被災した直後には自身の避難や家族等の安

Top PDF 被災した直後には自身の避難や家族等の安:

教職員の多くは 自らも被災者であったが 自分自身の家庭を顧みることもできない日々であった 兵庫県教職員組合 ( 以下 兵教組 ) は 避難所となった公立小 中学校等の24 時間体制での避難所運営の支援 本来当該校教職員が担う学校再開や教育活動に専念できる体制づくりを支援する活動を行うことを兵庫県教委

教職員の多くは 自らも被災者であったが 自分自身の家庭を顧みることもできない日々であった 兵庫県教職員組合 ( 以下 兵教組 ) は 避難所となった公立小 中学校等の24 時間体制での避難所運営の支援 本来当該校教職員が担う学校再開や教育活動に専念できる体制づくりを支援する活動を行うことを兵庫県教委

 第4次、3班編成で、第1班7月25日か ら29日間、石巻市20人が派遣され、避難課題を踏まえ、阪神・淡路大震災経験教 訓を踏まえアドバイスを行うとともに、教頭、 教務主任(100人程度)を対象とする学校 全対策研修会講師として参加、分科会で アドバイスを行っ。第2班7月31日から8 月4日間、気仙沼市20人が派遣され、子ど もたちケア、避難所運営についてアドバ イスを行っ。第3班8月6日から10日間、 南三陸町20人が派遣され、中学校生徒対す る学習支援を行うとともに、教職員に対して生 徒ケアについて意見交換アドバイス を行っ
さらに見せる

8 さらに読み込む

はじめに 平成 23 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災においては 被災者の心身の機能の低下や様々な疾患の発生 悪化が見られた 多くの高齢者や障害者 妊産婦 乳幼児を抱えた家族 外国人等が被災したが 避難所のハード面の問題や他の避難者との関係等から 自宅での生活を余儀なくされることも少なくな

はじめに 平成 23 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災においては 被災者の心身の機能の低下や様々な疾患の発生 悪化が見られた 多くの高齢者や障害者 妊産婦 乳幼児を抱えた家族 外国人等が被災したが 避難所のハード面の問題や他の避難者との関係等から 自宅での生活を余儀なくされることも少なくな

② 指定避難所について、事前避難所となることが決まっていることから、必 要な場合要介護高齢者、乳幼児世帯、障害者世帯、感染症患者が個室入 所できるよう、あらかじめ福祉避難室用スペースについて考慮ておくこと。 また、福祉避難設置にあたって、一般避難所環境と比べて劣悪な環 境とないこと留意するとともに、被災状況をアセスメント上で、 個室へ入室を調整、優先順位が高い被災者から被災自身選択で個室 へ入室できるようすることが適切であること。ただし、感染症患者場合、 感染拡大防止安静を目的被災自身希望関わらず入室を要する場 合もあるため、被災理解努めること。
さらに見せる

26 さらに読み込む

会を開かせていただきました ところで 先般の熊本地震ですが 高速道路も九州自動車道や大分自動車道でのり面や橋梁の損傷が発生し 一般道路の被災では ご案内のとおり 阿蘇大橋地区の国道 57 号や325 号が寸断 県道では橋梁やトンネルが連続的に損傷して 本震直後は約 200カ所で通行止が発生していると

会を開かせていただきました ところで 先般の熊本地震ですが 高速道路も九州自動車道や大分自動車道でのり面や橋梁の損傷が発生し 一般道路の被災では ご案内のとおり 阿蘇大橋地区の国道 57 号や325 号が寸断 県道では橋梁やトンネルが連続的に損傷して 本震直後は約 200カ所で通行止が発生していると

また、新しいポジションにおきましても、国土交通省全体技術を一層高み引き上げ ていくため精進てまいるつもりですので、先生方各位におきましても、またご指導、 ご鞭撻ほどよろしくお願います。 私自身もこの技術小委員会に関して人一倍思いを持って取り組ませていただいと ころです。特にこの1年、技術に関する倫理上、あるいは、初歩的なミスというよ うなこともございます。そして、また、一昨月でありますが、熊本で大地震が起こり、こ れ伴って、大幅技術的な議論を加えていただかなければならない事態となりまし。 今日そういった議論を行い皆さんからご指導いただいて、私どもも安全で、安心な国 民生活実現向けて、また、今度レベル高い、生産性を十分高められるような国民 生活を実現するため新しい技術導入もあわせまして、先生方ご意見、ご指導をい だきながら、しっかりと努力てまいりたいと思っております。
さらに見せる

28 さらに読み込む

はじめに このたび発生した東日本大震災により お亡くなりになられた方々に哀悼の 意を表しますと共に被害を受けられた皆様 そのご家族に心からお見舞い 申し上げます さて かねてより被災地でのハエや蚊の発生状況やライフラインの復旧等の状況に応じて改定してまいりました 腐敗した魚介類から発生するハエ対策に

はじめに このたび発生した東日本大震災により お亡くなりになられた方々に哀悼の 意を表しますと共に被害を受けられた皆様 そのご家族に心からお見舞い 申し上げます さて かねてより被災地でのハエや蚊の発生状況やライフラインの復旧等の状況に応じて改定してまいりました 腐敗した魚介類から発生するハエ対策に

アタマジラミ、コロモジラミ(塹壕熱媒介)、ネコノミ、トコジラミ、 ヒゼンダニ(疥癬) また、山間部避難、マダニ類(日本紅斑熱などを媒介:夏期 中心)、ツツガムシ類(つつがむし病を媒介:春と秋~冬)などによる加 害、灯火飛来するアオバアリガタハネカクシ、カミキリモドキ類など 有毒昆虫による皮膚炎発症が考えられ、原発事故により、自治体、住 民不在となる地域でハチ、ドクガなど大発生が懸念される。水域から ユスリカ類(不快)大量発生も考えられる。
さらに見せる

27 さらに読み込む

人によって被災状況は違いますが 家族を失い 家を失い それまでの人生で築いてきたものをすべて失うという悲劇に突然見舞われ 茫然自失状況に追い込まれての絶望感 これらのことを想像すると 悲しみが一挙に襲ってきました 本当に悲しい出来事です 被災者にとっては 悲しみだけではなく 空しさや 憤りや 絶望が

人によって被災状況は違いますが 家族を失い 家を失い それまでの人生で築いてきたものをすべて失うという悲劇に突然見舞われ 茫然自失状況に追い込まれての絶望感 これらのことを想像すると 悲しみが一挙に襲ってきました 本当に悲しい出来事です 被災者にとっては 悲しみだけではなく 空しさや 憤りや 絶望が

インターネットで教会場所を地図で確認まし。すると大船 渡市、海面していますが、川沿い町があり、津波が川沿い 逆流すれば、津波被害を受けるなと直感まし。昨日朝テレ ビを見ると、町無残な姿をさらしていまし。教会がどうなっ わかりません、牧師家族、信徒方々が、避難かど うかもわかりません。無事を祈るしかないですが、人ごとと思え ない巨大地震です。
さらに見せる

9 さらに読み込む

2: 内容 ( 避難で Go ) アプリ 1 避難で Go( 仮称 ) 災害に遭遇してしまった被災者向けのアプリ 後述する 支える避難所運営 とデータ連携することで避難生活の負担軽減をはかる 1-1: 避難誘導支援機能 災害時に現在地からの最寄りの避難箇所を地図で教えてくれる 例えば地震ならば津波を

2: 内容 ( 避難で Go ) アプリ 1 避難で Go( 仮称 ) 災害に遭遇してしまった被災者向けのアプリ 後述する 支える避難所運営 とデータ連携することで避難生活の負担軽減をはかる 1-1: 避難誘導支援機能 災害時に現在地からの最寄りの避難箇所を地図で教えてくれる 例えば地震ならば津波を

自分避難場所を登録 はぐれ家族へ情報が渡る 避難所まで避難ができたら「どこ避難います」を登録できるようする 。自 分状態も登録できるようする「元気です」「足を骨折」「頭が痛い」。これ より、家族とはぐれてしまったり、合流できていない家族登録相手メール メッセージを飛ばしたり、場所を地図で確認できるようする。本機能スマホ 携帯だけでなくWebで行えるよう、携帯をもっていない場合でも他方から Web環境を借りて「どこ避難います」を登録たり家族を確認できるよう する。後述するアプリ「支える避難所運営」避難名簿も自動で登録される ようする。
さらに見せる

10 さらに読み込む

災害ボランティア NPO 活動サポート募金 短期活動助成金第 5 次応募状況 今回の応募全件における活動内容 ( 複数回答 ) について グラフにまとめました 被災地外の 短期避難被災地外の 1% 避難所 避難者 2% 被災地外の団体本拠地 5% 福島県 12% 岩手県 26% 活動エリア 宮城県

災害ボランティア NPO 活動サポート募金 短期活動助成金第 5 次応募状況 今回の応募全件における活動内容 ( 複数回答 ) について グラフにまとめました 被災地外の 短期避難被災地外の 1% 避難所 避難者 2% 被災地外の団体本拠地 5% 福島県 12% 岩手県 26% 活動エリア 宮城県

第5 次応募締切 2011 年11 月末、震災から 8 か月余りが経過ことで、震災直後と比較て活動内容も新たな段階進んで いる様子が伺えまし被災地で、市町村県内で、多様な団体により重層的なネットワークづくりが進んでいます。新た出てき 課題に対して関係者がつながり合って、知恵企画を出し合い、活動創出あたってきことが応募書から推察されます。 福島県「NPO 法人ビーンズふくしま」被災子ども・若者家族に対して、教育・福祉・医療など各機関と連携をて事業を 進めています。「放射線、地震、津波ことが頭から離れない」「急涙が出るなど、感情的なってしまう」など相談を受けてカウンセ リングを行ったり、適切な支援機関つないだりするなど相談活動を行なっています。
さらに見せる

29 さらに読み込む

地震 ) が原因の阪神 淡路大震災では職員や家族が亡くなっています ( なお 東日本大震災では津波で多数の職員や家族が亡くなり そのことがその後の被災者支援活動を大きく遅滞させる要因の一つとなりました ) これへの対策は 職場 自宅の耐震化や家具等の固定が基本となります なお 熊本地震は勤務時間外の

地震 ) が原因の阪神 淡路大震災では職員や家族が亡くなっています ( なお 東日本大震災では津波で多数の職員や家族が亡くなり そのことがその後の被災者支援活動を大きく遅滞させる要因の一つとなりました ) これへの対策は 職場 自宅の耐震化や家具等の固定が基本となります なお 熊本地震は勤務時間外の

防災・危機管理トレーニング(http:// bousai-navi.air-nifty.com/training/) 4.6  「地震動火災」 、 「津波火災」へ対策 阪神・淡路大震災で地震動を直接・間接原 因とする火災(=地震動火災)が多数発生まし 。東日本大震災で、それ加えて津波による 火災(=津波火災)も発生まし。表9、表10 、この二つ震災における火災発火源を示 まし
さらに見せる

5 さらに読み込む

~ はじめに ~ 大阪市では 平成 21 年 11 月 自分や家族の力だけでは安全な場所へ避難できなかったり 避難所での生活において大きな困難がある周りの人の手助けや配慮が必要な要援護者の支援のための 大阪市災害時要援護者避難支援計画 ( 全体計画 ) を策定しました そこで 大阪市では大阪市老人福

~ はじめに ~ 大阪市では 平成 21 年 11 月 自分や家族の力だけでは安全な場所へ避難できなかったり 避難所での生活において大きな困難がある周りの人の手助けや配慮が必要な要援護者の支援のための 大阪市災害時要援護者避難支援計画 ( 全体計画 ) を策定しました そこで 大阪市では大阪市老人福

折しも、東日本大震災が発生多数方が犠牲なられまし。犠牲者過半数が高齢者 とも言われており、災害時要援護者対策が改めて課題としてクローズアップされています。 大阪市で東日本大震災・大阪市総合対策本部を設置、 「ひと、地域と行政「絆」で守れ る命を、まず守る」ため、要援護者避難支援早期体制整備を図ることとてきています。 災害へ備え、絶えず見直しが必要であり、本防災マニュアルもVer1.0 とています。 まだまだ不十分な点も多いと思いますが、今後も幅広く関係者皆様からご意見をいただき、 更に有用なものてまいりたいと考えております。
さらに見せる

18 さらに読み込む

1. 自衛隊と関係機関の連携 < 発災当初から 被災者の捜索や人命救助活動を全力で実施 > 警察 消防 海上保安庁等と協力し 津波等により孤立した地域や倒壊家屋等から多数の被災者を救出 米軍 警察 消防 海上保安庁等と共同し 被災 3 県の沿岸 河口部を中心とした集中捜索を実施 関係機関との連携 1

1. 自衛隊と関係機関の連携 < 発災当初から 被災者の捜索や人命救助活動を全力で実施 > 警察 消防 海上保安庁等と協力し 津波等により孤立した地域や倒壊家屋等から多数の被災者を救出 米軍 警察 消防 海上保安庁等と共同し 被災 3 県の沿岸 河口部を中心とした集中捜索を実施 関係機関との連携 1

① 発災直後より、情報収集、人命救助迅速な初動対応を実施ほか、統合任務部隊編成 総理指示基づく10万人態勢構築により、自衛隊総力を挙げて対応(人命救助時における 迅速な航空情報発出による飛行高度分離、関係省庁とも緊密連携 )。統合任務部隊下、 各自衛隊部隊が総合的活動、全般的円滑な統合運用を実施。また、10万人規模で震災 対応と通常任務を両立。 発災直後部隊集中要領に関する検討 、 第一線部隊充足率向
さらに見せる

10 さらに読み込む

被災した認知症の人と家族を支援する医療マニュアル

被災した認知症の人と家族を支援する医療マニュアル

2)興奮・暴言・暴力へ対応 * 認知症人が示す症状意味があります。大声を出しているなら、その 理由があるはずです。その人立場なって、その理由を考えてみる。そ こ解決糸口があります。興奮ているから、薬で押さえようと考える 前、優しい態度で接し、その人気持ちを探って下さい。そして興奮 原因を取り除くことで、興奮が治まる可能性があります。本人介護者 身体的な危険性がなく周囲が許容できるとき、好きなよう怒っても らう、怒鳴り散らしてもらうも一つ方法です。自分思いをはき出す ことでその後精神的な安定が得られるかもしれません。そのとき、一緒 なって怒らず、その思いを受け止めてあげましょう。
さらに見せる

13 さらに読み込む

被災と避難の状況 (5) インフラの状況 1 道路 河川 海岸市内の道路被害については 幹線国道である6 号が地震津波により各区で被災し通行不能とな ったため 避難 輸送に支障をきたした また 県道 市道についても津波到達エリア内では壊滅的被害を受け ほとんどの路線が通行不能となった 一方 地震によ

被災と避難の状況 (5) インフラの状況 1 道路 河川 海岸市内の道路被害については 幹線国道である6 号が地震津波により各区で被災し通行不能とな ったため 避難 輸送に支障をきたした また 県道 市道についても津波到達エリア内では壊滅的被害を受け ほとんどの路線が通行不能となった 一方 地震によ

津波襲来時、施設 40~50 人利用者が残っていとみられ、施設職員が近くふりど 循環器科医院助けを求め行っていると同時に、消防署員が救助にあたり、テクノアカデミー浜 へ避難することとなっ。 震災直後、拠点を大町病院移し、家族が迎え利用者帰宅家族と連絡取れ ない利用者約 50 人、数か所施設へ移動することとなっ
さらに見せる

6 さらに読み込む

1 1. 自主防災組織とは自主防災組織は 大規模な災害が発生した際 被害を最小限にくいとめるため 日ごろから地域内の安全点検や住民への防災知識の普及 啓発 防災訓練の実施など災害に対する備えを行い また 実際に災害が発生した際には 初期消火や被災者の救出 救助 情報の収集や避難所の運営といった活動を

1 1. 自主防災組織とは自主防災組織は 大規模な災害が発生した際 被害を最小限にくいとめるため 日ごろから地域内の安全点検や住民への防災知識の普及 啓発 防災訓練の実施など災害に対する備えを行い また 実際に災害が発生した際には 初期消火や被災者の救出 救助 情報の収集や避難所の運営といった活動を

着替え、オムツ、ちり紙、ガーゼ又はハンカチ、障害者手帳、補助具予備、 薬などを用意ておきましょう。 ■ アレルギーをもつ子どもがいる家庭で 災害時など、緊急子どもが一人なってしまう場合備え、他アレルギ ー食材など情報を正確伝え、適切対応てもらえるようアレルギー症状 対応方法など情報を記載カードをつくり、携帯させておくとよいでしょう。
さらに見せる

33 さらに読み込む

表 2 支援者に求められる姿勢 態度支援者としての基本姿勢 態度 被災者の気持ちを尊重し いきなり支援を押し付けるのではなくまずは様子を見る プライバシーに配慮し 被災者やその家族の秘密を守る( 守秘義務 ) 被災者なりの回復があり 回復には時間がかかることを理解する 穏やかな声でゆっくり話し 慌て

表 2 支援者に求められる姿勢 態度支援者としての基本姿勢 態度 被災者の気持ちを尊重し いきなり支援を押し付けるのではなくまずは様子を見る プライバシーに配慮し 被災者やその家族の秘密を守る( 守秘義務 ) 被災者なりの回復があり 回復には時間がかかることを理解する 穏やかな声でゆっくり話し 慌て

3 避難も自宅などもいない被災者へ対応 知的障がい発達障がいある子ども家族がいる世帯が、避難所で不適応を心 配して車上生活を行っている場合があります。知的障がい発達障がいある方、 災害伴う急激な環境変化によって、パニックをはじめと不適応行動を起こし すくなることがあるので、家族ストレス疲労より大きくなります。また、情報 生活物資不足により大きな不安状態おかれているので、保育園・幼稚園、学校、 職場、障がい福祉サービス事業者などを通じ安否確認、地域巡回などにより状 況把握を行い、必要な支援を届けていくことが必要です。
さらに見せる

11 さらに読み込む

非常持ち出し品リスト ( 例 ) 家族構成等に合わせて工夫しましょう 家族で話し合っておきましょう 災害時の共通の連絡先 安否確認の方法 避難場所を複数決めておく 緊急連絡カードを作成し 話し合って決めたことや家族の連絡先 電話番号 普段処方されている薬の種類 量 服用方法などをまとめ 持ち歩く災害

非常持ち出し品リスト ( 例 ) 家族構成等に合わせて工夫しましょう 家族で話し合っておきましょう 災害時の共通の連絡先 安否確認の方法 避難場所を複数決めておく 緊急連絡カードを作成し 話し合って決めたことや家族の連絡先 電話番号 普段処方されている薬の種類 量 服用方法などをまとめ 持ち歩く災害

防災知識普及、訓練 ■ 避難所運営委員会組織(例) ■ 避難所運営委員会、「自主防災組織地域住民代表者」「市町村避難所担当職員」「施設管理者」で構成ます。 ■ 避難所運営組織リーダー、自主防災組織を中心事前決めておきます。災害直後避難所準備から開設当初 まで、これら人たちが施設管理者市町村職員と協力て運営あたります。災害規模状況によってリーダー メンバーが揃うと限りませんが、日頃から運営委員会を組織活動することが非常時活動できるリーダー育 成もつながります。
さらに見せる

6 さらに読み込む

者のために個室や隔離したスペースを確保する 身近な福祉避難所 また 一般の避難所や身近な避難所では避難生活が困難な要配慮者を避難させるために 社会福祉施設等に開設する 福祉避難所 と重層的に福祉避難所を設置することを想定している (2) 要配慮者とは福祉避難所の対象者として想定されるのは 法律上 要

者のために個室や隔離したスペースを確保する 身近な福祉避難所 また 一般の避難所や身近な避難所では避難生活が困難な要配慮者を避難させるために 社会福祉施設等に開設する 福祉避難所 と重層的に福祉避難所を設置することを想定している (2) 要配慮者とは福祉避難所の対象者として想定されるのは 法律上 要

福祉避難所を開設、受け入れ体制が整っとき、要配慮者及びその家族、 自主防災組織、地域住民、支援団体速やかその場所を周知、福祉避難対象となる者を受け入れる。 一般避難所から情報提供要請により、福祉避難所利用候補者調査を 行う。また、福祉避難対象者固定的でないので、対象者をあらかじ め把握ていないときもちろん、あらかじめ把握ているときも、被 災直後混乱期から一定期間を経過避難対象者が避難て いないか調査する。
さらに見せる

7 さらに読み込む

2 物的支援の実施について 物資については 各避難所への搬送などの課題が指摘されているが 被災自治体には地震発生直後から国や周辺自治体等による物資供給が行われていたため 都など他地域への支援要請は限定的であった こうした状況にあって 都は 区市町村等関係機関との緊密な連携により被災地からの要請に基づ

2 物的支援の実施について 物資については 各避難所への搬送などの課題が指摘されているが 被災自治体には地震発生直後から国や周辺自治体等による物資供給が行われていたため 都など他地域への支援要請は限定的であった こうした状況にあって 都は 区市町村等関係機関との緊密な連携により被災地からの要請に基づ

熊本地震、東日本大震災以降、全国的な規模で広域応援を実施初めて災害 であり、都各自治体にとっても、その成果が問われるものであっといえる。 都で支援当たり、東日本大震災で得られ教訓経験を総動員、人的・物 的両面から、被災要請基づく必要な支援を迅速行うよう努め

7 さらに読み込む

連絡先と家族の情報 記入後はコピーをして家族みんなが持つようにしましょう 家族データ 救助された時 家族がはなればなれになった時のために TEL TEL mail 遠くの親戚 知人かかりつけ病院 被災地どうしはつながりにくい 緊急連絡先 役所 公共機関連絡先 家族の避難場所 集合場所はできるだけ細か

連絡先と家族の情報 記入後はコピーをして家族みんなが持つようにしましょう 家族データ 救助された時 家族がはなればなれになった時のために TEL TEL mail 遠くの親戚 知人かかりつけ病院 被災地どうしはつながりにくい 緊急連絡先 役所 公共機関連絡先 家族の避難場所 集合場所はできるだけ細か

●懐中電灯電池節約ためあまり使えず、薄暗い中で手探りで行動。毎夜8時就寝てい。 ●携帯電話充電が切れると、連絡ためアドレス帳が見られず、別にメモを残しておくべきだと思っ。 【食料・水調達】 長時間並ぶあたりまえ ●近所スーパー3、4時間並ぶざら。タマゴ牛乳が街中スーパーあると聞いて寒い中長い時間並 んで買っ。また子供オムツが買えなくて本当に不安だっ。近くスーパー5時間並んでやっとゲッ ト
さらに見せる

16 さらに読み込む

国の法令改正等の反映近年行われた国の法令改正や防災基本計画の修正内容を反映しました 市町村が 指定緊急避難場所及び指定避難所の指定を進めることを追加 市町村が 被災者の被害状況 配慮事項等を一元的に集約した被災者台帳を作成し 総合的かつ効果的な支援の実施に努めることを追加 首都直下地震対策特別措置法

国の法令改正等の反映近年行われた国の法令改正や防災基本計画の修正内容を反映しました 市町村が 指定緊急避難場所及び指定避難所の指定を進めることを追加 市町村が 被災者の被害状況 配慮事項等を一元的に集約した被災者台帳を作成し 総合的かつ効果的な支援の実施に努めることを追加 首都直下地震対策特別措置法

そのうち「地震災害対策計画」、別定める「風水害災害対策計画」及び「原子力災害対 策計画」とともに「神奈川県地域防災計画」を構成ています。地震災害対策計画、県内(石 油コンビナート特別防災区域を除く)地震災害全般に関して総合的な対策を定めものであ り、この計画基づき事前対策を推進、災害強い安全な県土づくりを進めるとともに、地 震災害が発生応急対策を実施することにより、県民生命、身体及び財産を守ることを 目的とています。
さらに見せる

6 さらに読み込む

(1) 登山者等の安全確保のための避難施設等の維持管理状況調査の結果ア避難施設の設置状況等今回 桜島に関係する鹿児島県 鹿児島市及び垂水市における避難施設等の設置状況を調査した結果は 次のとおりである 説明図表番号 ( ア ) 避難施設の設置状況桜島は 昭和 48 年 12 月に桜島の全域 ( 鹿児

(1) 登山者等の安全確保のための避難施設等の維持管理状況調査の結果ア避難施設の設置状況等今回 桜島に関係する鹿児島県 鹿児島市及び垂水市における避難施設等の設置状況を調査した結果は 次のとおりである 説明図表番号 ( ア ) 避難施設の設置状況桜島は 昭和 48 年 12 月に桜島の全域 ( 鹿児

鹿児島県危機管理防災課設置され端末アラーム機能が付いており、 新規情報を受理するとアラームが鳴って(県職員が端末画面上受信確認を クリックすると「アラーム」マークが消えるとともに、鹿児島地方気象台、 県が受信を確認ことが通報される) 、職員知らせることによって見落とし を防ぐ仕組みとなっている。同気象台が噴火警報又は火山状況に関する解説 情報(臨時発表されるもの)を発信する場合、事前気象台から同県電 話連絡があり、火山現状とそれを踏まえて警報又は関連情報が発信される予 定であることについて説明(予告)があっ防災情報提供システムにより 通報されるが通例となっており (注 1) (注 2) 、同県この連絡を受けて直ちに 県民情報提供を含め初期対応準備作業着手することとている。 (注 1) この予告が行われる時間決まっておらず、警報発令 1 時間前連絡がくるこ
さらに見せる

42 さらに読み込む

Show all 10000 documents...