税金等調整前当期純利益が35億5千万円となり

Top PDF 税金等調整前当期純利益が35億5千万円となり:

41 億 1 千万円であり こちらも前年度より 4 千万円程増えました 収支は 3 億 3 千万円の黒字となり ほぼ前年度並となりました 経常損益は 2 期連続の黒字となり 当期純利益は 12 期連続の黒字となりましたが 子細に見ると 運賃収入は 3 千万円程減っています これをカバーしたのは 北し

41 億 1 千万円であり こちらも前年度より 4 千万円程増えました 収支は 3 億 3 千万円の黒字となり ほぼ前年度並となりました 経常損益は 2 期連続の黒字となり 当期純利益は 12 期連続の黒字となりましたが 子細に見ると 運賃収入は 3 千万円程減っています これをカバーしたのは 北し

平成 29 年度です、NHK 大河ドラマ「真田丸」の放映も終わり、いわゆる特需というも のありません。信州 DC はあります、善光寺御開帳や北陸新幹線の金沢延伸、NHK 大河 ドラマ「真田丸」比べインパクト面では同レベルの期待はできない思われ、厳しい状況 です。収入減る一方、経費の増加見込まれており、昨年度の収支の 3 3 という ベース、今年度は 5 程度の黒字しか出ない見込んでいます。したがって、今年度 は一層の効率化、コスト削減はもちろんのこと、収入の確保という面を考える、一つ目に 本日お集まりの皆様をはじめ、一致団結して利用促進を図っていくこと必要です。二つ目 は、観光列車や貸切り列車という形で収入を確保していくことです。三つ目は、不動産活用 として軽井沢の駅ナカ施設の開発を進めており、来年の春早々にはフルオープンできるので はないか考えています。北長野駅前の遊休地は、コンビニエンスストア有料駐車場を民 間にお任せし収益を稼いでいきたい考えています。また、軽井沢の東側に約 2 ヘクタール の当社遊休地あります。開発の話なかなか進まず、いわゆる手付かずの状態です、こ のまま待っていても収益に結びつかないため、将来、何か商業施設のような設備か分かりま せん、民間からお話をいただいたときに支障ならないような範囲で何とか稼ぐ手はない か、暫定的に有料駐車場を整備することで事業を進め、7 月下旬には開業予定です。タイ ムズにお任せすることになっています、200 台弱の駐車場を暫定的に整備し 3 年間程度活 用したい考えています。
さらに見せる

6 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

当第3四半期連結会計期間末における流動資産は2,986百なり連結会計年度末に比べ383百減少い たしました。これは主に商品及び製品65百、受取手形及び売掛金42百、繰延税金資産42百増加 した一方、現金及び預金598百減少したことによるものであります。 当第3四半期連結会計期間末における固定資産は1,289百なり連結会計年度末に比べ244百増加い たしました。これは主にのれん113百、建物(額)93百、ソフトウェア46百増加した一方、差 入保証金54百減少したことによるものであります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

当金   -   -   △11,118   -   -   △11,118   -   △11,118 非支配持分に対する配 当金   -   -   -   -   -   -   △190   △190 自己株式の取得   -   -   -   -   △5   △5   -   △5 自己株式の売却   -   0   -   -   0   0   -   0 非支配持分の取引   -   -   -   -   -   -   3,419   3,419 利益剰余金への振替   -   -   453   △453   -   -   -   - 変動額合計   -   0   39,928   775   △5   40,698   3,373   44,071 2017年3月31日   26,284   115,806   376,069   19,555   △1,151   536,563   12,183   548,746 変動額                                 当期利益   -   -   42,210   -   -   42,210   △135   42,075 その他の包括利益   -   -   -   △2,641   -   △2,641   219   △2,422 親会社株主に対する配
さらに見せる

23 さらに読み込む

業績総括 (1) 当期純利益は 2,564 億円 ( 前年同期比 18% 増 米国における税制改正の影響を含む ) ROE( 年換算 ) は13.2% 18.3 期通期の純利益目標 配当性向の予定 (27%) の変更なし 2,4 13.% 当期純利益 と ROE( 年換算 ) 12.2% 13.2%

業績総括 (1) 当期純利益は 2,564 億円 ( 前年同期比 18% 増 米国における税制改正の影響を含む ) ROE( 年換算 ) は13.2% 18.3 期通期の純利益目標 配当性向の予定 (27%) の変更なし 2,4 13.% 当期純利益 と ROE( 年換算 ) 12.2% 13.2%

これらの見通し異なる結果を生じさせる原因なる要素は、当社アメリカ合衆国証券取引委員会(SEC)に提出しておりますForm20-Fによる報告 書の「リスク要因(Risk Factors)」、関東財務局長に提出しております有価証券報告書および東京証券取引所に提出しております決算短信の「事業 のリスク」に記載されております、これらに限られるものではありません。 また、ハートフォード生命保険株式会社は、2015年7月1日にオリックス生命保険株式会社合併し、現在はオリックス生命保険株式会社として引き続き お客さまのご契約をお守りしています。オリックス生命保険株式会社は、The Hartford Financial Services Group, Inc.、またはその関係法人の関連 会社ではありません。
さらに見せる

37 さらに読み込む

218 年 3 期業績総括 (1) 当期純利益は 3,131 億円 ( 前期 15% 増 ) 4 期連続の過去最 益更新 9 期連続の増益を達成 ROE は 12.1% 3, 億円 2,5 億円 当期純利益 と ROE 1.5% 11.5% 11.7% 11.3% 12.1% ( 億円 ) 2, 億

218 年 3 期業績総括 (1) 当期純利益は 3,131 億円 ( 前期 15% 増 ) 4 期連続の過去最 益更新 9 期連続の増益を達成 ROE は 12.1% 3, 億円 2,5 億円 当期純利益 と ROE 1.5% 11.5% 11.7% 11.3% 12.1% ( 億円 ) 2, 億

ポートフォリオの3分類で⾒る実績 (注1)16.3の「事業」には、フーリハンIPOに伴う売却益・評価益(約396旧ハートフォード⽣命関連の期中の損益は含まれておりません。 ■ ファイナンス︓国内は堅調な銀⾏事業や有価証券売却により増益、海外は現地法⼈の株式売却損を計上 ■ 事業︓⾦融サービスは海外アセットマネジメントや国内の不動産アセットマネジメント好調、環境インフラも引き続き堅調 ■ 投資︓エクイティ投資は前期の⼤⼝売却益の反動減により減益、航空機・船舶事業や債権投資は増益
さらに見せる

44 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 経常収益 経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 経常収益 経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円

(2)セグメント資産の調整額 △2,443百は、セグメント間取引消去額△2,561百、退職給付に係る資 産の調整額60百、持分法適用会社への投資額56百であります。 (3)セグメント負債の調整額 △2,031百は、セグメント間取引消去であります。 (4)資金運用収益の調整額 △23百、資金調達費用の調整額 △23百税金費用の調整額0百は、 セグメント間取引消去であります。また、持分法適用会社への投資額の調整額56百は、持分法による 調整額であります。
さらに見せる

22 さらに読み込む

2. 平成 20 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 19 年 4 月 1 日 ~ 平成 20 年 3 月 31 日 ) 中間期 通期 (% 表示は 通期は対前期 中間期は対前年中間期増減率 ) 売 上 高 営業利益 経常利益 当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2. 平成 20 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 19 年 4 月 1 日 ~ 平成 20 年 3 月 31 日 ) 中間期 通期 (% 表示は 通期は対前期 中間期は対前年中間期増減率 ) 売 上 高 営業利益 経常利益 当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

任天堂㈱ (7974) 平成 20 年 3 月期 第 1 四半期財務・業績の概況 【定性的情報・財務諸表】 1.連結経営成績に関する定性的情報 当第1四半期(平成 19 年 4 月 1 日から 6 月 30 日まで)のレジャー機器部門は、携帯型ゲーム機関 連で、「ニンテンドーDS」全世界で引き続き好調な売れ行きなり、当期間に 698 台(累計販売台 数は 4,727 台)を販売しました。対応ソフトウェアにおいても、国内で昨年発売した「ポケットモンスタ ー ダイヤモンド/パール」を米国でも 4 月に販売を開始して順調に売上を伸ばし、当第1四半期の全 世界販売本数は 355 本(累計販売本数は 876 本)なったほか、「ニンテンドッグス」や「脳を鍛える 大人の DS トレーニング」シリーズ、「New スーパーマリオブラザーズ」など、発売後も長く売れ続けるタイ トル多く、売上は好調に推移しました。
さらに見せる

8 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

当第1四半期連結会計期間末における流動資産は3,343百なり連結会計年度末に比べ25百減少い たしました。これは主に繰延税金資産35、その他流動資産23百、商品及び製品22百増加した 一方、受取手形及び売掛金104百減少したことによるものであります。 当第1四半期連結会計期間末における固定資産は1,166百なり連結会計年度末に比べ121百増加い たしました。これは主に建物(額)104百、工具、器具及び備品(額)39百増加した一方、のれ ん20百減少したことによるものであります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 対前期増減率 ) 経常収益 経常利益 親会社株主に帰属する 1 株当たり当期純利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円 銭 通 期 6,429,

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 対前期増減率 ) 経常収益 経常利益 親会社株主に帰属する 1 株当たり当期純利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円 銭 通 期 6,429,

当該会計基準は持分法投資及び連結された投資を除き、持分証券投資を公正価値により測定し、その変動を 損益に認識することを求めております。 当該会計基準に定める経過的な取扱いに従い、当中間連結会計期間の期首時点の累積的影響額を利益剰余金 及びその他の包括利益累計額に加減しております。

12 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

静岡よみうりカントリークラブは、オープンコンペの開催数を増やし、コンペ誘致を積極的に実施いたしました。 また、レディスティを新設したほか、女性をターゲットにしたイベント「レディスゴルフフェスタ2016」などを開 催し好評を博しました。これらの結果、入場者は増加いたしました。 千葉よみうりカントリークラブは、昼食付き料金などの料金施策順調に推移したほか、女性向け料金「女子 割」や、女性用アメニティグッズの充実など、女性をターゲットした施策を強化いたしました。これらの結果、 悪天候による影響あったものの入場者は前年並みに推移いたしました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」 いう。)及び「事業分離に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離会計 基準」いう。)を第1四半期連結会計期間から適用し、支配継続している場合の子会社に対する当社の持分 変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用として計上す る方法に変更しております。また、第1四半期連結会計期間の期首以後実施される企業結合については、暫定的な 会計処理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する四半期連結会計期間の四半期連結財務諸表 に反映させる方法に変更しております。加えて、四半期利益の表示の変更及び少数株主持分から非支配株主持 分への表示の変更を行っております。当該表示の変更を反映させるため、第2四半期連結累計期間及び連結会 計年度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表の組替えを行っております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 30 年 12 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 1 月 1 日 ~ 平成 30 年 12 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 30 年 12 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 1 月 1 日 ~ 平成 30 年 12 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円

当該信託契約に係る会計処理については、「従業員に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上 の取扱い」(実務対応報告第30号 平成27年3月26日)に準じています。 (1) 取引の概要 本制度に基づき設定される信託当社の拠出する金銭を原資として当社株式を取得します。当該信託は、当社株 式及び当社株式の時価相当の金銭を、当社の定める役員株式給付規程に従って、対象取締役に対して給付しま す。当該給付の時期は、原則として対象取締役の退任時なります。
さらに見せる

20 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

流動資産は連結会計年度末に比べ925百増加し、15,055百なりました。これは主に、仕掛品の減少43 百あったものの、現金及び預金の増加492百、受取手形及び売掛金の増加364百、商品及び製品の増 加97百あったことによるものであります。 固定資産は連結会計年度末に比べ733百増加し、8,416百なりました。これは主に有形固定資産の減 少218百、無形固定資産の減少56百あったものの、投資有価証券の増加751百、退職給付に係る資産 の増加280百あったことによるものであります。
さらに見せる

13 さらに読み込む

当期決算の特徴 ( 単体 ) 資金利益が減少するも 与信コスト減少と株式関係損益の改善等により経常利益 純利益は増益 ( 詳細は 4~5 頁をご覧ください ) 貸出金や有価証券の運用利回りの低下により資金利益は26 億円減少しました 一方 金融派生商品関係損益の改善等によりその他業務利益が12 億円

当期決算の特徴 ( 単体 ) 資金利益が減少するも 与信コスト減少と株式関係損益の改善等により経常利益 純利益は増益 ( 詳細は 4~5 頁をご覧ください ) 貸出金や有価証券の運用利回りの低下により資金利益は26 億円減少しました 一方 金融派生商品関係損益の改善等によりその他業務利益が12 億円

一方、貸出金の期中平均残高は2兆8,482なり、前期比957増加(増加率3.47%)なりました。これは、 事業性貸出・消費者向け貸出・地公体向け貸出それぞれ増加したことによるものであります。 この結果、預貸率は67.44%で、前期比0.55%上昇いたしました。 今後も引き続き、運用力の一層の強化に努め、良質な貸出金の増強に努力してまいります。

16 さらに読み込む

218 年 3 月期業績総括 (1) 当期純利益は 3,131 億円 ( 前期比 15% 増 ) 4 期連続の過去最高益更新 9 期連続の増益を達成 ROE は 12.1% 3, 億円 2,5 億円 当期純利益 と ROE 1.5% 11.5% 11.7% 11.3% 12.1% ( 億円 ) 2,

218 年 3 月期業績総括 (1) 当期純利益は 3,131 億円 ( 前期比 15% 増 ) 4 期連続の過去最高益更新 9 期連続の増益を達成 ROE は 12.1% 3, 億円 2,5 億円 当期純利益 と ROE 1.5% 11.5% 11.7% 11.3% 12.1% ( 億円 ) 2,

ポートフォリオの3分類で見る実績 ■ ファイナンス:国内は堅調な銀行事業や有価証券売却により増益、海外は現地法人の株式売却損を計上 ■ 事業:金融サービスは海外アセットマネジメントや国内の不動産アセットマネジメント好調、環境インフラも引き続き堅調 ■ 投資:エクイティ投資は前期の大口売却益の反動減により減益、航空機・船舶事業や債権投資は増益

48 さらに読み込む

当期純利益は 16 年 /17 年に前年比 15% 減少するも 17 年 /18 年は前年比 4.7% の回復 16 年 /17 年の当期純利益は 前年比 15% 減の 153 億チャット ( 約 12 億 7,700 万円 ) と MTSH は予測する これは 主として MTSH の収益低下に加え

当期純利益は 16 年 /17 年に前年比 15% 減少するも 17 年 /18 年は前年比 4.7% の回復 16 年 /17 年の当期純利益は 前年比 15% 減の 153 億チャット ( 約 12 億 7,700 万円 ) と MTSH は予測する これは 主として MTSH の収益低下に加え

(100 チャット=8.35 で換算) 16 / 40 税制優遇措置 ティラワ経済特別区では、投資家に多くの免税適用される。 2014 年のミャンマー経済特別地区法に基づき、自由地 区プロモーション地区の両方の事業で、自由地区では最初の 7 年間、プロモーション地区では最初の 5 年間、所得 税の免除を受ける。この期間を過ぎてからは 5 年間 50%の免税なる。さらにその後も 50%の免税は引き続き延長 可能である。その上、ティラワ経済特別区の投資家は、輸入する資本財について関税やその他の税金免除される。 自由地区の投資家は原材料の輸入に対しても関税や商業税免除される。このような免税により、企業は、管理コス ト建設コストの両方を低く抑えることできる。ティラワの投資家には、最大 75 年間(25 年間の延長オプション付 きの 50 年間)土地をリースできること、職員の研修や研究開発のための税額控除や商業税の免除など他にも優遇点 ある。これらはすべてティラワを、投資家事業を行い可能な限り利益を上げられる最適な場所にするためである。
さらに見せる

40 さらに読み込む

1. 利益 年度の当期純利益 ( 単体 ) は 金利低下の影響等により資金利益が減少したものの 役務取引等利益や有価証券関係損益の増加などにより 前年比 4 億円増加し 億円となりました 年度 前年度比 コア業務粗利益 億円 億円 資金利益 うち貸出金利息 投信解約益 役務取引等利益 経 費 コア業

1. 利益 年度の当期純利益 ( 単体 ) は 金利低下の影響等により資金利益が減少したものの 役務取引等利益や有価証券関係損益の増加などにより 前年比 4 億円増加し 億円となりました 年度 前年度比 コア業務粗利益 億円 億円 資金利益 うち貸出金利息 投信解約益 役務取引等利益 経 費 コア業

E-mail NRXKRX#KRNXHWVXEDQNFRMS ホームページ KWWSZZZKRNXHWVXEDQNFRMS お問い合わせ先 本資料には、将来の業績に関する記述含まれています。こうした記述は、将来の業績を保証するものではなく、リスクや不確実性を内包する ものであり、経営環境の変化により計画または予想の数値異なる結果なる可能性あります。

12 さらに読み込む

マネジメント メッセージ 株主の皆様 投資家の皆様へ 業績について 私たちファーストブラザーズ株式会社の 2018 年 11 月期 ( 以下 前年度 といいます ) の業績は 売上総利益 64.9 億円 営業利益 51.3 億円 親会社株主に帰属する当期純利益 28.9 億円となり 予定通り過去最高

マネジメント メッセージ 株主の皆様 投資家の皆様へ 業績について 私たちファーストブラザーズ株式会社の 2018 年 11 月期 ( 以下 前年度 といいます ) の業績は 売上総利益 64.9 億円 営業利益 51.3 億円 親会社株主に帰属する当期純利益 28.9 億円となり 予定通り過去最高

ファンドを組成し、主に機関投資家の資産運用を行う事業であり、比較的大規模(数十~数百)な不動産を投資対 象し、インカムゲインとともにキャピタルゲインの獲得を目指す運用を行います。一般的に、資産運用会社の規模はそ の受託資産残高で評価されるものであり、また、資産運用の対価として定期的に得られるアセットマネジメントフィー(管 理報酬)は、通常は受託資産の額によってその金額決まるため、資産運用会社にとっては、受託資産残高を積み上 げる方向にインセンティブ働く傾向にあります。しかしながら、当社グループは、「クライアントファースト」の行動規範の もと、顧客の満足を第一に考える投資サービスの提供を最重要視しており、最も利益の出るタイミングにおいて投資案 件の売買を行うため、不動産売買市況の変動にあわせ、当社グループの受託資産残高も大きく変動しています。
さらに見せる

18 さらに読み込む

年 9 月期の連結業績予想 (2018 年 10 月 1 日 ~2019 年 9 月 30 日 ) 売上収益営業利益税引前利益当期利益 (% 表示は 通期は対前期増減率 ) 親会社の所有者に帰属する当期利益 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

年 9 月期の連結業績予想 (2018 年 10 月 1 日 ~2019 年 9 月 30 日 ) 売上収益営業利益税引前利益当期利益 (% 表示は 通期は対前期増減率 ) 親会社の所有者に帰属する当期利益 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

(1)遡及適用に対する免除規定 IFRS第1号は、IFRSを初めて適用する企業に対して、遡及的にIFRSを適用することを求めております。ただし、 一部について例外を認めております。IFRSの初度適用及びこれらの免除の調整額は、移行日における資本の部の利 益剰余金及びその他の包括利益を通して認識しております。当社グループ採用した免除規定は以下のとおりで す。

22 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

当第2四半期連結会計期間末における流動資産は4,044百なり連結会計年度末に比べ41百減少い たしました。これは主に現金及び預金27百増加した一方、受取手形及び売掛金50百、繰延税金資産 39百減少したことによるものであります。 当第2四半期連結会計期間末における固定資産は1,139百なり連結会計年度末に比べ179百増加い たしました。これは主に建物(額)22百、工具、器具及び備品(額)16百、ソフトウェア69百 、関係会社株式58百、差入保証金59百増加した一方、のれん19百、ソフトウェア仮勘定 32百減少したことによるものであります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

Show all 10000 documents...