繰延税金資産に関するリスク

Top PDF 繰延税金資産に関するリスク:

II. 格付分析 1. 総論 ( 格付方法の概要第 1 章 ) 格付分析は 仕組みに関するリスク 裏付資産に関するリスクのそれぞれのリスク要因の洗い出しと これらのリスク要因分析により案件実態の把握を行う このリスク要因分析結果を反映してキャッシュフローリスク分析が行われた後に キャッシュフローリス

II. 格付分析 1. 総論 ( 格付方法の概要第 1 章 ) 格付分析は 仕組みに関するリスク 裏付資産に関するリスクのそれぞれのリスク要因の洗い出しと これらのリスク要因分析により案件実態の把握を行う このリスク要因分析結果を反映してキャッシュフローリスク分析が行われた後に キャッシュフローリス

Credit Express は、信用格付業ではなく、金融商品取引業等に関する内閣府令第 299 条第 1 項第 28 号に規定される関連業務(信用格付業以外の業 務であって、信用格付行為に関連する業務)です。当該業務に関しては、信用格付行為に不当な影響を及ぼさないための措置と、信用格付と誤認される ことを防止するための措置が法令上要請されています。 信用格付は、発行体が負う金融債務についての総合的な債務履行能力や個々の債務等が約定通りに履行される確実性(信用力)に対する R&I の意見 であり、事実の表明ではありません。また、R&I は、信用リスク以外のリスクにつき意見を表明するものではなく、投資判断や財務に関する助言や、 投資の是非等の推奨をするものではありません。R&I は、信用格付に際し関連情報の正確性等につき独自の検証を行っておらず、これに関し何ら表明 も保証もいたしません。R&I は、信用格付(変更・取り下げ等を含む)に関連して発生する損害等につき、何ら責任を負いません。信用格付は、原則 信用格付事例解説(商品別)は、信用格付業ではなく、金融商品取引業等に関する内閣府令第299条第1項第28号に規定される関連業務(信用 格付業以外の業務であって、信用格付行為に関連する業務)です。当該業務に関しては、信用格付行為に不当な影響を及ぼさないための措置と、信用格 付と誤認されることを防止するための措置が法令上要請されています。
さらに見せる

9 さらに読み込む

用者の予測とは大きく異なった内容で突然開示されることがあり 繰延税金資産の回収可能性について事前に予測を行う観点からは 現行の税効果会計基準における繰延税金資産に関して開示されている情報では不十分である (3) 回収可能性に係る監査の指針を会計の指針に移管することから 会計処理だけでなく 開示につい

用者の予測とは大きく異なった内容で突然開示されることがあり 繰延税金資産の回収可能性について事前に予測を行う観点からは 現行の税効果会計基準における繰延税金資産に関して開示されている情報では不十分である (3) 回収可能性に係る監査の指針を会計の指針に移管することから 会計処理だけでなく 開示につい

20. なお、IFRS では、第 9 項に記載のとおり、繰延税金資産を認識していない税務上 の繰越欠損金及び繰越税額控除の額について、失効日があれば当該情報を開示する ことが求められている。 21. 上述の検討から、連結ベースでの定量的な税務上の欠損金の繰越期限に関する情報 を開示することよりも、税務上の繰越欠損金について連結上重要と考えられる繰延 税金資産を計上している会社に係る税務上の欠損金の繰越期限についてのみ開示 するほうが、便益がコストを上回り相対的に有用と考えられるため、IFRS におけ る開示要求とは必ずしも同じではないものの、追加的に開示を求める候補になり得 ると考えられるかどうか。
さらに見せる

20 さらに読み込む

Company Research and Analysis Report FISCO Ltd. ダイナック 2675 東証 2 部 伪主力伪 4 ブランドを核にした高付加価値戦略で利益率向上へ 2014 年 9 月 2 日 ( 火 ) Important

特集 : 税効果会計の見直しについて 企業会計基準適用指針第 26 号 繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針 の公表について PwCあらた監査法人第 3 製造 流通 サービス部パートナー加藤達也 はじめに 2015 年 12 月 28 日 企業会計基準委員会 ( 以下 ASBJ という ) より

具体的な課題として、監査委員会報告第66号は企業会計 の実務に既に定着してはいるものの、その適用が画一的、硬 直的であり、過去の事象が重視されすぎていて、結果、企業 の実態を適切に表していない場合も生じているのではない かという指摘や、監査委員会報告第66号のなかでも整合性 が図られていない部分があるのではないかという指摘、さら には、監査委員会報告第66号が国際財務報告基準との会計 基準間差異をもたらしているのではないか、という指摘が 挙げられ、これらの課題認識を踏まえ議論が行われました。 その結果、繰延税金資産の回収可能性については、監査委 員会報告第66号、監査委員会報告第70号の他、日本公認 会計士協会会計制度委員会報告第6号「連結財務諸表にお ける税効果会計に関する実務指針」、同第7号「個別財務諸 表における税効果会計に関する実務指針」、日本公認会計士 協会会計制度委員会「税効果会計に関するQ&A」などにも 定めがあることから、これらを引き継いだ上で、必要と考え られる見直しを行い、2015年12月に回収可能性適用指針 として公表されました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

固定資産の減損損失に係る将来減算一時差異の取扱い 36 役員退職慰労引当金に係る将来減算一時差異の取扱い 37 その他有価証券の評価差額に係る一時差異の取扱い 38 退職給付に係る負債に関する一時差異の取扱い 43 繰延ヘッジ損益に係る一時差異の取扱い 46 繰越外国税額控除に係る繰延税金資産 47

固定資産の減損損失に係る将来減算一時差異の取扱い 36 役員退職慰労引当金に係る将来減算一時差異の取扱い 37 その他有価証券の評価差額に係る一時差異の取扱い 38 退職給付に係る負債に関する一時差異の取扱い 43 繰延ヘッジ損益に係る一時差異の取扱い 46 繰越外国税額控除に係る繰延税金資産 47

(3) 企業会計基準適用指針第 14 号「四半期財務諸表に関する会計基準の適用指針」 ① 第 94 項 四半期財務諸表に計上された繰延税金資産についても、原則として、年度決算と 同様の方法により回収可能性の判断を行うこととなるため、四半期決算日ごとに、 将来の回収見込みについて見直しを行うことになる。しかしながら、四半期会計期 間ごとに収益力に基づく課税所得の十分性一時差異等加減算前課税所得やタック ス・プランニングに基づく一時差異等加減算前課税所得、あるいは将来加算一時差 異の十分性について(企業会計基準適用指針第 X 号「繰延税金資産の回収可能性に 関する適用指針」 (以下「回収可能性適用指針」という。)第 6 項)改めて判断する ことを求めるのは実務上過度な負担を強いることになるとも考えられることから、 経営環境等に著しい変化が生じておらず、かつ、一時差異等の発生状況について前 年度末から大幅な変動がないと認められる場合には、繰延税金資産の回収可能性の 判断にあたり、前年度末の検討において使用した将来の業績予測やタックス・プラ ンニングを利用することができることとした(第 16 項参照)。
さらに見せる

58 さらに読み込む

第 298 回企業会計基準委員会 資料番号 日付 審議事項 (2)-4 DT 年 10 月 23 日 プロジェクト 項目 税効果会計 今後の検討の進め方 本資料の目的 1. 本資料は 繰延税金資産の回収可能性に関わるグループ 2 の検討状況を踏まえ 今 後の検討の進め方につ

第 298 回企業会計基準委員会 資料番号 日付 審議事項 (2)-4 DT 年 10 月 23 日 プロジェクト 項目 税効果会計 今後の検討の進め方 本資料の目的 1. 本資料は 繰延税金資産の回収可能性に関わるグループ 2 の検討状況を踏まえ 今 後の検討の進め方につ

(4) 「税効果会計に関する Q&A」(会計制度委員会)(以下「税効果 Q&A」という。) <監査・保証実務委員会関係(会計処理に関する部分が含まれるもの)> (5) 「繰延税金資産の回収可能性の判断に関する監査上の取扱い」(監査委員会報 告第 66 号) (以下「監査委員会報告第 66 号」という。 )

6 さらに読み込む

食品安全に関するリスクプロファイルシート

食品安全に関するリスクプロファイルシート

・国際がん研究機関(IARC)がグリシドールを「ヒトにおそ らく発がん性がある物質」(グループ 2A)に分類している こと ・ドイツリスク評価研究所(BfR)は 2009 年に、精製した食 用油脂中にグリシドール脂肪酸エステル類が含まれてい ることを報告。グリシドール脂肪酸エステル類が体内で 分解されグリシドールとなる可能性があること

18 さらに読み込む

会計資産リスクと期待資産リターン、企業価値の関係性(髙須 悠介)

会計資産リスクと期待資産リターン、企業価値の関係性(髙須 悠介)

 本稿では様々な仮定をおいた上で分析を行っており,数多くの研究上の限界を抱えている. 最大の問題点は期待資産リターンの分散が期待資産リスクと結びついており(第 2 節の関数f), 期待資産リスクが期待資産リターンを決定する(第 2 節の関数g)という仮定である.とりわ け前者はなぜ期待リターンの分散がpriced riskである期待資産リスクと結びついているのかと いう重要な問いをブラックボックスのままにしており,決定的な問題である.そのため,本稿 で得られた期待資産リターンの分散の構成要素と期待資産リターンの代理変数であるWACCの 関係性は因果関係とは言い切れず,相関関係を示しているに過ぎない.会計資産リスクと期待 資産リスクおよび期待資産リターンの因果関係を検討するためにもこの点の解明が急務である. また,RNOAスプレッドと事業PBRの比較にも問題点がある.期待資産リターンは会計上のリ ターンと無形資産のリターンの2要素から構成されており,仮にRNOAが期待資産リターンに満 たないとしてもRNOAと無形資産リターンの合計で期待資産リターンを超過していれば企業価 値を創造していることになる.しかしながら,本稿ではこの点については一切考慮していない. 加えて,会計資産リスクで調整したWACCはCAPMに基づいて直接計測されたWACCよりも データ上では期待資産リターンの適切な推計値になっている可能性が示唆されたが,そもそも 疑義の残る変数を使った上で得られた結論をどのように評価すべきかは慎重になる必要がある. CAPM以外の手法で推計されたWACCなど他の測定手法での検証が行われる必要があるだろう. 最後に,会計資産リスクに注目しながらも事業PBRといった市場データを組み合わせた説明変 数を使用していることにも注意が必要である.純粋に会計情報のみを用いて期待資産リターン を検討することが可能であるのか否かなど検討すべき課題は多く残る.
さらに見せる

14 さらに読み込む

個人のセキュリティリスク認知に関する研究

個人のセキュリティリスク認知に関する研究

1. はじめに 近年インターネットが身近なものとなり,企業や組織のシステムや個人が所有する情報 機器のセキュリティ対策の重要性は高まっている.なかでも、情報セキュリティ対策を推 進するうえで,経営者による情報セキュリティ対策導入や個人のセキュリティ対策実施な どにおいて,個人の意思決定が,重要な役割を果たす.意思決定の研究は複数の学術領域 でなされているが,特に情報セキュリティに関連するリスクに際しての個人の意思決定の 研究は,多くはない.本研究では,経済学や社会心理学領域の研究を援用し,サイバーリ スクに対する個人の認知を,特に正常性バイアスなどのヒューリスティックや時間非整合 性に焦点を当てて,社会調査を実施し,統計学的に分析する.そして,個人のセキュリテ ィ対策の推進に対する阻害要因を明らかにし, 推進するための方策を探求するものである. 本研究は、大きく二つのバイアスに注目した.個人の現在バイアスと楽観主義バイアスで ある.
さらに見せる

15 さらに読み込む

項目 経過措置による不算入額 経過措置による不算入額 特定項目に係る十パーセント基準超過額 うち その他金融機関等の対象普通株式等に該当するものに関連するものの額 うち モーゲージ サービシング ライツに係る無形固定資産に関連するものの額 うち 繰延税金資産 ( 一時差異に係るものに限る ) に関連

項目 経過措置による不算入額 経過措置による不算入額 特定項目に係る十パーセント基準超過額 うち その他金融機関等の対象普通株式等に該当するものに関連するものの額 うち モーゲージ サービシング ライツに係る無形固定資産に関連するものの額 うち 繰延税金資産 ( 一時差異に係るものに限る ) に関連

■自己資本の充実度に関する評価方法の概要  (第10条第3項第2号、第12条第3項第3号) 当行では、信用リスク、市場リスクをVaR(バリュー・アット・リ スク)により、オペレーショナルリスクについては自己資本比率規制上 の基礎的手法にて定量化し、それぞれのリスクを合算して統合的リスク 量とし、統合的リスク量を自己資本と対比することにより、自己資本の 充実度の評価を行っております。具体的には、コア資本を配賦原資とし て各リスクに資本配賦を行い、各リスク量が配賦資本額の範囲以内に収 まるようにコントロールしております。
さらに見せる

18 さらに読み込む

与信ポートフォリオの信用リスク計量における資産相関について

与信ポートフォリオの信用リスク計量における資産相関について

資産相関の値は、理論的には、債務者毎に定義することができる。しかし、 貸出債権の価値は、一般には市場で観測されないため、実務的に資産相関を求 めるうえでは、何らかの推定手法と推定のためのデータが必要となる。また、 多数の債務者について、債務者毎の資産相関を推定することは現実的ではない。 このため、実務では、債務者群を何らかの基準でグループ分けしたうえで、グ ループ毎に資産相関を推定し、当該グループに含まれる債務者にはその値を一 律に適用することが一般的である。このため、グループ毎に推定された資産相 関の値がどの程度異なり得るのかという点は、信用リスク管理実務において重 要な論点となる。
さらに見せる

41 さらに読み込む

認した その内容は 会計処理 に関する改正及び 繰延税金資産及び繰延税金負債の表示 に係る改正と 評価性引当額等の注記事項 の追加である 繰延税金資産及び繰延税金負債の表示 に係る改正と 注記事項 の追加については 平成 30 年 4 月 1 日以後開始する連結会計年度及び事業年度の期首から適用する

認した その内容は 会計処理 に関する改正及び 繰延税金資産及び繰延税金負債の表示 に係る改正と 評価性引当額等の注記事項 の追加である 繰延税金資産及び繰延税金負債の表示 に係る改正と 注記事項 の追加については 平成 30 年 4 月 1 日以後開始する連結会計年度及び事業年度の期首から適用する

会計基準においては特段定めていない。 」と説明されている(税効果会計基準一部改正第 42 項)。 ② 税務上の繰越欠損金に関する定性的情報(連結を作成している場合、個別は注記不要) 回収可能と判断した理由の記載 税務上の繰越欠損金に関する数値情報が繰越期限別に開示されていても、税務上の繰越欠損 金に係る重要な繰延税金資産を計上している場合、財務諸表利用者が当該繰延税金資産の回 収可能性に関する不確実性を評価できないため、当該不確実性の評価に資するように、税務 上の繰越欠損金に関する定性的な情報として、税務上の繰越欠損金に係る重要な繰延税金資 産を回収可能と判断した主な理由を記載する。
さらに見せる

16 さらに読み込む

様式第十五号 ( 第四条 第十条 第十九条の四関係 ) 貸借対照表 ( 会社名 ) 資産の部 Ⅰ 流動資産 千円 現金預金受取手形完成工事未収入金売掛金有価証券未成工事支出金材料貯蔵品短期貸付金前払費用繰延税金資産販売用資産未収入金立替金仮払金その他 貸倒引当金 流動資産合計 現在 Ⅱ 固定資産 (

様式第十五号 ( 第四条 第十条 第十九条の四関係 ) 貸借対照表 ( 会社名 ) 資産の部 Ⅰ 流動資産 千円 現金預金受取手形完成工事未収入金売掛金有価証券未成工事支出金材料貯蔵品短期貸付金前払費用繰延税金資産販売用資産未収入金立替金仮払金その他 貸倒引当金 流動資産合計 現在 Ⅱ 固定資産 (

  注11 ファイナンス・リース取引(リース取引のうち、リース契約に基づく期間の中途において    当該リース契約を解除することができないもの又はこれに準ずるもので、リース物件(当該リ    ース契約により使用する物件をいう。)の借主が、当該リース物件からもたらされる経済的利    益を実質的に享受することができ、かつ、当該リース物件の使用に伴つて生じる費用等を実質    的に負担することとなるものをいう。)の借主である株式会社が当該ファイナンス・リース取    引について通常の売買取引に係る方法に準じて会計処理を行つていない重要な固定資産につい    て、定性的に記載する。
さらに見せる

19 さらに読み込む

様式第十五号 ( 第四条 第十条 第十九条の四関係 ) 貸借対照表 平成年月日 ( 会社名 ) 資産の部 Ⅰ 流動資産千円現金預金受取手形完成工事未収入金有価証券未成工事支出金材料貯蔵品短期貸付金前払費用繰延税金資産その他貸倒引当金 流動資産合計 現在 Ⅱ 固定資産 (1) 有形固定資産建物 構築物

様式第十五号 ( 第四条 第十条 第十九条の四関係 ) 貸借対照表 平成年月日 ( 会社名 ) 資産の部 Ⅰ 流動資産千円現金預金受取手形完成工事未収入金有価証券未成工事支出金材料貯蔵品短期貸付金前払費用繰延税金資産その他貸倒引当金 流動資産合計 現在 Ⅱ 固定資産 (1) 有形固定資産建物 構築物

繰延税金資産」及び「繰延税金負債」は、税効果会計の適用にあたり、一時差異(会計上の簿価と税務 上の簿価との差額)の金額に重要性がないために、繰延税金資産又は繰延税金負債を計上しない場合 には記載を要しない。 流動資産に属する「繰延税金資産」の金額及び流動負債に属する「繰延税金負債」の金額については、 その差額のみを「繰延税金資産」又は「繰延税金負債」として流動資産又は流動負債に記載する。固定 資産に属する「繰延税金資産」の金額及び固定負債に属する「繰延税金負債」の金額についても、同様と 各有形固定資産に対する減損損失累計額は、各資産の金額から減損損失累計額を直接控除し、その控 除残高を各資産の金額として記載する。
さらに見せる

19 さらに読み込む

■特別損失の計上および繰延税金資産の取崩並びに通期連結業績予想の修正に関するお知らせ

■特別損失の計上および繰延税金資産の取崩並びに通期連結業績予想の修正に関するお知らせ

当社は、過去の業績並びに当社を取巻く経営環境を踏まえた今後の業績見通しを総合的に勘案し、 繰延税金資産の回収可能性について慎重に検討した結果、当期末において繰延税金資産を全額取崩 すことといたしました。 これにより、 法人税等調整額に2億46百万円を計上することになりました。 3 . 配当予想について

2 さらに読み込む

日本基準でいう 法人税等 に相当するものです 繰延税金負債 将来加算一時差異に関連して将来の期に課される税額をいいます 繰延税金資産 将来減算一時差異 税務上の欠損金の繰越し 税額控除の繰越し に関連して将来の期に 回収されることとなる税額をいいます 一時差異 ある資産または負債の財政状態計算書上の

日本基準でいう 法人税等 に相当するものです 繰延税金負債 将来加算一時差異に関連して将来の期に課される税額をいいます 繰延税金資産 将来減算一時差異 税務上の欠損金の繰越し 税額控除の繰越し に関連して将来の期に 回収されることとなる税額をいいます 一時差異 ある資産または負債の財政状態計算書上の

繰延税金負債を認識しない場合】 取引が、企業結合でなく、かつ会計上の利益にも課税所得にも影響しない場合、繰延税金 負債を認識しません。例えば、減価償却費やキャピタルゲインおよびキャピタルロスの損 金不算入となる有形固定資産がある場合、当初認識時において会計上の資産計上額と税務 基準額に差異が生じますが、会計上の利益にも課税所得にも影響しないにもかかわらず当 該差異について税効果費用を認識すると不合理な結果となってしまうためです。 (IA12.22) 5.繰延税金資産の認識
さらに見せる

11 さらに読み込む

食品安全に関するリスクプロファイルシート

食品安全に関するリスクプロファイルシート

・加工食品中のグリシドール脂肪酸エステル濃度の低減 技術に関する国内外の情報 13 消費者の関心・認識 2009 年に高濃度にジアシルグリセロール(DAG)を含む油 の不純物としてグリシドール脂肪酸エステルが含まれてい ることが明らかになり、食品安全委員会で審議が行われ ていることから、関心・認識は比較的高い。

11 さらに読み込む

地域視点でみた家計のリスク資産保有の状況

地域視点でみた家計のリスク資産保有の状況

(3)職業 次に職業も収入の変動性などの要因から、リスク資産保有行動に影響を与えると思われる。 そこで、世帯主の職業別にリスク資産保有状況を見ると、民間職員と比べ官公職員や農林漁業 従事者の世帯は貯蓄残高が大きいにもかかわらず、株式等保有世帯割合や世帯当たり株式等シ ェアが低いことがわかる(図表7) 。官公職員に関しては、あくまで推論ではあるが一般的にリ スク回避的な性格を有する者が相対的に多いとみられることがその背景にあるかもしれない。 農林漁業従事者は貯蓄現在高が民間職員よりも高いが、収入の変動が相対的に大きいことが、 資産運用におけるリスクテイクを阻んでいる可能性が考えられる。また、個人営業主の株式等 保有世帯割合が民間職員より低いのも同様の理由が考えられる。
さらに見せる

12 さらに読み込む

連結貸借対照表 ( 平成 28 年 9 月 30 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流動資産現金及び預金受取手形及び売掛金たな卸資産繰延税金資産その他固定資産有形固定資産建物及び構築物機械装置及び運搬具土地その他無形固定資産投資その他の資産投資有価証券繰延税金資

連結貸借対照表 ( 平成 28 年 9 月 30 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流動資産現金及び預金受取手形及び売掛金たな卸資産繰延税金資産その他固定資産有形固定資産建物及び構築物機械装置及び運搬具土地その他無形固定資産投資その他の資産投資有価証券繰延税金資

連結計算書類の作成にあたっては、当該子会社の平成28年9月30日現 在で実施した仮決算に基づく計算書類を使用しております。 3.会計方針に関する事項 (1) 重要な資産の評価基準及び評価方法 ① 有価証券の評価基準及び評価方法 その他有価証券

7 さらに読み込む

項 目 リスク アセット等 (3) 信用リスク アセットの額の合計額 243, ,528 うち 経過措置によりリスク アセットの額に算入される額の合計額 1,782 1,659 うち 無形固定資産 ( のれん及びモーゲージ サービシング ライツに係るものを除く ) うち 繰延

項 目 リスク アセット等 (3) 信用リスク アセットの額の合計額 243, ,528 うち 経過措置によりリスク アセットの額に算入される額の合計額 1,782 1,659 うち 無形固定資産 ( のれん及びモーゲージ サービシング ライツに係るものを除く ) うち 繰延

正 常 債 権 正 常 先 ロ.標準的手法が適用されるポートフォリオに関する事 項 当行では、保有資産リスク・ウェイトの判定に使 用する適格格付機関は、JCR、R&I、Moody's、S&P グローバル・レーティングの格付を使用しています。 ただし、複数の資産を裏付けとする資産(所謂ファン ド)については、適格格付機関の中から、各投信会社 が定めた適格格付機関を使用しています。

11 さらに読み込む

1 四半期報告書の訂正報告書の提出理由 当社の在外子会社において 過去の繰延税金資産の計上に誤謬があることが判明し 訂正いたしました これに伴い 平成 29 年 2 月 13 日に提出いたしました第 54 期第 3 四半期 ( 自平成 28 年 10 月 1 日至平成 28 年 12 月 31 日

1 四半期報告書の訂正報告書の提出理由 当社の在外子会社において 過去の繰延税金資産の計上に誤謬があることが判明し 訂正いたしました これに伴い 平成 29 年 2 月 13 日に提出いたしました第 54 期第 3 四半期 ( 自平成 28 年 10 月 1 日至平成 28 年 12 月 31 日

四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質 問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認 められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。 当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。 監査人の結論

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...