。 (注4) Hotel Nikko of San Francisco,Inc. に対する債務保証は、同社借入に対するものであります。 (注5) 取引金額には、消費税は含まれておりません。
さらに見せる

7 さらに読み込む

貸借対照表 平成 29 年 3 月 31 日現在 科目金額科目金額 資産の部負債の部 流動資産 (8,285,561) 流動負債 (2,688,976) 現 金 及 び 預 金 49,019 未 払 金 504,567 売 掛 金 1,758,116 未 払 費 用 1,031,039 貯 蔵 品

貸借対照表 平成 29 年 3 月 31 日現在 科目金額科目金額 資産の部負債の部 流動資産 (8,285,561) 流動負債 (2,688,976) 現 金 及 び 預 金 49,019 未 払 金 504,567 売 掛 金 1,758,116 未 払 費 用 1,031,039 貯 蔵 品

④ 役 員 退 職 慰 労 引 当 : 役員退職慰労支給に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上してお ります。 ⑤ 関 係 会 社 事 業 損 失 引 当 : 関係会社事業に係る損失に備えるため、関係会社財政状態を勘案し、 当該関係会社へ投融資額を超えて負担が見込まれる額を計上しております。 ⑥ 商 品 券 回 収 損 引 当 : 当社が発行している商品券回収分うち、発行から一定期間経過後に収益に
さらに見せる

6 さらに読み込む

貸借対照表 ( 平成 31 年 1 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 49,376,590 流 動 負 債 12,831,821 現 金 及 び 預 金 16,984,267 営 業 未 払 金 684,156 営 業 未 収 入 金 98

貸借対照表 ( 平成 31 年 1 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 49,376,590 流 動 負 債 12,831,821 現 金 及 び 預 金 16,984,267 営 業 未 払 金 684,156 営 業 未 収 入 金 98

(5)消費税会計処理 消費税及び地方消費税会計処理は、税抜方式によっております。なお、固定資産に係る控除対 象外消費税については、投資その他資産長期前払費用に計上し、5 年間で均等償却を行っ ております。その他控除対象外消費税については、当事業年度期間費用としております。 3.貸借対照表に関する注記

6 さらに読み込む

( 単位千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 [ 流 動 資 産 ] [ 3,554,031 ] [ 流 動 負 債 ] [ 1,511,520 ] 現金及び預金 2,358,193 買 掛 金 193,045 売 掛 金 818,988 未 払 金 96,846

( 単位千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 [ 流 動 資 産 ] [ 3,554,031 ] [ 流 動 負 債 ] [ 1,511,520 ] 現金及び預金 2,358,193 買 掛 金 193,045 売 掛 金 818,988 未 払 金 96,846

装置、工具器具備品 東京都渋谷区 (2)減損損失を認識するに至った経緯 当該資産を投資した「印刷・記念品事業部」から生ずるキャッシュフローが、過 去2期にわたり継続してマイナスとなっており、業績回復には今しばらく時間を 要する見込みため、当事業年度にて減損損失を認識するものであります。

10 さらに読み込む

貸借対照表 (2020 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流動資産現金及び預金前払費用 284, ,715 7,724 ( 負債の部 ) 流動負債短期借入金未払金未払費用未払消費税等未払法人税等前受収益賞与引当金 4,254,343

貸借対照表 (2020 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流動資産現金及び預金前払費用 284, ,715 7,724 ( 負債の部 ) 流動負債短期借入金未払金未払費用未払消費税等未払法人税等前受収益賞与引当金 4,254,343

(1)本吸収分割目的 株式会社三井住友フィナンシャルグループ(以下「SMFG」 )は、SMBCグループ各 社が利用する不動産工事・施設保守発注体制強化を目的とした業務集約ため、当社を シェアードサービスセンター(以下「SSC」 )母体会社とすることとし、当社SSC 化に先立ち、当社が営む事業に関して当社が有する権利義務一部をSMBC日興証券株 式会社に継承させる吸収分割を行ったうえで、SMBC日興証券株式会社が保有する当社 株式をSMFGへ現物配当することにより、当社をSMFG直接子会社とすることと いたしました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

貸借対照表 平成 29 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 百万円 ) 資産の部 負債の部 流動資産 13,610 流動負債 5,084 現金 預金 349 買掛金 3,110 売掛金 6,045 短期借入金 60 有価証券 4,700 未払金 498 商品 仕掛品 862 未払費用 254 前

貸借対照表 平成 29 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 百万円 ) 資産の部 負債の部 流動資産 13,610 流動負債 5,084 現金 預金 349 買掛金 3,110 売掛金 6,045 短期借入金 60 有価証券 4,700 未払金 498 商品 仕掛品 862 未払費用 254 前

(有形固定資産減価償却方法変更) 当社は、有形固定資産減価償却方法について、一部資産は定率法を採用しておりました が、当事業年度より全て資産について定額法に変更しております。クラウドや保守ビジネ ス、将来的に安定的な収益を得るサービス領域で重要性が増している状況において、よ り適正な期間損益計算観点から、有形固定資産減価償却方法について検討した結果、当 社有形固定資産はその耐用年数にわたって安定的に稼動することが見込まれることから、 使用期間にわたり費用を均等に負担させることが、より適切に事業実態を反映する合理的 な方法であると判断したものです。なお、この変更による損益に与える影響は軽微でありま す。
さらに見せる

8 さらに読み込む

市 立 川 西 病 院 委 託 料 の 支 払 いについて 毎 月 払 い 契 約 金 額 に12 分 の1を 乗 じた 金 額 を 毎 月 支 払 うものとし 各 月 の 支 払 いに1 円 未 満 の 端 数 が 生 じる 場 合 は 最 終 の 支 払 い 時 に 調 整 するものとする 各

市 立 川 西 病 院 委 託 料 の 支 払 いについて 毎 月 払 い 契 約 金 額 に12 分 の1を 乗 じた 金 額 を 毎 月 支 払 うものとし 各 月 の 支 払 いに1 円 未 満 の 端 数 が 生 じる 場 合 は 最 終 の 支 払 い 時 に 調 整 するものとする 各

・受託者は、従業員が勤務中、故意または重大な過失により施設、設備、備品に損害を与 えた場合は、これを賠償しなければならない。また、業務中従事者事故及び第三者 与えた損害についても、受託者責任において解決するものとする。 ・作業は随時、委託者点検を受け、不適当なところがある場合は、その指示により手直し を行うこと。また、手直しにより作業時間が延長されたことによる費用は、受託者負担 とする。
さらに見せる

10 さらに読み込む

保険金の種類保険金をお支払いする場合傷害通院保険金 *1 個人賠償責任保険金 携行品損害保険金 レンタル用品賠償責任保険金 キャンセル費用保険金 救援者費用等保険金 借家人賠償責任保険金 住宅内生活用動産損害保険金 ホールインワン アルバトロス費用保険金 *3 事故の日からその日を含めて 180 日

保険金の種類保険金をお支払いする場合傷害通院保険金 *1 個人賠償責任保険金 携行品損害保険金 レンタル用品賠償責任保険金 キャンセル費用保険金 救援者費用等保険金 借家人賠償責任保険金 住宅内生活用動産損害保険金 ホールインワン アルバトロス費用保険金 *3 事故の日からその日を含めて 180 日

(2)複数保険会社による共同保険契約につきましては、各引受保険会社はそれぞれ引受割合に応じ、連帯す ることなく単独別個に保険契約上責任を負います。また、幹事保険会社が他引受保険会社代理・代行を して、保険料受領、保険証券発行、保険支払、その他事務を行います。 (3)損害保険会社間では、傷害保険について不正契約における事故招致発生を未然に防ぐとともに、保険 適正かつ迅速・確実な支払を確保するため、契約締結および事故発生際、同一被保険者または同一事 故に係る保険契約状況や保険請求状況について一般社団法人日本損害保険協会に登録された契約情 報により確認を行っております。確認内容は、上記目的以外には用いません。ご不明な点は共栄火災までご 照会ください。
さらに見せる

6 さらに読み込む

第 7 条 ( 支 払 い)カードショッピングの 利 用 代 金 及 び 手 数 料 ( 以 下 カードショッピングの 支 払 金 または 分 割 払 いの 場 合 には 分 割 支 払 金 合 計 リボルビング 払 いの 場 合 には 弁 済 金 といいます ) 並 びにキャッシングサービスの 融

第 7 条 ( 支 払 い)カードショッピングの 利 用 代 金 及 び 手 数 料 ( 以 下 カードショッピングの 支 払 金 または 分 割 払 いの 場 合 には 分 割 支 払 金 合 計 リボルビング 払 いの 場 合 には 弁 済 金 といいます ) 並 びにキャッシングサービスの 融

第 第 第 第 4 4 4 4 条(カード利用可能 条(カード利用可能 条(カード利用可能 条(カード利用可能 枠 枠 枠 ) 枠 ) )(1)カード利用可能枠は、家族会員利用可能枠を含んで当社が審査し決定した枠までとします。ただし、当 ) 社が必要と認めた場合及び、割賦販売法、貸金業法その他法令定めにより、いつでも利用可能枠を変更できるものとします。(2)当社は、 (1)に定める利用可能枠とは別に、割賦販売法に定める「包括支払可能見込額」を超えない範囲で、同法に定める「包括信用購入あっせん」に該 当するカード取引(以下「割賦取引」という)利用可能枠(以下「割賦取引利用可能枠」という)を定める場合があります。割賦取引利用可能枠は、 当社が発行するすべてクレジットカードに共通で適用されるものとします。会員は、カードによる、2 回払い、ボーナス払い、分割払い、リボルビン グ払い、およびその他割賦取引において、本人会員および家族会員によるショッピング利用代金債務合計額が、割賦取引利用可能枠 を超えてはならないものとします。なお、当社は、会員カード利用状況および信用状態により必要と認めた場合はいつでも、割賦取引利用可 能枠を増額または減額することができるものとします。(3)カードキャッシング利用可能枠は、会員が希望する利用可能枠範囲内で当社が審査し 決定した枠までとします。但し、会員が当社から複数枚カードを貸与されている場合、各カードカードキャッシング利用残高がカードキャッシン グ利用可能枠範囲内であっても、当社が貸金業法規制に基づき会員単位で別に定める総カードキャッシング利用可能枠を超える場合は、新 たにカードキャッシングを利用することはできないものとします。なお、当社が、当社又は他社におけるカードキャッシング利用状況もしくは支払状 況又は信用状態並びに貸金業法規制により必要と認めた場合は、会員に通知することなく、いつでもカードキャッシング利用可能枠及び総カ ードキャッシング利用可能枠を減額できるものとします。(4)当社は、入会後においても、貸金業法その他法令定めにより、収入を証明する書 面、その他必要な資料提出を求める場合があり、本会員はその求めに応じるものとします。なお、会員が当社求めに応じないときは、当社は 会員資格取消、カード全部もしくは一部利用停止または利用可能枠引下げ措置をとることができるものとします。
さらに見せる

8 さらに読み込む

第 15 章保険金等を支払う際に未払保険料等がある場合の取扱い 第 35 条保険金等を支払う際に未払保険料等がある場合の取扱い 65 第 16 章保険金等の請求および支払時期等 第 36 条保険金等の請求および支払時期等 65 第 37 条消滅時効の援用 66 別表 1 会社所定の感染症別表 2 死

第 15 章保険金等を支払う際に未払保険料等がある場合の取扱い 第 35 条保険金等を支払う際に未払保険料等がある場合の取扱い 65 第 16 章保険金等の請求および支払時期等 第 36 条保険金等の請求および支払時期等 65 第 37 条消滅時効の援用 66 別表 1 会社所定の感染症別表 2 死

第 21 条 保険期間延長変更‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 59 第 22 条 保険料額増額または減額変更‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 60 第 23 条 保険金額減額変更‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 60 第 24 条 保険料済契約へ変更‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 61 第 25 条 保険料済契約復旧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 61 第 10 章 加入年齢計算および年齢または性別に誤りがあった場合取扱い
さらに見せる

18 さらに読み込む

第 3 条 ( 弁護士費用等保険金の支払事由 ) (1) 被保険者が 責任開始日以降に発生した原因事実について法律事件に直面し ) 弁護士費用等を負担することによって損害を被ったとき 当社は弁護士費用等保険金を支払います ただし (3) に規定する法律事件については 弁護士費用等保険金を支払う対象か

第 3 条 ( 弁護士費用等保険金の支払事由 ) (1) 被保険者が 責任開始日以降に発生した原因事実について法律事件に直面し ) 弁護士費用等を負担することによって損害を被ったとき 当社は弁護士費用等保険金を支払います ただし (3) に規定する法律事件については 弁護士費用等保険金を支払う対象か

12 成年後見開始、成年後見人選任・解任、成年後見人選任・解任、任意後見監督人選任・解 任、後見人に対する報酬付与、不在者財産管理に関する処分、失踪宣告、失踪宣告取消し、 子変更について許可、養子縁組をするについて許可、死後離縁をするについて許可、特別養子縁組 成立・離縁、親権喪失、親権停止、管理権喪失、扶養義務設定、扶養義務設定取消し、推定相続人 廃除、相続承認・放棄、財産分離、相続人不存在場合における相続財産管理人選任、遺言確 認、遺留分放棄について許可、氏または名変更について許可、戸籍訂正について許可、施設へ入所 について許可、保護者順位変更および保護者選任
さらに見せる

12 さらに読み込む

家財総合保険特約集目次 修理費用補償特約 第 2 条 ( 修理費用保険金を支払う場合 ) 第 3 条 ( 修理費用保険金を支払わない場合 ) 第 4 条 ( 修理費用保険金の請求権者 ) 第 5 条 ( 他の保険契約等がある場合の修理費用保険金の支払額 ) 第 6 条 ( 準用規定 ) 賠償責任補償

家財総合保険特約集目次 修理費用補償特約 第 2 条 ( 修理費用保険金を支払う場合 ) 第 3 条 ( 修理費用保険金を支払わない場合 ) 第 4 条 ( 修理費用保険金の請求権者 ) 第 5 条 ( 他の保険契約等がある場合の修理費用保険金の支払額 ) 第 6 条 ( 準用規定 ) 賠償責任補償

17 領収前に生じた事故取扱いに関する規定および第 45 条(保険契約更新)保険契約が更新されない 旨規定を適用しません。 (3)(2)規定により、被保険者が保険料払込み前に生じた事故による損害に対して保険支払 を受ける場合には、その支払を受ける前に、保険契約者は保険料を当会社に払い込まなければなりま せん。ただし、保険契約者および被保険者から申し出があった場合には、支払保険から払込 保険料相当額を差し引いて保険を支払うことができるものとします。
さらに見せる

19 さらに読み込む

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け

代行返上 厚生年金基金が、厚生年金運用に係る部分代行を国に返すこと。 第三者行為 交通事故など、他人が関係したけがや病気 退職改定 退職後、再就職することなく1月が経過した時点で改めて年金再計算を 行う 退職日翌日から1か月後に行う年金額再計算

7 さらに読み込む

資 料 1 公 的 年 金 等 支 払 報 告 書 の 光 ディスク 等 の 作 成 の 概 要 1 処 理 のながれ 提 出 義 務 者 公 的 年 金 等 支 払 報 告 書 の 光 ディスク 等 名 古 屋 市 1 月 31 日 までに 名 古 屋 市 個 人 市 民 税 特 別 徴 収 セン

資 料 1 公 的 年 金 等 支 払 報 告 書 の 光 ディスク 等 の 作 成 の 概 要 1 処 理 のながれ 提 出 義 務 者 公 的 年 金 等 支 払 報 告 書 の 光 ディスク 等 名 古 屋 市 1 月 31 日 までに 名 古 屋 市 個 人 市 民 税 特 別 徴 収 セン

2 その他 (1)承認通知取り交わし後公的年金支払報告書ディスク提出については、 提出義務者と名古屋市において、異議申し出ない限り継続するものとします。 (2)親会社又は本店が、個々子会社、支店公的年金支払報告書ディスク を一括して提出する場合であっても、親会社、本店、子会社、支店ごとに、公 的年金支払報告書ディスクを作成してください。
さらに見せる

11 さらに読み込む

Show all 10000 documents...